ラジオ☆真・オエセル魂!! 感想文59

X Home X

第59回「みんなのアイドルだよ☆ハハッ!」(2012/06/29UPDATE)

出だしは「アレなもの」を貰ったという方から。アサミさんとリーダーの遠近法がオカシなことになっているらしい。王子「真実は…?」アサミさん「いつも一つっ!!」リーダー「ハリウッドの技術です…(´ `)」きっとCGに違いない。

「パーソナリティは、最近ちょっと…ずっと眠たい松本さちと」「最近ちょっと執事喫茶に行き過ぎな(笑)矢口アサミと」「最近ちょっと、見えない所がポッチャリ気味な高口幸子と」「最近この間アサミちゃんとカラオケに行って『水のまどろみ』歌わされて凹んだ」アギ、そんな4名様でございます。引き続き鼻さまと姫がお休み。

王子「そうそう、この間ね、ツイッターでアサミちゃんが浦田さんと…何だっけ?ボカロのカラオケに行ってます!みたいなツイートしてて…」リーダー「ウチのヘンテコ後輩二人連れて…」アサミさん「私以外は全員アクセントさんっていう…(笑)」リーダー「事務所の壁を越えて…」ゆっこさん「で、歌わされた…」リーダー「歌わされましたね。」アサミさん「早々にボカロの曲がなくなり…マニアックな曲に行って『オレ歌うものがねぇよー!』ってなったから、『じゃあアギ歌ってよアギ!』って言ったら『嫌だ!』って言うけど、私が無理矢理…」王子「もう流れたら歌うようになってんねや(笑)」リーダー「悲しいけれど、身体が覚えていた。」アサミさん「キーを、歌いやすく二つ下げて。ハイどうぞ!って(笑)」…あのとき殴られた借りを今ここで返すタルラント。いいぞもっとやれ!(笑)そして私も最近ボカロの曲というモノに対する知識が増えてきた。『千本桜』『マトリョシカ』『カゲロウデイズ』なんかが好きかなー…うん、ボカロ本人(?)が歌ってるバージョンは聞いたことがないけど(邪道でスイマセン…。/笑)

王子「本編ではそのままのキーで歌ってたよね?」リーダー「そうですよ!しかも錚々たるメンバーの前で歌わされてます!」王子「そうそう、震える声で。」アサミさん「やっぱり感動しました、実際にアギが歌ってると思うと…あの頃が蘇る、みたいな…」王子「7年前が…」ゆっこさん「良い曲だし。」アサミさん「若かったな二人とも、みたいな(笑)」リーダー「若かったねー」王子「若かった!(笑)」ゆっこさん「え、7年前?」王子「もっと?」ゆっこさん「もっとじゃない…?」王子「2004年とか5年とか…」一同「うわー!」リーダー「オレ可愛がられてたなー、事務所に…」王子「私も若々しかったし(笑)」ゆっこさん「懐かしいな〜」アサミさん「私サルみたいでした(笑)」ゆっこさん「20代だった…」王子「アサミちゃん可愛らしかった(笑)」アサミさん「野山を駆け回っている…」王子「初めまして…プルプルしながら…」アサミさん「矢口アサミですぅ〜…」←若干虫っぽい(笑)。ゆっこさん「そんなんじゃなかったけど(笑)」王子「貫禄はあったよね(笑)」ゆっこさん「あった!(笑)」アサミさん「みたいです、無駄な貫禄が…」皆さん若かった、そして私も若かった。でも追い越したり追い越されたりがないから安心(笑)

アサミさん「この番組は、浦田優『水のまどろみ』を歌う。矢口アサミ、ちょっぴり感動…の提供でお送り致します。」むしろいつかのイベントで生アテレコがあった時の、「今日はすこぶる調子が良い!」みたいなアギが好きだったな(笑)

最初は『必殺技魂』、趣旨説明をアサミさんが担当したのですが…。王子「またアサミちゃん『必殺を』ってなってたよ(笑)必殺『技』!(笑)」アサミさん「技です、すいません…(;´Д`)」←やっぱり虫っぽい(笑)。一つ目の投稿は王子が読み担当、肉の半額セールで肉好きを足止めするとか。
アサミさん「これオエセル隊崩壊しますね。リーダー不在になります…」王子「肉好き多いよ!(笑)」アサミさん「さちさんが『肉買いに行くから!』って(笑)」殆ど致命傷ですな…!(笑)

