ラジオ☆真・オエセル魂!! 感想文10

X Home X

第10回「冒頭からなにごとだ?」(2010/08/06UPDATE)

冒頭…いや冒頭…。。。

……!!!!(゚Д゚) ←声にならない(笑)。

どっかでネタがすり替わって違う方向に行くのかと思いきや、最後まで通したね!(爆)

冒頭から汗ビッショリになってしまいましたがオープニング。
「クーラーと扇風機大好きー!な松本さちと…」「枝豆とビール大好きー!な矢口アサミと」「えー?…えっとプリンとスイカ大好き!な河原木志穂と」「色白メガネが大好き、浦田優と」「プールと海が大好き!高口幸子と」「プリンに醤油をかけるとウニの味になります!はらさわ晃綺です!」久々に6人勢揃いなご様子。レポートはネズミと半パンが大好きなヘンタイがお届けしております。プリンに醤油とか、10年ぶりくらいに聞いたよね(爆)。

そしてやはり話題は衝撃のアレ。アサミさん「アレは何なんですか?(笑)」ズイブン思い切った内容を…!と思ったのですが、どうやら投稿ネタだったようで。むしろ書いて送った度胸に敬意を表したい(笑)。
王子「寸劇なんですけどね(笑)」鼻さま「さち太郎って何だよ(笑)全然イケメンぽく聞こえないんだけど…」「一応ね、注意書きに【ちょっと不良なイケメン君さち太郎】って…」名前は確かにアレだけど、しかし音声を聴くと…何ていうのかな?理想系??(爆)

そう!それっ!!!!(゚∀゚)b

って感じだった(笑)。ワタシの理想系だった。イデア?これがイデアというものっ?!って大学卒業して何年も経つけど、今イデア論が分かった気がした(絶対間違い。/爆)いやー、ホント良いもの聴かせて貰いましたよー。マジであのノリでCD1枚作ってもらえないかな(笑)。
で、ちょっとした犠牲者っぽくなっていたリーダー担当の相手役は「小柄で可愛い感じの男の子」という設定だったらしい。いやー…無理だねー(笑)。何故か知らないけど、ワタシ受キャラが男性声ってかなり無理なんですわ。聞いてるこっちがスゲー恥ずかしくなっちゃうの(笑)。リーダーだからまだ最後まで聞いたけど、これがまかり間違って鼻さまだったらと想像するのもおぞまし…いや、恥ずかしい(笑)。どんだけ王子がカッコイイ声で喋ってても、やっぱり聞けないなー。
だからね、某十二国記で延主従が好きだって言ってても、決してそれを音声にして欲しいとは思わないし(漫画または小説大歓迎。/笑)逆に某オズマと某ユスフは中の人が両方女性だから、心置きなく(内容的な意味でも。/笑)CD5枚組みとかにして欲しいの(夢を諦めずに生きて行きたいです。/笑)

アサミさんいわく「キャストは誰でもいいって感じだったので、じゃあ敢えてこの二人で(笑)」との事。王子「もうね、来たら『これさちさんだから』って言われた。『この役さちさんだから』」まさに王子の為の台詞が満載だった。ああー!誰かCDにして売ってー!!!…はッ!音源を持っているのはリーダーか…?!Σ( ̄□ ̄; (編集をしているという噂の…) わ…賄賂とか…?!(色白メガネで巨乳の萌えっ娘※12歳以下。がいっぱい出てくるゲームや本を…!あ、等身大抱き枕も?/笑)
鼻さま「もうオープニングから力尽きそうだったね。」何故かワタシもグッタリした…。王子「皆もう笑ってるんやもん!空気が笑ってんねもん!(笑)」「震えてたよ。アサミちゃんなんか後頭部しか見えない!」王子「大気が笑いに満ちとるみたいな、そんな感じやった。」鼻さま「大気が笑いに満ちておる…!」王子「伝説は本当だったのかー!」青い服着た救世主はどっちだ?!(笑)

