オエセル放出祭り(汗)イベントパンフギリシア編 感想文

X Home X

では…問題の(笑)ギリシア編です。別名「ヅラバージョン(byソレト)」のギリシア編パンフレットは表紙がコスプレ写真です。これに…これにコメントを入れろと言うのか…!!(いじめだとか言われそうでイヤです。/笑)だってどう見ても「日本昔話」に出てくるおばーちゃんが一人いるんだもん!!!しかもスゲー睨み効かせてて怖いんですけど!!(爆)
そうかと思えばカメラに背を向けて一人で卑屈になってる人もいるし…。でも、それ以外はお見事(笑)。ハスモダイの髪型に苦労した感が伺えますが…あれは物理的にどうなのさ?っていうトコロがあるから(笑)反重力装置の開発されていない今時点ではこれが限界。ティナ様とソレトで華を添え、タルラントは鼻さまとの対比効果でより一層小さく見えます。その点では鼻さまイイ仕事した(笑)。

表紙を一枚めくると、お父さんと愛娘の写真があります(爆)。いや違う、同僚じゃない。同僚には見えないよ、おとーーーさーーーーん!!!(笑)襟元のヨレヨレ感がアナタを「お父さん」にしてしまっているのですよ!タナトルームのリーダーならもっと異常なまでに几帳面なはず!ピンと張った襟で首が切れそうな具合ですよ、きっと(笑)。でも、ベル貯金はしてそう。すごいしてそう(笑)。コミケ会場ではカメラ小僧に狙われまくりになりそうな愛娘を守ってやってください…。
お隣は何か怖い写真。角度が良かったのか、おばーちゃんからは少しだけ脱却。でも怖い。あまりの恐ろしさに、攻撃される前に攻撃してしまいたくなる。(先手必勝。/笑)
更にもう一枚めくると何かちょっとした既視感のある(笑)写真が…16話で「パルザとメルも一緒に(結婚式を)挙げたらどうだい?」って言っている瞬間だったのかも…!!Σ( ̄ロ ̄lll) 何だろう…花輪君に見えた…(笑)。

本編最初のコーナー?は鼻さま、姫、王子の座談会でございます。鼻さまが「それでは司会は河原木志穂さん、お願いします。」って振った直後に姫、「嫌です。」と一言。すげぇ!(笑)王子も「拒否だ!断固拒否だ(笑)」って言うくらい(笑)。拒否は許しません、と言われて姫が司会…らしい。(皆で司会ができそうな面子。/笑)王子の家で「ドライマンゴー食べながら♪」らしい。そのままドライマンゴーがいかに素晴らしいかって話(?)になり…姫「で、これいいの?ドライマンゴーの話してれば?」鼻さま「まぁそれで4時間も5時間も話せるっつんならアリなんじゃね。」すいません、勘弁してください。むしろドライマンゴーにどれだけ突っ込めるか不安なのでやめて下さい(笑)。
王子も「そんなにウンチク持ってない。」ってことで、姫「ん〜と、じゃあねぇ、去年のイベントについてとかは?」さすが姫、ナイス提案!と思いきや…「いらない?(鼻にむかって)覚えてない?」あー、残念ながら忘れちゃってる人がいますね、約1名。王子「だって鼻様、レポート書いてないもの。」…真冬のイベントに関連するレポートを真夏に書いておきながら何ですが(笑)、都合2年分書いてません。ええ。書くと言いつつ書いてません。王子と姫に「みんなに謝れ!」「謝れ謝れ(笑)」と口々に言われた鼻さま「え…いや、ま、まだ書かないとは言ってないでしょ!」「二つ連続アップするの?」王子「これ去年の分。これ今年の分。ってか(笑)」え〜…人様の事を言えた身分ではないのですが、未だに書いてません。去年の分も、一昨年の分も!!!(笑)

「まだ書かないって決まったわけじゃない」と言い張る鼻さまに姫と王子は「絶対忘れてる」という見解。「言ってみ!順番で。」と姫命令が下りました(笑)。王子「そぉそぉ順番で(笑)ハイ、幕開きました。」ああ、覚えてるのか鼻さま!!!(不安いっぱい。/笑)
すると鼻さま「幕開きました…で、…『水のまどろみ』唄ったろ。」何と、覚えてた!Σ( ̄ロ ̄lll) ←むしろそれがオドロキ(笑)。王子「オ〜唄った唄った♪アギ笑われてた(笑)」鼻さま「いきなり笑われてたね。」…ワタシは笑ってマセンヨ????(嘘)周りの人も結構笑ってた(爆)。頑張れアギ、負けるなアギ!そんなキャラが萌えっていうファンも意外といるぞ!(探せば。多分。/笑)
「で『水のまどろみ』唄って、ちょびっとトークして…」「ボイスレターやったんだっけ?」と予想以上に正確な記憶を保持していた鼻さま。ビデオレターのデュマとボブ・クックスは忘れてたけどな。しかも姫いわくボブ・クックス分は「自分でビデオ録りに行ったくせに(笑)」との事。え〜…それで忘れちゃうの〜〜〜???ボブ・クックスに嫌われるぞ(笑)。鼻さまはその辺上手く曖昧にして(笑)「まぁ何人かビデオレターがあって、すぐドラマやったよな?」ドラマ、とは生アフレコのことを指していたらしい。「で、またアギが大笑いされて。」王子「『メッチャ落ちてる〜!』やろ(笑)」そうそう、アギ一番のスマッシュヒット(笑)。考えた人が偉い。王子「『早よせぇボケぇ!!』」あったあった、そんな台詞。…ちょっとハスモダイの声で聞いてみたいと思ったのはワタシだけでしょうか(笑)。いいな〜、この座談会音声で販売しないかな?(笑)

「で…そろそろいのりさん?」とついに記憶のレコードが怪しくなってきた鼻さまに王子「いやまだまだ。もう1個あったよ、なんか。」すると姫が「あれ?何あったっけ?」…姫!!!Σ( ̄□ ̄; 鼻さま「お前が覚えてねぇんじゃねぇか!」いいんだよ、姫はレポート書く当番じゃないんだから!(事の発端は鼻さまがレポートを書いていない事にあるのです。/笑)行き詰ったところで班長ハスモダイ(笑)「投稿ストーリーやってぇ、聖歌唄って、質問コーナ〜パフパフッ♪って言いながらアギとソレトの失恋の真相をやり。」さすが!さすが班長!!!どうですか、この素晴らしき記憶のレコードの性能!鼻に備蓄してるようなヤツとは比べ物にならねぇ!!…と、思いきや…姫「王子はねぇ、もぉ復習してんの最近。」王子「そ。『転生編』の編集でな♪」…あ…なるほど…(鼻に備蓄とか言ったのを若干反省しました。/笑)
そんなこんなで「(笑)」の内容を覚えている王子でしたが、姫は「で、私はそれを見たんだけど忘れちゃった。」と…。ほ…ホラ、姫はオエセルとかスゲー出すから。兵器だから!!!(汗)姫「違うの!最初の方でね、王子がカッコよくて何度もまき戻して…」「知らねぇよ!」ナイスツッコミ、鼻(笑)。やりやがるな、一応鼻副長としての地位は保ってるな(笑)。それはそうと、姫が何度も巻き戻して見たのは『水のまどろみ』で詩を朗読したところじゃないかなっ?!歌う部分はもちろんだけど、アレ、すげーカッコ良かったもん!!(…あまりにも距離が近くてワタシはシャツしか見てなかったけど…。。。)
姫の王子愛に卑屈になった鼻さま「もぉメンドくせぇからお前が座談会書け。」そういう問題じゃないだろう(笑)。しかし姫は「王子の事についてでいいの?」…意外と書く気満々です(笑)。「どんだけカッコ良かったかについて書いていいんだったら書くよ!」ちょっと読んでみたい気がしますが…(笑)鼻さま「PCのハードディスク埋まっちゃうからやめてください。」王子のカッコよさについての情報は既にテラ単位でございます(笑)。いいなぁ、やっぱり読んでみたいなぁ(笑)。

