ラジオ☆真・オエセル魂!! 感想文37

X Home X

第37回「どこかがいつもと違う!」(2011/8/26UPDATE)

今回またしても編集担当リーダーのパソコンが不調で、王子が編集したんですって〜!サラッと書いてあるけど凄いね…編集とかどうやるんだろうな…(遠い目)

冒頭は最近「ファンタジック・チルドレン」を見たという方から感動のメールを紹介。本放送時は小学生だったんですって!私は高校生だったな!(←言ってみたかっただけ。)そしてヒースマが好きらしい。ヒースマって誰?あ、鼻の人か(゚д゚ ) ←軽い嫌がらせ(笑)
ヒースマだった鼻「キタっ!」ハスモダイのはずの王子「死んだから?死んだからやろ?!」←ズバッと言いすぎ(笑)。明るくなったタルラント(笑)アサミさん「死んだからだ!(笑)」昔も今も姫「死んだからかもしれませんが!」FC本編では見られない「こてんぱん」ぶり…ヒースマ美味しいな(笑)。リクエストに応え、名台詞「甘ったれるな!」の再現もございまして、スタートです。

「パーソナリティは『消臭力』の歌を熱唱していたら笑われた、松本さちでーす!…と!」「ええぇぇえ〜?!(笑)」アサミさん「あの、あれですよね男の子が…」「あ、あれいい!」「消臭力の…(笑)まだ一度も買ったことがない河原木志穂と」「ニコニコ動画で消臭力のMAD(※)を見て大爆笑していた矢口アサミと」「消臭力のおじーちゃんバージョンの歌唱力が僕と同じくらいな浦田と」「消臭力が長州力に聞こえたはらさわ晃綺の…」ゆっこさんお休み5名様にて。
※)wikiより:MADムービー(マッドムービー)とは、既存の音声・ゲーム・画像・動画・アニメーションなどを個人が編集・合成し、再構成したもの。単に「MAD」と呼ばれることも多く、ネットコミュニティにおいてはもっぱらこの呼称が主流となっている。

鼻さま「何で熱唱しちゃったの?」王子「何かね、道端歩いてて〜…」一同「道端?!(笑)」鼻さま「そりゃーびっくりするわ。」王子「一本道で前に誰も居ぃひんかったから、誰も聞いてへんと思って♪消臭力〜とかって歌ってたら、横をすいっと抜かれて(笑)笑われました…」すげー歌って欲しい。チラッと歌っただけでもエロカッコ良かった、全編ちゃんと歌って欲しい!((*´∀`))
アサミさん「でもちょっと声似てますもんね。」王子「ミゲル君に?」鼻さま「凄い歌上手いんだよね。」王子「(TMR)西川君とも出てるやん、CM…ロックバージョン。」あのCM一時期ものすごく沢山流れてた…(笑)。鼻さま「どんな歌だったっけ?」アサミさん「結構なんか…感動する歌詞なんですよね…」「ホント?!」王子「そうなの?!歌詞に注目してなかったけど…」アサミさん「何かじんわり来ます…(笑)」私が知る範囲(西川コラボバージョンのCM)では「消臭力」以外の歌詞は見当たらなかったが…。

「皆さん是非調べて聞いてみてください。」ということなので、エステーのサイト等でご確認を。

アサミさん「この番組は、夏はお土産があって嬉しいです。オエセル隊の提供でお送りします。」ということでオープニングはここまで。夏休み明けのお土産、しばらくおやつに困らなくて良いですね…!(*´m`)

そのまま本編突入。王子「それでは、コーナーに行きましょう!」リーダー「本日一発目はこれだ!!」ということで『必殺技魂』からスタートです。趣旨説明はアサミさん。投稿読みは姫でした。卒園アルバムを曝すというもの。いざ持ってくるとなると自分の過去も曝すことになるという代物らしい。
鼻さま「諸刃の剣だな!(笑)」王子「自分もね、確かに(笑)」「ちょっと可愛い…(笑)」アサミさん「卒園アルバムかぁ〜」「これ私は出せない!」王子「そんなに違うか?(笑)」アサミさん「私逆に全然変わらないです。」「じゃ、出せるタイプだよね〜リスク少ないもん。」王子「私もちゃんと女の子だった。」「リスキーだね、性別超えた…(笑)」王子、女の子だった、って何故か過去形ですけどね…(^^;)

