ペンギンの問題 なおと君の記録

X Home X

2010年4月24日

「忍者の問題」…テストの問題、またはカンニングの問題でも良かったような気がしないでもない(笑)。
朝の通学風景で、「あーあ、今日テストかー…」とテンション低めのなおとさん。ユミちゃんも勉強してないので自信がない、と言っています。「へー、意外だなー。ユミちゃんもそんなことがあるんだ?」ユミちゃん…何か見せてはいけない顔になっていますが…「ユミちゃん…何か眠そうだね…。」これがなおとさんの優しさ(笑)。テストのためにこっそり徹夜で勉強なんてしてない、というユミちゃんですが…昔の(ワタシが小学生だった頃の)小学校のテストなんて特に勉強しなくても100点が取れたものでした。いい時代だった(笑)。

道の先には挙動不審なベッカム君。「ベッカム君、何してんの?」テストに備えて修行をしているんだそうです。「え?テストと関係なさそうだけど…」いわく、忍者になって素早い動きで他の人の回答を見る、と…。「それってカンニングだろ!!」うん、ちょっと萌えっとしたりしてない(笑)。
「大体そんな修行してたらテストに遅れちゃうよ!ね、ユミちゃん?」再び見てはならない顔のユミちゃんにガッカリしてるなおとさんが好きだった(笑)。元気出せ!(笑)

で、いよいよテストです。「まさかベッカム君、忍者の姿に…?」むしろテスト中にカバンを取り出す事自体がアレなんですが、そこは置いておくとしても何やらメモがびっしり書いてある洋服(ベッカム君着ぐるみ?)を取り出しました。「もー!テストは自分の力でやらなきゃダメだろ!」こんな台詞、ちょっと夢が広がりますよねー♪(学園モノとか。/笑)「こんなの許せるわけないだろ!完全にカンニングじゃ…」そう、なおとさんだってテスト中に大騒ぎしていれば先生には怒られる(笑)。
難しい問題は頭を使って考えろ、という先生のアドバイスも微妙な感じだが(笑)その一言でベッカム君がひらめいたらしい。「ベッカム君、テスト中は静かに…」なおとさん、もう放っておけばいいのに…(笑)。頭を使う、ということで頭を隣の席まで伸ばしているベッカム君。「ちょっと、ベッカム君!!」でも顔は定位置?にあります。「ベッカム君、隣の人のテスト覗いてたんじゃないの?」いわく、もっと違う使い方をしてた、と。「どんな使い方だよ!」伸ばした頭の先で鏡を持って映った内容を読み取る…「結局覗いてるじゃないか!!!」どうでもいいけど、隣の人の回答が合っているっていう保障はどこにあるんだ…?(笑)

なんだかんだでテストは終了。「ユミちゃん、実力を出し切ったって感じだなー。」実は半分寝ていたらしいけど。ま、早く終わって寝てるとか、アリだからね(笑)。一方で、酷い出来?に号泣しているベッカム君。テスト自体をなかったことにすると言い出します。「え、どうするの?」ズバリ、答案用紙を奪ってしまう、と。「えー?!そんなことしちゃマズイよー!」

「マツウラ先生!!」と職員室に飛び込んだなおとさん。「先生、気をつけて下さい!ベッカム君がテストの答案用紙を狙ってます!」「もしかしたらもう…どこだ、ベッカム君?!」分身の術、ということなんですが…「何かベッカム君、薄っぺらいんだけど…」事実だけど、ちょっと傷つく、その表現(笑)。「あれ?これってコピー?…ってことは…」コピー機に化けて?いたベッカム君。「何が分身の術だー!!」攻撃態勢に入ったなおとさんへ手裏剣(一応「忍者」というテーマを覚えてはいるらしい。)を投げますが、「手裏剣もコピーかよ…」なおとさんへのダメージを狙った次なる攻撃は…「これ、僕のテストの答案用紙じゃないか!」しかも13点て何だ。のび太やカツオじゃないんだぞ!(笑)教えてやるからウチに来い!(笑)
なおとさんの評判を落とす為にテストをバラ撒いたベッカム君ですが、突然それをやめます。「…どうしたの?」なおとさんの評判は既に地に落ちているから無駄なんですって。「言いたいことはそれだけかー?!」まぁ、言わせておきなよ(笑)。

