ラジオ☆真・オエセル魂!! 感想文13

X Home X

第13回「シュールだ(笑)」(2010/09/17UPDATE)

寸劇で謎なキャラが発生した。その名も「田中ベアステル」ベア様は田中とケッコンしたのか?(似たもの夫婦。/笑)あと、オエセルJAPANの曲がツンデレ仕様(?)だっていうのは初めて知った(笑)。

「パーソナリティは、関西弁な松本さちと」「3人しかいなくて張り切る浦田優と」「頑張って二人について行こうと思っている埼玉弁な矢口アサミで(笑)」お送りしちゃうらしいです。男子部とオトコマエ部と小僧部。ちょっと女っ気が無いよね…(失礼な事言うな。/笑)
アサミさんの「埼玉弁」「あるのかそんなの(笑)」と言っていた王子ですが、一応あります(笑)。アサミさんは都会の埼玉?に住んでそうだからアレだけど(笑)ワタシのいる田舎の埼玉には方言が存在。他地域の人から見る(聞く)と方言というより単に言葉が乱暴だという風に取られるかも。田舎の埼玉県民が「これ、くれてやるよ。」って言ったら「これ、あげます。(プレゼントします)」の意味なので(笑)ケンカふっかけられたと思わないようにして下さいね。

王子「という訳で今回3人なんですね。」アサミさん「3人しかいないー!珍しいですね、こんなに少ないのは…」王子「そうそう、今までだって一人欠けてるくらい…だったよね」実は始まって1ヶ月くらいでこのくらいの参加人数になるだろうと踏んでいた(笑)ので、ワタシ個人的には今まで凄い出席率を保ってたなと。
リーダー「やっと僕の時代が来ましたね。」アサミさん「そうですよー。」王子「いつも喋んないんだからー!」新ラジオではゆっこさん以上に喋らないキャラ確定。編集頑張っているらしい。
リーダー「僕は前にも酸っぱく言いましたけど、人数が多いと委ねてしまうんですよね。」王子「ダメだねー…。今日はね、人数少ないから浦田君にはバンバンバンバン喋ってもらうってコトで…」リーダー「だが断る!」いよっ!ツケメン!!!(イカロスブログ参照。某S田さんはテレビで見たけど本当にシュッとしたイケメンだった。/笑)
王子の「断んな!(笑)喋ってくれ!」っていう一言の方が余程イケメンだったな(笑)。

王子「この番組は、ケンユウオフィスとアクセントっぽい会社の提供でお送りしま〜す♪」人数が少ないとこんな役も王子が担当してちょっと嬉しいな!(*/∇\*)キャ

オエセルJAPANCMを挟んで本編へ。
アサミさん「静かだー…」王子「3人てねぇ〜…」アサミさん「心なしか部屋が涼しい気がします(笑)」王子「逆に一人増えるだけでね、熱気が凄いですから…」皆さん凄い発電量(?)なんですね…ワタシなんてもう5年以上前から省エネモード移行で熱気とかエネルギーとか、大分しょんぼりした感じですよ…(妄想力だけが人一倍。/笑)

王子「おたよりが来てるそうで…誰が読むんですか?(笑)」リーダー「じゃあ…コレはさちさんでしょう!」王子「私だ私だ!ホントに分かってなかった!」アサミさん「ホントに忘れてた?!(笑)」どうやら王子の素ボケが発生していた模様。結構こんな事も多いらしい(笑)。
王子「ゴメンゴメン、読ませて頂きます!」ということで、奥様と横浜デートをした人の話。横浜デート、のくだりでリーダー「…チッ!」王子&アサミさん「チッ、って…(笑)」投稿した人の奥さんは(アニメのイベントはアレだけど)嵐のコンサートなら旦那さんと一緒に行ってもいい、と仰っているのだそうです。夫婦で嵐のファンクラブに入ったとか。そして奥さんは大野君ファンらしい。
アサミさん「お仲間ゲットですね(笑)」この投稿者さん、以前イベントに行き過ぎて奥さんの機嫌が悪いというお悩みを送った人だそうで。アサミさん「お子さんができると二人で出かけるって無いんでしょうね〜。」王子「ねー、難しいよねー。確かに…」アサミさん「横浜デート、オシャレですね。」王子「いいですね、横浜。遊園地もあるし…」中華街があって肉まんとか桃まんとか食い倒れできますね!

