オエセル放出祭り(汗)グッズCD 感想文

X Home X

CDです。2枚組です。信じられないくらいギッシリ入ってます(笑)。

ってなワケで。まずはDISC1ですが…曲に関してはイベントレポートでも書いてますので、ここでは歌詞カードに記載されている各曲へのコメントをメインにサクサクっと見て行こうと思います〜。

まずは『巡る命』コメントはティナ様です。「私たちがこうして出逢えたことへの感謝の気持ちを込めて『何か形にしたい』と思い、この曲を作りました。」…って、そうは思ってもなかなか作詞作曲なんて出来ないのが素人の悲しい定め。それをティナ様は…!しかも「作詞作曲初挑戦」ええぇぇぇ〜〜〜?!Σ( ̄ロ ̄lll) は…初挑戦で作れるものなの…?いや、どんな偉大な作詞家でも作曲家でも必ず「初挑戦」な瞬間はあるわけですが…楽譜を読めないワタシにとって(更に、アギと張り合えるくらいのファンタジスタ。/笑)完全に未知の世界でございます。。
そして「6人全員で歌えて一人でも欠けると成立しないような物語性のあるものにしたい!さらに一度聞いたら思わず口ずさんでしまうような耳に残るメロディーと、心に残る詞にしたい!」そう思いはしても、実現できる人はなかなかいません…。恐るべし、ティナ様。曲を聞いた時に思ったのですが、よくよく聞くと結構それぞれがそれぞれなりに…なんていうか「ああ、ここはハスモちゃんだよな〜」とか「この詞はアギなんだろうな」とか思う部分が個々にあって、でもそれが束になってちゃんと1つの曲になってる…上手く言えないけど、「個」があるのにそれがバラバラにならずまとまってるっていう感じがしてスゲーなと思ったんです。誰かがメインとかではなく、全員がいて、全員で歌って完成形っていうシロモノだな、と。
そんな偉大な曲なので「色々大変でした。。。」としつつ「お気に入りは最後のオルゴールになるところ!!これは王子の案なのですよ!!」さすがハスモダイ!乙女心を掴む事に長けていらっしゃる!(何かチガってないか、そのコメント…。/爆)オルゴールって、何か弱いですね…ワケもなくグッとくる(笑)。この『巡る命』のオルゴール(ガラスの箱に入ってるヤツがいい!)とか、グッズで作ったらスゴそう!!…ま、単純に考えてもコストパフォーマンス面で不可能でしょうけれど…(オトナなのでそのくらいは計算できる。/笑)

続いて『夢の刹那』のコメントはファンタジスタ☆アギ(←☆がポイントです。「つのだ☆ひろ」と同じ。/爆)コメント冒頭でイキナリ「え〜…もうホント勘弁して下さい。歌わない約束で今回のイベント出演を引き受けたんです。なのに歌わされてるし。」すっかりこの位置でキャラクターを固定させた感がいたします。立派になって…(涙)。もうね、SM●Pの中●クンみたいなもんだよ!あの人も実は歌が上手いらしいとか噂されつつあのキャラクターキープしてるんですよ。それはそれでもう、立派なポジションですから!(笑)
急遽作詞までするハメになったリーダーの歌詞はワタシの目にどうしてもガン●ムっぽく映る(どこからかガ●ダムイメージついた。/笑)このイキオイで立派なモビルスーツ乗りになって欲しい。ミゲル(・アイマン専用)ジンみたいな、カッコイイ機体がいいなぁ〜☆(オレンジ機体の中ではミゲルジンが一番スキ。)
そして曲も「イメージはレボレボイメージ?そんな感じです。」最初に聞いた時、「何だこの聞きなれた感は?!」と思ったのは事実です(爆)。悪いけど、この曲西川サマが歌ったらエラいカッコイイ事になるよ?!(←実は西川バカなので、見逃してください。/笑)でも、アギはアギで頑張った感が伝わるので、良いと思われます(暖かい目。/笑)それに、これも何かのご縁(?)なので西川曲を沢山聞いて頂いて、一度ライブに行って欲しいですね!そして小さいオジサンをナマで見て、他にはない疎外感(←西川ライブに初めて来た人が味わうらしい感覚。/笑)を味わって頂きたい。ポカーンとしてるアギを見てみたい(爆)。
他の誰よりも短いコメント(笑)だったアギ様、最後は「え?他に何か?ぇえ。アリマセンヨ?」…この開き直った感をもっと歌に活かせれば…コメントは開き直っていても、実は内心ドキドキと見た(笑)。アギは何についてだったら自信満々にコメントできるんだろう…?モビルスーツの性能についてとか???(また勝手なイメージを捏造。/笑)

