Matsu-Ragi王国 王子と姫のお誕生会 感想文

X Home X

2008年4月5日。会場は例の(笑)御茶ノ水KAKADOでした。行ったことのある場所なので一安心。12時15分には受付を済ませて着席するように、との指示でしたので12時ジャスト御茶ノ水駅到着(割とギリギリ派?/笑)会場に行ってみると既に皆さん入り始めていました。

ここから少し画像を交えてお伝えします(笑)。

受付でメイドさん(本当にメイド服ですよ!萌えですよ!!/笑)に招待状(写真左)を見せ、入国許可の印を貰います。

参加者は申込みの際にそれぞれ王国での職業を自己申告しております。
で、受付でもらった王国城下街の地図(写真右)には自分達の店?が配置されておりまして、これがすなわち座席表。

え?ワタシの王国での職業ですか?(笑)
そりゃもう、よっぽど「劇団タンタラスの事務・経理担当」って書いてやろうかと思ったのですが…誰にも伝わらない職業で(笑)つまらないし、イベント当日 「その職業っぽい衣装で参加してください」って言われた時に(既に予感していた。/笑)顔をツギハギにするわけにも、頭にネクタイ?巻いて関西弁喋るわけにもいかないので(爆)もう少し分かりやすい(衣装を選びやすい)職業にしました。

…という訳で黒魔法使い。(←でもゲームからは離れない。/笑)…は、畏れ多いので「見習い」と付け足してみました。ちなみに師匠はビビジュニアです(癒し系。/笑)

席についてみるとテーブルにはこんな紙袋が。

各々、 店?の看板的なマークが入っているのです。デザイン全部違います。賭けてもいい、王子がやったと思う!(この系統のアプリ使えるの王子だけ。/笑)

帰りの電車で、このロゴが他の人に見えないよう隠し通したりしてません。ええ。パン屋とか花屋とか、マトモな職業にすれば良かったと思ったりはシテマセンヨ??(笑)

「黒魔術」って書いてある紙袋持った人、友達になりたくないよね…_| ̄|○

でも、皆さん個性的な職業を選択してらしたので(地図見て笑った。/笑)ワタシなんか序の口ですよ、序の口!!

紙袋の中に入っているものパート1。

お誕生日会満喫グッズです。クイズコーナーで使う回答用の「A〜D」札、王子と姫が登場した時に振る小旗、サイリウム。

左手の紙には国歌の歌詞と、皆で言う台詞(後述します)が書いてあり、右手の紙は 執事アサミールからの極秘文書。(これも後述します)

全体的に、ハンドメイド感漂う感じで…こんな手の込んだことしてるから、アンタたち寝る時間がないんだ!!(王族に向かっても厳しくツッコミ。/笑)

あ、あと実はクラッカーも入っているハズだったのですが、ワタシの紙袋にはなく…(他にも入ってない人いたらしいけど。/笑)クラッカーはちょっと苦手(大きい音が出てビックリするから…。/笑)なので、なくても知らん振りして心の中でクラッカー鳴らしました(笑)。

紙袋の中に入っているものパート2。

こちらは お土産のマツラギグッズ。客席から「…ちょっと頑張りすぎたんじゃ…」と心配の声すら上がったくらいのシロモノ。

上から国歌のCD(王子や姫が歌ったバージョンも♪)ハンドタオル、ロゴ入りパスケース、ステッカーにマスク。

何かこんなに頂いちゃってスイマセン…みたいな気持ちです。
しかもこれまたお城の人(笑)が頑張って作ったのだと思われる。そんなことしてるからアンタたちは寝る時間が…!!(以下同文)

…と、言うわけで。ここからはさち王子日記の式次第を参考にしつつ…順番を直したレポートで…_| ̄|○ お届けいたします(笑)。
当初「思い出した順に書きます」とか(笑)いい加減なレポートだったのに…感謝感激(T△T) でも、最初の方と最後の方は結構合ってた。(曲順はモチロン。)さすがワタシ!!(自画自賛)…「国民の皆様からの質問コーナー」がすっかり抜けてたとかは、内緒だぞ?(死)

尚、萌え友かりんかさんから「とりあえず『リーダーはよく働いてました(棒読み)』って繋ぎしておけば良いと思います(笑)」ってアドバイス貰ったので(笑)困った時にはこのフレーズで乗り切りたいと思います。

紙袋の内容を確認しつつ、席について待っていると(テーブル有の着席型なのでこれでも結構な密集具合です。/笑)メイドさん達が飲み物のオーダーを取り、運んできてくれました。メイド頭のユッコフは自前?のカメラを写真関係のジョブ選択した人(笑)に渡して、王子と姫の写真を撮って下さい、とお願いしてました。すげぇ!ウカツに変なジョブ書けないね!!(ステータス異常系の攻撃魔法なら得意です。/笑)

