ラジオ☆真・オエセル魂!! 感想文04

X Home X

第4回「生活の知恵?」(2010/05/14UPDATE)

4回目です。前回の文章をコピペしたんだろうなーってトコまでは良いとして(笑)次回更新の日付が「5月14日」のままになってるって、誰か突っ込んであげて(笑)。

冒頭ゆっこさんが投稿を一つ紹介。相変わらずシュールな感じ。ついていけないのでスルー。しかし、なおとさんを召喚した事には敬意を表したい(笑)。「ホント意味わかんないよー!!!」ベッカム君以上の存在かもしれない(笑)
というわけでオープニング。「最近また夜更かしをしてま〜す、松本さちと…」「最近は、早起きしてま〜す。河原木志穂と」「最近やっと花粉症が楽になった…はずです。高口幸子と」「最近無呼吸です。浦田優です。」「最近歳の所為か朝早く目が覚めるはらさわ晃綺です。」今週もアサミさんがお休み。色々な意味でツッコミ不可(笑)。
今週はちゃんとワカっていた鼻さまのコメントに、王子「歳だな。」毎週ここの部分でのコメントが非常にオトコマエ。ちょっとツボ(笑)。王子「そんなメンバーで」一同「お送りしちゃいま〜す!!」お送りされちゃいます。

王子が「今回もアサミちゃんがお休みなんですけれども…」というと男子部からは「あの野郎ー!」「大御所か?!」本人がいない所で言う。割と気が小さい(笑)。
あっという間に5月中旬になりました、ということで姫「暑いね。」鼻さま「暑かったり寒かったりね…」「そう寒くない(笑)」鼻さまは寒がりらしい?のだが、このコメントが正しい感じになるような(笑)軽い異常気象っぷり。予言者HANA(笑)。

王子「5月ということで…5月病とか。」鼻さま「どうしてもそうネガティブな方向に進めたいわけですかね(笑)。」「5月病ってさ〜、どんな状態なの?ヤル気がないヤツ?」ここでゆっこさんの解説。「4月に新入学とか新入社員とかで凄い緊張して頑張って頑張って1ヶ月を過ごすんだけれども、その頑張りが5月になって疲れがドっと来ちゃって『はぁ〜…』みたいな。」リーダー「気が滅入るみたいな。」鼻さま「で、ゴールデンウィークとかで会社が休みになったりとかして、休みが入ると気が抜けてこう…仕事したくな〜い…とか(笑)」ワタシは常に仕事したくないんですけど何病なのか教えて下さい(笑)。
以下、wikiから転用。
【日本においては、新年度の4月には新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称がある。】
だ、そうです。

リーダー「仕事をしたくて仕方ないですけどね!」鼻さま「オレもね!!!仕事したくてしょうがないよね!!」王子「しょうがないね(笑)」そういう職業の人もいる。ある一定の年齢で、どちらか選ばなくてはならない。学生諸君、やりたい仕事がどんどん舞い込んでくる人になるのはBIGで6億掴むようなものだと思え。その賭けに負けたからと言って社会を逆恨みするようなマネだけは勘弁して欲しい(笑)。
もーね、ぶっちゃけて言いますよ。就職なんてちっとも氷河期じゃありませんよ!内定取れる人は5個でも6個でも取れてますよ!会社が期待している「即戦力」は伝票の計算が出来る事でも、契約を取れる事でも、新しい企画を立てられる事でもない。
社会人としての即戦力ってのは「正しい日本語(敬語)が使えること」「空気が読めること」「気が利くこと」そんだけだ!!それ以外のスキルは何にも要らねぇ!!!(3つ持ってる新入社員は100人に一人だっていう悲しい現実。殆どは英語が喋れるけど日本語が不自由。アメリカの会社にでも就職してくれ。/笑)