3曲目『BLUE DESTINY』はソレトのコメント。ソレトが喋りますよーーー?!(書いてあるコメントだろ。)「優しい♪メロディ♪に乗せ、皆の様々な想いを無理やり凝縮してみました。。。彼女だからこそ全てを広く冷静に客観視出来るのではないかと思ってo(^^)o」若干卑屈になっている(笑)リーダーに比べてこの人はどうでしょう…つらい事もあったのに…!(個人的にソレトのお父さんエピソードはツラさの1,2を争う!と思っています。)何か泣けた、コメントなのに泣けた…(゜дÅ)ホロリ
「1コーラス目…初めの2行は私自身が勝手にそう思ってるんです(笑)」いや、それはもう、ソレトが言うならきっとそう!(他にはない信頼度。/笑)「そして、彼らの星でそれぞれの思い出、彼女たちの忘れられない記憶・彼らが抱いた憎しみも、彼女が、彼が、姉が、暖かかったぁ〜 きっとこの先はもう平気さ(^_-)」やっぱりね、ソレトはソレトですよ…。抱えきれないくらいの色んなモン背負っていたのは多分誰も同じだろうけど、その上で自分を律していられる、最終的にはベフォールズの紅一点としてアギに平手打ちをかました(笑)だけの事はある!ちょっとELT風(?)の曲が、そんな広さと優しさの中に芯の強さ、みたいなのを出してるかなーと思ったりしました。
「2コーラス目は彼女自身も含め地球の子供たちへの励ましのエールを…ファイトぉぉぉ!!!」おおぉぉぉーーーーーーッ!!!(≧▽≦)/ ←既に「子供」の領域からかけ離れた人だろ、アンタ。

4曲目は伝説の名曲(迷曲?/爆)『たいやき』です。コメントは鼻さま。「何故に僕がこの歌を唄う羽目になったかというと、全て姫と王子の陰謀です!」はいはい、その割にノリノリで熱唱だったという事実はあるのですが(笑)鼻さまの訴えは続く…。「全員が真面目な歌だと面白くないって言ったよね?私たち”3人”はお笑い担当で行こうって言ったよね?なんね、君らのそのカッコカワユサは?」違う、チガウんだよ…鼻さまちょっとワカってない(笑)。姫も王子も、ちゃんと「冒険」しているんですよ。その意味ではベクトルの向きがそれぞれ違えど、同じ大きさで「冒険」したんですよ。にも拘らず「カッコカワユイ」ステータスまで引き上げたのが王子と姫のキャラ(力量)なのですよっ!(笑)鼻さまは自分でギター弾けたらカッコ良くなってた、多分(タカユキさんはカッコ良く見えたから。/笑)いやぁ…残念でしたっ!(≧▽≦) ←嬉しそう?
「明らかに俺一人でお笑い担当ですやん(`Д´)カーッ!?」…敢えて問いたい。キミは何人なのだ?(笑)一体どこの言語を操っているんだ…?(笑)ビミョーにハスモダイ(仮)調になってるよ?!(恐るべし、ハスモダイ。/笑)まぁ、そんな文句をタレてはおりますが本当は「オイシイけどな(・▽・)♪」って喜んでいるので、もう放っておいて良いんだと思います。既に芸人の感覚となりつつある鼻さま、より良い笑いの為にイベントのステージで立ち上がったんだとしたら、その芸人魂に拍手を送りたい(爆)。
あ、でも周りでそんな鼻さまを「ヤバい、カッコイイ…!」って言いながら見てる人がいたので、心がキレイな人にはカッコ良く見えたんだと思います。心が閻魔より真っ暗な人には大変面白く見えました、楽しかったです(微笑)。

