ラジオ☆真・オエセル魂!! 感想文81前

X Home X

第81回「Matsu-Ragi王国においでよ♪前編」(2013/5/3UPDATE)

イベント公開録音分です。御茶ノ水KAKADOでのイベント、開場・開演ともにほぼ定刻通りでした。開演前には執事アサミールと近衛隊長ウラタレフが出てきて書注意のアナウンス。最初の自己紹介で言ったもんだね。

「Matsu-Ragi王国の近衛隊長、UR@T∀だっ!!!!」

…誰やねん!(王子風に突っ込む)

アサミールに「それオエセルJapanの人です」とか失笑気味に教えられてた。これがウラタレフの面白さか…驚異的(笑)。あと、アサミールが「携帯、PHS、たまごっちなど音の出るものは…」ってサラッと言ったのが好きでした(笑)チケットに振られていた番号で入学式や卒業式にあるような台詞(『ぼくたちー』『わたしたちはー』『そつぎょうしまーす』的な。)が割り振られておりまして、その練習もありました。ラジオの中でウラタレフが「17番と57番」と言っているのは、その番号の人たちがウラタレフの名前を呼ぶお当番(?)だったのに現場にいなかった(笑)ことが起因しております。(台詞読みに関しては代理を立てて実行されました。)
開演してオエセル隊の皆さんが登場すると、まずは『オエセル☆カーニバル』を1曲。王子の衣装が可愛くてニヤニヤしたりはしてません、いいえ決して!!開演前に練習した台詞も順調に進み、続いてMatsu-Ragi王国国歌斉唱。覚えてるモンです、この国歌(事前に動画で復習する時間がなかったのは内緒だ!/笑)

で、今回のイベントでラジオの公開録音を行うことがアナウンスされます。姫「どんだけグダグダか見ていただきたい」王子「ここ、王広間です。6畳大広間。←すげー好きだった(笑) 皆さんがラジオの配置につきまして、サイトでアップされている公開録音が始まりました。ちなみにステージ向かって左手に王子と姫、右手にウラタレフ、ユッコフ、アサミール、ハナタレフでした。皆さん台本とペットボトルを手にしていらっしゃいます。

ということで、ここからは公開されているラジオを基に。

冒頭は『作文魂』お題は『Matsu-Ragi王国』です。文字数多い大変なお題でしたが、キレイにまとまってました。ちなみに「ラジオ☆真・オエセル魂スペシャル〜Matsu-Ragi王国においでよ♪〜」が正式名称になるようです(笑)

「パーソナリティはユッケ解禁で嬉しい!松本さちと」「えー…?何も解禁されてない…河原木志穂と」「そろそろ夏が解禁で嬉しい!高口幸子と」「執事喫茶解禁な矢口アサミと!」「マジ17番と57番打ち首!な浦田優と」「イベントまではビール飲まずにおこうと思ってたけど結局昨日飲んじゃった、はらさわ晃輝の」もちろん6名様でございます。ナマで勢ぞろい見るのちょっと久しぶり!(笑)
王子「明日誕生日ということで、便乗して王子と姫の誕生会と言ってもらってますけども…」「いやいや、王子も早くも年とってんだからねー。」王子「年とって1ヶ月経ちましたよ」ハナタレフ「時間が経つのは早いものでございますよ、ホントにね。」王子「ウチらがイベントをしてて、一番最初から参加してるよ、っていう方いらっしゃいますかね?」手を挙げてない人もいるのかとは思いますが、思っていたより少ない印象。
「一番最初って一体いつなんだ、っていうくらいね。」王子「2005年とかそのくらい。ピチピチしてた!」ハナタレフ「まだゆっこちゃんが色が白かった頃だね(笑)」ゆっこさん「まだ変身前でしたね(笑)」ウラタレフ「過去の話はやめよう…」王子「今を生きようか!」ハナタレフ「前向きだな、随分!(笑)」

王子「お便りが来てるらしくて…アサミール?」ということで、ここでアサミールが投稿を紹介。イベント楽しみにしてます、という内容だったのですが6時間やるとかやらないとか。王子「ホントに6時間やっていい?」ハナタレフ「延長料金は(投稿者)持ちということで…」王子「皆さんちゃんとドリンク飲みました?まだ?驕りなんでちゃんとこう…」アサミール「王子と姫の驕りですよー」ハナタレフ「驕りでございますんで、今日はね。1杯だけ…(笑)」アサミール「2杯目からはご自分のお金で…」ありがたく頂戴いたしました。6時間全編ラジオになるならいいけど、2時間ラジオで他4時間ってなると覚えきれないからせめてセットリストを…!とか真剣に妄想してみました(笑)

ユッコフ「この番組は、Matsu-Ragi王国国民の皆様の提供でお送りいたします」雰囲気は結構ユルい感じなのですが、その中でも台本をめくってテキパキと進めて行く皆さん。プロです。

