電光超特急ヒカリアン 感想文04

X Home X

2002年4月28日(第4話)

前半は「ボーガイ君を倒せ」ボーガイ君てナニさ?という感じですが、悪役ブラッチャーの作品らしいです。携帯電話を使えなくして皆をイヤ〜〜な気分にさせようという作戦なのだそうです。確かに、ケータイ使えなくなった日には困る人が沢山いますね。(私はあんまり困らナイ。/笑)ケンタ君はドクターの点検に付いて行っているようです。「ドクターだからな。」(笑)走行中のウエスト、ボーガイ君を発見。「何だアレは?」バイザーを上げるみたいに目が出てくるのってちょっとカワイイ…(笑)。「やっぱりブラッチャーだ。」ブラッチャー印を確認したウエストは基地に連絡。「こちらウエスト、ブラッチャーのヘンテコメカ発見!アケミさん聞こえる?」しかし、ボーガイ君(笑)によって通信系が落ちてしまい、全く連絡が取れません。
一方、ドクターは妨害電波が流れていることを察知。「ドクターだからな。」
「ステーションにも通信が取れない!」ウエストは単身攻撃態勢に。「こんな大きいだけのカッコ悪いメカ、僕一人でやっつけてやる!」武器を装備していなかったボーガイ君は大ピンチですが、出力を上げすぎた所為で勝手に変形・攻撃を始めます。…って、そんなこと理論上ありえません。ま、マンガだから(爆)。「くらえブラッチャー!!」勇ましく立ち向かうウエストも怪電波(笑)を浴びてしまいます。「何だよ、コイツ!」「今度はこっちの番だ!」と気丈に攻撃をかけますが…「そんな!ライトニングバードが効かないなんて!」イイですね、常に通用する攻撃では楽しくありません。たまにはピンチもないとね(笑)。更に攻撃を受けてまさに大ピンチ。「のぞみ、つばさ、E4!!」ウエストの声に登場するのはヒカリアンの仲間たち。ヒーローにしか許されないナイスタイミングです(爆)。かけ寄るケンタ君に「ちょっとやられちゃった…でも、どーしてココが分かったの?」ふッ、キミが呼んだからさ!かと思ったらドクターが怪電波を逆探知したんだそうです。高性能ですな、ドクター。「そんなことが出来たんだ…。」「ドクターだからな。」便利ですね、その一言(笑)。さて、応急処置を受けて立ち直ったウエストは再び戦列に加わろうとしますが、ケンタ君は心配しています。「ドクターが応急処置してくれたから大丈夫。だってこれが僕に出来ることだからね。」爽やかですな、ステキですな。
「皆お待たせ!!」「一人だけ休んでいられないよ!」と戦線復帰したウエスト。「みんなの攻撃を一箇所に集中させればバリアごとアイツを吹っ飛ばせるってドクターが言ってた!」一瞬合体とかし始めるんじゃないかと(笑)思いましたが、各個人の技を同時に放つという戦略のようです。皆の必殺技(シークレット部分で再度触れます。)が披露されて、無事にボーガイ君を倒します。線路上で爆発炎上ですけどね(笑)。きっとあの線路はドクターが直してくれるんでしょう…。
「自分に出来ることをする」今日の学習キーワードを引っさげてケンタ君はレギュラーテストを受けるのですが…一体、何のレギュラーになりたいの???(笑)