「羨ましいなー。」と一人だけテンション低いリーダーに、王子「舌打ちしてましたけど…」アサミさん「浦田さんは横浜デート…」リーダー「もうどれだけ羨ましいかっていうのが、オレこの『フレンチレス(トラン)』ってあるじゃないですか。これ『フレンチキス』に見えましたから!」王子「文字数違う!(笑)」アサミさん「間違ったところで切っちゃいましたね(笑)」リーダー「それぐらい妬ましい…!」そうかそうか。頑張って欲しいけど未成年誘拐とかで逮捕されても困るから程々に。
ここで王子、「フレンチキスって知ってるか?」…すいませんリーダー!ここの台詞を着ボイス的な何かで!!!
アサミさん元気よく「知らないです!」リーダー「知らないの?(笑)」メグ・ライアンの映画。見たことはない(と思う)けど。が、王子は映画の話ではなく(そういや王子は洋画をあまり観ないんだった。/笑)「よく間違えるのが『ついばむようなキス』って間違えられるんだけど、本当は違うんだって。濃厚なキスのコトなんだって。」アサミさん「ちゅ!っていうんじゃなくって…」王子「そうそう。本当は違うんだぜ!」ということを、「フレンチキス」の言い方で表現する。これはぜひラジオでその違いを聞いて欲しい(笑)。

アサミさん「さちさんからそんなエロいお言葉が聞けて…」王子「いつもエロいエロい言うてるくせに!(笑)」いや、正直言ってさっきの「フレンチキスって知ってるか?」っていう一言だけで本が3冊くらい作れる気がした(笑)。ゲーム的表現にすると【HP・MP全回復!】って感じ(笑)。
リーダー「アレですね、これで嵐のも行って、ウチらのにも来ればもう…ケンカ両成敗みたいな状態なんですよ。」王子「誰がケンカだ(笑)」奥さんが王子のエロさにやられるっていう最大の問題(夫婦の危機。/笑)を回避しないといけないけどな!!
アサミさん「嵐のコンサートってなかなか取れないって…」王子「そうそう!」リーダー「あ、そうだ取れないんですよね。」聞く所によると、今一番チケットが取りづらいアーティストらしいです。ファンクラブ申込みすれば大概取れる某西川サマとはちょっと違います(言っておきますが、小さいオジサンにもそういう時代がありました。10年くらい前に。/笑)
そんな中、王子は「私この夏行きましたよ?!嵐のコンサートに!」アサミさん「そうですよね!ブログに。」王子がいかにしてそのプラチナチケットを入手したかというと、「ちょうど『電光超特急ヒカリアン』っていう番組をやってた頃に、10年前くらいになるのかな…?栗原みきこさんっていう先輩がいらっしゃって。その方が、その頃から嵐の大ファンで。嵐嵐、翔くん翔くん、って言ってて(笑)」ウチの職場では何故か「マツジュン」「イケメン」の代名詞になっている。このくらい認知度が高いとやっぱりチケットの競争率も上がるよね(笑)。

王子「その方がチケットを取ってくださり。私も行ける事になりまして!行って参りました、国立競技場のコンサート行ったんですけど。めちゃくちゃ良かったよ?」アサミさん「おぉー!」王子「嵐はエンターティナーですね!」めざましテレビなども朝からこぞって映像を流していました。野外だから水とか火とかハデで良いね(笑)
アサミさん「え、ファンクラブの…古いっていうか、古株の人じゃないとチケット取れないとか…新参者は…お前らにはあげないよ!みたいな事ではなく。」王子「コトではなく。」アサミさん「抽選みたいな。」王子「そうやと思う、多分ね。でもそうやって昔っから応援してる人に当たったりしてるから良かったなーと思って。純粋に、みきこさんオメデトウ!って思いましたよ。」古株優先、みたいな話はどこのアーティストでも殆ど無いみたいですね。
リーダー「テレビでも何か、ジャニーズメンバーでも用意できないってよく言いますよね。」アサミさん「そうなんですか?!」王子「嵐のメンバーでさえ、チケットを用意できないって言ってたよ。」アサミさん「どんだけだ…スゲー…」そんな中、無駄な会社の幹部とかが自分の親戚の女の子の為にコネでチケットを入手しているんですよ(少なくとも今回の嵐コンサートで1例知っています。/笑)ファンに渡せないチケットでも、どっかの会社の幹部には喜んで差し出されるワケですよ。ある所にはある、苦労せず中に入っているヤツがいる。それがオトナ社会(笑)。

