ラジオ・オエセル隊 感想文12

X Home X

「オエセル魂#05」(2008/09/17UPDATE)

あくまでも出だしはいつも通り(笑)。リーダー「困った…」ゆっこさん「毎日雨ですねー。洗濯物乾きませんねー…」暫し、間(放送事故にはならず。/笑)何かが足りない、と言い出すお二人。ゆっこさん「そうですよねーって言ってくれる…アサミちゃん?」リーダー「いつも必ずいたんですけど…ついに愛想つかして…」もうリーダーのカオスボケを右にも左にも受け流せなくなったんだと思われる(笑)。ゆっこさんの「浦田さん何かしたでしょ、アサミちゃんに?!」っていうのが面白かった(笑)。「虐めたでしょ??」というゆっこさんにリーダーは「むしろ虐められてた…」小僧に見えて時々衝撃発言、アサミさん(笑)。
ゆっこさん「じゃ、今日…もしかして二人??」「キツいキツい!私が言うのも何だけど、浦田さん可哀想…」そんな…!(笑)私個人的にここの二人トークは好きでした。ゆっこさんが普通にいっぱい喋ってるから(笑)。
リーダー「言っちゃった自分で(笑)」「何かイイ作戦ないですか?この状況を利用した…」というフリに、ゆっこさん「この状況を利用した…アサミちゃんを連れ戻すような召喚獣を召喚してみましょう!」おお!ゆっこさんの口から召喚獣なんて言葉が出るとは!!バハムートかイフリートがいいです。(使い勝手が。オーディンは当たり外れがあるので…/笑)ゆっこさん「いでよ…!!※X●」…す…すいません…何を呼びましたか?(スティッチ?/笑)「きっと来ますよ、これで!」リーダー「マジで?!(笑)じゃあこのままイキオイで始めちゃう?」アサミさん召喚なるか、乞うご期待!!の状態で本編へ。

異常事態?はタイトルコールから。「ラジオ、オエセル魂〜!!」…ええまぁ。確かに3人いるようですが…リーダー(仮)「てなワケで始まりましたこの番組。」ゆっこさん(仮)「マツラギプレゼンツ」アサミさん(仮)「ラジオ☆オエセル隊番外編」3人で「ラジオ、オエセル魂〜!!」…今回はゲストがタイトルコール的な(笑)趣向なのかな?と思いきや…
リーダー(仮)「パーソナリティは、最近道端でよく小銭を落とす浦田優と…」ゆっこさん(仮)「コマネチな高口幸子と…」アサミさん(仮)「最近よく道端で…何も浮かばない(笑)矢口アサミで」3人「お送りしちゃいま〜す!!」
…もしや、是が非でもコレで通そうって気なのかアンタたち!!!(笑)仕方ないのでワタシも名称表記をコレで通す事に…。変換は各自でお願いします…というかこれ聞いてない人意味分からないよ!(聞いてください、とりあえず。/笑)

リーダー(仮)「どうですか高口さん、今日の矢口アサミさんは…(笑)」何かイロイロな方向にアレなんだけど、微妙に似てるから恐ろしいんだよな…(笑)。「大丈夫なの…?(笑)これは…ちょっと矢口さんひょっとするとショックで寝込んでしまうかもしれません…」と、今日のアサミさんに大ウケしているリーダー(仮)に「浦田さん進めてください…」さりげなく進行させるアサミさん(仮)。
しかしリーダー(仮)はどうしてもアサミさん(仮)をイジりたい(笑)。「矢口さん何か一言意気込みを…」アサミさん「頑張ります…こんな事しかいえません…」だ…誰かーーーー!!!!(笑)するとゆっこさん(仮)が「そそそそ…そんなこんなで多分おおよそ30分…」アサミさん(仮)「オエセル隊のオエセル隊によるオエセル隊の為のオエセル魂!!」リーダー(仮)「チャンネルはそのままだ!!」このノリで30分…本気ですか…?(汗)

