ラジオ☆真・オエセル魂!! 感想文07

X Home X

第7回「声、響いてます。」(2010/06/25UPDATE)

確かに広々と響き渡る中(笑)、冒頭はサッカーW杯が盛り上がってるという話題から。鼻さま「海外のプレー見るとゾクゾクしますね!ぞっくぞくするね!!」王子「ノってんなぁ…(苦笑)」鬱陶しいですねー!(笑)ゆっこさん「いよいよ決勝がスペインとイングランドです!」鼻さま「あ?!(笑)スペインとイングランド?」「えー、そうなの?私はオランダ押しなんだけど。」なかなかどうして、実際には色んな波乱があった模様です。
するとアサミさん「私浦和レッズです!」鼻さま「浦和レッズは出てないよ(笑)」王子「えー?じゃあ私京都パープルサンガ!」鼻さま「パープルサンガはJ2だから(笑)」何だか無駄にサッカーに詳しい人がいる(笑)。ゆっこさん「じゃあ私もレッズ〜♪」「じゃイイよレッズで。」鼻さま「じゃあ、ザスパ草津!(笑)」王子「分かんねー!」ゆっこさん「J2だ!」鼻さまとゆっこさんとウチの妹サマ(サッカーに詳しい)で対談をさせると3時間ぐらい持ちこたえそうだ…(そしてワタシには分からなそうだ…!)

鼻さま「オレはイタリア来ると思ってるんだけどー…」王子「国の名前からして強そう。」鼻さま「何だそりゃ(笑)」王子「イタリア、って。」更に女子部の皆さん「美味しそう!」イタリアはそんなイメージです。強くて美味い。…残念ながら、今回は揮わなかったようですが…。
鼻さま「ワールドカップね、もうじき…」ゆっこさん「終わっちゃいますね。」ん?何気にゆっこさんがナイスフォローなのか、もしかして?(笑)鼻さま「寂しいですよね。まぁどこが優勝してもイイと思いますけど…日本にも頑張って欲しいところですけどね!」ゆっこさん「残念だった…!!!」言っちゃった!(笑)確かに残念でしたが、この時ゆっこさんが思っていた残念さとは違ったはず(笑)。期待されてない方がノープレッシャーでいけるのかも?王子すかさず「ダメよ!言霊言霊!!(笑)」意外と侮れない?かもしれないですからね。ワタシも毎日「6億円ゲット!」って呟くようにしようかな(笑)。

そしてオープニング。「パーソナリティーは、暑いのは苦手!松本さちと」「クーラー大好き河原木志穂と」「アイス大好き矢口アサミと」「クーラーが無い、暑いの大好き高口幸子と」「ラーメン大好きはらさわ晃綺の」5名様で実施のようです。未だ4名以下になった事がないというのは予想外。まぁ全員揃っている回も少ないんだけど…(笑)。
王子「ということで今回は浦田君がお休みということで。」アサミさん「音響係の…」鼻さま「今日はリアルにいない(笑)」で、結局親知らずは抜いたのかしら?気になるところです(笑)。姫「何か目に優しい感じ。」王子「そうだね、煩くない感じが(笑)」ゆっこさん「ゴワついてない…」殆どタワシみたいな存在。…酷い(笑)。
「そして録ってる場所も広い感じがする。」王子「そうだね、ちょっと…響いてる感じがね。」アサミさん「あれ?何か来てます…」王子「今日はテレビがね、入ってるんですよ。カメラさんが」鼻さま「Bonzoさんがね。」Youtube派としては殆ど存在を忘れていたっていう…(ワタシだけか…)テレビでは既にこの模様が流れたようですー。