話は戻っていのりさんの歌からトークを挟んでグッズ紹介まで振り返りまして…王子「『最後の歌です』って、本編最後で…えっと何か唄って…」姫・鼻「何か?」王子「あ!ポラリスや(笑)」何かって…まぁ、そんな事もあります(笑)。更にアンコールからクリスマスメドレー、最後の最後は『Voyage』でした、と。鼻さま「(王子に)で、泣いちゃったんだよねぇ〜。」「そうだよ〜(喜)」王子の涙の理由(というか、経緯?)が今ここに!!「いやアサミちゃんがホンマに涙こらえてる顔してて『ヴ〜』ってなってんの見たら、アラアラ(しんみり)って思って。んで、客席をず〜っと見てったらもぉね、客席のみんなが泣いてるんよ〜。」泣いた泣いた、ありゃ相当の人が泣いたね(笑)。そして王子は「イヤハァ〜(泣)って思って、それで、もらい泣きをしました(笑)」と、いう事でもらい泣きだったらしい(笑)。ワタシは自分の事に精一杯で(笑)王子涙の瞬間を見逃した。それが…未だに心残りです…(悔)。
鼻さまも感動していたらしいが「ま、流石に男の子なんでね、泣きはしませんけども。」これに対して王子の「泣いてみたらええのに(笑)」っていう一言が大好きだった(笑)。でも、実際泣かれたら軽く引くような気がするので泣かなくてもいいです(爆)。涙腺が弱いのでいつも泣いているという鼻さま「こないだもマンガ読んで泣いちゃったし。」「しかも立ち読みでしょ〜?」え〜…?マンガで?立ち読みで〜〜???鼻さま「そぉそぉそぉ。マジ号泣寸前だったぞ俺、本気で!」男子なら頑張れ!立ち読みで泣いている姿を見かけたら女子は大分引くぞ!!(え、女子の皆さんそうじゃありませんか?ワタシが冷酷すぎますか…?/笑)
王子「あ〜でも解る解る。私もコンビニの立ち読みで泣きそうになったマンガがある。『イ○ズラなKISS』ってマンガ。」王子はいいんです。オトコマエだ♂だと言われてもDNA鑑定すれば(?!)女子なんだから!そして「泣きそうになった」だけで泣いてないんだから!それは大丈夫!!(何基準…?/笑)通勤電車の中で、西川曲を聞いてちょっぴり泣いても大丈夫!女子だから!!(…それはどうかな…。/笑)
そして『イ○ズラなKISS』は思いも寄らぬ展開に…(笑)。鼻さま「でもなんかちょっとヤラシイ感じの題名じゃね?」ぶはははははっ!!スゲー鼻!その思考回路スゲー!!!(笑)普通に少女マンガだっていう知識がなければ、確かにちょっとヤラシイ感じの題名だ…(笑)。姫「アハッ♪ヤダー!王子ヤダー!!(笑)」王子「チゲ〜よ(笑)!!」王子…カッコイイ。そして姫可愛い(笑)。鼻さま「王子やらし〜(笑)」王子「チゲーっつってんだろ!全国の『イ○ズラなKISS』ファンに謝れ!!」「健全な少女マンガやっちゅ〜ねん!!」もう『イ○ズラなKISS』がどうこうより王子の「チゲーっつってんだろ!」っていう一言が大好きでなりません(笑)。脳内アテレコは自在にできるけど、ここは一つ着ボイスで欲しい。何の着信を知らせるのかは微妙だけど、とにかく欲しい!!!(笑)

仕切りなおしてグッズの話とか。王子「いま11月直前ですが、まだ手元には形となって出来てるものが何も無いんだなぁ。」鼻さまの「あれ?CDは?」という問いに王子「こないだトラックダウンまでは出来て、でもマスタリングがまだやねん。」「トラックダウン」「マスタリング」も一体どういう作業なのか分かりませんが(笑)こんな用語は西川サマのインタビューとかでも出てくるから、何か音楽っぽい作業なんだろうと推測される…(その程度は誰でもできる推測。/笑)姫「でもCD作るのって大変だね。」王子「大変やね。しかもオリジナルで8曲ですよ。カラオケ入れたら30何曲ですよ。」毎度毎度、媒体の容量目一杯まで詰め込んで下さって(笑)、ファンは大喜びです。
コスプレ衣装に関しても王子「スッゴイ拘ってくれたからね、製作者さんが♪」「科学者のこの腕のラインとか…」ちゃんと布を縫い合わせて作ってあるのだそうで。見えないところまでキチンと出来てる、そんな衣装が一回限りでは何なので…ぜひ何かの機会にもう一度!!(メンバーの誰かがケッコンした時に全員衣装で披露宴参加するとか。/笑)
普段は洋服の袖丈が足らない事も多い鼻さまも、今回ばかりはピッタリだったとの事。そりゃーな、オーダーメイドだからな(笑)。でも王子は「袖丈が(肘の下辺りを指して)ここらへんやってん(笑)」「ツンツルテンになってて、誰かのお下がり?みたいな感じで。」そんなハスモちゃん、ちょっと見たい!袖が足りなくて苦笑するハスモちゃんを見たい!!(笑)鼻さま「タルの間違えて着たんじゃね〜の(笑)」あ、そういうオチでもイイかもしれないです(笑)。でも、そうすると必然的に袖が異様に余って若干ムッとしているタルラントを見ることにもなりそうです(笑)。
で、ハスモちゃん衣装だけ作り直しになったんだって。姫「意外と体が女性的だった為に。」えっ?!すいません、そこんトコロは聞いてみたい!(笑)「それは関係ねぇだろぉ!」と台詞だけオトコマエな王子に構わず(笑)姫「意外と女なんだよ。知ってた?」振られた鼻さま「それは何て答えればいいの?」は…鼻…!!(爆笑)「どうせどう答えても機嫌を損ねそうな感じがするんで…。」という鼻に王子は「気ぃ遣ってんのか(笑)」鼻いわく「何でアンタが知ってんのぉ?みたいな。」すかさず姫「アハハハ、何を知ってるの?(笑)な、なんか言うつもり?」姫サイコー!!!(≧▽≦)/ ホントに、機嫌を損ねないって約束するから言ってみて欲しい。何を言うつもりだったのか(笑)。鼻は王子の何を知っているんだろう…(爆)

結局、鼻が王子の何を知っているのか明らかにされないまま(笑)話題はティナ様のティアラへ。あれってああ見えて金属ではなく布製なんだとか。見えないよね、布には見えないよ!!そんなティアラについて王子「あのティアラがねぇ、私が被るとなんか勇ましくなるらしく…」と、いうのもティアラの写真をなかむら監督へ送ろうとした時、たまたま姫の被った写真が無かったので王子が被った写真を使ったらしい。「そしたら監督からの返信が『これはなんだか変ですよ』って返ってきて、これだったら被らない方が、みたいな。」…監督、ナイスキャラクター(笑)。
王子「で、慌てて志穂ちゃんが自分の写真を送ってみたら『あ、な〜んだ。可愛いじゃないですか♪』って返ってきてん。」「おんなじ物なんだよ、直してもいない(笑)」そりゃもう王子が被った日にはそりゃ勇ましかったんでしょうよ。…というか、確かオエセル荘か何かに載ってたよね、勇ましい写真が…こりゃ確かに聖闘士○矢だ、って思った記憶があります(笑)。
鼻さま「監督も意外に酷い事言うからね(笑)」イベントのビデオレターで見た、あの物静かなキャラクターに『これは何だか変ですよ』って言わしめる何かがあったんですな…(笑)。王子「私変なんや〜って(笑)」しかし姫「でも変だったよね。」鼻さまも「んまぁ、変か変じゃないかって言われたら、圧倒的に変だったけどね。」結構な言われ具合ですよ、王子…(笑)。姫が言うにはティアラじゃなく兜だったと。鼻「『グラディ○ーター』とかに出てそうだもんね。」しかも強そうです、勝てそうです(笑)。
王子の勇ましさに衣装制作の方から「センチュリオン」というあだ名がついたというエピソードから、更には「松本さん」ではなく「田中さん」と呼ばれだした話に。姫「そ、ずっと延々、『田中さんはど〜のこ〜ので、でも田中さんはぁ〜』ってすっと田中さんについてなの(笑)」「そのメール全部田中さんについてなの。でも褒め称えてんの。」すごい、それも凄いけど何が一番凄いって「だから返信メールのタイトルは『田中ではありません』って送ったの。」姫が一番スゲーよ!!(爆)そういう姫の気転というか、何かステキです(笑)。

今回のイベントではオリジナルソングに衣装にと色々やった、という話になり…姫「何でこんな事になったんだろう?」「お前が言ってきたんだよ、全部!」しかし姫は「あれ?何で何で??」「何でじゃねぇよ!そん時に立ち返って思い出してみろ!!」王子「(笑)衣装着て写真撮るのも、キャラソン唄うのも、全部志穂ちゃん。」しかし姫は王子も一緒にいたはず、と主張(笑)。
とりあえず言いだしっぺはキミだ、と鼻さまに指摘された姫は「いやぁ、提案はしたかもしれない。こんな事はいかがかしらって…」「でも王子はまんまと乗ってきた!」まんまと…何にせよ、楽しいイベントでしたので参加者としてはありがたい限りです(笑)。
ついでに来年もやりたいか、という話になるのですが…王子「でも、アギはもう…」「『オエセル隊最後の』って日記でハッキリ公言してるから。」「絶対やりたくないんだ!」FCという枠に拘らずとも、という鼻さまに王子「光GENJIスーパーファイブみたいな感じで。」「一人減ってんのね(笑)」光GENJIスーパーファイブ…最近の若人(平成生まれ)は当然昭和のアイドル「光GENJI」を知らないので諸星君を見て「ジャニーズっぽい」とのたまうそうですよ(笑)。ジャニーズっぽい、んじゃなくて、ジャニーズだっつの!(今は違うのか?/笑)
「まぁでもナンダカンダ、やろうぜって言えば多分やるんじゃない、アギも。」姫・王子「やるね。」「寂しがり屋だから。」そう、案外歌もうたうかもしれません。寂しがり屋だから。ブランコ用意したら熱唱してくれるかもしれません、寂しがり屋だから(爆)。