5曲目はハスモダイの『ムーンライトタンゴ』です。「今回、曲を作っていただくにあたっての『こんな曲を歌いたい』という要望が、最初まるっきりアサミちゃん(タル)とかぶってまして(笑)」…さりげない表現ですが、タルラントとワンダーデートっぽい曲で両想い、的な深読みも可能です…( ̄ー ̄)ニヤリ 
で、それならば全く別の曲に変えようと思い立ったハスモダイ。「『昭和歌謡風でタンゴ調でミラーボールの下で自分にひたりつつ歌えるようなブーディーな曲』という、なんじゃそら?という要望を」出したんだそうです…(笑)。なんじゃそら?って自分で言ってますが、言われただけで画が出てくるような(笑)具体的なリクエストです。ミラーボールの下で自分にひたりつつ、っていうのがスキ。サイコー!(笑)実際はライトを浴びて姫と踊ったワケですが…。あれは本当にスゴかった、イイモノ見せていただきました。
「でも冒険な曲が一人じゃ寂しいので、原沢くん(鼻)と志穂ちゃん(姫)にも仲間になってもらいました。結果は原沢くんの一人勝ちになりましたが(笑)」本当ですね(爆)、おいしいところは根こそぎ鼻さまが持っていきましたね!(笑)まぁでも、イベントの時に客席のオトメゴコロ(笑)をお持ち帰りした数としてはハスモダイが一番多かったのではないかと推測しております。完全に持ってかれてる人を目撃しました(爆)。
「歌詞はちょっと切ない系、でもあくまでも前向きに。何のことを、誰の事を想って歌っているかはご想像にお任せな感じで(^^)」それでは、お言葉に甘えてここから先は各自自由妄想(!)で!!! …………(*/∇\*)キャ ←ワタシの妄想は自主規制(笑)。

6曲目『Wish〜風の誓い〜』はタルラント。「曲のイメージは夜の空を飛んでる感じでした。爽快感のある感じではなく少し切ない感じにしたいなと思っていました。」これはもう、何のことを、誰の事を想って歌っているのかは言わずもがな…その分切なさが増します…(>_<)
「『壊れ行く音』とか『終りが来ること』とか、かなり直接的な詞が、痛くて、泣きながら書いていました(笑)」ううぅ…(T△T) でも、そんなタルラントに萌えっていう阿呆はワタシだけでしょうか…?(笑)誰か描いてくれないかな〜?涙を浮かべ、ティッシュで鼻をかみながら(笑)ぐしぐし言いつつも机に向かって詞を書いてるタルラントの絵…絶対萌え系だと思うけどな!(半パンマニアにとっては。/笑)
「でも、弱さも、痛さも悲しみも、全てを出した歌をみなさんに聴いて貰いたいと思って書きました!」むしろ、ワンダーになりたいと願う今日この頃。すごい一生懸命庇ってあげる自信アリ(心なしかヒースマとかには冷たい対応。オトナゲないワンダーだから。/笑)
そんなタルラントのコメント、最後の締めには「『これが永遠の別れじゃないからね!』」そうよっ!おかーさんが石油王とケッコンして「ワンダーMK−2」作ってあげるからねっ!!!(T△T) 作れたらいいな、MK−2…(笑)。

コメントとしては最後の曲になります、ティナ様の『私が迷子にならないように…』です。「きっとみんなはバラード中心のカッコイイ曲でくるだろうなぁ〜と思ったので、とびっきり可愛い曲を注文しました。」とびっきり可愛い曲を歌えるんだからスゴイ、それが似合うんだからもっとすごい!!(笑)例えイキナリCDを聴いたとしてもスグ「ティナ様の曲だっ!」ってピンとくるくらい。イベントのレポートにも書きましたが、可愛らしい振りもついて、無敵の仕上がりです。大きいオトモダチも感激です!(笑)
更にステキなのが「一番のポイントは『Solan la la♪』です!( ̄ー ̄)b 曲を聴く前から、どこかで必ず入れてやろうと狙ってました!!」っていうコメント(笑)。この辺のしっかりモノ具合というか、抜かりなさ(笑)が、さすが姫!って思いました。こんな人なら、国を背負っても大丈夫!(笑)あまりにもさりげなく入れてあるので、実はワタシ、歌詞カードを見るまで全然気付いてませんでした(笑)。なので、見た瞬間「うわあぁぁ〜〜〜〜!!!!」って(爆)。引っくり返りました(笑)。
コメントには「だから、かなりムリヤリ感が溢れています(^^;) えへへっ。」ってありますけど、全然。ごく自然に(笑)。むしろ最後の「えへへっ」でこんだけ可愛らしさ出せる人も初めて見た(笑)。文字なのに、活字なのに何故可愛い?!意味分からん(笑)。

