ラジオ☆真・オエセル魂!! 感想文SP

X Home X

番外編「出張!世田谷中〜!!」(2012/02/03UPDATE)

王子とアサミさんが講演に行ったそうです。イマドキの都会の中学校ってのは凄いですねー。声優さん呼んで講演とかしちゃうんですねー…(´`) 昭和の埼玉ではありえない事です(笑)

「パーソナリティは、最近ハミガキをしている最中に『おえっ!』となる松本さちと」「オヤジくさいですよ…(笑)最近というか、中学時代は病弱で教室の片隅にいるような美少女だった矢口アサミと」王子「そして世田谷中学の皆さーん!!」公開録音です、いやー、恵まれた学校ですな!世田谷スゲーな!(笑)
王子「ということで世田谷中学にお邪魔してますよ、初めての試みですよね。」アサミさん「講演会ということで私とさちさんが出させていただいて…ついでにラジオもやっちゃおうと(笑)」王子「そうなんです(笑)」番外編ということで短めの時間設定ですが、BGMもナマな感じでお送りするみたいです。

アサミさん「この番組は、世田谷区立世田谷中学校の提供でお送りいたします。」

本編まず始めは『お答え魂』ということで、アサミさん「このコーナーは、世田谷中学校の皆さんから頂いた質問に私達がお答えするというコーナーです。」王子「アンケートで面白い質問を頂きましてですね…」お二人が色々な質問に答えて行きます。

1:声優さんになったのはどうして?

王子「アサミちゃんはどうして?」アサミさん「私は言ってた通り病弱だったので…誰も信じてくれないんですけど病弱だったので!!←大事な事は2回言う(笑)。アサミさん「幼稚園とかをしょっちゅう休んでたんですけど、『お母さんといっしょ』っていうNHKの着ぐるみの番組があって、その番組が大好きで声を使う仕事をやって休んでる子供たちに元気を与えたいな、って思ったんです。」何て立派なココロザシ…(゜дÅ)ホロリ
王子「おおー、いいね!私はですね、小さい頃から人の前で何かをやるっていうのが凄く好きだったんです。歌を歌ったりとか、国語の時間だったら本読みアテられてちょっと頑張っちゃったりとかね。で、中学2年生の時に…年バレますけど(笑)『天空の城ラピュタ』っていうのを映画館でやってたんですよ。初めて自分のお金で見に行った映画で、初めて自分のお金でパンフレットを買った映画なんですね。パンフレットを買ってキャストっていうところを見たら、主人公の男の子のパズーっていう役を田中真弓さんがやられてたんですよ。今も第一線で活躍されているルフィ役の…それにショックを受けたんですよ。『え、女の人がやってるの?』」アサミさん「男の子を。」王子「男の子だって思ってみてるから…女の人がやってるんだ、っていうのにすごいショックを受けて『私もやりたい!』っていう方向に行ったんですね。」ホントにね、この世の中にお母さんがルフィだっていう少年がいるんだから羨ましい…(確か息子さんいらっしゃいましたよね…?)

2:声優さんになるにはどうしたら?

アサミさん「どうしてました?」王子「これね、よく聞かれる…」アサミさん「聞かれるんですよね。」王子「ただね、声優になりたい!ってなる人もいるし、舞台をやっててこっちに来ちゃったみたいな…いつの間にか声の仕事も、っていうのもあるし…一概には言えないんですよね。こうやってこうすれば声優になれるよっていうのが…」アサミさん「資格とかないですからね。」王子「ま、自称声優っていう人も…(笑)」アサミさん「沢山ね(笑)」ネットワーク上には特に沢山…(総人口で言ったらコスプレイヤーより多そうだ。/笑)