で、末尾にはこの強力な3人の座談会にアギ・ソレ・タルがコメントを入れるという割と無謀なコーナー設置(笑)。
アギ「いつも通りですね(笑)声優より芸人カテゴリーに分類されると思います。」タル「順序だてて去年の事を言ってるけど、ほぼ、さちさんが言って思い出してるとしか思えません!」ソレト「う〜ん…間違いなく原沢さんは覚えてないと思ってたら、やっぱり!!」鼻の記憶力にはもう頼らない方がいいのかもしれません…だって、多分前の日の晩ゴハンも覚えてないでしょう…?(危険。/笑)
前年のイベントについて、アギ「前回の内容は僕もハッキリとは覚えてないなー。イベント自体、初めてでテンパッてましたしな(笑)」そうか、テンパってたから「水のまどろみ」はあんなだったんだね…(笑)。テンパってても『めっちゃ落ちてるーー!!』だしな。美味しいトコ持ってったな(笑)。ソレト「私は覚えてるっ!!でもやっぱりテンパってた記憶がありますね…」そうか〜。だから無口だったのか〜(笑)。
タル「そうそう、『イ○ズラなKISS』は健全な少女漫画ですよ!さちさんが正しいです!ですがそれがエロく聞こえるのはきっとさちさんがエロいから…(爆)」うんうん、分かりますよ。さち様声で『イ○ズラなKISS』って、脳内アテレコしても何かヤラシイもんな…(遠い目)
そしてアギの最後発言に関しては「まあ僕の【最後】発言は【(歌は)最後】みたいな(笑)もうね…歌はね…もぅ…ね…。」大丈夫だよ、手に汗握るけど結構面白いよ!!(笑)タルラントも「浦田さんの歌面白いですよぉ。」って…意外にズバッといいましたな(笑)。
締めが割と無理矢理なのも、ここは一つ微笑ましいとしておきましょうか…(笑)。

続いては「オエセル隊本人アンケート」という事で…地球編は「キャラクター」で答えていたアンケートですが、ギリシア編は中の人(笑)を想定しての回答になります。一応コチラのツッコミは役名でさせて頂きますのでヨロシクです(そうしないとやりづらいので。/笑)
尚、地球編のアンケートと同様、全部取り上げると終わらないので(笑)つまみ食い形式で対応させて頂きます。

「Q1:誰かが弁護士だとしたら誰に弁護されたくない?」
アギ、タル、ティナ様が「ヒースマ」という回答。ソレトは「私。どちらかというと検事になりたいから。」「浦田。裁判に遅れてきそうだから。」鼻の意見には一理ある(笑)。というか、そもそも弁護を受けてくれなそう。資料とか見て下調べとかしない雰囲気(笑)。ハスモダイ「アサミちゃん。相手側の言葉攻めに押されまくりで『あう…』と放心しそうだから。」これまた納得。陪審員制ならそれでも同情を引いて逆転できるチャンスもありやなしやだが(笑)現在の日本の裁判では無理っぽい。一番票を集めた「鼻」回答の中で最も納得できたのはアギ回答。「原沢さん。途中で『もういいよお前負けろよ!!』とか言いそう。」もうその台詞が聞こえてくるかのようです…。ちなみに票が入らなかったのはハスモダイとティナ様。そりゃーな、ガッツリ下調べしてキッチリ守ってくれそうだもんな(笑)。

「Q3:バラが似合うのは?」
ハスモダイ以外は全員ハスモダイと回答(笑)。ハスモダイはというと「志穂ちゃん。華やかなイメージ。バラの中でもピンクのバラかな。」これに対して姫回答は「赤とか白だったら王子かなぁ…。ピンクだったら勘弁願いたいけど…。王子にピンクって…それどうなのよぉ〜!」え〜、率直に申し上げればピンクは「ナシ」だと思います(爆)。なので、赤と白はハスモダイ、ピンクは姫、と住み分けをするって事で如何でしょう?両方揃って写真に写ると無意味にエロいとか、そういう意味でも合っている気がします(笑)。尚、鼻の回答「王子。前にも言ったが、俺の中の彼(?)のイメージは『アンソニー』だから。」にある「アンソニー」というのは昔の少女漫画「キャンディキャンディ」に出てくる丘の上にいる王子様バグパイプを吹いている人(?多分。)です。馬から落ちて死んだような…?(遠い記憶。/笑)

「Q4:仕事で恋人役を演じるとしたら誰が良い?」
これは全員分回答を乗せて行きましょうかね。(=全員に万遍なくモノ申したい事があるということ。/笑)
アギ「高口さん。飲みでいろいろと話を聞いたので(笑)」話の内容は大変気になりますが(笑)アギがもうちょっと頑張っていたらソレトと何とかなったんじゃないのか。そんなソレトも「浦田さん。ちくしょーイイ声。」と両思い(笑)。確かに、イベントでもアギスイッチが入っている時は輝いていました。…スイッチが切れると何故あんなにもボーゼンとしてしまうのか謎(笑)。鼻は「ゆっこちゃん。大人の恋人役ができそう。」…しかしながら鼻に「大人の恋人役」っていうフレーズだけで笑える…大人の恋人、だって。…ぷっ(笑)。
ハスモダイはまず「志穂ちゃん。←自分が少年役の場合。」と回答。何だかミニマムなカップルになりそうだなぁ…(笑)。更にダメ押しで「あ、BLの相手だったら浦田くん(笑)声はいいんだよなぁ、ホント…」との事。無邪気に「BLだったら」とか言い出してますが、どっちがどっちだろうかと考えると夜も眠れません。個人的にはハスモ受でお願いしたい(ズバッと書くな。/笑)
タルラント「ゆっこさん。ソレトのイメージが。」むしろタルラントにもBLだったら誰がいいのか(ついでにどっちがいいのか。/爆)教えて欲しかった(笑)。最後は姫「えぇ〜〜?!これ鼻か浦田君しか選べないのぉ〜?!?!」とイキナリ拒絶反応(爆)。いや、いいんですよ。恋人役だから、男子役ができる人ならだれでもいいんですよ、きっと!!「何でもあり?ありなら王子!!王子の声は美形か、いいヤツに違いないから!」確かに。美形orいいヤツぞろい。若干の色気過剰に目を瞑って頂けるならどのキャラクターでもオススメです(笑)。更に「鼻か浦田君だったら、浦田君。声は二枚目だから!!声は!!」…アギ…無駄に声がカッコイイばっかりに…オチになってます(笑)。

「Q6:キレると怖そうなのは?」
アギ、鼻、タルが「ハスモダイ」回答。ソレト、ハスモダイ、姫は「ソレト」という回答で半分に分かれました。それぞれの理由は同じようで、アギ「さちさん。キッ!!と睨んでビーム出しそう。」「王子。キレるとどんなんなるんだろ。」タル「さちさん。想像できないから、余計に怖そう。」と、キレた時にどうなるのか想像がつかない、とかソレト「私。多分けっこー怖いと思う…」ハスモダイ「ゆっこちゃん。普段おとなしそうな分、キレると凄そう!!」「ゆっこちゃんかなぁ。怒っているところ見た事がないけど、色々溜めてそうな感じがするから。もし言いたい事があったら言っていいんだよ!」という普段溜めているのでは、という感じ。そういえば、キャラクター的にもストレス溜めてそう(お酒で豹変しそう)とかキレたら凄そう、というのはハスモダイやソレトだった気がする…役者がキャラに似るのか、キャラが役者に似るのか(笑)。
個人的には意外とアギなんかも怖いというか、逆鱗がどこにあるか分からなくて(笑)イキナリ地雷を踏んで無視されたりしそうでイヤです。鼻なんて声だけデカくても、そもそも何に対して怒っていたのかを途中で忘れそう。幸せな人だ(笑)。

「Q8:料理が不味そうなのは?」
アギ「河原木さん。何でもかんでも混ぜそう。」…こいつは一度姫のブログとか見るべき。手料理(しかも何か小洒落たメニュー!)がちょくちょく載ってるアルよ。そんな事言ったら失礼よ?ソレト「さちさん。…ゴメンナサイっ(汗)」「王子。ご飯炊いたことねぇって言ってなかった?」タル「さちさん。生肉しか出なそう。」と半数の票を集めてしまったハスモダイ(笑)。でも、きっと料理を「しない」だけで「できない」のではないと思われるんですよ。写真日記とか見てると、うどん作ったりしてるし…。…湯切りに失敗もしてるけど…。。。
そしてハスモダイとティナ様の回答は揃ってアギ。「浦田くん。何も料理してなさそう。(人のこと言えないけど)」(byハスモダイ)「浦田君。料理しなさそう。家のシンクに洗い物がたまってピサの斜塔のようになってそう。」(by姫)確かに、アギは料理をしていない…というか、まず台所が凄くキレイ(潔癖)か、凄く汚い(虫とかいる)か、どっちかのような気がして怖い。どっちもイヤ(何事もほどほどが大切。/笑)

