ラジオ☆真・オエセル魂!! 感想文16

X Home X

第16回「風邪っぴきです。」(2010/10/29UPDATE)

珍しく?冒頭特に寸劇なども挟まずに通常スタート。「パーソナリティは、風邪っぴきな松本さちと」「ちょっとだけ風邪っぴきな高口幸子と」「大分風邪治ってきた矢口アサミと」「たまに重大な風邪をひく(笑)はらさわ晃綺の」今回は4人でお送りするようです。
王子「確かに鼻さまは肺炎になったりする…」鼻さま「たまに、何年かに1度くらい生死の境を彷徨ったりする(笑)」ダテにヒー○マがゾーン入りしたワケではないということですね。恐れ入りました(笑)。

王子「もう10月の29日ということでね。皆さん忘れてませんね?11月3日はゆっこちゃんの誕生日です!」アサミさん「雛祭りかと思ってました」せめて文化の日と…(笑)。王子「歳をまた一つ重ねるという事で…」鼻さま「おいくつに?(笑)」ゆっこさん「みっちゅ☆」王子「カワイコぶってるけど(笑)」許されるゆっこさんが羨ましいぜ!(笑)年だけは平等にとって行き、追い越したり追い越されたりっていうのがないのは嬉しい事です(笑)。
アサミさん「抱負とかは…」ゆっこさん「え、抱負…?私らしく生きる!」王子「いつも結構ゆっこちゃんらしく生きているような気はする(笑)」素晴らしい。ワタシもワタシらしく、オタクであり続けたいと思います(笑)。

ゆっこさん「早いですねー、気がついたら…」王子「そら風邪もひきますわ」アサミさん「あんなに暑いと思ってたのにイキナリ寒くなって…」王子「そう、イキナリ寒くなっちゃって…気付いたらもう咳コンコンですよ。ヤベぇ…早く治します!」ヤベぇ、の所がカッコ良かったので少しの間なら咳コンコンでもいいような気がしてきた…!((*´∀`))

アサミさん「この番組は、沖縄・マレーシアのお土産ありがとうゆっこちゃん…の提供でお送りしました。」南国ですね、海っぽいですね。潜った気配がしますね!(笑)昔憧れたスキューバのライセンスは狭いところに閉じ込められる練習?があると聞き、潔く諦めました。(閉所・暗所・高所の全てがダメです。/笑)

オエセルJAPANのCMを挟んで本編に。王子「それではコーナーに行きましょう!」ゆっこさん「本日一発目はこれだ!」という訳で『必殺技魂』から。趣旨説明はアサミさんが担当、そして投稿1個目は鼻さま担当。予約特典がどうとか。
アサミさん「大半えっちぃのばっかりですね…」鼻さま「ちょっと…ゆっこちゃんが冷めた目で…(笑)」ゆっこさん「限定っていう言葉はやっぱりね…」アサミさん「ゆっこさんは…」鼻さま「あ!アナタ限定モノにめっちゃ弱いじゃない(笑)」ゆっこさん「弱いんですよ〜」今やコンビニのお菓子も季節限定とうたって心の疲れた社会人から小銭を巻き上げようとしています!おのれ、高級菓子(?)め〜!(主にフ○ンとか。/笑)
王子「今凄いもんね、ゲーム一つ出すにしても…この間から言ってる私が出る『CLOCKZERO』も限定版と、他に店舗限定版みたいなドラマCDとか」アサミさん「そこで予約しないとっていう…」王子「そうそう。全部欲しい人は何個も買わないとね…」鼻さま「5,6個出てるの全部デザインが違うらしいよね。」アサミさん「あとCDドラマとかだと話の内容がそれでしか聞けないから買わないと聞けないっていう…」王子「なるほど、イイ商売だぜ…!」全く根拠がないまま言いますが、某ジャ○ーズがその先駆けという噂。ジャケットのデザインが違うとか、CDの中にライブへ応募できるチケットが入っているとかで前職での先輩は同じCD(シングル)を20枚くらい買っていた…。ワタシは西川サマのためにそこまで頑張れない…_| ̄|○il||li

