「とっとこハム太郎」BackNumber

X Home X

2003年11月28日

「とっとこぴかぴか!流れ星」というお話。流星群を見る為、先生の家にお泊りするというロコちゃん。先生はテントで寝るとか言っているけど…寒くないのか???
で、テントを覗き込むロコちゃんの真正面に顔を出したのがロベルト。もうちょっとの所でチューができそうな感じでした。いっそのことしてしまえ(爆)。思わず悲鳴を上げた(嬉しい悲鳴?/違)ロコちゃんに「イキナリ覗いておいてキャーはないだろう?」と冷静に対応。ああ…もうちょっと…どうにか…(色々もどかしい心境。/笑)奥から出てきた木村さん。アンタやっぱりそこにいたのか(笑)。何でもテントの中を掃除中なんだそうで。「勝手に覗くなよ!」とケンカ売り気味でテントの中へ戻っていったロベルトでした。…テントの中には木村さんがいるのかと思うと覗くなって言われてもどうしても覗かずにいられな…(そして何を見たいんだ自分?/笑)

ハムスター集団の動向は今回もざっくり割愛(笑)。いよいよ流星群の観測が始まったというのに、肝心の木村さんの隣にはロコちゃんもロベルトも(笑)いません。あれ?と皆が振り返ると大きな木にもたれて眠っているロコちゃんとロベルト!ナンなんでしょう、このなんぴとたりとも近寄らせない雰囲気は…(笑)。二人とも爆睡状態で木村さんやお友達が呼んでも一向に目を覚ましません。

メインとなるハムスター集団の動きを挟んでロコちゃん。目を覚ましたらしいのですが、流星群を見ることができなくて非常に落ち込んでいました。テントの中、皆が就寝の準備を始めていますが「外に出てくる…」と一人表へ出て行きます。…これはもう、ロベルトも出てくるしかない!と思って隣のテント(恐らく男子用。)を睨んでいたモモコさんでしたが…読みがアマかったね!(笑)先に外出てたねロベルトは!!!(爆)
ロコちゃんの姿を見て爽やかに笑いながら「ねぼすけが出てきたな(笑)。」ロベルト、絶対ロコちゃんの事が好きだろう?!スキって言え!!!(笑)ムッとしたロコちゃんにアンタも寝てたでしょ、みたいな事を言われて笑っていたのですが「見たかったな、流星群…」その淋しそうな台詞にお姉さんは是が非でも見せたくなったよ、流星群。見せたらお持ち帰りOKになるかな?(なりません。)
「おいハルナ、あれ!」ロベルトが指差した方向には流星群再び。肉眼でそんだけ見えるのはかなり歴史的規模の流星群です…ま、マンガだからな(笑)。「すげー…」と感動していたロベルト、ロコちゃんが「こうしたら取れそうじゃない?」って言いながらジャンプする姿を微笑ましく見守ってましたからね!(笑)ロコちゃんに何?と聞かれると「あ、いや。別に…(笑顔)」ってラブラブカップルですな(笑)。

全体的に話がハムスターよりで(いつものことか…)人間サイドはちょこちょこっとでしたが、それでもガッチリ美味しいところを持っていきました、ロベルト…。もう、ロコちゃんとケッコンするしかッ…!!!(笑)

2003年10月31日

「とっとこハロウィン 大へんしん」というお話でございました。ロベルトの家でハロウィンパーティーらしい。ロコちゃんとカナちゃん(やっと覚えた、ロコちゃんの友達)は仮装をして参加するらしいのですが…。「着替えたら迎えに来るねv」いや、会場外のコスプレは禁止です(爆)。本気で家から仮装して行くつもりかよ?!と妙にハラハラした気分になる(笑)モモコの気持ちとは関係なく話は進みます。例によってハムスター集団の動向は思い切って割愛(笑)。
心配していた通りというか…(笑)。思いっきりお姫様ドレス(学芸会の衣装を使い回しらしい)のロコちゃんと魔法使い衣装のカナちゃん。アンタら異様に目立ってますけど…。。(だから会場外のコスプレは禁止だとあれほど言ったのに…。/笑)通りすがりのコドモが集まってきました(笑)。「おねーちゃんたち、シンデレラだねーッvv」というのはさち様声だったと思う(笑)。くはッ!このくらいの年齢もオッケー!!(何が?/爆)
前半はロベルトの出番もなかったので思い切って割愛(省略しすぎだろ。/爆)