ま、王子は幸運にも正当にチケットを入手でき。「そんな空間に行けて。」アサミさん「じゃあ森光子さんもなかなか行けない…」王子「そうかもね!(笑)」アサミさん「よく、ジャニーズのコンサートとか昔行ってた頃は、森光子さんが…」王子「いらっしゃった?」アサミさん「3階席みたいな、VIPなところにいて手を振ってくれた。」芸能人の人は(←日本語変。/笑)せっかくご招待されても後ろの方からしか見られなくて残念ねー。ファンクラブで当たっておけば5列目とかに行けることもあるのに!(ワタシの最高記録はNHKホール3列目、武道館2列目。/笑)

王子「そっか、奥様は仲良くなれそうだな!大野君ファンなんでしょ?」アサミさん「じゃあ、今度オエセル隊のイベントに来てさちさんと大野君トークで盛り上がってもらえれば…」王子「そうだね、ぜひ!楽屋で(笑)」アサミさん「で、娘さんと浦田さんが仲良く…(笑)」上手い、アサミさん!(笑)王子「幼女好きっていう(笑)」リーダーは何故か「ロリコン設定やめてくれませんか?」王子「設定って…自分から、自らそんな発言してるんやもん!」大事なものはベル。「捕まえてごらん!」とか言ってたくせに。(それは言わされてた。/笑)
アサミさん「そうすれば親子で。」王子「そうだね、楽しめる。」投稿したご本人は主に女子部や鼻さまと交流を深めて頂く予定らしいです(笑)。

今回は投稿を紹介しつつ、まったり進みます。王子「という訳でこの夏、皆さんは何しましたか?」リーダー「僕は毎年なんですけど…必ず恒例なんですけど夏に入る時から夏が終わるまでパソコンと戦ってますね。調子が悪くなるんですよ、熱で。」王子「ただでさえ、涼しいところでやっててもパソコンは熱持つもんね。」リーダー「今僕のパソコンが壊れると、このラジオを編集するヤツがいないから(笑)キープするのが大変なんですよ。」リーダー「毎年なんですよねー。湿気とかも来るし…そこで熱が来るし。」ワタシはこの前買い換えたときにスリム筐体を諦めて(笑)ミドルタワーにしてあげたから冷却ファンも大きいの積めてるし、快適運用しております。ノートも買ったけど、あくまでもサブ機って感じ。やっぱりデスクトップが好きだな(*^^*)
アサミさん「だからウチのパソコンも調子悪いのかな?」王子「そういうのもあるかもしれない。」大体35度を超える場所で動かしていると自主的に落ちます。パソコンだって自分の限界を把握してるさ(笑)。リーダー「毎回夏はパソコンと戦って。色っぽい話も全然ないですよ…」王子「浦田君のパソコンに励ましのお便りを…(笑)」リーダー「むしろ誰かパソコン下さい!!」というか箱(筐体)開けて中を掃除したんだろうな?!(とりあえずデスクトップだったら、の話。ホコリ詰まったままじゃ動かないの当たり前。)

王子「私、夏はですね大阪にライブに行きまして…しかも観に行ったのではなく歌いに行きました大阪に!」リーダー「カラオケでね。」王子「何でや!(笑)生バンドですよ!」アサミさん「バンドいるのにカラオケって切ないですね(笑)」王子「伝承歌劇団さんのね。今までもちょこちょこゲストボーカルで出させてもらっていたバンドさんで、今回は最初から最後までステージ上にいるっていう…」そして最初から最後までエロ波長を垂れ流すという…(笑)。
アサミさん「パフォーマンスとかやるんですか?」王子「パフォーマンス?」アサミさん「あの、Dahnaさんがよく回ったりとか…」王子「ああ、回ったりはした(笑)」アサミさん「でんぐり返しとか。」王子「それはしてない(笑)でんぐり返して…やったとしてもない!(笑)」アサミさん結構無茶ブリするなー(笑)。でんぐり返しって…ちょっと可愛い(笑)。

