ラジオ☆真・オエセル魂!! 感想文64

X Home X

第64回「夏の近況報告大会〜!」(2012/09/07UPDATE)

冒頭コーナー無しでOPスタートです。「パーソナリティは、最近『エロいエロい』言われる松本さちと」…最近…?とザワつく一同。確かに最近と言われましても…(笑)王子「何か文句でも?!」←あくまでも『最近』を主張(笑)。
「最近飲んだくれている矢口アサミと…」「最近、ついったーを色々書き始めた浦田優と」「最近、一週間に1キロ太っている河原木志穂と」「最近色々現実を感じているはらさわ晃綺の…」ゆっこさんお休み5名様でお送りします。

「鼻さまのはもっと早く気付いて欲しかった(笑)」王子「そろそろねぇ(笑)オトナなんですから…」「私達は気付いてたよ?(笑)」アサミさん「エロいのは最近じゃないですよ、昔から…生まれたときからエロいですよ。」王子「私の事ですか?いやいや、私より志穂ちゃんの方が絶対エロいから。」アサミさん「質が違うんですよ!」←的確(笑)
鼻さま「姫の場合、生々しいんじゃない?(笑)」アサミさん「シモネタ系のエロさが…さちさんは存在そのものがエロい…」王子「ファンタジーですね(笑)」「でも存在そのものがエロい方が問題あるよね。」王子「えっ?!」「私発言しなければ大丈夫だもん!存在がエロい方がさー、いるだけでエロいんだもん。」リーダー「さちさんのはカラッとしてるんですよ。河原木さんのはジメっとしてる…」←ご尤も。姫「何でー?!いいじゃん!」鼻さまドロッとした…」←軽い失言。姫「ドロッとしたはマズいよー、エロさにドロッとしたは…」←失言を流さず広げる(笑)アサミさん「何か今回そういう話になりそう…(笑)」鼻さま「なるの?(笑)」王子「持って行くのか(笑)」何が巻き起こるのかとハラハラしてましたが(笑)案外そうでもなかったです。

王子「9月ですよ?鼻さまとアサミちゃんはこの間ね、朗読劇を…」鼻さま&アサミさん「ありがとうございましたー」王子「私も見に行きましたー」鼻さま「浦田君は?」リーダー「見てましたよ、最前列で。」アサミさん「似てる人見たことある…」「確か私も隣に…」リーダー「いましたよね?手ぇ繋いで見てましたよね。一同「(爆笑)」「最近仲良いからね(笑)」鼻さま「最近ね(笑)」王子「最近やっと(笑)」リーダー「そこだけリアルな話やめてください(笑)」王子「8年経つのに(笑)」アサミさん「やっと和解しましたね(笑)」良かった、手を繋いで見るほど和解できて(笑)。

アサミさん「私とはらさわさんがやったイジワルなおじさんとおばさんが原作者の人大絶賛で。特にはらさわさんがもう、大ウケ。」鼻さま「本役そっちのけで…」アサミさん「本役はあるのに。」王子「やっぱああいう系が鼻さまはイキイキするんだよね。ノッてやれるからね。」鼻さま「そうね。こう…リミッターが外れる感じ…」王子「そうね(笑)どこ行くねん!みたいな。」アサミさん「外れるから私も外して行かないと(笑)」ちょっと気になる…『なりきり』に出てきたらいいのに…。
アサミさん「すごい、一緒にやりやすい…」鼻さま「何かねー、楽しかったね(笑)」アサミさん「すごい仲の良い夫婦。」「何かちょっと想像つく。」アサミさん「明るい家庭で(笑)息子が松元恵さんっていう…」鼻さま「明るい家庭…アホな家族(笑)」アサミさん「アホじゃない…ちょっとヤメて下さいよ!(笑)」王子「自分に引き寄せる(笑)」アホだったんですか…?(似合いそうだけど。/笑)