王子「アサミちゃんの場合は養成所?」アサミさん「はい、専門学校に行って2年間勉強して、それから養成所で何年間か勉強して…やっと…こんなになりました…」王子「私もやっぱり『声優になりたい』って思って養成所に行ったなので、事務所が経営している養成所に通って…で、その時は男の子をやる人があまりいなかったのね、事務所自体に。っていうのもあって、事務所のマネージャーさんがチラッと養成所を見に来た時があって、仕事を与えてみようかなって思われたみたいで…そこからオーディション貰ったりとか仕事貰ったりとか。」誰かの目にとまる、とかホントにあるんですね…!何かカッコイイ!
アサミさん「デビュー早かったんですね。」王子「早かったです!ホントに。ハタチの時に京都から東京に出てきて、デビューは21でした。」アサミさん「早いですね!私デビューいくつだろう?24とか5とか…」王子「まだまだ、まだまだ若いよ(笑)」アサミさん「ハイ(笑)」ちなみにアサミさんは永遠の25歳。デビューしたてのぴっちぴち(笑)

王子「そんな感じでしたねー。だから、どうしたらいいでしょうか?っていうのも一概に言えない…」アサミさん「まず諦めないことと…その気持ちを長く、例えばさちさんみたいにデビューが早い人もいれば私みたいに遅い人もいるから、遅くてもいつかなれるって思って…」王子「そうだね、継続は力なりという諺もございますし。…でもまぁ引き際も大切っていうのもありますけどね(笑)ちょっと難しいところですけどね…」一般的な会社員を生業としている者から言わせていただくと…引き際の方が大切。中学生くらいの子には特にそう言っておきたい(笑)

3:(声優志望の生徒さんから)中学のうちにやらなければならないこと

王子「ホントに中学生でないと体験できないことっていっぱいあるからね。」アサミさん「勉強とか遊びとか…」王子「仲間達とか、部活だったりとか…やっぱり演技って日頃の自分が出るんですよ。」アサミさん「出ますね。」王子「だから、浅い経験しかしてないと浅い演技しか出来ないんです。ホントに如実に分かるので…色んな経験を積んで欲しいと思います。そしたら色んな引き出しが出来て、感情も声に乗せて出せるようになるから。」アサミさん「あと、中学の3年間っていうのは絶対に取り戻せない時間なのでその3年間を思いっきり楽しんで欲しいです。」王子「何事にも一生懸命に、楽しむのが一番だね。」声優さんになるだけでなく、広く一般的に「オトナ」になるためには学生時代というのがとても大切です。特別なことをするのではなく、【普通の学生生活】を送ることがとても大切。
スポーツ選手でも芸能人でも、才能があるばかりで敬語も使えないとなるとやはり長持ちしません。【中学生のうちに】やっておかなくてはならない事、野球選手になるにも声優さんになるにも会社員になるにも総理大臣になるにも…もしかしたら【尊敬語・謙譲語・丁寧語】を美しく使い分けること、かもしれません。(少なくとも私はそう思います…皆さん日本語があまりにも不自由。英語の方が得意なら英語の会社に行ってくれたまえ。/笑)

4:(「3」と同じ人から)自分がやってしまったミス

王子「仕事をやっていく上でね、やってしまったミスね…」アサミさん「ありますか?」王子「まぁ、台詞トチるとか…そういうのは皆さんあるっていう感じなんだけど、私が一番『うっわ、すっげーミスしちゃった!』っていうのは収録の前に鼻声だったんですね、風邪ひきかけっていうか…鼻だけが詰まって、それで薬局に行って鼻炎の薬…鼻づまりに効くっていう薬を買って飲んで収録に行ったんです。そしたらその薬がすごく効く薬だったらしく…ま、普段薬飲まないっていうのもあるんですけど。凄く効いて…ノドから鼻からの水分が全部なくなっちゃったの。」アサミさん「ハナミズは止まったけども。」鼻炎の薬って飲んだことないんですけど、のどが渇いたり目が乾いたりするらしいですね。要は「ハナミズを止める」のではなく「身体からの水分の分泌を止める」みたい。何か怖い(笑)