王子「伝承歌劇団さんて物語があって、語り部がいて歌う人がいて、みたいな…1本の物語を音楽と語りで繋いでいくっていう…」リーダー「素晴らしい。」アサミさん「MCとかは入らず…」王子「そう、(MCは)なく、本当に『歌劇団』っていうね。見たら分かる、ロックで歌劇団っていうね。」アサミさん「1回観に行ったんですけど、めっちゃカッコよかったです!」ワタシも何回か(王子がゲストで出るときに…。/笑)拝見しているのですが、最初見た時は驚きましたね!こういうやり方があるのか!って。あと、ギターの人がイケメン(だと信じている。)そんで、ベースの人が半パン。(ワタシの好きな半パンとはちょっと種類が違うから!一応言っておくから!!/笑)
王子「そうなんですよ、1回ね。損しないと思う、観に行って。」「そんな中に私も入りまして。語りをやったり台詞部分をやったりとか、ツインボーカルでボーカルのDahnaさんとハモったりとか。」終始エロ波を放っていました。悪役のはずなんだけど、エロカッコ良かった…!不思議だ…!(笑)
王子「すごい…凄かった、大阪は!暑かったし(笑)37度とか連日…うだるような暑さ。ライブハウスの近所の銭湯に行ったりとか…」アサミさん「何泊くらいしたんですか?」王子「あのねー…0泊3日って感じ!」アサミさん「0泊3日、泊まらず?!」王子「泊まらず。本番の前の日の夜東京を出発して、朝に大阪着いて、本番終わったらすぐ高速に乗って東京に向かい、翌日の朝に東京着いたみたいな。車中泊。」アサミさん「車移動で、その間車で寝て…」王子「私は寝させてもらったから良かったんだけど、他のメンバー…」アサミさん「あ、そうですよね運転する人とかも…」王子「そう!運転する人が翌日本番迎える人だったりするのに(笑)すごい大変で…」アサミさん「すごいー!」王子「強行軍やったなーと思う。」ホント、もの凄い日程です。殆ど無謀(笑)。でも、バンドとかやってる人は結構こんな感じらしい。エネルギーを持ってないとできないだろうなーと思いました。

王子「でもねー、凄い良いライブになったと思うので。生中継もしてたの、ネットで。」それを見たワタシ(笑)。だから王子がどんだけエロ波を放っていたかも知っている!(直接浴びなかったので、生命の危険はやや少なかったけど。/笑)
アサミさん「そうだ、日記に書いてありました。気付いたのが翌日で、聞けなかった!(T△T) って…」王子「ホント当日にしか告知しなかったから。今からですよー、みたいな…気付かずに後で怒られたりとかもしましたけど(笑)」しつこく王子日記やついったをチェックしてて良かった…!(ストーカーの勝利。/笑)
すると、突然リーダーが「ウチらも生中継しますか。USTREAMでしたっけ。」とか言い出した。アサミさん「そんなものがあるんですね。」王子「できんの?そういう技術。」リーダー「あれは一般ユーザでも使えますからね。」王子「そうなん?!」リーダー「うん。タダで。」王子「へー!じゃ、いつか生放送だ!」リーダー「(メンバーが)集まればね!(笑)」ホントにね!(一番の問題。/笑)でも、生放送だったらネットに繋がったパソコン用意してその場でメール投稿受付けるとか面白いかも!(あ、しかし投稿の精査をする人が必要だなー。難しいな…)

リスナーの夏の思い出もまだ募集しているみたいです。爽やかな思い出がある方は是非。ワタシの思い出はネズミがいっぱいです(夏に限らずだけれども。/笑)

王子「それでは、コーナーに行きましょう!!」ということで『恥ずかし魂』スタート。趣旨説明はリーダーがやってました。何だかこういうの珍しくていいね(笑)。
アサミさん「今のタイトルコールが恥ずかしかった…」リーダー「グスって言ったでしょ(笑)」王子「エロくもなく、気持ち悪くもなく…」アサミさん「ほど良い声で(笑)」リーダー「いやいや、癒しを与えて…マイナスイオンをね…」王子「マイナスイオンは感じなかったよ!ゴメンゴメン、感受性が豊じゃなくて…」リーダー「いやいや、編集で何とかするので…」王子「ああ、エコーかかって、色々ね。科学のチカラで(笑)」ワタシはOA分を聴いたので科学のチカラが入ったもののはずだが…すいません、感受性豊じゃなくて…(笑)

