CLOCK ZERO プレイ日記 episode05

X Home X

episode05

赤いのは思っていた以上に色んな情報を出してくれた、というか裏づけを取っただけという感じだけれども。夢は恐らくパラレルかつ未来という事で丸ボタン連打。ただ…ソコで量子とか言われると…微妙に心配になってくる(笑)
大きい赤の呼び名は「若」で良いらしい。小松のダンナっぽくていいね(キャラは大分違いそうだけど。)彼らの敵の弱点=主人公だが、敵の目的もボスも知らないとの事。ラスボス?は既に主人公に接触してるらしいッスよ。あー、多分既に接触してるし、今のところいい人っぽい風情です。完全推測ですが、どうやら事故にあって植物状態になっている主人公をどうにかしたくてタイムパラドクスに挑戦!みたいな感じなんだと思います。…なんていう適当報告はできそうもないからやめておいた(笑)

夢世界については「現実」にある世界で、「量子変化」とやらの所為で「その世界の自分」と同調してるとか何とか。パラレル未来決定でいいのか、オチが難儀そうだな…。あまり聞きたくなかったけど、「量子って何?」も聞いてみる。付け加えられるなら「量子力学とか全然分からないんで宜しくお願いします」って所だけれども…。終夜が専門だと話を振られ、wikiに書いてある事そのまま読まれた挙句に(笑)やっぱり量子力学に着地した。もういいよバーカバーカ!(;>Д<) ←八つ当たり。
若がプログラムに例えて多少馴染みやすくしてくれたけど、多分それはこのゲームの中での「量子」の位置づけなのだろうな。考えたくないけど、この先避けては通れなさそうな(?)タイムパラドクスを量子力学でえいや!ってやられちゃうともう、やりきれない感じになりそう(苦笑)

特別授業の話から当然メンバーが怪しいって話にもなる。うーん、昔からこっち側に馴染んでる説かぁ…りったんさんも大きいバージョンで主人公を守るとか息巻いてたからなぁ(笑)見た目(ファッション)的に「若」の派閥と「ビショップ(&ルーク&先生?)」の派閥は別っぽいけど、りったんさんがどっちの派閥なのか…衣装はコスプレっぽいけど警備の人に追われもしてたから、どっちでもない第三勢力なのかもな…などと予想を巡らせた。
そして案の定(笑)りったんさんが怪しい風情になってきた。私が個人的に一番怪しんだ担任は逆に敵ではないらしい。そうか…難しいモンだな…。

長々話していると先生が入ってきた。学校だから当然。選択肢が出るけど、こんだけ話してきて「先生この人不審者です」は酷い。あんまりだ。悪いけど私もそこまで鬼じゃない(笑)知らん顔してると「若」は窓から逃走。やりやがるな…さてはタンタラスの一員だな?!(色合いはブランク兄さん似。/笑)
結局先生に怒られるだけで事なきを得た模様。翌日主人公が通りかかった終夜に話しかけると「お前のことは守ってやる」的な…いや、要りませんけど…急にトランスされても…(だからクジャじゃねーから。/笑)終夜の歩き方はペンギンみたいらしい。足と足の間に15センチくらい間が開いているということか…?(最近女性に多い。)

主人公が悩んでいると何かが話しかけてきた!今更「???」とかヌルいわ、私の王子声探知能力を侮ってもらっては困る!レインさんきゃっほう!!ヽ(*´∀`)ノ 薄汚れちゃうからお話を自粛してたの、寂しかったのー!!!
レインさんが心配してくれておるよ!そうだった、レインさんにお留守番をお願いしていたのだ…!結果的に「若」の話を聞かれなかったのは良かったかも…(多分派閥が違うし…)レインに話をするかどうかの選択肢が出た。すまん、今のところ誰がラスボスか分からんので(というか私は先生を疑っているので)話せない、ゴメン…。もっとつまらない話ならいっぱいしたいんだけどー!(涙)
レインさんにはなるべく置いていかないようにと言われました。「あなたになにかあったら、ボクが怒られちゃいますからー」のおぉぉー!!!。゚(゚´Д`゚)゚。 ←板ばさみ(笑)ありがとう、とお礼を言ってみると照れおった!レインさん照れたよ!「え、照れますねー。どういたしましてー」も…もう1回言って!!って、このゲーム履歴機能で好きな台詞を再生しまくれるから凄い。乙女ゲーってこんなマニア仕様なのか…!(羨ましい!)