そこへ近衛連隊長のウラタレフ、執事アサミール(庭師かと思っていたら執事だった。/笑)が登場。「何で俺たちが前説なんだよ〜。しかも固定カメラのスイッチ入れ忘れたから入れてこいって…」ブツブツ文句を言っているウラタレフ、ビジュアルが尋常ではありません。…分かりやすく言うと、クリスマスイベントでオスカルをやった時の格好です。(←これ以上分かりやすい説明はない。)近衛連隊長が客席後ろの壁、上部に取り付けてある固定カメラを操作しているのでステージの上に一人ぼっちの執事。「早く〜!!!一人じゃ持たないよぅ〜!!!」持たないよぅ〜!って、そんな萌えキャラで執事なのか?!Σ( ̄ロ ̄lll) 恐ろしい、恐ろしいぜMatsu-Ragi王国!!!(笑)
「…(カメラが)動かない。」とか「あ、俺の荷物…」とか右往左往の近衛連隊長。この役職おかしくないのか、全国の(?)近衛連隊長に何と申し開きするのか?!ヅラだか地毛だか分からないソレ(笑)だけで、何でも面白おかしく誤魔化せると思ってないか?!
挙句「イベントなんてこんなモンだよな。」誰か!この金色もっさもさを引っ張っておしまい!!(このもっさもさはいつだったかマイクスタンドに絡まった。メイド頭ユッコフがかなりオトコマエな感じで(笑)無理矢理引っ張って外していた。ユッコフ素敵でした。/笑)

早速客席の笑いを掴んで、執事と近衛連隊長から諸注意アナウンスと、配布物の確認。録音撮影は禁止です、とか音の出るものの電源は切ってください、という一般的な諸注意でしたが、違反すると「打ち首!!!(by近衛連隊長)」だそうです。
そして、台詞の割り当て(笑)。紙袋の中に入っていた国歌の歌詞…と共に記載のあった台詞。これを小中学校の卒業式みたいに(笑)皆で言っていくというのです!先日も会社でその話になったんですが(タイムリーなネタ。/笑)皆さん小中学生時代にやりませんでした?入学式・卒業式で「ぼくたち〜」「わたしたちは〜」「卒業します!!」みたいな(笑)。分割して台詞を言っていく…ソロパートは学校によって立候補したり学級委員が強制参加だったりした、アレです。

しかも今回は指名制で拒否権ナシとのこと(笑)。クジ運が良いやら悪いやら、ワタシも当たってみたりして…中学校の卒業式以来でしたよ…(ウチの中学は学級委員が強制参加だった。)でも一人で担当じゃなかったので浮かばれました…。女性は複数人数で、というパターンが結構多かったみたい。出だしの人だけはソロだったけど…女性一人でソロってスゴイ。ワタシにはできない…こう見えてもチキンハートだから(死)。
各自台詞を割り当てられたところで、「それじゃ一回練習してみましょう〜」とか軽々しく言う執事(笑)。そんな素人集団なんだから言われてパッとできるはずもなく、グズグズになるかと思いきや…ブルブル震えているワタシを他所に、キレイに決まりました。(ワタシが担当するパートは一緒に組んだ方がキチンと言ってくれたので上手いこと進んだ。/笑)すごい、素晴らしいです皆さん。(←他人事)

台詞のリハーサル?も済んだところで、王子と姫の登場まで暫くお待ち下さいー…と去っていく近衛連隊長&執事。入れ替わりで登場する大臣ハナタレフ。オエセル家のおじーちゃんではなく、大臣です!!(見間違うな、皆!!/笑)固唾を呑んで見守る国民達の前でステージに立った大臣、イキナリ「うほん!!ううん!!(咳払い?エヘン虫…?)」あ…侮れない…!!!Σ( ̄□ ̄; 早速会場の笑いを掴んでみた。大臣自身は威厳あるように見せたかったのかも知れないが、早速笑われていた。恐ろしい逸材(爆)。
ポカーンとしつつある国民に向かって「起立!!!」た…立てと仰る?!(卒業式の司会進行っぽい雰囲気。/笑)あたふたする間もなく「王子と姫のおなりー!!!」うおぉぉぉ!!!それっぽいーーー!!!(BGMが。/笑)そして登場した王子と姫の姿に国民からは思わず歓声が。王子は黒が主体の細身の衣装に白のケープ。頭に小さな王冠(←すごく可愛い。/笑)姫は白と黒のシックなドレス。…ドレス。…すいません、それ、何用のドレスですか…???(一般的な女性のクローゼットに、ああいうドレスはない。/笑)結婚式にお呼ばれしたって、なかなかああいうドレスは着られません。姫…さては本当に姫だな?!(笑)

