「ももんがTIME”」BackNumber

X Home X

第1回OA(2003/10/04)

第1回っていうのは「ツーダッシュ」になってからの第1回ってコトで…。っつーかここで改めて断るのもナンなんですけど、副題にもある通り全体的にさち様ベースで行きます。さちファンだから、当然だから(強気。/笑)

オープニングで小さい頃に夢見てた、なんていう振りがあった次の瞬間、それはやってきた。 「絶対なるぜ!合体ロボットのパイロット!!!」いや、もうなったじゃん(笑)。あ、でもウエストって「合体ロボットのパイロット」っていうより「合体ロボットそのもの」?!(爆)と出だしからツッコミ気味で(すいません、ラジオだとツッコミ厳しめになる傾向があります、アタシ。/笑)聴いていました。
まずは菅原祥子さんから番組リニューアルについて説明。リスナーの近況をハガキやメールで募集する…というそれでどう番組を組み立てるのか割と不思議な…(素人考え)。コーナーとしては「お気に入りリサーチ」というお題に対する意見をリスナーから募集するコーナーと「声優喫茶ももんが」という声優さんをゲストに呼ぶコーナーと、「勝手に思い出再現劇場」なるコーナーがあるらしい。ほほぅ…。そして、リニューアルの目玉、と紹介されて我らがさち様登場でございます!!「松本さちで〜〜す♪」ああ、ライブのMCと同じだ…(もっと違うコメントないのか。/笑)どうですか?なんて話を振られて「えー…ラジオですよね?」ラジオです、間違いなく(笑)。「公共の電波に乗るなんて何年ぶり…」なんていうコメントもしていましたが、TVという公共の電波に乗るだけでなく、ついこの春まで新聞のテレビ欄にまで「松本さち」という名前を出していたのはこの人です(笑)。でも、ラジオパーソナリティは前に1回あった時以来?でしょうか…。出身地京都での放送なので「両親も喜んでます」とか言ってました(笑)。
ワタクシ的に初めて聴くこの番組なのですが、実は6年も続くご長寿番組なのだそうで…。ビックリした(笑)。さち様も「6年なんですね?!」「そんな伝統ある番組に私なんかが…。」と驚いたりビビったりしていました(笑)。「普段は関西弁なんですよ〜」という話になりまして。そういえばライブのMCはバリバリの関西弁ですな。菅原さんが「つられてエセ関西弁喋っても許してね」って言った直後、間髪入れずに「許さない。(←キッパリ)」っていうのがとてもステキでした(笑)。本当は全然オッケーだそうです(笑)。

で。早速ですが「お気に入りリサーチ」のコーナー。ジングルで唐突に「お気に入りリサーーーーチ!!!!」というオトコマエな声を披露して下さったさち様に敬礼(爆)。「10月のお題は、初めて自分のお金で買ったゲーム」だそうです。初回なのでパーソナリティ各自のエピソードを披露。菅原さんは自分で買ったというより既にそこにあった、という感じらしく(笑)さち様いわく「そこにあるから山を登る、みたいな(笑)。山男!」カッコエエ(笑)。発想が既にオトコマエだ(笑)。菅原さんの「がちゃん、がちゃん…っていう…。」ゲームはパズルゲームのようなものなんでしょうか…?(笑)さち様自分で購入のゲームは「去年、自分が出たゲーム」そう!そうですよ!!(笑)西川さんもやってました!!(そしてそのことを先日西川さん本人に伝える事ができた模様!オメデトウございます〜〜〜vv)「ゼルダの伝説〜風のタクト〜っていう…」そうですね。リンクでしたね!「嬉しくてゲームキューブも買いました。」ハードから買うとは…。しかし、アタシもよく考えたら自分でハードから買ってるケースが多いような…。PS1もPS2も買ったなァ、自分で(笑)。更にさち様「お母さんにもプレゼントしました(笑)。」何でもお母さんがゲーム好きらしいです。ウチのお母さんは機械全般がどうにもダメでゲームとか全く無理なので(笑)ゲームするお母さんもいるのね〜、なんて(笑)。人間って自分の家族を基準に考えてるって本当みたいですね(笑)。そして菅原さん「台詞聴きたい〜〜vv」とナイス振り!!アタシも聴きたい〜〜〜vvv(熱望)しかし、「台詞はないんです(笑)」え、そうなの?(笑)「リアクションの声」だけで海外版とかもさち様の声なんだそうです。「だから、木から落ちても『アイタ!』とか言っちゃダメで『アウチ!』みたいな…(笑)」そ、それは本当ですか?(笑)万国共通のリアクションっていうのも難しいですな(笑)。さち様は声優さんとして初めての仕事もゲームの声だったそうで、お店に置いてあるような「お菓子を取るゲーム機で『当たり!!』とかいう」モノだったんですって。菅原さんの初ゲームは推理ゲームでスナックのママだそうです。それもスゴイ(笑)。菅原さんとさち様はゲームで2回共演していて…というか「共演自体が2つだけ(笑)」だそうです。声優の世界ってのも広いのね…。やはりお店においてあるゲームの声を当てた事があるそうで、その商品名をついにさち様が思い出してました。「ラクロスチャイムって言うんですよ(笑)。」いいですね、聞いただけではどんなモンだか予想がつかなくて素敵です(笑)。どうやらサンリオの商品らしいけど…。