「Q11:前世が貴族っぽいのは?」
アギ「高口さん。なんか…なんだ?静かな貴族(笑)」ホント、何だそれ(笑)。ソレト「志穂チャン。お姫様だった?」可能性は高いです。鼻「アサミちゃん。写真がオーケンっぽかったし。今は庭師だがな。」…ゴメン、オーケンって何???…と思ったので調べてみたら大槻ケンヂの事??らしい。それで合ってるの??(謎)関係ないけど、オエセル祭(汗)の当日、近くのライブハウスで筋肉少女帯のライブ?みたいのやってたみたい。通りすがりに看板を見ました(笑)。ハスモダイ「私。よく言われます。品がいいって(笑)」さすが、ワカってらっしゃる、自分の位置を(笑)。タル「さちさん。そのまんま。」そして姫も「王子だけに、王子かなぁ…っていうか、他の人はありえないでしょ?貴族だよ!?貴族!!」まぁ、メンバーにデュマでもいりゃーアレですが、確かに王子有力(笑)。

「Q12:前世が農民っぽいのは?」
アギ「原沢さん。デカいから畑とか耕してそう。」高いところに実った果物も楽々収穫(笑)。でも、畑は腰を痛めそう。(デカいから地面に近い作業はニガテ。/笑)ソレト「アサミチャン。何となく…。」「何となく浦田。落ち武者っぽいけどね。」それ「何となく」じゃなくてビジュアルが、でしょ?(笑)ハスモ「アサミちゃん。これ決め打ちの質問でしょ(笑)」ワタシも密かにそう思いましたが、そうでもない回答の人もいました(笑)。タル「私。ほっといてちょうだい!!」米はおにぎりになくてはならない重要要素なので自らの手で育てます(笑)。姫「アサミちゃん。これも、他に誰もいないでしょう。間違いなく稲作農家でお昼ごはんは自分のところのお米でおにぎり作って食べてるの!!ピッカピカの美味しいお米!!」確かに「稲作農家」って感じです。酪農家ではなさそう(それはそれで似合う気もするが。/笑)

「Q14:秋葉系っぽいのは?(オタクっぽい)」
…キタ(笑)。面白い問いがキタ(笑)。各々の回答見てみましょう。アギ「原沢さん。おもちゃ集めが趣味はハズ確か。」ソレト「浦田さん。ゲームとか好きだから。」「誰かなぁ…俺かなぁ…やだなぁ…」ハスモダイ「浦田くん。電波だ!!人としてのコミュニケーション能力をもっとつけなさい!!」タル「原沢さん。2ちゃんねらーっぽい。」「浦田君かなぁ…アニメのコトとかものすごく詳しいから。」
…というわけで票的にはアギと鼻が3票ずつ分けました。ここは一つ、本物のオタクとして、コメントさせて頂きましょう(笑)。
まず女子部は票が入ってない事からも分かるように嫌疑なし。もうこの時点で鼻かアギかしかない訳ですが、ワタシの判定は両方とも「黒」です(笑)。
※ここから先は勝手な妄想ですので真面目に捉えないで下さい。(このレポート全体がそうなんですが、これ以降は特に。/笑)
両方ともオタクっちゃオタクなんだけど、種類が違うんだと思う多分。皆さんのコメントから察するに、アギはオタクな中でもメジャータイトルというか、人気ジャンルを動くタイプ(笑)。アニメならガンダムとかエヴァ、ゲームならDQとかFF、みたいな。ロボット系アニメ(?)でも、SPTレイズナーを知っているかどうか結構怪しい(ワタシは見てたよ、好きだったよレイズナー。主題歌歌えるよ!/笑)
女の子キャラの趣味もありきたり(笑)で、色白メガネで巨乳なワケよ。あ、身長は150センチ以下ね(笑)。
対して鼻は、基本フィギュア。フィギュアであれ!!(爆)マニアックなものをコレクトするとか。コミケに参加しようにも、まずジャンルを選択するところで相当迷わなくちゃいけない、みたいな(笑)。映画もメジャータイトルじゃなくてミニシアター系。誰も知らないようなものについて、必要以上に詳しい、そんな設定だったら面白い(笑)。
女の子キャラについての好みは…とりあえずアギと違って(笑)ロリって事はなさそう。人妻?女教師???ちょっと影のある感じなんてどうでしょう?(笑)

「Q15:オエセル垂れ流してるのは?」
これは姫と鼻さまの壮絶な争い(?)となりました。票数で言うなら姫が4票(アギ、ソレト、鼻、タルが投票)、鼻が2票(姫、ハスモ)
「姫!姫は絶対俺だと言い張るだろうが、これだけは譲れねぇ!!」対して姫「鼻さま。この方は本当に垂れ流してますよ!しかもものすごい勢いで!!鼻さまのオエセルで、何度やられたことか…犠牲者続出です!!ティナ様よりすごい!!惨劇どころの騒ぎじゃありません!!」…票が多く入っているのは姫なんですが…何となく姫の「惨劇どころじゃ〜」っていうくだりに説得力がある(笑)

「Q18:1日でいいから入れ替わってみたい人は?」
これはアギの「河原木さん。なんつーか大御所の頭とか『もうー〜!!』とか言って叩きたい。」っていうのが一番納得(笑)叩いても許されそう。そんなキャラって必ずいるよね(笑)同じく「おねだり人生を歩んでみたい」と姫に票を入れたのは鼻さま。ただ、「入れ替わる」ということはその間自分に姫が入るということ(?)で、入れ替わってる間に自分の姿で大御所の頭とか叩かれるとシャレにならない(笑)
ソレトとタルは高い身長を味わってみたいという理由で鼻さま。ハスモダイと姫はソレトと回答。ハスモダイ「ゆっこちゃん。美人さんやから、ゆっこちゃんと話す男の人の反応を見てみたい。」「ゆっこちゃん。メンバーのほかの誰よりも違和感なくすんなり入れ替われるのに、私とは全く違う目線で物事を捉えてると思うから、すごく新鮮な気がする。」回答内容とは無関係ですが、ここまで見てきた中で姫とハスモダイは同じ回答(理由は違っても同じ人)という事が多い気がする…夫婦だからか!!Σ( ̄△ ̄;

「Q19:部屋が散らかってそうなのは?」
アギ「原沢さん。おもちゃだらけだと思うんです。」…おもちゃ?フィギュア???ガンプラ???!(笑)ソレト「私。…散らかってます(汗)」イメージ的にソレトの部屋にはモノが少なそうだが…。鼻さま「ゆっこちゃん。スティッチルームとか凄そうだよねぇ」と、いうかスティッチルーム?スティッチに一部屋?!すげーー!!!
ハスモダイ「志穂ちゃん。実際そう。」タル「志穂さん。よく本人が言ってるから。」姫はどちらかというとモノが多そう。可愛らしいものが犇いていそう(笑)
その姫の回答は「浦田くん。とにかく物が多そう。雑誌とかCDとかゲームとか…。プラモデルとかも有りそうだし…。」う〜ん…。それらが整然と片付けられているとは思えない…アギ(キャラクター)ならば大きさ順・巻数ごとにビッチリ並んでいると思うけど(そしてちょっとでも動かすと怒られる。犯人がタルラントだと殴られる。/笑)

「Q20:部屋に虫わいててペットボトルにカビ生えてそうなのは?」
アギだけは「さちさん。生肉がたくさんあって肉しか管理できてないとか。」いくら肉好きとはいえ、仮にも王子なんだから虫とかカビはないだろう…。
ちなみにそれ以外全員が「アギ」と回答(笑)「ごめんなさい!イメージです…。」(byソレト)という回答もあれば、ハスモダイ「浦田くん。その辺本当に気をつかわなさそうなイメージ。」「浦田くん。沢山のものの中に何時のか分からないお弁当箱やカップラーメンが転がってそう。」…典型的なアキバ民族(不潔系)の部屋ですな…。で、そのジツどーなのよ?(どなたか潜入取材お願いします。)

「Q23:ワガママなのは?」
アギ「河原木さん。世界は私の為にあるもの。と言っていた気がする。」え、皆そう思ってるんじゃないの?(笑)ソレト「私。性格が猫です…。」そんな猫好き大集合!(意味不明。)鼻「姫。天上天下 唯我独尊」尚、天上天下唯我独尊というのは決して「ワガママ」という意味ではございません(笑)字面で勘違いしている人や、スラ○ダ○クで流○くんの代名詞(?)みたいにして出てきたからそう思っている人も多いらしいけど。もともとはお釈迦様の言葉で、仏教的には命は大切だよ、みたいな解釈になってるらしい。…と、宗教学で習った(遠い昔の記憶。/笑)
ハスモダイ「原沢くん。自分が悪いとわかってる上でワガママを通す人(笑)キャラで許されるところは得だな〜〜!」…ワタシなら、いかなるキャラであっても許しませんが。というか、相当嫌なヤツでは?!タル「志穂さん。志穂さんだから許されそう。」う〜ん、ワガママの種類にもよりますね。。姫「鼻さま。私だと思うでしょ?意外と違うんだなぁ〜。鼻さまは我が儘って言うのとまた違うのかもしれないけど『ごめんそれは出来ない!』って後になってよく言ってるから。」…すいません、それってワガママ以上にタチが悪くてモモコさんのイジメのターゲットになりますけど大丈夫ですか?(笑)