「凄いなー(笑)チカラ入ってる。」ゆっこさん「ヤル気が…(笑)」鼻さま「5月病なんてどこ吹く風ですよ!」勢いに乗る鼻さま。嫌な事でもあったのか(笑)。同じく勢いをつけてみた?王子「風吹か○×※…」オトコマエだけど時々笑いの神が降りる(笑)。鼻さま「上げて上げて!!(笑)自分で風を起こして!」王子「嵐を巻き起こせ!」←勇者シリーズの主人公みた〜い(*^^*人 勇者シリーズやればいいのにー!!(あれいつの間になくなっちゃったんだろうね?確かに終盤のシリーズは明らかに腐女子向けな感じもあってガッカリな事もあったけどね。/笑)
鼻さま「T.M.Revolutionみたいにね!(笑)」風といえば小さいオジサン。今年40歳らしい。何かそれはそれで如何なもんかって感じもする、そんなオジサンが結構好きだけれども(爆)。王子「いつも風を浴びてね(笑)。」何故か必死なリーダー「仕事ください!」一番エエ声でケータイの留守電メッセージって言ったらいくらなのか見積もり出して下さい(笑)王子「誰に言ってるの?(笑)聞いててくれるといいけどね。」誰か偉い人が聞いてるといいですね(笑)。

スポンサーアナウンス?は念願の王子担当!!「この番組は、今日は比較的すくるーじイトウさんの提供でお送りします。」ちょっとシュールなハガキ職人さん。表記が正しいか否かは不明。

オエセルJAPANのCMを挟んで本編です。王子「では早速…!…あれ、違いました(笑)」大人の世界には色々ある。段取りとか(笑)。鼻さま「でもね、5月病とか言ってますけども。ちゃんとこうね、盛り上げて行かないとね!」鼻さまにはイザという時のフォロー役としての活躍を願いたい(笑)。王子「盛り上げて行こう!!」「じゃあね、今日はもう早速コーナーに入っちゃいます。」結局入っちゃうのか!(笑)
ゆっこさん「本日一発目はコレだ!!」ということで「必殺技魂」だそうです。趣旨説明は鼻さまから。

投稿読み1個目は王子が担当。投稿名の元ネタについては【TMR-e】で検索して下さい。一部の人の間では暗黒期としてタブー視されているので要注意(ワタシは結構好きだったけどな。少なくともabsよりは…。/笑)
で、その必殺技というのが何となく洗剤の名前?っぽいのですが。。。鼻さま「これはね、効くよ。Gには効く。かなりの破壊力。」王子&姫「そうなんだ。」ちなみに【G】ってのは例の彼の事です。黒い彼の事。
Gへの威力をアツく語る鼻さま「一瞬でビーッ!って何かこう、わ!ワシャ!!って…」王子「ワシャ!って…(笑)何だその擬音は!」鼻さま「ビッ!ってこうかけて、ワシャ!っとかかるじゃない。そうすると一瞬Gの動きがピタッ!と止まりまして…」一同「へー!!」鼻さま「一瞬の間を置いて、バタバタバタバタバタ!!!」王子「マジで?!」ゆっこさん「それが怖い!!」そう、それがイヤなんですってば。だから新聞紙で叩くのが一番なんですってば。(叩きますけど何か。/笑)

鼻さま「引っくり返って暴れる。凄いよ。」王子「そのまま息絶えてくれるの?」鼻さま「はい。」「はい、って…(笑)」ワタシも言おうと思った。「はい」って…何のプレゼンなんだ(笑)。鼻さま「でも何かこう…ちょっと苦しがって…わーっと部屋を動き回ったりもする(笑)」「掃除してくれるんだ(笑)」王子「泡泡になるんや(笑)」そんな悠長な事ではないと思われ…そのまま冷蔵庫の下とか、手の届かないトコに入って出てこなくなったりとか…そんなのはイヤ!!(ノД`) だから新聞紙でスマッシュヒット。この時だけは素早く動くワタシ(シャ●ザク並みの3倍速。/笑)
さらに鼻さまのG対策。「ちょっと気をつけないと…部屋中にファミリーフレッシュがバラ撒かれちゃう感じになるんだけども…これはでもおススメですよ。」「あとはね、オレ的におススメなのはお風呂の洗剤で泡になるやつあるじゃない?あれが特におススメかな。バスマジックリンとかシュッ!ってやると一発でもう…」ゆっこさん「泡タイプのヤツ?」鼻さま「(泡で)足止めから始める。」王子「商品名バリバリ言ってますけど。」鼻さま「ああー!すいませんね(笑)」王子「良いんだけどね(笑)」ま、宣伝的な感じですからね。