楽屋からステージ横に繋がる階段なんだけど、王宮のバルコニーに見えるから不思議だ(笑)。王族っぽく(?)上品に手を振る王子と姫。満喫グッズの小旗を振って歓声を上げる国民たち(笑)。…冷静な第3者が見たら結構な亜空間だと思いますが(爆)それはもう、かの有名な夢と魔法の王国みたいなモンです。入ったモン勝ち、魔法にかかったモン勝ちです(笑)。

王子と姫がステージへ移動すると、さっき練習した台詞がスタート。ひいぃぃぃ!!!どうしよう、どうしよう!!順番が回ってきてしまうーー!!…う…うぇぇぇ…(吐)リハーサルの時と同様、一緒に組んだ方のお陰で何とか乗り切…ったんだと思う…(記憶なし。)客席…いや、国民は一致団結して王子と姫を祝うメッセージを言い終えました。こんな団結力を垣間見た時、オタクっていいなと思います(笑)。
「やりきったぜ!」という達成感(自分がちゃんと言えたかどうかはともかく、達成感だけはあった。/笑)に浸っていると「国歌斉唱」の声が。国歌は前説の時も全然練習してないけど、大丈夫なのかな皆?…という不安は無駄なものだった(笑)。ですよね…あんだけ台詞バッチリ言える人たちが、国歌歌えないワケがない。実はワタシ、歌詞をちゃんと覚えてなくて(笑)歌詞を書いた紙が手放せなかったのですが、周りの人は歌詞までも覚えている風情だった。…す…すいません…覚えてなくて…(肩身が狭い…)

国歌を歌いきった会場は何故かライブのアンコール的な空気(無駄に大はしゃぎ。/笑)王子と姫がそれぞれ挨拶をするのですが、「集まってくれてありがとう!」と爽やかにコメントした王子とは対照的に「ホントに…こんな…(笑)」とあまりの空気に笑い(と感動?)が止まらない様子の姫。王子「(姫は)感激しています!」とても爽やかに(客席の女子は身を乗り出した。/笑)言っていたけど、見る限り姫は純粋に笑い転げていた(もちろん感激もしていたんでしょうけれど。/笑)

国民達は席について、誕生日ケーキの入場。思っていたよりも凄いケーキが出てきた。そのままケーキ入刀とか始まるのかと思った(笑)。王室専属パティシエまで登場して(本当に何なんだろう、この人たちの気合の入り方は…。/笑)ケーキのイメージとかコメント。王国らしい、お花いっぱいの可愛らしいケーキでした。王子と姫はケーキの前で記念撮影。あ、ハッピーバースデーの歌も歌いました。大臣の音頭で(笑)。歌い終わった瞬間にクラッカーだったのですが、前述の通りワタシは心で参加。実際は若干周りのクラッカー音に怯えていた(笑)。体育祭の徒競走で使われる銃声?も苦手でした…。
そのままケーキを中心にして全員で記念撮影。ぎゅっと密集して王宮の皆さんと国民全員が写ってみました(笑)。KAKADOのスタッフさんが階段上から撮ってくれました。うおぉぉぉ!腰がプルプルするよー!!!(椅子に座っていたけど、中途半端な姿勢。/笑)

そして早速ではございますが(笑)王子&姫との謁見の時間でございます。メイドさんが王子と姫にそれぞれついて献上の品を運ぶです。こんな光景すら画になるんだから何か凄い。メイドってトコロが凄い(笑)。大臣に一人ひとり名前を呼ばれて(肩書き的に職業も言われる…)パン屋とか花屋とかマトモな職業にすれば良かったと後悔しつつ、王子と姫が待つステージの上へ。足が震えてステージ前で軽くコケてみたとかいうエピソードは要りませんね?(かなりのチキンハートですってば。/笑)
上には上がいるもので、個性的な職業の方もいました。国民的なアイドルもいました、誰もがその存在を否定できない感じでした(爆)。吟遊詩人とか錬金術師とか、ワタシと同ジャンルっぽい職業の方も(笑)。皆さん予想以上にそれっぽい衣装で来てました。ワタシも一応黒装束にしてみた。実は魔方陣のタトゥーとか付いてた!(シールなんだけど…誰も気付かないだろうから自己主張しておく。/笑)

