ラジオ☆真・オエセル魂 ザ・ムービー season1 感想文25

X Home X

第25回OA「最終回!?」(2015/3/20UPDATE)

王子「今回も、前回に引き続きこのメンバーでお送りしたいと思いまーす!」一同「いぇー!ヽ(*´∀`)ノ」リーダー「今回は大好評、あの浦Pのあのコーナーもあるよ!」ということでOP前は手短に。
「パーソナリティは、R-1飲んでアレルギーちょっとマシかな?な、松本さちと」「最近は、『ザ・ウォーキング・デッド』という海外ドラマにハマっている浦田優と」「最近は特撮にハマっている矢口アサミの…安定してます(笑)」王子「最近どころじゃない(笑)」引き続き3名様。ウォーキングなんとかってゾンビの怖いヤツじゃなかっただろうか…なんて恐ろしい…(;>Д<) ←見た目に寄らず怖いの苦手。

王子「3月も下旬でございますよ?」アサミさん「とうとう最終回!」王子「オエセル魂が動画になって1年経つという…」アサミさん「すごいですね」リーダー「早い!ヤバい!!」王子「頑張ったなぁ」アサミさん「継続は力なり…」リーダー「もうそろそろね、クライアントがついても…」アサミさん「スポンサーの方、お待ちしてますよぅ♪」王子「誰かこの番組買って下さい(笑)」リーダー「そうですよ、買って下さいあの…」って何か言いかけたところで暗転。自主規制?との事ですが、一体何を言ったのやら…(笑)
王子「ここでばっかこんなこと言うといてな(笑)」一同「(笑)」リーダー「すごいなぁ…」王子「次週からはシーズン2として…新に生まれ変わりますので」アサミさん「キャストが…」一同「(笑)」王子「ウチら居ぃひんかもしれない(笑)」アサミさん「よくあの、シーズン2になると海外ドラマとかね(笑)」王子「引っ越してたりとか」アサミさん「すーごい変わってたり」大人事情で総入れ替えとか、ままある(笑)

リーダー「ただ2年目ってだけですよね?」←身も蓋もない

王子「そう!!!」←凛々しく肯定。

アサミさん「区切りが分かっていいですね、シーズン2で2年目とか。今回で何年目になってるんだろう、っていうのが数えやすいですね」王子「そうそう、分かりやすい…ウチらのためにやります(笑)」アサミさん「何か画期的なことをやるという予定はあまりない…」リーダー「ないです」アサミさん「が!」王子「引き続きのコーナーもありますしね」アサミさん「安定しながらやって行こうと」リーダー「ご愛顧下さい!」一同「よろしくお願いしまーす!!」CMに入る前、ずっ友。とか出てたけど個人的にシャープさん(´-`)のイメージしかない(笑)

コーナー1つ目は『ちょい決魂』、ここは鼻さま、リーダー、姫というメンバーになります。
リーダー「今回の対決は、早口言葉対決です!!」「やだやだー!」鼻さま「姫よろしく」「私から?!じゃあまずは、『7人のさち王子ちちくりあってちくちく縫い物』これを3回言って、言えたらパス!みたいな」鼻さま「パス」「…で、次行く、みたいな。言えなかった人から脱落。」鼻さま「脱落なの?」「…にする?」鼻さま「あぁ、いいよ」「今決めるなんて…!(笑)」ユルい感じで進行しますが、まぁそんな感じでやるみたいです(笑)

トップバッターの姫は残念ながら言えず…。姫「ちちくり合えなかった…」鼻さま「あんなにちちくり合ってたくせに!(笑)」「あ、分かった!7人のさち王子と、ちちくり合って、だったらいけたかもしれない。」鼻さま「知らねぇよ!どっちでもいいよ!!(笑)」「冷たい…じゃ、浦P行こう」リーダー「言い切れたら多分勝てるような気がするんですよね」鼻さま「はい、じゃよろしくお願いしまーす」
2番手のリーダー浦田さん、結構イイセンまで行ったのですが3回目で脱落。姫「ああ、惜しいー!!でもね、さち王子のアクセントが違うよ」字幕で『※勝負に厳しい河原木氏』って出る(笑) リーダー「そこ気にするの?!(笑)」鼻さま「さち(→)王子?」「さち(→)…あれ?」リーダー「さ(↑)ち(↓)王子」「さち(→)王子だよ」リーダー「普通読むのはさち(→)王子ですよね」難しい、ニホンゴ難しいね…。