結局答案用紙を奪うことはできず、先生に怒られて終了。「ベッカム君の所為で僕まで怒られちゃったよ…」更なる修行を積むと言い出したベッカム君。「ええ?!こんな所で巨大化しちゃダメだよ!」それ以前に、忍者に巨大化するっていう技はなかった気がするんだよね…。。。どうでもいいんだけど…(笑)。巨大化しかかっているベッカム君を、なおとさんが「えい!」って蹴り出すのは可愛かったのでヨシ!(笑)

2010年4月17日

「ペンどくさいの問題」だそうです。お掃除当番のなおとさん。モップがよくお似合い!(←褒めています。念のため。/笑)「あーあ、教室の掃除めんどくさいなぁ〜…」でも、ユミちゃんに声をかけられれば元気百倍(笑)。「うん!」って言ってる時の顔がちょっと可愛かった(笑)。
けれどベッカム君は全くヤル気なし。「掃除当番だろ!」モップで床を叩きつつ言っても動かず。「ベッカム君、ペンどくさいって何だよ!」まぁ敢えて意味は聞きませんが(笑)その説明も面倒らしい。最後はユミちゃんがぶっ飛ばした(何故かなおとさんも一緒に…酷い…)のは、この年頃の女の子の強さを表しています(笑)。

「ようやく掃除が終わった…帰るよベッカム君!」それでもまだグッタリ?しています。「今度は何だよ?!」帰るのが面倒なんだそうで。「どんだけ面倒くさがりなんだよ!!」ワタシなら帰るのは面倒じゃないな…逆に学校(会社)へ行くのが面倒って感じだよね…ホント、お金持ちになったらワタシ、絶対引きこもるんだから!(引きこもりって、お金がないと出来ない生活だよね…。/笑)
「ベッカム君、帰るよー!」律儀に引きずってでも帰ろうとするなおとさん。もう放置して先に帰りゃいいのに(ま、それやっちゃうと番組終わるんだけど。/笑)「ホラ、ベッカム君も靴はきなよ。」今度はその靴紐が面倒とのこと。「靴紐なんて結ぶだけじゃん。」「っていうかベッカム君の靴、靴紐ないじゃないかー!!!」…むしろそれ靴だったんだ?!(何か陶器を引きずるみたいな音してましたけど…?!)それってドナ●ドダック方式じゃん!(ある意味禁句。/笑)
更には自前のネタさえ面倒くさい。「すベッカムくらい面倒くさがるなー!!!」でも、何もかもが嫌になる時って…あるよね…それは分かる気がするよ(笑)。

道を歩くのもベッカム君を押しながらのなおとさん。「いい加減ちゃんと歩いてよー!!」こんな光景金曜日とかよく見るけど(笑)これを一般に優しさと呼ぶのだろうか…酔っ払いを引きずって歩くのを…???(凍えようが襲われようが、自分の手で酒を口に運んだ以上、酔っ払いは放置じゃないの…?/笑)
急に正気(?)に戻ったベッカム君。なおとさんに「気をつけて」と警告。「何だよ急に…」この先面倒な事が起こる予感なんですって。「どんな予感だよー!」ベッカム君の妄想については割愛します(笑)。この番組におけるアイドルってユミちゃんだけじゃなかったんだな…(笑)。そんなベッカム君に「おーい、どんな妄想すりゃそうなるんだー?っていうかちっとも面倒くさくないぞー?」ま、なおとさんには妄想のチカラを侮っていただきたくないワケですが(笑)、ベッカム君の話には続きがあって、娘の結婚式に出席する時、靴紐が面倒くさいってオチらしい。「結局靴紐の話かよ!!」ここでようやく「もうベッカム君には付き合いきれないよ、じゃあね!!」もう大分前にその台詞言っても良かったんだよ、なおとさん…(笑)。

