ペンギンの問題 なおと君の記録

X Home X

2013年3月30日

「髪の問題」全然気が付いてなかったのですが、これが最終回だったのですね…。「今日は何だか風が強いねー」珍しくポール君と歩いているなおとさん。「あ、ベッカム君どうしたの、その頭!」ベッカム君髪の毛が生えたらしいです。「ばっちり、すごい似合ってるよ!」そして心の声。「そっかー、ベッカム君も色んな髪型に憧れてたんだねー」むしろなおとさんの髪型とか衣装とか、変わるシーンがもうちょいあっても嬉しかったけど(笑)。「わー!すごい風だ!!」その風に、ベッカム君の髪が煽られます。「えー!その髪って太い毛が1本だったのかよー!!」スタイリングは簡単そうですね…。。。

2013年3月23日

「挨拶の問題」大事なことなのでしっかり行きましょう。「ベッカム君、おはよー!」爽やかななおとさんの挨拶を完全無視のベッカム君。「ベッカム君、挨拶くらいちゃんとしてよ!」が、そんな挨拶は流行ってないと言われてしまいます。「えー…何だよ、挨拶に流行りも何もないだろー!」そこへ通りかかるポール君。ベッカム君は口の中から、ポール君はモヒカンの中からオジサン風のフィギュア(?)が出てきてサラリーマン特有の(笑)挨拶を交わす。「や、普通に挨拶してよー!!」分かる、分かるけどね、こういう挨拶も…(笑)

2013年3月16日

「恋人の問題」ずいぶんアレなタイトルが来ました(笑)。通りすがりのなおとさん、「この声は…ベッカム君?」「あ…あつこってまさか、ベッカム君に恋人が?!」「えー!チューするのー?!」イマドキの小学生はチューくらいじゃ驚かないらしいよ、なおとさん…(笑) が、ベッカム君が話しかけていたのは手に持っていたハンバーガー。「あつこってハンバーガーかよ!」「食べたいっていうか、食べちゃったー!!」個人的には「あつこ」の名前の由来が気になります。厚みのあるハンバーガーだから…?(笑)

2013年3月9日

「野球の問題」川岸で何やらたそがれているなおとさんとベッカム君。ベッカム君はプロ野球選手になるという夢を語ります。「すごいなベッカム君。立派な夢じゃない!そうだ、ここにちょうど道具もあるし今から野球をやってみようよ!」…また随分おあつらえ向きな野球道具が…(笑)「思いっきり行くよー!」やる気に満ちたベッカム君ですが「ベッカム君、プロ野球選手になりたい気持ちは分かったけど、何だその構えはー?!」バットをアタマの上に乗せてますね…。その上にボールを乗せるんじゃないのか、との事。「違うわー!野球知らないんかー!!」というかむしろ、なおとさんが野球選手になりたいと言っていた過去なかったっけ…?(ぼんやりした記憶)

2013年3月2日

「銀はがしの問題」です。何やら沈んでいる風のベッカム君。「ベッカム君、どうしたの?悩み事?」懸賞らしきカード(?)のどちらの銀をはがすかで悩んでいるようです。「そんなことでー?!」そんなものにハラハラドキドキする純粋さを失った自分に気が付いてみました…(笑) さて急にシャルロットさんが登場してアツく実況し始めます。「銀はがすのにポーズとか関係ないだろ…」セロハンテープを持ち出してますが、銀はがしって10円玉でやるんじゃないんですね…(←昭和なもんで。/笑)「あれ?」様子がおかしいベッカム君。「絡まってるじゃん!!!」やはり、テープではなく10円玉が…!

2013年2月23日

「呼び出しの問題」だそうです。「ベッカム君、こんなところに呼び出して話って何?」ベッカム君いわく黙っていたことがある、との事。「こんなに真剣に話すなんて、一体何の話だろう…?」躊躇いがちなベッカム君に「ベッカム君が何を話そうと僕は受け止めるよ!だって僕たち親友じゃないか!」なおとさん、ベッカム君以外に親友候補はいなかったのか…(笑)で、その話の内容ですがベッカム君最近気が付いたことがある、と。パンツ穿いてなかった、との事。「今更そんなことー!!」某ネズミの国のアヒルももう長いこと穿いてないから大丈夫!(笑)

