「爆烈天使」感想文

X Home X

と、いう訳で「爆烈天使」の第14話、「ワイルド・キッズ」に出てきたチャーリーのレポートでございます。全体的にセピア色っぽい感じでお送りします(笑)。

当然ながら(と、自慢気に言う事ではないんですが)番組自体見るのは初めてのアタクシ。オープニングから小洒落た感じの曲で宜しいんじゃないでしょうか?(笑)
と、そこへ小さな女の子を連れた男の子登場。「ホラ、行くぞ!」唐突にさち様声で喋り始めて見とれた(笑)さっさとメモを取れ自分!!!(レポートを作る時は、どの番組も必ずメモを片手にビデオを見るんですよ〜?意外とマジメに取り組んでるでしょ?/笑)「世話焼かせんなって。分かんねーのかよ?アイツは天使でも何でもねーよ。それに、生きてるか死んでるのかも分からねーし。」女の子(シャーリーという名前)は水路(?)に浮かんでいた人が気になっているみたいですが、余計な事には拘りたくない雰囲気の少年、チャーリー(笑)。「さ、バスに戻るぞ。」っていうからてっきり旅行者なのかと思いました(違ったらしい。/笑)
しかしシャーリーは譲らず、近くにあったロープを川に投げ込んで…「オイ、やめろって!いい加減にしろよ!」…チャーリーを見て浮かんでる人を指差した(何気に命令されてる?/爆)「何でオレが助けなきゃなんねーんだよ?(怒)」ご尤もです。お気持ちお察しします(笑)。「オレたちには他人の面倒を見てやる余裕も力もねーんだよ!」「いつも姉ちゃんに言われてるだろ、仲間意外は何があっても放っとけって!」この台詞でふーん、お姉ちゃんもいるんだ〜…なんて普通の姉弟関係を想像していた。(←まだ旅行者だと思っている。/笑)「ったく…」と文句を言いつつ振り返ったチャーリーの視線の先で、シャーリーは自らロープを使って川へ降りようとしていました…。「だからヤメロっつの!!!」ああ、そのツッコミが気持ちイイ(笑)。何となく「来たぞ〜〜〜〜〜〜ッ!!!!」って叫びたいキモチになりました(笑)。
自力で救助を試みていたシャーリーは案の定ロープ1本で自分を支えきれなくて転落してしまいます…「うわ〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!!」チャーリー必死の形相(笑)。そしてシャーリーを抱えて、ロープを掴むという離れ業で危機一髪。カッコイイぞチャーリー!(笑)「だ…大丈夫か〜?じっとしてろ、今引っ張り上げるからな…」「オイ、シャーリー大人しくしてろ!」シャーリーは川に浮かんでいた人を天使だと思ったらしいのですが…コノヒト男?女??(まずそれが謎。/笑)

町の中、強面の男性からバッグの置き引きをした女の子二人はまんまと仕事をこなしてアジトに戻ってきました。これが、バス。そうか、旅行者じゃなかったんだ…(ここで気付いた。/笑)中で待っていたチャーリーとシャーリー。「お!お帰り姉ちゃん、ドロシー!」姉貴分がGETしたバッグを見て「へー、上手くやったじゃん。この前オレと組んだ時にはドジったのに…」えー、そのドジった原因は彼が犬のウ*コを踏んでコケたからだそうです(爆)。更に周りにいたツアー客に助けられ、挙句その後泣いたらしい(笑)。ああ、そういうキャラ大切!!!(笑)可愛らしい〜〜〜〜ッ!!!!(発病)「ナンだよ、オレの所為かよ…。」アンタの所為じゃなかったのか、みたいな事を言われて「チガウよ〜」とか言ってた。今すぐテイクアウトで宜しく!(止まれ自分。/笑)
何やら大事そうにされていたバッグの中身。期待が膨らむところですが…「何コレ?」あまり大したものは入ってなさそうですが…ピストルが1つ。「おお!見ろよこれ!!すんげー、弾入ってんじゃん。」そして古そうな人形も入っていました。「あれ、随分くたびれてるな…。シャーリー、ホラ!」と人形を投げてやるチャーリー。人形はともかくとして、問題はピストルです。これがあればもっと大きな事ができる、とお姉ちゃんは言うのですが…「オレは反対!強盗なんて悪者のすることじゃん!!」もう何も言わない、ヨメに来い!(誤)

