ラジオ☆真・オエセル魂 ザ・ムービー season1 感想文18

X Home X

第18回OA「おめでとうございました。」(2014/12/5UPDATE)

前回と同じパターンのOP前ですが、今度はゆっこさんがボケ(?)担当。アサミさん「ツライですよね?」ゆっこさん「すごいツライ…!(;>Д<)」鼻さま貫禄。「三波春夫のネタじゃねーから!」若い人は分からないでしょうけど、私も元ネタが何かまでは知りません…。

ここで投稿もひとつ紹介されまして、久しぶりに投稿したという方から。動画になったのを知らなかったとの事。
鼻さま「お前どんだけ久しぶりやねん!(笑)」アサミさん「どのオンナのとこ行ってたのよっ?!」鼻さま「ホントよー!」番組が終わってなくて良かった、と言っていました。確かに、続ける事が一番大事で難しいことです…。

そしてオープニング。「パーソナリティは、12/5…もうすぐ12/12にライブやります!見に来てね!ミニスカで踊るぜ!パンチラあるよ☆」名前がどっか行っちゃったアサミさんでした(笑) 鼻さま「12/5!昨日は12/4ですよね?」ゆっこさん「そうですね」鼻さま「皆さん何か忘れてませんか」アサミさん「何も。もうすぐクリスマスくらい」ゆっこさん「えー…ウチの子たち誕生日だったっけな…?」鼻さま「オレの誕生日やっちゅーねーーん!!!(#`Д´)ノ」アサミさん「あぁ〜…」←一番アレなリアクション(笑) 鼻さま「おい…(´ `)」←心折れた(笑) アサミさん&ゆっこさん「おめでとうございました」鼻さま「…の、はらさわ晃綺と」ゆっこさん「12/4ですよね、昨日。その約1ヶ月前…11/4の更に1日前。11/3が…」アサミさん「だんだんこじつけになってきた(笑)」ゆっこさん「すいません、私誕生日でした!(笑)」アサミさん&鼻さま「おめでとうございました!!!」ゆっこさん「…の、高口幸子の!」引き続き3名様です。

鼻さま「そっか、ゆっこちゃん11/3なんですね」アサミさん「オエセル隊皆1ヵ月おきというか…」ゆっこさん「そうだね」鼻さま「直近で昨日誕生日だったオレに対するお祝いの言葉とかサプライズ何とかとか…ないの?」アサミさん「じゃあ、あとでプリンあげます鼻さま「あ、マジで?」ゆっこさん「(カメラに寄って)おめでとうございましたー!!!」アサミさん「(カメラに寄って)おめでとうございました!ライブ来てねー!!」鼻さま「あ…ありがとうございました」おめでとうございましたー!(笑)←風邪ひいてレポ作るの遅れたので更に出遅れる。

ゆっこさん「昨日は何したんですか?」鼻さま「えーと、そうですね…一応ケーキを食べた…予定です」アサミさん「何歳になったんですかぁ〜?((*´∀`))。゚+.゚」ゆっこさん「ろうそく何本〜?((*´∀`))」鼻さま「ケーキの上面が全て埋まるほどの本数になりましたー!!!」ゆっこさん「デコレーションが台無し!」アサミさん「私の友達、ホントに歳の数だけロウソクを立てたら大火事みたいになったって言ってました(笑)」ゆっこさん「そうだよね」鼻さま「節分じゃないんだから歳の数だけ立てるとかやめなさい!(笑)」ゆっこさん「でも最近数字の…」アサミさん「ありますよね」鼻さま「およそ一月前の11/3には何歳になったんですか?」

ゆっこさん「にじゅう…」←ここでブツッとカットされて本編へ。さすが(笑)

コーナー一つ目は年下の彼女が出来たという方からの『お悩み魂』です。
鼻さま「浦田君がいなくて良かったねー(´ `) 多分このあたりでもうバシッと…」ゆっこさん「カメラ壊れてる」長く続くコツを教えてください、との事でした。