レインさんと交流を深めてニヤニヤしていたら鷹斗が現れた。…ううぅ…ちょっと苦手なんだよね、キミ…(こういう爽やか系が苦手。FF10のティーダも同じ理由で苦手。/笑)例の補習の日だったらしく、探しに来たらしい。理一郎も心配してる、と言うと背後から出てくるりったんさん。ツンデレ決定で良いらしい(笑)。英兄弟と終夜も来た。っていうか終夜さっき通りかかったんだから声かけようぜ!色々まったり会話が繰り広げられる。終夜の「空気とは読めるものなのか?」が若干ツボに入った(笑)

そんなこんなでまた下校ですよ!あれ、課題やんなくていいのかな?(笑)まーいーや。りったんさん帰ろうぜ!(狙いは絞った。/笑)会話で「苦手なもの」を選んでみた。好きな食べ物とか聞いてやがる…!そうじゃないだろ、カミナリが苦手かどうかそこ突っ込めよ!(笑)い…いかん、コーンスープにトマト突っ込んだことを恨まれておる…!(((゚Д゚)))
ここで主人公、プリンについて突っ込む。そうそう、プリンだ!あの時の妙な情熱は追求するに値する。何と主人公は昔りったんさんのプリンを食ったらしい…食べ物の恨みは怖いぞ…。あれっ?プリンの追求終わっちゃったよ…!もっと根堀葉堀聞かなくちゃー!どう考えてもりったんさん面白キャラなんだからさー!(笑)

と、帰宅して夜。レインさんとの会話選択肢はないまま(あっても選べないからいいけど…。)夢世界へ。MAPが出たのでビショップがいそうなところに行ってみた。出た出た。相変わらず派手な男だ(笑)追い出されて朝になってしまった…何だよ感じ悪いな!
そして瞬く間に放課後となり、自動的に理一郎へ声をかけたが部活だと断られた。りったんさん機嫌が悪いらしい。どうした、プリンでも買ってやろうか?(オトナの戦略。/笑)しつこく食いついていく主人公、結局不機嫌の理由は分からなかったが逆に落ち込んでるだろ、と言われた。強いて言えばウサギさんとの会話ができなくてションボリしています…(違)
丸ボタンを連打していると落ち込みの原因が鷹斗の事だとか言われた。え、すいません全然意味が分かりません(笑)。りったんさんいわく、鷹斗がクラスの女子に告白されたたんですって!まあ、やるわね鷹斗!主人公、興味がなかったのでどうなったか見てないらしい。それはそれで大物だよ(笑)どうやら鷹斗が告白されるのは珍しいことじゃないらしい。んー…さては、りったんさん…。。。

鷹斗が女子から告白された→主人公がそれを見て落ち込んだ→それって鷹斗に気があるって事じゃね?!→何かムカついた…。 ←今ここ。

おっと!結構どストレートに「鷹斗のことどう思ってるんだ」なんて聞かれたよ(笑)えーと…「尊敬してる」「大事な友達」かぁ…どっちも微妙だなー。別に好きでも何でもねーよ、って言ってあげたい。仕方なく「友達」って言ってみた。どっちが好感度高いんだろうなー?でも「友達」だからな。できればココを太字にしたいよ(笑)。
天然素材の主人公はりったんさんに寂しいのか、なんて聞いちゃう。ほら、思いっきり「はぁ?!」って言われたよ(笑)自分はりったんさんとの時間が減って寂しかったから、なんて可愛い事を言う主人公。これは上手くやったな。理一郎は寂しくていじけてた、と判断した主人公。チゲーよ!主人公が鷹斗の事好きだと思って妬いてたんだよ!気づいてやれよ可哀想だろ!(笑)

さて、そんなこんなで瞬く間に翌朝。今回は夢なしだったのね。運転手さんに送ってもらったけれど、理一郎は先に行ってしまい自分は後から行く。そこに車が突っ込んできた…あーなるほどここで植物状態ですか。どうなるのかと思っていたら次の瞬間元通り平穏な空間へ。スゲーな、ここ調整できるって事なんだ…タイムパラドクスを量子力学でエイヤ!っていうのが現実味を帯びてきたぜ…(ノД`)
複雑な心境でいたら、誰かにぶつかった。