王子「そんな訳でですね、まぁあの…ラジオをアップしているケロログさんの不具合もありまして、今回ちょっと投稿がね、殆どない!!」一同「わー!!(;´Д`)」王子「ということで、今回スペシャルでトークスペシャルにしたいと思います!」

リーダー「この番組は、浦田優の提供でお送りいたします!!!」スポンサーなんですね。お金出してくれるって事ですね。いや素晴らしい(笑)

本編は『近況魂』からスタート。王子「ということで、オエセル隊の皆の近況を…報告しようー!」アサミさん「久しぶりな方もいますか…?」鼻さま「僕浦田さん何ヶ月会ってないか…」王子「そんなに?!」鼻さま「そうだよ、全然会ってない。ゆっこちゃんも全然会ってない(笑)」王子「マジか!」「私久しぶりで会った、ゆっこちゃんに。」鼻さま「ホント?!」「この間、事務所のね」王子「そうそう、飲み会があって。納涼会みたいなのがあって…」鼻さま「そろそろ表と裏の区別がつかないくらい…」「黒かったんだよね!」王子「黒かった(笑)健康的でした。」「日本人ではないものになっていた。」アサミさん「お店がちょっと暗くてどこにいるのか分からないくらい…」王子「すげー言いすぎ(笑)」アサミさん「だって、私『ゆっこさんどこですか?』って志穂さんに聞きましたよ。横にいたのに!」「ここ、ここ(笑)」鼻さま「ゆっこちゃんの近況報告ということで(笑)」王子「こんがり焼けてます。」それでも美人さんだから何かステキなんです。…羨ましい…(;´Д`)

リーダー「そんなに黒いんだー…」アサミさん「浦田さんと良い勝負かもしれない…」鼻さま「それは相当なモンだね。」「私もっと黒いような気がする!」鼻さま「ええー?!」リーダー「僕はそんな黒くないですからね。」王子「いや、黒いよ!」リーダー「いや、黒くない黒くない(笑)」鼻さま「黒いよこれ!あ、お前焼けたね?!」リーダー「白いっ!!」鼻さま「何でこんな…これ完全に焦げたトーストの色だよ。」「絶対これ落とすところだよね?」鼻さま「これは食べちゃいけないところの色だよ、この腕の色は。」←何だか知らないけどここらへんのやりとり微笑ましい(笑)。リーダー「最近チャリンコで色々移動してるんで…」一同「ああ〜」アサミさん「私もすごいです、時計外すと…真っ白になってる」「ホントだー!」アサミさん「時計焼け…」「でも夏って感じだね、焼けてるとね〜」アサミさん「白いですね…(笑)」リーダー「白い!」王子「志穂ちゃんすごい白い(笑)」「焼かないようにしてるんだよー!シミが増えるから…(´`)」王子「もうね(笑)」「お年頃だから。」お年頃だから、って良い表現だな…私も使おう…(´`)

王子「私も最近日傘を持つようになりましたよ!」鼻さま「え?!マジですか?(´□`;)」王子「そう。」鼻さま「オトコマエ…って書いてある…」王子「何でやねん(笑)男前豆腐みたいな…」アサミさん「日傘って女性が持つ…」王子「女性ですから?」鼻さま「番傘みたいなんじゃないの?(笑)」←何かから逃げたがっている(笑)王子「番傘?着流しで?(笑)」アサミさん「似合いそう…エロいエロい。」王子「エロくねぇ!」

鼻さま「うわー、松本さちにだけは日傘を持って欲しくなかった…!(ノД`)」

王子「何でやねん!どんなイメージやねん!(笑)」鼻さま「オレは…orz」「またいない時に喋ろうぜ!」鼻さま「そうしようぜ!(笑)」王子「鼻さまの中で私のイメージがすごいあるみたいで…こうあって欲しい!みたいな(笑)」鼻さま「こうなくちゃいけない、みたいな(笑)」アサミさん「さちさんはトイレに行きません…(笑)」王子「妖精みたいな(笑)」鼻さま「あ、それは別にいいです。」「良いんだ?」鼻さま「そういうのは別に良い。」…分かる…鼻さまの気持ち分かる…何だったら『いない時に喋ろうぜ!』に混ざりたい(笑)

