プリンセス・チュチュ感想文11

X Home X

2003/05/24(最終話)

先週は15分枠を総集編で埋めて、今週最終話は30分枠です。ずっと15分だったから30分で見るとボリュームあるなぁ、って思いました(笑)。

で。問題の最終話はというと、王子みゅーとと大ガラスの最終決戦。カラスに姿を変えてしまった街の住人達に心臓を狙われながらも大ガラスに立ち向かうみゅーとさん。足元から花びら噴出。多分この技を「風華円舞陣」とか言っちゃうんだろうな(ちげーよ。/爆)剣を持って勇ましく戦うみゅーとさん。さすが王子の風格と申しましょうか、ふぁきあより強い…(笑)。ちなみに「心臓をちょーだ〜い…」って言っているカラスの中にはぴけの面影があるものやりりえちゃん、ネコ先生と思しき姿もありました。
ふぁきあは自分でお話をコントロールする事が出来ず、タダのアヒルになったあひるも戦力外。ふぁきあが物語を書いている背後からは「図書の者」のオジさんが斧持って攻めて来る…これはもしやスプラッター映画の予感?(笑)一番元気だったのはメガネ君…もとい「あおとあ」君(最終回くらい名前で呼んでやろう…。/笑)図書の者を阻止しつつ「最後まで書け!!」とふぁきあを激励。オマエ、案外イイヤツだな(笑)。斧でドアを破ってきた図書のオジさんに体当たりです。肉弾戦です。似合わないけどよくガンバった(笑)。

一時はみゅーともふぁきあもあひるも諦めかけますが、そこはあひるのド根性。踊りで気持ちを伝えるあひるの頑張りで、カラスになった街の人は元の姿に。ちなみに戻った直後のぴけ、顔がペコちゃん(笑)。
あひるの「希望の光」を受けた王子は絶望の底に閉じ込められていたプリンセスであるトコロのるうちゃんを救出、ケーキ入刀の要領で大ガラスを退治しました。
王子とるうちゃん、ふぁきあ、あひるはうずらちゃんに連れられて塔のてっぺんに。そこにはドロッセルマイヤーさんが話を書かせていたからくり(随分高度な技だけどな…)がありました。ふぁきあはそれをブチ壊して「続きはオレが書く。」夏コミでは最大手ですかね?(笑)王子であるみゅーとに好きに生きろ、と言います。王子みゅーと(でもカラスを倒す時に「王子ジークフリート」って名乗ってたような気が…しかも「ジークフリート」ってどっかで聞いたことがあるような、ないような…。)はるうちゃんに向かって「一緒に来て欲しい」そらもうプロポーズですな(笑)。皆を愛していた王子、今はるうちゃんが一番なんだそうです。…ったくどいつもこいつも王子ってのは人の気も知らないで平気でプリンセスをヨメに貰うよな…(笑)。それを見ていたあひる(当然トリの姿なのでふぁきあに抱えられていた。)も「良かった…。」って、良かったのか?それでイイのか?!随分ココロが広いんだな…(笑)。確かにここであひるとみゅーとがくっついても「オイ!」って感じだけどさ…それでイイんだろうか…(笑)。
王子とるうちゃんは空飛ぶ馬車…いや、白鳥が引っ張ってたから「白鳥車」?(笑)で旅立ちました。街は元の姿に戻り、エンディングではぴけとりりえちゃんも登場。「真ん中に誰かいたような…?まいっか♪」みたいなジェスチャーをしていました(笑)。ネコ先生も先生ではなく(笑)ちゃんとしたネコの生活を(しかもケッコンして子供まで!!!)送っていたようです。
う〜〜ん、まぁ…色々あったけど結局無難なセンに落ち着いたという事なんだろうか…?どうなんだろう?(笑)

2003/05/10(第25話・後半)

スミマセン、間が飛んでますね。24話の後半はビデオは録ってあるんですけど見てません。(一応風邪に倒れたりなんかしてたんで…。←言い訳。)先週に至ってはビデオ録りすら忘れてしまいました…(白状)。いや、イベント前だしライブは控えてるしで…もうてんやわんやだったんスよ…。

ってなコトで久々に見たら話がとってもとってもと〜〜〜〜〜〜っても進んでた。ビックリした(笑)。街の人は皆カラス人間になっていた…ガーン…。王子の最後の心の欠片はあひるが持っているペンダント(チュチュに変身する時使うヤツ)だったらしい。しかもるうちゃんがプリンセスだぁ?!(何だよ、みゅーととあひるがくっつくって話じゃなかったのかよ?!/笑)あひるはペンダントを外して王子に返したいのにペンダントが外れない。自分のワガママで物語を終らせたくないと思うからそうなっているらしい。…ま、終ったらトリになると思えばそうかもな…。
しかし、ここで登場ダークホース(笑)。ふぁきあはいつの間にあんな芸術家気取りの衣装を着る様になったんだ?(笑)自分だけを責めるな、とか言ってあひるを説得するのですよ、踊りながら(笑)。あひるはふぁきあとくっつくのか?そうなのか????何だかちょっとラブラブな雰囲気を醸し出しつつ(笑)ふぁきあがあひるを救出。あひるは王子にペンダントを渡すために走って行きます。あひるの物語を書くふぁきあ。どうやらみゅーとは電波系から脱出したらしい。ちょっと勿体無い…(←電波系好き。/爆)今日はちゃんとズボンを穿いているようですが(誰かアタシの「部屋にいたみゅーと(飛び降り事件の時とか)は下を穿いていたのか否か」という壮大な疑問に答えを出してくれ。/笑)上着は前全開です。ライブの時のニシカワかっての(笑)。でも好き(爆)。下穿いてないもの好きだし(穿いてないと決まったワケじゃ…)前全開も大好きです。オッケーです(笑)。