王子「そう、鼻だけは止まった!みたいな。あと声がガビガビになって声が出なくなっちゃったの」アサミさん「え、出なくなっちゃった?」王子「ホント、カッスカスっていうか…っていう状態になっちゃってAパートBパート…CM挟んでAパートBパートっていうんですけど、Aパートだけガビガビの声で録って、Bパートは翌週に回されました(苦笑)『もう帰れ』って言われて」アサミさん「そのまま帰っちゃったんですね。」王子「そんな迷惑を皆さんにかけちゃったりしたので、薬は気をつけた方がいいです(笑)市販がダメってわけじゃなくて、自分に合う薬をちゃんと見つけた方がいい。」とりあえず会社のデスクに座れれば何とかなる仕事とは違いますから、大変です…。ちなみにコールセンター業務はどんなにガラガラでも大丈夫です。(←むしろ慢性的な人手不足なので出ろと言われる。/笑)

5:声を出しすぎて枯れませんか?枯れた時はどうする?

王子「そうだね…役にもよるけど、ずっと張りっぱなしの役とかだとね…」アサミさん「私とあるゲームで、すごい低い声でずっと張りっていうか…怒鳴ってるような役があって…その時は終わった後に『お疲れ様でした』みたいな凄い低い声になっちゃって…」王子「低い声の役ならいいけど(笑)」アサミさん「オカマみたいな声になっちゃって、次の日すぐ病院行きました。」王子「そうだね、一番は…枯れた場合は病院に行くっていうね。」アサミさん「声優さんて内科じゃなくて耳鼻科に行くんですね。」王子「そうそう、風邪ひいてもね。」アサミさん「耳鼻咽喉科ってノドの方も見てくれるので、必ず主治医というか、そういうのを探します。」王子「声が出ない!って時でも注射で何とかしてくれるっていうお医者さんもいたり。ちゃんと見つけたりすればいいかな、と。」注射で何とかしてくれるって…芸能人御用達みたいなアレか。(時々テレビでやってたりする。)

6:食べるシーンや泣くシーンは本当にやっているのですか?

王子「これ…泣くシーンは泣いちゃったりもするよね。」アサミさん「ホントに泣いちゃいますね。さっきの雪ぱっちのシーンはホントにスタジオでボロボロ泣いてました。何回も何回もやってるのに何回も何回も涙が出てくるんですよ。」王子「次のシーンの芝居に影響がなければ。」アサミさん「ない程度に…(前述のシーンは)最後だったので…」王子「じゃあ、思いっきりできるね。感情が高ぶりすぎても伝えるところまで行かなかったらダメなので…プロの世界というのは。だから、感情をコントロールするのも大事。食べるシーンは…あんまり食べないねこれは(笑)」アサミさん「昔うがいをしてるシーンがあって、実際にうがいをやって下さいって言われてやってた人がいました。」王子「でもそうだよね、自分でどうやって音出したらいいんやろ、みたいな時は実際にやってみるのが。お茶飲む音とかもね、マイク前でお茶飲んでる方もいらっしゃいます。自分なりの方法だね。」アサミさん「次のシーンにこれも差し支えないように(笑)」王子が『夜桜四重奏』のしなっちゃんで実際にタバコくわえながら喋った、っていうエピソードにはすげー萌えた。一人で何時間でも妄想できる感じだった(やめとけ自分。/笑)

7:子供の頃の将来の夢は?」

アサミさん「将来の夢…」王子「子供の頃、夢どうやった?」アサミさん「私カメラマンとか…中学の時は真面目にやろう思って看護師になるのが夢でした。でも高校卒業してから何故か声優目指しちゃってお母さんごめんなさい、みたいな…(笑)」王子「私は漫画家とピアニストと歌手になりたかったんです。やっぱり自分から発信するものっていうか表現するもの…そっち系ばっかりでしたね。夢は多く持った方がいいですよ。」私は天才ハッカーかNASAのオペレーター(天文学者っていうのもあった。)割と早めに現実に気が付いた。引き際が肝心(笑)

8:(先生から)声優になれると確信した時は?