アサミさん「じゃあ…恥ずかしい人を発表します。」ということで投稿一つ目はアサミさん読み担当。ズボンが破けたまま出勤したというツワモノの話。破けたまでは良いとして(?)出勤して1日終えたのはスゲェ!ちょっとリスペクト!(笑)
アサミさん「志穂さんいないんですけどー、私同じ経験したことが実はあります(笑)」王子「そうなんだ(笑)じゃあ共感できると。」アサミさん「共感できますね。4〜5年くらい履いてたオーバーオールの服があって、結構もう古いから…でも気に入ってるしと思って。で、飲み会だったんですよ。立ち上がった時にん??って…」王子「ビリって言った?!」アサミさん「ビリっていうか…何か、嫌な音が身体の中から…みたいな感じがして(笑)。私どこか痛めたのかと思って…」王子「アキレス腱が切れたとか(笑)」むしろその方が恐ろしいけれども(笑)。
アサミさん「そんな鈍い音がして…でも何か股下が涼しいなと思って、チラッと見たら『破けてる!!』って」王子「もう見てすぐ分かる感じだった?」アサミさん「ハイ。用事を…トイレ行ってきまーす、みたいなフリをして、お財布を持ってコンビニにソーイングセットを買いに(笑)」王子「女の子だ(笑)」アサミさん「トイレに行って縫って、何食わぬ顔で…(笑)。そのまま股下が破けたまま飲むことはできなかったです…」王子「そうだね、気が気じゃないよね多分ね(笑)」コンビニ行く時も内股気味ですね、多分(笑)。

アサミさん「よく気持ちが分かります。」「そのまま仕事をしたっていうのが…」王子「この瞬時の判断が凄いよね。黒のスーツと同じパンツの色だから大丈夫みたいな。」リーダー「冷静ですよね。」むしろ今の台詞がな!(音声だけはすごい冷静なのに幼女好きとかホント残念。/笑)王子「もしね、白とかやったらねー(笑)」アサミさん「何かチラチラするなみたいな(笑)」ま、自分で思うほど他人は自分の事見てませんけど…気が気でないのは確か。
リーダー「僕はないですねー。こういうのないですねー。」王子「私もないなー、今のところ。」リーダー「破けるってホント靴下くらいですよ。」王子「あ!靴下はなー、知らん間にアイツ破けてんねん!アイツって…アイツって王子…!(台詞にすごい実感こもってる。/笑)アサミさん「何か、室内の時に『はっ!Σ(゚Д゚|||)』みたいな(笑)」王子&リーダー「そうそう(笑)」王子「肌色がね、見えちゃうからね。」
リーダー「緊張すると靴下を引っ張っちゃうんで、踵が薄くなってだんだん…破けて行くんですよね。それぐらいですかね。でも靴履いてるから大概は…バレないですね。」王子「私親指とか踵とかは変な出っ張りでも出てんのかい!っていうくらい擦れる(笑)穴が開いてる、みたいな。」アサミさん「親指って面白いくらい出ますよね、何で?!っていう…」ワタシは基本ストッキングな生活なので、予備は常に持ち歩いている感じです。安すぎるストッキングはダメですね!あっという間に伝線しますね!!でも高いのでも伝線するときはするから(笑)ほど良く安いのを買うのがポイント。

リーダー「河原木さんは毎日こういう経験してるでしょうね。」王子「そうだね。」リーダー「毎日破けてそうだもんね。」王子「実際やってそう!(笑)」アサミさん「暴れてスカート破けたとかありそう。」日常生活が非日常っぽい姫(笑)。

2通目の投稿は王子読み。バーベキューに行って川で泳いでいたらパンツを流されたという話。
アサミさん「これは恥ずかしい!」王子「恥ずかしそうだねー!」アサミさん「だって(1通目は)パンツが見えるくらいじゃないですか。(今回は)パンツがない…!(笑)」王子「ない!何もないんだ。」そしてアサミさん普通に「こいういう経験ありますか?(笑)」振った、ごく普通に振ったね!(笑)そりゃリーダーも王子も「ねぇよ!」「なかなかねぇよ!(笑)」って返すわ。
アサミさん「でも私小学校の時に水泳の授業で男の子が泳いでて、海パンが浮いてたんですね(笑)」王子「えぇ?!ゆるゆる??」アサミさん「ゆるゆるだったのか(笑)ゴールに着いた時には海パンが中央に浮いてて、その子は何も履いてないみたいな(笑)」王子「何かよくウォータースライダー滑り終わったら履いてなかったとか。聞くよね(笑)」アサミさん「でも男の人はそれだけですからね。」王子「女の子はスクール水着とかだとね、ちゃんと…脱げようがないけど。」学校での場合はそうですね。ビキニをご利用の方はご注意下さい。ワタシはもう一生水着を着る事はないので(何故なら無駄に水モノに対して潔癖っぽくなってプールの更衣室や海の家に立ち入れないからだ!温泉も場合によっては無理なのだ!/涙)心配無用です。