「油を溶かす感じの方がいいのかねー。」王子「は!ツルツルしてるから?ゴ●ブリが。」ゆっこさん「油ギッシュで…」「ツルツルしてる…(笑)そういうことなのかな?」鼻さま「基本的にね、ああいう洗剤は劇薬なので…」王子「へー!」ということで軽く落ち着いてしまいましたが(笑)Gが洗剤に弱いのは身体にある呼吸する器官?が油分で覆われている為、洗剤でその油を落とされると窒息死してしまうというのが本来の原理らしい。一般的な食器用洗剤はそこまで有毒ではありません…。ちなみに、消毒用アルコールでも同じ原理で倒すことができるらしい。アルコールなら台所周りで使っても影響がないので安心。ただし、洗剤ほど強くないので大物には効かないそうです。
ネットで調べたところ、お湯(熱湯)にも弱いらしく、熱湯をかけると即死するらしい。火傷に気をつけて活用を。ま、ワタシは叩くけれども(笑)。武士の情けとして(?)苦しまずに一瞬で勝負をつけてやるってのは良いと思うんですけどねー。(死骸を片付けるのがちょっとアレですが…。)

スプレー式だと狙いやすい、などと色々な対策を披露する鼻さまに、姫は「でもさー、それ狙ってる時に飛んできたら…」鼻さま「ま、そこらへんはご注意召されよということで。」Gは確か上から「飛び降りる」のがメインで下から「飛び立つ」のはやらない?ような気がします。。高い所にいる時は要注意。
「何か泡になるヤツあったよね。包まれちゃうヤツ。あれいいなーって思ったけど…」王子「G専用だからね。」泡で包んでそのまま固まり、見えないままでポイできるという商品。実際は泡まみれになったGが激しく移動するという噂(やはり即動かなくなるっていうのは難しいみたい。/笑)

で、G談義が色々になりましたが必殺技というコーナーが元です(笑)。ゆっこさん「強そう。」鼻さま「なかなかコレはイイカンジですね。キレイにもなるしね。…心の汚れは落とせないんですよ。」王子「ちょっとマイナスやなそこが(笑)。」「一番必要なところだもんね!」王子「私達にはね。」「私達にはね(笑)」ゆっこさん「心の汚れは油じゃないんですね。」もっとこう…真っ黒い闇ですね。闇。白魔法じゃないと対応は難しいですねー。ネズミーマウスとモフモフするとか(笑)

鼻さま「はい!続きましてこちらの必殺技をどうぞ!」ということで二つ目は姫が担当。鼻さま「ユルいですなまた…(笑)」王子「必殺技だと思わなかった…」ちょっとほんわりした感じ。姫「じゃもう1回」と今度はそれらしく?やってみましたが、やはりユルめ。
「多分どんなことが起こっても、こんなこともあろうかと思って、ファミリーフレッシュを!(笑)」鼻さま「用意しておきました!」王子「なるほどね!」「ファミリーフレッシュも兼ねてます。」鼻さま「全てにおいて。」ゆっこさん「凄いね!」王子「最強じゃないですか(笑)」「最強なの。何でも。だって…4次元系よ?」鼻さま「あぁ〜!凄いね!!(笑)こんな事もあろうかと思って、Dえもんを用意しておきましたみたいな…!」「そういうヤツですよ。」王子「これはちょっと強いなー!」鼻さま「神の領域だな!」4次元系とは恐れ入った。確かに神の領域。そんな必殺技を持っていながらウダツの上がらないのびちゃんもムシロ神がかった存在(笑)。ワタシなら「どこでもドア」一つで人生を変えてみせるのに…(笑)。