スポンサー??アナウンスはゆっこさん(仮)で「お金じゃ買えない価値がある。買えるものはイベントで。マツラギの提供でお送りします。」というものでした。確実にイベントへ絡めてくる辺りはさすが上層部(?!)という事か…。

CM挟んでリーダー(仮)「アサミちゃんお久しぶりです…」どうしてもどうしても今日のアサミさん(仮)が気になるらしい。自分はちっともリーダーを意識してない自由人なのに(笑)。アサミさん(仮)「元気にしてました…」「ゆっこさんも元気そうで…」ゆっこさん(仮)「はい…」ホント…文字にすると伝わってないですけど、大変な事になってますよ?(笑)
アサミさん「頑張ってますよいつも。うん。…うんだって(笑)…ハイ。」うんだって(笑)、っていうのイよね(笑)。そんな合間合間に見せるキラメキが眩しいッス!アサミさんの「私たちは頑張ってるじゃないですか、色々と。」っていう「色々と」の部分が音声的に「エロエロと」に聞こえた。ミラクルもここまで来れば大したもの。リーダー(仮)大喜び(笑)。「エロエロと(笑)」「年末のイベントに向けてエロエロ頑張ってますね!(笑)」さりげなくゆっこさん(仮)も笑い転げてますけど大丈夫ですか(笑)。
アサミさん(仮)は「浦田さんちょっと…」と何か軌道修正?しようとしている???らしいけどリーダー(仮)「もう耐えられない!(笑)」ゆっこさん(仮)「ホント耐えられない…(笑)」「私たち並んで座って、向かい側にアサミちゃんらしき…」リーダー(仮)「そう、らしき人物が…」若干リタイヤ?しかかったリーダー(仮)とゆっこさん(仮)ですが、アサミさん(仮)だけは「私ですよぉ〜」「アサミですよぉ〜!!」と頑張り続ける。

リーダー(仮)「アサミちゃんだよね、よかったよかった(笑)」アサミさん(仮)「今日は頑張ろうと思って来たんです。」そりゃもう何だか、今回は並々ならぬ決意を感じますよ(笑)。リーダー(仮)「この間会った時は目が霞んだ感じで…くすんだ感じで、輪郭がハッキリしない感じだったんだけど…今のアサミちゃんらしき人は大分イキイキしてる感じでね。良かったです。あのまま掻き消えてしまうんじゃないかと心配になった…(笑)」掻き消えるのもボロゾウキンも困ります。何とかしてあげてください。
で、やっぱりこのメンバーだと(?)イベントの話になる。アサミさん(仮)「ゲストの方もいらっしゃいますし。」リーダー(仮)「今回の…ゲストのことは発表はされてるんだっけ?」アサミさん(仮)「発表されてましたよ、浦田さーーん!!サイトで!!」しかも、大分前にな…ついでに動画の間だってアップされてるのに…。。。リーダー(仮)「ラジオで一生懸命だったからサイトまで覗いてなかった…」アサミさん(仮)「見てくださいよー!」ゆっこさん(仮)「その関係性イマイチよく分からない…(笑)」ホント、何だかアサミさん(仮)に頭が上がらないリーダー(仮)って感じです(笑)。
そのままイベント絡みの話が続くのかなーと思ったら、ゆっこさん(仮)が「ハイ、時間です!」とシビアに進行。あくまでも「オエ魂」として通す気のようだ(笑)。