「よし、じゃあ鼻さま。鼻さまがいけたら鼻さまの価値になっちゃうなー」鼻さま「マジかー…いけなそう…(´ `)」「いける。いってしまえ!」鼻さま「がんばりますよ!!」期待の鼻さまでしたが、やはりダメ。鼻さま「息が持たない!(笑)」リーダー「この3人の声優ダメじゃね?(笑)」「ダメだー」鼻さま「ダメじゃね?これ(笑)」「でも鼻さま2本目でヨレヨレしてたから…」リーダー「僕は3本目で」「3本目だよね?」リーダー「(3本目で)ヨレてたから」「じゃあ…」リーダー「暫定!」「仕方ない…言えてないけれども!」リーダー「『7人のさち王子』部門は僕が優勝ということで!」「はい」鼻さま「じゃあ浦田さん」

「じゃあ今日これで終わりにする?」←むしろ終わりにしたい雰囲気(笑)

鼻さま「そうだね」「終わりにしよう!」リーダー「ありがとうございました!」「というわけで、言えてないけど浦Pの勝ちでした!」リーダー「滑舌大事にな!!」←プロっぽいことを言う(笑)。

で、待望の(!)『歌ってみた魂』でございます。
アサミさん「何かフード被ってますけど」王子「浦Pは帽子被るっていうのがアレなの?」リーダー「そうなんですよ。世界中のみんな、ごきげんよう。俺だ。」王子「俺様だ(笑)」リーダー「俺様だぞ」全力でぶっていいところですよここ?全力で、グーで行っていいところですよ???(笑)このコーナー、全体的にアレな浦Pと、それに終始失笑しているアサミさんにも注目です(笑)

さて順調にリクエストが集まっておりまして、一つ目は『ひとしずくP×やま△』さんの『Party×Party』だそうです。
リーダー「聴いたことある?『Party×Party』?」王子「ない!」アサミさん「曲はないんですけど、ひとしずくPさんは割と色んな曲を…歌ってたっていうか作ってて、結構ストーリー仕立てで悲恋物だったり片方死んじゃうみたいな…」リーダー「バッキャロウ!!!」王子「なんだなんだ?(笑)」アサミさん「今ホントにビックリした…」王子「どうした?」リーダー「そんな中途半端な答えをするならなぁ、ボケろってんだ!」←いや結構分かりやすい説明だった気がするけどね…。
アサミさん「そうですね…浦田さんはあんまり悲恋モノが好きじゃないらしいですね…」リーダー「全く知らん!!…この曲知らん…『Party×Party』いい名前だね。」アサミさん「面白そう!」王子「楽しそうだね」リーダー「『Party×Party』ですからね」アサミさん「でもひとしずくさんちょっと悲恋モノを書くから、最後みんな…(笑)」リーダー「死ぬの?!死ぬ感じ?!」アサミさん「何かあったら…(笑)」王子「怖いよ(笑)」リーダー「気になるんで、ちょっとチェックさせて頂きます」オリジナルを聞いてみたけど、誰も死んでませんでしたー(笑)これきっと採用されると思う。(なんとなく)

あとは『halyosy』さんの『Blessing』というリクエストもありました。
リーダー「これはそこそこ有名で再生数も多いし、拙者も耳にしてるぜ?」アサミさん「拙者…?!」王子「キャラ、ブレてるよ!(笑)」アサミさん「ちゃんとして!!(笑)」全体的に浦Pはキャラがちょっと鬱陶しいの、ちゃんとして!!!(笑)
リーダー「知ってる知ってる」王子「私も聞いた」リーダー「確かにこれは知ってるんだけど、カッコイイ。スタイリッシュ。オシャレ。…ただ、偉ぇ難しい王子「確かに難しい」アサミさん「これですね。なんかDahnaさんに歌ってもらいたいって…」