「(最強)だからこそユルい。」王子「確かに。強いからっつって叫んだらアカンわけですよ。」ゆっこさん「冷静に…(笑)」落ち着いて対応するという感じですかね。
鼻さま「これはなかなか甲乙付けがたいですな!」王子「え、付いたんじゃない?(笑)」「明らかに付いてんじゃない?(笑)」鼻さま…気持ちは分かるが…あんまりだ(笑)。王子「そうだよ、何勝負に持っていこうとしてんだよ(笑)。イイ勝負にしようとして(笑)」鼻さま「そんなワケ…(笑)どっちでもいいやみたいな…(笑)」一同「えぇー?!(笑)」王子「いけないよそれは!(笑)」リーダー「おじーちゃん!」鼻さま「ハイ。すいませんです。」とひと悶着ありましたが多数決の結果、全員一致で4次元系が強いと決定。
まぁ、投稿が秀逸だったというよりは姫が4次元系だと言った事に勝因があるのだとは思いますが…(笑)。そこらへんも含めて運ですかね(笑)。

鼻さま「まぁ、これはね。」王子「仕方なかった…」「でもファミリーフレッシュって必殺技の名前としては可愛いよね。」王子「可愛い。しかも平仮名で書いてあったもん。」「そうなんだ?ホントだ!!」王子「私の読み方がちょっとアレでしたけれども。」鼻さま「アレだったんだ(笑)」「あれ?今日一番アレな人…」王子「私?(笑)」王子はもしかして今日記念品をもらえるのか?(笑)
王子が担当した必殺技について、言い方を変えてみるという話になってきた。姫「何かこう、魔女っ子系とか。キラリ〜ン☆」鼻さま「じゃあ人選ミスじゃない?」王子「私の所為?(笑)」「でも本人自らやると(笑)。」鼻さま「ちゃんとそれ先に言っておかなきゃなー。」王子「私の所為でゴメンネー。」そして鼻さまから「魔女っ子風にやってみて。」とのリクエスト。…む…無理はさせないで!!!(;´Д`)←むしろヘブンズベア以上の(笑)。
玉砕した風情の王子、すかさず鼻さま「というわけで、必殺技魂でしたっ!!!」いい仕事した!(笑)

どんどん行きます。ゆっこさん「次のコーナーはコレだ!」ということで2つ目は「お悩み魂」、趣旨説明は姫です。投稿を読むのはリーダー。またしても【TMR-e】的な人。鼻さま「またソコ?!」うーん、意外とROMというか、聞いてるだけの人が多いのか。(ワタシもだけどな。/笑)
投稿の内容は、去年送った人生相談についての解答を貰ってないというような感じ。王子「ああ…悩んでたんや…」それにしても相談って何だっけ?という感じの一同。
王子「もうイトウでいいよ!(笑)」鼻さま「イトウの悩みなんだっけ?(笑)」王子「酷い扱い(笑)」「イトウさんねー、何悩んでそうかなー?思い出そうぜ、皆で。」「なんだろ?え、紹介したってこと?」王子「いや、それか(笑)またいつもみたいにワケ分からんかったから…ボツになったか。」「酷いこと言う…!(笑)」ゆっこさん「言っちゃった!!」いやー…シュール過ぎてどうイジったものか全然分からないっていうね…結構厳しいです、ワタシ的には。(なのでレポートでも割愛することが多い。/笑)

「じゃ、もしかしたら読んでもいないかもしれないの?(笑)」鼻さま「オレらでイトウさんの悩みを考えて、答えましょう。」王子「そうしましょう。」ゆっこさん「人生相談…」色々難しいですよね。完全に騙されて貢がされてるだけの人の恋愛相談とか(笑)。騙されてるよって言っていいのか悪いのか。親しい友人なら言うけど、そうでもないなら言わないかな…(笑)。

