ラジオ☆真・オエセル魂!! 感想文35

X Home X

第35回「夏バテならぬ夏バカ…!?」(2011/7/29UPDATE)

今回も冒頭『作文魂』からスタートです。お題はアサミさんのお母さんの名前「しずえ」との事。王子の「ええ年したオッチャンや」っていうトコロが萌えポイント。(…多分そういうコーナーではない。)

「パーソナリティは、バテてもカレーは食べられる!松本さちと」「バテてもスイーツは食べられる…あ、お酒も飲めるよ!高口幸子と」「バテてもお酒大好きな矢口アサミと」「意外に夏バテしたことない、はらさわ晃綺の…」4名様にて。
ゆっこさん「夏バテないですか?」鼻さま「うーん滅多に…した事ないなぁ」王子「ホント?!」鼻さま「あ、夏風邪はよく…(笑)」王子「夏風邪はナントカがひくってよく言うけどー?(笑)」鼻さま「夏風邪はひくけど夏バテはあんまりした事ないな。」王子「いいないいな〜」夏バテも夏風邪も知らない私です…食欲は常にあります…色々な数値が右肩上がりです…(´`) 鼻さま夏バテしないというよりは、逆に病弱だから「バテる」を通り越して風邪に発展するのではなかろうかと思ったりもしました。何だかオエセル隊の男子部は病弱だな…(基本男性の方が生命力弱いらしいですが…。/^^;)

一方でアサミさんは「年がら年中バテてます…」ゆっこさん「夏関係ない(笑)」王子「今日は調子がいいなー!みたいな感じで(笑)」アサミさん「調子の良い日が少ない(笑)」鼻さま「さっちゃん『夏バカ』になるよね(笑)」王子「夏はもう頭が回らないの。本当にそう!」王子の夏苦手説はご本人もブログ等で書くくらい有名です。イベント等でお見かけしても、そうは見えませんが…回らないらしいです、頭(笑)。
私なんて夏でも冬でも大変に元気、会社にいる時以外は!(会社嫌い嫌い病、という慢性の病気を患っているので会社では死んだ魚のような濁った目をしています。/笑)

ゆっこさん「夏真っ盛りですけど…」王子「そうですよ、今日は7月の29日ということで…アサミちゃん…」ラジオでは誰も突っ込まなかったけれども、この時の「アサミちゃん…」の言い方がエロいと思ったリスナーは私の他に3人以上いると信じている(笑)。
アサミさん「次の日、賢雄さんの誕生日です。」王子「ウチの社長の(笑)」アサミさん「30日が賢雄さんで、31日が私の誕生日。」一同「おめでとう〜!」王子「アサミちゃんは永遠に25歳のままで止まってんねん、私の中で。」ゆっこさん「永遠の25歳(笑)」鼻さま「あんまり嬉しくねぇな、25歳で止まるって…(笑)」え、結構いいと思うんですか…25歳で止まるって…。鼻さまは一体いつで止まったら嬉しいのかしら?(まさか10代で止まりたい???)
王子「出会った年だよ(笑)」アサミさん「ずっと25歳のままです。」ゆっこさん「そっかー、あの時25歳か〜…」アサミさん「年はとらないです!」ゆっこさん「いいと思います。」王子「いいと思う!」アサミさん「若い気分でいます…」すると鼻さま「オレも永遠の40歳になってやる…!」王子「40でええんかい(笑)」鼻さま「良い事何もないよね、40だとね(笑)」や、それなりに良い事あると思いますが…(笑)。アサミさん「年齢差開きますよね、40と25」ゆっこさん「15も違うよ!」アサミさん「皆気分は20代です。」王子「そうです!気分だけはね!若作りで(笑)行きましょう。」ゆっこさん「若ぶって行きます!」…というか皆さん見た目もココロイキも絶対に若いと思う…。(もちろん良い意味で。)あ、鼻さまだけはココロイキがおじーちゃんだけど!(*´m`)

アサミさんの「この番組は、産んでくれてありがとう、しずえさん。…の提供でお送り致します。」というアナウンスで、王子「親孝行だ…」ゆっこさん「親孝行…でも『さん』つけちゃった(笑)」若干他人行儀?ですが、まぁ呼び捨てよりは…良いのかも。