アサミさん「この番組は、ちょっと不良なイケメンさち太郎の提供でお送り致しします。」さち太郎は折角イケメンなのにホ●なんだな。女としてはこれ以上ないくらいに残念だよ(絶対に打ち破れない厚い壁。/笑)

オエセルJAPANのCMを挟みまして本編。王子「それではコーナーに行きましょう!」ゆっこさん「本日一発目は、これだったりします!」ということで『必殺技魂』から。趣旨説明はくちぱっちが担当(笑)。王子「なりきり魂じゃないんだから(笑)」なりきりがとっても好きなワタシとしては大歓迎したい、この風潮(笑)。ユスフとかしなっちゃんとかセワシ君とかハカセとか、日替わりで説明すればいいのにー!(※全員、番組内の説明業務を請け負っていた人。/笑)

投稿一つ目の読み担当は鼻さま。…すいません、よく聞き取れません…が…。王子「アマゾン?」アサミさん「アマゾン???」何でも、電車でイヤンなものをブチまけない為に役立つ技だとか。
鼻さま「アマゾンはねー、便利ですねー。」一同「便利〜!」王子「ああ、アマゾンね!!!」アサミさん「ええぇ?!」鼻さま「うそー?!」アサミさん「今気がついたんですか?」王子「通販サイトのね。」密林とも書かれますな(笑)。アサミさん「ちょっと仮面ライダー風に読みましたけど。」ワタクシも大変お世話になっております。頼まれて家族の分も注文したりしてるから、おススメ商品がぐちゃぐちゃになってる(笑)。アマゾンには意味不明な人だと思われている気がする…!(間違いなくネズミ好きだって事は伝わってると思うけど。/笑)
鼻さま「言えば飛んでくるからね。」王子「飛んでは来ないけどね(笑)」鼻さま「だって朝頼んで…午前中に頼んで夕方届いたりとか…」一同「え?!」それはプライム使えばの話だろー?(笑)鼻さま「300円だか…ちょっと高いけど。」別にそうまでしてその日のうちに欲しいとは思わない。300円あったら、それを溜めたらネズミに行けるじゃん!(ネズミ基準。/笑)

王子「普通に頼んでも翌日着くことあるもんね。」そうそう、それで充分です。鼻さま「予約しておくと、何故か発売日に届かなかったりもするらしいけど(笑)」良くて発売日当日、翌日の場合も多い。別に急いでないからイイ(笑)。予約の締め切りギリギリに申し込むと、受付自体は受理されるけど在庫が確保されてない場合があるらしいから(ある意味酷い。/笑)ご予約はお早めに。
王子「そうそうそう、そうなの(笑)。フライングゲットしたい場合はちょっと…ね。」鼻さま「発売日の二日くらい後に送られてくるとか(笑)」「ちょっと遅いんだ。」有名な?本とかCDなら、会社帰りに買ってしまった方が早いですね。ちょっとマニアなモノを手に入れるには便利。

王子「イイ技でしたな。対する…?」2つ目の投稿はリーダーが担当。音的には無駄にカッコ良かったが、意味は分からない。…っつか、何語???と思っていたらマージャンネタだったらしい。
王子「こん中でする人いる?マージャン。」アサミさん「ドンジャラしか…(笑)」鼻さま「ゲームで…」アサミさん「あ、脱ぎ脱ぎマージャンみたいな。」「エロいのかよ!」女性陣からのツッコミをものともせず、鼻さま「強えぇーんだぞマジであれ、すげー!」「最初の1枚目2枚目くらいは意外と簡単に勝てたりするんだけど…」「脱いでくれんの(笑)」王子「1枚目2枚目(笑)」鼻さま「肝心なところになると超強くなって…」アサミさん「肝心なところって(笑)」某西川サマの曲にもあります、大事なトコにきてモザイクがかかる、世の中そんなに甘くないワケです(笑)。
鼻さま「イキナリ何も…牌切らないうちに、一番最初配られたときにもう役ができてるの。」一同「えー?!」…っていうかマージャンの「やく」って「役」の字でいいの?(もう書いちゃったけど。「牌」は何となく分かったけど…)

