電光超特急ヒカリアン 感想文14

X Home X

2002年7月7日(第14話)

スミマセン、夢オチとか、そういうんじゃなかったんですか…?(オトナの深読み。/笑)結局ウソや冗談ではなくマジだったらしい…。本気なんだろうか…。最近の子供はあの展開に付いて行けるんだからスゴイ。。モビルスーツで宇宙戦に入るなんて遠い未来の事だと思っていたアタシが古過ぎたのか…(笑)。

とにかく謎が謎を呼んだ先週に引き続き、またしてもガン○ム調で始まりました、「日はまた昇る」=朝が来る=夢オチと踏んだ大人はアタシの他に二人くらいいてもバチは当たらないと思うんだけど…どうかな?(笑)先週は断崖から転落していたケンタ君&ウエスト。「ケンタ君!しっかりしてケンタ君!ねぇケンタ君!!」もう本当にケンタ君が大好きでいやがりますね(笑)。意識を取り戻すケンタ君に「ケンタ君!よかったー。大丈夫?怪我してない?」っていう時の「よかったー。」がかなりスキ(笑)。言って欲しい。言わせてみたい。レッツマブダチ!(爆)「ボクの方はバーニアがやられちゃって…」と意識が戻ったばかりの人間に対して喋りまくる(笑)ウエストの横で「…キミは…誰?」げげッ!お約束ッ?!(爆)ウエストも動転して「何言ってるの、ふざけないでよッ」って言ってますけど、どちらかというと先週〜今週までの話の方がよっぽど脈絡もなくフザけてるように…(自爆)。
その一方で時定さんも記憶喪失…。そう簡単にあっちもこっちも記憶喪失かね…?ま、子供に分かる範囲で劇的な病気って言うと白血病か記憶喪失だからね(笑/そうなのか…?)ウエスト達はというと「ケンタ君頑張るんだ、とにかくここから脱出しなくちゃ!」って、アンタ…バーニア壊れたのはイイけどさ、よじ登るか?その絶壁を…。と思って見ていたら、ナンと登り切りましたよ奥さん!(笑)ロッククライミングの選手か何かになった方がイイね。
崖を上ったかと思うと、先週出てきました「ヒカリアン殲滅隊」の皆様。「危ないッ!」ウエストがバッサバッサと敵を倒し(バーニアが壊れた割には元気。)ちょっとカッコエエと思いながら(笑)見ていたのですが、サスガに数の差で押され気味。ケンタ君が危ないというその時、どこからか大集合、先週倒されていたヒカリアンたち。ミナヨちゃんの回復魔法で復活したらしいが、その回復魔法の原理も不明。しかも、今回限りっぽい(笑)。ヒカリアン殲滅隊を倒したヒカリアン達は、焚火を囲んで作戦会議(?)です。ザナルカンド遺跡に入る前のFF10パーティみたいだな…(分からない例えを使いすぎ。/笑)ケンタ君が記憶喪失になった事を仲間に話すウエスト。「ボクも、どうしていいのか分からなくて…。」ケンタ君は記憶を失いながらも、ヨーヨーだけは覚えているとの事。しばらくそうして話し合っていたのですがウエストがついに「皆、帰ろうJHRに!」と言い出します。帰った所でオレ達に何が出来るんだ、という意見にも「それは、ボクにも分からないけど…でもボク達にも何かできるかもしれないし…。それに、ケンタ君だってJHRに行けば何か思い出すかもしれない。」イイですね、常にケンタ君のことを考えてますね!方向としてはオッケーだと思います(笑)。

ところが、JHRに戻ってみると、なんと全面降伏すると言うではありませんか。「そんなー、ボク達にだってJHRガルーダがあるじゃない!」でも、JHRガルーダは何とかって言う部品(?)が壊れていてパイロットを乗せて合体できないんだって。「そんな…ブラッチャーに負けるなんて…」ブラッチャーの猛攻を受けて退避するヒカリアンとJHR職員。ケンタ君と時定さん(物忘れコンビ。/笑)が廊下でぶつかって「キミは…。」「アナタは…。」おお?と期待させておきながら二人声を合わせて「ダメだー、思い出せないッ!!」ちッ!無駄なことしてないでさっさと逃げる!(命令?)「さあケンタ君!」促して走り出そうとしたウエストとケンタ君の近くでドカーンと爆発が起きまして、壁の向こうに見えたのはJHRガルーダ、でした。
基地と心中(?)を決め込んだ本部長と…何だっけ、あのまるっこい人…(←軽く記憶喪失。)とにかく二人の正面にあるモニターに映った(あんなに攻撃されてもモニターは無事。/笑)ケンタ君が「JHRガルーダ、発進します…。」すごいですね、記憶喪失の子供がアレを操縦するんですか?ってゆーかケンタ君はきっとニュー○イプなんだね!(笑)「チェンジ、ガルーダ!!」いよッ!勇者シリーズっぽくなってきた!(笑/違うぞ、自分…。)ケンタ君の操縦するガルーダの背後から新幹線型のウエストが走ってきて…ガーンと組み込まれて「ライトニングガルーダ!!」いや、すんごいスキですけど「銀の翼にのぞみを乗せて、灯せ平和の青信号!」みたいな、そういうノリは(本部長しか知らないネタ?/笑)でも、どういう仕組みなのかは一切不明(笑)。きっと深い事は考えるなって言う意味なんだと思う。火鳥にーちゃんがロボットになる(?)時に破けた皮膚(!)はどうやって戻ってくるんだろうとか、そういうこと考えたらダメなのと一緒!(笑/更に古い…。)

ブラッチャーのロボに押され気味のケンタ君。ウエストは声となって応援(笑)。この事から、JHRガルーダのメインパイロットはやはりケンタ君になるらしい。アレだね。ガインは喋るけど、操縦は舞人さんってゆーカンジだね(笑)。ウエストの「ケンタ君、自分を信じて!」「ホントのキミはとっても強い男の子なんだ!いつだって勇気を出してボクと一緒に戦ってきたじゃないか!」っていうのも、それっぽくて大スキ(笑)。で、宇宙を舞台に(JHRガルーダのコックピットは重力もある(笑)仕様らしい。)他のヒカリアンたちも参戦してブラッチャーをやっつけます。何か、ウエスト&ケンタ君のJHRガルーダは新技が出てましたけど…背中に翼が出る演出まではスキだったけど…最終的に…カメ○メ派っぽいのがちょっと…(爆)。ごく個人的にはあそこから剣を出して斬って欲しかったかも〜…(笑)。でも結構感動しました、新技。ガルーダも今回限りでなく、これから何度か出し続けて欲しいと思います。もちろん、ウエストと合体バージョンの「ライトニングガルーダ」を希望!

無事、ブラッチャーを倒したケンタ君はJHRの正式隊員に。「おめでとう、ケンタ君!」…って、何だか何事もなかったかのように話を終えようとしていないか、アンタ達ッ!何よ、夢オチじゃないの〜〜〜ッ?!(困惑)

次回予告を見てみたら、すっかりいつも通りの雰囲気でした。次回は夏祭り、らしい…。この2週間って一体何だったの??(笑)

X Home X

inserted by FC2 system