「全然近況じゃない…雑談じゃん!(笑)」王子「近況近況!志穂ちゃんね、ご懐妊!」一同「おめでとうございまーす!!」おめでとうございまーす!ヽ(*´∀`)ノ ←便乗

「ありがとうございます!何かでも、皆に『yahooニュースで見たよ』って」王子「そうだろうね(笑)」「高校の時の友達とかに『何で私がアンタの妊娠をyahooニュースで知らなくちゃいけないのよ!』怒りの電話が何本も入り…(笑)」アサミさん「教えなさいよ、みたいな」「いとことかにも言ってなくて。」一同「ええぇー?!」「色々事情があって(笑)言いたいけど言えない事情が…」鼻さま「タイミング的なモノもあるからね。」「そうそう、そして怒りの電話が来たりしつつ。で、やっぱり妊娠したためにシミが増え…」一同「えー?!」「そうなの、ホルモンのバランスで肝斑って言うじゃん?ぶわーって増えて、それで焦ってます。なので、色白くなりそうな事とか知ってたら教えて下さい。」リーダー「色の黒い僕に言われてもね…」「そうだね(笑)」アサミさん「あと、ゆっこさんに聞いちゃダメですよ。」鼻さま「焼ける方法だったらね。」「それは要らないんだな…」結構体質変わる人もいるって聞いてたけど肝斑とは初めて聞いた…!でも肝斑って最終的には消えるものだったはず…なので大丈夫なはず…。。。

王子「そうかそうか(笑)つわりとかも結構ヒドかった?」「酷かったのは結構前で…夏前で。…で、ちょっと痩せたんだけど」王子「やつれてた。」「あ、このまま行ったら私良いんじゃね…?って思ったら1週間1キロ太る生活に…」一同「(笑)」「おなか空くから、夜中トイレに起きるたびに冷蔵庫あける(笑)」鼻さま「マジか?!それは…」王子「習慣になってるんだ」鼻さま「起きて冷蔵庫開けて食べて寝るみたいな(笑)」「そんな感じ。」王子「二人分食べてると思えばね。」「二人分じゃないね、あの量は」リーダー「4〜5人(笑)」「4〜5人分食べてるから」アサミさん「6つ子とかじゃないですか」「そうじゃないとオカシイっていう…」アサミさん「そしたら6つ子だったら一人…ね。」「どういう意味?(笑)」王子「なになに?一人ずつ担当するの?ウチら(笑)」アサミさん「オエセル隊が一人ずつ名前つけられる(笑)」鼻さま「権利をいただける。」「知らないよそんなのー!(笑)」いつの間にそんな協定が(笑)

アサミさん「男の子だったら『さちお』ですよ。」王子「もう決まってるんだね。」「6人いるんでしょ?(笑)」アサミさん「さちお、さち太郎…」鼻さま「さちお、さちこ、さちぞう、さち太郎…」「私の子供じゃないじゃん!…私と王子の子か。じゃいっか。」王子「いいのか(笑)」「ま、そんなでしたよ。」鼻さま「まぁでも順調にね。」「ですねー。あ、産休は取らないで行こうと…」王子「お仕事はもうバリバリ」「そうそう。そんなつもりで頑張っております。」アサミさん「でもそういう方多いですもんね。取らずに出来る部分もあるから…」鼻さま「女の人は大変だなー…オレだったら絶対休んじゃうね(笑)」「でもね、意外と元気なの。」鼻さま「そうなの?」「何かね、力が有り余ってる感じ。食べてるし…太ってるし(笑)」リーダー「さっきズボン入らないって足上げてましたもんね。足上げてていいの?(笑)」「全然平気だよ、スクワットとかしてるよ毎日」アサミさん「めっちゃおなかパンパン叩いてましたよね(笑)」リーダー「おなかいっぱいとかじゃないんだから(笑)」「叩くと反応したりするの」一同「ええー?!」アサミさん「何すんだよー!みたいな(笑)」「うるさーい!って(笑)」王子「神秘だねー。」私は職場の同僚の赤ちゃん(生まれる前)とコミュニケーションを図って性別を当てましたよ!(誇らしげ)ちゃんと仮名みたいなものつけてあげてた!(それこそ「さちお」的な。/笑)生まれてからも対面したけど、彼は私の事など覚えて無さそうだった!(;>Д<)

