ラジオ☆真・オエセル魂 ザ・ムービー season1 感想文10

X Home X

第10回OA「ヘイ!兄貴!」(2014/08/15UPDATE)

冒頭の茶番でぴっちぴちに潤いました…「ヘイ!アニキ!!」だけで30分持たせたら良かったのに…!ヽ(*´∀`)ノ ←さすがにネタが尽きる(笑)

「パーソナリティはですね、多分…今京都にいると思います。私、松本さちと」「多分、明日ウチの甥っ子の空手の試合の応援に行っていると思う高口幸子と」「多分…じゃなくて確実に群馬にいると思うはらさわ晃綺と」「多分…何もしてない(笑)夏の予定ねぇー!…ライブあります、練習してるかな?」最後はアサミさん(笑)、4名様です。

王子「夏も真っ盛りですよ」鼻さま「お盆じゃないですか」ゆっこさん「ちょうど…」王子「ちょうどお盆休みで…皆さんもどこか出かけてるんですかねー?」鼻さま「いいなー、海行きてーな…プール行きてーなぁ…(´`) 」この動画を埼玉でゴロゴロもぐもぐしながら見ていた私…もう一生海にもプールにも行かない予感(冒険とイマジネーションの海にだけは行く。/笑)
王子「今年お盆京都に帰ってるんだけど…もう18年ぶりくらいかな、お盆に帰るのは」鼻さま「ホント?」ゆっこさん「年末は帰ってる?」王子「帰ってるけど、お盆はなかなか…」鼻さま「京都暑いんでしょー?(´`) 」ゆっこさん「暑そう〜(;´Д`)」王子「盆地だしね」鼻さま「2/3くらい溶けて帰ってくるんじゃない?(笑)」王子「脳ミソがな(笑)」鼻さま「それは元々じゃない?」王子「元々溶けかかってる?(笑)やべーな…」鼻さま王子の脳ミスが既に溶けてるとか失礼だけど(笑)王子の「やべーな…」が大層オトコマエだったから許す…!((*´∀`))

さて本編コーナーは『ありじゃね?魂』からです。趣旨説明はアサミさん。
鼻さま「今回は?」王子「今回は何ですか?」アサミさん「どん!」ポテトチップスとごはん、白米です。王子「これをどうします?」アサミさん「かけると…」王子「ポテトチップスをゴハンにかける!!」鼻さま「オレはこのまま(ポテチだけ)でいい…」アサミさん「このままかけるとアレなので、砕いたものがコチラになります。先ほど調理しました」王子「皆で寄ってたかって…」アサミさん「潰しました」鼻さま「ポテトチップス(だけ)は安定の美味さです!」王子「ポテチは美味いです!(笑)」お茶碗に入ったゴハンの上、粉砕されたポテチがこんもり乗せられました。
アサミさん「あ、見た目は悪くないですね」王子「天かすが乗ってるみたい」鼻さま「絶対貧乏な人食ってますよ(笑)」王子「貧乏な人(笑)」アサミさん「よくあの、芸人さんとかね」鼻さま「間違いなく食ってますよ」アサミさん「さあ…」鼻さま「逆に美味そう」ゆっこさん「まぁジャガイモ…塩味のジャガイモ」←何となく言い聞かせる(笑)

王子「スプーン来ました」鼻さま「スプーン来ましたー」王子「じゃどうぞ、食べてください」ということで鼻さまから実食。結構思い切って行きましたが…。
鼻さま「…全然オイモ味のふりかけです」アサミさん「オイモ味のふりかけってなかなかない…(笑)」←言われても想像できない味(笑) 鼻さま「ちょっと…もーちょっと味が欲しいかなって感じ」ゆっこさん「薄い?」鼻さま「これうすしお?」ゆっこさん&アサミさん「うすしおー」王子「あ、うすしお!」鼻さま「これね、あのね…のりしおの味の濃いヤツとか、コンソメ系の…」アサミさん「コンソメでも美味しいですかね?」ゆっこさん「バター醤油美味しそう」王子「ああー!バター醤油!!」鼻さま「そういう味の濃いヤツだったら、もっとガンガン行ける」アサミさん「辛い系のヤツでも美味しそうですね」ゆっこさん「ここにお醤油かけてもありかな」鼻さま「お醤油かけても全然アリだね」王子「なるほどな!」ま、ゴハンだし塩気のあるものだし、そうそう酷い事にはならなそう。