「Excuse me.」

ぎゃー!!!(←当然音声のみで識別。/笑)き…来たのか?!ついに来るのか…!(゚д゚ ) わくわくソワソワして丸ボタンを連打していたが、金髪のガイジンというだけで絵は出ない。もういいよ、分かってるからもういいって!アンタが調整したんだろ、この時間軸をよ!もう知らねーぞそんな大それたことして!明らかにアンタ神信じてないだろ!(私も特定の宗教は持っていませんが。倫理学的にどうかと思うわけです。/笑)

いろんな意味でドッキドキでしたが瞬く間に放課後(笑)課題です。あー、課題久々な気がする…。もう難易度の低いのが残ってないので一番難しいのに行きます。ナスカの地上絵。多少興味がありはするけれども…あ、相手を選ぶんですね。はいはい、りったんさんで行きますよ(集中砲火。/笑)会話中に回答が出てきていたので難なくクリア。パズルのピースみたいなのをもらった。
そんで、スペシャル課題というものが出てきた。何故か先生が慌てて帰って行った後、央が考案した(?)スペシャル課題へ。何でも課題に一回も参加してない赤(寅之助)を本格的に引っ張り出そうというものらしい。
円案→ダマす。央案→力技で拉致。鷹斗案→話し合う。理一郎案→餌で釣る。終夜案→魂を震わせる。…終夜は本気でクジャなのか…?(゚д゚ ) ←驚きのクジャっぷり(笑)

とりあえず自分の意見に一番近い(笑)餌で釣るを選択してみたけど肝心の餌がない。そんな時、学校によその中学生が侵入して暴れたらしく寅之助に疑惑がかかっているらしい。ま、物語として仕方がないにせよ、証拠もなく特定の生徒を疑っていることを素直に口に出してしまうのは教育者として以前にオトナとしての配慮が不足しているよな…(オトナは本音と建前を華麗に使い分けねば。/笑)
で、主人公達も寅之助を探しに行くのですが既に先生に捕まっておりまして。濡れ衣着せられてキレそうになっている所に飛び込む主人公、更にそれを庇って(?)寅之助に殴られたのが終夜…お前、ヤルな!(笑)
すったもんだした挙句、担任の活躍で濡れ衣も晴れてめでたしめでたし。寅之助をひっ捕らえて逆課題というのに参加させます。何か和やかだなお前ら…(微笑ましい。/笑)

担任を鬼にしてかくれんぼ大会を実施することになった模様。どうした、何か微笑ましいぞ!(重たい話になる前のくつろぎタイムか?/笑)先生に趣旨を伝えて逃げる(自分も隠れる)主人公にレインさんが話しかけてきた。レインさん!ヽ(*´∀`)ノ 周りに人がいたので空気を読んで黙ってたんだって。普通に喋ればいいのにー!(色々台無しだろ。/笑)
レインさんとキャッキャウフフしつつ(笑)隠れ場所を探していると、りったんさんに出くわした。隠れないとダメだよりったんさん!でも、隠れるのはバカバカしいとかかくれんぼは嫌いとか。どうやらりったんさん、その昔は鬼に見つけてもらえず泣いてたらしい。何か可愛い絵出てきた…これは狙ってやがるな?!(乙女のハートを掴もうとしています!/笑)
そもそも隠れていなかったりったんさんと主人公は即座に発見され、残りのメンバーも脅威の速度で見つかってしまったらしい。

そして帰り道でまたレインさんとお話できた!((*´∀`)) いわく「いつの時代だって、世界は子供のモノなんです」…えーと、ソコに関してはオトナとして若干突っ込みを入れさせて頂いても宜しいか(笑)自分でメシのタネ稼いでからモノ言えとかオトナゲなく叫んでもいいですか?(世知辛い。/笑)帰宅後もレインと話すか聞かれるけれども、黒ずみ防止のため(笑)今日も我慢…!
この流れだとやはり夢世界。そしてMAP。ビショップのいるところに行ったら学習能力がないのかと言われて追い出された。チッ!こんなあからさまに怪しい建物なのに…ビショップに蹴りを入れるっていう選択肢はないのかっ?(笑)