王子「それでは、コーナーに行きましょう!」ゆっこさん「本日一発目は、これよっ!」ということで本編は『必殺技魂』からスタート。趣旨説明はアサミさんでした。
1つ目の投稿は恋愛を封印するとか何とか。王子「切ない…切ないなぁ…」鼻さま「泣けるねぇー!」王子「強く生きろ!」そういえばあの話どうなったんだろうと思ってはいたのですが(笑)、ラジオに恋愛ネタを投稿してた人の結果がアレな感じだったらしい。王子「こんな結末に…」ゆっこさん「大丈夫です、まだ次も全然!」アサミさん「女は一人じゃない!」鼻さま「まだ若いんだから!」王子「そうそう、若いんだもん!!」アサミさん「そうだそうだ、若いんだ!」ゆっこさん「いいないいなー!」鼻さま「気持ちだけなら若いんだ!!」王子「私たちだってー!」若さって無敵ですよ…若いときには色々やっても大丈夫なんだよ…(´`) ←気持ちが既に還暦越え(笑)。

2つ目の投稿は終電無くなった、という女の子の一言。王子「イチコロだね!」鼻さま「これはヤバいね!(笑)」ゆっこさん「どうする?とか(笑)」王子「甘酸っぱい(笑)」アサミさん「そういう風に言えるのがいいですよね。私なんかいくら使ってでもいいからタクシーで帰る!」ゆっこさん「確かに確かに(笑)」鼻さま「色っぽくないなー!(笑)」色っぽくないと言われても、それでも帰りたい人は多いと思う(笑)。
王子「とにかく寝たい!みたいな(笑)」ゆっこさん「終電なくなった…からじゃあタクシーで!みたいな。」アサミさん「じゃあお疲れ様でーす!」むしろ終電までいる人たちが偉い。気の合う仲間と飲んでいるのでない限りは1次会だけで帰っちゃう派なので、付き合いの良い人を尊敬します…。(←会社嫌い嫌い病なので、会社関係の飲み会も嫌い。/笑)
鼻さま「次どこの店行くー?みたいな。飲むんかよまだっ?!(#゚Д゚) ヘベレケじゃねーか!みたいな(笑)ちっとも色っぽくない。」ゆっこさん「ある意味必殺技ですね。」鼻さま「本人何も覚えてないからね!(笑)」覚えてないっていう言い訳、一番嫌い。ただのダメ人間だっつの!(←何のトラウマなのか、酔っ払いにはとにかく容赦ない。/笑)

王子「どっちが勝ちますかねぇ…」アサミさん「どっちも甘酸っぱい感じ。」ゆっこさん「とり方によっては終電は…(笑)」王子「そうだね、甘酸っぱいんだか何だか…(笑)」鼻さま「ちょっと吐いちゃって甘酸っぱいみたいな(笑)単に酸っぱいだけ!」汚ねーな!(笑)しかし酔いが回りそうなので対応してくる、といってそっとトイレに立って戻ってくる人は評価します。他人に迷惑をかけない為に必要な処置を取るというのは人間として正しい行為!迷惑をかけられることによって友情を感じるとかいうドM体質じゃねーから、私!(何かそういう人もいるらしいじゃない?迷惑かけられる一方なんて、友達じゃなくてお荷物だろ。/笑)
アサミさん「恋愛フラグを立てるための必殺技ですからね!」鼻さま「まーでも男子的にはね。王子と男子的には…」王子「マテ!(笑)」アサミさん「私でもこれはキュンと来ますよ!タクシー代払ったるからー!って(笑)」鼻さま「何でオッチャンやねん!(笑)」ゆっこさん「中身は20代、20代!」アサミさん「そうでした、25です(笑)」設定は大事に守って下さい(笑)。

