電光超特急ヒカリアン 感想文13

X Home X

2002年6月30日(第13話)

確かに先週マッドロイドZなる巨大メカの頭部は回収されていた。でも、ナニ?今週のアレはナニ???いやいや、マジでどこから本気?どこまで冗談?(笑)

シリアスタッチで始まった今週。シルバーエクスプレス(ブラックエクスプレスのボス?)によって回収されたマッドロイドZの頭部を改良してブラッチャーが大型の格闘兵器(?)を作ったらしい。宇宙規模の戦いになってヒカリアンの手に負えるような事態じゃなくなって、「リストラされたオヤジのように」ヒカリアンたちは去って言ったらしい…。
…ってさぁ、どこまで信じる?(笑)とりあえずね、ブラッチャーが大型兵器を作ったまではイイよ。ヒカリアンの手に負えなくなったも100歩譲ってオッケーにするよ。でもさぁ、ウエスト達の代わりに戦ってる(しかも宇宙空間で)のが大食いのアケミさんだったり声がイイだけがとりえ(とアタシが勝手に思っている)時定さんだってのが、それがもう冗談でしょ?(爆)

とりあえず「地上(と書いて「ここ」と読む)より永遠に」というサブタイトルはウエストのイイカンジの声で入っていたので問題なし(笑)。何だかスターウォーズみたいになってますけど、ケンタ君もJHR基地の周辺で「ウエストに、ヒカリアンに会えるまでは帰らない!」とか言っちゃってます。…ということは、ケンタ君も動きを察知しないほどの速度で事態が急転したと?あんなリッパな宇宙基地作ってる間にケンタ君は成人しますよ、フツウ(笑)。ケンタ君的には「何がどうなっちゃってるの?」だけど、も〜ちょっと大人の目線であるアタシ的には「何をどうしたいの?」ってカンジ(笑)どーしたらイイ?オネーさん何をしてあげたらいいのかな?(笑)
ブラッチャーはモビ○スーツのような巨大兵器を作製中。一方でJHR軍(ってゆーか、「軍」って…。)のモ○ルスーツ…もとい、「格闘兵器」のパイロットであるハズの時定さんは何故かマージャンを…(呆然)。大変だね、ニュー○イプってのはね…(番組違います。/笑)

で、肝心のヒカリアンたちは何をしているのかというと、つばさは道路工事の作業員(やっぱりガテン系なのか…。/笑)のぞみは絵描き(どうして?!)しかも1枚100円(笑)。二人ともヒカリアン殲滅隊なる人たちにやられてしまいます。ケンタ君も怪しげな学校の先生に追いかけられて大ピンチ!「ウエストーーーッ!!!」これで応えなかったらウエストと言えどマジでシメる(笑)。「この声!」良かった、やっぱりウエストはウエストね(笑/もしかしたらシメられたくなかったのかも。)新聞配達をしていたようです。爽やかでイイんじゃないでしょうか(笑)。「ケンタ君!!!」といつも通りに登場してカッコ良くライトニングバードを放つのでした。はぁ、何だかホッとしたよ…と思ったのも束の間。「ケンタ君、大丈夫?」そう言ってたウエストの方がヨレヨレです。「ヒカリエネルギー使い過ぎちゃったみたい…。」そんな軟弱な…(笑)。いつまでこのペースが続くんだと思い始めていたモモコさんでしたが、どうやらまだまだこのペース。
「ケンタ君、もう全てが以前とは変わってしまったんだ。JHRもブラッチャーも…。」「ボク達ヒカリアンの出る幕じゃないんだ…。」アンタ達この1週間で何があったんですか?(^^;)現れたブラッチャーの格闘兵器(もう「○ビルスーツ」って呼んでもイイ?/笑)にあえなく一撃食らってしまったウエスト。ぱっくり割れた地面に転落しかけるところをケンタ君の腕に支えられますが…「分かっただろ?もうヒカリアンじゃダメなんだ…。」「手を離してケンタ君!このままじゃ二人とも…。」言い方はカワイイけど、ここで手ェ離したら番組になりません(笑)。何と二人して奈落へ…(ロード・オブ・ザ・リングのガンダルフみたいだ…。/笑)
戦況はといいますと、JHRのモビ…「格闘兵器」!(笑)のJHRガルーダなるものを復活した時定さんが操縦して出撃して行きました。崖下のウエスト&ケンタ君。あの高さから落ちたらまず原形は留めないだろうと思っていたんだけど…比較的お元気そうで何より(笑)。何かこのまま来週まで行っちゃうみたいだけど…どうなの?(笑)どうするの??(爆)

予告も相変わらずシリアスタッチで…。「ケンタ君、逃げるんだ!!」ってウエスト、その言い方はすんごい好きなんだけど…意味分からない(爆)。

X Home X

inserted by FC2 system