ではここで。私事ではございますが王子&姫への献上の品をご紹介しましょう。
今回お二人への献上の品として選んだのは、某メーカーのチョーカー。当初、パーツを選んで手作りしようと思ったのですが…己のセンスの無さにガッカリしたり、イメージに合うパーツが見つからなかったりで断念。ちょうどイメージピッタリの商品が売っていたので(笑)プロの仕事に頼りました。…実は写真撮るのを忘れたので…(死)。言葉だけの表現になります、スイマセン。。。
王子のチョーカーはギターのピックがモチーフ。皮と金属プレートのピックが付いております。王子にはコレしかない!と思った(笑)。王子のチョーカーを先に決めてしまったので、同じメーカーの中で姫のチョーカーもセレクト。こちらはハートをモチーフにした、カジュアルな中でも女の子らしさを持ったモノ。姫にはコレしか…。
それぞれハンズで買ってきたBOXに入れてみたものの、折角なので「黒魔法使い」の職業にちなんだ?感じにしようと思いまして…ゲームのアイテム風に解説?を付けてみました。内容は以下の通り。

うたうたい の チョーカー(王子用)

でんせつ の うたうたい が みに つけていたと いわれる チョーカー。
うた に こめる ちから で かぜ ぞくせい の まほう を きょうか。

・すばやさ +3
・まほうぼうぎょ +5

・風属性 強化(1.5倍)
・弱点属性 なし
・取得アビリティ 女の子をかばう
・特殊アビリティ やらしさ限界突破(※)

(※)最大値が99から999へ変化。

たましい の チョーカー(姫用)

たましい の エネルギー を あつめた たいこ の むかし から そんざい する チョーカー。
あい の パワーで ぶつりぼうぎょ を きょうか。かいふく の のうりょく も ひめる。

・めいちゅう +2
・ぶつりぼうぎょ +8

・聖属性 吸収
・弱点属性 なし
・取得アビリティ 徐々にリジェネ
・特殊アビリティ エロ度限界突破(※)

(※)最大値が99から999へ変化。

…こんな感じでした…趣味丸出しですいません…(死)。王子が「うたうたいのチョーカー」っていうのはモチーフがピックであることもあってスグ決まりました。「でんせつのうたうたい」イメージは誰かなんて今更言いません(笑)。姫はオエセル放つイメージもありつつ(笑)たましいのチョーカー。

ネタは基本FFですが、特に取得アビリティはFF9です(笑)。女の子をかばう、なんてアビリティはジタンと王子のためにある!(FFシリーズだとロックあたりも持ってそうだけど…。/笑)特殊アビリティの限界突破系はFF10から。限界突破があったから10は物凄い楽だった。。。最終決戦2ターンで終わったし(ユウナとティーダ、アーロンが限界突破してた。/笑)
王子が「やらしさ」の限界突破で姫が「エロ度」の限界突破なのは、どっちをどっちにするかで大分悩みました(ソコで悩むのか。/笑)でも何となく王子には「エロ」よりも「ヤラシイ」の方が似合う気がして、同時に姫には「ヤラシイ」より「エロ」が似合う気がしたんです。どちらもベクトルの大きさは同じくらいなんですけどね(笑)。

そんなアイテムの説明とかしてみたい気もしましたが、足は震えてるし(笑)時間の都合もあってサクサク流されている感じ。この時点でアイテムの説明は諦めてみた。そして、プレゼントの中に自分の名前を書いておかなかった事を後悔した…_| ̄|○ こんな沢山のプレゼントの中で、差出人不明(しかも怪しげな解説書付き)のプレゼント…どう考えてもイタい…。。。
でも順番は回ってきてしまうので気を取り直して王子と姫の前へ。ええぇ〜〜っと…何を言うべきか忘れました(白)。
とりあえず各々にチョーカーの入った箱を渡してみたものの、「お店で買ったものなんですが…」程度の言い訳。せめて何が入ってるかくらいは言え、言うべきだった自分!!<(T◇T)> 苦し紛れに手前にいた姫へお菓子の箱も渡してみた。(これは王宮の皆さんとかメイドさんたちも含めて召し上がって頂く用。)姫「下々のものにまで…」とナイスコメントするものの、全部白髪になったイキオイのワタシ「いやいや、アハハ…」みたいな意味不明のリアクション。
王子の前に辿り着いた時には、手に何も持っておらず(既に渡してあるからな。/笑)間が持たなくなって握手をして頂き、握手が終わったら帰らなくちゃいけない雰囲気…?(いや、私が勝手にそう思っただけなんですが…)半ば呆然としつつステージに背を向けた瞬間、あ…あのー!さっきの箱の中にはですねー!!結構気合入れて選んだチョーカーとかー!!!みたいな事を叫びたい気持ちになったけど時既に遅し…。バカバカ、自分のバカー!!!(T△T)