そうこうしている中で何かをひらめいたベッカム君は教室にエアロバイク的な何かを設置。「…で、何これ?」説明がされるまえに先生がやってきて全員席へ。「あれ、ベッカム君?!」モーレツな勢いでペダルをこぐことにより、何やら大掛かりな機械を動かす模様。「ペンどくさいを代わりに言う機械」らしい。「それくらい自分で言えー!!!」その後も「ベッカム君もプリント前に回しなよ。」「ベッカム君、消しゴム貸してくれない?」ことあるごとに機械を稼動させて「ペンどくさい」と自己主張。最終的に「この機械漕ぐ方が面倒くさい」と。「気付くの遅すぎだろ!!」でも、良い運動になったっぽい(玉のような汗。/笑)
この後がまた色々カオスな感じで、ベッカム君が機械を壊した反動で吹っ飛ばされたなおとさん&ベッカム君、きれいに着地。何故かベッカム君の妄想に出てきたアイドルが本当に通りかかる。ペットの被害?に遭ったなおとさんにお詫びをするため住所を教えて欲しいと言われ、ベッカム君が書くことに。「何でベッカム君が書くんだよ…!」でも、見ず知らずの人に個人情報を安易に教えるってのはちょっとおススメしません(笑)。ベッカム君が書こうとしたボールペンのインクが出なくてこれまた「ペンどくさい」っていうところがオチだったようですが…まぁ、他にどうしろともいえないので(笑)そんな感じで…。

2010年4月10日

「エコロジーの問題」ということで。最近流行のエコ。クールビズ用のワイシャツを作るのに工場がフル稼働で二酸化炭素の排出量も増えて本末転倒だって噂の、あのエコ(爆)。「水道止めろー!冷蔵庫閉めろ!見てないテレビは消せ!!それがエコロジーだよ!!」ま、全体的に無駄遣いはなくす方向で。

OP明け、畑を耕しているベッカム君。「何してるの、ベッカム君?」彼は自然と共に生きる覚悟を決めたらしい。「まーそりゃ尤もだけど…」っていうなおとさんはホント大好きなんだけど(笑)自然と共に生きるってのをナメちゃいけない。そう簡単に自給自足とかできると思わない方がいい(笑)。
ベッカム君がとれたてのイチゴを分けてくれるそうですが…「わー、美味しそう!」「ありがとー!」なおとさんが貰ったものは「ピーマン、ネギ、カリフラワー…?」「って、何で僕にくれるのは野菜ばっかりなんだよ!!」単にベッカム君が野菜嫌いなんじゃないかと思ったけど、それはもっと先の話だった(笑)。野菜は栄養たっぷりなんだと怒られる。「そういうことじゃなくてー!」野菜に親しむ為、まずタネから育てろといわれます。無理矢理言わされてる感たっぷりの「エンジョイ…」に萌えっとした(笑)。

「早く芽が出るといいなー」種まきするなおとさんの背後で、早くも「出た」という声が。「いくらなんでも早すぎるってー。」「この目じゃなーい!!」ベッカム君は一体何なんだろう?(少なくともペンギンじゃないよね。/笑)「…ったくもー。」と水をまいていたなおとさんの足元で早速芽が。トトロ並の展開(笑)。「わー、キレー!」キレイかどうか若干微妙なそれは「ベッカム君…?」ここまではいつも通りだったけど、そのあとのなおとさん「何でも突っ込むと思うなよ?」す…素敵すぎ!!!(笑)
「そう、突っ込むところはソコじゃないんだ。もっと根本的なところで…それは、教室に畑を作るなー!!!」…だったらもっと早いタイミングで(笑)。「ほら、教室をこんなにしたから校長先生も怒ってるよ!」しかし校長先生はベッカム君の畑で収穫されるカツラを取りに来たらしい。「カツラの木って何だー?!」「校長先生のカツラって、ここで出来てたんだー…」んー、まぁ、どうでもいいけどね(カツラに関しては。/笑)