「Q25:自転車に乗れなさそうなのは?」
アギ「高口さん。意外と乗れなさそう。でも車だと猛スピード」走り屋ってこと…?(元ヤンと言われても納得するのは?という問いで何故か票を集めていたソレト。/笑)
ソレト「さちサン。さちサンの自転車姿がイメージ出来ません。」「王子。意外とバランス悪そうですよ、あの人。」タル「さちさん。想像したら可愛い。」「王子。王子が爽やかに自転車で走っているのが想像できない!!左カーブが曲がれなくて一度降りてからカーブしてまた乗りなおしてそう。」ああ〜、そういえば近所への移動は自転車じゃなくて馬だって、聞いたことがあります。もちろん白馬ね(嘘)。
4票を集めたハスモダイはというと「アサミちゃん。補助輪ついてそう。」補助輪…!!懐かしい響き!(笑)でもやっぱり王子に自転車っていうのが一番似合わない気がします…。せめてママチャリではなくマウンテンバイク系なら…??(でも想像力の限界突破。)

「Q27:友達少なそうなのは?」
アギ「高口さん。何となく友達選んでそう(笑)」ソレト「私。自信あります!」良い意味でマイペースに過ごし、一人でいることが苦にならなそう。鼻「浦田。まぁしょうがない。」ハスモ「浦田くん。心配になるくらいですわ。」タル「浦田さん。何となく。」「浦田くん。正直友達がいるのか心配で心配でなりません。誰か友達になってあげてください!!」リーダーなのに皆から心配されているアギ…。。友達100人計画に向けて頑張ってください(笑)

「Q28:友達多そうなのは?」
ハスモダイ以外は全員ハスモダイという回答。特に姫の「王子。親友と呼べるレベルの人が何人もいて、広く浅い友達もワンサカいるイメージ。」というのは説得力あり。当の本人は「原沢くんと志穂ちゃん。社交性バツグン!」と評価しております。

「Q29:パソコンの壁紙が、『え、これ?マジッ?』って感じなのは?」
アギ「原沢さん。硬派っぽいのに実はエロ画像とか(笑)」一つ訂正するなら硬派っぽくはない。以上。(酷)ソレト「原沢さん。2チャンネルの顔文字とかになってそう…」鼻さまの使う顔文字は2ちゃんねる仕様のものが多い。…怪しさ満点。タルにも「原沢さん。意外なものにしそう。」と言われています。
そんな鼻は「姫。なんか怪しい呪文とか書いてありそう。」想像で回答している鼻に対して実際見たらしいハスモ「志穂ちゃん。どう見てもおかしい。」姫自身も「アサミちゃんかなぁ。でも実際『マジっ?』ってのは私だと思うけど…。」…どんな壁紙なのか気になります。。意外にロックな感じとか?!(それはない。/笑)

「Q30:ルーズなのは?」
アギ「オレか…?」色々なインタビューとか対談とか見る限り、そう思われます(笑)ソレトだけはアギに気を遣ってか「私。のんびりしている所があります。」と回答。ルーズとのんびりは違うよソレト!遠慮しなくていいんだよ!!(こういうところの遠慮が溜まって、お酒の席で大暴れしたら面白い。/笑)
あとは遠慮なく(笑)アギと回答しているのですがハスモダイ「浦田くん。『これ○日までに提出して』ってお願いしてるのにやってこないことの方が多い。ドタキャン多し。なんて奴だ〜!」「浦田くん。連絡をくれないし遅刻も多いし宿題もやってこない。そんな人です!皆も騙されないように!」という意見は実感篭ってます。
もう次回以降は提出が遅れたらパンフレットに載せなくていいですよ。白紙にして製本が終わってから全部に直筆で書け!とかいう嫌がらせをした方がいいと思いますよ?!言って分からない子には体に叩き込むしかないからね!!( ̄^ ̄)

「Q34:頭が良さそうなのは?」
アギ「高口さん。なんか優等生っぽくない?」学級委員とか似合いそう(笑)ソレト「原沢さん。結構物知り!」…それをどんどん忘れちゃう…かわいそう…(涙)。鼻「意外と浦田。頭はいいと思う。わけが解らないだけで。もうホントに意味不明なだけで。」鼻にしては的確かつ面白い回答でした。グッジョブ!!(笑)
ハスモ、タル、姫は揃って「ソレト」と回答。何となく理系のイメージがありますが…それこそソレトのイメージ??

「Q35:頭が悪そうなのは?」
アギ「アサミちゃん(笑)明るいからね(笑)」明るい人は悩みがないと思われがち。意外に悩んでいることもあるので要注意(笑)ソレト「…難しいデス。」遠慮しなくていいのよソレト!!正直に言って!!鼻「ここも意外と浦田。なんか紙一重な空気がムンムン…」ああ〜。言われてみれば…。。。ハスモ「原沢くん。イメージやからね(笑)」そう、実際に物忘れが酷いとかオエセル垂れ流してるとかいうのは関係ないからね!(笑)タル「私。みたまんま。」意外とそのキャラクターを上手く使って世を渡るタイプかもしれません。侮れません…(笑)姫「鼻様。答えにくい質問は鼻様ってことにしておこうと思う。リアルに答えると問題があるでしょ?(笑)」上手い!(笑)でも、リアル回答でも鼻だったりして…。。。

「Q38:生徒会長やってそうなのは?」
アギ「さちさん。何となくイメージで投票されて仕方なくやる感じ(笑)」生徒会の投票というよりは最早人気投票(笑)。ソレト、鼻、タルも「ハスモダイ」と回答。本人は「志穂ちゃん。校内の投票でアイドル的生徒会長(実務は他の人)をやってそう。」実務は他の人、っていうところが最大のポイントです(爆)。姫「わたし。他の人に任せておけなかったから、今、立候補してみました。」そして実務は他の人なんですね、姫…(笑)。

「Q40:血が繋がりたくないのは?」
アギ「オレ?こんな頭になるから…?」を始めとして「さちサン。イイ意味で家族よりもお友達でいたいと思ってしまいます。」というソレト回答以外は全員が「アギ」と回答。「浦田。シャンプーすぐ無くなりそうだよね。」ハスモ「浦田くん。か、髪型がぁ〜!」タル「浦田さん。髪の毛が…」「浦田くん。ううぅ…なんとなく…という割には悩まなかったなぁ…なんでだろう。それにしても、これ、ものすごい酷い質問じゃない?」そうですね、血が繋がりたくない、って意外と酷い質問です(笑)。それにしてもアギの髪の毛遺伝子はそんなに強いものなのか…???親戚に直毛とかいないの???(笑)

「Q41:エロいのは?」
ああ、来てしまった…この質問が(笑)。どちらに票が集まるのか(もはや二人に絞られている。/笑)注目です。
アギ「志穂さん。なんかスゴイ事言ってるのを目撃しました。」ソレト「志穂チャン。多分きっと…。」「姫。一応年頃の娘さんなんだからさぁ。な。」一体姫はいつ何を言ったのか、気がかりです(笑)。鼻の語り口が好き。親戚のおじさん(おじーちゃん?)っぽくて(笑)。ハスモダイ「志穂ちゃん。何故か志穂ちゃんと一緒に写る写真は絶対エロくなる。志穂ちゃんの表情がいけないんだと思う。」…これに関してはワタクシ現状でのコメントを差し控えさせていただきとうございます。。。
タル「さちさん。エロモダイだから。」何か「エロモダイ」ってハスモダイがエロいみたいでイヤ…でもエロいっちゃエロいんだよなぁ、ハスモダイも(笑)。姫「王子。なんかエロいのよね〜王子は。良く言えばsexyなんだろうけど…ほら!声もエロいじゃない!あとね、写真がことごとくエロい!!王子は私って言うかもしれないけど、これは間違いなく王子だと思う!!」…というわけで結果的に票数は姫に4票、王子に2票って事なんですが…こればっかりはだから姫の方がエロいとは言い切れません。何故ならこの二人で事実上の決勝戦だから。全日本エロい人トーナメントとかあった場合の決勝戦ですから!!お二人が他の人に比べて圧倒的にエロい事だけは確かなんだけど、どっちがよりエロいのかは計器類の測定限界値を超えた為に、判定不可能です。残念ながら(笑)。

「Q43:車の運転が上手そうなのは?」
…というか、皆さん運転免許持ってるんですか…??(少なくとも王子は持っていないはずだ。数年前の情報によると…。/笑)
アギ「原沢さん。一度乗りましたが意外と安全運転です。」ソレト「原沢サン。間違いなく私より安全運転っ!」ってことは、鼻さまの他にソレトも免許は持ってるって事ね。。支持率の高い鼻さまは「ゆっこちゃん。なんか性格変わりそう…」というか、オートマではなくマニュアルの車運転してそう(笑)片手はギアに乗せたまま、片手でハンドル、みたいな。カッコイイ!!(笑)ハスモ「原沢くん。実際上手かった!」タル「ゆっこさん。なんとなく。」「ゆっこちゃん。正確な運転しそう。あ!でも走り屋だとも思うけど…。逆に一番下手なのは王子だと思う。方向音痴だし、こういうこと全般ダメそう。」自転車にも乗れなさそうですしね(笑)。走り屋さんとか元ヤンは意外に安全運転の人が多いらしいです。車を愛しているから。…自動車関係の会社には、元走り屋さんが多いって本当…?(車を愛しているから。/笑)