ここでリーダー「はらさわさん、熱弁しすぎです。」鼻さま「あ、ありがと。」男同士、互いをフォローせねばな!(イタくなり過ぎないうちに。/笑)リーダー「はらさわさんは脱がないんですか?」鼻さま「僕は脱がない。たまにこう気分が…」「負けると脱いじゃうの?(笑)」アサミさん「ヤだなー!」「ヤだね(笑)」王子「ヤだよー。」鼻さま「ヤだねって言わない!ヤだけど自分でも(笑)。」全く嬉しかないですねー…あ、でもそれで半パンバージョンとかあったら結構頑張るね!王子声の半パンが脱いでくれるなら、マージャン凄く強くなるね!!(気迫の問題ですから。/笑)

リーダー「どっちが強そうですかー?」ということで多数決を取りましたが、リーダー以外はアマゾン派。姫「でも確かに(マージャンも)強そうな感じはしたね!」アサミさん「浦田さん読んだら凄いカッコ良かった。」冒頭の寸劇で残念だった分を(少なくともワタシの好みとは違った。/笑)挽回した。良かった良かった。
「これがもし、1万円が2万円になるだったら、こっち。」アサミさん「そういうことなんじゃないですか?」「あ、そういうことなの?」いや、お金を賭けているわけじゃないだろう。(賭ける事も多いようですが。)鼻さま「12000点…点じゃダメ。」「そう、円が…」王子「世の中金だよ!(笑)」鼻さま「どんだけ金に汚いんだ(笑)」「その、仕事が…ギャラが1万2千円から…」王子「ギャラって(笑)」アサミさん「あ、でもそれだったら!!」「どう?皆考えてみて!」王子「そうだね(笑)」鼻さま「それは確かになー。」アサミさん「ランクが一気に上がったみたいな。」「そしたらアマゾンも使えるようになる!」鼻さま「円だったらね。」「円だったら食いついた。」大切なんですよ、円。手に入れるのも結構大変だったりするんだな、コレが(笑)。

ということで最終的にはやっぱりアマゾンの勝ち、ということで。コーナー締めもくちぱっちが担当してました。このノリ推して行きたい(笑)。

ゆっこさん「次のコーナーはこれだ!」ということで引き続いて『お悩み魂』趣旨説明は姫が担当で、あくまでも解決しようと「思っている」とのこと。王子「思ってるだけという…」鼻さま「そのスタンスは変わらない。」王子「これでいくぞー☆」おーう!!(≧▽≦)ノ ←何となく。

王子は投稿読みも担当。占いを結構気にしちゃう人の話。アサミさん「(オエ隊の中で)占い気にする人います…?」ゆっこさん「良い事だけ。」王子「そうだね、確かに。今ケータイで毎朝アナタの占いみたいなのが送られてくるけど、それを見てこういう事は気をつけましょうって書いてあったらそれは気をつける。」一同「ほぉ〜。」王子「謙虚に、とか書いてあったら『そやんな〜』」「あはー!可愛い☆」ワタシも厳しく叱らない、とか書いてあると気をつける(若干。/笑)
ゆっこさん「金運とか『今日は使っても大丈夫!』…そうか〜?(笑)」鼻さま「あまり良い事じゃなくない?(笑)」王子「自分に甘い感じだね(笑)」鼻さま「朝見ても昼くらいには忘れちゃってるからね。」「私も!見た瞬間忘れて…」確かに、目覚●しテ●ビで見た内容は会社に就いた時点で忘れてるな…。。。
アサミさん「あ、じゃ忘れる事が良いのかもしれませんね。」王子「見ても、忘れる。」鼻さま「なかなか難しい…」王子「見ないのが良いんだろうけど。」アサミさん「でも見ないと気にしちゃう…」何かもう習慣になってるんだろうから、いっそ2週間くらい占い断ちをするとかね。

