ラジオ・オエセル隊 感想文27

X Home X

「第23回(オエセル隊少年部)」(2009/12/24UPDATE)

「ラジオ☆オエセル隊〜マイナス4!!」そりゃ引きすぎなんじゃねーかって噂もありつつ(笑)、要は「今二人だけです!(by王子)」ということで(笑)。王子「オエセル隊の中の少年部ですね。」何てステキな部!!!是が非でも顧問を引き受けたいんですけど、どうでしょう?(部活なのか…?/笑)
そんな少年部、「少年部小僧担当、矢口アサミです!」「少年部エロさ担当、松本さちです!!」やっほーーう!!(≧▽≦)ノシ ←どストライク(笑)。王子「エロいエロい言われんねん。少年なのに。」いや〜…ホントにねぇ…でもエロいもんはエロいんだからもうしょうがないよね。時々「もしかしてエロいと思うのはワタシの妄想ゆえのコトでは?!」と反省してキレイな心で見ようとするんだけど、残念な事に毎回「すいません、やっぱエロかったです…」っていうオチで終わる。(逆に少女になると恐ろしく純粋な可愛さ。オカシイ。何かダマされているんだと思う。/笑)詳しく話したいところではありますが…この先6時間くらいかかりますので割愛します(笑)。

王子いわく、ラジオを収録しているのは「イベントの4日前とか、そんなもんですよ。」とのこと。アサミさん「恐ろしいですね…」「準備の方はいかがですか…休んでくださいよ!(笑)」自分で振ってすぐ突っ込む(笑)。というのも王子が「何かね、普通に働いてます(笑)」アサミさん「こんなの作ってきた、って(笑)。働いてる!」ああぁ…やはり…_| ̄|○il||li
王子「長年やってきたノウハウとかもさ、伝えていかなアカンな!と思いつつ(笑)。皆忙しいから勝手にやっちゃうのよね(笑)」っていうかもう、ここまで来たら自分でやった方が早いっていうね!そういう人ばっかりが集まると仕事がすごく楽になるんですよねー。

今ワタシが働いている仕事場のチーム、そういう人4人にそうでない人が1人。「そうでない人」はある意味「普通」なのにウチのチームにおいては完全に浮いちゃってるから可哀想と言えば可哀想。でも「気が利く」とか「言われなくても動ける」っていうのは努力で改善できるものではなくて、もって生まれた「センス」なんだっていう結論になった(1年間、4人が頑張った結果。/笑)だから直そうとしても無駄(もしくは本人の「改善しなくては」という強い意思を要する)ってコトで、色々対処方法を模索中。
ワタシ個人的には、全部声に出して行こう!作戦を決行中(笑)。ドラマに出てくるような、雨が降ったら洗濯物を取り込んでね、って言わないとできない男みたいに扱う(笑)。「取り込んで欲しいな〜」って思いながらイライラするんだったら全部声に出して言う。言わないと分からないんだからしょうがない。それで、言った事に対して従わないとか文句を言うのであれば、正々堂々と制裁措置(洗濯物は脱水したまま放置とか。/笑)を加えれば良い訳で。ま、今のところ制裁措置は発動してませんが(爆)。

もとい。無駄話をしました。ま、仕事場で気の利かない人がいて困ってる方は参考までに(笑)。

王子に「どうですか練習の方は?」と問われアサミさん「頑張ってます!」王子「今回はね、色々と謎なんですよね。」「アサミちゃんと二人だけでいるっていうのも、内容に関することなんですけど。」アサミさん「あんなことやこんなことをします。」恐らくは例の朗読劇関連と思われ。イベント終わってから聞いて良かった。イベント前に「少年部であんなことやこんなこと」って言われたら酷い妄想をしてしまうところだった(ワンダーデート再びみたいな。/笑)
王子「皆が何をするか、分かってない事もある。」アサミさん「皆さんが実際何をやるのか分からない。果たして当日いるのか(笑)」王子「いるのか?(笑)私は行くのか、お客さんはいるのか?!」アサミさん「それはいて欲しい!(笑)」客席も埋まってましたし、他メンバーの皆さんも無事いらっしゃいました。…王子だけは危うく車に閉じ込められて出られないトコだったらしいけど(笑)。