王子「これはさっきも言いましたけど、信じて疑わなかったですね。絶対なれるってすごい…心を持ってました。若気の至り?(笑)若いときはね、よく分からない自信を持ってるものなんです。世間を知らないからね、自分の上がこんなにいるんだ!って知らない時ってちょっと調子に乗ってたりするじゃないですか。そういう時を経て、へこまされへこまされそして今がある、みたいな(笑)打たれ強くなりましたよ。」アサミさん「私確信持てたの声優になってからです。」王子「私今声優?みたいな(笑)」←そんな…(笑)
アサミさん「何かサイン書いて『あ、声優さんになってる!』」王子「初めてサインをねだられると凄い嬉しいよね。」初めてサイン貰えた時の私はもっと嬉しかった(笑)

9:(「8」と同じ先生から)声優だからこそやってはいけないこと、というのはあるか?

アサミさん「声に関してはお酒を飲んでる方もタバコを吸ってる方も沢山いらっしゃるので、そこまでこれはダメっていうのはないんですけど『たまごっち』とか『ペンギンの問題』みたいに子供が見ている番組をやっているので、ルール違反な事はしちゃいけないっていうか…電車の中で携帯電話で喋るとか、社会のルール的なモノを模範的に守るみたいなのは心がけてます。」王子「歌のお兄さんお姉さんもそういうこと言われるっていうね。」夢を売る商売ですからな!ネズミーマウスが飲酒運転とか、あってはならないのだ!(´θ`)ノ

10:声優をやっていて一番難しかった台詞。

王子「声優をやっていて一番難しかった台詞。」アサミさん「やたら長い台詞とか…普段くちぱっちみたいに『だっち』しか言わないキャラが多かったので…すごく説明台詞とかページいっぱい読むとか…そういうのがあると難しいなー、と。」王子は何故か説明役が多い(当社統計による。)ので長い台詞には慣れてそう。必殺技もいっぱいあるから大丈夫そう…。やはり、「オエセルの輝度、158スチルブ!」だろうか…(この前の企画でも一人だけ言えてたけどな…。/笑)

11:充実してますか?

アサミさん「してますか?」王子「してますね!やっぱり好きな仕事を選んで好きな仕事に就いてそれをやってる、とても充実しています」アサミさん「私もしてます!」数学も物理も英語も苦手だって気が付いてハッカーとNASAを諦め(笑)金儲けのため、と割り切って会社員になったとしても、その分趣味を充実させればそこそこ楽しいですよ!

続いて『お願い魂』ということで生徒さんからリクエストされた台詞を次々言っていくコーナーです。

有名なキャラでの有名な台詞、というリクエストに王子は何を出すのかと思ったら、ゼルダだった。確かにとても有名。「でやー!!!!」という掛け声(?)だったので、ヒカリアンのウエストとか、ベイバトル中のユスフ的な妄想に持って行ってもウキウキできます。(私はウキウキしました。/笑)
アサミさんはくちぱっちの「おなかすいただっちー!」っていうのを言ってました。色々なリクエストをこなしていたお二人ですが、王子に「消臭力の歌を歌って欲しい」とリクエストした子偉い!超偉い!グッジョブ!!!(≧▽≦)b ウッカリ念願叶って王子の「消臭力」を聞くことが出来た。やっぱり凄くカッコイイ。ラジオ聞いてる分には生徒さんたちの声ってそんなに入って来ないんだけど、王子が歌い終わったあとのどよめきが凄かった(笑)どうだ、参ったか!(←何となく言ってみたかっただけ、ごめんなさいごめんなさい。)
このリクエストを出した生徒さんにはその功を讃えてネズミの国へご招待してあげたいです(笑)

お時間の制約もあり、手早くエンディングへ。恒例である「本日のアレな人」には今回1/14プラネイベントのCDがサイン入りでプレゼントされたようです。選ばれた方、おめでとうございました。

番組告知を挟んで、王子「通常放送も聞かないとぶっ飛ばすぞー!!」←これ普段なかなか王子やらない(でも初めてではない)ので貴重。

アサミさん「この番組は、世田谷区立世田谷中学校校長、●●先生の提供でお送りしました。」←一応個人名は伏せさせて頂きますね〜。

X Home X

inserted by FC2 system