ペンギンの問題 なおと君の記録

X Home X

2010年6月26日

「スイッチの問題」だそうですー。

OP明けるとお風呂上りのなおとさん。もうちょっと髪がしんなりしてたら可愛かったのに(笑)。部屋の明かりをつけようとして何故かベッカム君がどんどん膨らんでくるという現象に。押しつぶされて気の毒ではあるけれども、「トリ臭すぎ!」っていうのも割と失礼(笑)。
結局リモコンが爆発?して終わるわけですが、「ビックリはこっちだよ!あぁ〜…スイッチ壊れちゃった…。」修理するというベッカム君。「え、直せるの?!」「凄いことになってきたぞ…」リモコン使えなくても、何か元のスイッチみたいなのないのか(笑)。「直ったの?!…ってデカ!」リモコンを押すためのシステムから構築した模様。リモコンだけでいいのに…。。。

早速稼働させてみるのですが…「あれ?消えないよベッカム君。」あれ?がちょっとマヌケですげー可愛い。死ぬかと思った(萌)。ボタンを連打するうちに…何だかなおとさんの色が(笑)薄くなってきました。「僕を消してどうするんだよー!」これで元に戻る、とベッカム君が取り出したのは空気入れ的な何か。「何でもいいから早く!僕がいなくなっちゃうよ!!」という訳で全力で空気注入。
「おお!もう少しだ!」勢いに乗ります。「やったやった、元に戻ったよ!ベッカム君もういいよ。」ここで止めないのがベッカム君の良い所(笑)。なおとさんは風船のようにどんどん膨らんでしまいました…ペチュニアおばさんのように…(byハリポタ。/笑)
「たすけて〜ベッカムく〜ん…!」早く元に戻していただかないと…ワタシのテンションが下がる!!!(どうでもいい。/笑)

どうやら元には戻らなかったらしく、膨らんだまま学校へ。先生にも見分けがつかない。服だっていつも通りなのに(笑)。「センセー僕だよ、なおとだよー」ふわふわニタニタしてるとか、散々な扱い。「酷いよ、ベッカム君の所為じゃないか!」ユミちゃんからは普段からふわふわニタニタしてるので問題ない、と暖かいコメント。「ユミちゃん、それ慰めてないよー。ああ、このまま元に戻らなかったらどうしよう…」
すると、ベッカム君が元に戻る為のスイッチを取り寄せてくれました。何でも、なおとさんのオシリに取り付けるらしい。「取り付けって…?」更にそのスイッチ、元には戻るけど、その後でベッカム君かなおとさんのどちらかがチクワになるというオプション装備つき。「チクワ?嫌だよそんなの!」と、まぁそんなわけで問答無用で装着。

風船の空気が抜けるかのごとく、色々あったけど最終的になおとさんの自宅前へ。「あ〜…やっと家に着いたよ。」身体も元に戻り、どういう仕組みでか洋服も合わせて伸び縮み(笑)。「やった、元に戻ってるー!あー、チクワにならなくて良かったよ〜♪」色々な災難に遭うなおとさんなので、絶対チクワになると踏んでいたのですが(笑)今回はベッカム君が引き受けたようです。ま、どちらにせよ意味は無いんだけどね(笑)。

2010年6月19日

「牛の問題」カオスウィーク来ました(笑)。OP前のクリス君が相当にかっ飛ばしてました。すごいなぁ、クリス君(笑)。本編に入って、今日もまた飛ぶ練習をするクリス君と応援するユミちゃん、なおとさん。「あ〜…クリス君もどんどんワケが分からなくなってきたなー。」ウッカリ本当のことを口走ってユミちゃんに怒られる。「すみませ〜ん(泣)」口は災いの元とはよく言ったものだ。

で、所変わって学校、給食の時間。食べ終わったベッカム君は机にゴロン。「ちょっとベッカム君!机の上で寝ちゃダメだよ!!」会社でも、コレができたらどんなに良いだろうな、って思うことがままある(笑)。「ほら、マツウラ先生に注意されてるよー?」先生いわく、食べた後横になると牛になる、と。どうやら今週のサブタイもそれを言いたいらしい。「…って、注意そっち…?」机で寝ること自体は問題なし(笑)。
「でも、そんなの迷信に決まってるよねー。牛になるわけないじゃん!」そこを牛にしちゃうのがこの番組の良いところ。「なってるし!」何か行動を起こすたびにコロコロと姿を変えるベッカム君。もはや「牛の問題」とか全然関係なし(笑)。クリス君にも負けない勢いでかっ飛ばしているユミちゃんへ「ユミちゃんまただね。」「ユミちゃーん…」「ユミちゃん…ユミちゃん?!」何度でも突っ込んであげるなおとさん。これが愛(笑)。