給食はベッカム君の育てた野菜メニュー。「あれ?ベッカム君食べないの?」やはりというか、野菜嫌いな彼はピザを注文。「学校でピザを頼むなー!!」頼めたら楽しそうだけれども(笑)。
と、唐突に悲鳴を上げるユミちゃん。「どうしたの、ユミちゃん?」畑にある井戸から何やら物音がするとの事。井戸を通じて宅配ピザ到着。「4丁目のキタカタさん…?」深いことは考えなくていい、そういう番組なんだと思う。
「一体この井戸どうなってるんだ?」覗き込んだなおとさんのポケットからシャープペンシル落下。「しまった、シャーペン落としちゃった!」と、井戸から同じものが2本飛び出す。「これは…僕のシャーペン2本戻ってきたぞ?もしかして…」と消しゴムを落としてみるなおとさん。「消しゴムも2個になった!この井戸に入れたものは何でも2つになって戻ってくるんだ!」ベッカム君やユミちゃんも色々なモノを投入して倍に増やす。誰もお金を投入しないところが偉い(笑)。「あ、ポール君、ポール君は何を入れるの?」自ら井戸に飛び込むチャレンジャー。「ポール君が二人になった!」これを見ていたベッカム君はどんどん自分を増やして行く。「僕以外全員ベッカム君になっちゃったー!」ベッカム君が増える=他の人がいなくなるっていう事にはならないはずだけど、そこらへんはアバウトにスルー。これぞオトナ対応(笑)。

「ただいまー。あーあ、ベッカム君だらけの学校は疲れるなー。テレビでも見よー…」きっとなおとさんはあちこちにツッコミ入れないといけなかったんだろうな…不憫だな…。。。しかしつけたテレビもまたベッカム君だらけ。「ワケ分かんないよ!!」更には家族もベッカム君に。「ベッカム君だらけの世界なんてイヤだー!神様、何とかして下さいー!!」最後が神頼みってのもアレな感じですが、ここまで来るともうオチは決まり(笑)。「もしかして神様ですか?!」「お願いです、どうか元通りの世界に直してください!!」その神様すらベッカム君だっていう、ね。

ベッカム君だらけの世界は来週になれば治ると思うので別に気にしていませんが、今日もあちこちで入ってきたアイキャッチになおとさんバージョンはやっぱり無かった…。ああ、心の傷が…(T△T)

2010年4月3日

「しゅうまいの問題」だそうです。出だしからカオスです(笑)。「おはよー!木下ベッカム君♪」そうか、4月から新しくデビュー?したお友達のために色々紹介的なところから始まるんだね!OPも変わってました。よりPOPな感じ?に。

そしてベッカム君は「転校してきたばかり」らしい…このノリで押すのか?と思った瞬間、なおとさんが「ベッカム君…転校してからズイブン経ってるよねー…」なおとさんも何度目だろうか、小学5年生の春(笑)。人気者の僕を羨ましがっている、というベッカム君に「はい?」そして「お前が気付けー!!!」どうやら今年はもう「カミナリ投げ」を復活させよう的な無駄な努力はしないらしい(笑)。「まったく、ベッカム君は…」って言ってる時のなおとさんの顔が可愛い。当初に比べると大分可愛くなったよねー。キャラ的にも落ち着いたっていうか、冷静なツッコミが増えてワタシは好きだ(笑)。
「なおと君が友達じゃないなんて生きてる意味がない」とまで思い詰めるベッカム君ですが、なおとさんは「もう怒ってないよ。キミにごペンなさいって言われたら、許すしかないよね。」…そ…そうですか?(割と許せない感じ。/笑)しかし、調子に乗ったベッカム君には「ベッカム君…ごペンなさいは何でも許してもらえる魔法の言葉…と思ったら大間違いだー!!!」ここらへん大切。子供たちが乱用して何でも許してもらえるだなんて甘い考えを持たないように、引き締める事が大切(笑)。

アイキャッチも新しくなったなー、なんて。この時点では暢気に見ていた(笑)。

「ベッカム君…凄いヨダレたらしてるけどどーしたの…?」そういうなおとさんは算数の教科書なんか開いちゃって(休み時間?なのに)どうしましたか?(笑)「新ギャグはイイから…」うん、そんな波長が大好きだ!今週も頂きました!!(笑)給食に予定されているシュウマイが楽しみすぎて、頭の中がシュウマイでいっぱいだというベッカム君。「大袈裟だなー。確かにシュウマイは美味しいけど…」そこで、ベッカム君の後頭部に設置されている取っ手を発見。「何だこれ?引き出しみたいだけど…ちょっと開けてみよっと。」既にこの番組にも慣れたなおとさん。相変わらずのチャレンジャーぶり(笑)。「シュウマイ?!」「頭の中がシュウマイでいっぱいって、そういう意味じゃないだろー!!」そういう意味だったら、ワタシの頭の中とか大変な騒ぎに(笑)。
そしてここでアイキャッチ。何とユミちゃん。当然ながらなおとさんバージョンに期待が過ぎる。悪夢の始まり(笑)。