コレに対してもう一つの投稿はリーダーが読み担当。給料日前は財布が寂しいという、社会人にありがちな現象。
アサミさん「コレは分かりますね。」王子「何かね、財布の中には一万円は入れておいた方が良いとかって言うよね。風水的なことで…風水と言うか、ゲン担ぎかもしれないけど」一同「へぇー!」王子「その方がお金が溜まるとかって聞いたよ!」ゆっこさん「諭吉先生を、常に…」私も基本的に諭吉先生を必ず一人連れて歩くようにしています。…何となく、何かあった時に困ると思って…。諭吉先生がいれば急にネズミの国へ帰りたくなっても行けるからね!(まだ年パスホルダーではないのです。/笑)

どちらが強いかという話になりますと…リーダーはお金がないと始まらない、ということで諭吉先生押しでしたが、アサミさん「豚肉もですもんね…」王子「鶏肉もあってくれたら…」アサミさん「あ、鶏肉あったらいいですねー!」ゆっこさん「嬉しい…!」王子「鶏肉大好き。」ということで、肉の魅力で前者が勝利となりました。

続いて『photoこと魂』、趣旨説明はリーダーです。王子「今回は、浦田君がカメラマンで私を写してくれているという…」ゆっこさん「怪しげな…」あの角度から何を撮りたいのかよく分かりませんけれども(笑)色々面白いことになりそうです。

1つ目の投稿は割と定番(?)風ですが、王子がスカートという設定らしい。リーダー「これは…色んな時空時間があってもまずないですね!」アサミさん「時空時間…どういう…?」リーダー「パラレルワールド」王子「色んなパラレルワールドがあっても、」リーダー「これはまずない!(笑)」王子は『CLOCK ZERO』やってるからパラレル設定とか強いご様子(笑)
ゆっこさん「ありえない…」リーダー「ありえない。」ゆっこさん「見たいなぁ〜…」王子「スカートなさちさん(笑)」リーダー「見たことないですね。」アサミさん「ありますよね、何か一回bonzoで見ませんでした?」ゆっこさん「あ、そうだ女装…!」王子「おいおい、待て待て!(笑)」←このイケメン台詞からして「女装」で合ってる気がする(笑)。
アサミさん「問題発言出ました!(笑)」王子「女装じゃない!(笑)そう、『オエセル隊が行く!』で変身しよう!みたいな…」リーダー「あ、そーなんだ。」ゆっこさん「キレイなおみ足を拝見しました。」王子「ゆっこちゃんと志穂ちゃんのね、洋服を借りて。」ゆっこさん「更にメイクまで…」王子「やってもらって。」ゆっこさん「女の子メイクで…」リーダー「その企画って…スゴイ決断力が必要な…(笑)」ゆっこさん「何で何で、どうしてー?」王子「面白がってやってたよ(笑)」アサミさん「ご本人が出した案じゃなかったでしたっけ…?」王子「そうそう(笑)私をキレイにしてみなさいよ!みたいな。」ゆっこさんと姫の服を借りたっていうのがスゴイ。私絶対入らない。無理矢理来て息吸った瞬間「ブチィ!!」ってやっていいなら良いけど…(笑)

2つ目は「踏んでください」的なネタ。王子「Mな人だね(笑)」リーダー「僕は別に、Mではない。」アサミさん「あぁ〜…」王子「Sなの?」リーダー「痛いもんね、踏まれると。」王子「痛いね。それを気持ち良いとは思わないの?」リーダー「思わない、殺意が芽生える(笑)」アサミさん「健全な気がします(笑)」ホントに足踏まれて爪割れると痛すぎて殺意どころじゃなかったよ…(笑)←ピンヒールのオバチャンの全体重を足の親指一つで受け止めてみました(笑)皆も気をつけようね!(;´Д`)