鼻さま「見たいっていう気持ちは分かるけどね。」「朝の番組やってると、番組内容はどうでも良いんだけど一番最後に占いやるでしょ。そこだけやっぱり気になって…タヌキとかウサギがこう…(笑)」「血液型ね!(笑)」いいなー、と●ダネ!見られるような時間に家にいるんだー…(毎朝「目覚●し」のかなり早い時間帯を見ています。/笑)
鼻さま「よし、Aが来るかなーなんて…オレA型だから…A来るかなーと思うとコケって(笑)」まぁ何つーか、ずっとタヌキ(B)だって信じててタヌキの占いとか見てたのに、ある日突然クマ(O)だって分かったりするもんだから(笑)ホントアテになんねーな、って思いました。占いに一喜一憂してみても、それはあくまでも誕生日と血液型が正しいっていう仮定の上での話であって。油断してると突然パラダイムシフトが起こるわけですよ(大袈裟。/笑)

「一応見るなー、そういうの。」「私星座占いだとおうし座だから早めに紹介されちゃって大抵しし座くらいで気がつくの(笑)」王子「見そびれちゃう(笑)」「ま、私は見てるときに…そういう血液型とかやったら悪い事を言われたら、まぁ人類の中の4種類が全員悪いっていうハズがない!…って思う。だから私は違う!(笑)」鼻さま「オレは除外!(笑)」アサミさん「星座だと12種類。」王子「12種類でも何万人にもなるから…」冷静に考えれば、あまりにもザックリしすぎている(笑)。
鼻さま「血液型と星座が一緒に出てきたらどうするの?」王子「何だそれ?!」「あ、あるよねー。血液型と星座と何年っていう…全部のヤツも」王子「そこまでガッチリ固められたら信じるよね(笑)。」「気をつける事は気をつける。」ちなみにワタクシ、血液型がOだと判明した時点で某ドラえもん(先代)の中の人と誕生日も血液型も一緒になったワケです。ワタシの金運と先代ドラちゃんの金運が同じとは到底思えない(笑)。

アサミさん「気にしないですねー…悪い事言われたらテレビ消します(笑)」「逆ギレ(笑)」鼻さま「それイイかも。キレちゃえばいい。」アサミさん「あとチャンネル変えて他のチャンネルも見てみて、同じ事言われてたら…ちょっと信じるかも(笑)」王子「だろー?!(笑)」アサミさん「違うチャンネルで全然違う事言われたら『どっちが正しいんだよー!』って」「やっぱ逆ギレ(笑)」アサミさん「悪い悪い言うな!自信なくすからやめてー!!」王子「やっぱり自信なくす…気にするんじゃ(笑)」「可愛いねアサミちゃん…!(笑)」アサミさん「気にしないフリをして実はちょっとだけ…(笑)」まぁ、信じる信じないは別として、朝イチから「今日はツイてません!」て断言されると気分悪いことは確かですね(笑)。ちなみにウチの会社は「目●ま●」の占いはとにかく当たらないと評判です。1位になると悪いことが起きて、ビリだとトラブルに巻き込まれない、と言っている人が何人もいる。ので、「目●ま●」でビリだった場合は喜んだ方が良さそうです(笑)。

沈黙を守っていたリーダーは「占いなんて、そんなものは全員に当てはまるような書き方をしてるワケですよ。」一同「うんうん。」リーダー「例えば今日は金運が悪いって言われても…乙女座なんですけど僕。乙女座金運悪いって言われても、結局明日他の星座が金運悪いって書かれるんですよ。ってことはもう自分をしっかり持てば良いんですよ!!」一同「おおー!!!」王子「良い事言った!」ゆっこさん「尊敬しちゃう!」ホントに、冒頭の寸劇で残念だった分を…(以下略)
鼻さま「今日は髪の毛の何かアレなの?今日の乙女座は髪の毛がハネるの?(笑)」「それ毎日(笑)」リーダー乙女座ということなのですが、その12種類のザックリした括りでいうと西川サマ(乙女座)と一緒になる。…否!断じて否!!!(笑)

