CLOCK ZERO プレイ日記 episode12

X Home X

episode12

「有心会」の人に消えたことがバレると不味いので、ということで元の(未来時空の)世界に帰そうとする理一郎に抵抗して場所移動。聞くところによると主人公が意識不明になって失踪するのはかなりの高確率で(例えば沢山の「近似値の時空」を見てみたけど全部同じオチだった、とか言う話なら「高確率」って表現されるんだろう。)人為的にそうなっている可能性もあるという。っていうか明らかに人為的だろ…それ…(ノД`)
一通り話してもらって、それでは帰ってください的な流れ。若干ムッとしたので何でだと食いついてみた。食いついた挙句、りったんさんはやっぱり沢山の時空を見て「主人公が助かる方法(座標、かもしれない)」を探していたことが分かった。す…すまん、泰麒を探す延麒より難儀だったな…。ちょっと反省したよ…。

りったんさんと両思いなところまで(今更ながら)辿り着いた主人公は自分も一緒に「助かる方法(事故に遭わない時空?)」を探すことに。「探す」というのだからやっぱり「別(の未来が待っている)時空」じゃないといけない訳で、時間が停滞している「元の世界」とは「別世界」の扱いなんでしょうね。
雨に降られて雨宿りした廃墟で乙女展開。いや急に態度の変わったりったんさんキモイとか全然思ってない。マントだけ脱いで貸せとか全然思ってないよママン!!まー乙女ゲーだからそのまま朝になる訳ですけども(笑)

朝になって事故原因を探す主人公とりったんさん。電波が分析してくれたデータによると事故の1年前に分岐が発生しているそうな。いわゆる人生とか運命とか言われるものが量子力学で定義されるとしたら、それはそれで面白い。

さてその時空転移とやら、りったんさんが「有心会」に持ち込んだ技術で、彼は元々政府にいたという話になった。ああ、時空転移自体は鷹斗の技術って言いたいの…?ある日突然「キング」から誘いがあったんですってー。先生=キングまで掴んでて、未だ頑なに「鷹斗=キング」まで行き着かないのは不思議な感じするけれども。…ま、まさか「ソランじゃねーの?(笑)」って思ってたトーマが「セスだったんだ!」みたいなオチだったらどうしよう…?!(((゚Д゚))) ←ややトラウマ(笑)
政府でも厚待遇だったらしいりったんさん。そこらへんからさぁ…探ってみるとかさぁ…。。でも人為的に事故に遭わされたとして、「キング」がそれをしたのだろうか…?それは違う気がするんだよなー…だって動機が分からん。考えていると一人で恋愛モードに入っていた主人公が急に告白するとか言い出した。え、何急に?(笑)仕方ないのでりったんさんに「私のこと好き?」と聞いてやった。何だよもう、落ち着けよ主人公…!

で、色々探したけど結局は自分が事故に遭うシーンを見てしまった。難儀ですな…。

NEXT → episode13

X Home X

inserted by FC2 system