王子「恥ずかしいのはどっちだと思います?」やっぱり後者か、という話に。リーダー「で、女性に屈辱を味わわされる…パンツ貸しましょうかみたいな事言われる。そんなもう貸せよって話ですよ。」王子「履くっちゅーの、みたいな(笑)」リーダー「もう藁にも縋るって…」王子「これパンツ一丁になって川に入ってたってことだよね。」リーダー「泳ぐ目的でしょうね。」アサミさん「多分水着がなかっただろうから…」若いね、若者のバーベキューって感じがするね…そもそもバーベキューが若者のイベントって感じするよ…(完全インドア派。/笑)

協議の結果、やはりパンツを流されちゃった人が勝ちということで。王子「やっぱり恥ずかしい担当っていうのは嘘じゃなかったね(笑)」リーダー「恥ずかしいというかおバカというか…」リクエストの台詞は姫指名だったのですが、残念ながら本日欠席のため王子が代わりに。モノマネっぽく(笑)。リーダー&アサミさん「似てるー!」って言ってたけどホントに似てた…さすが王子(笑)。

そして本日の1曲は『ムーンライトタンゴ』!やっほう!!(≧▽≦) っていうか、ハスモダイは本当にこういうキャラだったなーとしみじみ思ってみた(笑)。

やって参りました、お楽しみの『なりきり魂』!今回の趣旨説明は無駄に爽やかなリーダーが担当しております。この爽やかさはもしや、と思ったらやはり…アルベルト「皆さんこんばんは。僕はロマンシング・サガで活躍した、アルベルトという…主人公のはずだった男です。」いる!こういう主人公いる!!!(割と王道。/笑)ロマサガは主人公が選べるゲームだけど、アルベルトを選んでおくと初心者にも優しい仕様になるらしいよ?(説明台詞が多い?とか。)
そしてー!!!本日のメインイベントぉー!!!(≧▽≦)ノ ←謎。
しなっちゃん「よぉ。夜桜四重奏で土地神やってます、士夏彦雄飛…だ。」語尾に若干不安が生じたけど(笑)エロ神降臨!大好きしなっちゃんー!抱き締めさせてー!!!(*/∇\*)キャ ←大興奮。ほぼヘンタイ。
そして更に、ソーヤ「ブラックラグーン…またまた登場…ソーヤ…です…」まさかの再登場(笑)。しなっちゃん「今日は大丈夫なのか?」ソーヤ「大…丈…夫…」しなっちゃんに心配されてる、きぃぃぃぃー!!!みたいなジェラシーはありません。ありませんとも。アルベルト「君はどうしてそんなに暗いんだい?」ソーヤ「暗く…ない」しなっちゃん「覇気がねーぞ。」ソーヤ「頑張って明るく喋り…ます」えーと、その都度コメントを入れると話の腰を折るので省略してますが、全体的にしなっちゃんが喋るたび、ワタシが悶絶してるっていう方向で間違いはないです(笑)。エロくてちっちゃくて神様。はあぁ!そんな素敵存在あっていいのか!(人´∀`).。☆..。.*

アルベルト「じゃあこのコーナー進めちゃうぞ。」お、すまんすまん。ちょっと妄想の世界に入りすぎたよ。進めてくれたまえ、うむ。(ややバーティミアス調。/笑)アルベルト「(メールを)読んでもらうのは…じゃあ、そこの暗いキミ。」ソーヤ「頑張ります…ソーヤ、読みます…」しなっちゃん「シュールだな(笑)」調べたところによると、このソーヤっていうのは実は若い女性で(ワタシ少年かと思っていたけど)喋れないから人工声帯みたいなので喋ってるらしい。何か凄い設定だった。