王子「そんなわけでアサミちゃん、この間ライブがあったんでしょー?」鼻さま「Link!『やあ!とお!やあ!』」アサミさん「そっち知らない…(笑)」王子「それオレ!オレだから!」やあ!とお!は可愛いんだけど「うっ!」って言われるともの凄い罪悪感に苛まれる…(下手なので「うっ!」って言わせがち。/笑)
ということでここからはアサミさんが組んだユニットのお話チラリ。「5日のライブの方には、さちさんとはらさわさんに来ていただいて…」王子「楽しかったですよー。」鼻さま「楽しかったね。」後でも話しに出ますが、王子と鼻さまの冒険記?が『動画の間』にアップされてます。個人的には王子とのバーチャルデート(?)がおススメ(笑)。
王子「すごいスパン空けずにこう…初めてのライブと2ndライブがすぐ来ちゃってるっていう…(笑)」アサミさん「ギュウギュウで本人いっぱいいっぱいで…」王子「全然違う事を…やった…んだよね?」「何だこの…探ってる感じは何だ?(笑)今日は何日なんだ??(笑)」言っちゃダメ、オトナの皆さんはそっとスルーです!(笑)鼻さま「でもまぁ5日の方はお披露目っていうか…」アサミさん「対バン形式で…」王子「すごい親心な感じで見に行っちゃってんけど、でも全然楽しめた。」「腕を振り上げました。久しぶりに。」鼻さま「おあ〜〜〜!」王子「アサミ〜〜〜!!」「そんなオッサン声で声援しちゃったの?」軽いヘブンズベア症候群ではないのか(病気?!/笑)
アサミさん「はらさわさんの声は聞こえました。見たら、あ!あの高い人ソレだ!みたいな。」「ソレだ(笑)」王子「ソレ扱い(笑)」ソレ扱いの鼻さま、不在時なのにタワシ扱いのリーダー。オエ隊男子部は色々アレだけど、それも愛だと思って欲しい(笑)。

鼻さま「何か司会もね、アサミちゃんやってたもんね。」王子「そうそう、イベント全体の司会もね。一人で…すごいなーと思って。」アサミさん「イヤイヤイヤ…」王子「いやーもうなかなか出来る事じゃないですよー、ねぇ?」「何弁?(笑)」鼻さま「王子どうした今日は(笑)何か変な人乗り移ってるよ。」王子「そんなこたぁ〜ねーよ。」全体的にオヤジ風。しかしちょっとカッコイイという噂もある(笑)。
王子「そうそうそのね、アサミちゃんの初ライブの時にねウチらはらさわ君と私で見に行ったんだけど、その時の様子を『動画の間』に上げてますので。」鼻さま「Linkのメンバーがね。」王子「インタビューとかしちゃったりして。」是非ご覧下さい。主に王子とのバーチャルデー…(以下略。)

オープニングの締め、定型文は基本的にそのままだったのですが、最後の鼻さま「ページはそのままだギョ☆」これこれ。これ毎週お願いしたい(カッコイイバージョンとか不要。/笑)
ゆっこさん「この番組は、『大進撃放送Bonzo!』ディレクター小俣んの提供でお送りします。」ちょっとのび太君似。←失礼。

オエセルJAPANのCMを挟んで本編。王子「はいそれでは早速コーナーに行きましょう!」ゆっこさん「本日1本目はコレだ!」というわけで『恥ずかし魂』から。趣旨説明は鼻さま担当。そして投稿一つ目は王子が担当。この王子の読み方がかなり好きだった(緊迫感があって。/笑)
電車の中で、アキバで買った嬉し恥ずかしいグッズをブチまけたというお話。明日は我が身、くわばらくわばら(笑)。鼻さま「あ〜…コレはアウトですねー!(笑)」「アウトだよねー(笑)」王子「ダメだね!(笑)」鼻さま「完璧にアウトですよ。」怖いですね、この完全アウト具合が分かるから恐ろしいですね。冬コミ最終日(大晦日)に参加して、オタクグッズ満載したまま西川サマの年越しライブに参加した時はもう…会場入り前の荷物チェックをどう掻い潜るか必死でした…。(持ち込み禁止なモノではないが、チェックのお兄さんに同人誌を見られることは避けたい。/笑)
アサミさん「誰か親切な人が拾ってくれても嫌ですけど(笑)」王子「手ぇ出したくないよね(笑)」「どんな恥ずかしいのなんだろ?どのレベルなんだろ?」アサミさん「画像を送って欲しいですね!」ゆっこさん「バラまいちゃったもの。」王子「引くくらいやったらどーする?(笑)」「モザイクがかかってる(笑)」あんまりドギツイのは引きますなー。例えBLでも…というかワタシ個人的にはBLのドギツイのが一番引くかもしれん…(何でも書(描)きゃーイイってモンじゃないと思うんだワタシは。/笑)