と、言うわけで通常行われているコーナーに突入。ゆっこさん(仮)「本日一発目はコレだ!!」アサミさん(仮)「メールだましい〜〜〜!!」…ドラえもんですか…?「タケコプタ〜〜!!」と同じトーン。/笑)アサミさん(仮)「このコーナーは、皆様から頂いた魂の篭ったメールを私たちが読み上げるという画期的コーナーです!!」研究してるなぁ…(笑)。
そんだけ研究しているのに、ウッカリ「読んでください、ゆっこさんお願いします」とシキってしまうアサミさん(仮)。こればっかりはもう、どうにもならないらしい。ゆっこさん(仮)が投稿を読む際に「浦さま、アサミ王子、ゆっこ姫…」と言っていたのが今週のヒント?です(文字では伝わらない部分の。/笑)かなり濃い目の投稿だったのですが、マツラギクエストについて触れられてました。
あまりの濃さに「は…はい…。。。」みたいなリアクションの一同。アサミさん(仮)「ひねっちゃったね…」しかし、残りの二人にとってはそれ以上に捻ってある?存在が目の前に。ゆっこさん(仮)「目の前の方を何とかして下さい…」リーダー(仮)「ボクにはそういう権限はないので。。。自由に走らせるしかない…」まさかここまで走るとは…ちょっと想定外(笑)。
投稿にあった「食べない志穂はタダの志穂」という部分にリーダー(仮)「むしろオレら的にはタダの志穂でいて欲しい感じはあるんだけどね。」アサミさん(仮)「志穂さんは可愛いからイイんです。」断じてこの姿勢を貫いている今日のアサミさん(仮)。リーダー(仮)「今日のアサミちゃんは黒アサミ…」ゆっこさん(仮)「今日一番の輝きを放ってる…(笑)」イキイキしている空気が伝わってくるようです…。

で、妄想だけで本が3冊は作れそうだった(笑)例のCM、マツラギクエストについてはリーダー(仮)が「これ誰か書いてくれないですかね?」と言い出した。誰か書こうよ、エエ話を(笑)。するとアサミさん(仮)「浦田さん書くって言ってたじゃないですか。」それは、本物のリーダーがって事だね?(混乱を防ぐため、敢えて書かせて頂きます。/笑)前日の深酒で忘れたとか言っていたリーダー(仮)にゆっこさん(仮)「直毛だからってー!」ふはっ!!!直毛だから忘れちゃうのか(笑)。
そんなゆっこさん(仮)にリーダー(仮)の反撃?「今日はゆっこさんよく喋りますね。」ゆっこさん(仮)「あ、飲んできたから。」上手い(笑)。アサミさん(仮)「そんな訳で…」ゆっこさん(仮)「お時間です。」と、いつになくパリッと進行させて次のコーナーへ。

続いては「二つ名魂」なんですが、コーナー説明をしていたリーダー(仮)「赤いきつねのどんべえ!とか」そ…それ違うだろ!!(でも笑い転げた。/爆)アサミさん(仮)「言っちゃいましたね。」自分も前に言ってたじゃん、と指摘され「さちさんですよ言ってたのは…」いや、アサミさんもホントに…リーダー(仮)「マンガの何か…」そうそう。マンガの…アサミさん(仮)「好きなんです、ウフフ!」ウフフ!ってアンタ…(笑)
いよいよ限界を迎えたらしいリーダー(仮)「どうしよう、そろそろぶっ飛ばした方が?とりあえず、面白いのでもう少し我慢してください(笑)。

今回の投稿は何か「本気で考えた」とかで非常に長かったし漢字も多分コレ当てるんだろうなー、でも分かんねーな、っていうのが多いので(笑)二つ名そのものの記載は省略してコメントのみ抜粋して行きます。決して長いから途中でイヤになったワケではありません(笑)。うん、そんなことナイヨ?!(笑)

まずはリーダー(本物)の二つ名を読み上げるリーダー(仮)←ややこしい(笑)。途中で何だか間が空いた。普通に放送事故だった(笑)。アサミさん(仮)「す、の後の間が長いですよ、浦田さん…」カッコ書きの部分を読むか読むまいか迷ったらしい。読み上げる前、事前に目を通してそこらへんの判断はしておきましょう。一発勝負はしないように(笑)。
リーダー(仮)「くろがねのガーディアン…」アサミさん(仮)「カッコイイですねー。」リーダー(仮)「プリクラでも光が通らなかったり…」とコメントしていたのですが、何やらアサミさん(仮)のイキオイが弱まってきた…?「大丈夫?そろそろ切れてきた?」と問われ無邪気に「イェーーーイ!!!!(≧▽≦)」とかアゲて行ったアサミさん(仮)。ゆっこさん(仮)「大丈夫?不安になってきた…」リーダー(仮)「これが原因で今年のイベントが立ち行かなくなったり…(笑)」大丈夫、アサミさん(本物)は心が広いから!(笑)