リーダー「Dahnaさんに歌ってもらいたい!!(叫)」

王子「伝承歌劇団の」

リーダー「伝承歌劇団の…Dahnaさんに歌ってもらいたい!!!!(絶叫)」←本日の『心の叫び魂』

アサミさん「オエセル隊じゃなくなってる…」リーダー「Dahnaさんwithオエセル隊!!王子「withになっちゃった(笑)」リーダー「オエセル隊はオマケでいい…」王子「賑やかしでね(笑)」リーダー「そうそう、あのビブラートでこれを聴きてぇ」王子「はいはい」リーダー「Dahnaっち、よろしく!」王子「すごいフレンドリーだな(笑)」リーダー「何か言われたら謝ります!」王子「YUKKAつんは見てるよ(笑)」リーダー「YUKKAつんごめんなさい…ということで本編行きたいぜ!」王子「そうね、色々リクエスト来て嬉しいね」アサミさん「ありがとうございます!」王子「まだまだリクエストお待ちしております!」きっとさっきの浦Pのリクエストもご本人様の耳には入りそうだ!(笑)

リーダー「優秀なリスナーさんはもう分かっていると思うんですけど、まぁオエセル隊でボカロを歌ってて既に2曲ニコニコ動画ではアップされています。」王子&アサミさん「うん」リーダー「それを皆、クリック・クリックして頂いて」王子「コメ(コメント)も!」リーダー「『www』でもいいから!(笑)」王子「別の意味で傷つく!笑われたぁ、って(笑)」リーダー「目標再生数が、とりあえず…最初の目標は1000再生。一人1000再生。で、次は…次にオエセル隊のファイナルウェポン…」王子「最終兵器?(笑)」←いろんな意味でフォローしてあげる優しさ(笑)
リーダー「さち・マツモトさんに!!」アサミさん「いえー!!(≧▽≦)」←視聴者と一体化。 リーダー「歌って頂く事になりました!!」アサミさん「兄貴、兄貴!!!!」←視聴者代表。 王子「歌わせていただきました!!」リーダー「今回はですね、さち・マツモトさんに…あのすごいロックチューンな速い曲。『恋愛勇者』を歌ってもらう事になりました!」王子「『恋愛勇者』!」リーダー「なにPか忘れました!詳細見てください!」アサミさん「この辺にね」王子「出しときます」ちゃんとテロップで『※『Last Note.』様の楽曲です』って出てました。多分他の曲なら私も知っている…気がする。

リーダー「元々、さち・マツモトさんは…レボレボ(TMR)のイメージが強かった。速い曲が…似合う。得意。やれる。自分を出せる?自分を表現できる??」王子「同じことしか言うてへんで(笑)」リーダー「と、思って速い曲を。1曲目は!速い曲でパンチを効かせていただきたいなと思って。敢えて!」王子「最初、浦Pからね『どんな曲歌いたいですか?』って聞かれて…いつも速い曲やから…ちょっと切なげな、バラードとか…って言ってたら『この曲です!』ってきたのがこのすごいアップテンポな曲で『ええぇー?!』(笑)」アサミさん「違うでしょ!(笑)」王子「リクエスト関係ないやん!!(笑)」一同「(笑)」王子「…っていう感じやってんけど、聞いてみたら歌えば歌うほどこの曲は、私大好きになりまして。カッコイイ。何しろ曲がカッコイイ。これを歌いこなすとなると…まぁ大変ですよアサミさん「どこで息継ぎだろう?って感じでしたよね?」

王子「テンション高いキー高い、息継ぎできひん、みたいなね(笑)」←壮絶。

アサミさん「三重苦みたいな」王子「すごかった(´ `)…でも大好きです、この曲。ありがたかった」リーダー「収録してる時もアツかったッス。」王子「浦P何も言うてくれへんから(笑)この曲に関しては…」アサミさん「私とゆっこさんは相当…石投げられて(笑)」王子「そっか(笑)」リーダー可愛いラインと面白ラインは僕の範疇でもあるので」王子「ああー…色々あるんだね」リーダー「そう。二人を輝かせるために…ミーが!ヘルプできることって何だろうって。ただやっぱり、さち・マツモトさんはソコに答えが出てきちゃったっていう感じなんですよね」王子「おおー?!」ワカル…答えが出てる感ワカル…!(笑)