現実に戻って課題です。本来のリズム(笑)なになに?ブルーローズの奇跡だと?青いバラを作るんですって。白バラに青い水を与えるんじゃダメかね?(笑)頑なにりったんさんと組んだら紙で青バラを作り上げたらしい。器用な子だな…(笑)課題が終わったら貰ってもいいか、と聞く主人公。「…べつにいいけど。他のやつらが持って帰っても気持ち悪いし」…ご尤も。回答もりったんさんとの会話で出てきたりしたので難なくクリア。またパズルのピースらしき何かを貰いました。
課題の後は下校です(笑)はいはい、りったんさん帰るよー。会話テーマで趣味を選択するとパズル好きであることが判明した。空いてると気持ち悪いから全部埋めたいらしい(笑)主人公に「変なところ神経質よね。B型なのに」と言われておる。いや、変なところに神経質なのがB型。意味もなくコダワるのがB型。←元B型(心は今でもB型)だから分かる(今年の健康診断でも「O型」って書かれた結果が返ってきた…今更O型と言われましても…。/笑)

帰宅後はレインとの会話を我慢して夢世界へ(笑)。ビショップに蹴りを食らわすべく(何かいつも感じ悪いから。/笑)左手の「???」に移動しますが何度も来ていると戻されました。うーむ。では大きい赤がいた右手の「???」に行くか。狙い通りに大きい赤…あ、そーか『若』って言うんだっけ?が出てきましたけど学校での長話とか全部無視して掴まりました。仕方ない、こいつにも蹴りだ…!と思ったところで朝。
はい課題(笑)もう残りも少なくなってきたようですよ。あ、ラス1かなもしかして?エンディングとか全然見えないしラスボスもラスボスの一歩手前も出てこない風情だけど(笑)これでいいのかね…?りったんさんと組んで秘密基地を作ってみる。英兄弟(主に央)にかき回されてりったんさんが不登校の危機に陥った…!(笑)しかも課題の答え分かんねーよ!(ノД`) 1問目はカン(というより文脈)でクリアし、2問目はレインさんに聞いた。ああぁ〜!黒ずみませんようにー!!とりあえず成功したのでパズルのピースは貰った。

自動でりったんさんと一緒に帰ることになりましたが本屋に寄ると言われました。りったんさんが本屋で何を買ったかは分からないけど、途中の道で思い出話に。選択肢が出ました。そらアンタ、かくれんぼで泣き喚いた説だろ!(笑)と思って選択したら、かくれんぼじゃなくてりったんさんがいじめられっこだった話になってしまった…おかしいな…(´`) そしてりったんさん、今小学生だって言い張ってるのはまぁいいとして(何せ乙女ゲーだからな。/笑)それより小さい幼少期は女性キャストに変えても良かったんじゃないのかね…?(ファン的にダメなのか…。)
主人公、りったんさんを守ると約束したらしい。オトコマエだな!(笑)そしてりったんさんはド本気でツンデレなんだな…。
隣らしいけど家まで送って頂いた。主人公を守れるくらい強くなったら、りったんさんは主人公を嫁にもらえるらしい。「ま、こっちはくれるって言っても願い下げだけど」…貴様も蹴りが必要か…?!(#゚Д゚) 大きい青いのが主人公を守るとか言い張った理由は分かった気がするけれども(笑)大きい青いのは何ていうか…ちょっと違うんだよなー…もったいねーな、りったんさん…(´`)

部屋で自分の未来形?らしき幻覚を見つつ(笑)今夜もレインさんとの会話を我慢して夢突入です。頑張れ自分…!大きい赤に会いに行ったけど特に進展というか、ヤツは学校での長話を知らないご様子。ここらへんでパラレルというところを意識付けたいのだろうか…?それとも単に時間軸のズレなのか。
あっという間に朝になり、珍しく休日だそうです。というか初めての休日です(笑)英語の課題が分からなかったのでりったんさんに電話。りったんさん、英語は得意だけど数学が苦手なんだって。…っていうか小学生なら「算数」ではないのか…?まぁいいや。代わりに数学を教えてやるという作戦でりったんさん宅へ侵入成功。…主人公、手口が某オズマ先生とほぼ同じだけど大丈夫か…?(笑)

りったんさんと宿題しつつ、結構いいとこまで話が行くんだけど(笑)りったんさんが恥ずかしがり屋なのと主人公がニブいので話が進まない。もう一押ししろよりったんさん!(笑)

軽くイライラしつつも(笑)場面転換して学校。どうやら課題はもうおしまいで成績発表になるらしい。少なくとも赤、お前は失格じゃないのか(出席回数の不足で。)

NEXT → episode06

X Home X

inserted by FC2 system