で、鼻さまの二つ名は…リーダー(仮)「天空の塔だそうです。」アサミさん(仮)「確かに背が高いですもんね(笑)」リーダー(仮)「長い感じですね。」「何で鼻さまはスレンダーっていうとイメージに合わなくて細長いって言うとピッタリくるんですかね。」ゆっこさん(仮)「英語とかが似合わなそう…」英語が似合わないってスゴイ。でもそんな感じする(笑)。スレンダーっていうのは細い人を指す時に使うけど、その人が「長い」とは限らないからじゃ…?鼻さまの場合、細くはあってもそれ以上に「長い」からスレンダーではないのだ。多分(笑)。
英語が似合うとかひらがなだとかって話になり、リーダー(仮)「ひらがなが似合うのはどっちかっていうとアサミちゃん…」ゆっこさん(仮)「カタカナが…」アサミさん(仮)「アサミがカタカナだからじゃないですか?(笑)」単に「似合う、似合わない」の話をしていたはずなのにリーダー(仮)「カタコトなの?」とか言い出した。アサミさん(仮)の「タハハハハっ!(笑)」っていう笑い声が萌えっと来ました(笑)。
アサミさん(仮)「確かに日本語ちょっと不自由ですけどー。」リーダー(仮)「たまによく間違えるけどね。カタコトになりかけてる…」ゆっこさん(仮)「浦田さんのこと【うらぶれてる】とかなんとか言ってなかった?」アサミさん(仮)「たまに間違えて覚えてるんです。」辞書によると、うらぶれる、とは「心の拠りどころがなく、力を落とす。憂(うれ)い萎(しお)れる。」意味だそうです。リーダーがうらぶれている、と言いたいのならそれはそれで合っていた…?(笑)
リーダー(仮)「日本語がカタコトでも強く生きていけますよ。」アサミさん(仮)「今まで生きてきましたから、大丈夫です。」まぁまぁ、新入社員が電話で「何様ですか?」って言っちゃうような世の中ですから(笑)。日本終わったと思った…(自分の後輩だったら叱り飛ばしてましたけど、そうではなかったので放置。/笑)そしてワタシが書いているコトの意味が分からないであろう人も結構いると思われる。人に名前を聞きたいときは「なにさまだ?!」ではなくせめて「どちら様ですか?」と聞いてください。「お名前頂戴しても宜しいでしょうか?」と言えれば社会人としてスタートが切れます(笑)。

続いてアサミさん(本物)の二つ名をアサミさん(仮)が読み上げたのですが…「王子、その命貰いうける!!!」っていうのは萌えでした。いっくらでもあげちゃう☆(違うだろ。)リーダー(仮)「カッコイイね。」ここでアサミさん(仮)は文中にあった「シルバーブレッド(←後に訂正?されますが、正しくは「バレット」)」について「どんな意味ですか?」と尋ねる。リーダー(仮)の「銀の弾丸だっつってんだろ。」っていう一言がお気に入りです(笑)。
アサミさん(仮)「不自由なのは日本語だけじゃないんです…」ゆっこさん(仮)「私【銀のパン】かと…(笑)」いや、フツーに銀のパンだと思いますよ…(笑)。そしてリーダー(仮)は気がついた。「これって【バレット】じゃねぇ?」そうそう。ちょっと前(大分前?)にチョウ・ユンファが主演の「バレット・モンク(bulletproofmonk)」って映画あったでしょ?アレです、アレアレ。
ちなみに「パン」のスペルは【Bread】、「弾丸」のスペルは【Bullet】、ローマ字読みすると「ブレッド」と読めなくもない…?リーダー(仮)「これどこで間違えたの?」ゆっこさん(仮)「アサミちゃん(仮)が?」リーダー(仮)「アサミちゃん(仮)が間違ったのか浦田君が間違ったのか…」えーと、今はアナタが浦田さんの役なので、ソコで「浦田君」とか言い出すとややこしいです。勘弁して下さい(笑)。
ちょっと横道に逸れましたが、王子の命を貰いうけようとしています(笑)。アサミさん(仮)「さちさんですよね王子って。恐れ多いですよ〜〜〜(;´Д`)」リーダー(仮)「命を狙われるのが現実味を帯びてきましたね。」「この放送が放送されるころには(←日本語ヘン。/笑)かなり現実味を帯びてくる…」ワタシもさすがにちょっとヤバいかなと思い始めましたけど(笑)きっと大丈夫。