謁見を終えて、続いては王子&姫カルトクイズ。イベント満喫グッズにあったA〜Dの札を使って姫と王子のマニアックな質問に答えていきます。勝ち残ると、勲章?がもらえて、王子&姫とのスリーショット写真を撮ってもらえる。勝ち残った方は満面の笑顔で!!(笑)
このクイズ、最初は簡単なんだけど、途中からとにかく難しくなってくるんです!!(笑)姫の一問目「姫の兄弟は何人?」というクイズだったのですが、選択肢の一つに「弟がいると思い込んでいるだけで、実は一人っ子」っていうのがあって笑いました(爆)。ワタシは2問目くらい?で敗退。(姫が不良少女になりたかったとは知らなかったよ…)
まぁ姫はともかく。ともかく!!王子のカルトクイズはそこそこ行っておかないとマズイ!!(何となくプライド。/笑)と意気込んで臨んだのですが、これも3問目くらいで敗退…。オレンジジュースに賭けたのに…_| ̄|○ ←コーラだった(笑)。
王子後半の問題は凄い難易度高かったです。でも声優を目指すきっかけの作品とかは知っていたのにー!!!(既に敗退した後の問題。/笑)終いには学生時代のアダ名は何だとか昔飼っていたペットの名前は何だとか(笑)国民からは「知らないよ〜!」と悲鳴も上がった難問です。確か最後は誰も当たらなくて(笑)直前まで残っていた人がジャンケンで争っていたような。あそこまで残った彼らは勇者、勇者でしたっ!!!(敗北。)

更にここで隣国の王子と姫が到着(笑)。ゲストコーナーということで楠田敏之さんと木村亜希子さんがいらっしゃいました。ライブとかで何回か見たことある人たちだよ…(お二人のライブに王子がゲスト出演してたり。)そして木村亜希子さんはケンタきゅんだよ!!!(≧▽≦)/ トークの中でケンタきゅんとウエストが出てきた。あのウエストのケンタきゅんに対する必死さったら…歴史に残る感じだったんですよ?(ケンタきゅんの為だけに頑張る。その贔屓ぶりと言ったら、番組中他キャラクターにからかわれるくらい。/笑)
ゲストのお二人と、Matsu-Ragiチームとでジェスチャークイズを実施。答えるのはステージ上の2組で、ジェスチャーをするのはMatsu-Ragi王国の執事・近衛連隊長・大臣と各々ペアに指名された(これまた拒否権なし)国民。え?メイド頭のユッコフ???彼女は出題担当です。…ユッコフが出題ですよ?!どんな問題出されるのか、恐ろしいです!!!(笑)

1問目の執事アサミールとペアの方に出された問題は「ウルトラマンと仮面ライダーがフォークダンス」というお題。これはアサミールもペアを組んだ国民の方も鮮やかなポージングで(笑)一発正解出てました。
2問目は近衛連隊長ウラタレフとペアの方。ウラタレフ「何で(ペアを組む相手が)女の子じゃないんだよー!!」それはキミと組んだ人も言いたかっただろうよ…(笑)。問題は「お酒を飲んで酔っ払ったMatsu-Ragi」でした。綿密に打ち合わせをした結果、何とか正解まで辿り着いてました(笑)。
3問目は大臣ハナタレフとペアの方。問題は「昨日ケンカをしてネタができないアンガールズ」ユッコフ!!ユッコフすげーよ!!!(爆)ハナタレフが異常にアンガールズに似ててビックリした(爆)。何だろう?もう声からして相当に似てるんだよね(笑)。ステージ上からは即「アンガールズ」が出てきたのですが、何をしているのかが伝わらず…最後は大臣逆ギレして終わった…(笑)。

それからMatsu-Ragiのお二人+ゲストのお二人、4人で一曲。楠田さんは歌の他にトロンボーンを演奏するという。音の調整?をするから、と背を向けた楠田さん。トークをする3人。〜♪〜♪〜♪〜…ミッキーマウスマーチですかっ?!Σ( ̄□ ̄; ←ネズミ様関連には敏感(笑)。 アイツ…ヤルな!(←ゲストをアイツ呼ばわり。/笑)
曲は『世界中の誰よりきっと』でした。懐かしいね…(遠い目)。全体を広く見るのよ自分!!って心のどこかで思いつつも、王子しか見てませんでした。スイマセンでした…(死)。王子と楠田さんは途中、それぞれ違う歌詞を歌っていた(爆)。王子日記での申告によると、王子が間違えたらしい…(笑)。楠田さんも途中でトロンボーンの音を間違え?(そういえば妙な音が??)ちょうど歌わないパートに入っていた王子と顔を見合わせて「間違えた!」的な表情をしていた。何だか爽やかな男子校の光景みたいだった…(男子校?!)

