「ももんがTIME”」BackNumber

X Home X

第47回OA(2004/8/20)

冒頭はお盆が終わった、という話になっていました。そうです、夏コミも終わりました(笑)。「プール行って来ましたよ〜」というさち様。としまえんのプールに行ったらしい。懐かしいな、としまえん…(大昔に行った事が…)今は相当変わっているんだろうなと思ったら「スライダーが何本もある」んだそうです。知らない、そんなとしまえん(爆)。8月16日に行ったというさち様「まだお盆休み中だったんですかね〜」結構混んでいたらしいです。ちなみに丁度さち様が行った一週間後くらいに(笑)ウチの妹が行った時も混んでたらしいです。海は苦手だけど…「プールは大丈夫、足着くから(笑)」というさち様。タイミングを逃して夏らしい行事(?)をしていないらしい菅原さんに「まだまだ夏はありますからね」と言っていました。そう、世の中はまだ暑い。夏コミ終わったけどな(←夏の風物詩。/笑)

OPハガキで声がステキと書かれたお二人、菅原さんが唐突に「ブーブー!」とか言い出してさち様「イキナリ鳴かれたからビックリした(笑)」菅原さんは豚もおだてりゃ木に登る、と言いたかったらしい。セミを捕まえられるか、というネタ振りに全然大丈夫という菅原さん。「うぇ〜ホントに?」「マジッすか?」というリアクションから予想できる通り(笑)さち様は「とてもとても…虫がダメなんですね。」「昔は大丈夫だった」との事で、「うなじに昆虫が止まってた」事もあったらしいのですが(笑)今は「色とかがキレイな事が怖い…。」すいません、怖いの基準がよく分からないんですが…(笑)。先週の海といい、何だか不思議な理由で怖いものがあるさち様。自分でも「人とは違うトコに怖さを見つけてしまうのですが…」とコメントしてました。友達の家に遊びに行って部屋にセミが乱入した時も「友達を部屋に残して逃げ出した」のだそうです。まさにワタシのカミナリ嫌いと同じくらい嫌いっぽい(笑)。
高校野球のネタには 「いいですね、高校野球」「心打たれますよね」と菅原さんと二人、球児の姿に感心しきり。ワタシは毎年自分の嫌いな県(=嫌いな客が多い県)の代表校が勝たないように必死で祈っています(笑)。北海道優勝良かったね♪(北海道はスキだったらしい。/笑)同じくスポーツネタでオリンピックの話もあり。「明け方まで見ちゃいますよ!」と言ってました。ワタシは夏コミ明けの寝不足を「オリンピック見ちゃって…」という理由にしてました。ありがとう、オリンピック…(笑)。

お気に入りリサーチは「これなら私もオリンピック級」ですが、最初の投稿は駅員と車掌の真似、というものでした。さち様、京王線が得意だという記述に対して「少年役が得意です、みたいな感じで京王線が得意なのか(笑)。」ワタシは「少年役が得意です」っていう人の方がスキですけどね!ビバ!少年!!(謎の気合い。/笑)菅原さんがその真似をどこで披露するんだろう、というと「会社のかくし芸大会とか…(笑)」職場の人、見飽きてますね(笑)。更に「民鉄」という表現にも触れて「昔は国鉄・民鉄っていう言い方をしたらしいですけど…」「業界用語なんですよね。」要するに鉄道マニアって事…?(チガウだろ。/笑)
あとは何か…腕に長い毛が生えてるとかっていうネタもありました(笑)。「腕に6.5センチ…白髪ですよ(笑)」しかし、さち様のお友達にもそういうのを所有(?)している人がいたらしい。お友達の話によれば「宝毛、って言うらしくて…」「きっと大事にすると幸せを呼び込んでくれますよ。」ちなみにそのお友達、その「宝毛」を抜いたら違うところから生えてきたらしい。さち様は「その人にとって必要な毛なんでしょうね(笑)」「1本生えとかなアカン毛なんでしょうね(笑)、大切にして下さい。」とかなり笑いながらコメント(笑)。生えとかなアカン毛って…そんな…(爆)。
それから持ちネタが多いっていう人もいました。羨ましい限りだ(笑)。「ラジオに投稿して読まれる頻度って…難しいですよね。」というさち様は菅原さんにどこに出してるの?と聞かれて「西川貴教さんの…(笑)」いやさち様、オールナイトは普通の人間じゃ読まれません(笑)。ありゃもう物凄い競争率ですよ…(多分)。「ハガキ職人さんって、マジで面白いの。」「まだまだ及ばないな、と思って。」一時期オールナイトを(西川さんだけじゃなく、あの時間帯の色々を、ね。)聞きまくっていた妹いわく、ハガキ職人はそのまま構成作家になるような人もいるんだそうな。彼らはもうカリスマらしいッスよ…。
そして、コーナーの最後には来月のお題も発表。「恒例、ひと夏の思い出!」だ、そうです。さち様「恒例なんですか、これ?」菅原さんいわく、徐々にネタが尽きてきているらしい…?(笑)とにかく、夏は苦しかったですね!やっぱりもう夏コミ前と当日が一番苦しかったし楽しかった(笑)。