そして話題は例の「インディーズ界伝説のバンド」について(笑)。王子「オエセル隊上げて応援しているバンドの皆さんがデビューするそうで。」アサミさん「はい、メジャーデビューを。」メジャー?!(笑)すげー!!!(≧▽≦)
王子「アルバムを…ボーカルのHANA[heinar]から聞かせてもらったんですけど…ロックアルバムっていうコンセプト…コンセプトっていうかバンドなんですけど(笑)。」王子ちょっとウッカリ(笑)。「オエセルJAPANのメンバーが、オエセル隊と同じ6人ということで共通点があって。皆さんが一人ずつソロを歌ってたりするんですよ、アルバムの中で。」このラジオを先に聴いておけば、わざわざ物販のお姉さんに確認する必要はなかったのに…_| ̄|○il||li 反省…。

王子「ボーカルの人はHANA[heinar]っていう人で…」ホントは「a」の部分が何か特殊記号っぽい?んですが、上手く出ないのでそのままにします。音的には「へいなー」です(平仮名にするとマヌケだな…。/笑)アサミさん「ちょっとなんか…背が高い。」王子「髪の毛赤いんですけど。」目立ちますねー。王子「ギターがO-Jeeっていう人とChiffonっていう人。」「皆ね、男性グループ。」ワタシ個人的にChiffonだけは(笑)女性なのかと思いましたよ…。(Yuccoには何か別の種類の気合を感じたので(笑)男性かなーって。/笑)「Yuccoっていうキーボード」これは発音が難しいので要注意です。最後の「co」の部分を「こ」と有声音ではなく無声音で!(英語の授業でこんな用語あったよね?/笑)
更にはベースのSAMMY。アサミさん「私SAMMYのファンなんですよ。」王子「いいよね、ベースは要ですから。リズム隊の。」アサミさん「SAMMYと同じ服持ってます!」すると王子「私O-Jeeファンですよ。」ワタシもー!!!(≧▽≦)ノシ (やっぱりとか言うな。/笑)
アサミさん「O-Jeeもエロいですよね。」王子「Chiffonと絡むとね(笑)」単品同士でエロい人たちが組むと相乗効果が出るって噂。ここで若干話が終わりかけた(笑)のですが、王子が思い出して「忘れちゃいけないのがドラムのUR@T∀!」発音的には「うらったん」です(爆)アサミさん「なんて読むんだろう、って最初…(笑)」スゴい重力に逆らったヒゲとか生えてそうだけど(笑)結構な女装?キャラ。王子「あの人も男の人なんですよ。」「よく言う昔の、LUNASEAの真矢?みたいな(笑)」アサミさん「私マナ様かと…(笑)」ワタシもウッカリ服装だけでマナ様かと…(爆)

王子「ひょんなことから知り合いになったということもあって、12月26日のイベントでそのCDを委託販売することになりましたんで!」アサミさん「あと作詞の方はね、私達が。」王子「ファンの人のを(笑)アサミちゃんはSAMMYのを、私はO-Jee」なかなか個性的なっていうか、個々人の好みが反映された感じになっていて。それぞれファンの人が聞いても「うむ!」って納得できる感じだと思います。O-Jeeの曲はカッコイイよ!!(≧▽≦)
ここで王子「ロックアルバムの中のさ、ちょっと聞いてみたくない?皆さんも聞きたくありませんか?」と言い出すと「聞きた〜い!」という小さな声が。王子「小人さんが喋った!(笑)」小人さんの声に応えて(笑)へいなーの曲をチラリ。前奏だけ。王子「ここまでなんですねー!」アサミさん「聞きたければ買ってくださいっ!!」…グッジョブ!!!(笑)上手い、上手いですねー。ウッカリ皆買っちゃいますね(笑)。アサミさん「素晴らしい…」王子「カッコイイ!」前奏だk…げふっ!!げふんげふん!!!(巨大なエヘン虫が。)

