CLOCK ZERO プレイ日記 episode10

X Home X

episode10

りったんさんの回想。色々説明台詞ありがとうございます…アンタ苦労人キャラだね…(´`)

さて寅之助に引っ張られた主人公はこの団体の会合に出席。会の【長】とやらも出てきた。…ぬ!シブいがイケメン…!(さすが乙女ゲー!)終夜もいるみたいですが、理一郎は不在。正式な構成員じゃなくて居候なんですって。
【長】は代理らしい。本当の【長】は政府に掴まってるらしいよ。政府側の【長】である【キング】は学校の先生で確定、と。彼との「この世界での」繋がりを確認すべく「試す」らしい。誘拐犯は既に脅迫文を送りつけ、政府解体を要求している、と。まったくどいつもこいつも、アカの他人を巻き込みやがって迷惑千万だ…。
政府に渡されては困る、帰りたいという主人公にそれは無理、の回答。麒麟じゃないと行き来の時に蝕が起こるんです、的な(笑)物理的な「無理」ではなく「交渉カードとして有効活用するんだから無理」だそうです。相手側のリアクションが良くなければ指切って送るってー。一体何年前の極道映画見ちゃったんだよ、今時ねーだろ…いや、未来で歴史は繰り返すのか(笑)。だーから私は最初から武器を要求していたのに…。「たたかう」コマンド早くお願いします。

イライラしながら部屋に連れ戻されると大きいりったんさんが来た。「たたかう」コマンドがないので「やつあたり」コマンドを発動させる主人公。頼むぜりったんさんー!アルテマウェポンとは言わないが、せめてマサムネ程度の盗賊刃が欲しいわー。(思ったより相手にする人数が多そうなので長い得物欲する。/笑)しかし主人公は八つ当たるだけ八つ当たってりったんさんを追い出してしまった。いや、武器…とか…!あるなら魔石も…!(;´Д`)ノ ←黒魔法属性(笑)

その後食事も取らない主人公を心配して再びりったんさん登場。主人公、布団被って面会拒否。おおぅ…画面真っ黒だぜ…。りったんさんを困らせていると出て行ってしまうようだ。うーむ、一応呼び止めておくか。武器くれるかもしれないし。…と、何故か電波が出てきた。勝手に散歩しろとか言われて外に出される…む!脱出のチャンス!!!今だ、逃げろ私っ!!(゚∀゚)
が、逃げるわけでもなくホントにブラブラ散歩し始めまして。とりあえずりったんさんは主人公を元の世界へ返して、なおかつ事故に遭わないようにしてくれるらしい。そんな高等技術大丈夫なの…?
のんびりしていたら追っ手が来た。電波の単独行動なので「逃げ出した」扱いになってたらしい。寅之助に皆で怒られたらしいよ…っていうか寅之助何様なんだムカツクな!あの時「先生不審者です!」って言ってやれば良かったわ!(笑)

部屋に戻された主人公。その頃のりったんさんはあっちの世界とこっちの世界を行き来していたらしい。まるで延麒のようですな…!(笑)そしてパラレルの自分に会う。通常こういった「現象」が起こってしまうとどちらかが死ぬ設定なんだけど(ドッペルゲンガー的な。)このゲームではOKらしい。
主人公とりったんさん(当時)は秋の花火大会について話してます。毎年行っている花火大会にりったんさんは行けないらしくて鷹斗と二人で行けとか言われてます。ちっ…!それだからダメなんだりったんさんは!…と、思いきや主人公は結局花火大会に行かず、りったんさんと手持ち花火をしたらしい。まぁ素敵!*:.。☆..。.(´∀`人)

NEXT → episode11

X Home X

inserted by FC2 system