2013年2月16日

「未来ごペンなさいの問題」また不思議な呪文出してきましたよ…(笑)いわく、四葉のクローバーを持って「○○しちゃってごペンなさい」と言うと言った事が現実になるとのこと。早速試してみるベッカム君ですが、「背じゃなくて背中が伸びてるよー!」「モテるっていうか、もたれちゃってるよー!!」今ひとつ上手く行きません。そこにポール君登場。「あ、ポール君が困ってる!」彼にフィットするモヒカンが見つかるよう呪文(?)を唱えると…「自分がモヒカンになっちゃったー!!」相変わらずシュールな展開です…。。。

2013年2月9日

「ロナウドの問題」です。なおとさんの部屋でくつろぐベッカム君、なおとさん、ロナウド。「ロナウドってホント可愛いよね〜」なおとさんの一言に触発されたのか(笑)唐突に勝負を挑むベッカム君。「ベッカム君?急にどうしたの?」が、兄であるベッカム君は返り討ちに。「強いし可愛いし、あんな弟がいるなんて羨ましいよ」むしろなおとさんのお風呂シーンにどぎまぎしているのは私だけですね、ええ、すいません…(´`)
湯煙に包まれたロナウド、浦島太郎的に老化しました…。「ロナウドがー!!!」もしかしてもしかすると、強いのも可愛いのも「年の功」かもしれません…。

2013年2月2日

「近道の問題」でした。唐突ですが「橋が壊れてる!これじゃ学校に行けないぞ!」休んでしまえばいいのに、という大人の意見は置いといて、ベッカム君が「近道捜索隊」なるものを呼び出しました。「シャルロットさん?!」むしろ久々登場に驚いた(笑)
検索してみると「おお!まっすぐ行ける近道があるじゃん!」確かにまっすぐ…なのですが。「えー、ロケット?!」そしてパラシュート降下。「こんな近道あるかーい!」何も宇宙経由じゃなくても良いんですけどね…宇宙は浪漫ですからね(笑)

2013年1月26日

「悩みの問題」ベッカム君が先生に扮して皆の悩みを聞くと言います。「じゃあ…僕の悩みを…」切り出したなおとさんですが、真っ先に自分で手を挙げるベッカム君。「えー!先生が自分で挙げちゃったよ!」いわく、寝る前に食べるアイスの味に悩んでいるとか。「んな悩みどうでもいいわ!!」というか寝る前のアイスやめた方が良さそう。
ポール君はモヒカンが1日ですごく伸びてしまう、という悩み。で、モヒカンをベッカム君に投げつけてました。「ホントにぶつけちゃったー!」最初に「悩みをぶつけて欲しい」って言ってたからね、ええ。個人的にはなおとさんの悩みが何だったのか気になっています…。

2013年1月19日

「危機一髪の問題」ということで「ベッカム探偵、このビルの3階に爆弾が仕掛けられたとの情報が入りました!」と早速緊迫した展開に。ビルの入り口は閉まっていて中に入れないそうです。「このままでは爆発してしまうー!」そんな時、ベッカム君が指し示した助っ人はポール君。「そうか、ポール君が飛んで3階まで行くんだね!」そのポール君、自らのモヒカンを踏み台にして背伸び。「届くわけないじゃん!」でもなおとさんの「ポール君が飛んで3階まで」っていうのもそれはそれでアレな話よ(笑)
窓が開いてる、と気が付いたベッカム君はひとっ飛びで3階へ。「自分で行けるんかい!」ベッカム君の見つけた、という声が聞こえます。「やったー!よし、すぐに解除だ!」が、見つけたのは大きいモヒカンでそれを踏み台にしてまた3階を目指すという…「爆弾じゃないのかよー!」…そんな感じでした。

2013年1月12日

「狭いの問題」だそうで、街中でベッカム君を見つけたなおとさん。「あ、ベッカム君だ。自販機でジュースでも買うのかな?」と、自販機同士の隙間に入って行ってしまいます。「ベッカム君、こんな所に入ってどうする気なんだ?!」で、何故かなおとさんまでもその隙間を通り抜けてしまうワケなんですが…「南極に出ちゃった?!」そこでベッカム君の親友だという「トーマス」を紹介されます。「どう見てもゴードンさんだけどね…」何がしたかったのか、考えちゃいけない。そういうモノです…。