鼻さま「オレはちゃんと可愛いよ?幼稚園までは可愛いよ!」アサミさん「え、背が低かったからですか?」鼻さま「低くはないけど…オレ赤ちゃんの頃の写真なんて見た日にゃ『キャ〜〜!』って」リーダー「恐怖で!」王子「赤ちゃんは(誰でも)可愛いよ(笑)」多分リーダーが正解(笑)。姫「鼻さま、いつから鼻さまになったの?(笑)」鼻さま「ナニ?!鼻さまになったのはファンタジック・チルドレンやってからだよ!(笑)」いや、多分鼻さまは中学生くらいから鼻さまだったと思う。鼻さまの基礎は既に中学生で出来上がっていたのだと思う!
アサミさん「浦田さんは変わらないですか?」リーダー「いや僕は…可愛らしいですよ。ちっちゃい頃に石原良純に似てるって…」鼻さま「ちっちゃい頃に良純さん!(笑)」王子「眉毛かな?」リーダー「眉毛太いし顔濃いしね。」鼻さま「ちっちゃい頃からうっとうしかった感じ?(笑)」リーダー「絶対何故か阪神帽かぶってた。」「結構(リーダーは)可愛いかもしれない…」確かにリーダーはちっちゃい頃可愛いかもしれない…何かこう、色々クッキリしてて(笑)。

「多分私が一番ヤバい。…あ、でも幼稚園はギリセーフ。一番危険なのは小学校2〜3年の歯も抜けてるし太ってるし、酷い状況(笑)」王子「見たい見たい!」「特にね、北海道旅行に行ってる時の写真が全滅なの!(笑)」王子「ぽっちゃり?」「ぽっちゃりどころじゃなくて、もうね…何だろ、こう…太りすぎて座るとパンツはいてないみたいな…」一同「ええー?!(´□`;)」姫、まさかの過去…!でも子供の頃に一旦太ってて、それから痩せた人って大人になっても太らないらしい。
鼻さま「マジで?!(笑)」「完全に肉が乗って…!」王子「そんなに?!(笑)」「ホントに酷い!」鼻さま「ぽっぺとか赤くなかった?」「ほっぺ赤いかなぁ〜?そうなのかもしれないけど、おなかが酷すぎて記憶に…しかも何故か横縞ばっかり着てるの…!」鼻さま「ぽっちゃりって横縞着たがるよね(笑)」「でね、ウシの絵柄のTシャツとか…買っちゃったの多分。完全に伸びてるの横に!」ううぅ…そうはならないように気をつけろ自分…!大きいサイズを買うとか!(そうじゃない。/笑)鼻さま「じゃあ次のPhotoこと魂で…」「ダメー!やめてーー!!」今現在の姫からは想像もできない過去があったのですね、とっても意外!
私は小さい頃から顔変わらず。母のコピーロボット(激似。/笑)すごくおとなしそう。というか実際大人しかった。今も大人しい。ついでに心も真っ白。腹は真っ黒だけれども(笑)。

ちょっと何のコーナーだか忘れちゃうくらい(私は忘れた。/笑)盛り上がってましたが、必殺技魂なので対抗する技があります。いわく、アニメで意外な展開が生じること。魔法少女のメインキャラがいきなり死んだりするらしい。まどかナントカっていうアニメの事だ多分。@ゲがタイアップ始めたんだよ確か(笑)。NHK_PRさんが時々「きゅうべえ」とかいうのと喋ってるんだ。
王子「子供向けではないよね?」アサミさん「そうそう。」鼻さま「第3話、早いな!」他にも、姫が出演していた番組の最終回で番組が放送されずにボートの映像?だった事もあるらしい。姫「局によって映像が違ったらしい…。」普通に放送事故?なの??

アサミさん「ドラゴンボールもそうですよね、悟空が宇宙人だなんて誰も知らなかった。」一同「あぁ〜!」アサミさん「あれもある意味、超展開。」明らかに人類じゃなさそうな緑色の人とかいたもんね〜。何でもアリだよね〜…(´`)
鼻さま「でもそこからまた話が広がったからそれはそれでいいんじゃない?超展開の場合って…(笑)」アサミさん「許せーん!みたいな?」鼻さま「ええぇ〜?!っていう感じのことが…」王子「まさか!」鼻さま「まさか!浦田さんが白人だった!!」王子「ビックリだ…!」サイキック攻略と世界戦の話数配分が明らかに間違っていたり、今まで散々頑張ったのに世界戦でポッと出の新キャラに2分で負けてみたりっていう事ですね、分かります。←執念深い。でもDVDBOX出してくれたら買う。お願いだから出して(笑)。
アサミさん「さちさんが女だったとか!(笑)」鼻さま「ぐあー!!それは超展開だっ!!誰にも予想できなかったー!!Σ(゚Д゚;)…そういうことですね。」何か一人で盛り上がっている鼻に釣られて『それはビックリだー!』と思ってしまった。間違えた…(;>Д<)