声優喫茶ももんがは割愛(笑)、エンディングも投稿先の告知のみでした。

第48回OA(2004/8/27)

今週はちょっと色々気になることがあるんですけど…(笑)。とりあえず冒頭のメールから気がかり。非常に砕けた文面で「私の会社は連休ないんだ〜お盆どっか行った〜?」という内容のもの。同じ名前の同じ文面で(笑)ワタシのメルアドにも届いてました(爆)。知り合いに該当する名前がいなかったことと、仮にどこかで接点があったとしても唐突に砕けすぎた文書を送ってくるヤツはその時点で知らない人に降格なので(笑)ワタシは瞬間抹消していましたが…もしかしたら何かのイタズラメール(?)なのかもね。HP公開用のアドレスなんて、ホント色んなの来ますからね〜。全文英語ってのも全文漢字(中国語?)っていのも届いて、ワケ分からないです。そうかと思えば美少女の写真がどうとかいうのも来たり…美少女要らないんで、美少年お願いします!!実写の美少年より二次元美少年がいいです!ユスフとかユスフとかユスフとか!!!(かなり危険。/笑)
まぁとにかく冒頭はお盆休みの話題になったのですがさち様「コミケとかあったんでしょ?」さすが、最近は声優さんでも知ってるんだな〜。有名になったな、コミケ…(涙)。
そのコミケで菅原さんの本を売ったという人の投稿もありました。さち様「コミケで売ってたんですね。」菅原さん「売れてるーーーッ?!」何でもその「菅原さん本」は用語辞典のようになっていて「マ行に私の名前が載っているハズ!!!」とさち様。素晴らしいですね(笑)。大阪でのSCCは8/21・22あたりだったかと思いますが…「もう終わっちゃった…?」おお、スケジュールもバッチリ(笑)。でもやっぱりこういう風に同人ヤロウを受け入れてくれる声優さんって有難い…。漫画家でも小説家でも、ウェルカムな人と毛嫌いっていうくらい嫌いな人と、結構極端だったりするので…課税対象になるくらい儲かってるサークルでもない限りは広い心で対応して頂けると有難い…。これも愛情表現の一つなのよ…。(課税対象になり始めたら叩いて頂いて結構です。儲ける権利はオリジナルにある。/笑)