で、DISC1にはもう一曲、『ポラリス』のアルバムバージョンが入っているワケですな。シングルバージョンと聞き比べると、明らかに担当パートが替わってます。一人当たりのソロ配分が長くなって、シングルバージョンでは全員で歌っていたサビを、メイン担当+コーラスみたいな配置に替えてあったりしました。鼻さまがサビ担当してたのが衝撃的だった(爆)。ハスモダイファンとしては、やっぱり最後のサビをハスモダイってのが!たまりませんな!!(*/∇\*)キャ 心なしか全体的にバージョンアップした気がして、シングルバージョンももちろんステキなのですが、個人的にはアルバムバージョンが好きです(笑)。

続きましてDISC2でございます。各々の歌唱アドバイス+カラオケといった構成が続きます。何を言ってくれるのか…楽しみです( ̄ー ̄)ニヤリ

トップバッターはアギから。「…と、いう訳で。僕の歌『夢の刹那』のアドバイスだ。」…なんでそんな嫌々感が滲み出てるんだろう、この人…(爆)アギ(仮)の嫌さとアギの嫌さは繋がってるのか…?(キャラクターとしてのアギも歌とか嫌いそうだけど…。/笑)
「これは複雑な心情を描いている。」仕事として冷静に分析しています。こーやって聞くとアギの声はやっぱりカッコイイんだよなぁ…スイッチ入ってるんだろうな、これは(笑)。「使用前、使用後といった感じだ。」…はぁ…分かるよーな気もするが、どっからどこまでが「使用前」でどっからどこまでが「使用後」なのか、なんてテストに出されたら困る(笑)。「その心の声を、素直に妹へ伝えよう。」いっぺん殴らせろ、このシスコンを〜〜〜〜〜ッ!!!!!(`曲 ´#) 妹っ?!妹なのかっ?!結局オマエは妹なのかっ!!!
ちょっとくらい声がカッコイイからってシスコンのままでもモテると思うなよっ!!!うわーーーーんっ!!!!アギなんか嫌いだ〜〜〜〜っ!!!(T△T)

軽くアギとの決別宣言をしたところで(笑)ソレトのコメントです☆「次の曲は私の『BLUE DESTINY』よ。客観視しながらも、ぜひ自分の言葉として歌ってね。」おお、なるほど…って妙な説得力があるのは何故なのか(笑)。「優しさや苦悩、情景などは特に大袈裟に歌ってもいいかも。」どっかの誰かみたいにベルベル言ってる(?)コメントとは違って為になるコメントです。これがお手本。ソレトが宿題教えてくれたら、絶対成績が上がると思います(笑)。
アギよりイイ男なんていっぱいいるから、ね!(何の話だ。/笑)

さて。ソレトのパーフェクトコメントの後に控えるのは、ツッコミどころ満載の鼻コメントです。ふっ…(←獲物を見つけた時の笑顔。/笑)
「『たいやき』…たいやきの中身は、アンコ限定です。」それは誰に対しての宣言なのか、何の文章読んでるのか、何でそんなにナナメなのか(笑)。思わずポカーンとしたところに追い撃ちをかける「できれば粒あんね。」の一言。…もしかしてケンカを売られているのだろうか…?(笑)「間違っても、カスタードクリームとかを想像しながら歌ったりしないよーに。」ああっ!何かこんな先生が担任だったら不良になりたい、不良になってやる!!!(笑)「そんな甘ったれた心持ちでは、故郷に帰る事はできないと思え!」そーかそーか。それじゃ帰れなかった某ヒースマはカスタードクリームだったワケだな!今度から「鼻」じゃなくて「カスタード」って呼んでやる!(`曲 ´) ←意味不明(笑)。
言ってることが意味不明でカチーンと来るけど、デキは最高です(意外な高評価。/爆)自分のポジション分かってる。ヒースマのキャラを維持しつつ、ポジションもキープした鼻さまが偉い(笑)。