後半入ります。インターネットは3分割されているんで聞きながらレポート打つ事ができて便利ですね(笑)。でも!それ故に最後まで聞かずにレポートを書くので(笑)ここへ来て皺寄せが来るんです(爆)。
「声優喫茶ももんが」のコーナーはゲストがさち様(笑)。自己紹介など挟んでいました。ニックネームは、という所で「松っちゃん、さち、さっちゃん…さち王子」と最後に聞き慣れた響きがやって参りました(笑)。ネット上ではさち王子で飛び回っています、との事。「結構、ね…役で男の子が多いので」「アニキ!みたいに見られがち」なさち様も実は「女性っぽい、そんなに男っぽくない」部分もあるそうです。でも、スカートは1つも持ってないらしい(ライブMCによると。/笑)昔、KBS京都でパーソナリティやってたんだよね、という話がココで出てきました!(笑)思い出した「ネクストミュージック」っていう番組!(前半でボンヤリ書いてごまかしたツケが、今ここに!/笑)出演作品の紹介では「電光超特急ヒカリアン」「うちゅう人田中太郎」が挙がっていました。ウチにレポート完備しておりますのでご関心の方はどうぞ!(爆)女の子役は?という話ででてきたのは「プリンセス・チュチュ」「ぴけ」ぴけ役に決まった時「男の子役だと思っていた(笑)」というエピソードも披露されていました(笑)。
「勝手に思い出劇場」はリスナーから映画やゲームの名場面を募集してこれを勝手に再現するというシロモノらしい。しかも例えそれがイメージと違っても「責任は負いません!」断言する所がステキです(笑)。ここで重要なのは「オリジナル、創作OK!!」というトコロなんです。無理だと思いつつ、無駄だと思いつつ、一体どうしたらさち様に「オズマなんか大ッキライだーッ!!!!」って言ってもらえるのか、もの凄い真剣に考えた(爆)。誰かいいテを思いついた方はぜひご一報下さい。「聖獣は置いて行っただろ?」でもいい。(でもいい、じゃねーだろ。/笑)今週の思い出劇場はスタッフさん(?)からのリクエストで菅原さんが演じた「ときめきメモリアル」の女の子(スイマセン、名前覚えてなくて)の台詞で「約束したじゃない」っていうモノでした。リクエスト文を読んでいる時のさち様が言った「約束したじゃない」が結構好きだった(爆)。自分で「ブチ壊しですよね、サキちゃん(字は知らない…)のイメージ(笑)。ゴメンナサイ」って言った台詞が文字で打つと分からないんだけどイントネーションが間違いなく関西でステキでした(笑)。どうでしょう?コレがありなら「チビって言うな〜〜〜〜〜ッ!!!!」とか「セクハラって言うんだぞ、オイラ知ってるんだぞ!!」もアリじゃ…(ナシです、いい加減にしろ。/笑)オズマ様の部分は菅原さんに新境地を開拓していただくとか(笑)、もしくは「声優喫茶ももんが」で甲斐田さんを召喚するっていうのはどうでしょうね?(死ね、自分。/笑)

エンディングでは 「言いたいことがまとまらず…」なんて言っていたさち様。その割にはナイスコメント多かったです(爆)。お便り募集していましたが、抽選で3名様にアニメイト商品券が当たるらしい。仮にハガキが採用されて万が一当たったとしても使わないよな、アニメイト商品券…(爆)。しかし、そうなるとスポンサーはアニメイトか?難しいなァ…(スポンサー心をくすぐるネタで高倍率を突破しようと企んでいたオトナ約1名。/笑)