そして、ここからがモンダイだ(笑)。あまりの重要な問題ぶりに段落分けちゃいましたよ(爆)。もうどんな内容だったかもよく覚えてないくらい衝撃だったその投稿は、何をカンチガイしてかさち様の事を「鈴木さちさん」と書いていたようだ。何のアニメに出てるか知らないので…って当たりめーだ、鈴木さちなんていう声優はいねーんだからなッ!どっかで見たらそりゃマボロシだ、マボロシ!!(攻撃的です。/笑)思わずさち様も「鈴木さちさんとゆー声優さんはいません(苦笑)」「ビックリした(笑)」そりゃビックリですわ、目からウロコですわ(笑)。「松本さちさんはですね…(笑)」と出演作品を紹介したのですが、現在OA中の「ズッコケ3人組」に触れてハカセをやっています、というと菅原さんが「ハカセで何か喋ってv」と言っていた。菅原さんナイス振り!!!(喜)しかしさち様は唐突な振りに「そんなん言われるの恥ずかしいんですけど…(笑)」気持ちは分かる(よーな気がする)が、是が非でもお願いしたい。「ハチベエ君?」って(爆)。もう一言でいい、「ハチベエ君?」って!!!!(しつこいよ。/笑)
結局そのまま話題が流れてうやむやになり(笑)夢の「ハチベエ君?」はマボロシと消えた…(笑)。

気を取り直して「お気に入りリサーチ」は今月最後の「これなら私もオリンピック級」です。筆圧が高い、という投稿にさち様は「これ分かりますよ。チカラ入れちゃうんですよ…」と共感。「HBじゃモノ足りない(笑)」そうで、シャープペンとかも「2Bとかが一番いい」と仰ってました。ワタシは自分で筆圧が高いのか低いのかよく分からないのですが(少なくともミリペンの先を潰したりとはかしない程度。/笑)でもシャープペンの芯は「HB」嫌いですね。硬いんで…。やっぱり「B」「2B」でお願いしたい。美術部時代はデッサン用の6Bとか持ってたなぁ…(笑)。
菅原さんはゴルフの打ちっぱなしの話をしていて、やっぱり上手く力が抜けないとダメ、みたいな話をしていました。さち様も「オリンピックでもチカラ入ってますねー、とか言われてましたよね(笑)」と一言。そう、リキんではいけないのだ。常にユルく!!!ユルめ!ユルければ!!!(微妙な三段活用/笑)
あとは外人から笑いをとった、というネタもありました。「日本語で笑いを取ったって事ですね。」現地の言葉で笑いを取る、というのは「テレビの企画でやってましたけどね〜。」という話が出たのですが…さち様は「本当に通じてんのかな?愛想笑いとか…」とさりげなく辛口コメントも出してました(笑)。菅原さんはさち様を笑わせようとするとスベるかもしれない、と言ってました。さち様「いや、自然のままで笑けますよ?(笑)」ステキ…ステキすぎ(笑)。
あとはマジックっていうのもありました。さち様「予言ってどういうことッ?!」と興味津々。菅原さんにカードの番号当てるとか、と言われて「あ、そーゆー事ね」「これからアナタは…」っていう予言かと思ったらしい。それはマジックでなく占い(笑)。「マジック全然できないんで…」「やったことない」というさち様は「小学生の時のかくし芸とかでも…」チャレンジした事はないらしい。ってゆーかムシロ、小学生のかくし芸って…?(笑)
ホンモノ(プロ)のマジックを見たら感動するかも、という話をしていたさち様。「タネを見破ろうという気力もないので、単に驚く(笑)。とってもいいお客さん」なんだそうです(笑)。随分前に同期と飲みに行った時、お店の専属マジシャン(?)が各テーブルを周って手品を披露するというのがありました。周ってくるまでは「くだらねーの見せられたらリアクションに困る」とか「タネが分かっちゃったらどうしよう」とか(笑)悪い意味での心配をしていたのですが、イザ目の前で見せられるとウチら大盛り上がり、かなりのリアクション王でした。相当にイイお客さんだったと思います(笑)。テレビでやってる「接待マジック」はホント凄い思うけど。技術的なモンは分かりませんけど、ネタの流れっていうか、構成がスゴイ上手いと思う。(結構スキ。/笑)
来月9月のお題は「恒例、ひと夏の思い出」だそうです。夏コミ以外の思い出って…?(笑)

声優喫茶ももんがは、まぁ…そんな感じで(笑)。エンディングも投稿の宛先告知でサクッと終わりました。

X Home X

inserted by FC2 system