ラジオ・オエセル隊 感想文29

X Home X

「第25回(オエセル隊全員集合!!前編)」(2010/02/11UPDATE)

「あけましておめでとうございまーす!」そういえば新年1発目(イベント公録分除く)だったらしい。王子「今日は6人揃ってますよ!」ということで久しぶりの6人体制です。アサミさん「年末は二人しか揃ってなかった…」王子「それ『揃ってる』って言うのかな?(笑)」い…言わない…かな…(控えめ。/笑)

今回は鼻さまが司会お当番のようです。「自己紹介宜しくお願いします!」と振られたリーダー「ハリキってるはらさわさんにドン引きな浦田です!」上層部に対するちょっとした反抗心(笑)。女子部は連続で花粉症ネタ。「花粉症がツラい高口幸子です!」「花粉症になりつつある矢口アサミです。」「ウチの犬も花粉症な気がする河原木志穂です。」「私は多分花粉症じゃないはず!!松本さちです!!」ないはず!!って王子は毎年言い続けているような気がするんだけど(笑)本当に大丈夫なのかしら…?ちなみにモモコさんは花粉と友達です。まだバケツの容量には空きがございます(田舎育ちだと花粉症になりづらいって噂は強ち嘘ではないかもしれない。/笑)
最後は鼻さま。「花粉症は軽いのでそんなテンションは下がらないんですけど、変なテンションで浦田さんをドン引きさせてるはらさわ晃綺です。」鼻だけにドエライ花粉症とかだったら面白かったのに。ゴツいゴーグルとガスマスクみたいなマスクで皆をあっと言わせて欲しいのに…世の中ままならない(笑)。

鼻さま「イベント終わって…久しぶりな感じで…」王子「去年のね、12月26日以来。浦田君とゆっこちゃんはそれ以来…鼻さま…?」鼻さまとは会ってる、と突っ込まれまくる王子。姫「ひどいー!!(笑)」「忘れ去りたい記憶なんだろ(笑)」この人誰?なんて言われなくて良かったね(笑)。

そんな皆さんのお正月。リーダー「下痢でしたね!」 …帰れ!!!( ̄△ ̄#)
むしろ「水痢」だったそうです。最初「スイリ」という音だけでは何の話か分からなかったのですが…姫「説明しちゃった…(笑)」アサミさん「お食事中の方申し訳ございません…」まったくだ。お詫びにシェフミッキーのお食事ご優待券持って来い(←ネズミ王国のケータイサイトで毎月応募しているのに当たらない。/笑)
リーダーいわく「ホントに酷かったんですよ、アルコールと中途半端な拘束と…精神的なストレスで(笑)。」「治ったと思ったら飲み会に呼ばれて朝まで飲まされてまた具合悪くなって…」イベントとかラジオの話を聞いている限り、リーダーは割と身体が弱いような気がする。特に胃腸系。そんな体質(?)なんだから朝まで飲むのが無茶しすぎ。むしろ年齢の事とかも考えた方が良いと思います、ホントに。王子にも「ちゃんと体調管理しなきゃー。」と言われてた。大切ですな、体調管理。ワタシの健康さを皆さんに分けてあげたいよ…(病気知らず。胃袋無限大。腹は黒いけどネズミ様モフモフ効果があれば心はキレイ。/笑)

ゆっこさん「お正月は…充実してました!」「海ばっかり行って…」鼻さま「正月関係なく遊びに行ってる感じだよね。」うむ。ゆっこさんは正月じゃなくても、1年中充実しているような気がするね。休みの日もアクティブっぽい。土日家から一歩も出ないなんていう生活してなさそう(笑)。「週末も行く事に決まったの。ほぼ毎週…」というゆっこさん、唯一の心残りは「自転車ねー、最近ホント乗ってないの!」ということらしい。
自転車仲間?のアサミさんは「私乗ってます!」とのことで、お正月は温泉に行っていたそうですが、それ以外にも「自転車に乗って車に轢かれそうになったり…」急ブレーキでサドルからオシリが浮き上がり、そのままサドル前の棒?に強打。「男性だったら死んでるわ!」何か色々大変だったらしい…(笑)。「お食事中の方スイマセン…」というアサミさんに姫「食事はカンケーないよ!(笑)」確かに関係ないかな(笑)。それで関係あるって言われちゃうと、「イザって時にオレも困っちゃうぜ」(byどっかの同人誌にて。ジタン・トライバル。/笑)って感じだからな!(いかにもジタンっぽい台詞でワタシは好きだ。/笑)