「Q46:結婚出来なさそうなのは?」
キタ!!面白い質問キタ!!(笑)ある意味、この質問にコメント入れるのを楽しみにレポートここまで書いてきました(笑)。
とりあえずは全員の回答を。アギ「河原木さん。恋が多そう(笑)」恋は多そうだが、結婚にいたるまでのハードル(条件)が高そう(笑)。ソレト「さちサン。しちゃダメです!」しちゃダメって…(笑)。でも、気持ちワカル(笑)。「答えづらい質問すんなよぉ〜。」…自分だとは思ってないんだ?ハスモダイ「私。もう諦めてます。」いやいや、そう仰らずに…諦めた瞬間に結婚話が出たって人、私の周りに沢山います。もしや、秒読み?!(笑)タル「さちさん。♂だから。」女子と男子、どっちと結婚するのかが問題だね(待て自分!)姫「わたし…誰かもらってください!!本当に!!大ピンチなんです!!」もらってくれる人なんて死ぬほどいますから大丈夫です、姫(笑)。

ワタシの個人的見解…ズバリ、女子部はとりあえず、しようと思いさえすれば出来そうだから外します。問題は意外に男子部だと思うわけよ。この不景気の最中、大手企業の正社員はどんなにブサイクでも、どんなに仕事のできないアホンダラでも、25〜6歳で出来ちゃった結婚しやがりますよ(そんな連中を毎日見て仕事してます。書類1枚マトモに作れない、あの仕事ぶりを見ても奥さん達は結婚しようと思うのかね?/笑)
ぶっちゃけ厳しいよ、 ナマモノ商売ってのは!(ここでそんな現実的な評価要らない。/笑)
ま、でも世の中夢のある職業の人が好きとか、同じ業界内での結婚ってのもあるでしょうから、やはり個人の問題になってくるかと予想されます。その時に…アギは間違いなく秘密主義で(笑)絶対に、断じて、途中経過を報告する事はなさそう。というか、既に今現在どこかに誰かを隠していても全然驚かない(笑)。多分、結婚の報告すらしない。どこかから噂が流れて、誰かに「結婚したんだって?」と聞かれて「ああ、しました。」みたいな(完全事後報告。/笑)披露宴とかにも呼ばれない、呼ばれないね〜(笑)。やらない事はないと思う(相手にもよると思うけど。)が、すごい内々で、って感じで小学生の頃からの同級生しか呼ばれないの(笑)。
で、そんな アギの水面下での動きを全く察知できなかった鼻さまはのほほんと過ごしているウチに先を越されて「えぇっ?!マジかよっ?!」って驚くタイプ。間違いない、驚いている姿が目に浮かぶようでしょ?(笑)
というわけでワタシ予想は鼻さまが最後です。頑張れ鼻さま、負けるな鼻さま!!一人でもキミにはフィギュアがついてるよ!!(←オタク設定を捏造中。/笑)

「Q47:付き合いがいいのは?」
鼻さまが「アサミちゃん。まぁ犬っぽいし。」と答えた以外は全員が「ハスモ」回答。特にアギ「さちさん。結構いろんな飲み会で見かけます(笑)」ハスモダイ「私。自他共に認める付き合いの良さ!楽しい場には居たいじゃな〜い?」「王子。飲み会とか皆勤賞だと思う!絶対にいるもの!王子のいない飲み会なんて行ったことがない!」という証言で分かる付き合いの良さ。見習いたい、ツメの垢でも煎じて飲むべき、自分…(飲み会は基本断る、スケジュール帳は白ければ白いほどヨシ、みたいな引きこもり体質。/苦笑)

「Q48:アンガールズの3人目は?」
これ…別に取り上げる必要もないほど当たり前なんですが(笑)ネタとして面白いので各人の回答だけ載せておきます(笑)。
アギ「原沢さん。……違和感ない(笑)」ソレト「原沢さん。他にいません。」「何て応えて欲しいんだ!!」…オレって応えてください(笑)。ハスモダイ「原沢くん。ゲオルカ様談。田中さんの方に喋り方と声と口元と細長いところが似てるよ〜。」このハスモダイの発言を読んで、ゲオルカ様への好感度が上がった。イイヤツだな、ゲオルカ!!(笑)タル「原沢さん。言うまでもなく!」「鼻さま!これしか考えられないでしょう!!『アンガールズに似てる!!』って最初に言い出したのはゲオルカ様だけどね!!」ホント、いい仕事しましたよゲオルカ様…(笑)。

「頼まれごとシリーズ」は…とりあえずサクサクッと全部行っときましょうか(笑)。

1:頼まれると断れない人は?
アギ、ハスモ、姫が「タルラント」ソレト、鼻は「ソレト」と回答。タルラントは「ハスモダイ」と答えていました。ハスモダイ「アサミちゃん。何とか頑張ろうとしてくれる。」「アサミちゃん。断れないため、自分の許容量以上のものを引き受けてパンクしそう。」…このくらい、把握してくれている人と一緒に働きたい(笑)。

2:頼まれないとやらない人は?
アギ、ハス、姫が「ソレト」と回答。これは何だか意外な感じですがハスモ「ゆっこちゃん。でも頼むと完璧にやってくれるので安心♪」との事。ここらへんは元OLの感覚が活きているのか(笑)。尚、ソレト、鼻、タルは「タルラント」という回答でした。ソレトと鼻は消去法で回答に至ったらしい。

3:頼んだのにやらない人は?
最悪な人ですが、全員一致で「アギ」という回答でした(笑)。特に鼻の「浦田。そろそろ…ヤバイと思うよ〜。」っていうのが危機感あってイイです(笑)。皆優しい人だからなぁ…もっと厳しく言っていいんですよ、納期厳守ってのは社会人の基本ですから!!

4:やらないけど一応気にする人は?
これまた全員一致で「鼻」という回答…。正直言って、ただやらないアギとどっこい…場合によっては気にしている素振りを見せる分だけ鬱陶しいっていう噂もありますので、改善する事をオススメします(笑)。モモコさんと仕事をすると(そんな事態には陥らないけど。仮に、の話。)間違いなく「どうなった?」って聞いた瞬間に「気になるならテメーでやれ」要らぬ仕事まで押し付けられます(笑)。

5:頼む前にやってくれる人は?
ああ、仕事してぇ!そういう人と仕事してぇ!!!(切実。/笑)アギ、ソレト、鼻、姫は「王子」と回答。タルラントは「ソレト」という回答。そしてハスモダイ本人はというと「私&志穂ちゃん。『もしかしたらこの作業、志穂ちゃんもやってくるかも?』と思うことが多い」そりゃもうアナタ、長年連れ添った夫婦みたいですよ(笑)。

6:頼むと仕事が増える人は?
こちらは全員一致で姫(笑)。ああ…姫(笑)。でもハスモダイいわく「志穂ちゃん。私の仕事が一番増えるけど、志穂ちゃんの仕事も順当に増えてます(笑)」何だかもはや色んなものを通り越して微笑ましいですよ…(笑)。

「最後:このアンケートでありえない回答を書きそうなのは?」に関してはパンフレット購入者特典として敢えて記載しませんが、ワタシは姫の回答が一番的を得ているような気がします(笑)。

ここでやっと3段組、4段組の文字犇くページから抜け出しました…(笑)。いやぁ、毎度の事ながらすごいボリュームです…。
ここからはマンガで表す「休日の過ごし方」「声優になるまで」でございます。流すところ流して(笑)、掘り下げる所は掘り下げて参りたいと思います(笑)。