リーダー「俺にないものをやはり持っているな、この男は!!!」

王子「何か色々間違ってる(笑)」リーダー「…思ったんです、僕は…もう一人横にパートナーがいたんですけど、そいつもグゥの音も出ない。カッケー、男として負けたって言ってました」アサミさん「あの背の高い方ですか?」リーダー&王子「エンジニアの…」王子「…にしても(浦Pは)何も言わないし、自分で『あそことあそことあそこがぁ…』って気になるところがあるときに、『いいですよ大丈夫ですよ、次行きましょう!』みたいな(笑)待って待って!!(笑)」アサミさん「オイ浦P!!!って(笑)」王子「いいわけねーだろ!って(笑)自分が一番良く知っているので…で、何回か歌わせてもらって」リーダー「ライブ感みたいなの滲み出てたんですよねー」王子「それはそうかも。細切れで録るよりはやっぱり、続けて行けるところまで行きたいっていうのがあったので」アサミさん「じゃ、あまり切ってない?」王子「あまり…切らずに行った」リーダー「ほぼほぼ…(切らずに)」アサミさん「すごいですね、あの曲を…」王子「もう死にそうになったけど」一同「(笑)」王子「はあぁ…はあぁ…ってなったけど(笑)」つまり機会があればライブでナマで歌って頂く事可能という事。(ニヤリ)

リーダー「それなりに…良い宝物が録れたんじゃないかなと…」王子「それなりに言うなよ!!!(笑)」アサミさん「それなりに…」王子「酷い人だよ(笑)」リーダー「良い宝物が手に入ったなって。これは1000再生軽く、ひょんっと行っちゃうんじゃないかな」王子「皆さんのお力で、よろしくお願いしますー!」リーダー「僕調べたんだよ、ニコニコ動画の動画っていうのはね、ニコニコポイントっていうモノを使えば宣伝が出来てね、ニコニコ動画のサイトのトップページに出てるんだよ。それを見て『何だコレ』ってクリックする人が増えて来るんだよね」王子「はいはい。」リーダー「で、ニコニコポイントってお金が必要なんだよね」王子「ほぉ、なるほど?」リーダー「皆さん、ニコニコポイントを注ぎ込め!!!!」王子「是非!オエセル隊に!!!」リーダー「オエセル隊がまだ再生数少なかった頃から私知ってたもんね!って自慢できるチャンスです!!」王子「おおー!皆さんが育ててください!」アサミさん「青田買い…青田買い?」リーダー「この動画はシムシティみたいなもんです!育ててください!!」王子「よろしくお願いします(笑)」アサミさん「シムシティって古いでしょ(笑)」←昭和のゲームです。知らない人は気にしなくても大丈夫(笑)

リーダー「ではこの曲に対するアツい想いと共に、VTRスタートの合図をお願いいたします!」

王子「まぁ魂込めました!聞いてください。『恋愛勇者』松本さちです、VTRスタート!!!」

これどんだけカッコよかったかというのは皆さん既にご承知の通りでして。色々妄想膨らませて楽しいねっ!ヽ(*´∀`)ノ ←得意科目:妄想
エフェクトの外れる瞬間と、3:25あたりのオケが静かになるところは死にかけるので注意が必要だと思いました。死ぬ、死ぬよウッカリすると!!!(笑)個人的にはやっぱり速い曲はイメージ通りだなーと思いつつ、王子が言っていたバラード系というのも今後楽しみにしたいところ…!『オレンジ』とかっ…きっと泣ける!!(笑)

さて王子のカッコイイ曲を聴いたあと、何やらオフショットのような感じに…。。。
アサミさん「3月20日分、心の叫び魂です」そしてカメラの側から席に戻る王子。ああ、こんな風にして撮っているのねーと思って見ていたら。

突如机倒れる(笑)

アサミさん「ぎゃー!!!(;>Д<)」リーダー「心の叫び魂〜」王子「今、叫んだね、心で(笑)」アサミさん「危なかった…(;´Д`)」一同「心の叫び魂〜!いえー!!!」趣旨説明をしたアサミさん「今憤りがありましたね、ここに(笑)」リーダー「矢口テーブル壊すなぁ!!」アサミさん「壊してない!」さすが1stシーズン最終回、こんな奇跡的面白シーンがあるとはね!(笑)

さて叫びのお題は仮免許を取った、というものでした。
王子「鼻さまのお蕎麦屋さん、それが最終ゴールなんだね」アサミさん「この間免許を取るって言って、引越しされたところが都心から離れたところで車がないと不便っていうことで、免許を取りに…」王子「嫌々通って(笑)」アサミさん「(お蕎麦屋さんを目標に)っていうことだったんですけど」アサミさん「でもちょうど今3月とかだと大学生とかで」王子「そっか」アサミさん「賑わってるんですよね」リーダー「僕免許持ってないんですよ」アサミさん&王子「おお」リーダー「高校卒業と同時に取る予定だったんですけれども、悲しい話…親が離婚しまして(笑)」アサミさん&王子「…!(ノД`)」リーダー「それどころじゃなくなってしまってズルズル…」王子「今まで来ちゃった」リーダー「すぐ東京来ちゃったんでクルマ必要ない生活に…」王子「東京は電車があるからね」そう、東京にいると免許を取らなくなってしまうのです…私も免許取るのに一番良い時代を東京で過ごしてしまったばっかりに…orz

