ラジオ☆真・オエセル魂!! 感想文63

X Home X

第62回+63回「残暑お見舞い申し上げます♪」(2012/08/24UPDATE)

サービスサーバの不調から予定より遅れての2週まとめ更新。63回分です。

冒頭『作文魂』、お題は「カキ氷」。投稿は二つ紹介されましたが両方とも「カ」「河原木さん」「リ」「リンゴ」から始まっていました。王子「志穂ちゃんとリンゴはデフォルトな感じで(笑)」何かすごい統一感(笑)

「パーソナリティは、オロナミンC!が大好きな松本さちと」「ビールだぁー!…ビールだ?(笑)ビールとホッピーが大好きな矢口アサミと」「巨峰酒が大好きな浦田優と」「ビタミンC!を摂らなければならない高口幸子の」前回に引き続き姫と鼻さまがお休みの4名様です。

王子「ビタミンC!!」ゆっこさん「C!」リーダー「巨峰!」王子「浦田君だって…(笑)前の話ですけど、飲み会で浦田君が喋った一言が『巨峰サワー』っていう一言だけだった。」アサミさん「ずっと飲み会でそれ以外は…」王子「喋らないっていう(笑)」アサミさん「スゴイな…」何か嫌な事でもあったんだろうか…(寡黙なだけ?/笑)

ゆっこさん「でも『巨乳サワー』じゃなくて良かったですね。」リーダー「何を言っているんですか?(´□`;) さらりとパワハラですか?」ゆっこさん「さちさんの…(笑)」王子「『巨乳ソフト』と言いましたけど(笑)」リーダー「ま、好きなんでね。」王子「そうだね。」リーダー「どっちも好き。」王子「巨乳も巨峰も…」そ…そうか…私は程よい加減で良いな…(巨峰は好きだけど。/笑)

アサミさん「この番組は、みんな巨乳が大好き!オエセル隊の提供でお送りします。」巨乳が大好き!の部分をタルラントだと思って聞くと何かソワソワする。おかーさんそんな子に育てた覚えはないのに…!。゚(゚´Д`゚)゚。

本編入りまして『お悩み魂』です。趣旨説明はアサミさん、投稿読みが王子です。娘さんが家族旅行より自分の予定を優先し始めた、というちょっと切ない悩み。父親と一緒の旅行に何歳くらいまで行っていましたか?という質問も。

アサミさん「私お金さえ出してくれれば今でも行きますよ!」王子「オイ!(笑)そら私だって行くわよ、お金出してくれれば!」リーダー「えー…いくつだろう…?」王子「結構私、高校まで行ってたかな。」アサミさん「私毎年お正月に、父の実家の横浜に家族で行くのが恒例だったんですけど中学くらいでお兄ちゃんが友達と過ごす、って行かなくなって…私も大体中学くらいで行かなくなっちゃったんで…大体そのくらいがギリギリなのかな、って。」リーダー「中学前半かなー。」ゆっこさん「子供は子供なりに忙しくて、予定が…あるんですよね。」王子「友達づきあいみたいな。」ゆっこさん「そう、大したことはしてないんだけど(笑)」アサミさん「見たいテレビがあったりとかね(笑)」確かに家族で海に、といった定番のものは確かに小学生くらいまで…(もしかしたら中学の前半は行っていたかも)ですかねー。個人的には高校に通う段階で家族と離れたので、高校生になってからは「自宅に帰る」のが定番となりました(笑)

リーダー「ここでコレで悩んでたらもう、彼氏とか連れて来た日にゃ…ハゲるんじゃないかな(笑)」王子「ハゲちゃう(笑)」アサミさん「でも大体、もうちょっとその…中学高校大学過ぎて、少しずつ大人の階段を上がったあたりになると今度子供の方が親孝行しなきゃってなって、一緒に旅行行ったりとか…もう1周したら大丈夫です!」ゆっこさん「そこまで我慢(笑)」アサミさん「待ちましょう!」そうそう、会社の保養所とかね。予約して連れて行ったりしますよきっと。伊豆とか軽井沢とか…運転父だったけど(笑)

王子「うん、そうかも。ウチはね、小学生までは家族旅行頻繁にやってて…その後やっぱりちょっと間が開いて最後に家族旅行で高校卒業したくらいだったかな?その時はまた違った気分で楽しめたな。」ゆっこさん「特に中学生くらいって難しい…」アサミさん「一番難しいですよね。親といるのが恥ずかしいみたいな…そんな時期でもあったりするので。」ゆっこさん「これが息子さんだと気持ちが違うんでしょうね。」アサミさん「女の子だと余計にね。」王子「そうだね、寂しくはなるんだろうなー。」ゆっこさん「でも何かこう…良いですね。愛してる感が伝わってきて…」微笑ましいですな…。ウチの同期会メンバーも子供いる人は皆「娘」なので(笑)似たような事をしょっちゅう言っています。