鼻さま「電車の中でこういう体験はある?うわー、これは…っていう。」アサミさん「落としたりとかは結構…」「バッグの中身引っくり返すのよくある。で、電車の中滑ってサーッ!とか(笑)行ってしまった…!みたいな。」「サーッ!って行ったのを、誰かが足でピッて止めてくれる(笑)」王子「嬉しいけど足?(笑)それ恥ずかしいものではなかったんだ。」「恥ずかしいものではないけど、その様子が皆こう流れていくのを見るじゃん。」鼻さま「ガラガラガラガラ〜!って音立ててね。」王子「その人らの前を通って広いに行かなアカンっていう(笑)」「広い集めるからね。」時々そういう人見かける(笑)。大概そういうのは姫みたいな可愛い女の子だから許されている(笑)。ワタシは許されない感じだからカバンはしっかり持ってます!(滑って行ったものを誰も止めてくれない気がするよ…!)
自分がブチまけたりはしないのですが、前に座ってたお姉さんがガッツリBLのマンガを読んでいた時はホントに居たたまれなかった(笑)。読んでるだけじゃなくて、持ってる買い物袋にも(スーパーの袋みたいな薄いの。/笑)わんさか入ってて、全ッ部表紙のイラストとか見えてるの。何をどう見てもガッツリBLなの!!!(ノД`) 電車の中で「スイマセン勘弁して下さい」って土下座しそうになったわ…(笑)。ちなみに同人誌ではなく商業誌と思われる。一人で汗ビッショリになっちゃったよ…。。。

ここで更に鼻さまの恥ずかしいネタ。「昔ゲームの…すごいコントローラーがもの凄くデッカい、ゴッツいゲームがあって…ミカン箱よりデカいくらいの箱で売ってるゲームを買ったの。新宿で買って行ったんですけど…あれ今思うとちょっと恥ずかしかったかなーと(笑)」アサミさん「ブチまけたわけじゃないんですよね?」鼻さま「ブチまけたわけじゃない、もうそのまんまを置いてあるから…」王子「それ別にヤラしいゲームじゃないの?」鼻さま「ヤラしいゲームじゃないですよ?」「どーかなー?(笑)」王子「恥ずかしいって事は…」疑う姫と王子ですが、何となく鼻さまは本当にゴツいゲームを買ってそう。萌えゲームはリーダーが担当だと思う。担当であれ!!(希望)
ちなみにその時鼻さまが買っていたゲームというのが「ロボットを操縦するゲームだったんですよ。ロボットを操縦するコックピットを模した…操縦桿とかがついてるコントローラーのセット。」おおおぉ?!ガンダムを操縦する的な?!(そんなゲーム昔なかったっけ?)ややや…やりたーい!!!(多分パイロットには向いてないんだけど。ガンダム界?に入るとしたらメカニック希望なんだけど。/笑)王子「男の子が喜びそうな…ね。」まだまだ続きそうな雰囲気でしたが、アサミさんが「それに…対して…」と話を進める。姫「切られたー(T△T)今盛り上がってたのに(笑)」王子「もっと喋れるよ?(笑)」鼻さま「ぶった切られた!(笑)」アサミさん「そろそろ行った方がいいかなって…」王子「そうだね(笑)」時間配分を考える、何よりも重要な事です。就職活動でのグループディスカッションでは、ほぼコレを見られていると思えば間違いない。納期を意識できるか、という点ですね。グループディスカッション全勝のワタシが言うのだから間違いない(不況でも氷河期でも、内定は出るんだよ。/笑)