「ま、私のことは良いんだよ。」鼻さま「一番重要な事なんじゃないの?(笑)」王子「聞きたいことなんだよ。」「いやいや…まだまだあるから。」王子「そうだね。」鼻さま「小出しにして行きましょうか。」王子「え、鼻さまは何してた?」鼻さま「夏ですか?夏はですね、まぁ殆どさっきの朗読劇の…リハとかそういうので」アサミさん「そうですね、7月はずっと…7月8月はずっと」鼻さま「あとはずっと体調を崩してました」アサミさん「そうだ!そうでした!それで稽古に出られなかったり…」王子「喉が…」鼻さま「一時期…1週間か2週間くらいまったく声が出ない状態」王子&リーダー「ええぇー!」王子「原因は?」鼻さま「あんまり…感じなかったけど」王子「原因は感じない(笑)」鼻さま「突然腫れて、あれ?と思って医者行って…すんごい先生に怒られて。あの優しい先生に」アサミさん「あの…」王子「主治医の」鼻さま「あの先生に(笑)」どうやら業界の名医と見た。

「何て怒られたの?」鼻さま「『何でこんなになっちゃったの?!』(笑)」アサミさん「こんなになるまで何で放っておいたの?!」鼻さま「何で放っておいたの!って言われて、すげー怒られて」王子「ヒドイ状態だったのか…」鼻さま「全然…久しぶりにまったく声が出ない状態で」王子「風邪ではなかったんだ?」鼻さま「ちょっと前から風邪をひくことが多くて、何度か腫れたりしてたんだけど、それに関してはすぐ引いてたので。そんなに…大丈夫かなーと思ってたんだけど。声も出てたから…」王子「無理しちゃったのね。」鼻さま「別にそんな無理してた覚えはないんだけど、一気にこう…どかーん!と」王子「膿が出た、みたいな。」

リーダー「なるほど僕には分かりましたよ。」王子「何がだ(笑)」リーダー「呪いですっ!」一同「(笑)」「何の?(笑)」リーダー「その、朗読の…題材の呪いです。」アサミさん「陰陽屋だから。」王子「ああ、まぁ確かにねー。そういうのを題材にしてると…」アサミさん「でも私と松元恵さんはちゃんと…皆集まれなくて、あと原作者の先生とお祓いに行ったんですよ。私と恵さんは割とピンピンしてて、でも恵さんは日に日にやつれていってました(笑)」鼻さま「心労でね(笑)」アサミさん「在りし日の志穂さんのように」「在りし日の…!いるよー!!元気ですよー!!」リーダー「しかも新たな命を授かっている(笑)」鼻さま「間違ってるから、使い方(笑)」アサミさん「そういう意味じゃないです!私そういう意味だと思ってなかった…(笑)」ちょっとドキドキした(笑)
鼻さま「そう、アサミちゃんと松元恵は結構元気でやってたんだけど、他のメンバーが…腫れたり…縮んだり…広がったりね(笑)」リーダー「呪いですよ(笑)意外とそういうのありますからね。」←もう怖い話は要らない。カンベンしてください(笑) 王子「そうだね、それかもよ?」鼻さま「まぁでも、元気になりました」王子「そうか、良かった(笑)」鼻さま「そんな感じで。楽しく過ごしてましたよ。」た…楽しかったなら良いか…(笑)