で、投稿は誕生日を祝ってくださいというなかなか素直なお願い(笑)既にその日は過ぎてしまっていたけど(意外にタイムラグがあるんだね。2週おきの2回録り?だからタイミング読みづらいね!)アルベルト「いいんじゃないですか、祝ってあげても。」何故そんなエエ声で若干上から目線なのだ(笑)。アルベルト「…祝ってあげますか?」でも、しなっちゃんに敬語だから許す(神は敬え。たとえ小さくとも!/笑)しなっちゃんの「しょーがねーなぁ…」っていうの大好きだった!大好きだった!!!「しょーがねぇなぁ」って言われてみてぇー!!!o(≧▽≦)o ←大事な事は話の腰を折ってでも主張する(笑)。
ということで畏れ多くも土地神様からのお祝いコメント。「お前はいい仕事してるぞ、おめでとう。」っていうの。言われる為ならワタシすげーイイ仕事するんだけどな。入出金1円たりともずれないようにするんだけどな!!(笑)アルベルト「無駄にカッコイイね!(笑)」まあね、土地神だからね!苦しゅうない!!近う寄れ!(何キャラだ自分…)

「じゃあ次は僕が祝うね。」とハリキったアルベルトはイキナリ噛んだ。何て残念な人…!(笑)しなっちゃん「名前くらいちゃんと言ってやれ。」ソーヤ「噛まないで…」気を取り直して、丁寧かつ爽やかに。ソーヤ「無駄に爽やか…」ホントに(笑)。しかしここらへん聞いてて、ウチの妹サマがアギファンな理由が分かった気がした。この爽やかさは間違いなく妹サマの好きな系統だ(笑)。ちなみに妹サマが一番好きなアニメキャラはドラゴンボールのトランクス君です。多分。ワタシはドラゴンボールならば人造人間17号がイイ派(笑)。最近再放送やってるよね。カッコイイね(笑)。
最後、ソーヤのコメントはエラく短いような…?アルベルト「終り?!終りかい??」しなっちゃん「オイオイ…」はぁー!!抱き締めてぇー!!!((*´∀`)) 何度も腰折ってすいません…。
しかしソーヤは「まだまだ…(笑)」ということで結構長めの(笑)お祝いメッセージを用意していました。内容は若干カオス(笑)。

そして投稿がもう1通。読み担当をしなっちゃんに振ったアルベルト偉い!しなっちゃん「オレか、よし。」投稿者の名前を呼び捨てした事にアルベルトやソーヤからツッコミが入りましたが、「オレはそうなんだよ。」と一言。そうなの!しなっちゃんはそうなの!!ちっちゃくても神様だからっ(*/∇\*)キャ ←無駄な興奮(笑)。
夏の思い出を教えて下さい、というような内容だったのですが…読んでいる間、何かワタシとても幸せだったアルよ。恐らくなんだけど、ワタシの血液この瞬間サラッサラになったと思うんだよね(寿命伸びた。/笑)しなっちゃん「オレは冒頭にもう話したからな。」アルベルト「僕も話してしまったなぁ…」ということで。しなっちゃん「じゃあ、ソーヤ。行け。」…この最後の「行け」だけでアタシ2週間生き延びるからね、マジで。行け、って言われたらワタシ結構どこまででも行くよ。変なメガネ(円神だっけ?/笑)も一撃で倒して見せるよ!こう見えてもMP結構高いんだよ?!(最大HPは少ないですが減りも少ないです。丈夫なの。/笑)

で、ソーヤの夏の思い出。「ソーヤは…海に行きました。」しなっちゃん「電報みたいだな…」アルベルト「君、シュールだね(笑)」しなっちゃん「シュールだな…(笑)」アルベルト「また違う…間の笑いだね(笑)」そろそろ笑いが堪えきれなくなってきたアルベルトとしなっちゃん。可愛い(存分に笑えるワタシは気が楽。/笑)
しなっちゃん「海行ってどーだったんだ。それを話してくれ。」ソーヤ「夜…花火をやって…生まれて初めて流れ星を見ました…」しなっちゃん「絵日記か!」アルベルト「大丈夫かソーヤ、それだけか?」しなっちゃん「それだけなのか。」ソーヤ「うん…(笑)」何かもう限界っぽいけど(笑)それを悟った?アルベルト「それだけか、そっか(笑)」ちょっとイイお兄ちゃんぽくなってた(笑)。ベル以外にも稀にこんな風に接する事ができるらしい。