続いてアサミさん実食。鼻さま「ちょっとゴハンに負けちゃうかな」アサミさん「あー、なるほど」ゆっこさん「じゃ、割合をゴハンちょっと少なめにして…」アサミさん「ふりかけ多めに…」鼻さまふりかけ多めの方が」アサミさん「…ふりかけ?!(笑)」鼻さま「普通にふりかけって言っちゃったよ(笑)」アサミさん「うん!でも、美味しいです。確かにポテトチップス多めの方が味が出てて良いかもしれないです」ゆっこさん「ちょっと見た目は怖いけど…」アサミさん「あと食感が好きです」さらにゆっこさんも恐る恐る食べてみましたが…「うん、うん!」王子「しゃくしゃく音がしてる」ゆっこさん「これは…!」と、ここでカメラがゆっこさんの手に渡ります(ここまで王子撮影)

最後は王子「じゃ、(ポテチ)多めに…行きますよー?」ゆっこさん「どうですか?」王子「美味しい!!やっぱり食感が良いね」鼻さま「食感は抜群にこう…対比があって」王子「美味いッス!」アサミさん「色んな味で試してみたいですね」王子「のりしおだったりとか、コンソメだったりとか…バター醤油」ゆっこさん「ここにマヨネーズかけても…(笑)」鼻さま「ああー!それ美味いよ!」ゆっこさん「マヨネーズずるい…!」鼻さまは何故か2回目食べ始める。腹ペコなのか(笑)
アサミさん「投稿で、この味オススメですとかやってもらいたいです」王子「試してね」ゆっこさん「すごい美味しい食べ方とか」鼻さま「…美味い(笑)」←2回目。王子「ゴハンも美味しいね(笑)」ゆっこさん「良かった(笑)」ということで、今回も全員『アリ』という結果でした。

鼻さま「普通に美味しいね」王子「美味しかった、最近『○』やな、全部。美味しいものが当たってますね」ゆっこさん「私達が逃げてるかもしれないですけど…!」鼻さま「守りに入ってるよ」アサミさん「守りに入ってる(笑)」王子「何個かあるうちの、じゃあこれ…みたいな感じで選んでるから…(笑)」鼻さま「保険かけてるぞ(笑)」アサミさん「『ありじゃね?』だから良いと思います!」鼻さま「皆冒険しようぜ、冒険!!(笑)」王子「今度ちょっと冒険…しようかな!…いつかね!(笑)」ドッグとキャットほどの大冒険でなくても(笑)ちょっと冒険気味、に期待です。

続いては『Photoこと魂』趣旨説明は鼻さまです。王子「今回はどんな写真ですか?」鼻さま「今回は?」アサミさん「あの…浦田さんがモテキに入りました…(笑)」鼻さま「ええ〜?!(((゚Д゚)))」アサミさん「浦田さんに私とゆっこさんがぶら下がっている…」王子「そうだった、ぶらさがってた」鼻さま「最初で最後のモテキ」こちらもお花見の時の写真と推測されます。
で、投稿は3つ。最初の一つは比較的無難に『ぶら下がり健康器』というもの。鼻さま「健康器っぽいよ(笑)ちょっと不健康器っぽい感じ?」むしろ不健康器の仕様が気になるところ。投稿2つ目は後ろを走っている子供(CV:王子)がまさかの可愛さ発揮。アサミさん「子供が可愛い!」ゆっこさん「全部持ってかれた感じがしました、今!」王子「後ろにいる女の子ね(笑)」鼻さま「ちょっと大阪っぽい(笑)」ゆっこさん「可愛かった…!(*´д`*)」鼻さま「これはモテキ」アサミさん「この子がモテキです!」王子「モテちゃうんだ(笑)」無邪気な感じがたまりません…。
そして3つ目の投稿ではそのお母さんが登場。鼻さま「母登場(笑)…さっきの子の母や!」ゆっこさん「繋がってる(笑)」鼻さま「連作だ!」王子「二部作、すげー!(笑)」鼻さま「面白いね」王子「いいですねー…(大賞は)どうしようか?」ゆっこさん「やっぱり後ろの女の子が、ちょっと印象的すぎて…」アサミさん「浦田さんの評価が無いけど(笑)」ゆっこさん「本題からは外れるんですけど…」鼻さま「そこか(笑)」アサミさん「でも、いいと思う(笑)」ということで今回の大賞は2つ目の作品でした。