しかし先ほどから何かを隠している風情のチャーリー&シャーリー。布を被ったモノが微妙に動いてます(笑)。「あ、何でもない、何でもないよ〜?」シャーリーに兄貴風吹かせる事もあれば姉ちゃんは怖いらしい、そんな微妙な立場のチャーリーってオイシイよな!(笑)一生懸命ごまかしますが、ついに布の下に隠していたモノが見つかってしまいます。「浮いてたんだよ、フリーウェイの下の川で…」という訳で結局シャーリーに負けて(笑)謎の人物を拾ってきてしまったチャーリー(笑)。
そこへ、なにやら得体の知れない侵入者(怪力)が登場。シャーリーが拾った謎の人物(どうやらジョウという名前らしい。)を攻撃し始めます。「何だアイツ、人間?」「どーする?」とか何とか言っているウチに、ピンチに陥ったジョウを助けるべく、シャーリーが出て行ってしまいます。当然ながら、あっけなく弾き飛ばされるシャーリー。「シャーリー?!大丈夫か?この〜!!姉ちゃん銃貸してくれよ!シャーリーの仇を討つんだ!!」こういう時の行動力はサスガ男の子(笑)。しかし、銃を使うまでもなく今までやられ放題だったジョウが唐突に反撃開始。しかもかなり強くて、あっという間に敵を倒してしまいました(笑)。シャーリーが持っていた天使の本を拾い上げたジョウ。後ろから「それ、シャーリーのだぞ。返せよ。」って言ってるチャーリーが可愛い(笑)。

別の場所に移動した一同。どうやらジョウは記憶がないらしい。(便器上、文章中ではもう名前を使ってますが、名前も忘れた、とか言ってました。)そんなジョウにチャーリーは「なぁなぁ、さっき戦った時すっごいワザ使ってたよな?あれってカラテ?それともカンフー?」と興味津々(笑)。でも、本人はボンヤリ(笑)。更にチャーリーは「そうか!オマエひょっとして地球に来た時宇宙船が墜落して記憶を失くしたんだろー?んで、オレ達のバスを襲って来たアイツが政府から派遣された殺人サイボーグなんだ!なッ?そーだろッ?!」そんな嬉しそうに「なッ?」とか言われても困るんですけど…この「なッ?そーだろッ?!」には非常にトキメいた(笑)。チャーリーが言っているコレはテレビの話そのままなんだそうです。まぁ、自分の頭の中だけでソコまでのストーリー立てちゃう子供も嫌だしな…(オタク決定だろ。/笑)

一応話の流れを入れておきますと、バッグを盗まれた強面はどうやら凶悪犯ではなく警察官。だから銃も入っていました。くたびれた人形は恐らく娘さんのもの…娘さんや奥さんがどうなったのかっていうのは、まぁ後生大事に人形を持っている所から推測するとして。
んで、「悪者のお金を強盗すれば正義の味方」っていう(笑)結構な理論でビデオ屋さんの売上金を狙ったチャーリーたち。援護をジョウに頼みます。「とにかく、オレ達が危なくなったら相手をぶっ飛ばしてくれりゃーイイんだよ。昨日のヤツみたいにさ。」準備万端、早速店内に踏み込んだ姉ちゃん&チャーリー。しかし新入り(笑)はビデオに興味津々(笑)。「オマエ何やってんだよぉ!(怒)」ナイスツッコミ(笑)。しかし、ピンボケなようでも戦闘能力は本物でした。銃をぶっ放して騒ぎは大きくなるばかり…お金は1ドルも取れませんでした…。
姉ちゃんは新入りジョウを仲間からはずそうとするのですが、シャーリーが嫌がります。チャーリーも「頼むよ姉ちゃん、こいつも仲間に入れてやってよ。オレやシャーリーと一緒で、一人じゃ生きて行けねーんだよ。」もう一人の女の子、ドロシーも仲間に入れてやって欲しいと頼んで、仲間入りする事に。平和になりかけたその時、またしても謎の敵が登場。しかも明らかにヒトではないモノに…形が変わりましたが…(笑)。ド派手な戦闘が繰り広げられる中、子供たちは建物から退避すべく階段を下っていましたが、姉ちゃんことメグだけは立ち止まります。「姉ちゃん、どーしたんだよ?」ジョウに加勢すると言って戻っていくメグ。チャーリー・シャーリーとドロシーはそのまま外にいた警察官(バッグを盗まれた人)に保護されますが、ジョウとメグはそのまま姿を消してしまいます。「姉ちゃんとアイツ、どこ行っちゃったのかな…。」実はすぐ近くにいたりしたんですが(笑)。メグが自分といるよりはオジさんに預けた方が子供たちの為になるだろう、と判断したのでした。そして、ジョウとメグのコンビが結成された…って、この人達が主人公だったのか?!(今気付くな。/笑)

まぁ、ワタクシとしてはなかなかグッと来る少年キャラで、しかも最後は警察官のオジサンに保護されてそれなりに幸せになりそう、という事で大満足でした。…ところで、ジョウって男?女??(どうでもイイけど。/笑)

X Home X

inserted by FC2 system