後半は「真っ黒ウエスト」…サブタイトルから既に期待が膨らみます。真っ黒って事はよ!ブラックウエストなワケよ!ね!(笑)洗脳されたブラックジタン等々、過去の事例から検証してもブラック=オイシイこと間違いなし!!(わくわく!)
それはさておき、JHRの基地では新しい武器が開発されました。ヨーヨーです。ヨーヨーなんだけど…。。。今日の謎。「時定できるの?ヨーヨー。」そう言っていたのは画面上間違いなくケンタ君なんだけれども、声がウエストだった気がするのはどうしてだ…?幻聴か?(笑)ま、オトナの世界には色々な事情がありますからね。深くは触れません(笑)。
ヨーヨーにチャレンジした時定は紐を首に巻きつけてダウン。「人工呼吸だ!」「オレはヤだ!」って言ってるのぞみとつばさ、かな?面白かったです(笑)。「そうだ、ヨーヨーならケンタ君得意じゃなかった?やってみてよ!」とウエストが提案しましたが「部外者はダメ」と却下されてしまいます。臨時の出動要請がかかったウエストはケンタ君と遊ぶ約束をしていたのですが、やむなく仕事へ。「ゴメン…」ウエストは謝るのですがケンタ君は「イイよ別に、どうせ僕は部外者だからね!」と出て行ってしまいます。ってゆーかいつの間にそんなウエストに懐いていたんだ、ケンタ君(笑)。
今回のブラッチャーは猫を真っ黒にするという…どうしてそうなったんだか、聞いた気もするけど覚えていません(笑)。ミナヨちゃんのお店にいたケンタ君&つばさですが、猫を真っ黒にしたブラッチャーを追って表に出ます。睡眠不足を解消した(笑)オヤブンにアッサリやられるつばさを助けに「そこまでだ、ブラッチャー!」と登場してきたウエストが逆に真っ黒にされてしまいます。
基地には戻ったものの、ウエストの真っ黒は取れないまま…。ケンタ君が先刻のことを謝るのですが「フン!イヤだね!」来た、ブラックウエスト!!(期待)のぞみが「お前、何だその思いっきりゴーマンな態度はッ!」って言ってるのが面白かったけど(笑)ウエストは「うるさーい!大飯ばっか食らいやがって!」「お前も黙れ!!」と暴れ放題。「正義の味方?笑わせるな、今日からオレ様は悪の大王だ!!」正義の味方もハマっているけど、こういう悪っぽい役もステキです。サスガさち様(笑)。洗濯物を干していた奥さん(笑)に「…なら、気持ち悪くしてやるぜ!」って言ってるのが妙にカッコイイ!そんな悪さし放題のウエストを見込んで(?)ブラッチャーは子分になれと言ってきます。「何だと?」「子分になるのはお前達だ!今からオレの事を大親分と呼ぶがいい!」凄まじい、すごい勢いです、ブラックウエスト(笑)。ブラッチャー達にマッサージさせてる時も「そこじゃねーんだよ、肩甲骨の横だッつってんだろ!!」恐ろしい、恐ろしすぎるブラックウエスト!でもちょっと好み(笑)。その時、ふと目に止まった自爆装置で何か企んだようです。(どうして悪役は常に自爆装置を持っているんだろう?ヒーローなのに自爆したのは某番組の陰気な(笑)主役くらいだ。)「この自爆装置をJHR基地にぶつけて作動させれば…」ブラックウエスト、ブラッチャーよりも効率的な作戦を考え付きます(笑)。
JHR基地に向かおうとするウエストの前にやってくるのはケンタ君。「僕は信じてるよ、君の正義を!」…はぁ。オネーさんにはそういう若い感覚ってナイなぁ…なんてちょっと冷えた目で見ていたら「アホか、あんなクサい台詞に感動すんなッ!」やっぱりイイかもよ、ブラックウエスト!(笑)「これを使うしかないか…」とのぞみが持ってきたのは「真っ白光線銃」エラく短い時間でワクチンを作りましたね…(笑)。「そんなウデでやられるオレ様じゃない」と言いながら軽快にのぞみの真っ白光線銃を避けるウエストでしたが「ゴメン、ウエスト!」ケンタ君のヨーヨー攻撃で動きを封じられ、真っ白光線を浴びます。「…あれ?僕一体何をしてたのかな…?」ちょっと勿体無い気もしましたが(笑)無事にウエストは元に戻りました。ケンタ君も活躍を評価されて準隊員に。「大丈夫、ケンタ君なら出来るって。」「色々、迷惑かけてゴメン…。改めて握手してもらえるかな」ケンタ君と握手をしてめでたしめでたし。

シークレットファイルでは前半に出てきた各キャラクターの必殺技を紹介。のぞみが「ライトニングライキング」つばさは「ライトニングウイング」E4は「ライトニングバッファロー」だ、そーです。つばさの技が結構キレイで好きです(笑)。
予告でもウエストが活躍。新たな悪役「ユーロスター」(笑)っていうのが出てくるらしいのですが「僕こんな人と戦いたくないよ〜…」そう漏らしたらミナヨちゃんが主役の交代要員を募集し始めました(笑)。「いつまでも、あると思うな主役の座!」ウエストの「見捨てないで〜(ToT)」っていう台詞とセットで(笑)ステキでした。

X Home X

inserted by FC2 system