ゲストのお二人が去った後は、国民からの質問コーナー。こ…このコーナーのこと、すっかり抜けてました。どこでサムゲタンの話が出たのか、ずっと悩んでいたのです!!(サムゲタンだけは覚えていた。/笑)
このコーナーは事前(参加申込み時)に王子と姫への質問を国民から集めてあり、それを王子・姫がそれぞれ番号の書いてある紙を引いて、当たった人の質問に答えるという企画です。

では。サムゲタンとは何ぞやっていうトコロからですね(笑)。王子に対する質問で、確か「姫が作った手料理の中で一番美味しかったものは?」という質問があったんです。コレに対する王子の答えが、オエ隊新年会で披露されたサムゲタン風スープ。(炊飯器で作ったらしいよ!)まぁ、ここまでは普通ですよ。ところが王子、このサムゲタンを評していわく「ホントに肉がトロトロで、やらしかっ……何ですと???やらしかった?アナタ今まさにそう仰いましたね?!(笑)この王子の「肉がトロトロでやらしい」発言についてはその場で「これは絶対レポートに書かなくてはー!!!」と思ったのです。だから覚えてた(笑)。そうそう、この質問コーナーでの話だったんですよね〜。

他には、王子が今までにした一番可愛い服装は?みたいな質問もあったはず。王子がメイド服を着たという(笑)伝説の話について触れられていました。姫いわく「ゲームの主人公みたいな…あるじゃない?メイドの中に間違えて入っちゃった、みたいな…」大臣「本当は男の子なのに、っていう?(笑)」ああ、ありがちー!!!(美少女ゲームの設定としては定番。/笑)
「可愛いんだよ?!可愛いんだけど…何か明らかに違う…。立ってても足開いてるし…。」そ…それは何ていうか、一部派閥(ワタシたちのような)にとっては大変に「萌え〜☆」な感じですねっ?!(鼻息)
おおぉぉぉぉ…妄想しただけでも可愛いぜ!!!(どんな妄想かお見せできず、残念です。/笑)

あと…姫への質問は…確か「田舎と都会どっちに住みたい?」っていうのがあったと思います。姫はずっと都会暮らしなので田舎に住むのは無理だろうって言ってました。大臣「コンビニまで2分じゃないとダメなんだろ。隣の家まで200メートルとかは(笑)。」大臣も言ってたけど、田舎は田舎で良いところもあります。静かだし…静かだし…(それ以外ないのか。/笑)でも、都会と田舎どっちに住みたいかって言われたら悩む…かなり悩みます。だってライブに行ったりするにはどう考えたって都内が便利だもん!!お店だって映画館だって沢山あるしさ〜。地下鉄の駅のそばに住みたい。そして終電2時くらい希望。(そんな路線はない。/笑)
姫への質問かどうか怪しいですが、姫は王子に「ビュッフェ形式の店で茶色いものばかり取ってくるのをやめて欲しい」と言ってた(笑)。野菜とか取らないらしい。「もっと栄養を考えて!」みたいに怒られてた(笑)。

あとは…何か…もう2〜3個ずつあったと思うんですが…。。。そもそもコーナーの存在を忘れていたりなんかして…。
えーと、え〜〜〜と…。。。

『リーダーはよく働いてました(棒読み)』←切り札(笑)。

そしていよいよ!ライブコーナーでございます!!!それまで司会進行していた大臣ハナタレフ、帰ろうとするところを姫に引き止められる。「アンケートでね、『18』を歌って欲しいっていうリクエストが沢山あって…」リクエストした人偉い(笑)。ステージ上から姫「(『18』は)女の子3人で歌う曲なのね。」と説明。「オレこの格好だぞ?!」と嫌がる大臣をなだめすかして(笑)王子、姫、大臣による伝説の『18』。
凄い…笑っちゃいけないとは思わなかったけど(もはや我慢する気なし。/笑)大変にキョーレツな1曲でした(笑)。心なしかクリスマスイベントよりもダンスが小慣れていたような…?(笑)ちなみに、今回は台詞の部分、王子よりも大臣が先。大臣のところは大爆笑だったけど王子のところは(多分今回のイベント用にアレンジされてた?)何か爽やかでカッコイイ仕上がりになってました。(具体的な台詞覚えてなくてスイマセン…)

笑いやら歓声やらに包まれて『18』が終了した後は大臣退席。王子と姫による本当の(笑)ライブコーナーへ。1曲目は『小さな冒険』でした。Matsu-RagiのCDに入っている3曲の中で、ワタシはナマで聞いたことが無かった曲。(ライブに行けなかったから…。/涙)絶対1回ナマで聞きたいと思っていた曲なので、凄く嬉しかったです(*^^*) 今考えると、王子を見上げていた時の自分の顔は人に見せられない顔だったような気がします…(妄想小説を考えている時と同じ顔。/笑)み…見たヤツは石に変えてやるぞ!!!(威嚇)
王子が一旦ステージから下がって、姫のソロ曲。「私は一人で歌いたくないって言ったのですが…」と言っていましたが『スマイルループ』という曲はステキな曲でした。鉄道むすめ?の曲とか言っていたので、もっとベタに萌え〜な曲かと思いきや…普通にイイ曲でした(笑)。