姫はというと「年末年始咳が止まらず、ずっと苦しんでやっと最近終わったと思ったら花粉症が来て…」未だに苦しんでるそうです。何だか大変そうだ…。
王子は「私は例年通り京都に帰り…京都で京都観光をした!」との事。姫「地元の観光って私が東京タワーに行って…とかそんな感じだよね?」王子「そういう感じ。京都タワーには行かへんけど(笑)」「浅草行って…とかいう感じか!」王子「そんな感じそんな感じ!」地元観光が京都とか東京って良いなぁ…(笑)。この会話の中、さりげなくアサミさんが「埼玉だったら…」と言ってたけど…埼玉だったら…どうなんだろ?長瀞とかは逆に観光地過ぎてダメかもな…もっと「地元」に近くて…埼玉スーパーアリーナと埼玉スタジアム??大宮ソニックシティ???あ、何かウチから歩いて5分くらいのトコロに寺があります!!(そうじゃない。/笑)
王子は清水寺とか行ってたらしい。写真日記に美味そうなモノが沢山載っていた。。。

鼻さまは「グダグダしてましたけど。」正月の間はそうでもなかったそうですが、このラジオの収録2〜3日前に地元で1メートルくらい雪が積もったんだそうです。サポートで電話取ってた時に北海道のお客さんとマブになったけど(お菓子いっぱい送ってくれた!/笑)どこよりも早く雪が降ってどこよりも長く雪が残っている風情だった…。皆どうやって会社に行くのか不思議です…。(もう行かなくて良い、っていうなら嬉しいけど。/笑)

 

というわけで正月報告が済んだところで話題は昨年末のイベントに。鼻「イベントが無事に済んで…」そして「本当に皆さん申し訳ありませんでした!もう一番最初にとりあえず謝っておきます、申し訳ありませんでした!!」王子「何で何で??」アサミさん「なんでなんで??」と楽しそうに突っ込んでいたけれど、鼻さまは「それは皆さんの心の中に…」とボカし気味。
ま、イベントを軽く私物化しかかったくらい可愛いモノです(笑)。10年以上前に舞台(芝居)を完全に私物化している人を見たことがあります(後にも先にも、あんなに酷い芝居は見たことが無い。/笑)けども、それに比べたらもう、全然可愛いもんです!

それに、王子がイベントの運営から手を引いた代わりに(本当の意味で)王子の役割を受け継ぐ人は誰もいなくて全体に流れる無責任な空気とか、嘘かホントか知らないけど「互いに他の人が何をやっているか知らない」くらいの、まとまりの無い…じゃなかった、独立した構成で別に他のユニットとの対バン形式でも通用する(?)空気=わざわざ6人でやる意味ってどこにあったの?的な若干のモヤモヤ感なんて、鼻さま一人の所為じゃ絶対に無いから大丈夫(笑)。そんな根性悪な見方しか出来てない人もワタシくらいなもんだから大丈夫(笑)。

「今回は、5周年記念ということでbonzoで王子を休ませて5人で頑張ろうってあんなにハリキって言ったのに、そんな事は無かったかのように…(笑)」bonzoさんのOAがどんな感じだったのか(イベントの紹介分?はyoutubeに載ってないので)分かりませんが。ええまぁ。ええまぁ…。
鼻さま「ホントスイマセン…。結局元サヤに収まりました、みたいな。」もとのサヤに戻ったの?そうなの???戻す鞘を失ったのではなくて?(笑)「bonzoもそれを拾ってくれる事もなかった(笑)」王子「流されてますよ(笑)」拾いようが無かったのかもしれない(笑)。
鼻さまが「今までのイベントとはまたちょっと趣向が変わった感じのね…」って言った時のリーダー(仮)「変わった感じっつーか、ガッツリ変わりましたよ(笑)」そうですな!!更に王子「忘年会の出し物、みたいな(笑)」本当にな!!!(笑)

個人的に、「趣向が変わった」事自体はアリだと思います。例えば某西川サマがTMRやりつつabsも始めました、っていう。ワタシのように(笑)TMRは好きだけどabsはどーも合わん、っていう人もいれば、absは好きだけどTMRはイマイチ、という人もいるし、TMRもabsも両方好き!って人もいる。それはただ個人の「好みの問題」なので、好きなものだけ見に行きゃ良いわけで。
ワタシの中では、誰か一人に高負荷がかかるようなイベントこそ二度とご免なので(笑)それだったらabs方向でこれからも進めて頂ければと思います。
王子がね、どんなに大変でもそれ以上に楽しいと思えるなら全然良いと思うのですが…大変さと楽しさが同じか、もしくは楽しいより大変が上回ったらもうやるべきでは…というか、やらないで欲しい。それが願い。

 

