「とっとこハム太郎」BackNumber

X Home X

2003年8月8日

「とっとこ泳ぐぞ!カメハム君」というお話でした。またもや商店街のバスツアー(フラワー牧場へもコレで行った気がする…。)で海へ行くロコちゃんたち。バスの外観が出たシーンでその後頭に気づいていましたロベルト!隣は誰だ?!と目を光らせたところ、木村さんでした(肝心なところは押さえるタイプなのか…。/笑)ロコちゃんとお友達(いい加減名前覚えろ…)が新しい水着を買ったという話をしていると、さりげなく木村さんが「じゃあ、写真撮ってあげるよ。」…貴様、何を狙っている?!(この年じゃまだシタゴコロはないのか?/笑)木村さんの台詞に「恥ずかしい〜」と言っているロコちゃんたちを冷ややかな目で見ていたロベルト「バッカじゃねーの?そんなもんわざわざ買わなくたって、学校の水着で十分だろうが。」お前もかロベルト?!(しかもスクール水着が趣味とは、マニアっぽい。/爆笑)しかし、スクール水着=マニアで変態っていう公式が成り立っているのはアタシだけらしく(笑)ロコちゃん達は「ロベルトは女の子の気持ちが分からない」とか言ってるだけでした。ロベルト「何か言ったか〜?」いいえ、何にも。大昔コミケに参加してた時に大きいオトモダチ(当然殿方。/笑)から「(セーラームーンの)亜美ちゃん描いて下さい。」と言われ「水着で」という指定だったので「いやー、水着はあんまし上手に描けないですよ?(資料ないから)」と応えたら「いや、スクール水着でいいんです」と言われて吐きそうになった(しかも「でいいんです」って何だよ…。)のがトラウマだなんて、言わないでおこう(笑)。ちなみに今回もどういう経路でかハムスターたちがバスに侵入(笑)。

さて、海に着いたロコちゃんたち。早速砂浜へ飛び出すのですが…「ない!!」そうです、ロコちゃん何と新しい水着を家に置いて来てしまったのです!何でだ…(笑)。その背後から爽やかな笑い声と共にロベルト登場。「海水浴に水着忘れてくるなんて春名(この字だったらしい。)らしいよな。服の下に着とけばいいのにさ。」いや、暑苦しくないのか?(笑)というアタイのツッコミを無視してロベルトは「オレなんかちゃーんと…」と言いながら惜しげもなくズボンを脱いで下さいます。ああ、カメラもうちょっと引いて頂けますか?っつかそんなに一挙に脱がなくてももうちょっと間というかタメというか作っていただいても結構なんですが…(←スクール水着を変態とか言えないだろ自分。/笑)
だがしかし!脱いで頂いただけでも結構なサービスであったにもかかわらず!!!!アタイの目に飛び込んだのはロベルトの「おパンツ」!!!!(大爆笑)TVの前で固まりました。動けませんでした(爆)。唖然呆然とするTVの中のキャラクターとお茶の間の皆さん(笑)。その中で唯一の理性(笑)である木村さんが冷静すぎる声で「ロベルト…それって海パンじゃないだろ?」も…もーちょっとテンション高めでツッコミ入れてもらう方が痛手が少ない、みたいな(笑)淡々としたツッコミ。木村さん一人が冷静なのは「見慣れてるから」(深い意味の理解は各自に任せる。/笑)だと思って一人でニヤリとしたアタシ、スクール水着とどっちがヤバい?(アンタだろうよ。/笑)
木村さんに淡々と指摘されたロベルトは大パニック(笑)。あわわわわわわ…って感じなんですけど、とりあえずズボン上げとけ(爆)。おねーさんがイタズラしちゃうぞv(マジで逮捕されないか、アタシ?/^^;)

と、いう訳で水着忘れの二人組みは海の家で過ごす事に。これまた運命を感じる展開です(笑)。「小さい子達の世話、お前に任せたぜ、木村ーッ!」やはり犬とか子供とか、そういうモノには優しいらしい(爆)。ロコちゃん達が前回(っつっても去年か…?)お世話になった(ロベルトも修理をした)おじーちゃんとおばーちゃんが営む海の家に移動したロコちゃん達。スケッチブックを広げるロコちゃん。「…見ないでよ。」ロベルト「見たくて見てるんじゃねーよ!…暇だからさ。」かなりツボ、「暇だからさ」までの間(笑)。アタシならスケッチブックの一つや二つ、喜んで見せてあげるのにな〜♪ロコちゃんに「サイアク…」とか言われてます。「こっちの台詞だ」っていうロベルト、非常にカッコエエ。アンタは素晴らしい。今日のおパンツ事件もこれで帳消し(笑)。そこへ海の家のおじーちゃんが登場して、彼が昔使った水着ならあると言い出します。「え、ホントですか?!」期待の眼差し、ロベルト(笑)。しかし、出てきたのは赤いふんどし…(爆)。サスガのロベルトもそこまでチャレンジャーじゃなかったらしい(というか恐らく番組的にNG。/笑)ロコちゃんがスケッチブックに描いていたふんどしロベルトもGOODでした(笑)。

で、ハムスターの番組なんでハムスターの話もあります(笑)。「カメハム君」という新キャラ登場。爽やか系という設定らしいが背中にカメの甲羅を背負っている。一体カメなのかハムスターなのか…?(笑)ま、例によって例のごとくハムスターの話は思い切って割愛(笑)。

海の家のお手伝いをしているロコちゃんとロベルト。「こっちはラーメン5つ、ヨロシク!」とキリキリ働いてます、ロベルト。そんなに手伝いとかしなくても、というおばーちゃん達に「いいんですよ。オレこっちの方が楽しいからさ。」カネモチのボンボンっぽいが額に汗して働く事は好きらしい(笑)。ロコちゃんと仲良しさんね、みたいな事を言われて「違うって、誰がコイツなんかと!」って強がってましたけど…とりあえずケッコンしとけ(笑)。険悪になりかけたところにオーダーが入って「ハイ、毎度!」とか言ってた。割と庶民派(笑)。

割合で言えば本当はハムスターの話の方が長かったはずだが…。結果としてカメハム君の甲羅は「浮き輪」ではなく「サーフボード」だったらしい。以上(笑)。

ラストシーンで 海の家から姿を消していたロベルトとロコちゃん。海の家のおばーちゃんたちが「よく手伝ってくれた御礼に」秘密の場所を教えてくれたらしい。…何か、進展あるのかッ?!(期待大。)キレイな貝殻を拾える場所、ロコちゃんとロベルト。…………呑気に貝拾ってるバアイじゃねーだろ!!(もっと気を利かせろよ!/笑)皆が合流すると「一緒に貝殻拾おうぜ!」ロベルト…チャンスを活かしきれない男だ…(涙)。←何かを勘違い(笑)。

ま、何はともあれ大収穫です(爆)。ごっつあんでした(笑)。

X Home X

inserted by FC2 system