鼻さま「ちょっと酷いよね(笑)」アサミさん「ウチらその片棒担いでるっていう…」鼻さま「おい!片棒とか言わない!!皆さんに広〜く聞いて頂ければなーと思いますので!」ま、アニメとかゲームの場合はキャラ別に割り振ってある事が多いので、例えば王子のゲームであれば王子分だけを買えば良い事に。主役級の人はあちこち出るだろうから、そこを追う人は大変そうだけど〜…きっとそれも楽しみの一つって事になると思われる(笑)。

投稿2個目は王子が読み担当でした。ラジオネームが甲子園風?になっていた。ちゃんと対応する王子、芸が細かい(笑)。内容はジャンケンの時に出す手を先に言う?とか。
アサミさん「迷っちゃいそうな気がしますけど…」鼻さま「逆にね。パーを出そうと思うが、じゃあ俺チョキ出すよって言われたら、え…?って(笑)」王子「確かに(笑)パー出すって言っときながら…」ゆっこさん「自分に負けちゃいそうですね」相手との心理戦に持ち込むという事みたいですが、相手の心の白さにもよる気がします。ワタシは意外にも心が白いから(黒いのは腹だけです。/笑)こういう心理戦には弱い。
鼻さま「まぁでもコレはアリだね。」王子「ある、戦略というか。」すると鼻さまがアサミさんに心理戦をしかけました。「じゃあ…俺パー出すよ。」アサミさん「ハイ…グー出します。」で、結果は…。王子「そのまんまだよ(笑)何の駆け引きが…」二人とも心が白かった(笑)。ゆっこさん「いい人たちでした…」アサミさん「事務所の駆け引きが(笑)」王子「賢プロ対ケンユウオフィスってこと?」アサミさん「私が逆らった事でウチの事務所が大変な事に…」王子「そんなにか(笑)」鼻さま「嘘つけ!(笑)」よもやそんな重大な何かがかかっているとは(笑)。
王子「事務所を背負ってるわけですね?(笑)」アサミさん「私一人が負けるだけで皆が救えるならそれでいい…」王子「カッコよくないぞ?(笑)カッコイイみたいに言ってるけど(笑)」ちょっとダマされそうになったけど(笑)。

さてどちらが強いかという話になりますが。鼻さま「ダメージデカいのは予約特典かなー」ゆっこさん「私はいつも負けてまーす。」王子「そうだね。お財布もね…」鼻さま「これはもう、その筋の人には必殺中の必殺だからね。(後者は)たまに自爆するところがある…(笑)」アサミさん「私もうパー出すって言われた時点で何が負けか分からなくなった…」その気持ちワカル…!確率とか組み合わせとかとても苦手…!(つД`)
王子「考える頭を持たないという(笑)」アサミさん「ジャンケンは考えずに出したいです」ということで予約特典が勝ちとなりました。

ゆっこさん「次のコーナーはコレだ!」ということで『お悩み魂』に突入。趣旨説明をした王子が「解決したい!…と、すんごい思ってるコーナーです。」って言うのが好きでした。すんごい思っていることが伝わった(笑)。投稿読みはアサミさんが担当。笑うときにハナミズが出るという。
王子「止めてあげたいけど…止めに行ってあげたいけど…」アサミさん「ゆっこさんどうですか?」何故急にゆっこさんへ振るのかと思ったら、王子「ゆっこちゃんよく鼻たらしてる…(笑)」…という事情があったらしい(笑)。ゆっこさん「私女子なんですけど、笑うとき鼻水どころか涙も出るし…」王子「色んなもん出してる(笑)」ゆっこさん「色んなモノが出てくるんですけど、止まりません!なのでいつも片手にティッシュやハンカチを持って…拭きます!」王子「今もね!(笑)」アサミさん「ハンカチを口に押さえたりして笑うと結構上品ですね。」鼻さま「ちり紙だとちょっとアレだけど(笑)」アサミさん「鼻を押さえるような感じで口を押さえて笑うと…」セレブっぽい感じがします。