最終的には、鼻さまの「言われてみたい…」という本音(笑)もあり、後者(終電)が勝ち、となっていました。

続いて『PHOTOこと魂』、趣旨説明は鼻さま。今回のお題はリーダーがマイクスタンドを構えている写真でした。このコーナーっていっぱい投稿来るんですねー。(ま、沢山紹介できるコーナーでもあるんだろうけど。)
王子「もう一丁ってアレだ、これ下ネタだよね!」アサミさん「あぁー!そういうことかぁー!!」鼻&王子「そういうことだよ(笑)」←ここの生暖かい感じが微笑ましかった(笑)。モンハンネタ?とかゴルゴネタもありました。鼻さま「ゴルゴでも40%は運なんだ…」王子「すげー、才能は10%だけなんやなー。」原作?を知らないからよく分からないけど、笑いのないシティーハンターみたいな感じ?(シティーハンター大人になって見たら笑いの宝庫で驚いた。/笑)
更に見知らぬ少女?の登場も。王子「ゆかこ誰〜?(笑)」ゆっこさん「誰だ〜(笑)」アサミさん「前にゆかこの憧れの浦田さんって…(笑)」どうやら続きネタらしいです。奥が深い…。新境地(?)でCV伊藤健太郎さん、っていうネタも。王子「浦田君なのに!声はイトケン、みたいな(笑)ちょっと斬新だよね。」ゆっこさん「本人は見た目によらずキレイな高い声だけど、パッと初めて見た人は伊藤健太郎さんで行ける気がします。」王子「あんな声だわ、あの顔だと。」イトケンさんの声が思い出せない…(´`) ←多分大昔に舞台で見たような。好青年っぽい役だったような。

大賞は謎の少女??ゆかこネタになってました。個人的にはモンハン(?)っぽいネタが好きでした。ああいう使いづらい装備、ウッカリありそうだから(笑)。

更に続けて『お悩み魂』、投稿読みは王子が担当していました。手狭になってきた部屋からモノを捨てたい場合、何を処分すべきか、というような内容。
アサミさん「ゆっこさんて…スティッチグッズいっぱいですけど、どうしてるんですか…?」ゆっこさん「別部屋。ウチも…今まで3畳の倉庫を借りてたんですが、今広くして8畳にしました。」一同、凄すぎて却って爆笑(笑)。鼻さま「マジで?!」王子「スティッチ部屋!」ゆっこさん「すごい広い、本当に8畳って…広い!」アサミさん「住めそう(笑)」鼻さま「そりゃ住めるよ!オレの部屋より広いよ!(笑)」王子「ウチもだよ(笑)」アサミさん「逆にもったいない気もする…!」王子「そこに住ませてくれ!(笑)そこに私住むから、ウチをスティッチ部屋にすれば(笑)」というか1ヶ月おいくら万円なのか気になる…!(さすがにバストイレとかはないんだよね。/笑)

王子「さすがゆっこちゃん…(笑)」鼻さま「まだ増え続けてるの?」ゆっこさん「実は最近ちょっと止まってまして…お金かけるところが旅行とかダイビングに行ってしまって…スティッチごめんなさ〜い!(T^T)」鼻さま「充分だと思います(笑)」ゆっこさん「でも、いっぱい(新しいグッズが)出てるはずだから、敢えてお店には…見たら買っちゃうから、足を向けなくなりました…」でもこう、一方に使うから一方を絞るというのは大切ですね。たまにこの感覚がなくて全部の方向にお金使っちゃう人、いますからね(笑)。
ちなみにワタクシは今、ネズミ関係での支出割合が多くなっています。パークに行ってネズミとモフモフするところにお金を費やすので、グッズやぬいぐるみは極力買わない(ぬいぐるみは大きいのを買ったので絶対に買わない)というルールになっています!