そして…王子が一旦下がった時、何か衣装チェンジでもしてるんじゃないかと勘ぐってみましたが…(笑)。イントロ3秒で立ち上がらなかったワタシを皆は褒めるべき!!(爆)誰よりも早く分かった自信ある、その前奏は『WHITE BREATH』!!!来てしまいました…夢の瞬間が…(T^T)
ケープと王冠を外し、身軽になった王子は階段から駆け下りてきた!いやっほう!!王子ーーー!!!!(≧▽≦)ノシ という気持ちを抑えて、冷静に(笑)。今日はイタい子になっちゃダメだ自分!!「足元ご注意」とかも思わず息を吸い込んじゃいましたけど(笑)やりませんでしたよ!(通常、ライブでは客席が担当するパートなのです。/笑)
王子はフォーラムでの西川サマよろしく、客席へ駆け下りてきました(西川サマは花道に行くだけですが。/笑)王子に真隣で歌われた女性がメロメロになっていた。王子…恐ろしい子!!!こんな時、他の人を掻き分けて近づいたり、椅子の上に立ってはいけません。怪我するよ!!!(大きなアザをこしらえた前科あり。/笑)
でも全編に渡ってさりげなく一緒に歌ってみた(笑)。西川ファンだからな…大体歌詞覚えてるし(それでも「大体」なのか。/笑)

王子で西川ソング、という夢を叶えてみました。あと15曲くらい聴きたい気持ち(ライブ1本分だろ。/笑)だったのですが、そうも行かず。
姫が戻ってきて、再び二人になります。王子「Mastu-Ragiの曲の中でも…一番人気のある…」息も絶え絶えですが大丈夫ですか?(激しく歌って動いた直後です。/笑)そう、Mastu-Ragiの曲で一番元気な曲と言えばコレ。『いつも二人で』です。すごく可愛い曲なんです、歌っている時の王子が萌えなんです!!!(邪念なく聴けないのか自分。/笑)さっきまで間違いなく息切れしていたのに(笑)曲に入ると王子は楽々歌っていた。どういう仕組みなのか答えてもらおう!!!

更には『ポラリス』まで披露。Matsu-Ragi二人バージョンというのは聞いたの初めて…のはず。(王子一人バージョンはライブや昨年の誕生日会で聴いた事が♪)最後の「ラララ〜♪」の部分は国民も参加。アンコールですか?Light my Fireみたいなノリっていうんですか?(西川ネタ。/笑)そんな雰囲気になってました。
お誕生日を祝うイベントのはずなんですが、王子の歌(もちろん姫の歌も)をこれだけ聴くことができて幸せでした…(゜дÅ) 本来何らかのプレゼントをしたいところなのに、貰ってばっかりでした(笑)。

一通り歌ったところで、問題の(笑)Matsu-Ragiの二人はどれだけ息が合ってないかクイズです。10個の質問にマツ兄さんとラギ姉さんが答えて、同じ答えが何個出るかっていう企画です。国民達はお二人の息の合い具合を事前に予測。希望的観測で7〜9くらい当たるんじゃないの?としてみたのですが…結果としては2個くらいしか当たらなかった(笑)。さすがに全部の質問を覚えてはいないのですが、一番最初の段階で「カレーにはソース?しょうゆ?」という問いに王子「どっちもかけない時はどうしたらいいの?」…王子!それを言っちゃ…!!!Σ( ̄□ ̄; 仮にかけるとしたら、で回答した結果、王子がソース・姫しょうゆ。王子「カツカレーの場合はカツにソースでしょ?!」「カレーにはしょうゆかけるじゃない!」まだコロッケにソースかしょうゆかを問うた方が一致しやすかったのかも…(笑)。
数少ない一致した答え…「焼肉といえば?」の問いに姫「しょうがないなぁ〜」と言いつつ合わせて「ユッケ」の回答(笑)。更に「浦田優といえば?」に王子「これは国民の皆でやっても合うと思うよ(笑)」という訳で「ボンバヘ」の回答。…恐らく…この2個しか一致してなかったような…。。。

当たるだろうと思っていた「ニンジンを食べる動物といえば?」に、姫は「ウサギ」王子「ウマ」…何故?!そこで食い違う…?!(笑)二人の様子を見ていた執事やメイド頭が「まず、書いてる時の画数が違う(笑)」とか言っていた(笑)。別に可愛いと思われたくて言うんじゃないですが(笑)ワタシの考える回答はどちらかというと姫と同じものが多かったです。ニンジン食べるのはウサギだよね?!(まぁ、ウマも食べますが…)
「祭り(屋台)で食べるものといえば?」には王子「焼きとうもろこし」「あんず飴」王子は焼きとうもろこし定番と言っていました。た…たこ焼きかじゃがバターじゃないですか…?(どっちとも合わず。/笑)アサミールから「おにぎりの定番といえば?」という質問も出されましたが姫は「うめ」王子「鮭」でこれも一致せず…。