2013年1月5日

「行列の問題」です。休み時間、トイレに向かうベッカム君ですが長蛇の列。なおとさんに横入りさせて、と頼みますが「ダメだよベッカム君、ちゃんと並んで!」と断られてしまいます。困ったベッカム君が呼び出したのは「トイレマン」なるニューヒーロー。「デカすぎるだろ!!」その他にも色々問題がある気がするけれども…子供はきっとこんなネタが好きに違いない(笑)

2012年12月22日

「キャラ弁の問題」です。私が幼少期にはそんなもの無かったんですがねぇ…(笑)
ピクニックに出かけたベッカム君となおとさん、そしてゴードンさんとポール君。お弁当はゴードンさんが作って下さったようです。ベッカム君には、ベッカム君のキャラ弁。「へー、いつの間にリクエストしたかは知らないけど、ゴードンさんのお弁当美味しそうだなー」そしてなおとさんには…「ゴードンさんのキャラ弁?!」よりによって、という気がしなくもない(笑)
味は美味しいんだけど…やっぱりココ(パンツ部分)だけは食べづらいな〜…」食べないとゴードンさんが悲しむので「ちゃんと食べるよ!」との事。「ポール君はお弁当自分で持ってきたんだよね?」例によってモヒカンをはずしますが…「そのまま食うんかーい!!」色々便利だからもういいじゃない、って思えるようになってきた(笑)

2012年12月15日

「大事件の問題」です。探偵と助手に扮したベッカム君となおとさん。大事件が発生したらしいです。「はい、6億円の価値といわれる絵画、女神の神秘が何者かに盗まれたようです。」「パンフレットに絵が載っているようです」これまた久々に見た、シャルロットさん…。
犯人は帽子をかぶったイケメンだ、という情報にゴードンさんとベッカム君「私が犯人だ」と言い合うことに。「…アホくさ…」でもそれが、この番組のスタンスなのです(笑)

2012年12月8日

「ポール君の問題」前週から続きまして、謎キャラクターに焦点を当てるシリーズです。ベッカム君とそろって「おなか空いた」となおとさんに訴えるポール君。「その顔でいきなり出てこないでよ!」「分かった、分かったよ。ちょうど買い物してきたところだから何かあげるよ…」買い物袋をゴソゴソしたなおとさんですが、ポール君が先に何やら取り出します。「え、電池?」それをモヒカンにセット。「どんな体の仕組みなんだよ?!」ベッカム君はもっと大きな電池をセットしてオーバーヒートしておりました…。相変わらずのシュール具合です…。

2012年12月1日

「ゴードンさんの問題」色々謎のキャラクター、ゴードンさんも久々登場です。「あ、ゴードンさんだ。」「そういえば、ゴードンさんの仕事って何かな?」この番組ではゴードンさんも「ちょっぴり変わった大人」くらいの位置づけ。決して逮捕されたりしない(笑)。「大企業の社長さんだったりして!!」…さ…サスガにそれは…(´`)
パンツの販売員かもしれない、などと盛り上がったベッカム君となおとさんはゴードンさんの後をつけます。「ポール君の家に来たね。」「やっぱりパンツの訪問販売だ!!!」まず自分が履け、っていう話じゃなくて?(笑)
ところが実際には「モヒカンの訪問販売かよ?!」お客さんポール君しかいないっぽいけど成り立つのかしら…?

2012年11月24日

「席替えの問題」運命の女神様のサジ加減ひとつで、勉強する気もしない気も変わってくるのです(昭和ネタ。/笑)
クジ引きで席を決めるようなのですが「ベッカム君、狙っている席でもあるの?」なおとさんの問いに、一番後ろの窓際だと答えるベッカム君。「いいね〜♪」いわく、カーテンに包まっていてもバレないそうですが…。「いや、ダメだろ。」なおとさんの低い突っ込みは良いと思う!(笑)
そして運命のクジ。ベッカム君が引いたのは「Cの0」でした。これは先生に背負われた状態。「気になって集中できないからー!!」ある意味死角になるから、ベッカム君的には良いかもしれません…。

2012年11月17日

「埋まっている問題」文字通りでございます。「ベッカム君が道に埋まってる…」助けを求めていますが、現れたのはマイケル君(かなり久しぶり)「あ、マイケル君だ!」しかし通行人に踏まれて終了。「今の人、フツーに踏んでった…」ということで、なおとさんが救助にあたります。
「今抜いてあげるからね!」と力いっぱい。「どりゃー!!!」「やったか?!」むしろココのなおとさんに萌える今日この頃(笑)。無事救出したベッカム君は人相が変わっておりまして。「っていうかお前何モンだー?!」よく分からない生き物、としか言いようがない(笑)