で、どっちが強い?というトコロを決めなくてはなりません。
アサミさん「でもこれ合わせ技で使えそうですよね。」王子「どう合わせる?(笑)」アサミさん「小さい頃の、実はこうだった、っていう。」鼻さま「あぁ〜、なるほど。」アサミさん「子供の頃実は宇宙人でした、とか(笑)」鼻さま「それは面白い。」「私はやっぱりアルバムの方が個人的ダメージが…(笑)」と、いうことでアルバムが勝ちとなりました。

「次のコーナーはこちら!」ということで続いて『Photoこと魂』です。趣旨説明はリーダーが担当。王子「今日はですね、この…鼻さまがカウンターにいて、私が…」アサミさん「絡んでる(笑)」「絡んでるね〜」鼻さま「完全に絡まれてる。完全にヤクザの顔(笑)」アサミさん「酔っ払い…すごい酔っ払いな感じですね。」王子「雰囲気に酔ってます、みたいな(笑)」アサミさん「お酒飲んでないのに…(笑)」元々の写真が結構面白いので、投稿ネタもかなりのハイクオリティに(笑)。ちょっと意外(?)だったのは、殆どの作品が王子の台詞を「女性設定」していたこと。私の中では完全にイケメンホスト設定だったので意外でした(笑)

アサミさん「何か色々面白かったです(笑)」その中でも一際皆さんの笑いを誘った(?)のが、女性客がバーのマスターに結婚を迫るというネタ。リーダー「さちさんに結婚という言葉を言わせた…」アサミさん「そうそう!(笑)しかも何か微妙に艶っぽい感じとかではなく、男らしい感じ!(笑)」鼻さま「外野が笑っちゃったもん(笑)」「笑いを求めてたよね!(笑)」ということで、すんなり大賞に決まっておりました。

更に続けては『お悩み魂』、趣旨説明を姫が行いまして投稿読みは王子が担当していました。いわく、二次元に興味がなくなってきたとの事。望ましいと言えば望ましいことなのかも(笑)。
が、アサミさんは「いけないです、ダメです!!危険です!!」と力説。王子「ダメなの?」アサミさん「ダメです!」鼻さま「いいんじゃないんですか?(笑)」アサミさん「ダメダメ!!二次元大事!!」鼻さま「悩むところではないような…(笑)」アサミさん「二次元は大事です!」王子「大事大事。」最終的にアサミさんは「私は二次元しか愛せません!!」とまで言い切る。リーダー「それはそれで問題あるんじゃないんですか…?」鼻さま「二次元しか!」アサミさん「二次元と2.5次元。」鼻さま「2.5次元…?」アサミさん「宝塚とか。」なるほど、2.5次元という呼び方をするのですな。アワ・シャイニングスターも恐らく2.5次元。(より2次元に近いから2.2次元くらいかもしれないけど。/笑)

王子「アサミちゃんとしてはじゃあ、二次元の女の子に対する興味が薄れてきてしまっていてっていうのは…え、二次元ってどこや?…何故今それを…?!(´□`;) これにはオエセル隊の皆さんも大爆笑。アサミさん「絵です、アニメとか!」鼻さま「そこからか!(笑)」アサミさん「3次元ウチらですよ。」鼻さま「このトリ二次元だこれ!」王子「そうだった(笑)」リーダー「このコーナー開始1分でオチましたよ…」「ビックリしたよ(笑)」鼻さま「『二次元てどこや?』(笑)」1次元は点、2次元が線、3次元は空間(立体?)らしい。4次元はドラえもんのポケット(笑)。

アサミさん「だって二次元に興味示さなかったら声優にも興味示さないじゃないですか!」王子「そうだそうだ。」アサミさん「アニメグッズとか買ってくれなかったら私達の職業はもう…」王子「アニメグッズ別にウチらには…(笑)」「全然入らない(笑)」鼻さま「1円も入ってこない(笑)」お金関係の突っ込み速い(笑)。が、アサミさんの言うのは音声関係含むグッズの事らしく。
アサミさん「DVDとかCDとか、そういうの買ってくれないと困っちゃいます。」王子「オエセル隊も通販やってますからね!」「でもオエセル隊が売ってるのは3次元じゃない…?(笑)」アサミさん「ま、2.5次元くらい。」鼻さま「お面とかだから…」王子「お面?!」鼻さま「お面は売ってない(笑)」アサミさん「売ってない売ってない(笑)」鼻さま「キモいお面とか(笑)」売ってたら面白いけれども(笑)。2次元製品を開発(?)するとしたら、オリジナルのCDドラマとかでしょうか…。

