ファンタジック・チルドレン 感想文12

X Home X

2005年1月4日 第14話:軌跡

年始第1回目は総集編、ハスモダイのナビゲートで総集編!!!(叫)神様ありがとう(感謝)。

そんなこんなでパルザが抜けるところから復習です。いやぁ、パルザなんて…そんな人もいたね(遠い目)。改めて見てみると面白いシーンが結構ありました。パルザを囲んでいた時、ハスモダイは喋らなかったのですが、かなり伏し目がちに(笑)パルザを見下ろしてました。そして一番面白かったアギ。ここへ残りたい、というパルザに向かって、お前の気持ちがどうでもそれを認めるわけにはいかない、とか冷静に(割と事務的に)言った上で「立てパルザ(冷)。」…ハスモダイに「ここに残ってはいけないだろうか…?」って言われた時とはエラい違いです。何が君をそうさせるのか(爆)。閻魔に捕まりそうになっている時にはもうちょっと頑張るのか…?いや。愛だな、愛のチカラだな!!!(この際、キルヒナーの時の一生懸命さは見なかった事にします。/笑)そして本日のナビゲートは我らがハスモダイ。「100年ごとに転生を繰り返す一人の女性を探す旅を、僕らは続けていた。しかし1853年、ここで僕らは仲間の一人パルザを失うことになった。この事が、僕たちにも大きな影響を及ぼすことになってしまった。」

シーン切り替わり、ヒースマが記憶のレコードを取り出す所。ハスモダイファンは必ず覚えているはず、ヘタレハスモダイのシーンでございます!やっほ〜〜い!!!(ワタシが喜ぶ理由は別にある。/爆)レコードを取り出していると閻魔がやってきます。「閻魔、奴らは僕らをずっと追い続けてきていた。僕らの使命を忘れさせようとしている。僕たちは、ずっと戦い続けなければならなかった。」戦い続けなければならないはずなのですが…べしょ、と転んだハスモダイ(笑)。見えていたのは今思えば「アンドリュー」が住んでいたお屋敷だったように思われます。ピンチのハスモダイを助けに来るのはアギ。仮にヒースマが助けようとしても、その鼻へし折ってでも(笑)オレが!的な熱意がある事を、最初に見ていた時のワタシは気付いてなかった(まだ心がキレイでした。/笑)それでも冷静に「怯えるなハスモダイ。」ワタシは知っている。さっきパルザに「立てパルザ」って言った時よりちょっぴり優しい口調(笑)になっているのを(妄想)。

クックスさんとデュマがチラッと登場。そして忘れかけていた主人公(笑)トーマも登場。「2012年、パパン島のトーマは孤児のヘルガと出会う。まるで、何かに引き寄せられるように…。トーマの旅は、ここから始まった。」「院長に苛められていたヘルガを助ける為に、同じ施設のチットとともに、トーマはチカオ島へと向かった。」ヘルガ救出大作戦に続いて、しばしトーマの家での長閑な日々。チットの「やめろよトーマぁ〜〜(笑)」にフラッとした(笑)。そういえば今だ解決してません、トーマの悪夢。…まぁ、いいけど(あまり興味はないらしい。/笑)

意外とキーマンだったキルヒナー(笑)も登場。「そこで僕らが見たのは、オエセルの光を身体から発する謎の老人だった。」「何故彼の身体からオエセルが…?」そういう時はアギに聞いてみよう。色々教えてくれるぞ!(教えなくてイイ事も教えそうな気がしないでもないけどな。/笑)ここでタルラントとヒースマ「あのキルヒナーという老人、装置に乗せられたと言っていた。」「デュマはここの科学者を利用してゾーンを開ける装置を作ろうとしている…いや既に…」という訳でヘルガを探すことになりました、と。ここのヒースマが言っていた「いや既に…」っていう文法(?)はステキですね。例文として「アギはハスモダイを狙っているかもしれない…いや既に…」といった使い方をします(誤)。

一方でゲルタ。「ゲド機関は多次元理論によるゲド次元…つまり死後の世界の研究開発をしていた。」っつーことは「ゲド次元=ゾーン」と思っていいのかな?デュマにビビるゲルタ再び。デュマのジジイ発言がもう一度聞けるかと期待したのですが、無理でした(笑)。

再びトーマとヘルガへ戻り「あの風景画の場所を見つける為に、ヘルガはチットとともに島を出て行ってしまった。」後を追うトーマ。「ヘルガを探す為に島を出たトーマだったが、波に飲み込まれてしまう。トーマを助け出した僕らは、行動をともにすることになる。」
で、キルヒナーとアギのやりとりがあったり、トーマとヘルガが合流したり、ヘルガにギリシアの説明をしたり…といった今までの内容に関しては特にハスモダイの絡みもないので割愛(笑)。ムシロ閻魔に取り込まれそうになったハスモダイを必死で助けるアギとか、ハスモダイとワンダーデートをしたタルラントをアギがぶっ飛ばすシーンとか(そしてそれを止めるハスモダイ。/笑)ステキなシーンばかりを集めた妄想総集編っていうのを作ってみたい気がします(笑)。明らかにアギはハスモダイに対してオカシイから!(そうとしか見えなくなっています。/笑)
最後のシメはデュマでした。皆微妙にヘルガとかでごまかそうとしてるけど(笑)本当にヘルガが好きなのはトーマだけだよ(爆)。アギは言うまでもなく、下手をしたらデュマがっデュマが〜〜〜〜〜ッ!!!(叫)デュマには負けたくない〜〜〜〜〜〜ッ!!!頑張れアギ(笑)。

X Home X

inserted by FC2 system