すると土地神なのに気が利く(笑)しなっちゃん「じゃあ、オレがもう一つ話そうかな。」アルベルト「あ、じゃあ頼むぞ。」しなっちゃん、夏の思い出。「オレは大阪にライブに行って…そこで…蚊に70箇所も噛まれた。」アルベルト「70箇所も?!」しなっちゃん「そうだよ。」するとここでソーヤからまさかのツッコミ。

ソーヤ「いちいち数えたの…?」

これに激しく動揺する(笑)土地神。「悪いか!悪いのか?!ダメか?!(笑)」アルベルト「ソーヤそこは別に突っ込まなくてもいいんじゃないのか?(笑)」ソーヤ「70って結構あるよね…(笑)」しなっちゃん「そんなに噛まれたら、数えたくなるだろう?!(笑)」可愛い。本編でもこんなシーンあったらマリアベルも思わず「ぎゅ!」ってしちゃいそうだ(笑)。
アルベルト「それだけ沢山刺されたって事だ。」うん、何か大したこと言ってないんだけど無駄に納得しちゃった。この声怖いね(笑)。しなっちゃん「そうだ、足だけだぞ。」アルベルト「腕とかは平気だったのかい?」しなっちゃん「腕は全く刺されず、足だけで。70箇所。」酷くかに刺されたっていう結構な面白ネタなのにエロカッコイイのは何故か(笑)。
ソーヤ「何でだろう…」しなっちゃん「疑問だよなー(笑)」アルベルト「疑問だな(笑)それは仕方がない。」しなっちゃん「神様なのに刺されたよ。」蚊もきっと可愛い神様が好きだったに違いない。気が合うな、蚊!!(違うだろ。/笑)
アルベルト「70箇所もか(笑)すごいな。」しなっちゃん「そんな、ひと夏の経験だ。」何故か最後はアルベルトが「ありがとう!」と無駄に爽やかに締めくくり。どういたしまして(笑)。
アルベルト「以上、なりきり魂でした!」最初から最後まで、アルベルトは無駄に爽やか、しなっちゃんはエロ波全開、ソーヤはシュールなままだった…何か凄いもの聞いた(ベア様とはまた違う方向で。/笑)

エンディングに入って、皆さんの出演情報。アサミさん「さっき登場したソーヤなんですけど…」リーダー「大丈夫なのかアレは(笑)」アサミさん「大丈夫です、あれで合ってます!(笑)」あれで合っている(笑)ソーヤが出ている、ブラックラグーンのDVDが発売になるそうです。それから9/19のイベント出演(王子も一緒。)について。
王子からはYoutubeで配信されている子供向け番組「どりーむサラダ」について。王子日記にリンクがありますが、取り急ぎリンクの先で「アート」の所には王子が歌っている【安里屋ユンタ】があります。姫情報も王子からアナウンスがありました、詳細は公式ブログにて。

更にリーダーからも地味にゲームの宣伝(例の乙女ゲーとアルベルト君が出ているヤツ)と、何か調味料のCM?とか言ってました。ワタシ通りすがりにリーダーの声聞き当てる能力ないからなぁ…。(某ゼルダのCMは「たぁ!」の一言だけで王子識別。これがストーカーの底力。/笑)
番組告知はアサミさんが担当していましたが、「投稿方法」「とうほうこうこう」になり(笑)最後は謎のキャラ(くちぱっちか虫っぽい何か)が喋ってました(笑)。今週のアレな人は夫婦で嵐ファンクラブに入った人。夫婦円満であって欲しい(笑)。

エンディングに入って何となくのんびりした気持ちで聴いていたワタシ。
王子の「次も聞かねぇと、ぶっとばすぞ!」で目が覚めた。ぶっ飛ばされたい感じだった!!((*´∀`)) ああー!ここも着ボイス的な何かで!是非!!(笑)

リーダー「この番組は、UFO大好き浦田優の提供でお送りしました。」王子の「そうだったんだ…」っていう呟きが面白かった(笑)。ワタシは宇宙関係好きだけど異文化交流は苦手なので(笑)UFOとは関わらずに地球人としての人生を全うしたいです。

今回は3人だったけど、とっても潤ったな!(*/∇\*)キャ

X Home X

inserted by FC2 system