まずは「休日の過ごし方」編。
アギ、相変わらず定規を使って線を引くとかいう文化なし。筆ペン(?)で自由気ままに(笑)。マンガによると、休みの日はゲームと映画が主みたいです。ゲームはFF11、映画はホラー以外。オンラインゲームってのはどうも引きこもりなワタシには解らない世界なんですが(笑)異国の皆さんとはどうやって会話するんだろう…?英語???ポーションとかエーテルとか、通用するの??(笑)更に仲間(友達がいるみたいです、皆さん!!大ニュースです!!/笑)とお芝居の勉強だとか。意外に真面目。ちょっと見直した(笑)。
ソレトも地球編のパンフと同様、専属絵師(?)さんの可愛らしい絵で表現されております。予定がない場合は午後に起床。ステキ。でもケロロ軍曹は見られないね(ワタシは土曜日だけはケロロに間に合うように起きる。/笑)そして何よりステキだと思ったのはケータイの電源OFF!すげー!!結構な引きこもりと見た!!(笑)更に前日の夜中に買出しをしておくという徹底ぶり。家から一歩も出ないで終わることもあるらしい。ステキ、これぞ理想の休日!(引きこもり民族にはたまりません。/笑)
鼻さま…やはりビチッと4分割でタテに伸ばしたドラえもん…(笑)。布団の文字「江戸前」…ホント意味解らん。朝ごはんでケンタのフィレサンド。朝から重いもの食べるなぁ〜。世界の3大珍味って…それ褒めてるの??褒めてるんだったら有難うございます(元・ケンタッカー。/笑)フィレサンドのフィレ肉は必ず皮のついている面が上になるようにセットされてるんですよ?かじった時に前歯で切れるようにね。映画やボウリング、ネットをして過ごすらしい。割と普通。アキバはルートに入ってないのか(笑)。寝る前に翌日の台本チェック…早くやると忘れちゃうからなんだって…ああ…おじーちゃん現象がここにも…(涙を誘います。)
そして待ってましたのハスモダイ。タイトルからして「さちくんのスラップスティック☆コメディ 大好き・ナンシー」「・」の部分はハートマークです。と、こうですよ。全く意味は分からないけど(笑)何だか楽しげ。誰かさんの「江戸前」とは格が違うのだよ!(ややガン●ム調でお読み下さい。/笑)トドメで「作・画:松本さちでれら」…何をどうしたいのか分からない。が、何かスキ(笑)。
そんなハスモちゃんの休日、前日の夜が遅いので起床は正午との事。…確かにな、終電に乗れたとか乗れないとか、そんな世界だもんな…(笑)。常に誰かと行動していそうなイメージですが、意外にも「ひとりで映画」「ひとりでカラオケ」「ひとりでラクーア」と単独行動もあるみたい。ひとりでカラオケなんて勿体無い…(聞きに行きたいです。更に、リクエストをしたいです。/笑)当然お友達と遊びに行くこともあり、飲み会もあり。…ユッケを祭っている姿(?)が何とも言えず…大好きです(笑)。最近は宝塚にもハマっている模様。(むしろそれまで宝塚にハマっていなかったのがフシギなくらいのイメージですが。/笑)充実したお休みを過ごしていそうです…!
タルラントはマスコット(?)のおにぎりちゃんとお送りします(笑)。やはりゆっくり起きて(笑)パソコンと戦ってみたりお菓子を作ったりしているらしい。そしてタルラントも一人カラオケ…結構そういう人多いんだなぁ…。宝塚のDVD鑑賞会もしているらしい。そーいやウチのDVDプレーヤーがとにかくオカシイんですが何とかならないのか(関係ないだろ。/笑)一人ではなく、人と過ごす場合はかなりの確率で飲んでいる模様。あんなナリでも酒豪らしい?とりあえずビール、って言える人を若干尊敬しています(笑)
トリを飾るのは姫。こちらも地球編と同様の専属絵師さん。姫も予定さえなければとりあえず寝貯め(?)する模様。メールチェックに掃除・洗濯、と一通りこなすらしい。そして最重要事項!!(笑)休日はメガネっ娘に変身!!!よく見とけアギ(笑)。録画したテレビ番組を見たり、ファンチルを全話見直したりしているらしい。全話…?いっぺんに?!(さすがにやったことない。/笑)
更に、家族の為に料理を作ったりもするとの事。さすが、女の子らしいですな。尚、ワタシの中で「あの由美かおる様も驚愕したセクシーダイナマイトかもしれないボディ。」というフレーズは大ヒットでございます(笑)。ついでに「ブラコン」との記述も…弟さんの写真をケータイの待ち受けにしていたらしい…よほどオトコマエだと推測される。今は待ち受けが王子に変わっていると思うけど(笑)所属事務所のプロフィールには「趣味:弟」という謎の記述があるとかないとか(笑)。弟さん見せて欲しいなぁ〜(笑)。

続いて「声優になるまで」編。
アギは当初CMを作りたかったらしい。ポリンキーが面白いかどうかは別として(こんなところで厳しくする必要はないんだけど。/笑)進路に悩んでいたアギに、お友達が「オレと吉本に入らへんか?!」と言ったとか。何故断った…意外にイケたかもしれないのに、そのインパクトあるビジュアルで…(笑)。「今でこそ、おとなしいけど昔は色々とバカを。」という記述あり。…元ヤン??(違うだろ。/笑)
とあるアニメビデオ…人気ロボットアニメと言えばアレだと思いますが…ロボットって言うな、モビルスーツって言え!!!(←マニアの価値観。/笑)とにかく、そんなアニメを見て感動してオタクに…じゃなかった、声優になりたいと思ったらしい。色々な苦難を乗り越えて現在に至る、と。こりゃもう将来的にはモビルスーツ乗りになるしかないな。そうじゃなきゃ意味がねぇ!!!何か新シリーズも動き出すみたいだし、頑張れアギ!殉職して人気者になるんだ!!(個人的には主人公を庇って殉職するパターン推奨です。/笑)
ソレトの歴史…見る限り、ごく普通な人生を送り(友達に吉本に誘われることもなく。/笑)大人になっているのですが…何と言ってもソレトの凄い所はOLから転身ってトコロですかね。これはスゴイと思います。会社勤めをしちゃうと、何もかもに疲れ果てて(笑)クリエイティブ系に転向しようという気力すらなくなるのに…(それはワタシが怠け者だからか?!)そんな人生経験をお芝居に活かせちゃったりするんでしょうなぁ…何かスゲーなぁ…。
鼻さまの歴史。温泉生まれ。皆で鼻さまの故郷で温泉ツアーとかやったら楽しそうなのに…(笑)。鼻さまのおばあちゃんは鼻さまがあまりにも色白で「よく白人の子に間違えられたのよ」と言っていたらしい。…いくらなんでも(←さすがにおばあちゃんには柔らかめのツッコミ。/笑)小学生の頃から声優になる、と文集に書いていたという鼻さま。根っからのオタ…いや、いいです。別にいいです。。。当然部活はマン研(マンガ研究会)かと思いきや、バスケ部。…スラムダンクで言うと誰だったの?(ポジションが、ね。…藤真とか言ったら殴る。/笑)
自信満々で上京(笑)、プロダクションへ入って現在に至る、との事。前にプロダクションサイトにあった(今もあるのかは謎)プロフィールの写真はどう見ても知らない人だったけどね。誰なのさ、あれは(笑)。
ハスモちゃんの幼少時代。絵を描くこと、歌うことは当時からスキだったとか。チクショー、才能ってのはやっぱり持って生まれてくるものなのか…!幼い頃から肩コリと偏頭痛持ち…か…かわいそう!!(T△T) 偏頭痛は辛い、本当に辛い…(肩コリはあまりありませんが…。)その上「気ぃ遣ぃの子供だった…」との事。某西川サマもとある番組で己の幼少時代を一言で「気ぃ遣ぃ」と表現していた。「何つかい言うたら気ぃ遣ぃ。」…その一言が蘇ります…(笑)。
漫画家、ピアニスト、歌手…と夢多き少女は「小3の時、国語の本読みで先生を泣かせた」らしい。これが一つのキッカケ。中学・高校と「放送部」なるシャレた部活(ワタシの通った学校にはそんなモンなかったよ!/笑)で鳴らし(本当に当時から有名だったらしい。)中学2年生で声優さんという職種を知ったハスモちゃんは地元の養成所に通って勉強しつつ、上京して東京の養成所へ。飛び級のイキオイで学校をこなして、初仕事に至る、と。やっぱりこんだけのガッツがある人じゃないと夢のある仕事はできないんですな…。
蛇足ですがワタシも中学生の頃に社会の教科書を読む係というのに任命され続けた時期がありました…最大のポイントは国語ではなく、社会だったという事(笑)。いやもう、ニュース系の堅苦しい文章読ませたら結構すごかったのよ当時は(笑)。感情を乗せる事が一切できないので、国語は当てられることがありませんでした…ふふっ…。
タルラントの幼少時代。意外にも病弱で人見知り…だけど人前で何かやるのが好きだったそうで…。人見知りで人前に出るのは大嫌いという根っからの引きこもり(ワタシですが何か?/笑)とは人生の出発点から違ってますな!中学生時代は目立たず大人しく、仮病を使うことを覚えた!!(スキルポイントが2上がった!/笑)どうでもいいですけどワタシ中学生時代が最大の反抗期でした。いやー、恐ろしくて言えませんが学級委員という権力を振りかざして非道の限りを尽くしました(基本的に根性の曲がったヤツを潰しただけなんで社会的な貢献度は高いはずですが。/笑)
高校生になってようやく自分の夢を周りに打ち明けることができたタルラントは親御さんの許しを得て専門学校へ。…が、当時は「自分がヒロインキャラだと思い込んでいたイタイ子でした(爆)」…すまん…おかーさん何てフォローしてあげたら良いやら…(笑)。ま、そのうち気が向いたらヒロインにもチャレンジして下さい(笑)。
最後は姫。名付けの由来「自分が志したことで食べていけるようにという願いを込めて『志穂』と名付けられた」という一文にイキナリ感動しました。それって何かステキじゃない?今でこそ「姫」ですが、ご幼少のみぎりは「声が低くハスキーでショートカットだったので、スカートをはいていても男の子とよく間違われていたらしい」との事…姫もオトコマエ伝説を生んでいた時期がっ?!(笑)声優という職業を意識したのが『天空の城ラピュタ』でパズーを演じる田中真弓さんであったのは、何とハスモダイと同じ。何かスゲーよ、この人たち…(笑)。
更に「勇ましく意外としっかり者だった志穂さんはあまりにもアレだったため、志望校を決める面接で真剣にこう言われたそうだ。『この子は男子校に言った方が良いと思います…』『ああ…やはりそうですか…』と項垂れる母。」…って何かもう、想像力の限界突破している感じなんですが…人生って分からない(笑)。高校生の頃はバンドまで組んでいたそう。(ギター担当ですって。)
声優さんになると決心してからは強運に恵まれて(運も実力のうちって言いますけどね。)いきなりヒロインとか在学中デビューとかしていたらしい。すげーな姫。ダテに姫って呼ばれてるんじゃないな(笑)。