ゆっこさん「ハンカチはあんまりね、吸いにくいんですよ。ハナミズを。」王子「確かに!ちょっとね、ともするとビョーンって糸引いちゃうみたいなね(笑)」鼻さま「粘度が高けぇなハナミズ随分!(笑)」風邪ひいてるときでなければ粘度は低いと思うのだけれども…(笑)
アサミさん「ティッシュをキレイに折って…丸めるとちょっと…」王子「今もグッシャグシャのティッシュ持ってますけど、ゆっこちゃん(笑)」アサミさん「手で隠して!」王子「そうか、じゃあ自然に任せろという事ですか?」ゆっこさん「出たらすぐ拭く!」アサミさん「あとは鼻にティッシュ詰めるとか…(笑)」最も効果的ではあるのだが…!(笑)ゆっこさん「それは…でも女子だから…」鼻さま「それ…女子ヤバいよね〜」それでも花粉症のシーズンにそんな製品売られてましたね。目立たないけど鼻に詰めるヤツ。取るのが大変そう。。。
アサミさん「じゃあマスクを!」ゆっこさん「中凄いことになりますよ?」アサミさん「時々グッショグショになってますよ(笑)」ゆっこさん「お茶飲みたい時とか困る!」花粉症も鼻風邪も殆どないのであまり実感がなく…。(風邪は全て熱と喉に。/笑)
鼻さま「そんなにハナミズって出るものですか?(笑)」ゆっこさん「出る出る〜」王子「出る時は出る。」アサミさん「室内入るだけで出ません?」鼻さま「外寒くって暖かいところに入るとまぁ出るけどね。」ゆっこさん「ラーメン食べる時とか」鼻さま「あー!出る出る!」ゆっこさん「麺も吸わなきゃいけないのに、鼻も吸わなきゃいけないから『苦しいー!!』みたいな(笑)」前にテレビでやってましたが、ラーメンの時のハナミズは鼻から入る空気(ラーメンの蒸気?)を冷やそうとしてるんですって!あれだけでもの凄い効果があるんですって!!必要なんです、ハナミズ!

アサミさん「私ハナは出ないんですけど、ヨダレが出ます(笑)」王子「ラーメンの時?」随分おなかが空いているみたいだ…(笑)。アサミさん「いや違う、ボーっとしてて…(笑)」王子「それアホな子じゃない…?」鼻さま「それはかなりヤバいよ、鼻水どころの騒ぎじゃないから(笑)」アサミさん「リアルくちぱっちなんですよ(笑)」鼻さま「寝てると何かね…」王子「何かヨダレの話になってますけど、鼻水の話ですから!」ゆっこさん「ちゃんと皆、女の子にアドバイスを…」なかなか難しい相談ですが、王子「女の子…まぁ自然に?」ゆっこさん「自然に、さりげなく拭いて…」王子「水はけのイイハンカチで…」鼻さま「ちり紙よりはハンカチの方が上品?その時にはビョーンとなるのに注意。」との事です。
王子「ぐいっとね!!ぐいっと…」鼻さま「さっちゃん今の顔全然女子から程遠い顔だったんだけど(笑)完全にオッサンの顔だったよね(笑)」王子「オッサンに片足突っ込んでるんで(笑)」お兄さんはいつかオッサンになる、自然の摂理(?)

アサミさん「出ちゃったら、風邪ひいてますとか誤魔化す…」王子「誤魔化せてない、そのまんまや!(笑)」アサミさん「風邪ひいいてないのに出ちゃうよりか…いつでも出してると思われるよりか、あ風邪だからしょうがないよねっていう目で見てもらえる。」王子「年中風邪ひいてるな〜、みたいな。」そ…そんなにエロカッコよく言う必要があるのだろうか…?!何か一瞬で色んな夢見ちゃったよ!(笑)
アサミさん「とか、花粉症とか。」ゆっこさん「もう、出ちゃったキャラになっちゃう。『また出ちゃった!(≧▽≦)』」アサミさん「ゆっこさんみたいに…(笑)」鼻さま「それイイのかな〜?あんまり嬉しくないぞ…」ゆっこさんは許されるが、場合によって許されない人もいるのでキャラ設定の前には慎重な調査を(笑)。
王子「イイかも(笑)青ッパナじゃなかったらね、まだキレイだから。」ゆっこさん「クリアな。」鼻さま「青ッパナはダメでしょう(笑)青ッパナはリアル風邪だから、それは早くお医者さんに行きましょうって感じだよね(笑)」というわけで解決?したようです。
ゆっこさん「私達頑張りました!」王子「頑張った!頑張ってこれです!!」皆さん似たような悩みを抱えていらっしゃる(?)ということで、心の支えになりそうです(笑)。