「何に悩んでるかなー?悩みがない事が悩み?(笑)」という姫に、鼻さま「ああー、それいいね。オレ若い頃はそうだった。」王子「そうなの?悩みがなかった?」「ホントに悩んでないの?気付かないの?」鼻さま「分からない。」「悩みって何か分からない?(笑)」鼻さま「そうそう。悩む必要なんて何もないんじゃない、みたいなことで…」「へー、羨ましいー!」王子「突っ走ってきたんやな。」随分と潔い人生を送ってきたもんだ。
鼻さま「特にこの業界目指す部分では…悩みなんて別に…やりたい事やるんだから良いんじゃない?みたいな。」わー凄い(笑)。姫じゃないけど、羨ましい。姫「え?!老後の心配とかもなく?!」鼻さま「あー!悩まなかったねー!!今になって悩んでる(笑)今頃悩み始めたみたいなね。」王子「夢に向かって突っ走ってる時って結構…考えなかったかもしれない。」「えー?!ホント??」ゆっこさん「周りが見えないかも…」とどうやら姫以外は割と突っ走ってきたらしい。リーダーは黙ってるから分からない(笑)。

「え、羨ましい…」鼻さま「全然老後までフツーにこの仕事やって…オレスタジオで死ぬのが人生の終着点、みたいな感じだったから…」「それ羨ましい。私常に悩んでる事が仕事なくらい悩んでる。」鼻さま「こんだけ悩んでるんだから、ちょっとお金下さいよくらいの。」「ホントホント!!だって中学生くらいの時から老後の事考えてたもん。」鼻さま「わー、すげ!」王子「素晴らしいね!」鼻さま「そんなに人生行き詰ってるの。」「そうみたい…」ワタシも中学生くらいの時に老後とか年金とか心配してたけどなー(笑)。
ここでリーダー大事な一言。「それじゃ何故声優を…(笑)」そう、大体そういうこと考え始めると地味にサラリーマン目指したりする(笑)。しかし姫は「だから、声優になるにしても老後の…逆算をして、こういう風になれば老後まで大丈夫かなとかを…(笑)」鼻さま「意外に甘い計算だ(笑)」「甘い計算だけど、でも常に考えてる。」との事。
「だから、投資とかしちゃう(笑)」鼻さま「先物買いとかしちゃうんだ。」「しちゃう!」王子「そうかー(笑)」「資産運用しちゃう。」投資はしないなー!先物とか無理。流行からは常に置いていかれるタイプだから(笑)。中学生の頃から老後の心配をしてみましたが、大人になったら何か色々諦めがついてきました(笑)。負け犬として野垂れ死にするしかないのであれば、それまでの間を有意義に過ごそうと。まだ動ける体力があるうちにライブにも行くし、ネズミにも会いに行っておこうと!!!(笑)

王子「…というわけで、すくるーじさんはもうちょっと考えた方がいいですよ。」「考えてないの鼻さまだから!(笑)」「ま、でもこれで大体は解決したと思う。」鼻さま「広い意味でね。」ゆっこさん「チカラになれましたねー。」王子「よかったねー!」「なので、もしそれでも不満だったらもう一度…新たな悩みを送っていただければ今度こそ解決したいと思います!」上手いことまとまった?ところでコーナー終了。

今回の1曲はYuccoの曲でしたー。

首塚少年CMを挟んでお楽しみの(笑)「なりきり魂」ですが、今回は普通に始まった模様。鼻さま「結構好評を博しているらしいこのなりきり魂…」王子「一部でね(笑)」鼻さま「一部マニアに大人気ですけれども(笑)オレら的には相当プレッシャーかかるコーナーなんですけど(笑)」そのプレッシャーかかり具合がオモロイです。ワタシは相当好き(30分通しでも可。/笑)
鼻さま「今日のなりきり魂はくじ引きで!なりきりキャラを決めたいと思いまーす!」王子「皆さん引いてください!」ということは今回は既存のキャラクターという訳ではなく、設定を決めてという感じですな。(確か第2回目がこの方式。)