「何だよ今度はー!ヘラヘラ笑って…」前日に読んだマンガの思い出し笑いだそうです。「マンガの事で頭がいっぱい…?ということは、もしかして!」「やっぱりマンガが入ってるー!!」「その中の引き出しどーなってんだよー!!」読んだのが13巻だったから?か、全部が13巻ってトコがベッカム君の記憶容量を物語っている気がして(笑)ちょっと切ない。
で、ここのアイキャッチはニセ美形こと森君(だったよな、確か。)殆ど嫌がらせ(笑)。

算数の授業が始まりまして、アテられるベッカム君。「頑張れ、ベッカム君!」というなおとさんの応援も虚しく苦戦しております。「そうだ!やっぱり入ってた!!」問題文にあったリンゴとミカン。「ベッカム君、これを並べて数えれば良いんだよ!」「うんうん、その調子その調子!!」が、シュウマイも頭から離れていなかったご様子。「何でそこでシュウマイが出てくんだよー!!」なおとさんはリンゴとミカンしか取り出してなかったのにな(笑)。
ここで担任のマツウラ先生に、その引き出しは?と尋ねられる。「えーと…コレは…」するとそこに「校長先生…?」引き出しを開けると「今度はカツラかよ!!」リスのマイケル君が引き出しを開けると(手の上に乗せてあげているなおとさんが可愛いので見て下さい。/笑)憧れのベッカム君マスコットが。「ちょっとこれ、欲しいものが何でも出てくる魔法の引き出しなの?!」ギャー!!!(≧▽≦) 緑色の生き物、緑色の生き物ー!!!(この表現だとカエルとか出てきそうだ。/笑)ケッコンしたい、と言ったマツウラ先生が引き出しを開けた時の「ムリ」って書いてある紙が切なかった…(笑)。

「すごいやベッカム君の引き出し!ホントに何でも出てくる!」そこに登場したのが「小林ジョニー君!」そうそう、彼の事も紹介しとかなきゃならん(笑)。コダワリの何とかを出せという話ですが…「またシュウマイかよ!」今日のなおとさんの突っ込みは三村調が多いな!(笑)
どうやらこのシュウマイはコダワリ素材で出来ているらしい。「すごいやベッカム君!合格したよ!!」…合格…?ジョニー君のコダワリに対して、ということか…?(よく見えません。/笑)
ここで最後のアイキャッチ。ポール君。…も…もう心が耐えられません…!!(蘇るトラウマ。/笑)なおとさんのアイキャッチ、作ってるよね?そのうち出るよね?!出ると言って!!!(T△T)

「あれ?ベッカム君、今度はオナカに引き出しが出来てるよ。またシュウマイ?」何か…箱庭的な家族が…。「もう…ワケ分かんないよ…」うん…でもそんななおとさんの波長がとっても萌えツボだ(笑)。
喉が渇かない?と聞かれて「今度は自動販売機?」「じゃあ、お言葉に甘えて…」って、ゴチになれるのかと思いきや、しっかり100円払ってる。どうせお金払うなら、ちゃんとした自販機使った方がイイんじゃないのか(笑)。「そんな所から出たホカホカのコーラ飲めるかー!!!」案の定酷い仕打ちに…100円返せ(100円といえど、オトナはお金には煩いですよ。苦労してるから。/笑)

色々お時間も迫っている頃ですが、一向に締まる気配が見えないまま(笑)新たなボタン。「このボタンは何?押してみるよ?」遠くでものっすごいカミナリが。「えー?!今のカミナリ、もしかしてこの脇のボタン?どうしよう、ベッカム君!!」また引き出しを開けろといわれます。「これを開ければイイんだね?」すると、多量の雲が。雨を降らせて火を消す?らしい。「凄いやベッカム君!!」しかし降って来たのはシュウマイで。「シュウマイで火が消せるかー!!!」まぁ確かにシュウマイの問題、かもしれないけど…新年度早々、シュールな感じでした(笑)。
なおとさんのアイキャッチ…あると良いなぁ…(涙)

X Home X

inserted by FC2 system