ゆっこさん(本物)の二つ名はゆっこさん(仮)が担当。アサミさん(仮)「魔女なんですね」ゆっこさん(仮)「魔女なの。酒蔵だし。」「でも試作品。」とりあえずキーワードを全部入れてみました、みたいな福袋的存在ですな(笑)。ゆっこさん(仮)が「赤はレッズの赤で、青はスティッチ…」と説明を始めるとリーダー(仮)「そこ説明しなくても大体分かる…」とか言い出しました。でもアサミさん(仮)は「私は今すごくああー!って思いましたよ…」「私はすごく志穂…ゆっこさんの説明で…ああー!って。なるほどって!!」「鈍い人は気付きません!」言っちゃったね(笑)。でも素早く訂正してましたね…どうあってもコレで通す気ですね…(笑)。
リーダー(仮)「あまり鋭そうではないもんね、今日のアサミちゃん(仮)ね…」と言いつつも「ここは気付いてやれよ。」との事。しかしアサミさん(仮)は「初めて聞く人だっているかもしれないじゃないですか!」初めて聞く人がこの回だけ聞いたら、それ以前にホントワケの分からないことになってると思うんですが…そこらへんは敢えてスルーなんですかね?(笑)
再び二つ名の内容に戻りまして、リーダー(仮)「眠れる森の魔女か…寝てるイメージはないけどね。」アサミさん(仮)「そこですか…」ゆっこさん(仮)「魔女のイメージはある?」リーダー(仮)「何考えてるかよく分からないっていうのはあるからー。」「いーひっひっひっていう笑いは似合いそう。」…だ、そうです。ウチの課にも魔女の異名を取る人がいます(笑)。黒魔術が得意らしいです(捏造設定。/笑)

そして王子の二つ名。途中で「オエセル隊の母であり父」というフレーズがあったのですが、読み終えたアサミさん(仮)さりげなく「父じゃないよ、父じゃー。」と自己主張。これ好きだった(笑)。
リーダー(仮)「プリンス・オブ・オエセル。」アサミさん(仮)「サスガですね、さちさん…」と褒め称えようとしているのにリーダー(仮)は無視して(笑)「頼れる背中って…後ろついていくと大体道には迷うんだけど…。」ヒドイ…(笑)。
そんな王子の頼れるように見えて頼れない伝説?リーダー(仮)「普通に一番先頭ザクザク歩いてて、あ、目的地知ってるんだろうなーって思ってついていくと【今ドコ向かっとんの?】って。お前が歩いてる方だよ!って(笑)何で知らねーで歩いてるんだよ!!」方向音痴の人は、ザクザク歩く傾向にあるんだそうです。ワタシ自身もかなり方向音痴ですが、会社の上司がもっとキョーレツな方向音痴で、明後日の方向へ堂々と歩いて行った時には呆然としました(笑)。
アサミさん(仮)「(王子は)しっかりしてそうに見えますもんねー。」リーダー(仮)「全然しっかりはしてないんだけど…」ゆっこさん(仮)「自転車乗れなそうだし…」アサミさん(仮)「体固そうですもんね。」そしてトドメの一言(笑)。「何故でしょうね、あんなにね…カッコイイのに。」さっき無視されかかってましたけど(笑)どうしてもこれを言いたかったらしい(笑)。
ゆっこさん(仮)「あいつをぶっとばして!!(笑)」リーダー(仮)「そろそろぶっ飛ばした方がいいかもな(笑)」アサミさん(仮)は今回相当トバしてますからな…。