投稿2個目の読み担当はアサミさん。小学生時代に音楽の授業でレコーディングさながらに熱唱したという話。王子「可愛いなー(笑)」アサミさん「何かノッちゃうと、ありますよね。」王子「マジ?小学生で?(笑)」アサミさん「なりきっちゃうじゃないですか。」「目ぇつぶっちゃわないよねー(笑)」王子「耳も押さえないだろー?(笑)」鼻さま「どんだけ入り込んじゃったんだろう、みたいな。」アサミさん「両耳じゃなくて片耳の方が余計にカッコよく…」鼻さま「レコーディングっぽいね。」まぁでも、なかなかそこまでは熱唱しませんよね。むしろ人生において(笑)。
王子「私音楽の時は…小学生の時は何故か知らんけど絶対地声で高い音出したるねん!っていう…生きがい。」一同「生きがい?(笑)」王子「意気込み?(笑)意気込みを持ってて…上の『ミ』とか『ファ』とか…」「でも今もそうだよね?今もその…それを生きがいにして…(笑)」王子「今はホラちゃんと…裏声も使ったりもしてるけど、小学生の時は凄い高音キーン!って歌って目立ってた。」ゆっこさん「凄い、その頃から意識が…」そう、むしろそんな時代の歌に対する記憶が残っている事が凄い。ワタシなんて歌ってたのかどうかすら思い出せない(笑)。やはり上手な人は小さい頃から違うんですなー。
意外にも「小学校の頃ダミ声だったからな〜(笑)」という姫。王子「黒豆飲んだの?」アサミさん「黒豆は飲んでない!(笑)死ぬ死ぬ!(笑)」黒豆がどうしたんだ?と思っていたら、姫「黒豆の汁を飲むとキレイな声になるんだよ。」との事。うーん、20年くらい前に聞いておきたい情報だった(笑)。

1つ目の投稿に比べるとネタは可愛らしい感じですが、鼻さま「これでも確かに恥ずかしいよね…ハッ?!って気付く感じでしょ?(笑)」「そうだよ、一人でだよ?目をつぶり…」アサミさん「先生の伴奏も止まってたんですよね?(笑)」鼻さま「収録とかでさ、ガヤとかを録ってて周りの人がパって止まるのに自分がまだ言ってる事が…(笑)」一同「あるあるー!!」鼻さま「とんでもないとこでバーッと目立ったりするとちょっと恥ずかしかったり…」王子「恥ずかしいね(笑)」ゆっこさん「(投稿の人は)常に自分の音しか聞こえてないっていう…」「(耳)両方か!(笑)」恥ずかしいといえば、これもたいそう恥ずかしい話です(笑)。
王子「どっちが恥ずかしいと思う?」「どっちも恥ずかしいよね」アサミさん「オトナの恥ずかしいのと子供の恥ずかしい。」確かに…(笑)。オトナになっちゃってる分色々辛い(笑)。皆さんの中では2個目かな?という感じになっていたその時、鼻さま「(後者のは)恥ずかしいというより…イタい。」王子「言っちゃった!!」鼻さま「恥ずかしいというより、ゴメン、痛い!!」まさに。それ言われたら何も返せないわ(笑)。王子「痛い、苦い(笑)」「苦い、しょっぱい(笑)」ゆっこさん「すっぱい!!」色んな味覚が発動しております。。。アサミさん「これは凄い頑張って投稿してくれたと思うんですよー。」頑張り具合で言ったらもう、右に出るものはいませんね(笑)。

というわけで今回は後半の投稿ネタ、子供の恥ずかしい(笑)に軍配が上がっておりました。リクエストは鼻さまにマスターでという、ちょっと意外な(笑)設定。王子「慰められたかな?」アサミさん「余計落ち込んだりして(笑)」あのマスターに慰められるのは辛いな…(笑)。