更に『ちょい決☆魂』趣旨説明はゆっこさん、今回の対決はちょっと変わっています。
アサミさん「自分がキャラを担当した作品、その中で『このキャラクターだったらこの作品かな?』というのを選んでいただいて、その台詞を別のキャラで喋るという…それで、誰が一番ギャップがあるかを決めるという…勝敗を競うコーナーでございます!」鼻さま「ギャップが大きいほうがいいってこと?」王子「判断基準そこかな?」アサミさん「判断基準はそっちにしましょう!」なんだか面白い勝負になりそうな予感です…!

王子「じゃあ…」アサミさん「誰から行きますか?」するとゆっこさん挙手!王子「エントリーナンバー1番、ゆっこ選手!」ゆっこさん「行きますよ…行きます…」王子「はい!」ゆっこさん「恥ずかしい(笑)…行きます!」王子「ハイ!」

イギー「ヤツらだー!!ヤツらが来たぁー!!!」

一同「(笑)」鼻さま「あー、なるほど!(笑)」アサミさん「確かに!(笑)確かにそうだなー!」ゆっこさん「ギャップはありますよね」アサミさん「ありすぎ!」王子「あるあるー(笑)」アサミさん「だってあの中にいたらヤだ!(笑)」ゆっこさん「(先に)やって楽になりたかったです!」むしろイギーだったらあの番組は違うジャンルの何かに…(ヒースマとケンカして欲しい。煩そうだけど。/笑)
王子「じゃあ次は?エントリーナンバー2番」アサミさん「はい!行きます!…どうしようかな…今から悩んだ(笑)…えー…では…」

ソーヤ「おなかすいた…だっち…」

鼻さま「言いそうだなオイ(笑)」アサミさん「やろうとしたんですけど、ゆっこさんとカブりそうだったので変えました!」王子「なるほど…エントリーナンバー3番!」鼻さま「はい!」王子「鼻っち」

アルコトナイコトインコ「あまったれるな!!」

アサミさん「ああー!なるほどね!(笑)」王子「やっぱり皆ソコに行くんだなって(笑)」鼻さま「はい、じゃあエントリーナンバー4番」王子「私も敢えて行きますね、ソコに…よし!」鼻さま「敢えて!」

ベア様「人生の砂漠を!!アタイは焼けながら彷徨う!!」

一同「(爆笑)」アサミさん「でもこれ勝者決まりましたよ(笑)」鼻さま「焼けながら(笑)」王子「アタイは彷徨う(笑)」アサミさん「アタイ言ってる…!」ゆっこさん「台詞変わってましたけど!(笑)」鼻さま「ヒドイね(笑)」王子「ギャップね、うん…(笑)」何か夢に見そうなインパクトでした…(;´Д`) そう思うとインコヒースマが思ったより普通だった。何故だ…!(もう少し面白おかしくなっても良い雰囲気。)

ゆっこさん「やっぱりファンチルの子達の台詞はギャップに使いやすいですよね」王子「作品自体がね、ああいう…」ゆっこさん「ちょっと違うから」アサミさん「私くちぱっちでタルラントをやろうとしたんですけど(笑)」王子「じゃあ、どうぞ!(笑)」ということで急遽くちぱっちタルラントも。

くちぱっち(?)「行くぞ、わんだぁああー!!!」

鼻さま「…それアサミちゃんじゃない?」一同「(笑)」くちぱっち(?)「だっちー!!(笑)」王子「だっちだっち(笑)」くちぱっち(?)「ワンダーだっち!」鼻さま「分かった分かった(笑)」くちぱっち(?)「タルラントだって分からないだっち(笑)」鼻さま「普通のアサミちゃんだった」ゆっこさん「良かったアサミちゃん、(ソーヤにして)却って正解だった(笑)」大変に面白い展開となりましたが、対決ですので勝者を決めねばなりません。
鼻さま「これどうですかね?」アサミさん「私はベア様です!」王子「ベアね(笑)」アサミさん「だって、電車の中であの台詞言うわけじゃないですか(笑)ホントにベア様が砂漠歩いてるとか、想像付かないもん…!」鼻さま「全然死にそうにはないけどね」王子「強いからね、彼女はね…」鼻さま「ゆっこちゃんのも面白かったよ」王子「ルーピー…じゃない、イギー」鼻さま「そう来るか、って感じだよね」王子「じゃあ多数決ですね」かなり票が分かれてしまったのですが、今回の勝者は王子!でした!!

