電光超特急ヒカリアン 感想文42

X Home X

2003年1月19日(第42話)

「永遠の眠り」先週の続きで、いつになくシリアス路線です。JHR跡地にポツンと立ち尽くすウエストとケンタ君。「ケンタ君、僕Xが許せないんだ。…シルバーに操られていたってXがやった事に変わりはない。つばさや皆を…」以下、モモコ的意訳:ケンタ君、僕Xが許せないんだ。(ケンタ君を巡る恋のライバルだから!/爆)シルバーに操られていたってXがやった事に変わりはない。つばさや皆を…(つばさは特に別格扱い。/笑)そうです、ウエスト的にはどう考えたってケンタ君をXに譲るわけには行かず、しかも大好きなつばさをやっつけた憎き敵です。もう倒すしか、倒すしか〜〜ッ!!!(笑)

迷いを見せるケンタ君に「ケンタ君!」と強い声で押しをかけます。そうだ、ガンバレウエスト!!(応援の仕方が間違ってないか、自分…?)「Xはやっぱり仲間じゃない、仲間なんかじゃないんだ!!」今週はウエストのウエストたるを見たって感じです。やっぱ主役はこうじゃないとね〜〜(^^)。ケンタ君にメロメロ激ラブなウエストもステキですが、黙ってオレについて来い!的な今週のウエスト(いや、だから違…)もカッコエエ!!(妄想爆走。)
いつもとは一味違う感じで本物のカッコ良さを醸し出しているウエストですが、一方でセブンはユーロ男爵の呼び出しで月に行っていたようです。…セブンってユーロとデキてるのか?(すぐそういう風に考えるな。/爆)自分のコピーみたいなのが出てきてピンチ気味のセブン。何となく、セブンのコピーを作っちゃうユーロ男爵がイヤ。。(笑)

再びウエスト達。とうとうXがやってきます。「…来た。」ぐあぁぁ!!!シリアスなウエストっていいね〜〜〜!!!えっちくさくて!!(落ち着け。/笑)睨み合うXとウエストの間に飛び出したケンタ君は何とか戦わずに済ませたいと思っているようですが…。「危ない、ケンタ君!!」Xの攻撃からケンタ君を見事庇います。これで更にポイントアップ(笑)。「分かっただろ、ケンタ君!もう戻ることなんてできやしないんだ!!」それはもうケッコンするしかないっていう事ですね?!(違います。しっかりしろ、自分。)
先週タワーへ向かったのぞみは、スターと対決。どうも戦力的にヤバい感じですな〜。。。
再びウエスト&ケンタ君。ついにガルーダでXと対決。「ケンタ君!あそこにいるのは僕たちと一緒に遊んだXじゃない!つばさや皆を倒した憎い敵なんだ!!」凛々しい〜〜!!凛々しいがやっぱり「つばさや皆を」なのね…vv(ニヤリ)何だかケンタ君争奪戦っぽい雰囲気(←間違い。)ですが、突如妙な外人登場。アニメのガイジンってどうして片言の日本語を話すんだろう…?(笑)そういえばこの人、先週も出ててような気がするなァ…。先週は小生意気そうな兄ちゃんがいたような気がするけど、彼はどうした?(ビジュアルが良さそうな雰囲気なのでチェック済。/笑)

Xと戦うガルーダはやはり戦力が違うようでいっぱいいっぱいです。「平気だよ、このくらい。僕強いんだから!」っていうウエストが…(涙)。おねーさんがやっつけてあげようか?(笑/ある意味では恐らくXより強い。)タワーで戦っているのぞみもピンチ。スターに蹴落とされてあわや地面に激突かと思われた瞬間、謎の少年と軽そうな(笑)ヒカリアンに救出されます。まーなんつーか、アメリカから来たんだろ?(オトナは見破る。/笑)しかものぞみが昔、ウエストとケンタ君のように仲良くしてた男の子ってのが彼なんでしょ?(そこまで言うな。/笑)のぞみを救助してすぐに姿を消してしまった彼ら。ま、すぐに再会する事になるでしょう。(これまた深読み。)ボーゼンと見送ったのぞみの背後にはラピートが。彼、スターの天敵みたいだから結構イケるんじゃ?(笑)

引き続きXと交戦中のガルーダはついにライトニングビッグバンを放つ事を決意しますが…。これがまた全く効かなかったりしました(笑/笑ってる場合じゃナイ。)何だか物凄い攻撃をマトモに食らいましたけど…主役だから大丈夫だよね?(オトナって汚い…。/笑)月にいるセブンはビーム砲のエネルギーが溜まって勝ち誇っているユーロに「オマエはやっぱりバカ男爵だな!」カッコエエ、ホントにステキです、セブン…(笑)。ビーム砲が出てくるのを待っていたというセブンは攻撃をそのビーム砲に向けますが…何とユーロ男爵が身を挺して阻止。セブンの剣はユーロ男爵にザックリ。…この二人、本当に何でもないんですか?(フツーこういう時は何かアル。←某業界的見解。/笑)
謎の少年に救出されたのぞみはラピートと二人で再びタワーへ向かいます。どうにかこうにかスターと渡り合っている最中、今回のお話には殆ど絡んでこない(ちょっと淋しい…。/笑)ブラックエクスプレスがラーメン片手に登場(笑)。ウッカリ蹴躓いてラーメンをコンピュータ(と思われる装置)にぶちまけてしまいます。コンピュータはショートして、どうやらシルバーエクスプレスの計画は阻止する事ができたようです。

問題はライトニングビッグバンをものともせず、何だか凄まじい攻撃を受けてヨロヨロ、フラフラのウエストとケンタ君(笑)。先に意識を回復したケンタ君が必死でウエストを守ろうとしてくれてます。有難い事です(笑)。どうなる事かと思いましたが何だか急に地面が割れて(笑)黒い光が噴出し、それからXを庇ったトリとドーブツ(すみません、こんな表現で…。/笑)がバッタリ倒れてしまいます。思わず彼らを振り返るX。そこへフードを被った謎のヒカリアン登場。あのマントというかフードというか、を見て咄嗟に「会わせてくれ、愛しのダガーに!!」って思ったアタシ、相当なFF9好き(爆)。
実はこの人が噂のひかり隊長という人らしく(どうりで渋い感じ。)JHRの皆さんは彼に救出されて全員無事でした。…なら早く出て来いよ!というツッコミは感動のシーンに水を差すのでやめておきます。「良かった、本当に良かった…!」喜ぶウエスト。何よりつばさが無事で良かったと思っているに違いない(誤)。ひかり隊長はXを永遠に封印するんだそうです。何だかスケールの大きな話ですねぇ…。隊長としての自信をなくしていたのぞみに勇者バッチ…じゃなかった「隊長バッチ」を渡して、ひかり隊長は去って行きました。

次回予告を見ていたらやっぱり例の少年(のぞみを助けた子)が出てきていました。ビジュアル的には嫌いではないが…ま、今後検討(笑)。ボンヤリ見ていたらウエストが「ふられ気分でろっけんろーる!」とか言っていたので目が覚めました。ナンだったんだろう…?(笑)

X Home X

inserted by FC2 system