色々ありましたけど各コーナーを振り返る。「ドン引きされたらどうしようっていう不安があって…」というアサミさんの手話コーナー。早速鼻さまが「ちょっと今手話やってみて。」と無茶振りして王子に「ラジオじゃ見えないから!」と突っ込まれる。そりゃリーダーにも引かれるワケだ(笑)。「今度は皆さんに覚えてもらって、皆でやる…」というアサミさんにリーダー「あの手話は…適当じゃないんですか?」酷い!何て事を!!!(笑)姫「それはそれで凄いよね(笑)あんなに堂々と…」ゆっこさん「教えちゃって…(笑)」ちょっとした才能かもしれません(笑)。
アサミさん「手話の先生に教わった私の先輩が、代々…」語り継がれた(?)という話を聞いて姫「ちょっと変わってきたり…?」ジェスチャーゲームみたいに?(笑)アサミさん「アレンジなし!!(笑)」最後全然違う意味になっちゃったら怖い。お客さんが皆やってくれて良かった、とアサミさん。…スプリングカーニバルなら出来るんですが…(もうそろそろ始まるね!/笑)

続いてゆっこさんの歌コーナーについて。ゆっこさんのコーナーについて語るのに、ゆっこさんは殆ど語ってない不思議(笑)。
一緒にオレンジレンジの歌を歌ったアサミさん「ゆっこさんの私に対する要望が、低いパートで、っていうことで。レンジもそうなんですけど、『KIZUNA−絆−』もワンオクターブ下で、って…」「それ人の音階じゃない…(笑)」王子「どんだけ低いと思われてるの(笑)」『KIZUNA−絆−』に関しては鼻さまからも「どこを歌うか書いてある紙に『鼻さまとアサミちゃん1オクターブ下で』って…浦田じゃねーんだ?(笑)」という証言が。アサミさん「声は低いけど、男の領域までは出ません!!」そっかー。何かこう、普通に会社で働いてるだけだと自分の声が高いのか低いのかも分からないしねー…。しかも電話対応を録音されたのとか聞くと信じられないくらいダサい声で喋ってるんだけど自分!!(でもオペレーターには向いてるんだそうです。もう二度とやらないけど。/笑)

アサミさんはラップの部分がカッコ良かったと好評だったので、その路線で行くらしいです(笑)。王子のシャウトについてもチラッと触れられてましたが、あの部分で前の席の人がバッタリ倒れるのを見た。怖ッ!!エロ派怖ーーーっ!!!(((゚Д゚)))
王子「私もワンフレーズだけラップのトコやらさせてもらったんだけど、歌詞覚えるのがね…大変で(笑)」ラップまでエロくてね…客席にいる方も大変でしたよ…(笑)。姫「練習がちょっと怖いんだよね(笑)」アサミさん「お経みたい(笑)」っていうかそもそもラップとお経の違いが今一歩分かってない(笑)。ダメか、これって老いた証拠か(笑)。王子いわく「本番のDVD見てもらったら分かるけど、1箇所すっごい誤魔化してるところがあるから…」「低いとこでのラップやったから上手い事誤魔化せた♪」との事。エロ波も上手いこと誤魔化して頂けたら良かったのですが(笑)全然容赦なかったから前の席のお姉さんは大変だった…。(ワタシは一応耐性というか、命を守る為の防御膜は持っている。時々破れかかってぴんちを迎える。/笑)

「で、姫?大問題の…」問題児の鼻さまに問題と言われた(笑)「昭和の女は、本当はアコースティックライブにしようと思ってギター弾いてくださいってお願いしたら、ちょっと良い企画が…って」ということなのですが、鼻さまとリーダーは当初からメンバーに入っていたらしい。更にそこから「やってたらどんどん増えちゃって…ここで小芝居入ります…」「練習の時も本気だから私体中アザだらけで…」と進化?したようです。アサミさん「やめてくださいウチのアイドルに!」「しょーがない、ヨゴレのアイドルだから。」王子「でもアイドルなんだ(笑)」「映像見たらパンツ丸出しだった!!」酷い…アイドル(仮)なのに…(笑)。
「(ステージに登場してから)暫く気付かなかったみたいね、私だっていうのが…」鼻さま「曲も良い曲なんだよね。」ところが、冒頭でのリコーダーが曲者。姫「縦笛は結構危険で…しかもあの時咳が凄かったから…ちょっと間違うと『ピプー!!!』ってありえない音が出る(笑)」リーダー「結構長いことおお、上手い事行ってるなーって思ったらイキナリ『ピプー!!!』…えぇ〜?!(笑)みたいな。」大体縦笛(リコーダー)なんて小学校…中学校??くらいまでで卒業したシロモノ。。。今ヤレと言われても無理(笑)。
「シリーズ化したらメンバーが増えていくの…」「もしかしたら鼻さまの悲恋酒屋とコラボ(笑)」悲恋酒屋が王子扮する金持ちの息子に乗っ取られるっていう話がいい。王子白いスーツがいい(妄想の中ではバッチリ決まりました。/笑)

そこそこのお時間になり、姫「そんな鼻さまの話は?来週…?」リーダー、嫌に冷静に「ま、来週ですね。」このスイッチずっと押しっぱなしにしとけばいいのに(笑)。…というわけで、後半に続く。

X Home X

inserted by FC2 system