アサミさん「これは…愛の伝道師…」鼻さま「大体これは…」アサミさん「愛の伝道師?!(笑)」←とてもそうは見えない件(笑) 鼻さま「大体あのー、ワンクールです。最近の流行です」ゆっこさん「心配してるんだから、不安なんだからー!」アサミさん「どうなんですかね?男性が年下と付き合うと不安とかあります?」鼻さま「不安?」アサミさん「嫌われたらどうしよう、とか」鼻さま「あー…別にー…考えてないかな…」ゆっこさん「私最近年の所為か、年下の男の子可愛いなと思う」アサミさん「あー、分かります」ゆっこさん「前は全然年上の人が良いなと思ってて…思ってたんだけど、この歳で年上って…オジサンじゃないですか(笑)」アサミさん「もしくはおじーちゃんだったり(笑)」ゆっこさん「年上の人でもね、渋かったり素敵な方も…」鼻さま「永遠の27歳じゃないですか(笑)」ゆっこさん「そうだよー((*´∀`))。゚+.゚  なんだけど、俳優さんとか見るとカッコイイな、って思うわ。」若い俳優さん?か…そもそも存在を知らない今日この頃(´ `)

アサミさん「私は断然年下派です。」ゆっこさん「そうだよね。そういう人の気持ちも分かる気がして…男の人も一緒じゃない?」鼻さま「うーん、俺なんかは基本的に今までお付き合いした人で年上の人っていたことがないので…」アサミさん「ほぉ〜…」ゆっこさん「それは避けていた?」鼻さま「姉貴がいるので、あんまり年上の人を恋愛対象という形では捉えられないみたいな雰囲気はあるよね」アサミさん「分かります、お兄ちゃんいるんで」ゆっこさん「そういうのがあるのか…」鼻さま「まぁ、年下年上関係なく…お互いに相手のことをきちんと思いやって、あんまり自分の考えばかりを押し付けるとか…そういうことはしない方が良いと思うし…」アサミさん「常に対等な方が長続きしそう…」鼻さま「自分が年上だっていうことを思って、ある程度余裕を持ってるのが良いと思うんですよ」アサミさん「ガクブルしてちゃダメなんですね」

鼻さま「お前ホントにガクブルしてる場合じゃねーからな?!」←今日一番大事な一言(笑)

アサミさん&ゆっこさん「(爆笑)」ゆっこさん「女性と男性って、やっぱり女性の方が精神年齢が高い気がするから…どのくらい歳の差があるか分からないけどもしかしたら今精神年齢は同じくらいなのかも」アサミさん「なるほど」鼻さま「だから逆に、そこであんまりガクブルしてると余計に頼りなさげに見えちゃったりするから」アサミさん「すごい分かります。私年下が好きな理由がそれなんです。自分よりオトナな人が大人気ない行動すると『オトナのくせに』って思っちゃう」鼻さま&ゆっこさん「あぁ〜…」アサミさん「でも、年下が大人気なくても『年下だからね』で許せるんですよ」…許せない…年齢に関係なく私は許せないな…(心が狭いから。/笑)

鼻さま「あんまり細かいことは気にせずに大らかな気持ちで…やっぱり余裕があるといいと思う」ゆっこさん「頑張りすぎても重いし…頑張りたいけど見た目はちょっと余裕を持って(笑)」鼻さま「気持ちでは色々考えて行動するっていうのはあるけど、態度には出さないっていうかね。そういう余裕があると恋愛は長続きしますよ」ゆっこさん「いやー、オトナな意見(笑)」アサミさん「浦田さんがいないから真面目な答えが出ました(笑)」鼻さま「浦田さんがいるとヒッチャカメッチャカで『死ねー!死ねー!』って(笑)浦田君がいるときは基本的に恋愛の話はタブーだと思っていただいて(笑)」ゆっこさん「そうですねー(´ `)」鼻さま「楽しく過ごしていただければ。」
ゆっこさん「もうすぐクリスマスだよー?」鼻さま「そうだよー?」アサミさん「ちくしょー!リア充め!!!」鼻さま「クリスマスプレゼントくれよー!」アサミさん「ライダーベルトくれよー!!」鼻さま「お前はだから彼氏ができねーんじゃねーか!(笑)ライダーベルト欲しがる彼女は好きじゃない、オレは!(笑)」ゆっこさん「アサミちゃんはいっぱい心の中にいるんだよ!」アサミさん「そうだよ!!お友達が沢山だよ!」鼻さま「一番痛い人だから!」アサミさん「良いんです。良いんです!!」ええまぁ。ええまぁ。先日会社で上司や若い衆から『咲坂さんの好みってどんなの?』と聞かれ、一応今更好みも何もあったもんなじゃい、と前置きさせて頂いたんですが『口答えしない人』って答えた私からのコメントは特にございません。各自幸せになってください(笑)