王子「私はね、今回夏っぽいことを結構したよ?」一同「お!」王子「夏祭り…花火大会か。」「毎年行ってるよね、結構…」王子「うん!結構行ける時は行ってるんだけど。神田川の…え?神田川??「隅田川?」王子「隅田川です…!(笑)」リーダー「さだまさしか(笑)」鼻さま「神田川で花火大会やってたっけ、って思っちゃった(笑)」「割と地味〜な感じだよね(笑)」アサミさん「線香花火とか(笑)」←秀逸(笑)。
王子「隅田川です!(笑)」鼻さま「(神田川は)あんまりドドン!ドドン!っていうのが似合わないかな」王子「そうそう、隅田川の花火大会で…屋台…(笑)屋台を食べて…←グズグズ(笑) 鼻さま「屋台を食べた?!」「屋根からよ。」←ナイスフォロー(笑) 鼻さま「ガリガリ食べたの(笑)」王子「美味しかったです!(笑)」アサミさん「泣けてきたー!(笑)」鼻さま「神田川で屋台が美味しかった夏です、みたいな(笑)」王子「何も伝わらない(笑)そんで…そんで、プールにも行った!今年は!3年ぶりにプールに行って。としまえんのね!」鼻さま「あ、豊島園良いですねー」王子「そうだなー、でも夏っぽいって言ったらそんなもんかな(笑)」「夏っぽいね(笑)」豊島園って今の家からも割と近いはずなんだけど、多分成人式以来行ってない(←当時練馬区民だった。/笑)

王子「浦田君は?」リーダー「僕はですね…もう夏っぽい行事は殆どなかったですね。ずっとその、『B-ready』の方の裏方のお手伝い…HP作るの手伝ったりとか…」王子「そんなことやってるのね!オエセル隊でも手伝ってくれたらなぁ〜」手伝ってくれたらなぁ〜!!←強めに言う(笑)
リーダー「まったく知らないから時間かかっちゃうんです。知識がないから(笑)で、結局他の人に頼むもの依頼して…手伝ったりとか。あとはオンラインゲームしてましたね!」アサミさん「ドラクエですか?」リーダー「ドラクエでない、ファンタシースターオンライン2ってヤツを。それやってましたねー」王子「全然夏っぽくないね」アサミさん「で…でも、ね!冷えた部屋でやるっていうのが…」←ちょっとフォロー(笑) リーダー「でも、世界守ってましたからね。」←誇らしげ(笑) 鼻さま「夏に世界を守る」リーダー「ホント、オンラインゲーム今流行っててアニメでも人気ですからね?」王子「はいはい。」リーダー「ソードアート・オンラインっていうオンラインゲームを題材にしてるんですけど、今超人気なんで…」一同「へー…」リーダー「すごい興味無さそうですけどね!」ファンタシースターはちょっとだけやってみようかなと思ったことがある…(笑)
鼻さま「あとアレでしょ、髪の毛がチリチリになったくらいでしょ?」王子「前からでしょ!」「でも夏っぽい!」鼻さま「夏っぽい、見た感じは!」アサミさん「一番満喫してそうな。」リーダー「特にないッスよ、何もないッスよ!豪雨に打たれたくらいです。」鼻さま「バカンスはなかったのかね?」リーダー「全然なかったです」

王子「アサミちゃんは?」アサミさん「私はその、陰陽屋が終わった後に被災地に行って来まして。宮城県の女川町っていう、石巻に近いところなんですけど」王子「オンナのカワって書く」アサミさん「仙台市まで新幹線で行って、車で移動したんですけど最初高台の方なので何も被害がなかったような感じで…家とかも流された感じがまったくなくて。仮設住宅がポンポンポンってあるくらいで、ホントにあったのかなーって思って行ったら、港町に行ったら何もなくて。おわー、みたいな。でもすごい町の人たちが温かくて、すごい力強くて…また遊びに来てくださいね、って言ってくれて。ちょうど漁業が少しずつ復興してきて、そこの捕れたての…海鮮丼とか食べて」王子「おお!いいね!」アサミさん「すっごい美味しかったんです」王子「マジか!」