鼻コメントでイライラっとした心を癒すのは我らがハスモダイ☆「次は僕の曲、『ムーンライトタンゴ』」そのままラジオ番組になりそうですね…いいなぁ、ハスモダイのラジオ番組…夜中に癒される系…(妄想。/笑)「息継ぎがとっても難しい曲なんだけど、決して焦らず、想いを馳せながらゆったり歌うと雰囲気が出ていいかも。」そんなコメントしているハスモダイからは既に金持ちのオーラを感じ取れます…何なんだこの人?!(笑)ハスモダイに「とっても難しい」って言われて焦らない方が難しいとは思われますが…全国のハスマニア(?)は愛のチカラでこの試練を乗り越えるのです!(笑)
「間奏部分は、ヘッセの詩を音読してもいいし、近所のコンビニに買い物に行ってもいいし…皆さんの好きに使ってくれると嬉しいな!」ハイっ☆…ってウッカリ良いお返事をしちゃいそうなくらい終始爽やかなコメントなんですが…「近所のコンビニに買い物に行ってもいいし…」って?!(笑)確かに踊れるくらいの長さがあるけれども…(笑)。ハスモダイのコメントの中に、一瞬さちモダイの存在を感じました…ハスモダイとコンビニ行ったら店ごと買いそうで怖い(爆)。

そして萌えコメント、タルラント。いや〜もう…どーしましょうか奥さん?(イイから先進め。/笑)
「僕の曲は『Wish〜風の誓い〜』 この歌は、大切な相棒を思い浮かべて歌ってくれ。」もうね、意外に身内がヘタレぞろいだったから(笑)タルラントなんかは結構苦労したと思いますよ?(笑)そんなタルちゃんの支えとなったワンダー。ううぅ…デュマ…もーちょっと早く装置止めろや(若干根に持っています。/笑)
「大切さや優しさ、強さなど一つ一つの気持ちを大事に歌って欲しい…。」この一言には、グッと来ましたね!タルラントは常にオトナだったので、感情を誰かにぶつけるような事もなかったけど…こんな言い方されると泣けてくる…。「涙が止まらなかったら、泣いて歌ってももちろん大丈夫だ。」どちらかというと、泣きながら歌っているタルラントを見たいです(あくまで「萌え」を追及。/爆)
「でも、基本は前向きに。これは永遠の別れじゃないからね。」かっ…可愛いーーーっ!(≧▽≦) ←何かにヒットした模様(笑)。
ワンダーMK2を作る時、ワタシもひっそり中に隠れてようかな…?(ワンダーのAIと直結とか。/笑)

最後はティナ様のコメント「次は、『私が迷子にならないように…』です。」忘れかけていたけど(笑)ヘルガと異なり、ティナ様はキッチリハキハキ喋ります(笑)。「『覚えてない?森の中で迷子になっている私を…』と出逢った日の事を思い出しながら、恋する乙女心を歌ってね。」オトメゴコロかぁ…ワタシの場合、既に失っている可能性が高いですが(笑)この歌を唄うには必須アイテムだと思われます。どっかに売ってたら買うべし!(笑)「『アナタしか見えない!』というくらい真っ直ぐな愛を『Solan la la♪』に込めて大好きな人を想いながら、歌ってくれると嬉しいです。」可愛い〜…(*^^*) ティナ様は愛とか恋とかいう言葉が似合ってますな!
全国の乙女の皆様は、ぜひ振り付で歌えるように練習を!そしてワタシのようにオトメゴコロを失って今歌うと罰ゲームに見えてしまいそうな人はまずオトメゴコロを手に入れることから始めましょう!(笑)

と、言うわけで各々の持ち歌であるキャラクターソングにアドバイスをした後は『巡る命』へのアドバイスです。これには各キャラクターが各々アドバイスを入れまして、アギパートを歌えるバージョン、ソレトになって歌えるバージョン…という感じのカラオケが付きます。ハスモちゃんパートのカラオケとか、結構敷居が高い…(初心者はアギパートから。/笑)