2つ目のコーナーは『心の叫び魂』。前の『恥ずかし魂』の時にも若干感じましたが、音響担当のリーダーが不在なので(?)ちょっとタイトルコール用の効果音との兼ね合いに苦労している感じがしますね…がんばれリーダー!(編集してるって噂。/笑)
趣旨説明はアサミさんが担当してました。どうやら先のコーナーでイヤンなグッズをブチまけた彼が複数の叫びを送ってきているようです。アサミさん「何個も来てるんです!…なので、皆さん順番にお願いします。」ということで叫び4連発。鼻さま「何かとりとめのない…(笑)」アサミさん「私さちさんの言葉にトキメいた!」ワタシもトキメいた!!!何かカッコ良かった!!(笑)姫「ねー。だから次言いたくなかった(笑)」鼻さま「(王子を)一番最後にすりゃ良かったな(笑)」王子「(投稿者が)順番振ってあるの。」アサミさん「それじゃ一番から順にそれぞれ理由をね…」最初の内容はゆっこさんが担当した「1円足りねぇ!」ってヤツ。ゆっこさん「多々あります。」鼻さま「あと1円あればちょうど払えるんだけどーって…」アサミさん「そういう時に限って一万円が…(笑)」鼻さま「千円札、細かいのなくて(笑)」あるある。で、お釣り貰って財布の中が9円になるとかね!(笑)
王子「コンビニに行って1円足りなかった時友達が出してくれて、買ったヤツを1円分あげるね、って。」鼻さま「1円分?(笑)」「どんだけもらえるんだろー?(笑)」アサミさん「ちょびっと…(笑)」王子「あとで1円分あげんなー、ってよく言うよ♪」ワタシ言った事ないなー。1円分はありがたく貰います(笑)。
ゆっこさん「絶対言えないけど、『1円まけて』って言いたい(笑)」言いたいです。むしろ店の人も「いいよ」って言いたいんじゃないかと思います(笑)。鼻さま「某ディスカウントショップだとね、レジんトコにね。」アサミさん「4円まで!」へー、そんなのあるんだー。あの辺の店かなーって思いつく所はあるんですが、基本あの店苦手なので殆ど入らないのです^^;
「私使ったことあるよ!使いたくて使いたくて…(笑)」鼻さま「ああいうの使いたいよなー!(笑)あっても使いたいんだけど、それはどうなんだろうね?」「多分良いんだと思う。4円までなら。」有難い話だ、ということで一段落。

王子「次は?時間よ止まれ?」まぁ、あるっちゃあるしないっちゃない、その心は…鼻さま「男はしょっちゅう思ってます。鼻さまと浦田さんに確認してみてください(笑)」鼻さま辛い立場になった(笑)。アサミさん「浦田さん居ないから…」「何で何で??」王子「どうなの鼻さまは?男はしょっちゅう思ってる…」鼻さま「そんなに…」「どんな時に?」王子「思うの?」「思ったことはある?」凄まじい集中砲火です(笑)。休んでて良かった、リーダー!(散々な目に遭わされると思う!/笑)
鼻さま「思ったことは…。。。」「あるなあるな!!(笑)」アサミさん「どんな時にー?!(笑)」王子「言いづらいの?(笑)」「知りたい知りたい!顔赤いよ!(笑)」鼻さま「赤くねーよ!(笑)」どんどん立場が悪くなって行きます。気の毒だが面白い(笑)。鼻さま「何だろうなー、コレ…」王子「言いにくいの?」「しょっちゅう思うこと」鼻さま「しょっちゅう?」王子「男なら分かるから。」ここで鼻さま会心の一言。「じゃあ王子分かるだろ。」王子「いや分かんねーから(笑)」言い方はスゲー男前なのにな(笑)。姫に「しょっちゅう思ってるんだよ。」と言われて王子「ああ〜…何でやねん(笑)」ウッカリ男の心で考えようとしてしまった!(笑)
鼻さま「何だろう…?」王子「男じゃないんだな、鼻さまは。」鼻さま「えー?!」「そうだな!」王子「分かんねーな。」ゆっこさん「ここにじゃあ…浦田さんのコメントを挟んでもらって…」ホント、休んでて良かったとリーダーは心から思っていると思う(笑)。