続いては『Photoこと魂』今回はちょっと怖いお題写真です。ゆっこさん「今日の写真、浦田さんが怪しげに覗いています」

投稿一つ目は本当に怖い系。アサミさん「夜中とか、いたら怖い!」鼻さま「実際浦田さんを夜後ろから見ると結構怖いかもしれない(笑)顔が見えない!!」ゆっこさん「でも、目大きいし目力強いし黒いから、暗闇で目だけギロッ!ってなると怖い」アサミさん「野生動物みたい(笑)いないから言いたい放題(笑)」ホントに酷い、でもワカル(笑)

2つ目は鼻さまに焼きそばパンがどうのこうのって。鼻さま「焼きそばパン、とっても美味しゅうございました(笑)」アサミさん「これ呼び捨てにしてるんですよね」鼻さま「…って言ってる割に『先日の』(笑)硬いな」ニホンゴ ムズカシイ。

3つ目、姫とアサミさんにプリン体ゼロの発泡酒を要求するような。もう飲んじゃっただっち、って答えるくちぱっちが可愛い。
ゆっこさん「可愛い…(*´д`*) くちぱっちプリン体気にしてたんだ(笑)」鼻さま「いいの?発泡酒大丈夫?」アサミさん「河原木氏に飲まされました。で、矢口氏が飲みました。くちぱっちは飲んでません、未成年なので。」ゆっこさん「もう、飲んじゃっただっち、誰々が…っていう」アサミさん「そういう報告です。…大事大事、子供の番組大事よ!!(笑)」鼻さま「矢口氏が飲んでる」アサミさん「矢口氏が飲んでる!」大事なところです(笑)
鼻さま「プリン体ゼロ(笑)」アサミさん「大好きな言葉です、プリン体ゼロ!!」ゆっこさん「もう、必要ね」アサミさん「好きな言葉はプリン体ゼロ!!」鼻さま「重いわ!(笑)」ゆっこさん「プリン体、糖質ゼロ!」鼻さま「大事です、大切です!!」ということで大賞もこのプリン体ネタに。ビール好きな人は気にするらしい、という知識しかない私。恐らく人生で摂取した累計ビール料が100ccに満たない感じです。炭酸嫌い、苦いの嫌い(笑)

最後は『ありじゃね?魂』です。鼻さま「久しぶり、『ありじゃね?魂』しばらく変なもの食ってねーな(笑)」ということで今回は投稿のあった『プリンにイチゴジャム』とのこと。鼻さま「試さなくても良いんじゃないかな(笑)」アサミさん「試そう、試そうよ!」鼻さま「プリン!!イチゴジャム!!!」ゆっこさん「逆ー!!わざとでしょ(笑)」アサミさん「本気だったらちょっと危ない(笑)」本気で始まった時にはみんなで病院に連れて行ってください(笑)

ジャムをたっぷり取った鼻さま。ゆっこさん「そんなに?!( ゚д゚ )」アサミさん「え、甘い・甘いですよ?」鼻さま「このくらい行かないとつまらない…」アサミさん「甘い・しょっぱいとかは…」鼻さま「このくらい行かないとつまんなくね?」アサミさん「(ジャムが)半分以上なくなった!!…それ、病気になりますよ?!(笑)」鼻さま「えー…プリン体ゼロです!(笑)」で。鼻さまが実食と思いきや…。
鼻さま「じゃ、行きましょうかねアサミちゃん」←酷い(笑) アサミさん「嫌な先輩!!」ゆっこさん「まぁ味はね…きっと…」アサミさん「あ…うん。不味くはない…不味くはない…甘すぎる!!!ホントに容赦ない甘さです!!」鼻さま「じゃあ私…」アサミさん「ヨーグルトとかだったら絶対美味しい」ゆっこさん「どっちかに糖がなければ」鼻さま「どっちかに糖(笑)」アサミさん「糖!糖!!」鼻さまは一口食べ、続けざまにもう一口。