2012年11月10日

「伝えたい問題」です。早速ですが何やらやらかしたらしいベッカム君。「いくらごペンなさいしたって、今日は許さないよ!」必死で謝るベッカム君ですが「でもやっぱり許せないよ、だって今トイレにいるんだから!!!」まーでも面倒くさいから「もういいよ」って言ってやることはできるかも(笑)
なおとさんに反省の気持ちを伝えたいベッカム君は学校の屋上から横断幕(?)で謝罪メッセージ。「ベッカム君、そこまでして僕のことを思ってくれるなんて…!」←割と単純ななおとさん。が、トイレ中に謝ってごめんなさい、とか要らぬ一文が。「そんなこと皆の前で言わなくてもいいだろー!」…というか、トイレ中に謝ったことへの謝罪であって、本来何があったのかは分からないままなのです…(遠い目)

2012年11月3日

「あいつの問題」ということで、唐突に「あいつが襲ってきた」というベッカム君。「え、来たって何が?!」「来たって眠気のことかーい!!」いやもう、スイマー様という名の悪魔はとんでもない力を持った恐ろしいヤツですからな…!道路で寝始めたベッカム君を引きずるなおとさん「寝るなら自分ちで寝なよー!」ちょっと端っこが削れちゃいそうだけど大丈夫かな…?( ゚д゚ )
で、健やかな眠りから覚めたベッカム君。「ベッカム君、やっと起きたようだね…」「僕、ベッカム君に言わなきゃいけないことがあるんだ」もはやオチは見えているけれども、むしろ影のまま動いてるなおとさんが怖いです…(ノД`)「ベッカム君、君は50年間も寝てたんだよ…!」その間の食事などは夢遊病的な動きで。恐らく。

2012年10月27日

「小さい問題」…何が?という感じですが、色んな人に上から睨みつけられるというベッカム君。なおとさんに助けを求めますが、なおとさんも上から睨んできます。「しょーがないと思うよベッカム君…だって、今日やたら小さいんだもん」後半の言い方めっさ可愛いけどどう思いますか皆さん(笑)いっそなおとさんが小さくなったらいいのに!(ポケットサイズ)
「ミクロアドベンチャー」的なノリで色々楽しんでいたベッカム君ですが、大きなお寿司でキャッキャしている時なおとさんが遠ざかってしまいます。大慌てのベッカム君ですが、回転寿司の皿に乗っていたのが原因っぽい。「さあ、帰るか…」それがいいと思うな…。

2012年10月20日

「ストレスの問題」随分とアレなタイトルが来ました(笑)。現代人のストレスについて、とっておきの回避方法を見つけたというベッカム君。「とっておきの方法…?」まさに今、宿題を忘れて先生かれモーレツに怒られていますが…。「ま…松浦先生の怒りを一切気に留めていない?!」いわく、何事も気にしなければ良いのだそうで。(怒られてるのは気にした方が良さそうだけれども。)
街でアイスを落とされても気にしません。ベッカム君にぶつかって「あ、ごめんなさい!」って言ってた女子高生(中学生?)は、なおとさんの中の人だけどな!(本日のトラップ。/笑)
以降、何があっても動じずスルーのベッカム君。「それにしてもベッカム君、何をされても怒らないなんて立派だなー。ボクも見習わなきゃ!」…が、そのベッカム君は後でそれらの出来事を書き出し呪いをかけていました。「めちゃめちゃ気にしてるー!!」いや、でもまぁ我慢して持ち帰るってのは立派だと思うわ…。

2012年10月13日

「自転車の問題」ということで、自転車で旅に出ることにしたらしいベッカム君。けれど一向に町並みが変わりません。かなり久しぶりにリスのマイケル君が登場し、ペダルに足が届いていないことを教えてくれます。
そして3日後。「ベッカム君、今日も学校来なかったな〜」下校するなおとさんの前に、自転車に乗って颯爽と現れるベッカム君。「ベッカム君、自転車で出かけてたの?」「でも、足ペダルに届かないよね??」よく見ると、無理矢理足を伸ばした(?)マイケル君が頑張ったご様子…。楽しかったなら良いけれども。

