「ももんがTIME”」BackNumber

X Home X

第107回OA(2005/10/16)

連休も終わっちゃったね、という所で連休中の活動状況などを。菅原さんはお家をリフォームしたらしい。舞台とかやってるとペンキ塗ったりするのが上達するらしい…そうなのか…?(笑)「粗大ゴミが出て、清掃工場まで行ったりきたり」と大忙しのリフォームだったらしいのですが、菅原さんは清掃工場の仕組み(?)に感動していた。「いつでも受け入れてくれて、車ごと目方を量るのね。」で、振り分けされて捨てにいくらしい。「係のオジサンが投げ入れるんだけど、穴の中に投げ入れると音が聞こえない」…どんだけ深いのか、もしくは下がふかふかしているか…(笑)。親切なおじさん達の対応に「分別はちゃんとしよう!」と心に決めた菅原さん。
さち様はというと 「何をやってたかな〜?」一週間前のことなので忘れてしまったようだ…(笑)。「10日はいのりさんのライブに行きました。」「12月のファンタジック・チルドレンイベントのゲストに…」そうなんですよね…今やファンの間ではチケットが取れるのかどうだかって戦々恐々としてますよ…。。。せめて1日2回まわしとか…(儚い希望…。)いのりさんは「トークもやってましたよ」との事。その日はいのりさんの「誕生日当日で、客席でケーキ出して…」「アットホームなライブでした。」との事。…取れるのか、12月…!!(少なくともケンタでバイトしてる人は来られないハズだから、その分競争率は下がるぞ!あとZeppOsaka行く人も!/笑)

で、投稿ネタは衣替え。学生さんは10月1日付ですね。ワタクシは衣替えが趣味だから秋物(薄手)の衣替えを既に1回、この後「軽いセーター系」へのチェンジと「ガッツリ冬物チェンジ」少なくとも年内2回はありそうです(笑)。セーラー服をあまり見かけない、という菅原さん。さち様「私も見ないですね。」菅原さん「そういう時間帯に電車乗らないからかな…」通学といえば大体七時から八時の間。田舎の社会人が9時開始の会社に行くのよりちょっと遅いくらいです。さち様、その時間帯は…「寝てるかな、私は(笑)」そりゃ見ないハズだ(笑)。
その後制服の話になり… 「ウチはずっとブレザーでした。」確かさち様の制服ネタって聞いたことある…緑色の印象…(笑)。「中学紺で、高校緑。」菅原さんも前に1回話が出たよね、みたいな事を言っていた。ワタシの記憶は正しかった…!(何となく勝ち誇る。/笑)「ネギ校って言われてた。」そうそう、そんな感じだった!(笑)しかしそのネギ色制服は「ちょうど卒業してから変わった…」らしい。今はカワイイ制服になっているそうな。服装チェックとか厳しかった?という菅原さんに「そうでもない…シャツも学校指定の着ていった事ないし…」「スカートさえ履いてたら上は何でもOK」だったらしい。割とアバウト(笑)。
菅原さんも中高とブレザーだったそうで、「難しいの、説明が…」「ボタンでもチャックでもない…」どうやら一番上のみをホックで止めて、あとは止める箇所がない感じみたいです。「カワイイっぽい!」とはさち様。スカート丈は…「まだ短くなかった、その時代は…(笑)」分かります、床上2センチとかの世界ですよね!(笑)短いブームが来るだなんて予想してなかったあの時代ですよ!(爆)
しかし制服というのもある意味期間限定モノ。「そういう時しか着られないんでね…ウチらの職業は…。」「コスプレしかないですもんね(笑)」そうですね…(笑)。最近はごく普通の会社でも制服を用意している所は少ないみたいです。元(笑)務めていた会社もワタシが入社した頃は制服があったのですが、いつの間にかなくなっていました。ワタシ、制服とかめちゃくちゃ似合うのにな〜(恐ろしいくらいに似合います、制服とかスーツとか。/笑)