ゆっこさん「すごいすごい、でもプリンだけじゃなかった今?」鼻さま「…っていうかね…基本ジャム(笑)」ゆっこさん「ジャム味になっちゃう」アサミさん「プリン多めのジャムの方がいいかもしれない」プリン多めのジャムで鼻さま食べ続ける。ゆっこさん「プリン味になりました?」鼻さま「ジャムです!!」ゆっこさん「ジャム強し!」
続いてゆっこさんの実食。ですが、アサミさんのハンディ映像が撮れてなかったということで正面のカメラから。鼻さま「カラメルが絡むとどうなるかな…」ゆっこさん「見えてきてますが…絡めますか、じゃあ?カラメルも甘いよ?」アサミさん「甘い・甘い・甘い…甘いの三重奏(笑)」ゆっこさん「………ジャムです!!」鼻さま「ジャムですね!」アサミさん「ジャム強い!」ゆっこさん「一瞬スプーンの端にあったカラメルの味もするんだけど…口で混ざってしまうとジャムが強い。」
鼻さま再度チャレンジ。何だかんだいいながら鼻さまは毎回このコーナーで一番沢山食べている気がする(笑)
鼻さま「カラメルを絡める…」アサミさん「オヤジギャグだ…(;>Д<)」鼻さま「ジャムです!!!」一同「(笑)」アサミさん「判定は難しいですね…アリかナシかっていうことですよね。美味しいか美味しくないかっていうより…両方とも美味しいもの同士だから…」鼻さま「うんまぁ、不味くはないよね。これがアリかナシか」

ということで判定なのですが、鼻さまだけ○でアサミさんとゆっこさんは×。
アサミさん「じゃあ、バツの理由から言って行きますかね」ゆっこさん「アリかナシか…なくていいんじゃない?」鼻さま「なくていいよね(笑)」アサミさん「敢えて合わせて食べる必要はないかな。ヨーグルトとかだったら好んであわせて食べたいなって思うんですけど…別々でよくね?っていう(笑)」ゆっこさん「両方を引き立たせて食べたいところを、ジャムが強すぎて…プリンが消えてしまうのがもったいない」アサミさん「不味くはないので、ちょっと面白いので色々ね…割合を実験してみたいなっていう人はやってみると面白いかもしれない。…はらさわさんは?」

鼻さま「ジャム好きの方にオススメです!」←そうでしょうとも(´ `)

アサミさん「なるほど!(笑)」ゆっこさん「そうですね(笑)ブルーベリーとかでやってみたり」アサミさん「あ、それもいいかもしれない!ブルーベリーとかだったらまた違うかも」ゆっこさん「マドレー…マーマレード?(笑)」アサミさん「ピーナツバターとか!」鼻さま「おい!」ゆっこさん「怖いな!」鼻さま「俺それ送られてきた時休む!!!(笑)俺それは何か…コレ(×)しか見えない(笑)」アサミさん「いいかもしれないですね、プリンに何かを入れていく…結構楽にできる」鼻さま「逆にプリンに塩とか入れてみると…どうなるかな…みたいな」アサミさん「私はそれは嫌です!」ゆっこさん「マヨネーズとか?」アサミさん「ブブー!!」ゆっこさん「プリンに納豆だ!!」アサミさん&鼻さま「ぶぶー!!!」納豆は、納豆はやめてあげて…!!!ヽ( ;´Д`)ノ

鼻さま「まぁでも何か、ブラックのコーヒーとか渋いお茶とかあると…口をゆすぎながら食せれば(笑)アリだと思いますよ」ゆっこさん「疲れてて『甘いもの食べたい!』って時は手っ取り早い!」アサミさん「素早く糖分を摂るにはこれ!(笑)」鼻さま「3日で糖尿病になりたい人は(笑)」アサミさん「それ、なりたい人いないと思うんですけど(笑)」鼻さま「基本そういう食べ物だと認識して頂けると…」アサミさん「実験してみる価値はあると思います。面白かったです…ただ、アリかナシかで言うと今回はナシ!です(笑)珍しくナシが出ましたね」ゆっこさん「私もいつも○を出してた気がする…殆ど×出した事がない気がする…」不味くはないけど敢えて必要はない、という感じで『ナシ』となりました。

エンディングの出演情報は前週と同様。鼻さま(と姫も出演)の新番組「中学生の役です!」との事。アサミさん「ヒースマ以来…ヒースマ中学生じゃない(笑)」鼻さま「そうだね、惜しいね…」ヒースマはあれいくつだったかな…10才くらい?(忘れた)

エンディングでもまだ誕生日を祝って欲しそうだった鼻さまですが、結局プリンもらえたのかな…?(確実に『ありじゃね?』の残りだと思うが…。/笑)
とりあえず、おめでとうございました!!!ヽ(*´∀`)ノ

X Home X

inserted by FC2 system