リーダー「あの山手線のドアの上に…」アサミさん「ありますね!」鼻さま「あ、あるね最近。」天気予報と交互に出てくるね(笑)。リーダー「あそこの占い恐ろしいですよ!」鼻さま「気にしてんじゃねーかよ(笑)」まーでも、世の中には色々信じちゃって遠くの占い師に会いに行ったり(見てもらいに?)グッズを買ったりする人もいるらしいからね。何事もほどほどですな。
「基本は気にするな。自分をしっかり持て。山手線には気をつけろ。」王子「そういうことだ。」鼻さま「楽しい事だけ信じれば。」「あ、そーだね。」王子「自分をしっかり。」「自分をしっかりってでも、大切だね。」鼻さま「でも重なるとね!3つ重なると自信が持てないんだよね!!」王子「揺らぐんだよね!」鼻さま「1個だけ見るっていうのが肝心なのかもしれない(笑)」王子「そうそう、あれこれ見ない。」「あれこれ見ない!それで生きて行って下さい。」
ま、具体的に数字を出しておきますとですね、大体世界の人口が68億人と言われております。血液型4種類X星座12種X干支12種=576と考えると、世界で自分と同じ運命を背負った人が11,805,556人います(笑)。何だったら星座の部分を365日にしてみるってぇと4*365*12=17,520通りと考えまして、68億/17520通り=388,128人の運命共同体です。どんなに金運が悪いと言われても、同じように悪い人間があと38万人くらいいると思えば小さいことのように思えるから不思議ですね(笑)。

そして今週の1曲は『夢の刹那』…折角挽回したのに、また残念な事に…(何度も言うけどこの曲の速度は好きだ。/笑)でも、これとオエセルJAPANの曲を比べると、何つーか劇的ビフォーアフターですな(笑)。

そして『なりきり魂』へ突入。趣旨説明は鼻さまが担当で、今回はくじ引きバージョンです。
王子「じゃあ志穂ちゃんから読んでいって。」「美輪明宏さんのように…(笑)どんなだっけ?」アサミさん「『黙れ小僧』しか知らない(笑)」「黙れ小僧!!!(笑)」しょっぱなからカオスな予感がします(笑)。そしてアサミさんはリクエストネタで「一人称が『小生』で語尾が『〜ッス』得意ですね。」「羨ましい!!」鼻さま「美輪様もうちょっと待ってください!(笑)」王子「私読むから(笑)」ということでこちらもリクエストネタ「頭のネジが2〜3本ユルんだ人。」だそうです。姫「そのまま!!!」どの方向に行くのかちょっと楽しみ(笑)。
鼻さまもリクエストネタで「DJっぽくリズムを刻む人!」アサミさん「ニセ外人ッスよ!(笑)」あー、文字に起こしにくいねー…っていうか今回文字に起こしてある程度伝わるのってアサミさんくらいじゃ…(笑)。鼻さまだけじゃなく、皆さん凄いことになってるのでそこらへんはラジオにお任せ。