今週の一曲はMatsu-Ragiで『星屑−友情−』でした。癒される…。

続いて『なりきり魂』鼻さまの趣旨説明を挟んでクジ引き。何やら色々なリアクションが見られますが…。王子「じゃあ、鼻さまから発表」鼻さま「相槌の煩い人。」一同「いるいるー!!」鼻さま「だよねー、だよねー、うんうん、そうそうそう!!!」いたなぁ…そういう人(前職で。/笑)王子「アサミちゃん」アサミさん「私は汚い方のオカマよ?割と得意なの…!」ゆっこさん「食いしん坊キャラ太っちょさん」鼻さま「ああぁ〜いるいるいる、そういう人いるいる!!」鼻さまがこの設定を引き当てたのは何か神がかってる気がする(笑)
そして王子はというと…「じゃあ私は関西弁の人。」鼻さま「あれ?!」王子「さち王子が当たった場合はエセ関西弁の人で。…ワタクシ司会でございます。」関東の人が真似する関西弁って事ですかね。逆に難しそうですね…。
王子「司会やで!!アカン、アカン!!」鼻さま「いるいる、そういう人いる!」王子「ウチが、司会や、けども…」アサミさん「なんでそんなたどたどしいのかしら?(笑)」王子「まぁアレですよ、今回は…」鼻さま「だよねーだよねー。」王子「うるせーよ!(笑)本気で突っ込んでやった(笑)」ものっすごい男らしかった!(笑)

「じゃあ〜、お悩みをね、読んでみようかなーと思うてますねん。行くえ〜?」色々混ぜてみる王子(笑)。鼻さま「ああー、ありがとありがと!」王子「煩いなっ!」投稿読みは王子が担当。彼女が腐女子でBLな本を読むのをやめさせたいと。
ゆっこさん「食べるのやめられな〜〜い!」鼻さま「いるいる!オレ別に相槌煩くなくてイイじゃねーかよ!(笑)」アサミさん「さちさんがすごくカタコトなのよね〜」王子「エセってやりにくい…」鼻さま「ちょっと外国の人だもんね(笑)」関西弁、だけであれば全く問題なかったはずですが一筋縄では行かないのが『なりきり』の良いところ?
アサミさん「腐女子ね〜…やめる必要ないわ。」王子「オカマさん(笑)」鼻さま「執事さんにハマってるあなたとしてはどうなの?」アサミさん「執事喫茶もそういう妄想することあるわ。…なんかちょっとおばーちゃんになって…(笑)」「でも私達BLカフェって前に行ったじゃない?」鼻さま「そうよね〜。…そうよねーって何でオレおネェ言葉なんだよ。」アサミさん「皆ちょっと釣られないでちょうだい!(笑)」若干混乱してきた中で、ゆっこさんが一人奮闘。「何が美味しいの〜?!」王子「食いしん坊キャラを貫いてる!(笑)」鼻さま「単に鼻息粗い人じゃない(笑)」台詞にはならないところでずーっと頑張っています(笑)。

アサミさん「BLカフェに行くと、はらさわさんが始め乗り気じゃなかったのに最後楽しいわ〜って」王子「言ってたよな〜、ジブン〜〜」ゆっこさん「何食べたのぉ〜〜?!」食べ物は美味しい?らしいという噂。ワタシはBLの中でもかなりキャラ設定に縛りがあるので(笑)BLカフェには適応できないことが発覚しました…!(ちょっとショック。)
王子「いいんだよ!腐女子はコレで!!」アサミさん「だって、男の人がえっちぃ本買うのと同じような…事よ?!」鼻さま「女性的にはアレなの?そういう本…」王子「エロ本?」鼻さま「買わないでよー!ってさっちゃん言われたことないの?」王子「ねぇよ!(笑)」あったらいいのに!(希望。/笑)
アサミさん「アタシとえっちな本どっち取るのよー?!って(笑)」王子「えっちな本!みたいな(笑)」ゆっこさん「さちさんはどっちの本を買ってるの?」王子「買ってねぇよ!(笑)」鼻さま「どっちも買ってます!みたいな(笑)」向かうところ敵無し、って感じですな!(何が。)