3つ目は全体的に外人風。アサミさん「最初、若本さんかと思った…(笑)」セルとかアナゴさんの中の人(笑)。リーダー「こっからは課金制ですよね。ここから先は。」王子「課金制(笑)」シュールですね。課金システム恐ろしいですからね…!大人なら自分で稼いだ金だから突っ込むも突っ込まないも本人の匙加減一つだけど(笑)子供に手を出させるのは危険だ。それにしても…企業の責任より親の責任の方が重くはないのかね?ちょっと不思議な気分。

4つ目、私的にはコレが一番好きだった。ベア様の乙女心ですよ!(笑)ゆっこさん「ベアさんにも好きな男の子がいるんですかねー(笑)」王子「いるってことだねー!」アサミさん「好きなクマですよ(笑)」ベア様「アタイだって女なんだよ!!」ゆっこさん「見たーい、恋するベアさん」まさかあのクマキャラがここまで確立された何かになるとはなぁ…!ベアを考えた人が知ったら感動しそうだ(笑)

最後はとあるアニメに絡めたもの。ゆっこさん「これは某アニメの…」王子「イー、ブイ、エーってヤツでね」ゆっこさん「有名な…」アサミさん「ああぁー!はいはい!!」王子「有名なシーンだと思う。」アサミさん「あ、綾波…」王子「レイが、そうそう。で、シンジが『笑えばいいと思うよ』って言うんだよね。」ゆっこさん「笑われれば…これ面白いですね。」リーダー「僕見たことないんですけど。」アサミさん「私も見たことないです。」リーダー「台詞だけは何故か…」王子「このシーンはね、知ってる私も。」ゆっこさん「良いシーンですね。」見たことないからよく分からないけれども…良いシーンだったらしい。

ということで今回の大賞は、ベアも良かったけど…と言われつつの某アニメネタ。

ゆっこさん「一生懸命、綾波レイに寄せてるさちさんが可愛い…!」王子「寄せてみた!(笑)」アサミさん「似てる気がします(笑)」王子が全力で寄せに行った(笑)大賞作品はぜひラジオにて!

更に『お悩み魂』、趣旨説明は王子です。投稿読みはリーダー。鼻さまがお笑いの人に似てる?というもの。リーダー「2700ご存知ですか?」王子「右ひじ、左ひじ、ってやつ?」リーダー「そうそう。」アサミさん「Gジャンのベストみたいの着てる人ですよね。」王子「そうそう、半パンで!」アサミさん「無駄に暑苦しい…」多分…おはコロにも出てるんじゃないかな…?(「ペン問」をチェックしてると出てくる人のような…)でも顔は覚えてない(笑)
リーダー「確かに作りは一緒ですね。」王子「顔の?」リーダー「顔のつくりは。」アサミさん「デカイ…」リーダー「デカイし(笑)鼻が…」王子「鼻が尖ってるのかな?」アサミさん「今度あの格好してもらいましょうか、どのくらい似てるか(笑)」王子「そうだね。鼻さまでもお笑いで似てる人ばっかりやね、アンガールズの田中さんとか。田中さんはもう声まで似てるから…」アサミさん「似てますよね。あれファンチルの頃から言われてましたよね?」王子「言われてた。ゲオルカ様が言い出してん。アサミさん「そうだゲオルカ様が!!(笑)」王子「言い出したのよ(笑)」アサミさん「あの人さぁ…って、本番中じゃないけど…割と静かにしなくちゃいけない時に…」王子「そうそう、ヒソッと言ってて(笑)ホントだー!みたいな。」ゲオルカ様…イイ人だったんだ…!(゜дÅ)ホロリ

ゆっこさん「私も未だに田中さんのイメージで…」王子「手足長いしね!」アサミさん「一部の方からはイケメン!って…」王子「え?!」アサミさん「言われてますよ。」王子「誰一部って…?!」ゆっこさん「どのあたりの…?」アサミさん「私の周りの一部の方からは…」王子「誰だよっ?!」←思いのほか問い詰める(笑)。アサミさん「知り合いの…方からは。イケメンって…」王子「イケメン?」リーダー&王子「えええぇぇ〜〜〜?!Σ( ̄ロ ̄lll)」ゆっこさん「はらさわさん聞いてたら喜びと怒りと…(笑)」王子「お前ら!って言いそう(笑)」アサミさん「怒りと喜びと悲しみが…(笑)」王子「悲しみ!(笑)」リーダー「色んな専門家っているじゃないですか、フェチというか。」アサミさん「長身フェチなんですよ!」ゆっこさん「それって背が高ければ良いですか?(笑)」ま、長身フェチかどうかは置いといて(笑)ホント人の好みってそれぞれですよね…。