そしてお気に入りリサーチは「ギリギリセーフ」です。健康診断で色々ギリだったという方の投稿が。「健康診断ってなかなか受けないですね〜」というさち様は「高校以来受けてないです。」との事。…それは…そろそろ受けた方が…(爆)。受けて何か見つかると怖い、とか言っていたのですが菅原さんにも薦められていました。見た目は健康体に見えるさち様、実は「そうでもないんですよね、ボロボロなんです。」「老朽化してるんで…」ワタシはライブの翌日に健康診断を受けて貧血の低血圧のコレステロールが不足して(多いんじゃなくて、足りない。/笑)血小板も減ってるとか言われた。大変な消耗具合でした。恐るべし、西川ライブ…。菅原さんは内臓を全部取り出して洗いたい、とか言い出した。「そういうことができればね〜(笑)」内臓を洗うよりも脂肪を取り出したい、最近の私です(笑)。
あとは財布の中身を確認せずに買い物してギリギリだった人(笑)。「あと26円!!」厳しい…(笑)。そういうことある?と問われたさち様「ないですね〜。」「出かける前にちゃんと計算する人なんで…」端々で「邪魔くさい」とか言って(笑)大雑把に見えるさち様、実は慎重派さん。「1円でも財布にしまいます、道で見つけても…」「届けましょうね…。」ま、ぶっちゃけ、端数だとお巡りさんも困るらしいので(笑)ジュースが買えるくらいならイイみたいよ?気になるならコンビニの募金箱に入れちゃうとか。
番組を聞く為の目覚ましをセットしていてセーフという方も。確かOAは日曜22時。寝てるのか?!と思いきやトゥームレイダーとかっていう記述があり…「アレですよ、日曜洋画劇場。」「映画ド真ん中」確かに、ちょっとのつもりで裏番組を見ていて本命を逃すことは考えられる(笑)。特に映画、怖い(笑)。アラームのお陰で防げた訳ですな。。。しかし「トゥームレイダーはどうしたんでしょうね?」ララが勝ちました(映画館でも見ましたよ〜。「2」より「1」の方が面白いような…。)
さち様も 「昼ドラでね、デザイナーっていうのにハマってるんですよ。」「(放送が)月〜金なので時々見逃して…地団駄踏んでます。」昼ドラ…あまり見たことが…。。。

後半の投稿ネタでは俳句を作ってください、とか来てた(笑)。俳句といえば…「季語を入れなアカンのですね…」「そんな高尚な事はできなかった…」でも、「無季」とか「超季」っていうのもあるらしいよ?(豆知識。)そんなこんなでさち様の俳句は「新発見!京都育ちの京都旅行」さち様は地元にいた頃、京都にあまり感心がなかったようなのですが、離れてみて旅行なんかしちゃうと「古きよき京都を知りまして…」「(地元だと)分かんないんですよ。」「旅館とかに泊まって(京都の)良さが分かりました」との事。菅原さんは俳句ではなく短歌になっていました。けど、季語はちゃんと入っていた(笑)。「イイカンジでしたね、二人とも…自画自賛」いや、大切なことですよ、自画自賛(笑)。ワタシは俳句といえば高柳重信ですね!(笑)大学の文献で扱ってかなり好みでした…とくに初期の作品。各々の本は神保町とかにいかないと見られないかな…(笑)。
就職活動中の方からも投稿がありました。内定が決まるまで投稿しないという願掛けだったのに…未だ決まらず、投稿してしまっている現実(笑)。「送っちゃってるじゃないですか(笑)」菅原さんも「お百度参りの98回目だよ…」さち様「疲れちゃった、みたいな?」ワタシはこの「疲れちゃった」がツボだった(笑)。「願掛けにならないわよ。」とは言うものの「ハガキを読んだ事によってイイ運が回ってくる…」菅原さん「(他に沢山ある投稿の中から、この投稿を)選んでるんだもんね。」さち様「そう!それが言いたかった(笑)」物事は全て前向きに(笑)。
ワタシもね〜…就職厳しいと言われる中で最初に受けた会社からイキナリ内定っていう…(笑)トンチンカンな事態になったので(大学3年から4年に上がる時の春休みには内定を貰っていた。)なんだかその後の就職活動に力が入らなくてねぇ…だからヘンな会社入っちゃったんだよね〜…(辞めましたけど。/笑)決まらないのも困るけど、早く決まっちゃうっていうのも過ちのもと。

