ファンタジック・チルドレン 感想文04

X Home X

2004年11月8日 第6話:コックリ島(2)

ハスモダイが全然出ないまま3週間経過。は〜〜〜やく〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。。。。ダラッとした気分で見始まった今週の「ファンタジック〜」ですが、冒頭で重要な事実を思い出した。そうだ、チットが行方不明!!探せ探せ〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!!(命令)トーマとヘルガが森の中を探し、倒れているチットを発見。しかしチットの倒れている真上には巨大な蜂の巣が。トーマいわく「ぶっ殺し蜂」という…かなり物騒な名前の蜂で、トーマは蜂が落ち着くまで様子を見ようとします。が、不思議キャラ(笑)ヘルガは蜂を気にすることもなく、無表情でチット救出。やるなヘルガ!(笑)
イイトコロを見せられなかった(?)トーマはヘコんでいたようですが、翌日(?)案外アッサリ復旧。森の中を走って泥まみれになったヘルガの服。家から着替えを調達してきました。「おはよう」とか「ありがとう」とか短い会話が成立してトーマ大満足(笑)。しかし、母ちゃんの服だという着替えは………。。。「何だこの服?!だっせーー!!!」言いづらい事をバシッと言ってくれてありがとう、チット(笑)。

チットは森の中でヘンなヤツを発見。それで、トーマに知らせに来たのでした。そこにいた怪しいヤツとは…もう一人のチビキャラ、タルラント!ぐはっ両手に花だね!!(チガウだろ。っつーか誰がだよ?/笑)タルラントにしか見えていない(?)犬の幻。「バロン…」ええ〜と、ペリーヌが飼ってた…?(今の若人は知りません。/笑)犬は前にも出てきた黒い影(ハスモダイがやられてたヤツだな。/笑)に変わり、タルラントはこれを撃破。出てきたトーマに「人がいたのか。」「ここには近づくな。お前に関係のない場所だ。」どうやらタルラントはここに何かを隠しているようだった…のですが。そう言われて大人しくハイそうですかと帰るキャラでもない、トーマ(笑)。問答無用の攻撃にさすがのタルラントもピンチに陥りましたが、その時「ワンダー!!」誰ッ?!タルラントの彼氏?!(待て自分!)そして登場したのは…ロボット…乗り物…???ナウシカとかラピュタに出てきそうな感じでしたが…詳細不明。(いつも通り。/笑)
タルラントは仲間の元へ戻りました…が…そこにはアギとヒースマしかいない…。ソレトとハスモダイはクレルモンの療養所にいるんだそうです。ハスモダイは電車の中でもソレトの隣に立ってたけど、彼女なの?(笑)

最後にチラッと出てきたクックスさんはアリスさんから情報をもらってました。聞いててもよく分からなかったが…。フラグメント、と呼ばれる黒い石があったというクレルモンの療養所へ、クックスさんたちも向かうようです。来週は出るはず、ハスモダイ、来週まで我慢よ、自分!!!!(笑)

2004年11月1日 第5話:コックリ島

ハスモダイ、画的には出ていたのですが…まぁ何つーか「アギ様と愉快な仲間達」みたいな扱いだったので(笑)台詞とかアップとかナシでした。は〜ぁ。そんな訳で、今週も軽めに(笑)。
脱走犯と言われていた(?)おじーちゃんは「ノヘジ」という所で女の子と一緒にいるところをお母さんに発見され、警察に捕まります。(普通は捕まる。/笑)このおじーちゃん、女の子の為に貝殻を持って来たらしい。おばーちゃんの幻覚(?)も見え、謎が謎を呼んだまま、話はトーマ達の方へ。

とりあえず序盤からチットの寝顔でありがとうございました(感謝)。何となく得した気分(笑)。トーマはかなり不気味な(しかも不味いらしい。/笑)果物を取ってきたりして、そこが「コックリ島」だと言います。トーマが見つけた秘密の島らしい。一瞬チットで和みかかったのですが、唐突に現れるベフォールの子供たち。「疲れると戻ってくる」と言っていたのはセラフィーヌが死んだ療養所。どうやらこの時の「セラフィーヌ」が彼らの探す「ティナ」だったらしい。彼女が死んでしまってから、その転生体を見つけることができないようですが…。
再びコックリ島へ戻って、男の子の夢(笑)秘密基地よろしくガラクタを披露するトーマ。大きなヘビの抜け殻とかあった…(笑)そしてチット「ヘビの抜け殻!でっけー!!!!」いやはや、チビキャラバンザイ(笑)。しかしトーマはヘルガのリアクションが薄い(というか全くない。/笑)ことにキレ気味。アイツはいつもああなのか、というと「ヘルガの事アイツなんて呼ぶな!」と今度はチットがキレました…。ご飯の支度もトーマが材料を持ち出してチットと二人で調理。ヘルガ何にもしません(ある意味羨ましいキャラクター。/笑)玉ねぎを刻んでいたチットの涙とハナミズにグッと来たね!(笑)でもやっぱりヘルガは常に魂離れ気味(笑)そしてトーマはイライラしがち。