アサミさん「海外とか行ったら喜ぶかも。」王子「ああ!初めての海外旅行。」アサミさん「ディズニーランドとかだと、友達と行きたいじゃないですか。」王子「そうだね!家族というよりは…」…特に本気でショーパレ見たい時はね…!(;´Д`) ←4時間待機とかそうそう付き合ってもらえない(笑)
アサミさん「だから、日本の旅行とかだとそんなに…子供が出せない金額のところに行く。北海道とか沖縄とか…」王子「いいねいいね、北海道沖縄!」ゆっこさん「旅行は今年無理だったとしても、1日だけちょっと贅沢に夜ご飯を食べに行くとか。」王子「近所のスパに行ってみるとかね。」アサミさん「カネでモノを言わす!!子供はカネに弱いです!」王子「普段できない事をさせてあげると…」ゆっこさん「洋服買ってあげるよ〜とか言うと付いて来ると思う(笑)」アサミさん「ありがとうお父さん!!」ゆっこさん「お金が必要になってくることではあるかもしれない…」アサミさん「私よく父に言われたのは『お前はお願いする時は金が欲しい時だけだろ』って『オレと買い物行く時は自分が欲しいものある時だけだろ』ってよく言われます(笑)」王子「見透かされてる!(笑)」アサミさん「ハイ、その通りです!!」王子「でも嬉しいんだろうね、一緒に歩けるのが(笑)」アサミさん「まったくお前は、って言いながら買ってくれるので(笑)」甘えてお金を出してもらうのも親孝行のうちとか、どっかに書いてありました。もちろん程度問題ですが。親孝行って難しいですね…(´`)

続いて『Photoこと魂』です。アサミさん「浦田さんがペットボトルで飲んだくれて…」リーダー「飲んだくれて(笑)」王子「ゆっこちゃんがポンポン、ってしてる」アサミさん「まぁまぁ落ち込むなよ、みたいな。」リーダー「オーディションに落ちたんでしょうねー。」アサミさん「嫌だそんなの…(ノД`)」そんな感じのちょっと切ない(?)写真がお題でございます。

渾身の外人風(?)から、ゆっこさんが誕生日プレゼントのなかった理由を問い詰めるものなど。王子&アサミさん「怖い怖い怖い…!」リーダー「言ってそうだもんね!」ゆっこさん「自然に出ちゃったからね(笑)」リーダー「日常会話だから。」今からでも遅くないから何かしら納めておいた方が良さそうです(笑)

あとは娘のペットボトルで間接キスになるからやめて、とか、ゆっこさんが「その水…」って言ったきり言い淀むとか。一同「何なんだろー?!(笑)」リーダー「青酸カリ入りとかじゃないの(笑)」王子「生きてない生きてない(笑)」サスペンスドラマの定番的な青酸カリ。そう簡単には手に入らない代物なのに(笑)。

大賞は一番最初のミネラルウォーター(外人風)ネタでした。リーダー「やっててスッキリしました!」という渾身の作はラジオサイト上でご確認下さい(笑)。

今週の1曲はオエセルJAPAN、UR@T∀の曲でした。ホント良い曲なんですよね。乙女のココロを掴む仕様となっております。

そして、先週しなっちゃんがなすイヌに依頼していた(笑)怪談コーナー。一応頑張って全部聞いたのですが、怖すぎてレポートは起こせません…(ノД`) ←もう二度と聞けない。
一番最初の(ユルいと言われていた)話でもリーダーの「おい!」って声で椅子から転げ落ちそうになった…。ホント日本のオバケは陰気だから良くない。ネズミの国のオバケみたく開き直ってハロウィンパレードに参加するくらいのココロイキが欲しい。とりあえずダンスの練習から始めるべきだ、そうだそうだ!!!(何人かはインラインスケートの練習もお願いします。/笑)

エンディングの出演情報は怖さを吹き飛ばす為に(笑)くちぱっちが多数登場。本物とニセモノが入り乱れます…。情報的には基本前週と同じ感じで。しなっちゃんキャラソンだけでなく、しなっちゃんアルバムも作って欲しい今日この頃。

新しい作文魂のお題は「お月見(ネコ型ロボット風)」です(笑)。今週のアレな人は娘さんの件で悩んでいるお父さんに。

リーダー「この番組は、やっぱりアニメも外画もドンと来い!浦田優の提供でお送りしました」アサミさん「皆待ってます!」王子「私もー♪」ゆっこさん「そうだそうだー!」
ごく個人的な希望で言いますと、リーダーはモビルスーツのパイロットかド悪役(最後に寝返ったりしない、100%悪い要素しかない悪役。だが美形)、アサミさんはしっかり者の半パンまたは森の妖精(笑)・犬好き(外せない)、王子はエロカッコイイ半パン。主人公でも良いけど出来れば主人公のライバル的な美形。それはもう美形、断固美形(笑)。またはジタン・トライバル的チャラい男、だが常識人。ちょっとツライ過去あり(笑)。ゆっこさんはエキセントリックな美女。バトル要素のある作品で戦闘能力がバカ高い設定。…そんな役を見てみたい(笑)。

X Home X

inserted by FC2 system