プリンセス・チュチュ感想文10

X Home X

2003/03/29(第22話・後半)

どうやらここへ来て話が動き出してきたみたいです。あひる達のいる町は物語に支配されている…ってどんな?と思ってたけど、街全体が壁で覆われたいたらしい…外は?外ってどうなってるの?!(驚愕)プリンセス・チュチュに変身して何やらジャックとマメの木もビックリの植物エネルギーで街の外を覗いたあひる。壁に向かって行ってもそのまま戻ってきてしまう、そんな感じです。これが、ドロッセルマイヤーの作った世界?え…じゃ、ぴけのナイスツッコミもりりえちゃんのブラックキャラクターも全てあのじーさんが…?(言うな、そういう事。)みゅーとの王子様台詞もあのじーさんが…?(アイドル歌手の歌が秋元某だったり、つ*くだったりするのと同じような感覚…?/笑)
メガネ君はるうちゃんに惚れたらしい(爆)。いやでも会ってイキナリ「愛してしまった」って言われてもそりゃストーカーだよな…(冷たいこと言うなよ、オトナなんだから…。/笑)図書の者とかいう謎の人物に腕を切り落とされそうになったふぁきあはチュチュに助けられます。チュチュに助けられる様子を見て図書のおじーちゃん達が味方になってくれたっぽい。よく分からないけどありがとう(笑)。ふぁきあはカラスと戦うのではなくてドロッセルマイヤーと戦うのだと悟るのですが…それは「被創造物」「創造主」に刃を向けるっていう…考えるだけでも嫌な感じがするんですけど…あひるが何故かドロッセルマイヤーに連れ去られて、気になる続きは、次回。

2003/03/21(第22話・前半)

「石の冠」というお話です。ふぁきあは木とお話が出来るようになりました。何だか悟りを開いた修行僧のようですが、ま、それはそれ(笑)。最近とんと活躍の減ったあひるはふぁきあの様子を見ていてつい(?)授業をサボってしまいます。慌てて学校へ向かうと様子のおかしいクレールことるうちゃんが。彼女、ここへ来て若干の葛藤を見せております。寝返るキャラには見えなかったが、寝返るのか…?(謎)

るうちゃんに逃げられたあひるが歩いているとどこからともなく「あひる〜〜〜〜〜〜ッ!!!」というぴけとりりえちゃんの声が。「どこ行ってたの?」「あんたポワットの授業バックレちゃうなんて!!」いつになく慌てた素振りのぴけ。どうしたんだ…?「怖がらないでね〜〜〜〜」とはりりえちゃん。顔が放送できるギリギリのライン(爆)。「あひる、上手くやりすごすのよ、それしかないわ!!」ぴけの台詞で何だか予想ができました(笑)。「来た!!」そう、やってきたのはネコ先生。「…ついに…。」って言ってるぴけの目が点になってて非常にイイカンジでした(笑)。「プロポーズ?」やっぱりちょっと嬉しそうな(笑)りりえちゃんと少し腰が引けてるカンジで(笑)「うまくやり過ごしなさいよ…。」と言い残して去ったぴけ。
ところが、ネコ先生は何だかちょっとイイ事を言います。(どんなだか忘れたけど…。/笑)できないと諦めずに頑張れ、みたいな事を言われてあひるは立ち直ります。「ありがとうございます!!」と元気にお礼を言って走り去ってしまうあひる。物陰から「はッ!何とか切り抜けたッ!!」って言ってるぴけが好きでした(笑)。今週のぴけの出番はここまで。

るうちゃんの様子がおかしくて、メガネ君(笑)の様子もおかしいです。メガネ君に関しては何ていうか、多分オタクのプライドを傷つけられたんだと思う。オタクはオタクでいる自分が結構好きだったりするので、妙な攻撃をされたくなければ放っておくのが一番(笑)。「図書の者」(?)とかいう謎のじーちゃん(?)がふぁきあをつけ狙っているようですが…まぁ修行僧だからな…(違)。るうちゃんとメガネ君がばったり出会っていたのでここが気になるところです。彼らが組んでいい方向に行くはずがないでしょうしね…(苦笑)。

2003/03/15(第21話・後半)

ふぁきあがメガネ君(本当は「あおとあ」君とか言うらしい。/笑)と遭遇した前半でしたが、今週はついにメガネ君の家に。くっついていったあひるとうずらは入室を拒否されてふぁきあとメガネ君は家の中へ…いやもー、ヤな感じだよね(笑)。禊と偽って(イヤ、偽ってはないと思うが…。/笑)水を浴びせられた時には思わず「おいメガネ!」と何故か攻撃的になっていました(爆)。
メガネ君曰く、ふぁきあはドロッセルマイヤーの直系の子孫なんだそうです。だからお話が本当になるのね…。自作の家系図を見せてくれるメガネ君。ま、平たく言えば彼はドロッセルマイヤーおたくってことなんだろ?(笑)