勝負は18分を過ぎた辺りからです。恐怖が恐怖を呼び(笑)、パニックに陥るハムスター集団から一転。やたらと大きな屋敷が…これがロベルトの家か…(ケッコンして!!!/爆)ロコちゃん達が現れないので「遅刻だな〜…。罰としてちょっと驚かせてやろうかな〜vvv」海賊(どちらかというとキャプテンバルボッサ風。/笑)の衣装に身を包んだロベルト、ステキ、ステキ過ぎ!!!!(叫)露出度は低いけどオッケーです(笑)。隣にガッチリ(笑)控えている木村君はヴァンパイアのようです。普通は美女が狙われるんですけどね…隣の海賊を狙うっていうのもアリです、それも可!(許可するな。/笑)一瞬妄想の世界に(笑)引き込まれたモモコさんの耳に爽やかなロベルトの声。「おいでー、サンバv」相変わらずの愛犬家ぶり。終始笑顔です(笑)。「頼むぞ〜、サンバ〜vv」とサンバに恐竜のようなマスクを被らせて、やってきたロコちゃん達に仕向けます。サンバを送り出す時の「それッ」っていうのが可愛らしい〜ッ!!!(泣)どうにかしてオレ様のモノに出来ないんだろうか…?どう思う????(無理。/笑)

突如現れた仮装犬に驚いたロコちゃん達を見てロベルト大満足(笑)。「やった!大成功♪いいぞ、サンバvv」アンタって人はサンバサンバって…愛犬家にもホドがある(既に本日3回目の「サンバ」/笑)しかし、ロコちゃん達も負けてはいなかった。「おいで、どんちゃん!」そう言われて登場したのがハゲヅラに丸メガネのどんちゃん(笑)。皆が驚愕のリアクションなんですが、中でもロベルトの「どど…ッどんちゃん?!」っていうのがステキでした(爆)。非常に笑えるどんちゃんの出で立ちなのですが、何とサンバが驚いて逃走(笑)。「サンバ、どんちゃんだってば!」海賊衣装のまま追いかけるロベルト、後に続く皆…(ヴァンパイア木村も含め。/笑)「向こうだ!」…って、何度も言いますが、会場外でのコスプレは禁止です(笑)。公園に逃げ込み、マスクを被ったサンバに驚く人々…ですが。本当に驚いたのは追いかけてきた海賊と吸血鬼とシンデレラと…その他諸々を見た時だと思う(笑)。アタシだったら「どこのイベント主催者だよ、オタクに暴走させるのはよ?!」とか内心憤慨したかもしれない(笑)。でも海賊コスプレの美少年(笑)から真摯に「仮装した犬です」とか言われたら「はいはい、ウチで預かってます」とか嘘八百言い放ってそのまま拉致るかも。(やめとけヘンタイ。/笑)再び妄想の世界に入ろうとした(笑)モモコさんを他所に公園の人からどんちゃんの居場所を聞きだしたロベルトたち。「よーし行こう!」と捜索続行。
サンバは途中でハムスター集団に新たなる恐怖を(笑)植えつけたりしましたが、暫くして飼い主の元へ。「サンバ、おいでサンバvv」今日はサンバだらけだな、ロベルト(笑)。サンバを驚かせてしまったと詫びるロコちゃんに「イタズラしたのはオレが先だからな。」とフォローも欠かしません(笑)。精々木村ヴァンパイアにイタズラされないように気をつけろ(爆)。「さ、ウチに戻ろう。ハロウィンパーティのやり直しだ♪」笑顔が眩しいロベルトですが、このコスプレ集団はもと来た道を戻るんだろうな、この格好で…(笑)。ま、パーティは盛り上がっている様子でしたので問題ありませんが…コスプレってのはやっぱりやる人を選ぶよね…(爆)。やっぱりそれなりの人がやった方がイイと思うんだよな、アタシは(最後はコスプレネタか…。/苦笑)

X Home X

inserted by FC2 system