ニワトリになったベッカム君は外へ。その背後ではユミちゃんが暴飲暴食。「ユミちゃん、何やってんの?!」食べた後「コケー!」と叫ぶことによってニワトリになりたかったらしい。そんなものはベッカム君の特殊技能に過ぎないのに…(笑)。ベッカム君は更にペリカンへ変身して空へ。「いってらっしゃ〜い…ってドコへ?!」知らん。そろそろどうでも良くなってきた(笑)。サブタイ牛なのにペリカンってどうよ?っていうツッコミするのも面倒臭い(笑)。

松浦先生に荷物を届けて感謝された事をキッカケに、宅配便を始めたベッカム君。ああ、だからペリカンだったのか…。「何でそうなるんだよー!」というなおとさんに、宅配の素晴らしさを語るベッカム君。「分かったような、そうでないような…」それはつまり、分かってない(分からなくても良い事だけれど。/笑)そんななおとさんをバカにする発言をしていたベッカム君ですが、隣にはなおとさん。「聞こえてた?」という問いに「たくさん。」っていうのも好きだったし、「世界の果てまで笑顔を探しに行けー!」っていうのも割と好きだった(笑)。

そうこうしているうちに、お客さんとしてゴードンさんがやってきました。必要以上に下手に出るベッカム君。「何でそんな卑屈に…?」イマドキの小学生、卑屈って言葉知ってるか…?(笑)
ゴードンさんとかシャルロットさんとか、色々あったけど意味は分からないままで軽く魂が抜けかかったその時。

なおとさんのアイキャッチキター!!!(゚∀゚)

ちょっと方向性は「そうじゃない!」って感じだったけどね。本当はもっと萌え〜な感じが良かったけれども(笑)とりあえず許す。アイキャッチが出来た事に意味がある!!(何故ならトラウマがあるから。/笑)

ゴードンさんの次はクリス君が依頼人。沢山の卵を運んで欲しいとの事。「でも、こんなに沢山どうやって運ぶの?」プロの仕事を見せてやる、とベッカム君。「おお!すごい自信だ!」平均台の上をスプーンに乗せて運んでいるようですが…「何でわざわざそんなコトしてるんだよ?!」一般人から見ると理解しがたい光景ですが、チャレンジ精神に溢れているということでクリス君的に「アリ」らしいです。ちょっと好きだったな、ココのクリス君(笑)。
最後はサッカー(W杯?)に無理矢理紐付けた感じがしなくもないですが…確か今週は「牛の問題」だったはずだ…。。。

2010年6月12日

「まいごの問題」OP前のなおとさんが「何だコリャー?!フン!!!」って丸めるのは、ちょっとスッキリした(笑)。

本編に入ってお勉強中のなおとさん。意外に(?)成績は宜しくないようなので、ちょっくら教えてやりたい。やれば出来る子だと信じている(笑)。その横から不気味な影が。「フツーに話しかけられんのかー?!」ベッカム君は新しくできたハンバーガー屋さんへ行こうといいます。「ハンバーガー屋さん?」ウチの子勉強中なんで、邪魔しないでもらえます?!(過保護。かつ教育熱心。/笑)
何でも開店記念のスペシャルメニューでゾウ並みの巨大なハンバーガーやポテトが買えるらしい。「ソコまでは嘘だな…。」そんななおとさんを背負って無理矢理出発!

「ベッカム君、いつまで経ってもハンバーガー屋さんに辿り着かないじゃないかー。」「まさか、道に迷ったんじゃないの?」ベッカム君は地図を見ているから大丈夫、と自信満々。「大体、今ってどの辺りなの?」そこには明らかに地図じゃない何か。「こ…これは…」っていうなおとさんのアップがちょっと可愛かった(笑)。
役に立たない地図にキレるベッカム君。「むしろ今まで何を見てここまで来たんだよー?!」「じゃあもしかして、僕達って迷子になっちゃったの?」登場したマイケル君はスルーされ、ベッカム君のナビ起動。なおとさんを連れて猛スピードで移動します。「ベッカム君、ちょっとちょっとー!!」着いた、というのは岩山の上。「何だよー!ハンバーガー屋さんなんて無いじゃないかー!」あるのは観光地によくある?顔をはめて写真撮るアレ。昔はどこにでもあった(笑)