で、これまたアギ様からコメントを頂戴いたします。「次は『巡る命』だ。リーダーとしての義務、人間としての葛藤…それらを念頭に置いて、歌うというよりは語る気持ちだ。」嫌々感は抜け切れてないけど(笑)何よ、カッコイイ事言っちゃって…と思っていたら、最後に一言。「…僕は撃沈したがな。」ぶはははははっ!!!!(大爆笑)や…やりやがるなリーダー!!(笑)歌は撃沈してても、コメントはクリティカルヒットです。素晴らしい。そのキャラ大切に(笑)。

オモシロいコメントを得て満足したので、ちゃんとしたコメントを聴きましょう(笑)。ソレトパートです。「『巡る命』の私のパートは、自分の事もそうだけど、特に周りの仲間たち、更には物語全体の愛を大きく包み込むように、優しい気持ちで歌って欲しいわ。」来ました、またしてもパーフェクトコメント!…ある意味ツッコミどころがなくて困るくらいですが…(笑)。ソレトパート、何たって出だし担当です。誰よりも早く歌い始めます!(笑)キンチョーしてガクガクブルブルです!…ってことは、ないのかなぁ…?仮にワタシが誰か仲間と組んで(笑)この曲を歌う事にしても、出だしは勘弁!って言うかもしれない…(笑)

鼻さまのコメント…パッと見、表示されてる時間だけ見ても長いよ〜?(笑)何を語るつもりなのか…。。。
「『巡る命』僕のパートだ!」わー、何か、相変わらず偉そうだな(笑)。ゾーンからの帰国子女のクセして…(笑)。で、何を言うのかと思えば…「まず、海をイメージしろ。」…あぁ?(この時点で既にケンカ腰。/笑)「広大な星々の海…宇宙の海…宇宙の海は俺の海!!…頭オカシイんだろ、オマエ。(←全くもって正しいリアクションですよ。/笑)「その無限とも思える星々の瞬きの中、ひときわ強く光り輝く小さな星が見えるはず。そう…あれが巨人の星だっ!!」え〜…一応解説しておきます(笑)。「巨人の星」はイントネーションを「ジャイアンツの星」ではなく「大きい人の星」としてお考え下さい。大きい人=ギリシア人…そういう意味なんだと…。「強く願え、いつか必ず、あの星に帰りつけると!そして歌え!その想いが、あの星に届くように…!!!」ともすればちょっとカッコエエ声で、もの凄い真面目に言ってますけど…所属は完全にバラエティー班です。ボーゼンとしているウチに曲が始まります…何となく、ヒースマも最近キャラ変わってきている気がして怖い(笑)。

気を取り直して。ハスモちゃんの爽やかコメントをどうぞ(笑)。「次は、『巡る命』の僕のパートのカラオケ。心の葛藤…迷い…そして、吹っ切れた後の強さとか、曲の中で成長の過程が見えるように歌うといいかも。」ヘタレ守られキャラから班長まで!まさにハスモちゃんの成長過程を凝縮してお送りいたしますっ!(笑)ホント、なんだろうな…この人のこの位置というか、キャラクターは…。。。トルーパーで言うと、毛利さんだよね(最終的には。…分かる人だけに伝わればヨシ。/笑)
更に「このパートは、メロディも特にオイシイところを担当しているので、抑える所は抑えて、歌い上げる所は、よりドラマティックに!という風にメリハリをつけると、とってもステキになるはずだよ。頑張って☆」オイシイ所を担当しているので、なんてズバッと言っているのに嫌味さのカケラもなく、むしろ爽やかなのが怖い。ロベルトと何が違うんだ…(彼とはベクトルの異なる爽やかさが発生中。/笑)しかも、全国のハスマニア(笑)の心を撃ち抜く最後の一言。「とってもステキになるはずだよ。」って、そういうアンタがステキだよ!(≧▽≦)b なんて勝手に盛り上がった直後、「頑張って☆」って!!(*/∇\*)キャ 着ボイスにしてぇ〜〜!!!(まぁ、ワタシのパソコンでならできるけど…。/笑)
オレの海とか言ってるヤツとは雲泥の差ですよ!(笑)