ゆっこさんは「電車のアナウンス、車掌さんのような喋り方。司会!!」リーダー「留守番電話の自動アナウンスみたいな喋り方の人。」との事です。司会となった車掌のゆっこさんが投稿読み…と思いきや、何故か美輪さん(笑)が読むことに。寂しさを感じるときはどんな時?みたいな。…ネズミの国で抽選に外れた時っ!!!(涙)ワンマンとか全然見てないなー。(そもそもランドに行ってないんだが…)
鼻さま「美輪さん一体何が悲しいの?(笑)」「今!まさに今悲しい!!」ゆっこさん「電話の人はー寂しいときありますかー?」リーダー「強いて言うならば…好きなドラマや映画が最終回や終りを告げたときですね。」「分かるわ!予約してたのに15分延長で入ってなかったとき!」鼻さま「それはちょっと悲しい、寂しいというよりカナシイ!」今はレコーダーも優秀になって、ちゃんと調節してくれますけどね。昔はツラかったね…。
ここで王子「お前フツーに浦田じゃねーかよ!」「ベア?(笑)」鼻さま「お前はフツーにベアだった!ネジが2〜3本抜けたベアだった!!」一応言っておこう。冒頭のイケメンと中の人が一緒です(爆)。いやマジで!(よもやという人もいるかもしれないからな!/笑)

アサミさん「小生はッスね〜…何だっけ忘れちゃった(笑)。皆キョーレツ過ぎて忘れちゃったッスよ。」「小生の声はですねー、低いので皆がワイワイ喋ってると大体皆さん聞き取れないみたいで、『あの、あのー!』とか言ってるのに、皆聞いてくれない…寂しいッス。」最後の方が凄い寂しそうだった…妖精サイズだからな…(未だ間違ったイメージのまま。/笑)
アサミさん「あと声が低いので時々リアルに男と間違えられるのが(笑)」鼻さま「アサ次郎だからしょうがない!」それはさち太郎の弟っていう設定なのか?(笑)リアルに間違えられる回数は兄ちゃんの方が倍くらい多いと思うから元気出せ!アサ次郎!(笑)

ゆっこさん「ベアさんはどうですかー?」王子「ベア…ベア?!今迷ったよ!!」アサミさん「ネジの緩んだベア(笑)」鼻さま「ネジの緩んだベア!」リクエストに応じてベア様登場。

「ベ〜ア〜だ〜よ〜〜〜!!」

奇跡的なネジ緩みバージョンに一同大爆笑。酷い…PCの前でワタシも笑い転げた(笑)。ベア「やっぱり何か『これ!』って見せた時に褒めてもらえないとき!だな!」鼻さま「だな!!!」モチベーションを保つ為に、やっぱり労いの言葉は必要ですな。
ベア「で?!車掌はどうなんだ車掌は!!」ゆっこさん「あ〜…私はいつも寂しい…今も寂しい気持ち…」王子「何でだ?孤独を感じてるのか?」ゆっこさんは割と一人が好きな感じらしい。ワタシも(ゆっこさんとはまた違う、残念な方向で)かなり一人が好きだ(笑)。

ゆっこさん「DJは?」鼻さま「DJは結構梅雨の雨の…」王子「忘れてた(笑)」鼻さま「お前ホントに忘れたな?ベア!(笑)」ベア「ごめんよ!」「今締めようと思っちゃった!!」鼻さま「絶対オレ忘れてると思ってこのままフェードアウトしようかと思ってたんだぜ!」ベア「ごめんなー!」すっかり忘れられるところだったDJ鼻。
「まぁいいや。意外に梅雨の雨の日とか結構寂しいんだな!」との事。ベア「センチメンタルだなー!」鼻さま「夜の雨の音とか聞くとちょっと寂しくなるんだぜ!」ベア「おセンチ!!」ワタシは雨女だから(!?)か雨の音は好きです。夜雨が降ってると落ち着いて寝られるよー!田舎は静かでイイ。もう少しすると虫の声を聞きながら眠れるのですよ!(笑)

…という訳で今回も大混乱だった『なりきり魂』を終えてエンディング、王子から大阪ライブの告知がありました。詳細は王子ブログなどを参照されたし。番組告知はいつも通り姫からで、今回のアレな人はアマゾンの人でした。

最後は鼻さま。「この番組は、小柄で可愛い感じの男の子、ゆう君の編集でお送りして…おり…」…ました?(笑)

X Home X

inserted by FC2 system