鼻さま「あんまりでも…時間よ止まれって思ったことないけど(笑)」王子「自分も止まっちゃうもんね(笑)」「自分は止まらないんじゃない?」大概こういう場合、自分だけは止まらないという暗黙の了解がある。ここで小僧なアサミさん「あ!何となく分かった気がする…」「自分以外の人が止まったら、アラレちゃんでやってたけど…」鼻さま「お前何を犯罪的な事を…(笑)」アサミさん「センベイさんが(笑)」王子「某透明人間みたいなことやろ?」アサミさん「そうそうそう!」よくは分からないが、女湯をのぞきに行くとかそんな程度だろうか。
王子「今分かりました。」鼻さま「何となくこう…チラッと見て…」「チラッと見て?何を?」王子「チラッとかなー?」「チラッと何を見たの?(笑)」鼻さま「チラッと何かが…あ!っと…」「ナニ〜?!(笑)」王子「もうー!」「言っちゃいなよー!ぶちまけちゃいなよ!」終始笑って誤魔化そうとする鼻さま。リーダー休んでて良かった(3回目くらい。/笑)
王子「全世界に言っちゃいなよ!(笑)」「テレビでも配信しちゃえ(笑)」アサミさん「そうだそうだー!(笑)」鼻さま「それはマズいなー(笑)。一応イメージとか…」「ああそう、顔赤いよ?」アサミさん「イメージ大丈夫です!」ワタシも鼻さまのイメージは大丈夫だと思う(笑)。
ちなみにワタシの男脳(相当なヘンタイ。/笑)が言う(?)には、人により程度問題ではあるが混雑した電車の中で可愛い女の子と密着した時なども該当するだろう、という事です。(ちなみにオレはそこらへんどうでもいい、とも言っております。/笑)個人的には自分の獲物(?)が懐いてきている時に「ああもう一生このまま!!!」的な夢を見る事があったりなかったりするらしいです。普通に可哀想な人でした…ちなみに学園モノ設定(笑)。

色々大変だった鼻さま「もういいよ、次!!」王子「クリリンの事か。これはね、皆さん分かってらっしゃると思いますけど…30代以上の男子はいつか叫びたいと思ってます。」アサミさん「私も叫びたいです!!」王子「女子だけどね(笑)」鼻さま「男子部だから(笑)」アサミさん「名台詞ですよ、ドラゴンボールの。」…という事なのですがワタシ分からず…どオタクなんだけど却ってメジャーなものは知らなかったりするんだよねー。と、いう訳でググってみたところ、ドラゴンボールZの101話でフリーザさんがクリリンを殺してしまうと。そんでもって孫悟空さんに「木っ端微塵にしてやる、あの地球人のように!」という台詞を放ったところ、孫悟空さんが「クリリンのことかーっ!」ってブチギレした(そしてスーパーサイヤ人に?)という流れらしいです。そーかそーか。何となく分かった(自己完結。/笑)
鼻さま「オレね、番組でいってた時のダメ出しじゃないけど…ディレクターさんの指示で『今の台詞はクリリンの事かー!のイメージでやって下さい』って言われた(笑)」「ええー?!」王子「そんなにアレなんだ?」鼻さま「でもね、もの凄い伝わった。『分かりました!!』って…(笑)」ま、伝わったなら良いとしよう(笑)。

「そしてそして最後。オエセル隊のCDついに買えた。」王子「ありがとう!」「何のCDだろうね?」ちなみに叫んだ理由は、と見てみると、姫「理由は…媚びる…媚びたのかー!じゃ買ってねーのか!」王子「買ってねーんだな」鼻さま「買ってないのか?ホント?オエセルJAPANのアルバム、大好評発売中ですよ?」王子「そうですよ?」「なので、買ってから出直してください。」鼻さま「厳しいですね!(笑)媚びは通用しませんね!」ということで…多分買ってないという事はないような気がしますが(笑)時間配分も気になるところなので手早く終了。

ゆっこさん「それでは1曲聴いてください。オエセルJAPANのSAMMYで『SORA』」ということで…もしかしてこれで…全員分とりあえず一周した?のかな??っていう感じです。

色々押しているので(?)CMはなくそのままコーナーへ。ゆっこさん「続いては、『なりきり魂』〜!!どっかで聞いた、あのキャラでメールを読んだりなんかしちゃったりするよ!」ということで何だかトバしているなーと思ったら、既にキャラクター設定が入っていたようです。以下、とりあえず役名表記で。殆ど素っぽいところがあっても、頑なに役名表記で!(笑)
まずは自己紹介から。「私?私はね、変態ゼミナールの部員です!水越美和子〜!!」「ネットゴーストPIPOPAより…噛んじゃった!チョー噛んじゃったよ!えー、北山コースケでーす!ヨロシクー♪」「ローゼンメイデン トロイメントから、柿崎めぐです。」「そして、ガンダムSEEDからアサギ・コードウェルです!M1アストレイに乗ってます!」コースケ「チョー女の子だ!」んで、最後。「宇宙をかける少女で月防空総体司令の山際と申します。」アサギ「何かはらさわさんって感じ!」コースケ「チョー難しそうな名前(笑)」以上、全キャラクターリスナーからのリクエストだそうです。王子の女子キャラに一同騒然(笑)。