王子「じゃあ端から言って下さい。ゆっこちゃん!」ゆっこさん「ロボット喋り。機械音みたいな?」姫は某(笑)TMR-e的な人のリクエストに応じて「私バカじゃないから!!が口癖の人」らしい。王子「そしてわたくし…文句ばっかり言う人。」ゆっこさん「クレーマー?(笑)」結構難しいんじゃないのか、それ…(笑)。鼻さまもリスナーリクエストのネタを引き当てて「武士言葉を喋る人、で、司会だそうです。」ゆっこさん「拙者…(笑)」鼻さま「拙者そうでござる!みたいな…」意外とマトモ。しょんぼり(イロモノ希望。/笑)リーダーもリスナーリクエストネタを引き当てて「外国の通販っぽく喋る人。」あー!!!(笑)でもノリは海外ドラマと同じかもしれない。

王子「じゃあ今から!」ということで…今回特に役名とかではないので名前はそのままで。鼻さま「分かったでござる!」「そうでござる!」鼻さま「いやそれはお前違うから(笑)そこがバカだと言うでござる!!」そんな中ブチブチ文句を言う王子。鼻さま「君もそんなに文句ばっかり…やさぐれてるとアサミちゃんみたくなるでござるよ。」王子「うるせーよ。」鼻さま「おっと…本当にやさぐれているでござるよ。」うん、しかもエロいね。イカンね!!ツボだね!!!(笑)リーダー「さぁ、早速コーナーを始めてもらおうじゃないか!」何かヘン(笑)。こういう人からモノ買いたくない(笑)。ゆっこさん「ハジメヨウ、ハジメヨウ!」若干壊れたオモチャみたいになってますが大丈夫ですか…?!(笑)
鼻さま「拙者が今日は司会を任されたでござる!!」いーから、分かったから進めろよ(笑)。王子「読んでくれよ!(笑)」ゆっこさん「ハヤク!」早くも混乱の様相を呈してきた。前回ほどじゃないけど(田中とベアはホントに酷かった。/笑)

鼻さまは投稿を読むとき、投稿の内容も武士言葉にしてたけど…それはそのままでも良いんじゃないのか?(オモロイからそれはそれでいいけど。/笑)リーダーが「いやもう少し速く喋れないのかい?(笑)」とか王子が「うるせーよ!」って突っ込んでるの、気持ち分かる(笑)。でもオエセルJAPANをゲストにっていうくだりで何故王子は「ばーかばーか。」って…(笑)。
オエセルJAPANへの質問として結成のキッカケや結成秘話、ライブ活動の拠点、リーダーは誰か、といったものがありました。

「何か…何だったか分からなくなった。」鼻さま「拙者も何だかよく分からなかったけどね。」武士言葉で精一杯(笑)。ゆっこさん「オエセルJAPANニツイテ!」ロボットはちゃんと記録していた!(笑)
「確か、オエセルJAPANのリーダーがね。」鼻さま「オエセルJAPANのリーダーは誰でござるか?」ゆっこさん「ダレ?ダレ?ダレ?」王子「誰?知らないよ?」「私バカじゃないから言うけど!(笑)多分、オエセルJAPANの…テレビで見ると右下にいたO-Jee!」ゆっこさん「O-Jee!O-Jee!」「すっごい目つきの悪い人だと思う!」王子「あいつか!」鼻さま「目つきが悪い…人殺し風なキャラでござるか。」ゆっこさん「クロイヒト!クロイヒト!!」「そうそう!黒い人(笑)」鼻さま「黒い人か…腹黒い人か!(笑)」王子「肉好きのね!」鼻さま「肉好きの腹黒い…意味がよく分からないでござるな!(笑)」意味はよく分からないけど、一応想定内というか(笑)予想通りO-Jeeがリーダーらしい。無理矢理へいなーだとか言い出すのかと思ってハラハラしちゃった(笑)。
「そんな人だったと思うなー♪」鼻さま「バカじゃないだけに、さすがでござるな(笑)」色々小さく挟んではいたけど(笑)何という主張もなかった王子に鼻さまが「で、君は何かもっと文句言いつつも…何か主張はないのか。」王子「もー、うるせーよ!」ゆっこさん「アナタタイドワルイ!」鼻さま「オレも今の『うるさいよ』は心に響いたでござる(笑)」キャラ設定と分かっていてもちょっと傷ついた鼻(笑)。元気出せ!