ノヘジの警察署にクックスさんがやってきました。あのおじーちゃんは警察に連れてこられてすぐに亡くなってしまったらしい。自分は何とかって(スイマセン、忘れました)名前を名乗ったらしいのですが、その人なら31歳のはず。(やっぱりあの女の子のお父さんだったようだ。)しかも、31歳で亡くなっているはずの人なんだそうです。警察のビデオに録画されていた映像を見ていると、おじーちゃんの横におばーちゃんの姿が…女の子の家にいた時に居間で見えたおばーちゃんの幻覚(?)と同じ。これ、実はその場にいた警察官の人には見えていなかったらしい。しかもその人(おじーちゃん)のお母さんらしいんですわ。一気に「アナタの知らない世界」した番組ですが、クックスさんはおじーちゃんが着ていた作業服(?)の胸の紋章に注目。おじーちゃんの死体は連邦を名乗る人たちに持って行かれてしまったそうです。

クックスさんの元にはアリスという警察の偉い人(?)がやってきました。寝泊りしているホテルに戻ると、そこにはいけ好かない感じの男が!!!6年も調べてこれだけか、みたいな事を言うのですが…もしかしなくてもデュマ…?(笑)クックスさんは元々ソレトが行方不明になった事件を調べに来ていたらしい。で、同じ時期に他の子供たちもいなくなった、と。ここでハスモダイご幼少のお写真公開!(笑)ちっちゃくてもステキ…すぐにタルラントご幼少のお写真が被ってしまうのですが瞬間的に「邪魔!」と思ったワタシを許して下さい(チビキャラマニアでもハスモダイ優先。/笑)
前にアギのお母さん(転生体のお母さんと言うべきか?)に見せていた写真は、新聞記者だったクックスさんのおじーちゃんが撮った写真らしい。この子供たち、同じ日付・同じ時刻に11歳で亡くなっているそうな。注目していた胸の紋章ですが「魔人ゲド」とか「ゲド機関」と呼ばれる組織が100年くらい前にあったらしく、それの紋章らしい。何でも黒い石の研究をしていたらしいのですが…詳細不明。

最後に再びコックリ島に戻りましたが、チットが行方不明でトーマとヘルガはチットを探しに森の中へ。…何でもいいから、とりあえずチットは無事に救出してください(笑)。

2004年10月25日 第4話:シノン

ハスモダイの出番がないので軽く流そうかと思います(笑)。トーマとチットはヘルガを救出。脱走犯とされていた人はおばーちゃんでした、という感じなんですが。

とりあえずヘルガ脱出大作戦を見ていてアタシは思った。「チビキャラバンザイ!!!」(笑)木をつたって2階の部屋に入ろうとするトーマだったのですが、チットは意外にも木登りが苦手な模様。あの見かけ、あの大きさ、その半パンなら上れるだろ!というワタシの解釈が誤りと言えば誤りなのかも…?(爆)枝の上で縮こまっている姿に胸を打たれました。限定して言うとそのお尻に(笑)。トーマが「ホラ」とか言いながら押してやるのですが(ちなみにチットはビビリまくり。)そのトーマをちょっと羨ましいなと思う自分がいました(危険)。

脱走犯騒ぎに乗じてヘルガを救出したトーマとチットは、脱出途中の森の中で「脱走犯」に出くわします。これがまたおばーちゃん。なのに自称24歳(笑)。どうやら何かの実験(?)に巻き込まれた結果臭いのですが、詳細不明。助けようとする子供たちでしたが、捜索部隊に見つかってしまい、そのおばーちゃん「シノン」も亡くなってしまいます。全員サングラス着用という分かり易く怪しい人たち多数(笑)。リーダー(?)は「ゲルタ」というおばさんらしい。公式HPのキャラクター情報によると「元はベフォールの子供たちの一人だった」らしい。あらあら、まあまあ、おやおや。(三段活用。/笑)
脱走犯は他にもいるらしいのですが、それぞれ別々に逃亡した模様。ゲルタは「亡くなる前に保護してやれ」とだけ指示を残していきました。この事は誰にも話すな、と言われた子供たち。ラストシーンでは別の脱走犯(こっちはおじーちゃん)と思しき人物が民家に潜り込んだようですが…もしかして、娘に会いに行ったとか?(笑)気になる続きは、次週。

X Home X

inserted by FC2 system