最後は姫の二つ名。読み上げたゆっこさん(仮)は「笑いが少ししか得られない…身を削っているのに…(笑)」アサミさん(仮)「志穂さんは羨ましいです。あんなに可愛くて…身を削って笑いを取るなんて…」走ってますなー(笑)。ついに限界が来たらしいゆっこさん(仮)は「ぶっとばして!!!お願い!!!」とか叫んでいた(笑)。リーダー(仮)「もうオレの手には負えない…」このアクセル踏みっぱなし状態、何人たりとも前を走らせません(笑)。
今回の二つ名は全体的にマツラギクエスト系?だった、というリーダー(仮)にアサミさん(仮)「ああ〜〜!!!」…え…っと…酷く感嘆した風でしたが…何に?(上手いコメント浮かばなかったらしい。/笑)ゆっこさん(仮)「二つ名魂って(そもそもこんなに)長いの?」本来は最後の「●●のXX」っていう所だけで、前部分は説明だと言われてました。ゆっこさん(仮)は何故か姫の二つ名について「腹黒くはない」「表面的なもの」とフォローしていました。リーダー(仮)「表面的に黒いのはマズいんじゃない?(笑)」アサミさん(仮)「ゆっこさん(仮)、イヤに志穂さんの肩を持ちますよね(笑)」自分もさっき王子の事カッコイイって言ったのに…(あ、アサミさんはいつも言ってるからイイのか。/笑)

1曲「巡る命」が流れましてエンディングです。

リーダー(仮)「今日も終りの入り口が見えてきました。」「大変でした。笑っちゃってね…」ゆっこさん(仮)「誰かさんの所為で…」アサミさん(仮)「ワタシじゃないですよー!」誰の所為かはさておき、まず間違いなく一番輝いていたのはアサミさん(仮)でした。
リーダー(仮)が「アサミちゃん、出演情報とか…」と軽く無茶振り(笑)。アサミさん(仮)はオエセル隊の出演情報としてクリスマスイベントの告知をしていました。途中「スタジオキューブ…3・2・6!!」リーダー(仮)「アシストがありました(笑)。」きっと、ゆっこさん(仮)辺りが指で出したとか…そんな感じと思われる。326、です。「サブロー」と覚えてください(爆)。
この「オエ魂」に関する番組告知はゆっこさん(仮)から。アサミさん(仮)「ちゃんと読みましたね。」という言葉の通り、用意されている台本そのままに読んでいたようです。リーダー(仮)「そのまま聞いたのは初めてかもしれない…」そんな事はない。王子が一回読んでいる(笑)。アサミさん(仮)「この間さちさんも呼んでましたよー!!」「詳しいんです私。」そりゃーな…(笑)。リーダー(仮)「ストーカーですか?」アサミさん(仮)「目指してます!!」え、ストーカーを?(違)ハリキっているアサミさん(仮)にリーダー(仮)とゆっこさん(仮)は「目指さない方がイイよー?」とアドバイス?してた(笑)。

最後はゆっこさん(仮)の「次も聞かないと、ぶっとばすぞ!!」とアサミさん(仮)の「この番組は、スリムボディはオエセルイベントで手に入れろ。マツラギの提供でお送りしました。」というアナウンスで終了。いやー、アサミさん(仮)の本気モード(キャラ捨てた状態。/笑)はやっぱカッコイイ…というかやらしいね!(笑)「オエセルイベントで手に入れろ」って何か違う妄想しちゃうですよ(笑)。

そんなワケでカオス放送終了(笑)。以下、OA内容が削除された時の場合のメモ。

冒頭部分を除き、リーダー(仮)=鼻さま、ゆっこさん(仮)=姫、アサミさん(仮)=王子、の配役(笑)。

X Home X

inserted by FC2 system