電光超特急ヒカリアン 感想文40

X Home X

2003年1月5日(第40話)

前半の「あこがれのエアポート’03」はウエストの出番こそ少なめでしたが台詞はステキ過ぎました(笑)。だって、出だしが「もー!折角ケンタ君と二人っきりで遊ぼうと思ったのに、ライナーったら邪魔して〜…」と何だか非常にロコツなカンジで(爆)ケンタ君激ラブです(笑)。二人っきりで一体何をしたかったんだ…?(笑)でもケンタ君が「ボクは楽しみなんだけど…」って言うと「ううん!ケンタ君が楽しみなら、僕も楽しみ!!」…か…かなりのバカップル…(大爆笑)。新年早々やってくれます、ヒカリアン(笑)。ライナーに飛行場を案内されていたのですが、通りすがりのスチュワーデス・リホちゃんなる子と激突。負傷した彼女の手伝いをすることになってしまいました。が、何故かトイレ掃除をしているウエストとケンタ君。「スチュワーデスさんってトイレ掃除もするんだ〜。意外だなー…」実はこれ、フライトに失敗した(っていうのがどういう事なのか知らんけど。/笑)リホちゃんの罰掃除(今時バツ掃除って…?しかも航空会社に…?/笑)を引き受けてしまったようです。続いて飛行機の窓磨き。「リホさんっていつもこんな事やってるのかな〜。」…やってません(笑)。
一方、飛行機で国外逃亡を謀ろうとする(?)ブラッチャーとライナーの攻防戦が続きます。スチュワーデス代理のライナーが客であるブラックエクスプレスに何か芸をしろと言われてウエストのモノマネをすると言うのですが…。それが…(笑)「ケンタきゅ〜〜〜んvvv」すごい、これはスゴイ(大爆笑)。同じタイミングでクシャミ(可愛かった。/爆)をしたウエスト「…風邪でもひいたかな…?ケンタきゅ〜〜〜ん、ちょっと休憩しようよ〜」ってさりげなく「ケンタきゅ〜〜ん」だし(爆)。今度からこれで統一するって言うのどうでしょう?(笑)更には「何でこんな事やってるのか良く分からないけど、ケンタ君と一緒だから結構楽しいや♪」そしてニャハハ笑い…(爆)素晴らしい、今週素晴らしいです(笑)。今年はずっとこんなカンジでお願いしたい(笑)。
お話としては傍若無人を働いていたブラッチャーたちがライナーにやっつけられて終りました(本筋は結構どうでもよかったらしい。/笑)

後半は「美しき獣たち」という…割と意図が分からないカンジで…(爆)。でも好きでした(笑)。「もう逃げられないぞブラッチャー!」開始早々にブラッチャーを追い詰めるヒカリアンたち。珍しくポリスウィンが参戦してるな〜と思ったら…「やったーー!!」勝利を確信した瞬間に「…え?」ポリスウィンの手錠でブラックエクスプレスと繋がってしまったウエスト(笑)。そのままJHR基地まで戻るのですが…「もー!どうして鍵なくしちゃったんだよーーッ!!!」こういう、ちょっとタメ語っていうか(笑)言葉遣いがちょっと乱暴気味になる時のウエストってすっごい好きなんですけど、どうよ?(どうして欲しいんだ、自分。/笑)どうにか外せないかとドクターに声をかけますが…「じゃじゃ〜〜〜ん!!ドクタースティック!!」…じゃじゃ〜〜〜ん、って…最近キャラ変わってないか、ドクター(笑)。直後のウエスト「…って、タダの針金じゃん。」これ、大好きだった!ぐはッ!!!(致命傷)何だかちょっぴりステキなノリでしたが、隣でブラックエクスプレスが「何でこんな奴らにいつも負けちまうんだろう…」って言ってたのも好きでした(笑)。
とにかく、どうにかなるまでは留置場にいてもらおうというポリスウィンに「…りゅーちじょう…?」ライナーが「牢屋のコトだよ。」と親切に(?)教えてくれて「牢屋ぁ?!」すかさず「ボクはヒカリアンだよ、何でブラッチャーなんかと!」ブラックエクスプレスに「お子ちゃま」呼ばわりされて「何だと〜〜〜〜ッ?!コドモ扱いすんな〜〜〜〜〜ッ!!!!(怒)」…全然キャラは違うんですけど、自分の某(笑)小説の中で吐かせた台詞と同じ台詞が聞こえてきて泣きそうになった(爆)。偶然の神様、ありがとう(感謝)。巻き戻してもう1回聞いちゃったv(バカ…。)
言い争いをする二人に暁美さんが温泉饅頭を出してくれますが、ブラックエクスプレスは飛びのいてそれを拒否。一緒に吹き飛ばされたウエストの「何すんだよーーッ?!」っていうのも大好き♪今日はイイ日だ…(潤ってます。/笑)どうやら温泉饅頭爆弾を食べてからというものの饅頭恐怖症になったらしいブラックエクスプレス。「へへーん、饅頭が怖いなんてそっちこそ子供だね〜。」コドモに饅頭の恐ろしさは分からないと意味不明の(笑)反撃をされても「知らないねー!饅頭怖くて泣いちゃうヤツなんかと一緒に牢屋になんか入りたくないもーんだ!!」ええまぁ、純粋に(?)考えて、二人っきりでアンタがたを牢屋という限られた空間に閉じ込めるのはアタシ的にも賛成できません(笑)。っつーか手錠で繋がってる時点でちょっとなぁ…(笑)。ブラックエクスプレスとウエストだからどうにかなってるようなモンであって…ねぇ?(敢えて深い事は言いません。/笑)ぎゃんぎゃん騒いでいたら本部長に出て行けと怒られました。