第2回OA(2003/10/11)

第2回OAです。OPから非常にテンション高めのさち様。一体何が…?(笑)ハガキやメールを紹介して行ったのですが、「NEXTMUSIC」以来ですね、という内容に「さようでございます。」と言った一言がなんだかステキ(微妙ツボ。/笑)菅原さんに王子は謙虚だ、と指摘され「ネコ被ってるかも〜(笑)」さち様本場ツッコミ(堀町タカシ以上。/爆)が入るのはいつの日か…。「ボケてくださーい(笑)」って言ってました。菅原さんはボケキャラなのか…(何となくそんな気はしていたが…。/笑)空を見上げる事がよくある、なんていうロマンチストさんからの投稿にさち様「私もよく空を見てました。」何故?(まず聞こう。/笑)何でも「メガネに憧れてまして〜。」視力検査でわざと「見えません、分かりませ〜ん」とかいいつつ医者に通っていたらしい。お医者さんの勧めで空を見ていたんだそうな。…いやちょっと待て(笑)。つまり目を良くしたかったのか悪くしたかったのかどっちだ?!(爆)目を悪くするには暗がりの読書と夜中のゲーム三昧ですが…(笑)空見てたら良くなるよな、目…。と考えていたら、さち様「結局メガネはかけられませんでした。」まぁ、空を見ていたんだから…(笑)。今でも視力は良いのだそうです。「裸眼で1.5とか。」…それはまた驚異的な…(裸眼で0.03のモモコ。/爆)
小学生くらいまではマトモな視力があったので、視力検査で一番上のでっかい輪が見えないってのはアホだと思ってたんですが…いやぁ、実際見えなくなるもんだね(笑)。あんまり悪くなりすぎて今や存在しているかどうかの確認すら怪しいです、0.1の輪(苦笑)。ああ、アレだけでも見えれば大分ラクなのになぁ…。

そして「お気に入りリサーチ」のコーナー。初めて買ったゲームがテーマでしたが。最初に紹介されたのがゲームウォッチ。さち様「懐かしい〜ゲームウォッチ!」菅原さんが持っていたのは「ミッキーマウスの、りんごが落ちてくるヤツ」で何か得体の知れない(笑)効果音つきの説明でした(笑)。さち様「また擬音で語ってるよ(笑)。」そんなさち様のゲームウォッチは「ミッキーマウスで、卵が落ちてくるの。」似たようなゲームかな、という話をしていたらふと菅原さんが「でも腕時計だと…」え、腕時計?!(笑)さち様もすかさず「腕時計じゃないと思う(笑)。」「根本から間違ってる!(笑)」と大ウケでした(笑)。そして今日の一言。「単純なゲームほどハマるんですよ。」なかなかにゲーマーな発言でございます、王子(笑)。
あとは、ファミコンの計算ゲーム(そんなのあったっけ??)を親に「算数の計算テストで100点取るから」と約束して買ったという話もありました。1回だけ100点取ったそうです。「1回だけなんだ(笑)。」いくつくらいのテストか分かりませんが、小学生の頃は結構100点とかあったよねぇ…(笑)。そこから菅原さんが計算機の早打ちが得意、という話をしてまして。さち様も得意らしい。「特技に書けるくらい得意。」って言ってました。羨ましい…。キーボードは人並みなんですが、テンキー弱いんですよ、マジで(笑)。「計算機の方が動きについてこられないことあるよね(笑)。」そんな状態、体験したことがありません(常に計算機に待ってもらってる。/笑)
あとは、ゲーセンの台、ゲームの基盤(この字でいいのか?)を買ったという人がいました。一体それがどういうシロモノなのか全く想像が付きません…(笑)。ダブルさちも想像つかない感じでしたが、とにかくゲーセンの機械を家に持ってきちゃったんだ、みたいな結論に(笑)。「100円入れなくてもできちゃう。」おお、そうか…(笑)。クレーンゲームの中身だけ欲しいんですけど、どうにかならない?(笑)