鼻さま「(投稿については)何が一番大事なのかっていう所だねー。」アサミさん「私的にはエロいもの全部捨てちゃっていいんじゃないかなって…」鼻さま「それは出来ないと思いますっ!」王子「ダメだよ、男の子には大切なものなんだよ!」アサミさん「なんでさちさんが言うの…(笑)」王子は男の子代表の意見を言っています。何故か癒された(笑)。
ゆっこさん「ゲームとかも、絶対やらないゲームとかは省けそうな気がします。」アサミさん「マンガとか同人誌、ゲーム…CDとかは売れそうじゃないですか。捨てるっていうよりは売ってお金にできる方が…」王子「そうだね、リサイクルみたいな。」鼻さま「それでまたその(お金で)買っちゃったりして、悪循環になるっていう…(笑)もういっそ服を売ってしまう!裸族になる!!」王子「夏だしね!(笑)」アサミさん「捕まっちゃいますよ!(笑)」鼻さま「もういいや!みたいな。」王子「もう出してもいいや!みたいな(笑)」何を出すのかを詳しく。王子の声で詳しく!!(何目当てだ自分。/笑)
鼻さま「『イベントで買ったけど袋から出してないもの』って基本的に要らないものだよね!(笑)」王子「そうだね、ちょっと記念で…」鼻さま「イキオイで買ったモンだから」アサミさん「とりあえず袋から出して要るか要らないか…」ゆっこさん「分けて、売ればいい。」鼻さま「(袋から)出しちゃうと面倒臭いから…」王子「新品です!って言って…売っちゃえばいいんだ!」未開封って大事ですからね。萌え系のグッズであればオタク専門店で結構なお値段にて買い取って頂けるはず。私も本棚の空き容量が無くなってくると色々かき集めて某店に引取って頂いたりしてます。感謝感激。

ゆっこさん「これで相当…広くなりますかね?」鼻さま「服と…?」アサミさん「服捨てちゃうの…(笑)」鼻さま「服と、要らない袋から出してないものと…」王子「これ全部売れるんじゃないの?」鼻さま「基本的にはね。」アサミさん「フィギュアも売れますよね。」ゆっこさん「いや、フィギュアはきっと手放せない気がします…!」王子「そっか…」鼻さま「ゲームはね、クリアしてれば売っちゃうっていう…」
と、ここでアサミさんから「自分だったらどれ捨てます?」という話が。王子「私だったら…マンガ!」←何か妙に凛々しい言い方(笑)。鼻さま「オレあんまり執着ないんだよなー。」アサミさん「私もあんま無いんですよねー」ゆっこさん「…7番…(笑)倉庫を借ります…!」王子「既に実践されてますので(笑)」鼻さま「すごいよね、それ(笑)」ゆっこさん「ホントに!何でも入ります、今!」倉庫すごい。実践してる人がいるのがすごい(笑)。
割とドライな鼻さま「マンガも読み終わって暫くして読まないなーと思ったら捨てちゃうし。」王子「そうそう、私も。」鼻さま「ゲームはクリアしたら次の日売りに行くし(笑)」王子「早いな!(笑)」鼻さま「CDとかDVDあんまり買わないし…」王子「ゲームってさ、でもそんなに高くは買ってもらえないよね?」鼻さま「新品買って、まぁなるべく早くクリアして(発売から)一週間後くらいに売っちゃえば全然割と…結構いい値で買ってもらえて…」王子「へぇー!」…鼻さま…完全にゲーマーのやり方ですな…(´`) 発売して1週間でゲームクリアって、普通の人はできないから(笑)中古でも高く買い取ってもらえるんですよー?

鼻さま「引越しの時には要らない服って全部捨てちゃうし…」ゆっこさん「よく見ると、この1年一回も着てないものっていっぱいある…!」王子「それって絶対これからも着ぃひんって言うよね。」ゆっこさん「趣味も変わって、着ない…」でも何となく取ってある…(笑)。大人になるとサイズが小さくて着られないってことも、破けることも(笑)そうそうないから捨てるタイミングが難しいですね。フリマも何回かやったけど、結構な手間で…労力考えるとそんなに効率良くもない…。
鼻さま「フィギュアはねー、気に入って買ったものだから…なかなか捨てられないていうのはあるよねー!」ジタン・トライバルのフィギュアばっかりいくつもある…だが、どれも大事。私の心のヒーローだから(笑)。王子「じゃ、フィギュアは取っとこう!」ゆっこさん「それだけは(笑)」王子「それだけは取っとく、あとは売っとこう!」アサミさん「売れそうなものを売っちゃうとか。あんまり使ってないけど、高く売れそうだな…って」鼻さま「あとは裸族!(笑)」ただ捨てるというのはちょっと罪悪感がありますので、中古屋さんに売るというのがおススメ。宅配買取やっているお店も中野とか渋谷とか(笑)ありますので、利用すると良いかも。(萌え系のものは結構な財産に化ける可能性があると見た…!)