「出て行けなんて、酷いよ…。」JHR基地を追い出されたウエストとブラックエクスプレスはブラッチャー基地にも行ってみますがこれもNG(笑)。この時の「あぁ…愛が欲しい…。」っていうウエストの一言、サイコーでした(爆)。本当に今日は素晴らしい。今年はずっとこうなのかしら?(期待)考えた末に二人は「ケンタく〜〜ん♪」とケンタ君の家へ。「ケンタ君なら絶対優しく迎えてくれるよ〜vv」期待いっぱい、胸いっぱいの二人でしたが…何か雨戸みたいなのが閉まってませんか?(笑)通りすがりのミナヨちゃん、二人を「愉快なツーショット」と呼んだのはサスガです(笑)。彼女の話によるとケンタ君は家族旅行に行ってしまったらしい。ブラックエクスプレスの「いたのか、家族…。」っていう一言、視聴者の気持ちを代弁(笑)。当分帰ってこないと宣言された上にミナヨちゃんにまで見捨てられたウエストとブラックエクスプレス。「世間って冷たいね…」「僕たち、これからどこへ行ったらイイんだろう…?」するとブラックエクスプレス「街を出よう…。」ウッカリするとジャンルが変わってきそうな雰囲気ですな(爆/深いこと聞くな。)

やって来たのは山奥(笑)。「ねぇ、こんな山奥に来てどうするの〜?」「ねぇ〜〜、お腹空いたよ〜〜。」ブラックエクスプレスは木によじ登って食料を得ようとしますがウエストはというと「ボク木登りなんてできないよ…。お腹空きすぎて飛ぶこともできないし…。」とかなりヤル気なしモード(笑)。ってゆーかここ一連の台詞の言い方が非常に激マブで(笑)マジにジャンル変わるんじゃないかと心配しました(大爆笑)。ウサギを発見して捕まえようとしても手錠の先のウエストが重石に…「ウサギなんて食べられないよ〜…。」空腹に苛まれた二人の前に、ある日魚が…「おさかな!!!!」もう少しで魚をGETできるというその時、横からそれを奪うものがありました。何とクマが登場して(笑)必死に逃げるウエストとブラックエクスプレス。夜、野宿をしていたウエストたちでしたがウエストはなかなか寝付けません。「どうしてこんなことに…。」「皆冷たいよ…。」泣きベソをかいていると「どうした、眠れないのか?」どうしましょう、ジャンル変更ですか?(チガウ。/笑)ブラックエクスプレスの声に「お腹空いちゃって、それに、とっても寒いし…。」すると、ウエストに寄り添ってくれるブラックエクスプレス。(ジャンルコード変更でお願いします。/笑)「どうだ、少しは暖かいか?」「うん、とっても。」いやぁ、どっちかっつーとアタシャつばさなんだよなァ…なんて余計な事を考えてしまいました(爆)。
今までの全てを捨て去り、森で生きて行こうと決意を固めた二人。それから野生に生きます(笑)。手錠は何かの弾みで切れたのですが、ワイルド生活続行(笑)。クマも倒してすっかり野生化しました。…が、暫くしてハンターに捕獲され、JHR基地へ。見事に野生化した二人はもやは言葉も通じません。そこへ家族旅行から帰ってきたケンタ君。「二人が大変な時に側にいてあげられなくてごめんね…。」お土産の温泉饅頭を差し出すと…「ケンタ君!!!」ウエストはステータス異常が回復(笑)。「愛の力ね…。」っていう一言がたまりません。やっぱ愛のチカラだったのか(笑)。ちなみに饅頭嫌いのブラックエクスプレスは回復せず、野生化したままでした。。。

次回予告、あまりにスゴイ勢いで喋っていたので思わず聞き取ってしまいました(笑)。「夢か現か幻か、砂の嵐に突如そびえる鉄のタワー!電波、電波、電波なの〜?ヘッドフォンにアイマスク、ぶらりいい旅夢芝居!見上げてごらん夜空の星を、ここは地の果て流されて…どこ〜〜〜〜ッ?!?!」…ええ、例によって来週のOAがどんな内容だかサッパリ予想がつきません(爆)。

X Home X

inserted by FC2 system