王子「でもまぁ、はらさわ君はオシャレでもあるし見た目スマートでもあるんだよね。」リーダー「確かに黙ってればソコソコ良い男かもしれない。喋るとおじいちゃん(笑)」アサミさん「私…あれで黙ってると正直苦手なタイプ…」一同「(爆笑)」リーダー「どういうこと?(笑)」アサミさん「怖そう!っていう…背が高いしちょっと目つきも鋭い感じだし…怖そう…」リーダー「飲んでるとき言ってたもんね、矢口さんはらさわさん嫌いって(笑)」アサミさん「言ってないですよ!(笑)」ゆっこさん「だからタメ口?(笑)」アサミさん「見た目、苦手だって言うのはファンチルの時から『わー、おっきそうで怖そうな人、声低いし…』」王子「おっきそう?(笑)」アサミさん「おっきいです(笑)」リーダー「アサミちゃんが小さいから捕食されてしまう(笑)」アサミさん「ヒースマだし怖いよぅ…(;>Д<) って思ってたんですけど」王子「役のイメージが(笑)」確かにヒースマのイメージしか無い状態で中の人を見た時は気さくすぎて驚いた。ヒースマを騙る偽者なのかと思った(笑)。

アサミさん「そしたら、アサミちゃんゴハン食べに行く?って」王子「一番に誘ってくれたんだね。」アサミさん「そうなんです、スゴイ良い人だなぁ!って…」王子「良い人なんだよね(笑)」リーダー「あの人天然で良い人ですよ。」ゆっこさん「うん、すごく。」王子「ホントに気の良い…どーん!って怒ってたとしても後腐れがない(笑)」リーダー「もう怒ったからいいや、みたいな(笑)」ゆっこさん「ピュアだし(笑)」王子「ピュア。で、『ココこうやでキミ!』って言うと『ゴメン…』って言うし(笑)」アサミさん「素直(笑)」王子「素直に謝ってくれる(笑)イイ人だよ(笑)」アサミさん「オシャレだし(笑)」王子「鼻さまを褒める会になってしまった(笑)」ゆっこさん「散々けなした後に(笑)」アサミさん「今度、その格好してもらって…」王子「そうだね。」ゆっこさん「写真撮って。」アサミさん「photoこと魂で…!(笑)」ゆっこさん「あ、良いですねー!」王子「やりたいね!」ゆっこさん「浦田さんがアレやると何かスギちゃんになっちゃう…」リーダー「ならないよ!!」アサミさん「スギちゃん…!!!(笑)」王子「ワイルドだろぉ〜?」アサミさん「二人合わせて写真撮りたい…!」そうなるとどうもリーダーのスギちゃんに全部持ってかれそうな気がするなぁ…(笑)

王子「ロッチの人の髪型…あの…中岡くん?」アサミさん「メガネの人の。」リーダー「普通だと思うんですけどね〜…ちっちゃい頃、石原良純に似てるって言われました。」アサミさん「前にテレビでエチオピアの特集をやってて、エチオピア人が出てきたんですけど皆浦田さんに似てて…!(笑)」リーダー「アサミちゃんここ出てく?」アサミさん「スタジオのドア開けないで下さい!(笑)」王子「え、エジプト人じゃないねや(笑)」アサミさん「エチオピアでした。でもエチオピアの人って美人が多いんですよ。」王子「お!褒めてるよこれ!」リーダー「褒められてんのこれ?」アサミさん「ハイ、褒めてます!」リーダー「確かに昔、高校時代に『お前目はアラビア美人やな』って(笑)」ゆっこさん「ホントね、キレイな…目力もすごいし…」王子「良いもの持ってんのにね。パーツとして。」アサミさん「声も良いし(笑)」そうだ、ホントにそうだよ…!(声がカッコイイって忘れてた。/笑)
リーダー「サッカーで言ったら、一人ひとりがロナウドとかそういう選手なのにチームワークがないって言われました(笑)」王子「顔の!(笑)」アサミさん「顔ってチームワークなんですか(笑)」リーダー「統率が取れてない。」王子「なるほど…!(笑)何かスゴイよく分かる…」ゆっこさん「惜しい…監督替えれば良いんじゃないですか?(笑)」王子「采配をね(笑)」リーダー「サラリと厳しいこと言った…」さすがゆっこさん、サッカーに絡めたナイスコメント!(ヒドいけど。/笑)

お悩みは解決したのか…?と微妙な感じでしたが、楽しかったのできっと大丈夫!