タマゴの中みたいなところに閉じ込められていたみゅーとはチュチュが必ず来てくれると信じて待っていたそうです。王子ってゆーより姫だろ、ジブン(笑)。チュチュに最後の心を返してもらった王子みゅーとは完全復活。ペンダントを渡してしまったあひるはトリの姿に戻ってしまいます。みゅーと、王子衣装に変身。折角の前全開が終ってしまった…つまらん…(笑)。空中から剣を取り出して(笑)とうとう大ガラスとの最終決戦のようです。ちょっとカッコイイけどね、みゅーと…(笑)。

2003/04/19(第24話・前半)

「王子とカラス」というお話。佳境に入ったはいいんですけど、ぴけの出番はありません。。。

先週ふぁきあに救助されたあひる。ふぁきあにお姫様抱っこされてました。ふぁきあはいつもみゅーとをお姫様抱っこ(しかも微妙に上着だけ羽織った状態。/大爆笑)してたから慣れてるのか…?
カラスの姿になってしまったみゅーとにガックリ来ているのはるうちゃん。カラスの娘じゃないって分かったことだしね…(笑)。あひるは街の周りにある門に王子の残りの欠片が存在することを突き止めますが、それを王子に戻すと同時に大ガラスが復活してしまうという話を聞かされます。…つってもタダの鳥だろ?とかいうツッコミは却下(笑)。大ガラスがどんなに強いのかは知りませんけど、とりあえずアルテマウェポンだけ装備していれば何とかなるんじゃないかな?!(笑)

2003/04/12(第23話・後半)

相変わらずシリアス路線。ぴけは画だけ(笑)チラッと出てました。可愛い…(^^)

怪電波みゅーと、すげーよ、クジャ様もビックリだよ!(喜)好きかも、好きになれるかも、みゅーと!!(爆)そんな怪電波にウキウキしながら(笑)一方でチュチュはドロセルマイヤーとお茶会(?)です。うずらちゃんが歯車を逆回転したので話が逆戻りしてるらしい…これ以上話をややこしくしないで下さい…(泣)。タイム・パラドクスとかいう単語にも、若干のトラウマがあるし…(笑)。
話が逆戻りしてちっちゃいるうちゃんが出てきました。るうちゃんにもちっちゃい頃があったんだな…アタシにもあったはず、ちっちゃい頃…(太古の昔。/笑)カラスに追いかけられる「ぷちるう」(笑)を助けるみゅーと。ボンヤリかつ無表情ですが比較的カッコイイです。これはアリかも(笑)。るうちゃんの「るう」という名前は自分で付けたらしい事が発覚。ちっちゃい頃のるうちゃんはちゃんと(?)「クレール」だったのだ。
ドロッセルマイヤーはあひるに王子を自分だけの物にしたいと思わないか、みたいな事を言ってそそのかすのですが、あひるはそんな戯言に負けません。だって主人公だから!(笑/オトナな理由。)ぴけやりりえちゃんが回想のようにチラッと出たのはこのへん。ふぁきあも負けませんでした。だってみゅーとが好きだから!そして騎士のコスプレイヤー(違)だから!(またしてもオトナな理由。)モーレツなイキオイであひるのお話を書き始めたふぁきあ。締め切り前のド根性!行くぜ夏コミ、落とすな新刊!!!(違います。大きく間違いです。/笑)ふぁきあの活躍で(あひるの力も影響して?)無事ドロッセルマイヤーの下から通常空間へ戻ったあひる。ふぁきあの腕に飛び込んじゃったりなんかして、アンタらエエカンジなの?(笑)そうそう、あひると一緒にドロッセルマイヤーの空間へ迷い込んでいたうずらちゃんの所に現れたのはエデルさん。エデルさんって結構キーパーソンだよね…(笑)。ちょっと素敵でした。
ラストシーンは再びるうちゃん。るうちゃんは赤ちゃんの頃にカラスに攫われただけで、本当は普通の人間なんだと(当たり前だとか言いたい気持ちはグっと堪える事。/笑)気が付いてしまいました。「クレール」の装束ではなく人間の姿に戻ったるうちゃん。しかし、そんなるうちゃんの背後に現れた一つの影!台詞は忘れたけど(忘れんなよ…。/笑)ナンだったと思う?誰だったと思う?!カラスの顔(そして袖からはカラスの羽)した、みゅーとの声で喋る正体不明のドーブツ!!!!いやもうアレはみゅーとのコスプレをしたカラス(声真似は上手い)だろッ?!(爆)今週のビックリドッキリ賞でした(笑)。気になる続きは、次週。

2003/04/05(第23話・前半)

話が分かりづらくなってきたよ…(笑)。あひるは相変わらず閉じ込められた(?)まま。うずらちゃんの活躍にも期待が持てるような持てないような。一番期待しづらいのがふぁきあ(爆)。お話を書こうとしても書けない、締め切り前ってツライね…(笑)。ヤツは役に立つのか?どうなんだ、メガネ君(笑)。ダークホースで期待しているのはクレールです。大ガラスとの関係が微妙な感じ。ようやく利用されているだけだと気が付いたか?彼女が一気に寝返るというのも、悪者を出さない結末としてイチオシ(笑)。かなり電波系になってきたみゅーとにも期待してます、クジャに負けない怪電波プリーズ(大爆笑)。
お話の流れとしてはドロッセルマイヤーvs皆、という構図になってきそうですが…

X Home X

inserted by FC2 system