王子「そして変わらずオエセル隊も応援していただけると嬉しいです。」「イベントに来られない方にも聞いて欲しいなと。」アサミさん「¥2000なのでお土産に。」王子「行く人に【私の分も買ってきて!】言うて頼んで下さい。」アサミさん「あと実家にも。帰省する方もぜひ。」王子「実家のお供に(笑)。お母さんコレー。」アサミさん「東京土産に(笑)」王子「東京土産にオエセルJAPAN!(笑)」カッコイイな、東京ばななかオエセルJAPANってコトでしょ?!(笑)東京には色んな人がいるんだな、って目からウロコですよ!(笑)
このラジオでは通販未定ということでしたが、オエ隊公式サイト(の日記)によると後日通販もあるようです。イベントに行けず、友達にも頼みそびれたアナタは是非!特にO-Jeeの曲!!(ひたすら押す。/笑)

ひとしきりの告知を済ませて、アサミさんがふと「二人だといっぱい喋れますね(笑)」と一言。王子「いつもは誰に遠慮してるんだい?(笑)声の大きい人じゃないの?喋ってても声で消される(笑)。」いい人なんだけどね…悪い人じゃないと思うんだけどね…(笑)。
王子「オエセル隊もラジオだけでなくbonzoも…」ということでチラリと話が出ていましたがYoutubeにはまだ上がってない分の話みたい。王子「誤報を流されております(笑)」「来週イベント後のオエセル隊がゆく!も必見でございます。もしかしたらオエセルJAPANの皆も出てくれるかもしれない。」とのコトで、Youtubeアップを待ってぼちぼちレポートも作って行きたいと思います。あ、1月前半は無理。基本無理(仕事がない休日でも、死んでいるので。/笑)

そろそろエンディングとなって、王子「今年はこれで終りなんやろか。」アサミさん「そうかもしれない。」王子「寂しいねー。」するとアサミさん「来年の抱負などを…」おお!年末らしい話題!(レポート書いてるの年始だけど。/笑)
王子「やっぱり…ヒロインをできるように頑張ろうかな!豊富?夢ですね(笑)。そして健康第一で!身体資本ですからね。健康第一で楽しく嬉しくお仕事ができればいいなと思います!」ぜひぜひ〜!無理せず。無理をさせず!(笑)アサミさん「私も実は豊富は…ヒロインを…(笑)」王子「オエセルカーニバルで言ってる(笑)歌詞で。」個人的にはお二人とも少年で充分だけど(笑)折角なので機会があれば是非ヒロインも…。あと、エロ半パンも…特にエロ担当の人…(軽い自己主張。/笑)
アサミさん「色々と、もっと活躍できればなと。オエセル隊とか…また色んなイベントとかでも。」「あとブログを頑張って更新します!」おおお!どっかのエセ(笑)リーダーに聞かせてあげたい!!そのうち勝手に葬式出しちゃいそう!(笑)王子「言っとかんと、有言実行して行こう!」男の基本ですからね!(…?)

アサミさん「頑張って宝塚も…」王子「アサミちゃんが好きな宝塚の方もトップになったでしょ?私が今応援している方も来年トップになるんです。」アサミさん「おめでとうございます!!」王子「ありがとうございます!!」何かよく分からないけど、それって凄いことなんじゃないですか…?!(笑)
そういえば、会社に夫婦揃って宝塚ファンっていう子がいたんですけど、彼女(職場にいるのは奥さんの方)いわく「宝塚って必ずしも歌が上手い人・踊りが上手い人が集まっているわけじゃないんです!でも、一人だけ確実に歌も踊りも上手な人が!!私たち(夫婦で)その人を応援してるんですっ!!」それってもしかして…と聞いてみると、何と王子が応援している霧矢さんだった(笑)。驚いた(笑)。その子は相当コアなファン(自分の親も宝塚ファンだし、お姑さんもファンらしい。)みたいで、色んな話を聞きました。ファンクラブのしきたりとか(爆)。奥深いぜ…!!

最後は「良いお年を!」「イベントで会える人はイベントで会いましょう!」という事でイベント直前ラジオ終了。

恐らく新年一発目のラジオはイベントで公開録音したアレと思われます。どうなっちゃってるのか、やや不安(30分以上あったらレポート作らなくてもいいですか。/笑)

X Home X

inserted by FC2 system