そして衝撃…というか新たなオトコマエ伝説だな、と思ったのは「お風呂に入ったらドコを最初に洗う?」という問い。姫「顔」王子「首」これ、男の子に質問したならまだしも(笑)女の子に質問してるですよ。姫「だって、メイクどうするの?!」そう、女性の場合メイクを落とさないといけないのでイヤでも顔を最初に洗わねばならん、という人が多いハズなのです。ディープクレンジングオイル(byDHC)は濡れた手で使えないからな!(笑)
しかし王子「メイクは…髪の毛を洗った後に…」姫、ステージ上から国民(女子)を見渡し「違う?皆メイクからじゃない???」この日集まった国民は割合的に女性より男性が多かった気がしますが、中央寄りに集まった女性陣(恐らく、体格差の関係で身体の大きな男性は外側の配置だったんだと思う。)は皆姫の言葉に頷いていた。…ワタシもメイクが何より先だ…(お風呂場に入る直前、洗面所で落としている場合もある。)
きっと王子はパーフェクトオイル(だっけ?資生堂の。)とか濡れ手で使えるメイク落とし派なんだろうな(笑)。
予想正解数を当てた人は記念のストラップ(だったかな…?)をゲットしていました。当たった方はオメデトウございました。

で、このコーナーの最後に執事アサミールからの極秘指令を実行する時が!!!Matsu-Ragi結成一周年を記念して、王宮内の皆さんがサプライズプレゼントを用意していたのです!お二人の似顔絵が描かれた色紙と、王子には赤、姫にはピンクのバラ100本!!!すげー!!100本貰ったことない!!!(…30本なら貰ったことが。/笑)
そして、皆で声を合わせて「Matsu-Ragi一周年オメデトウ!!」と言ってみました。(アサミールからの指令はコレだった。)国民達はそれしかしてないのですが(^^;)その瞬間の王子と姫の顔ったら…!素でビックリ顔になってました(笑)。あの表情を見られただけで嬉しくなりました!

王子と姫から最後の挨拶があり(ここは参加者特典とさせて下さい。m(_ _)m)最後の曲は『星屑-友情-』でした。何に満足ってアナタ、このレポートよく見てください!(式次第にあるセットリストでもいいんだけど。/笑)Matsu-RagiCDの曲、3曲全部ナマで聴けてるですよ!!!お買い得!!お買い得すぎるぜ誕生日イベント!!!((o(≧▽≦)o))
またニヤニヤしながら王子と姫を見た。ニヤニヤ中の顔は見たものを石に変えます、ヨロシク。(何が?)

大臣による閉会の辞をもって、Matsu-Ragi王国の王子と姫お誕生日祝賀会終了。最後の「家に帰るまでが誕生日会です。」っていう校長先生みたいな台詞が好きでした。やりやがるな、鼻!!(笑)
「本当はお見送りさせて頂く予定だったのですが、時間が押してまして…」と言っていた大臣でしたが、国民たちのアツい眼差しに負けて(?)「王子、姫、ちょっと顔出して!」と言ってくれました。ああ見えてイイヤツ(笑)。
本当はライブ会場の床に寝転がって「イヤだーー!!帰らないーー!!!」とか手足バタバタさせようかと思ったのですが(笑)大臣辺りに蹴り出されると思って辞めておきました。仕方なく、王子と姫の笑顔に見送られて王国を去ることに。

司会進行とかいつもはMatsu-Ragiの二人に任せっきりのトコロを(笑)頑張ってこなしていた大臣。開会前のオーダー取りに始まり、クイズコーナーの出題でも活躍した(しかもイベント前にビール1本引っ掛けていたらしい…)メイド頭。「ぷち」だったけど(しかも衣装自前らしい。/笑)サプライズとか頑張っていた執事。ニヤニヤ笑いながら(笑)運動会のお父さんよろしくカメラを回していた近衛連隊長。そして、受付からドリンクオーダーから細部に渡ってご活躍のメイドさんたち。
そして、今回も夢と希望を与えてくれた王子と姫!!ワタシの中でミッキー様とミニー様みたいな存在になっています!(相当なリスペクト具合。/笑)準備段階とか、ホントのところまた寝ないで頑張っちゃったんじゃないかと(笑)想像に難くないお二人ですが…そのお二人の作り出す世界で国民は何だか団結してみたりして(笑)楽しく過ごしました。

また、こんな素敵なイベントがあるといいな〜…なんて思いつつ。お疲れ様でした。

X Home X

inserted by FC2 system