ラジオ・オエセル隊 感想文14

X Home X

「浦田優のひとりラジオ(仮)居酒屋編」(2009/01/23UPDATE)

どうやらやればできる子だったらしいリーダー、会心のひとりラジオ。このヤル気が年末まで続く事を祈りたい(笑)。

冒頭、「ううん!!」っていう咳払い?から入った大変にフリーダム感溢れるラジオ。居酒屋編というのは冗談じゃなくて本当だったらしい。(背後がざわざわしています。)「浦田優の〜ひとりラジオ〜〜」ひとりラジオのはずなのに、背後から「いぇ〜〜〜い!!」という歓声入る。地球人のお友達(byハスモ。/笑)に囲まれたアギです。皆が迎えに来る前です(笑)。

そんなアギはまずイキサツを語る。「松本さちさんからメールが来まして。『ラジオ止まってるから、とりあえず一人でやってくれ』と。」「飲んでる時にメール来て、たまたまマイク持ってたので…」王子からのメールはいいとして、マイクってたまたま持っているものなんですか…?(笑)更に「トルネコの不思議なダンジョンみたいな感じで。不思議なラジオに…」やった事はないけど何となく雰囲気は伝わった。迷路なんだね?罠とか沢山あるに違いない(笑)。
そうかと思えば唐突に「あ、からあげ来ましたね。」本当に居酒屋です。店員さんの声まで入ってます。怪しい人だと思われていない事を祈っりつつ、聞いていると「(王子からの指令で)イベントを振り返ってくれと。」ふむふむ。振り返って頂こうじゃないか。

「何故FCかというと多分、僕は聞かされてないんですけど…」イベントタイトルの経緯から入ってみたリーダー。ファンチルのネタが使える、ということで…「FCって入れたらエエんちゃう?」「うんうん、そうね、王子!!」「サッカーチームっぽくない?」「うんうん、そうね、王子!!」「FCにオエセルってつけちゃえばエエやんか、なぁ?」「うん、王子、バンザーイ!!!」以上、アギたんの一人芝居でした。
分かる、分かる気はするけど。目に浮かぶようではあるけど!!(笑)後で上層部に怒られないことを祈る(笑)。

肝心のイベントについては「3部構成で…一部が朗読、二部がハーフタイム、三部がミュージカルで…」「色々やりました!」と、かなりザックリした振り返り方(笑)。とりあえず「僕は僕なりに役目を果たしたかなと思っています。」「座れ、とか生ナレーションとか。」と自己主張だけはしておいた。まぁ何ていうかゲストも個性派揃いだったから、リーダー辺りは自己主張はしておくべきかも(笑)。

「僕がいて良かったかなと!!」

…。
……。

「ハイ、スイマセン。」

いいえ、どういたしまして。(何となく。)
でも、いて良かったと思います、ホントに(笑)。あの面白さはリーダーならではだったかなと。頑張ったと思われる。今年一年その頑張りを持続する事ができれば(笑)もっとリスペクトできる!!心から「浦田さん」って呼べるハズ!!!(笑)

ここでゲスト?として、3部にお友達として見に来ていたという「A.Kさん」が登場。何でも「皆とゆかりのある…」「はらさわさん以外面識がある…」人らしい。まぁまぁ、そんな感じで…誰なんだとか敢えて追及しない方向で(笑)。3部を見に来た、と言われていた彼女、実はハーフタイムから見ていたらしい。そしてゲストだったデュマの「狩人がツボ」だったという。「スゴく素敵だったと思うんですよ!!」と力説(笑)。分かる、狩人デュマはイカしてた。というか全体的にデュマはイカしてた(笑)。
イメージ的にはああいう事をしそうにない人なのに…との事。確かに、最初のイベントで(だったかな?)ビデオレターに登場していた時はいい人そうな、バラエティーとか不向きそうな人に見えた。よもやウサギ耳を率先して付けるとは(笑)。「あの丁寧なお辞儀がスゴイ良くて…」とにかくカッコ良かった、と絶賛のA.Kさん。