山際「ちょっと僕…場違いな感じなんですけど…(笑)」コースケ「チョー大丈夫!」個人的にはコースケの軽い感じが好きだ(笑)。美和子「めぐちゃん、ガンバ!」アサギ「声張って行こう!」めぐ「病気だから声張れないの…」コースケ「じゃあ、そんなめぐちゃんにチョー読んでもらおうぜ!」ということだったのですが、何故か山際が「ベアは?」と振るので(笑)まさかのベア様登場。ヘブンズベア「めぐ読めよ!!早く読むんだ!読め!声張って行け!!」もう、殆どレギュラーなんだと思う(笑)。
美和子「アサギじゃないわ!」アサギ「違うわよー!アサギよ!」山際「ベア(笑)」ベア「アサギだっつってんだろ!!」めぐ「じゃあ…ベアが読めば。」ベア「イヤだよ!!!(笑)回すな!」まだコーナーが始まったばかりなのに大混乱。山際「結局ベアなんだ(笑)」って言った時のコースケ

「チョーベアだよ(笑)」

よし分かった、それ今年の流行語大賞で!(≧▽≦)b

山際「チョーベアだよ(笑)」ベア「行け早く!」ということで投稿読みは当初の予定通りにめぐが担当。もし声優になっていなかったら?という質問でした。一同「なるほどねー…」コースケ「で、誰から?」ちょっと好きだ、コースケ(笑)。
アサギ「変態ゼミナールの…(笑)」コースケ「変態って…(笑)」美和子「優等生なんだからね!!」めぐ「変なバイトしてるの。」アサギ「そうなの?教えて?」美和子「………それは言えない!!!」アサギ「言えないんだ(笑)。」王子以外のキャラクターに関しては基本知識がないので、役名など調べる事になるのですが…どうやら本当にアレな感じっぽい(バイトが何かは分からないけど、作品全体的な感じが。/笑)そして、めぐの中の人(笑)も同じ作品に出ているから詳しいらしい。
美和子「ホントに言えないこと。でも、お給料はイイんだ。カラダ張ってるもの…」アサギ「張ってそうー!」何を根拠に(笑)。美和子「食べたいものが食べれないんだもの。」アサギ「今(質問への回答を)考えてるの?(笑)」鋭い、アサギちゃん。ダテにモビルスーツ乗ってないぜ!(王子がモビルスーツ乗りになるって知った瞬間、すごく喜んだなー。/笑)
美和子「これは…キャラが?自分が?(笑)」アサギ「自分が!」コースケ「中の人が。チョー中の人が。」美和子「想像つかないんだけど、もし男に生まれてたら…」アサギ「うん…そんな!(笑)そんな問題だった?!」美和子「じゃあベアだっていいじゃない!」ベア「ベアはいいぞ〜!」山際「前提から全部覆してる(笑)」話としては、ベアがすんごい大変だった、っていう思い出話だったはずなのに今ではベアが一番楽しそう?な王子(とオエ隊の皆さん。)今日は相方(?)の田中が居ないからちょっと寂しい(笑)。これで万一ベア様がお休みの回なんてあったら、心にぽっかり穴が開いてしまいそうだ!!(笑)