ゆっこさん「ちょっとスッキリしましたねー」ということで今回のお悩み解決。

今回お休みの姫から直々に曲紹介。姫のミニアルバムからでした。

オエセルカーニバルのCMも挟んで『なりきり魂』、既に何かが乗り移っていた鼻さま。しかし今回はクジ引きで決める回です。
王子「じゃあ、私から行きますねー。」リクエストネタだそうで、「色っぽい人。」とのこと。ゆっこさん「イヤ〜!!えっちー!!」王子「今日はちょっと女の色っぽさで頑張ろうかしら?」鼻さま「エロっぽい人?」うん、間違ってない(笑)。アサミさんはというと、これまたリクエストネタで「怒りが収まらない人です!(#`Д´)」鼻さまは「Sな人」だそうですが、何か難しい定義だなーと思いました。結局のところは、ゆっこさんの「笑いが止まらない人!!(笑)」に全部持ってかれた感じですが…(笑)。

王子「これは誘われてしまうわ…!笑いに誘われてしまうわー!!」ゆっこさん「持たない…!(笑)」王子「あんまりいつもと変わらないわ…(笑)」鼻さま「酸欠になって死んじまってもイイんだぜー?」←精一杯の『S』感(笑)。ゆっこさん「イヤー!何言ってんのSな人ー!!(笑)」王子「お便りを読んでちょうだーい。」けたたましく笑い続けるゆっこさん。何だかすごい(笑)。鼻さま「ちょっと黙ってろよ!(笑)」アサミさん「ホントだよ!」王子「聞こえないわ何も…(笑)」アサミさん「話が進まないよ!!」大分混乱してきたので、王子が「じゃあ私が読むわよー。」と話を進めます。さすが、エロくても頼りになります王子(笑)。

これがまた、この空気感に全然馴染まない感じの(笑)とても暖かいお便り。王子「ゆっこちゃん、涙流して笑ってるわ(笑)」ゆっこさん「笑いが止まらなーい!(笑)」王子「いいお便りだったんだからー!」鼻さま「もうどうしていいのか分かんねーよ…」アサミさん「(ゆっこさんを)放置するなよ!」ゆっこさん「笑い死ぬー!!!」王子「こんなカオスな状態も聞いてくれてるのよ?」全体的にゆっこさんの笑いに引っ張られている感じです(笑)。
するとゆっこさん、「さちさんあんまり色っぽくないー!(笑)」…皆がちょっと思い始めていたことを…!(´□`;) 王子「何ですってー?!(笑)色っぽいでしょー!」ゆっこさん「オカマっぽいー!」言ってしまったー!!(笑)王子「そんなバカな!!」←完全にオカマっぽい(笑)。鼻さま「ベアっぽくない?(笑)」王子「あ・た・しー!(笑)」ゆっこさん「色っぽいベア!」王子「そうでしょー?」ベアとしては確かに色っぽい(笑)。
アサミさんが「話の本題から逸れてんだよ!」と軌道修正を試みるも、王子「カオスだわ、もう!(笑)」とにかく皆さん投稿に対して「ありがとう!!」というトコロで精一杯(笑)。きっとこのカオス感が皆好きなんだと思います!(笑)

エンディングの出演情報は基本的に前週と変わらず。アサミさんが「7/31誕生日です!25歳になりました!」と自己主張してました(笑)あ、何かこのレポート作ってる今日が当日っぽい。25歳おめでとうございました!!!(地味に祝ってみる。/笑)
あと、ゆっこさんが出演アニメのDVD特典について、「要注意です!」って言い切ってた(笑)。王子「要チェックね!(笑)」ゆっこさん「それです!(笑)」可愛いなぁ、ゆっこさん…((*´∀`))

アレな人はイイお便りの人でした。暖かい投稿、大事ですね!

最後は鼻さま。「この番組は、アサミちゃんお誕生日おめでとうー!」アサミさん「ありがとう!!」鼻さま「…の、提供でお送りしました!」永遠の25歳もいいけど、個人的には一気に還暦越えっていうのもイイです。そのくらいになれば、そろそろ働かなくても許される(?)でしょ?(笑)

X Home X

inserted by FC2 system