王子「必要やもんね、生きていくのに。」アサミさん「そうです!『萌え』は大事です!!」大事ですね、半パンとか(違)。姫「でも3次元行って、2次元だけじゃなく幅が広がって…」アサミさん「そうそう、広がればいいです。でも3次元しか興味がなくなったら私達見向きもされないです。」鼻さま「大丈夫、ちゃんとね、波があるから。」王子「波が(笑)」鼻さま「昨日までは2次元だったけど、朝起きたら急に3次元しか興味がなくなって…」「あ、そう?」王子「そんなに?!」鼻さま「また何か一週間ぐらいすると2次元に戻ってきたりとか…」王子「体験談?」鼻さま「体験談。」「ああ、そうなんだー?」鼻さま「全然体験談。」「じゃ、今そういう時期なんだねー。」妙に説得力のある鼻さま体験談。
鼻さま「何かこう…興奮の度合いが違うよね。…何の話ー?!(#゚Д゚)何の話ー?!(笑)王子「その話でしたか!」「そっち?そっちか!!あ、じゃあ多分(投稿者も)大丈夫!!」王子「一週間後に試してみて!」「解決しましたねー!」アサミさん「いいのかな…?(笑)」どんな方向性であれ、楽しいと思えれば(笑)それはそれで良いのだと思われます。ネズミーマウス(2.2次元)も好きだし、小さいオジサン(2.5次元)のライブにも行く中でユスフ萌え(2次元)は外せないワケであります!(鼻息)

今週の1曲は姫のミニアルバムからでした。

CMに続いて『なりきり魂』はくじ引きバージョン。全員リクエストネタだった模様です。リーダー「ポンコツロボット」若干猫型ロボット風に聞こえるのは気のせいか(笑)。アサミさん「突然大声で話出す人!」「オペラ風で話す人〜♪」王子「私は、歯にモノが挟まってスースーしてる人。」「これ分かりにくくない?」「挟まってる〜♪」王子の課題は分かりづらそうだけど、一番喋れそう(笑)。そして鼻さまが「ゆ〜〜〜っくり話す人〜〜」でした。鼻さまに不安を覚える(笑)。アサミさん「遅い!!」王子「イライラする!(笑)」もうこの時点で大混乱なのですが(笑)今回はこのまま『作文魂』を実施する模様です。どんだけチャレンジャーなのか(笑)

お題は鼻さまの実家でお蕎麦屋さんの『やまいちや』だそうです。
フリを王子が担当して、姫が読み上げるのですが…オペラ風ものすごい(笑)。むしろネタの内容より姫の読み方に気が行ってしまう…(笑)一文字分読むごとに笑いが起きています。アサミさん「すごい、すごい!!!(大拍手)」そして2つ目の投稿はそのアサミさんが読むのを担当。普通テンションと大声バージョンが交互に来ます(笑)。姫「うるさ〜い♪」リーダー「煩い…死ねっ死ねっ(←壊れて同じこと言っちゃうらしい。酷い。/笑)」むしろ普通テンションの時がちょっと可愛いかったけど!((*´∀`))

いつにないカオス感満載のまま『なりきり魂』が終了してエンディング。

出演情報は大体既出の通り…だったかな。王子はペン問とCLOCK ZERO(発売日10/13に変更)と10月、11月のライブについて。リーダーはいつものCM以外に映画館でも何か流れるらしい。

今週のアレな人は冒頭で投稿を読まれていた、ファンチルOA当時小学生だった人。そりゃー私も年をとるはずだよ…(´`)

で、今回はファンチルネタが出てきたのでちょっとスペシャルバージョンです。

タルラント「次も聞かないと…ワンダー!!!」ハスモダイ「僕は…ここにいてはいけないだろうか…」アギ「そんなことはどーでもいい!!」←何か順序的に酷い感じがする(笑)。鼻スマ「甘ったれるな!!」←この順序でもハスモダイに言っている気がしてならない。へし折りたい(笑)。ヘルガ「この番組は、ファンタジックチルドレンの提供でお送りしました。」←ちゃんと締めてくれた(笑)

X Home X

inserted by FC2 system