アサギ「コースケ君は?」コースケ「オレは、チョー看護師になりたかった。」一同「チョー看護師…(笑)」山際「看護師を超えた存在みたいな…(笑)」美和子「スーパー看護師?」コースケ「チョー看護師(笑)」アサギ「スゴそうだねー。」山際「婦長さんもビックリ。」するとベア的な誰か?「ヤルわね!(笑)」山際「チョー看護師が!(笑)」めぐ「やっぱりベアがいなかった?今…ベアが…(笑)」ベア「婦長はベアだよ!(笑)…もーワケが分かんないよ!(笑)」コースケ「スゲー病院だ!(笑)」病気が治るかとても心配(笑)。
美和子「アサギちゃん大丈夫?」アサギ「ダメかも!!(笑)めぐちゃんは?」めぐ「めぐは…男だったら…(笑)」いつの間にそっちになってしまったのか(笑)。アサギ「そんなんじゃないからね(笑)」コースケ「普通で、チョー普通でいいよ。」アサギ「チョー普通で。超なのに普通…(笑)」キャラだけでも充分に混沌としているのに、今回は言語形態までもがカオス(笑)。
そんな中のめぐ「私…ベアになりたいかも…(笑)」山際「なかなか難しいぞー。」憧れの存在になってきた!(笑)しかもベア様の「世の中のチビッコ!待ってるぞ!!」っていうのがちょっとカッコ良かったりなんかした!(笑)

山際「で、ベアは何になりたいの?(笑)」アサギ「ベアなの?!(笑)アサギは、…もうアサギでもないなコレ。」山際「毎回別の人だね(笑)」ベア様が一番安定してる説は本物かもしれない(笑)。めぐ「ベアで良いんじゃない?」ということで、本格的にベア様へ(笑)。「うん。アタイはー、マンガ家だね!」めぐ「ベアってマンガ描けるの?」ベア「描けるよ!熊だけど。」山際「ペン持てる?」ベア「ゴツいから持ちにくいけどさ!」山際「ツメにこう…インクとかつけて。」ベア「そうだよ!ツメ削ってやってんだよ!」山際「カッコイイね。」ベア「イイだろ?」むしろ今の一言が一番カッコイイ(笑)。恐るべき存在だな、ベア様は!(笑)
ベア「そして?!」山際「僕は…おもちゃ屋さんとかやってみたいかな。」ベア「普通だな!」美和子「男の子の夢って感じね。」色々ぼそぼそ語る山際さん。ついにベア様が「お前はらさわだろ!!」と突っ込む(笑)。山際「中の人っつったじゃねーかよ!(笑)」コースケ「いやキャラで、チョーキャラで喋って下さい!」山際「や、めっちゃキャラこんなんですよ。」一同「普通!!!」コースケ「普通の鼻さま、チョー鼻さまだよ。」美和子「でもコースケ君も今普通のアサミちゃんよ?」確かに…鋭いぜ美和子さん!(笑)コースケ「コースケ!俺チョーコースケだぜ!!」山際「普通にベアだよ(笑)」アサギ「違うわよー!アサギよー!」めぐ「普通にベアってどうなっちゃうの…?(笑)」とりあえず凄い事だけは確かだ…。
アサギ「チョーアサギよ!」美和子「スーパーアサギ!」美和子&アサギ「イェー!」あーあー…またこんなカオス状態に…(ノД`) ←これがウリなんだと信じている(笑)。
山際「ガンダムこんな人いなかった(笑)」アサギ「アサギ行きまーーす!!」おおぉ!!ガンダムっぽい!(笑)何だか色んな人が入り乱れて今回も大変な騒ぎになりましたが、『なりきり魂』もどうにか終了。今回ベア様がいっぱい出てきて楽しかったけど、田中がいないのと鼻さまが普通キャラだったのが惜しいなー(笑)。相変わらず大好きですけどね、このコーナー!(゚∀゚)b

これまたCM抜きでエンディング。若干リーダーの苦労が伺える(笑)。王子「何か宣伝とか…ある人?」ということで姫から7/18に開催されるというライブイベント参加の告知がございました。詳細は姫のサイト等でご確認あれ。
更には姫による番組告知も入りまして、本日アレな人には電車の中でイヤンなものをブチまけたにも関わらず何の慰めの言葉も貰えなかったあの方へ。ワタシも何かネタがあったらそっと投稿してみたいけど、万一採用された時にこのレポートでどう処理していいか分からない(笑)。

最後の締めは鼻さま「この番組は、『大進撃放送Bonzo!』ディレクター・オマタフの提供でお送りしました。」そろそろYoutubeもチェックしなくちゃかな…?

X Home X

inserted by FC2 system