リーダー「欲しいんですけどね、ストレス発散にもなるし」王子「身分の証明にもなるしな」アサミさん「仮免取得したあとは路上運転できるので…」王子「そっか」アサミさん「面白いですよ、何かどきどきする…」王子「アサミちゃん免許持ってるのか(笑)」リーダー「マジで、大丈夫なの?(笑)」アサミさん「免許取得者です!!!ゴールドです!!乗ってません!!王子「怖いよー(笑)」リーダー「殺人ライセンスと間違えてんじゃないの?」アサミさん「実はですね私、オートマじゃなくてマニュアル免許なんです」王子&リーダー「ええー?!( ゚д゚ )」アサミさん「難しい方で、仮免取った時に運転するんですけど、やっぱり自分が普段歩いている道を車で通るっていう感動が…ちょっと楽しいです」王子&リーダー「へー」アサミさん「そういう楽しみがあったり、ちょっと遠くに…高速道路研修とかもあるんですよ。高速道路のときは他に何人か乗ってて交代しながら行くっていう感じなんですね」王子「え、横に教官乗って教官にもブレーキがついてるとか」アサミさん「ついてます。で、うしろに二人乗ってて4人で行って交代して…みたいな。全然知らない人なんですけど一体感みたいな。面白いです、そういうのもあって」リーダー「そういう出会いがあるのかぁ…」王子「オイ!」←オトコマエに突っ込むけど、これも優しさ(笑)
大分オトナになって、身分証明のためだけに原付の免許だけ取ってみましたが(1日で取れるし1万円以下なので)今考えてみると、自分には自動車の運転向いてないんだなって思います(確実に誰かを巻込んで事故る。/苦笑)

リーダー「松本君はもう片手運転で…」王子「そうそう、こういう感じでタバコぷかー!って」アサミさん「いつも助手席のオンナが違う(笑)」王子「オイ!どんなイメージやねん!(笑)」←だが誰もが鮮明にイメージできる(笑) リーダー「あんまりにも速すぎて女の人が『あぁー!』って帽子飛ばないように…」王子「オープンカーか(笑)」アサミさん「オープンカーです」←断言。
リーダー「実際どうなんですか?」王子「実際何も免許持ってないから」リーダー「あ、そうなんですか」王子「だから原チャも乗れないし」アサミさん「バイク乗ってそうですよね」王子「乗ってそうなイメージ」アサミさん「仮面ライダーさち!!」王子「変身しそうやろ?(笑)でも違うから!何も乗ってない。免許欲しいなーとも思わへんので…乗るほうでいいや、って。で、寝る。」アサミさん「私も運転してもらう方が好きなんだなって思いました。自分で運転してて。『これ向かいな』って(笑)」王子「自分で運転すると酔わないって言うよね」リーダー「そうですね、よく言いますね」王子「そうなの?って、それやったら運転するのもいいかなって思うけど…車酔い激しいから」リーダー「(投稿者が)免許取ったら彼の運転で『やまいち屋』に」王子「オエセル隊を!!」リーダー「連れてってもらおうじゃないですか!!」アサミさん「おおー!」王子「やった!是非!」リーダー「キミが運転してる後ろでラジオ録ってやるからな!!」一同「(笑)」アサミさん「それめっちゃ一生懸命頑張っちゃうんじゃないですか?(笑)」王子「それを実現できるように、それをまず目標で」一同「頑張ってくださーい!」

ということで、本編はここまで。出演情報は前週と同様、リーダーの隠れ仕事?を見つけると何かもらえる?らしいです。シーズン2に向けて新しい企画のリクエストなんかも募集されてました。アイデア持ちの方、是非に。

個人的にはまた皆さん大集合してクリスマスパーティみたいな、なんだか楽しげなスペシャル回がまたあったらいいなーって思っています。あとゆっこさんのお料理教室コーナー(?)ね!!王子のエプロン姿とか!!!(*´艸`*) ←何目的だ。

何はともあれシーズン1お疲れ様でしたヽ(*´∀`)ノ

X Home X

inserted by FC2 system