CLOCK ZERO プレイ日記 episode04

X Home X

episode04

学校につくと「将来の展望について」作文を書けと言われました。…小学校6年生に「展望」って伝わるんですか…?(汗)
顔色悪いとクラスメイトに心配されつつ作文書いた後、学校にまた誰か出てきたご様子。…というか学校に出てくるにはハデ過ぎるだろうよビショップ!TPOって言葉知ってるか?!(笑)今更名前部分が「???」とかちょっとわざとらしい…ここは確実に「逃げる」コマンドと思いきや、職員室はどこかと聞かれました。教えてやってると担任の先生登場。まーこの人が「向こう」と繋がっているのはもう確実だ。が、今ここで何か事件を起こすということでもなさそう。担任に放課後呼び出されて離脱。

その後はいつもの部屋。また課題かと思いきや、央に呼び出されてメンバーが集まっているらしい。何と赤(寅之助)もいるよ!鷹斗が連れて来たらしいけれども。赤、学校には真面目に来てるんだな…。りったんさんは赤から場に馴染んでると言われて若干凹んでいるようだ。赤と青の組み合わせって面白い(笑)
で、央いわくチーム名を決めたいと。うわー、かなりどうでもいいな…(;´Д`) 電波が族っぽい名前を提案してくる、やだよー、やだよー!だったら「央とゆかいな仲間たち」の方がいいよー!(笑)すったもんだした挙句、鷹斗に話を振ると「CZ(ClockZero)」と提案された。彼の造語で「時が止まる」という意味を持たせているらしい。研究を進めているプロジェクトの名前なんだって。ついでにこのゲームのタイトルなんだって、って話だ。鷹斗が諸悪の根源的なオチだったら結構ツラいな(笑)。

チーム名も決まったところで呼び出しを食らっていたため職員室へ。先生の話を色々聞かされた。おーぅ、私(主人公)植物状態か…ツライなぁ…(ここまでされるともう、オトナは読まずにいられない。/笑)だがとりあえずこちらの情報は開示せず帰宅。
夜になってしまっていたので一人で帰ろうとすると電波…いや、終夜が現れて尋問される。うーん、CIAなのにそんなチョクで当たっていいのかアンタ?(笑)更に面倒になったらしく、仲間と直にコンタクトを取り始めた。CIAとしては完全失格な動きに仲間もキレて出てくるハメになり、大概予想はしてたけど赤いのが登場しました。

NEXT → episode05

X Home X

inserted by FC2 system