鼻さま「そういう風にはならないの?」王子「エロ本やめてよー、って?」鼻さま「エロいビデオ見てると『何みてんのよー!』とかならない?」王子「まぁしゃあないよな。」アサミさん「見たきゃみれば?みたいな…」むしろどんなもんなのか、ちょっと貸してみなさいよって言う人もいるらしいけど(笑)。大半は放置というか、お好きなように、という感じではないのでしょうか…。
王子「私も…そう思うわ(笑)」ちょっとキャラ設定を思い出したらしい王子。鼻さまも「ああ、うんうんうんうん!!」王子「今思い出したやろ!」ここはエセじゃなく本物の関西弁(笑)。
王子「そういう趣味はやめられないものなんでしょうか?(投稿より)」アサミさん「やめられないわ!」鼻さま「趣味はね〜」王子「実感こもってますね(笑)」アサミさん「そんなことないわよ!」鼻さま「オレなんかもオモチャ買ったりしますけど…集めてるものはね…好きだからね…」アサミさん「一度読んでみるとかどうでしょう?理解を深めてから…」鼻さま「多分ね、あんまり理解できないと思うよ(笑)」まぁ…そういう系統の端くれとして(笑)言わせて頂くならば、特に理解を深めて頂く必要もなく、放っておいて頂ければ幸いです。多分ですね、女性は割とそういう現実と非現実の境をガチッと決めてるというか(時々曖昧な人もいますが。)「ソレはソレ、これはこれ」みたいに思っていると思うので彼氏さんも心配しなくて大丈夫じゃないかと。

王子「じゃあ、やめてもらうのに良い理由などがあったらって言ってるから(投稿者が)やってみる。リアルBLを。」ソレ怖い、一番怖い(笑)。鼻さま「オイ!(笑)リアルBLをやってみるって意味分からない(笑)」アサミさん「BLカフェに行けば分かるわ。」王子「行ってみれば…開眼するかも…しれないよ?関西弁でもなんでもない(笑)」鼻さま「うんうんだよねだよね!!」時々設定を思い出します(笑)。
王子「ゆっこちゃんは地味にずぅ〜〜っと食べてるんですけど(笑)」ゆっこさんの奮闘ぶりが地味に光る(笑)なりきり魂でした。趣味は趣味として、彼女の事を大切にしてあげたらよろしいよ!(´θ`)ノ ←何となく。

ネギを食べられないサチ男君のオエセルカーニバルCMを挟んでエンディング。ゆっこさんからは「スパロボOG」の告知、アサミさんからはくちぱっち関連の告知、鼻さまはオトナのアニメ?に出てるらしい。王子「沢山なんだ?!(笑)」需要と供給のバランスで世界は成り立っております(笑)。

王子からの告知は「ペン問」と、トーク内でも出てきていたゲーム「CLOCK ZERO」について。
ゲーム公式サイトの【スペシャル】−【連載企画】−【第二回】は王子が演じるルークさんがMCをしているようです。文字コンテンツだから王子声じゃないけどね!(残念!/笑)ウチの小説で言うケイン先輩的な(笑)軽い風味。口調からして『dear』のキャロル君方向なのではないかなーと(オトナっぽい?ので音域はもう少し低いかもしれないけれど)推測しております。
更には11/28のライブについても。座り見だという告知を見て何となく安心したワタシです(笑)。

姫情報とリーダー情報も王子から発信されておりました。詳細は各人のサイトにて。リーダーの調味料CMを未だ見つけられません…テレビ見ないからなぁ…(「目覚ましテレビ」「医龍」の間に流れてくれれば…。/笑)

今週のアレな人は腐女子彼女を持つ彼。悩みは深いと思うが彼女の良いトコロを見てあげて欲しい(笑)。

「次も聞かないと、ぶっとばすぞーーー!!」はゆっこさん担当。
最後は鼻さま。「この番組は、マレーシアと沖縄には行った事がない殆どのオエセル隊がお送りしました」
今のワタシはマレーシアと沖縄に行くお金でネズミの国に行く選択をしそうだ…!(死)

X Home X

inserted by FC2 system