「あ、通販の人何してるんだろ?」すっかり忘れて…!(笑)鼻さま「通販の方は何をしてるでござるか?」ゆっこさん「ナニカウッテ!」「何か売って欲しいみたい(笑)」リーダー「もう…話の流れに全然ついていけないんだが…」鼻さま「オエセルJAPANのアルバムをちょっと…売ってみたらどうだろう…」何と!!!鼻さまスゲーいい事言った!天才だ!!!(笑)
急に振られたリーダーに王子「早くしろよ!」と容赦のない追い討ち(笑)。では、追い詰められたリーダーの頑張りをご覧下さい。
リーダー「それでは皆さーん!ごきげんようー!!!」…終わった?!Σ( ̄□ ̄; ←斬新すぎ(笑)。
王子「終わってんじゃねーかよ!」皆に突っ込まれて、リーダー「いや実はね、あんまり通販見たことがないんだ、番組。」ゆっこさん「ダメジャナイ!」「ダメだね〜…」鼻さま「珍しくゆっこちゃんがいっぱい喋ってるんだけど(笑)」「結構イイみたい、このキャラ。」ゆっこさん「ヤリヤスイネ!」「何だっけ…壊れた…?」壊れてない、壊れてない!!(壊れたオモチャ風だけれども。/笑)

殆ど武士言葉から離れた鼻さま「オエセルJAPANはね、ライブとかやってるのでござるかね?」王子「極秘でね!」鼻さま「極秘なのか?!(笑)」「そうなの。」王子「ガレージとか。」姫の家の?ガレージでやってるらしい。割と地味!ウチにも来てもらえるのかしら?!(笑)姫「多分ゲストに呼んでも、確かへいなーしか喋らないから…」ゆっこさん「ミンナシャベラナイ。」鼻さま「あぁ〜…もう少しいっぱい喋って欲しいでござるがな。」ゆっこさん「ミンナブアイソウ…」鼻さま「無愛想で文句ばっかりタレてるもんな。」王子「それは、私だから!(笑)」もう鼻さま一個覚えると一個忘れちゃうから…(笑)。

鼻さま「結成したキッカケや秘話があればということなんだが、ここは何か…聞いてることがある人がいるでござるか?」王子「同じ大学の…」「え、大学なの?!」鼻さま「大学?大学でござるか?」「私バカじゃないから、思い出すと…(笑)多分、O-JeeとUR@T∀あたりが幼稚園くらいから一緒で…」ええー?!Σ( ̄□ ̄; 何だか衝撃の事実なんですけど!どっちかっつーとChiffonとかさー!(笑)ゆっこさん「オサナナジミ!」「多分ね、スミレ組?スミレ組あたりだったと思う!」鼻さま「竹馬の友というヤツでござるな!」それにしては大分キャラ違うけど…!何その面白設定?(もっと早く知っていれば!/笑)
「あとは何か高校とかでー…出会ったりして…」王子「元々別のバンドだった人達が、みたいな。」「集まってね。で、最後にへいなーが入ったんじゃない?」王子「そうそう!」鼻さま「アレなんじゃない?メンバー募集のアレなんじゃない?」「そうそう、大学に貼ってあったんだ。」王子「ボーカル募集、って。」鼻さま「誰か喋れる人っていう…(笑)」王子「ライブ成り立たないからね(笑)」鼻さま「(へいなーは)辛うじて喋れる人だったということで(笑)あれでも頑張って喋ってる。」ゆっこさん「ヘイナーハイッテヨカッタネ。」「ホント良かったよね(笑)」へいなーがいなかったら大変な事になってましたよ…貼り紙は誰が作ったんだろう…?(笑)
鼻さま「アレもきっと中学高校までは、どちらかというとあまり喋らなくって、友達が少なかったタイプだったんだけど…」王子「へいなーが?(笑)」鼻さま「へいなーが。」そんなオエセルJAPAN談義となった中、ゆっこさんが一言。