エンディングは投稿ハガキの送付先告知でサクッと終了です。

第108回OA(2005/10/23)

台風が接近中は天気が悪くて(?)まったりしていたという菅原さんにさち様「台風来てました?」台風だったんですよ、20号だったかな?「雨は降ってました、アレが台風の影響だったんですか?」だったんですよ。秋雨前線も活躍致しました、ええ(笑)。世間はぐっと涼しくなっているのに、さち様は「まだ長袖に移行してないんですよね…まだ半袖なんです。。」と言っていた。この寒いのに半袖?!元気だな〜…ワタシなんてもう既に2回長袖を出す衣替えをしましたよ…(一回目は秋の薄い長袖を出して、二回目は暖かい感じの長袖を出した。あともう1回、分厚いセーターを出す日もそう遠くない…。)ま、ワタシは衣替えが趣味ですからね!(衣替えしてから洋服を買いに行かないと同じよーな服をいくつも買ってしまう阿呆なので…。/笑)

で、OP投稿の1つ目は結婚式の引き出物でトースターをゲットしたという話。カタログ式の引き出物ですね。「アレが好きです!」荷物が少ないという点でワタシも推奨したい引き出物の一つです。重いわデカいわだとホントきつい(笑)。でもカタログ引き出物って主催する側は大変なんですよね〜。招待客がそれぞれの商品を発注して、その実費が請求として回ってくるんですよ。例えば「¥3,000の商品」と設定したとしても、カタログには¥3,000前後の商品が載る事になる。皆が¥2,500の商品を選んでくれれば当然予算より軽く済むのですが…世の中そんなに甘くない(笑)。大概目が肥えているので(笑)¥3,000以上のものを選んでくるんですね。そうすると、¥3,000X招待客人数で換算していた予算をどかーんとオーバーすることもあるらしい。ま、幸せなんだから金くらい払えって話だよな(笑)。結婚式に出るたび、ケッコンもできずオタク街道を歩み続ける不幸なワタシから、幸せな人へ何故金を渡すのかがフシギではあるんですけど…幸せのおすそ分けとかってないのか?(笑)
それはさておき(笑)。トースターから「プラ板」の話に。最近の若人は知ってるかな〜、プラ板(笑)。「ちっちゃい頃よく遊びませんでした?」「プラスチックの板に油性マジックで大きめに絵を描いて…」トースターで熱を加えると「キーホルダーになる」んですよ。いやぁ、ワタシが子供の頃なんて誰もがやってましたよ!(爆)加熱する前のシートはOHPシートくらいかな?熱を加えるとぐんぐん縮まって厚さが1ミリくらい出てきます。油性ペンであればカラーで描くことも可能。加熱した直後は「ぐしゃ!」ってなるけど、それで慌ててトースターを開けてはいけない(笑)。じっくり待てば全体が同じ比率で縮まるのです。(慌てて開けると熱が逃れて変形したままになってしまう。)充分に加熱し、取り出したら素早く平たいもので挟み込むとまっすぐに仕上がります(笑)。
菅原さん 「好きな人の名前書いたりとか…?」という発言に対してさち様の「そんなんキーホルダーにするんですか…?それはイヤ…(笑)」っていうのが好きでした(爆)。「冷ますとステキなキーホルダーになります!」プラ板は現在も販売されております。最新商品はインクジェットプリンタにも対応しちゃったりなんかして、パソコンから出力した画像をキーホルダーにもできます。かなり縮小される(また多少の歪みは出る)ので精密画には向きません。
あとは〜好きな本のジャンルは何ですか、という投稿が。「さちさん結構読みますもんね。」けれど菅原さんは「新刊は買わない」らしい。どこかでめぐり合った時に「欲しい!」と思ったら買うんですって。ワタシもハリポタに出会った時はそんな感じだったな〜…(最近かなり飽きてきた、ハリポタ。/笑)で、さち様はというと「私は〜本のジャンルって行ったらマンガっていう…」そうでしょうな(笑)。「最近では音楽モノが好きなんですよ。『のだめカンタービレ』」大変有名らしいのですが表紙しか見たことがありません…。あとは「ピアノの森」だそうです。さち様は両方とも「大好きです!」との事で「感動できるし笑えるし、面白い」との事。…マンガも(商業誌は。/笑)滅多に読まなくなった今日この頃…文庫で出ている「はらきよ」を集めるのが目下の楽しみです…(地味)。そんなさち様は「もっと活字を読まななーって思いました。」「妄想力を育てるには活字って大切。」…いや、おっしゃるのは恐らく「想像力」ですよね…(笑)。妄想力って、多分そんなに清らかなものじゃない…お二人は多分「妄想」を美しく捕らえすぎている!(爆)妄想力っていうのはロベルトの半パンで何週間生き延びられるか、みたいな(笑)そういうモノですよ!
しかして声優さんというお仕事には「想像力って必要ですよね」との事。「線画だったり…」絵のない状況でもあれだけヤラしくカッコ良く喋れるんだったらもう何も要らないです、ゴチソウサマです(笑)。