更にタルちゃんパート。これまた萌え…いや、オイシイ仕様です。。「『巡る命』の僕のパートカラオケ。この歌は、色々な想いを抱えつつも、真っ直ぐ前を向いて進むという力強さが大切なんだ。」タルラント、小さいのになんてしっかりしたコメント…!(どうしても未だに子ども扱い。/笑)地球での転生は皆同じタイミングだったから同じ年だけど、ギリシアに居た頃は年齢差があったんですよね…。(どっかでカントクが書いてましたよね…?)タルラントはちょっと年下設定がいいなぁ…(うっとり)
「…とにかく、一つ一つの言葉を大切に。気持ちを込めて歌おう。」そんなタルラントの、「一つ一つの言葉を大切に。」みたいな、諭すような言い方が大好き。仕事でイライラした時に励ましてもらえるよう、机の下に隠し持っておきたい(小さいから入るハズだ!/笑)で、トドメの一撃。「大丈夫、僕がついてるよ!」…どっ…どこにっ?!(部屋中を探しました。ベッドの下までくまなく。/笑)さりげなく歌詞カードに挟まってたり…?(そこまで小さいと妖精さんだろう。/笑)ああっ!傍にいて〜〜〜!!いつでも触れる位置にいてーーーっ!!!o(≧▽≦)o

最後は…ヘルガです(笑)。そう、「巡る命」ではティナ様ではなくヘルガなんですよね〜。それがまた、上手い具合に出来ているなぁと感動してみたり。と、いう訳で皆さん…ヘルガが喋りますよーーーっ?!(笑)「『巡る命』…次は、私のパートのカラオケです。…他の5人とは違う場所で、違う想いで…でも、同じ故郷を想い、同じ歌を唄っている…そんなイメージです。」なんてしっかりしたコメント…!!他の5人との距離感と繋がりっていう微妙なニュアンスが、この曲にはあるのですなぁ…。「皆と出会ってからは、沢山の人たちの全ての想いを静かに受け止め、それでも生きて行こうと決心する強さが出れば…と、思います。」
作詞作曲を担当したティナ様(仮)がイベントの時「この曲を聴いただけでファンチルを全て見たような気分になれるくらい…」とコメントしていたように思いますが、まさにこの曲を聴いて、今改めてFC全体を振り返って、ワタシはヘルガの事が好きになりました。もちろん元々嫌いだった訳ではないんだけど(笑)、最初はベフォールズへの思い入れが強すぎて(笑)オイシイ所を持って行ったなぁー!的な気持ちがあったりしたんです。でも、決してラクをしていた訳ではなくて…それなりに大変な思いをしてきて、最後は一大決心をしたのです。本当に、強い人だなと。そんなティナ様=ヘルガが、今はとても好きです(^^)。

そして何故か…なーーぜーーーか、鼻さまが最後に歌唱アドバイスのまとめを担当しています。
「『巡る命』のまとめ!…もう君達に伝える事は何もない。」おぉっ?!Σ( ̄ロ ̄lll) いきなりそんなオチですか?!(笑)「皆の言葉を心に刻みながら、その想いの丈を余すことなくメロディーに乗せ、歌い上げるがいい!!!」わー暑苦しい(笑)。歌い上げるがいい!って…何キャラなの??クジャ??クジャ調ですか?!(電波が足りません。/笑)何か今回このCDでは鼻さま大活躍だったけど、終始バラエティー班だったから(笑)ここらへんでちょっとカッコイイ所を見せた方がいいと思うの。
「何ぃ…?それでも最後に何かアドバイスをくれだと?」あーキタキタ。オチが見えてきた(笑)。この為の「まとめ」担当だったか…すごいなぁ…誰がこんな構成組み立てるんだろうなぁ…(笑)。
そんじゃま、最後は鬼副長にビシッとシメて貰いましょうか。カミナリが落ちるぞ!タル・ハス、耳塞げ!!(←何となく、一緒に怒られるには良いメンバー。/笑)「甘ったれるなっ!!!」

 

…と、いう訳で。1曲で2度も3度もオイシイCD『巡る命』のレポートでございました。
各々のコメントそのものはそれほど長くなかったので、レポートももう少し短くなる予定だったのですが…予定は未定。人生って分からないものです…(笑)。

次はいよいよパンフレポート。
このイキオイを活かして、ドンドン行きたいと思いますので、宜しければまた、お付き合い下さいませ。

X Home X

inserted by FC2 system