アサミさん「だからオエセル隊でホントに小旅行で良いから行ったら絶対楽しいし、温泉もありますから!って言ってて、だからそういうの…できたらなーって。ボランティアとか復興の為!っていうよりもホントに良い町なので遊びに来てくださいね、って言ってたんで。またそういうので行きたいなーと。」王子「良いね。」鼻さま「観光からね、また復興に繋がるからね」「そうだねー」アサミさん「夏に東北って良いですね。」王子「涼しい?」アサミさん「暑いことは暑いんですけど、東京よりも過ごしやすいし」「朝晩とか涼しかったりね」アサミさん「食べ物も美味しいし」王子「いいなー。食べに行きたいね、色々。また計画しましょう、色々ね!」ということで近況報告会ここまで。

『Photoこと魂』に入りまして、趣旨説明はリーダー。アサミさん「今回は志穂さんの…」鼻さま「エロいヤツ!」色っぽい写真がお題となっております。腰に来た、という残念なものから世界のオトコはイチコロ、という定番(?)ものまで。
家政婦お志穂は見た、というのもありましたが…。。王子「はぁはぁ言いすぎ(笑)違う作品になる」「言わないのー?」アサミさん「あらあらちょっと…」←結構似てる(笑)
着たまま行水、という作品では、アサミさん「これ早く言ったら早口言葉になりそうですね」「あ、ホントだー!」と大盛り上がりで一斉に「着たまま行水」を連呼する皆さん。微笑ましい…(笑)

そして最後の作品。王子が読む台詞「いい旅夢気分」「いいたま夢気分」ミラクル発言で一同騒然(笑)王子「いいたま頂きました!(笑)」ということで、全員一致で最後のネタが大賞に。
鼻さま「姫カンケーねぇし!王子じゃねーかよ(笑)」「そういうもんよ、現実って(笑)」そういうもんなんですね、勉強になりました(笑)。

今週の一曲はオエセルJAPAN、SAMMYの曲でしたー。

エンディングの出演情報は大体既出の情報かな。王子は10/7のライブにゲスト出演ですね。きっとまたエロいに違いないよ!楽しみですね…!((*´∀`))

鼻さまも10月に何か?あるようです。まだ出せないっぽい。
リーダーが所属?している「B-ready」のイベントも10/27だそうです。こちらはレポート作成時点で公式サイトも完成(リニューアル)しているようです。あと、リーダーのことは「ハンサム」って呼ばないといけない決まりがあるっぽいです。何の罰ゲームなのかは分からない(笑)

作文魂の新しいお題は「学園祭」更についったーでも投稿募集を始めたそうです。ハッシュタグ「#オエ魂」にて。「#」の前に半角スペース空けないと認識されないから気をつけてね〜。←以前みっちー(JAXAの「みちびき」さん)が言ってた(笑)

そして今週のアレな人は…。アサミさん「これはもう…いいたま夢気分の…」王子「神田川と(笑)合わせ技で」鼻さま「松本さちおさんに(笑)」華麗な合わせ1本勝ちでございました(笑)。

鼻さま「この番組は…神田川…!…でした(笑)」あなたは〜もう〜〜忘れたかしら〜〜(´θ`)ノ …って、リスナー層で知ってる人どのくらいいるんだろうな?更に大昔、とある金魚が飛ぶ少女マンガのアニメで葵ちんが歌ったって知ってる人いるのかな?(葵ちん好きだったよー!/笑)

X Home X

inserted by FC2 system