「声優喫茶ももんが」は先週に引き続きさち様ゲスト。思い出のアニメやゲームについて語る、という趣向になってました。さち様思い出のアニメは「デビルマンとか。」…え?どうして?(割と不思議な感じ。/笑)さち様のおうちはいわゆる共働きで、お母さんが出かけている間は「TVは見ないようにしよう、という決まりがあった」んだそうです。しかし、さち様とお兄さんは「ナイショやで〜」と言いながらコッソリデビルマンの再放送を見ていたんだそうです。「そしたら、帰ってこないはずのお母さんが帰ってきて怒られたという思い出が…(笑)。」どうして帰ってくるんでしょうね、帰ってこないはずのお母さんとか、帰ってこないはずのマリアムとか(それはチガウ。/爆)菅原さんが「デビルマンは怖いイメージがあった」と言うと「体緑色やからー…。」そう、確かに緑色。そして菅原さんも言っていたけど、彼はいい人なのか悪い人なのかよく分からないのだ…。さち様いわく「本当は悪い人だったんだけど、人間の女の子に恋をしてイイヒトになった」ようだ…。そんな深い事情(?)があったんだね…。
そしてこれはアタシも大得意な分野です(笑)さち様「自分の出た番組なんだけど…」と断りつつ「うちゅう人田中太郎」を挙げていました。「音響監督が千葉繁さんで、台本に書いてある通りにやらなくていいから…ムシロやるな」という感じだったんだそうです。アフレコ時の映像も「だいたい線画じゃないですか。」アニメ界の事情をサクッと表現(笑)。しかし「田中太郎はオールカラーで。」ほほう…それは画期的なコトなんですかね?(当然事情は知らぬ素人。)画も出来上がってることだし、「イキナリ本番をやりたい」という千葉さんの夢があったらしい。それは…どうなんでしょう?(笑)普段、通常の状態で声優さんが何回くらい練習(?)をするのか分からない…いやでもよく言う「リハーサル」とかはあるんだろうな、それが普通なんだろうな…。昔むかし(笑)、アニメ雑誌で読んだ時は確か、1回画を見てリハーサルが2回あって本番、とか書いてあったかな〜?(遠い記憶なので確かではありません。/笑)ま、とにかく。イキナリ本番っていうのをマジでやったらしいです。実際やるところが凄い、田中太郎(爆)。画を1回見て、本番だったんだそうです。で、結果「ぶっつけ本番の方が皆間違えない。」のだそうで。なんだか凄いなぁ…アタシならその緊張感だけで倒れますけど。(意外と気が小さい。/笑)さち様いわく「話も面白いし、度胸もついた」作品だそうです。確かに、面白かったです。どんどんどんどんタカシが脱いでいくっていう…(爆)。一部オネーサマ方にはタマラナイ感じに仕上がってましたしね(笑)。「一部オネーサマ」がどんな反応を示したかはレポートログでどうぞ…(オマエかよ!/爆)

「思い出再現劇場」「まいっちんぐマチコ先生」の名台詞、でした。そんなアニメがあったようななかったような…(遠い記憶)。でもさち様の 「(マチコ先生の声は)吉田理保子さんだよね。」という一言には「そうだったのか〜〜〜ッ!!!」っていう感じでした(笑)。菅原さんの「まいっちんぐ」に大爆笑したさち様「エコー大目で。」とオーダーした上での「まいっちんぐ」は少年キャライメージの強い私にはチガウ意味で非常にツボな感じに…(爆)。短く終わったこのコーナーですが、何と(私の聞き間違いでなければ。/笑)「妄想して送って下さい!」とか言われていて…送りてぇ!!!!(妄想一直線)
しかし、殆どのリスナーが男性であろう中、唐突にベイブレードとか持ち出してもなぁ…(どうしてもユスフ小説の夢を捨てられないらしい。/笑)しかも自分で考えました、っていうのがちょっと恥ずかしいじゃん?(笑)再現だったらTVシリーズであった、オズマ様「行くぞ!」ユスフ「ハイハイ♪」なんだけど、それはビデオで見ればイイ訳で…。ああ、どうせならあれとかこれとか…ぐはッ!!!!(←自分で脳内アテレコしてダメージを受けました。/笑)今週も葛藤の続くモモコですが、もう暫く様子を見る事にします…。誰か、さりげなく再現劇場にリクエストする方法を考えてください。お願いします(爆)。

エンディングはハガキ、メール募集の告知のみでサクッと終わりました。来週もさち様のツッコミに期待(笑)。

X Home X

inserted by FC2 system