いやはや、終盤までやって来ました。ハスモダイの後書きがございます。何と言うか…何から何まで…お疲れ様でした、と今見ても思ってしまう…(笑)。「主催の二人」とかのたまうヤツを殴らないハスモダイが偉い(ワタシなら殴ってます。/笑)

で、最後にはまた写真が何点か。6人勢ぞろいの写真は…えーと…。。。とりあえずアギは猫背気味だとイヤなので背筋を伸ばしてください。あと、約1名腰痛気味と思われるおばーちゃん(!?)がいるので、誰か助けてあげてください(笑)。ごく個人的な見解ですが、ハスモダイの右手(タルの肩に乗っている方)がツボ。何かヤラシイ。萌え(笑)。
1枚めくるとタルラント、そして姫のお写真。タルラントってこう見ると小さく見えないなぁ…(笑)。意外にフツーの大きさなのか(だから、元々普通の大きさだって!/笑)姫は何ていうか、何をどう見ても優雅ですな…。装飾品が本当によく出来ていて、プロの実力を思い知った…(何故か敗北した気分。/笑)

2007/8/20 追記(夏コミ終了後。/笑)

はい、そして裏表紙でございます。みっしり写真がございます。密かに1枚ずつコメントしてみようという悪巧みがあります(笑)。
上の段、左から右へ…2段目へ、と参ります。宜しければお手元にパンフレットをご用意しつつ、広い心で(笑)ご覧下さいませ。

では最上段左から。
・タルラント分身の術。こうやって増えて行きます。最終的にはタルラントで部屋がいっぱいになるのが夢です。(誰の…?)
・仲良し二人と、それを見守るお父さん。ちょっと寂しいお父さん。ズラが浮いているのは寂しさの表れ。
・もーちょっと、グッ!!!と被ればイイ感じだったんじゃないの?グッ!!!と押さえつければ!(笑)
・最前列にいる二人は、左右対称のポーズと思われますが、どうも向かって右側がヤラシイです。さすが、全日本エロい人トーナメントの決勝進出者。
・疲れ果てた女子キャラクター。姫は本当にこんな格好で寝そうでイヤだ(笑)。
・何か色々なモノが上手い角度で誤魔化されて(笑)結構それっぽくなっているという…良いショットのような気がします。あと1センチ、グッ!!!と被っておけば…!(惜)
・小悪魔的な目線がたまりません。そりゃー星を越えての大恋愛になるっつの(笑)。

2段目。
・ギリシアの研修室では常にこんな感じでした。意外にこの二人がパルザを冷やかす中心だったかも(笑)。
み…見てはならないものを…!!!(/△\)
・セクハラ防止。課長、謹んで下さい。
全日本エロい人トーナメントの決勝戦を待つ二人。意外にまったりした空気(笑)。
・全国の半パンマニアにはたまらない角度でお届けしてみました。腐女子の皆さん、お気を確かに!!
ロッカーよりデケーよ…(そこか。/笑)
・アッハーー!!!!(≧▽≦)ノシ やべーよ、何でこんなエロいの?!(爆)

3段目。
・オカシイよ〜(笑)。左側の人たちがナンかオカシイよ〜?特に左端の人、邪魔でも前髪は避けないで下さい。チャームポイント(?)なんだから。
・苦労の多いリーダーを慰めている図です。決してイジメている図ではありません…。イジメてなんかッ!!!(汗)
・すごい優雅なショット。公園の芝生の上でこんなだったらもっとキレイだろうなぁ〜。
・くどいようですが、鼻がハスモの膝枕、デュマが鼻の腕枕、っていう構図にはコメントを控えさせて頂きます(笑)。右端でソレトにチョッカイを出している人は、強風にでも煽られながら来たんですか…??
・グッタリ…。中間管理職はツライよ。誰かサ●テ40を下さい(笑)。
・この空気感…オカシイよね?!こんな小さい写真なのにエロオーラ全開です。これを見て、どちらに原因があるのかと問われると…ホラ、答えられないでしょう?(笑)
・姫がお世話をしております、畏れ多いことです。ちょっと低く構えてやれよ鼻(膝立ちとか。/笑)

4段目。
・2枚ほど前の写真とは打って変わって和やかな写真。こんな風に写ることもできます(笑)。
・鏡の前のソレト。か〜わい〜〜い★
妖怪でも風邪をひくことはあるんだって。
・あー、何かムシロこれが一番ヒースマっぽい(爆)。
・くつろぎ中。ソレトとタルも、研究室では仲が良さそう…タルラントが無邪気に女子の悩みを聞ける感じで(笑)。
・あー、いたいた。こういうのいた。多分「エイリアン」「プレデター」のどっちかだったと思う(笑)。
・研究室の中の常識人(ハスモは金銭感覚が常識外れだからこのメンバーには入りません。/笑)

5段目。
・それぞれの格好が微妙にカワユイです(笑)。
・…何かを間違えた。これはどう見ても科学者ではなく、単なるベルマニアだ。コミケにいる人だ!!!
・どうしたらおばーちゃんに見えないんだと思う…??
・よく見ると右側の人が結構な表情に…!!び…美人がぁ〜!!(笑)
・これまた可愛らしい感じで。お父さんたまりませんな(笑)。
・こう見えても女子には人気のキャラクターだったはずなんですけどねぇ…。。。
・はいはい、どいてどいて(笑)。ジャマジャマ(笑)。

6段目。
・ベルをメガネっ娘にするにはどうしたらッ…?!
・真剣な表情ですが、実は新作のイタズラを考えているんです、きっと。この3人が組むとスゲーよ?!(笑)
・うーん…う〜〜〜〜ん…もっとグッ!!!と被れ(何度目だよ。/笑)
・大判です。表紙の角度違い?って感じかしら…?タルラントが女子に見える(笑)。
・タルちゃんのキメショット。比較対照のタバコの箱、忘れないで下さい(笑)。
・まったり女子部…遠目なのに、それなのに一人だけどうしても♂っぽい人がいるのは何故だ?!

7段目。
・真剣な表情ですが、実は詩の途中を忘れて困っています(笑)。
・…何か可愛い…!!何故っ?!Σ( ̄□ ̄;
・まったり女子部、その2。…やはり一人だけオトコマエ。顔とか映ってないのに「絶対カッコイイ!」って予想がつくのは何故…。。。
・姫&タルほのぼの(笑)。姫&ハスモのエロショットとの違いは何なのか…?!(笑)
・介護事業を始めました。頑張れタルラント!!

8段目。
・そもそもこのドレスが似合うっていうのが凄い。ワタシが着たらマタニティ(爆)。
・おじーちゃんの着替えを暖かく見守る妖怪マリモ(風邪ひき中。)
・立ち位置調整中…?ハスモは結構リラックス(笑)。
・…無意味に細長い(笑)。蹴ったらへし折れそう…。。。
・色んな意味で疲労感が伺えます、リーダー。ついでに髪の毛がハネています。そんなことじゃベルに嫌われるぞ!(笑)
・この光景は速やかに記憶のレコードから抹消してください…(笑)。
・王立研究所内での人気投票用の写真です。張り出すとスグに盗まれるので最終的には強化ガラスで保護されました。

9段目。
・怖…。。。でも、この当時はまだ鬼副長でした。(その後、鼻副長へ降格。)
パジャマパーティとか言われても信じる(笑)。
・身だしなみはキチンとチェック。特に前髪のなびき具合は念入りに。
・…何だか微妙…やっぱり鼻をつけるべきだったのか…(笑)。
素でいる方がカッコイイとは、さすが王子(ハスモちゃんを越えてみました。/笑)
・ハス・姫・タルの懇談会。テーマはアギとソレトが進展しない原因について(笑)。
・最後は姫の萌えショットをご堪能下さい。

と、言うわけで最後の最後までやって参りました(笑)。散々お時間を頂きましたが、これにて「オエセル放出祭(汗)」関連レポート終了となります。ここまでお目通し頂きありがとうございました。

また、次の機会(?)にお目にかかれます事を祈りつつ。

X Home X

inserted by FC2 system