「アナタモウブシジャナイ!!」

それ…!!言おうかどうしようか迷ってた…!(´Д`) ゆっこさんのナイスツッコミに心のモヤモヤが晴れました(笑)。鼻さま「あまり細かい事は気にしないでござる!!(笑)」「気にして!」だってそういう企画だから!皆さんを極限に追い詰める(?)コーナーだから!!(笑)
鼻さま「なるほど…そういうイキサツがあったでござるか。」「だからゲストに呼んでもいいけど…へいなーだけでね。」鼻さま「へいなー殿にも。是非是非ゲストとして遊びに来ていただければと。思う…でござるな。」へいなーと一番仲良し?な鼻さまがコンタクトを取って出演交渉をすれば良いのではないかな(笑)。王子「やだ!」鼻さま「やだ?!(笑)」王子「文句を言ってみた!!」何とか色々見つけて言わないといけないから相当大変だと思われ。ゆっこさん「アナタモンクバッカリ!」とって付けたように「それは楽しみだ!!」と言い放ったリーダーへの王子「最後だけやろ!(笑)」っていう一言は文句ではなく本音だったと思う(笑)。

鼻さま「ということで。オエセルJAPANに関してのこれからゲストで遊びに来てもらった時に結成秘話など話して頂ければと思うでござるが…皆の衆、いかがでござるか。」ゆっこさん「イイネ!」王子「いいんじゃねーの?締めてくれ!!」鼻さま「というわけで皆さん…お楽しみに!!」はーオモロかった(笑)。キャラ設定のリクエストも受付けている模様。誰か、乙女ゲーに出てきそうなキャラ設定を6人分用意して(全員男性設定で)やってもらおうよ(王子にエロいキャラか半パンキャラが当たりますように!!!/笑)

今回も怒涛のエンディング。鼻さま「今日も何か後半の方どっと疲れますね(笑)」王子「難しいよ文句ー!酷いことばっかり言っちゃったよ。」リーダー「全くもって疲れたねー…」ゆっこさん「まだ抜けてない…(笑)」リーダーはエンディングでもキャラが抜けない体質らしい。前回田中も帰ってなかったし(笑)。姫「やってなかったよ浦田君。暇そうだったよ(笑)」リーダー「オレは最初(『通販』が)『通貨』って読めて…外国の通貨っぽく喋るのかと…」王子「すまんなーワシの字ぃが…(笑)」王子の字は可愛いと思うけどなー。自分の字が汚いので、営業さん(男性)で達筆な人とかちょっと殺意が芽生える(笑)。どうせ社内便のお兄さんに「○○さん(←ワタシの本名。)は字で分かります(笑)」って言われたよチクショウ!!(ノД`) しかもいつの間にか名前覚えられてるし…!(←残念な人としてメモリーされた風情。)オタクっぽい字なんだよね。分かる、自覚してる。王子からエロいオーラが滲み出ちゃうように、ワタシからはオタクオーラが滲み出てしまっているのだよ…_| ̄|○il||li

王子からはBonzoの告知がチラッとありました。YoutubeはOAカットされた分も乗るっていう話だったんだけど…親切な人にダビングしてもらったTV版だけでもレポート作った方が良いんだろうか…?と迷っているうちに(笑)ベイ関係のオンリーイベント出ることになっちゃって暫くそんな余裕もない風情なんだけど…。
番組告知は姫から。王子いわく「なかなかお悩みがないみたいなんでね…もっと悩んでください。」との事。悩み…あるとすれば会社の重たい悩みになりそう(取引先が毎月サイバーテロを仕掛けてくるとか。/笑)
今回の一番アレな人は気を利かせて(笑)オエセルJAPANの質問を送ってきた方に。こういうオトナ対応の投稿が沢山あると色々な意味で楽ですね(笑)。

最後のスポンサーアナウンス?は姫が担当。「この番組は、今日も全般的にすくるーじイトウさんの提供でお送りしました。」ある意味、スポンサー的な感じではあった(特に今回は。/笑)

次回の更新は、ワタシの推測が正しければ5月28日(金)だと思われる(笑)。

X Home X

inserted by FC2 system