CLOCK ZERO プレイ日記 episode09

X Home X

episode09

人質になって「元いた世界」の夢なんか見つつ翌日を迎えた。デカいりったんさんが面会に来ようとして見張りの人とモメておる…見張りの人と…あ!アナタ以前に忍者居酒屋で上級忍術見せてくれた人ですねっ?!(゚д゚ ) 何だか知らないけど明らかに忍者の人が見張りだよ…世界が壊れたという割には皆さん結構気合の入ったコスプレをなさっておる…(その素材は一体どこから…?/笑)
ケンカを止めるか話を聞くか、みたいな選択肢が出た。忍者の話とか聞く気ねぇ、いいから黙れ。(りったんさんは元々黙ってる。/笑)りったんさんが部屋に入ってきて話してみる。何か小学生時代の可愛らしさが無くなっておかーさんガッカリだよ…。「いつまでも子供じゃない」とか、本気でガッカリ(笑)主人公側から質問を投げかけるも黙秘を続けるりったんさん。だ…誰か「引っぱたく」っていうコマンドを…!!

結局何一つ実になる情報のないまま、【通信機】なるものを貰った。どうせなら武器か防具を…!(笑)ついでに守ってやるとか約束された。うーむ…小さい頃に聞きたかったぜ…(´`)

人質生活数日目。りったんさんも寅之助も面会に来ることはなく、電波だけが本を持って来てくれたらしい。3食昼寝付きで本の差し入れなら悪くない(笑)昼寝の時(?)に昔の夢を見た主人公。いや、そこまで小さいりったんさんはこれまた好きではないのだよ…(難しい半パンストライクゾーン。/笑)と思ってたら続きの回想?でちょうど良い大きさのりったんさんが出てきた。そうそう、これこれ!((*´∀`))
夢見たり回想してたら通信機が鳴った。はいはいもしもしー?(←気軽)りったんさんが連絡してくれて主人公はテンションが上がったらしい。乙女だの…。その後も大した変化はなく読書と昼寝の繰り返し。まさに天国…!(ネット環境があれば無敵だった…。/笑)
夜中にりったんさんが遊びに来たりしたけど、特に何事もなく。暫くして寅之助が迎えに来た。「アンタに拒否権はない」とか偉そうに言われたけど完全な誘拐犯だし。犯罪者風情に威張られてもアタシ困っちゃう(笑)。まー政府とやらも人ひとりに拘るようなショボい団体だし。両方まとめて成敗してやりたいよアタシャ…武器さえあれば…せめてミスリルダガーくらい…!(ノД`) ←未だ丸腰(笑)。

NEXT → episode10

X Home X

inserted by FC2 system