ここでガーリックライスが到着。(ホントに居酒屋なんですなー。)リーダー「にんにく食べてイイ??」断る!!(拒絶。/笑)ワタシがパソコンの前でどんなに抵抗しようともリーダーの食欲止まらず。A.Kさん「ビックリですよ、にんにく食べてガーリックライス食べてるんですよ?」酷い、酷いね!(笑)
にんにくリーダー「楽しかったですか?」と聞くとミュージカル好きだというA.Kさん姫の何とかが良かった、とコメント。(肝心な部分はフセられてた。)リーダーが僕も歌った、とか言っていたので多分「魔法にかけられて」のアレだと思われ。あの映画サイコーなんですよ、皆見た方がいいよ!!(布教)

A.Kさん「すごく頑張ってらして…羞恥心とかー。」リーダー「あの二人がオカシイんですよ。」「何故老体にムチ打って…」老体ってのは大袈裟だとしても(笑)結構重い構成だったとは思います。フツーのサラリーマンはできない領域(笑)。
リーダー「誰が一番印象に残ってますか?」と振ると周りの地球人のお友達(笑)から「コレ間違えちゃダメだよ。前振りだからね!」と謎の指示飛ぶ。何だか無理矢理な感じで「衣装を一人だけずっと着ているっていう方がね…」言わされた感たっぷり。リーダー「浦田優君ですね!」むしろ地球人のお友達がファインプレー(笑)。

更にリーダーの要求は続く。「オエセル隊にファン代表として癒される言葉を下さい。」これには「ぜひ来年も!」とのコメント。ファンチルを知らなくても楽しめるイベントなので、もっと大規模にやったらいいのに、とも言われてました。まぁまぁ、規模が大きくなるという事はその他諸々のバックヤードも大きくなるということで。事務処理全般を王子や姫に丸投げしているような状態では厳しいかと存じますが(稀に辛いコメント。/笑)ステージ上の歌や踊りだけでなく、バックヤード面でも皆様レベルアップしていらっしゃる事を期待している今日この頃です。

「宴もたけなわですよ」と、おもむろにケータイ取り出した(byA.Kさん)リーダー「松本さちさんからメールでですね、これだけは宣伝してくれといったメールがありますので、それを読みます…」という訳でこのラジオがアップされた当初、放送を間近に控えていた「大進撃放送BONZO!」についての宣伝を。リーダー「東京MX…神奈川かな?」A.Kさん「東京ですよ!」東京だって言ってるじゃん、ねぇ?(苦笑)

あとはグッズの通販宣伝もありました。「買ってくれれば次のイベントがもっと豪華になると!」ホント、そういう事ですよ。色々お金がかかるんです。オトナの世界っていうのはね!!(笑)
「CDドラマとか作っちゃうかもしれませんよ?」「ラジオも続きますよ、と。」この時点では結構なヤル気があるように見えます。自身のブログが全然更新されてないとか、あんまり関係ないらしいです(笑)。このヤル気をホント1年間、年末のイベントまで持続させて是が非でも「マツラギファンタジー」(…だっけ?)を実現させて欲しい。一生のお願い(笑)。
「CDドラマに関してはお友達の力を借りるかもしれませんけど…」と何故かA.Kさんや地球人のお友達にも話を向けるリーダー。地球人のお友達からは「(A.Kさんは)ファン代表じゃなかったの??」「A.Kさん何者??」という声が飛び交う。そしてその中の一人が「違和感なく入ってる僕達は何者だっていう…(笑)」地球人のお友達でしょ?!分かってるよ!!(≧▽≦)b ハスモダイとかが迎えに来るまでの間、アギをかまってあげてるんだよね?!(笑)
気転の利く地球人のお友達「僕らは飲み屋で一緒になった…」「たまたま隣になっちゃった」そりゃーフレンドリーな人たちで良かった(笑)。

そんなこんなで飲み会の臨場感(?)満載だった10分間。最後はリーダー渾身の(?)ちょっとエエ声で「みんな、さよならっ…!」このスイッチ、常にONにしておけないのか…(面白さは半減すると思うけど。/笑)

X Home X

inserted by FC2 system