何やらファンタジー色の強い町並みに来てしまいました。「早くハンバーガー屋さん見つけようよ。大体ここドコなのさー?」そこにゴードンさんが通りかかって助けを求めますが、彼も迷子だという。むしろそのテンションに敬意を表したい(笑)。ポール君がママだったり、ちょっとした不思議の国のアリスをリスペクトみたいな、そんな感じなのか。なおとさんの「もう…勘弁して下さい…」「ハイ、ホントに良かったです。」は好きだった(笑)。
と、突然ポール君のモヒカンがハンバーガー屋さんのある方向を指しました。「え?ホント?何でポール君が…?」細かい事は気にせず次のシーンへ。「何だ、ここ…?」どうやらジャングルっぽいですが…「って何の格好だよ?!」ベッカム探検隊ですって。「ハイハイ…」謎の生物は見つからなかったらしい。「ってお前らがそーだろ!!」雪男と宇宙人とツチノコ?らしき隊員。うん、まぁ好きにさせるがいいよ。。。

最終的には海に浮かぶ小島へ。「もー!ドコなのここー?!」むしろどうやってソコに行ったかだ(笑)。「結局迷子のままかい!!」ベッカム君は人生に迷いはつきものと言い出した。先輩達の迷いを聞いて何故か感化されてしまったなおとさん。「そうか、そうだねベッカム君!よーし、これからは僕も迷うぞ!迷って迷って迷いまくってやるー!!」という訳で、取り急ぎの迷いはというと「僕将来野球選手になろうかな?それともサッカー選手になろうかな?迷うなー。」なりたい未来図となれる未来図は別で、しかも金を稼ぐという大前提が抜けている子供に、大人が「将来何になりたいか?」と聞くのは何故なんだろう…?話題に困った時のネタ?(ワタシはそんな無駄な情報要りませんが…。/笑)
なおとさんが決意をしたところで、ベッカム君は見たいテレビがあるからとタクシーで帰宅。なおとさん置き去り。いつものパターン(笑)。テレビの中からなおとさんが「いい加減にしろ!!」っていう時はナイスバッティングだったけど、強いて言うならお母さんはサッカー選手になって欲しい(笑)。

2010年6月5日

「追いかけっこの問題」です。久々に見た気がするジョニー君、今回は粘土へのコダワリを語る(笑)。いつも通りな感じのベッカム君とジョニー君に、なおとさんは「何か、騒がしいよね…」皆ロクロみたいな台?を使ってたけど、最近の小学生ってのはこうなんですかね。凄いですね。
「仲良くすればいいのに…」なおとさんの意見は尤もだが、気になるのはユミちゃんの衣装。ここんとこ毎週変わってないか。なおとさんの服も替えてあげて!!!(何だったら候補の衣装サンプルを何点か提出します。/笑)

ベッカム君との因縁の歴史を振り返るジョニー君。「赤ちゃんの頃からなのかよー。」全然どうでも良いんだけど、自分の事を「ツミッキー」って言い出したベッカム君の声が何となくネズミーマウス的だったのは気のせいなのか?!(笑)

「…結局、こうなるんだなー。」やっぱりの「くるりんぱ」対決。ジョニー君は好きなんだけど、このワンパターンぶりがもうちょっと何とかなればいいのにっていつも思う(笑)。「ジョニー君も懲りないよね。やめときゃいいのに。」ホントにね。大人だよね、なおとさん(笑)
そんな大人ななおとさんだけど、始まってみればノッてしまう。「ウインナーがコロッケに押されてる!」ジョニー君のコダワリコロッケ、美味しそう(笑)。色々ありましたが、対決そのものはベッカム君が勝った感じ。逃げるベッカム君、追うジョニー君。「もうやめなよジョニー君!ベッカム君と仲良くしてよー!」…ジョニー君にそれを頼むのはちょっと酷じゃないか?(どちらかというとベッカム君が行動を改めるべき。/笑)
引きとめようとするなおとさんを「校長先生…」引き止めて、見守るように言います。

「それからも、ジョニー君はベッカム君を追いかけ続けた…。何年も、何年も…」結構なストーカー(笑)。番組とキャラが違ったら色々な妄想満載の本が勝手に作られそうだ(笑)。ついに二人ともおじーちゃんに。当然見守っていたなおとさんもおじーちゃんに(苦笑)「ベッカム君、ジョニー君…こういう友情もあるんだねー。」そこへ未来から来たというベッカム君とジョニー君の子孫も登場。「一万年って…」なおとさん、おじーちゃんバージョン突っ込み(笑)。一万年後、人類は地球に居ない気がするよ…(宇宙移住というよりは、絶滅の方向で。/苦笑)

ジョニー君は好きだけど、なおとさんの出番が減るのはちょっといただけない…(笑)

X Home X

inserted by FC2 system