鼻さま「えっと、松本さんは何のキャラで…」王子「あ、そうですね私は『ファンタジック・チルドレン』のハスモダイの有名な…ヘッセの朗読ですね。それをベア様でやりました」鼻さま「じゃあそのハスモダイさんでお願いします」はい、皆さんホンモノですよー?ヽ(*´∀`)ノ 王子「…何やったっけ?(笑)」鼻さま「忘れとるやん(笑)」仕切りなおしまして、ホンモノです。

ハスモダイ「…人生の砂漠を、私は焼けながら彷徨う」

アサミさん「それを、ハスモダイで『私』のところを『アタイ』で言ってもらえませんか(笑)」ハスモダイ「…人生の砂漠を、アタイは焼けながら彷徨う」ゆっこさん&アサミさん「…!(笑)」鼻さま「勝手に焼かれてろ、って感じ(笑)」一同「(爆笑)」鼻さま「焼かれてしまえって感じ(笑)」アサミさん「面白かった…アタイって強烈ですね!」鼻さま「ヒドイね、アタイ酷いよ(笑)」ゆっこさん「ハスモダイのベアでも面白かった」王子「ああー…(ベアの名台詞は)何だろうね?」鼻さま「ちょっと面白いからやってみて」ハスモダイ「アタイは…ベアだよ…」鼻さま「アンニュイなベアだ!(笑)」一同「(爆笑)」アサミさん「これ面白いですね!」王子「面白いね!良いゲームを…!(笑)皆のじゃあ、正規のヤツを」正規のヤツ、ここからはホンモノです(笑)

鼻さま「ああ、そうですね。はい、ではゆっこちゃんから」ゆっこさん「私はソレト?…ソレトか、行きます!」ソレト「ヤツらだー!ヤツらが来たーー!!」王子「イギーで(笑)」イギー「ヤツらだー!ヤツらが来たーー!!ヽ(*´∀`)ノ」鼻さま「嬉しそうだ!(笑)」ゆっこさん危機感がないんです」王子「すごい楽しそうやった。はい、じゃあ…」アサミさん「私、ソーヤで…?」王子「ソーヤでタルラント?違うか(笑)」ソーヤ「行くぞ、ワンダー…」アサミさん「飛んでこない、絶対!(笑)」王子「いつまで経っても来ない」くちぱっち「おなかすいただっち!」王子「おお、これがホンモノだ」くちぱっち「そうだっち」鼻さま「くちぱっちだっち」くちぱっち「くちぱっちだっち!」アサミさんのくちぱっちスイッチが非常に簡単に入るの面白い(笑)

王子「よーし、じゃあ鼻さま!」鼻さま「えー…私はヒースマの『甘ったれるな!』っていうのを『甘ったれるな!(インコ)』ってやりましたけども…」王子「いいですねー」鼻さま「なかなかこれは、新鮮で面白かった」アサミさん「何か浦田さんとかにもやってもらいたいですね」王子「またやろうか(笑)」アサミさん「また…」王子「またやりましょうかね」軽い『なりきり』ちっくで非常に楽しかったです!((*´∀`))
何か鼻さまが割と普通だったから、今度はマグ郎でバルさんとかやって欲しい。乙女ゲーっぽいガチな台詞を(笑)手元にメモして来て欲しい!そんで、今回お休みだったリーダー浦田さんは田中でアギ。田中が全力でキルヒナーを説得。これしかない。断固これが見たい(笑)

ということで、前回ちょっと長めに2分割された分(?)今回はサクサク進んでエンディングです。出演情報は基本前回と変わらず(当たり前だけど。/笑)投稿募集などもいつも通りですー。あ、あと夏休みは是非鼻さまのご実家であるお蕎麦屋さんへ!との事でした!(エビ天つくのか…?!/笑)

X Home X

inserted by FC2 system