お気に入りリサーチは引き続き「ギリギリセーフ」です。消費期限がギリギリ、っていうネタがありました。いや、ギリギリだから安くなってるんだし…(笑)。さち様は何事もなかったように「ウチの冷蔵庫はあまり開けることがないので…」…え?(笑)「料理しないんで、開ける事がないんですね。」何だか凄い(笑)。そして「消費期限切れたのばっかりですね。」ま、サスガに野菜とかはきちんと入替えるらしいのですが、調味料関係は「使おうと思ったら去年のだった」なんて事が結構あるらしいです。…確かに一人暮らしでからしを使い切るとかは無理っぽい(笑)。菅原さんがさち様の家に遊びに行った時は冷蔵庫の中が飲み物でいっぱいだったらしい。「夏だったからね。」しかし冬場はあまり冷蔵庫が活用される機会もなく…けれど「冷凍食品食べるので(笑)」冷凍庫は活躍しているようです。
菅原さんは家で野菜作ってるだけあり(笑)、冷蔵庫の中も「どこに何が入ってるかちゃんと分かる」との事。「残り物で作れるんですよね。」本当に料理が上手な人っていうのはそういうモノらしいです。羨ましい…。「思いつくって凄いなーと思います。」「何にも思いつきゃしない(笑)。」料理面では限りなくさち様に近いワタシ(笑)。
テストの点数が悪かったけど最下位ではなかった、というセーフさんも(笑)。「赤点って懐かしい響き…」「赤点ギリギリでしたよ、アウトの時もセーフの時も…」菅原さんは赤点になったらどうなるの?とか聞いてました。さち様いわく「通信簿が『2』になったり…」普通とは一味チガウのでは?との事。さち様も補習や居残りにはなったことがなく、通信簿の「2」「なかった」との事。それは赤点ではないのでは…?
ワタシの学校での「赤点」の定義って100点満点の40点以下で、これだと単位が取れないっていうか…やっぱり補習なり課題提出なりが課せられたと思います、多分。いや、40点以下なんて大学受験の英語でしか取ったことがないからさ〜(一番肝心な所でアウトでした。/爆)

「声優喫茶ももんが」では「まちかどドレミ」でさち様とも共演していた岡野綾さん。え〜と、まぁ通常通り割愛って感じで(笑)。落ち着いた感じのお姉さんでした。

X Home X

inserted by FC2 system