2012年10月6日

「かくし場所の問題」です。なおとさんにボクの宝物を見て欲しい、というベッカム君。「え、いいの?」「一体どんな宝物だろー?」いわく、中トロ、だそうです。「ナマモノかよー?!」…食品サンプルなのかと思ったぜ…(´ `)
皆がその「中トロ」を狙っていると言い出したベッカム君。「地面を掘ってどうする気だ?」地球の裏側まで掘り進んでも恐竜はいませんが…。。。「自分ごと食われてるじゃん!!」まぁ、浪漫って大事ですよね(笑)

2012年9月29日

「修行の問題」実は前週から続いていた気配です…。
山に篭って現代的な生活をしていたベッカム君、反省して野生の生活をし、本物のペンギンになることを誓います。
「それから5年間、ベッカム君は野性の生活を貫いた。」なおとさんのナレーションを経て5年後。「ベッカム君が野生の生活をして丸5年、今日が約束の日だ!」…えーと…本来なら、なおとさんも5年分成長しているはずだとか、そんなツッコミ入れた方がいいですか?(ちょっとイケメン風なのを期待してたのに。/笑)
「ベッカム君…?」ついに感動の再会。「ベッカム君は野生的で立派なホンモノのペンギンだよ。」「でもさベッカム君…その姿は…ホンモノ過ぎるよ…」子供向けとしてどうかって話より、アニメを作る人が動かしづらそう(笑)

2012年9月22日

「山ごもりの問題」です。「どうしたの、ベッカム君?」何事か考えている風でしたが、いわく他のペンギンが厳しい自然の中で生きているのに自分だけぬくぬく暮らしてて良いのかと。本物のペンギンになると言い出した。今更感満載だけれども。「えー、マジで?」←分かる、気持ち分かるよ…(笑)
5年間山で過ごすと宣言して出て行ったベッカム君。あっという間に半年経過しまして「ベッカム君どうしてるかなー?」「こんな山奥で大丈夫かな?」山道を進んでいくと…「あ、あれは!おーいベッカム君、久しぶり!」どこから引いたのか電気が通ってまして、電化製品に囲まれて快適な暮らし。「場所が変わっただけで生活が全然変わってないだろうがー!」引きこもりな私ですが、やはりネット環境はないと暮らして行けないな…。

2012年9月15日

「ミラクル合体マシンの問題」ちょっと長いタイトルです。2つのものを一つに合体させるマシンを作成したロナウド。「ホント?!」「よーし、それじゃ色々試してみよう!」扇風機と靴で空を飛べるだけの風圧を起こせるのかとか、それで人が安定して垂直方向に飛べるのかなんて、そんなことはどうでも良いんです!(笑)なおとさんは「気持ち悪…」と言っていましたが、ある意味ハンバーガーとアイスの組み合わせの方が現実的。ベッカム君とゴードンさんが合体してしまったのは…ちょっとした事件ですね…。

2012年9月8日

「限界の問題」だそうです。早速ですがトイレに行きたがるベッカム君。公園のトイレに入ろうとしましたが、通りすがりのポール君に先を越されてしまい色々切羽詰ってるご様子。「ベッカム君、公園の向かいにコンビニがあるよ!」しかし故障中。いよいよ無理かと思われた時、「ベッカム君こっちにもう1つあるよ!」ようやくトイレに辿り着けました。「ベッカム君、でもさ…超遠いよ?」夢の中ではこんな事がありそうだ(笑)

2012年9月1日

「宿題の問題」折角なので良い子の皆さんの模範となるような感じでお願いします(無茶ブリ)
朝から様子のおかしいベッカム君に「ベッカム君、どうしたの?」すると案の定、宿題を忘れたとの事。「えー、授業始まるまであと10分しかないよ!」「そっか!走って家まで取りに行くんだね!」もうズイブンと大昔のことで忘れていましたが、小学校くらいだと5分以内で通える子も多くて忘れた宿題を走って取りに行くことも可能だった。そんな時代あった(笑)
「えー?!走るんじゃないのかよー!」ところがベッカム君は身体を伸ばして外へ。「ああ〜、もう授業が始まっちゃうよー!」「ベッカム君早く早く!」気を揉んでいるなおとさんを他所に、大荷物のベッカム君。「遅いと思ったら寄り道してたんでしょ!」更にはここから宿題を始めるとの事。「…ってそもそも宿題やってなかったのかよ!」なら取りに行く必要もなかった(笑)

X Home X

inserted by FC2 system