今週の1曲はオエセルJAPANのへいなーの曲『たとえ夜空の星が消え去ろうと、ボクは永遠にキミを愛す』でした。確かソランイメージの曲だとか。いやもう私はそういう男絶対無理(笑)ホントすいません…orz

『なりきり魂』はクジ引きバージョンです。アサミさん「じゃ司会者の人から」リーダー「ハイ!裏声で喋る人です!司会でございます!僕の左にいる、あなた!」ゆっこさん「ばーぶ〜☆赤ちゃん言葉の人だぶぶ…」リーダー「すごい殴りたい!次!」アサミさん「ダーリン、浮気はダメだっちゃ!」リーダー「殴りたい!」アサミさん「ラムちゃんだっちゃ!だっち…だっちゃ!(笑)」リーダー「(ラムちゃん要素が)微塵もない!次!」王子「僕は〜マグ郎だギョ?」ゆっこさん「似てない!似てないでちゅ!」王子「マグ郎ってどうだったギョ?(笑)」アサミさん「似てないっちゃ!」王子「マグ郎は鼻さまのものだギョ!」リーダー「今回はこのメンバーで作文魂をやっちゃうよ!今回のお題は『かたつむり』だ!…だんだん…そっちの方になってきたね!(笑)」ゆっこさん「ネズミちゃん!」リーダー「ハハハッ☆」何故かは分からないけど(笑)思いのほかアワ・シャイニングスターに似てて驚いた…。

シャイニングスタァ(仮)「じゃ、マグ郎君から!」マグ郎(?)「あ…ああぁ?!」←呼ばれた自覚なし。赤ちゃん(多分)「マグ郎ちゃん!」ラムだっち「マグ郎はあなただっちゃ(笑)」マグ郎(?)「ぼ…僕…一人称が分からないギョ!マグ郎だギョ?」過去ログをざっと調べてみたんだけど、意外にマグ郎が一人称を使って喋ってるところがなくて…結局分からなかった…(自分で「マグ郎君は…」と言っている部分は何回かあった。)
シャイニングスタァ(仮)「じゃ、行くよ!」←こことか結構ホンモノっぽい(笑)マグ郎(?)「おう!」シャイニングスタァ(仮)「まず…は…何?オエセルネームだ!」落ち着いて、シャイニングスタァ!(笑)

そして投稿の内容は何かマグ郎(?)さんに気をとられてて何だかよく分からなかった(笑)。
シャイニングスタァ(仮)「内容は置いといて、だんだん『ワイルドだぜぇ』みたいになってませんか?」赤ちゃん(多分)「ギョが付くと良い感じ!」シャイニングスタァ(仮)「なるほど、さすがマグ郎さんはムッツリなんだね!」マグ郎(?)「そうだギョ!」←堂々と肯定。

続いてラムちゃんらしき何かが投稿読み。途中で、「だ…っちゃ…!(笑)」とかかなりアレな感じ(笑)。赤ちゃん(多分)「だっちになってる!」シャイニングスタァ(仮)「今、ブレたね!」マグ郎(?)「デジャヴュだギョ!」そしてついに…