一方追い返されたあひるはバレエの授業。るうちゃんとみゅーとが模範演技を見せてくれることになりましたが…。どーも二人はギクシャクしてるらしい。みゅーとの手を取るのを躊躇ったるうちゃんにブチ切れるみゅーと。見学していたぴけ「うっそぉ…」そしてりりえちゃんが「破局?♪」いいコンビだ…(笑)。

さて。メガネ君の家に行ったきり戻ってこないふぁきあを心配したあひるはメガネ君の家に行き、そして倒れているふぁきあを発見。「ふぁきあに何したの?!」…アタシも別の意味で気になった(爆)。ふぁきあは3日間不眠で食事も取ってないんだそうです。別に、それだけならイイか…(何を心配していたんだ、自分。/笑)ふぁきあはこうして精神を集中させ(飲まず食わずじゃ集中なんて出来たモンじゃないと思うが。)何とかの木の声を聞くんだそうです。ナンだっけな…?何の木…気になる木〜♪(ヤル気あるのか…。)一瞬失敗したかと思われますが、木とのコンタクトには成功した模様。メガネ君が吹っ飛ばされました。メガネも飛んだのでちょっぴり期待してみたりしたのですが、メガネがなけりゃ美少年ってワケでもなかった…つまんない(笑)。
木に取り込まれそうになったふぁきあ。髪の毛が葉っぱになってます、大丈夫か?(笑)何気にオールヌードだったりしましたが、別に、差し当たり問題もなく注目する点でもなく…(笑)。最終的には近頃見ているばっかりだったプリンセス・チュチュに助けられ、そして腕の中で気が付くという結構な役得(笑)。お話も動いてきました、待て次週。

2003/03/08(第21話・前半)

開始10秒でふぁきあのエガヲ(爆)。あひるちゃんも何て言うか、変わった夢を見ますな…(笑)。みゅーととふぁきあとるうちゃんが仲良くなったのを見ているだけのあひるは鳥バージョン。この夢は正夢となるのでしょうか…。

ってなコトで21話「紡ぐ者たち」です。バレエの授業に出席するあひる。ネコ先生が何やら「渡す」と言っていますが…。「ちょっとあひるってば、ポ〜ッとしちゃってー!嬉しくて昨日眠れなかったんでしょう?」そう言うぴけも何だか嬉しそう。ポーッとしているのはいつも、なんて相変わらずの毒舌(笑)ですがそれでも嬉しそう、りりえちゃん。「今日は待ちに待ったポワットの初レッスンの日だもんね♪」…ナンじゃそりゃ?(素人は皆そう思ったハズ。/笑)「バレリーナを目指した時から全ての女の子が夢見るポワット〜♪」え、ナンだろう?(夢も見ないのでサッパリ想像がつきません。/笑)「爪が割れ血マメに苦しむ日々…」っていうりりえちゃんの台詞でよもやと思いましたが…。どうやらトゥシューズで爪先立ち、いわゆるバレエのアレのことみたいです。…あれ、今までやってなかったっけ?(ちゃんと見とけ、自分。/笑)おしゃべりをネコ先生に注意されますが、「いよいよね〜♪」とワクワクのぴけ。ネコ先生にトゥシューズをもらう時も「は〜いッ」って張り切って返事してたし(笑)。
プリンセス・チュチュになっている時にはそのポワットとやらもフツーにこなせているあひる。そうか、見慣れているのはその所為か…(笑)。でも、あひるだけはネコ先生からシューズをもらう事が出来ませんでした。最近集中力を欠き、何も出来ないと諦めてしまっているようだ、とネコ先生。たまにはイイ事言うな(笑)。しかし最終的にはやっぱりネコ先生。ケッコンに話が及んだ時にはすかさずぴけたちが「とんでもありませんッ!!」ってフォローに入ってました(笑)。結局皆の練習を「見ているだけ」のあひる。夢は正夢だったのでしょうか。…ちなみに、爪先立ちになって非常に苦しんでいる(笑)ぴけの形相に1票(笑)。

一方でふぁきあは図書館で本を借りる時に、音楽科の生徒から預かったという本を渡されます。その生徒、ふぁきあが読んでいた本も全て先に読んでいたようです。一体ナニモノ…と思っていたら、出てきたのはいつも図書館にいたメガネ君(←モモコ的命名。/笑)そうか、キミってそんなに重要キャラクターだったんだ(笑)。で、メガネ君(ちゃんと名前覚えてやれよ…。)はふぁきあの知りたい事を知っていて、書いた物語が本当になるという力はドロッセルマイヤー(ああ、久しぶりに聞いたなこの名前。/笑)のものだと言いました。何やら胡散臭いメンバーも動き出して…メガネ君の命令に絶対服従ってのだけはカンベンしてもらいたい(←深く考えすぎ。/笑)カンジのモモコ。来週まで大人しく待つべし(笑)。

X Home X

inserted by FC2 system