ラムだっち「無理なく食べれるだっち!←いっそ清々しいほどに言い切った(笑)。

シャイニングスタァ(仮)「ち、っつったよ!ちゃ!『や』付けて、ちっちゃい!」赤ちゃん(多分)「ラムちゃんが何かに変身しそう…!」マグ郎(?)「しそうだギョ。」赤ちゃん(多分)「ラムちゃんが緑になってきた!」ラムだっち「ダーリン浮気はダメだっち!」グラグラな皆さんの中で、本筋を守ろうとするシャイニングスタァ(仮)「要は、これはエスカルゴだね!」マグ郎(?)「エスカルゴだギョ。」シャイニングスタァ(仮)「食べたことがあるかい?エスカルゴ。」マグ郎(?)「ある?」ラムだっち「…だっち…(笑)ない…」←大混乱(笑)
シャイニングスタァ(仮)「キミだんだんエスカルゴに見えてきたよ!」アサミさん「ラムちゃんって『だっちゃ』だけじゃない…?」赤ちゃん(多分)「ダーリン☆て」シャイニングスタァ(仮)「何とかっちゃ、ダーリン。」マグ郎(?)「(一人称は)ウチ」アサミさん「広島弁ですか?」シャイニングスタァ(仮)「何弁だあれは…?」ラムだっち「広島弁、だっちゃ?」シャイニングスタァ(仮)「何でもいいよ!(笑)」マグ郎(?)「分からないギョ」wikiで調べたところ、「だっちゃ」については仙台弁が由来だそうです〜。

シャイニングスタァ(仮)「じゃあ次!」赤ちゃん(多分)「はい!」シャイニングスタァ(仮)「(設定は)何だっけ…?(笑)」赤ちゃん(多分)「赤ちゃん…!」シャイニングスタァ(仮)「赤ちゃん…殴りたい!全てが見えてるから殴りたい!!」赤ちゃん(多分)「ばーぶっ☆」←多分ちょっとした嫌がらせ(笑)。
虫を食べる?というような、シュールなネタでした。マグ郎(?)「可愛いだギョ…」ラムだっち「内容が抜けただっちゃ」マグ郎(?)「何も入ってこなかったギョ(笑)」シャイニングスタァ(仮)「虫は食べたことがあるかい?」マグ郎(?)「ゲテモノ?」ラムだっち「あ、蚕…!蚕食べただっちゃ。」赤ちゃん(多分)「ラムちゃんすごーい!」マグ郎(?)「蚕、蜂の巣…あ、蜂の子!」ラムだっち「蜂の子と蚕を食べただっちゃ」シャイニングスタァ(仮)「味的にはどうだったんだい?」マグ郎(?)「普通の佃煮の味だったギョ。」ラムだっち「蚕はちょっと…うにゃ…」赤ちゃん(多分)「不味かったでちゅか。」マグ郎(?)「蜂の子は普通だったギョな。」ラムだっち「まだマシな…」マグ郎(?)「まだな、食べられたギョ」蚕は恐らく柔らか食感で(笑)アレだったんだと思われ…(私は両方とも食べたことないけど…)

シャイニングスタァ(仮)「僕は食べたことな…」赤ちゃん(多分)「ミッキーちゃんは?」シャイニングスタァ(仮)「食べたことない…え、○×※△?!」←動揺しすぎ(笑)。一同「(笑)」シャイニングスタァ(仮)「今完全に言ったよね?!」赤ちゃん(多分)「間違えちゃった☆」シャイニングスタァ(仮)「殴りたい!!(笑)」マグ郎(?)「間違えてないギョ、ミッキーで良いギョ(笑)」シャイニングスタァ(仮)「大変なんだよコレ…」でも私は好き。また出てくればいいのにと思っている(笑)

エンディングの出演情報は大体前週と同じ感じで。追加情報として、ゆっこさんと姫がPSPソフトでの出演があるようですー。
皆さん「夜桜四重奏」の予約は万全ですかっ?!私貸さないからねっ!(笑)

作文魂のお題は、アサミさんの誕生日近くに更新となる予定(?)であることから「バースデー」だそうです。」何気に長音記号付き3文字、難題です。
本日のアレな人は冒頭その他たくさん投稿してた人。皆さんの投稿で成り立っております…!(←出してない非国民でスイマセン…orz 実は1回だけ引越し休暇中に出したんだけど(笑)エラーになってる時期だったんだよね。^^;)

リーダー「この番組は、アニメもゲームもどんとこい!浦田優の提供でお送りしました!」やたら爽やかにアピールしていましたが、皆さんから「一人か!」「オエセル隊にしてくださいよー!」と散々ツッコまれていた…。

X Home X

inserted by FC2 system