そして私大好きだった(笑)『虫物語』完全版にはシュールなイラストが付いてましたね…。アサミール:虫、姫:嘴の尖った鳥、ユッコフ:煩いネズミ、王子:熊 というキャスティングで始まった物語。何だったらこれだけでCDにしちゃって欲しい(笑) 虫のアサミールが「うんしょ、うんしょ、ふぅ…」っていう台詞を何度も言わされて(笑)ナレーションのウラタレフに「早く!!」みたいな合図をしていたのが面白かったです。
釣りをしていた熊は凛々しいけどお肌プリプリに関心があるらしい。次回へ続く!!のナレーションに客席からは「えー…」の声が。ハナタレフ「『えー』って言われちゃったよ(笑)」ウラタレフ「えー、って言ったヤツ打ち首。」続きもオチもありましたので、乞うご期待。

コーナーは『心の叫び魂』から、趣旨説明ハナタレフで先に本人が読まない形式の投稿から紹介しました。最初の投稿はオエセル隊とファンチルが好きだ、というアツいメッセージでしたが…。王子「嬉しい!(会場に)いらっしゃるんですね?」ハナタレフ「いらっしゃいますか?」ウラタレフ「まさか17番…57番…?!」ハナタレフ「ヤバい、覚えられちゃったぞ(笑)」王子「そっか、でも恥ずかしいから手を挙げられないのかも」ハナタレフ「あとでコッソリ教えてください」
2つ目の投稿はソレトがセス好きというのが認めない、という訴え。ハナタレフ「これなかなか根強い」アサミール「でもアギこれですよ?!」ハナタレフ「これはウラタレフだから(笑)これはアギじゃない」ウラタレフ「そうだよ!」←誰も「これ」呼ばわりは突っ込まない(笑)ハナタレフ「今日はいらっしゃってない…?」これには会場にいたお嬢さんが挙手。ウラタレフ「いなかったら打ち首だからね!」ハナタレフ「やっぱりそこらへんは認められないですか?」「深く頷いております…」ハナタレフ「ま、あと何年かすればきっと認められると思うよ」オトナの意見、深いな…(笑)

そして自分で叫ぶ形式の投稿も。姫「ウチの産婦人科医ですよ。Matsu-Ragi王国の。」ということで白衣姿の男性がステージ上へ。一応Matsu-Ragi王国での職業を…みたいなテーマ設定があるにはあったのですが、分かりやすくコスプレ(?)している人は少数でした。王子と姫を称えられたその方。王子「いつもオエセル隊のイベントには…」ハナタレフ「個人で出てる時もね」王子「そうなんですよ、オエセル隊じゃなくて個人で…鼻さまなら鼻さま、にも来てくださるという…」国民の鑑ですな!

ここで1曲、オエセルJapanへいなーの曲をハナタレフが熱唱です。ギターをかき鳴らす姫や王子、後半はウラタレフと姫がハナタレフの燕尾服を風になびいているかのようにはためかせていて、大層面白い仕上がりでした。…にも関わらず全編大真面目に歌いきったハナタレフはすごいと思いました(笑)完全版は歌も完全版です。

「続いてはこのコーナー!」ハナタレフ「フツーに始まるよね、フツーにね!(笑)」ということで『Photoこと魂』、趣旨説明はウラタレフでして大広間ではプロジェクターでお題の写真を投影しました。1枚目はおじいちゃん、おばあちゃんの写真。王子「とってもいい写真です、おじーちゃんとおばーちゃんのね。寄り添ってます」ラブラブなネタもありましたが、アサミール「シーンとしないで下さいねっ?!」あまりにラブラブすぎて若干ヒイたりはしてないと思う…多分。
仮面ライダーの主役を狙うおじーちゃんをおばーちゃんが止める、という投稿もありました。ハナタレフ「平成ライダー大好きです!」うん、ライダーとかウルトラマンとかよく分からないんだ。どうせ後ろにチャックが付いてるならネズミ型の方が好きなんだ(ひどい。/笑)
オエセルJapanのYuccoからも投稿がありました、ユッコフの発音がホンモノです、あれが正しい発音なのです!ユッコフ「年代がバレてしまいますけれども…」昭和の人だけ伝わる感じ…。

写真2枚目はおじーちゃんおばーちゃんがダンス(?)している写真です。流行のダンスだ、という可愛いネタもあれば謎の船に乗るネタも。王子「ボケてるやろ。」ハナタレフ「ばーさんも結構ボケてないか?(笑)」船って三途の川を渡る的なモノですかね?とか黒いこと考えたのはきっと私だけ。

写真3枚目、居候の浦田君がたまりちゃんに土下座している写真です。個人的にこの写真のネタが秀作ぞろいだった気がしています。ウラタレフ「これコタツの布団じゃないですからね」っていうか半纏も最近見かけない代物(ウチのおばーちゃんの家にはあるけど。/笑)
1つ目は500円の借金を申し出る居候に500万円貸すたまりちゃん。アサミール「金持ちだ…!」王子「オエセル家金持ち!」ハナタレフ「幼稚園児金持ち!」「そう、たまりちゃんはしっかり貯めるタイプだから」ハナタレフ「たまりだけにね!」「あのぬいぐるみの中に入れてるから」一同「おおぉー!」うらやましい、500万円持ってる幼稚園児…。たまりちゃんを覗いた?疑惑の投稿もあり、パンツ見せてあげる、なんていうネタも。この時のウラタレフの「ありがとうございます!」は最高だと思った(笑)。ハナタレフ「最低ですね!(笑)ある意味最低の最高。」ホントですね…!

もう一つ居候とたまりちゃん。オモチャのハンマーで殴られる写真です。パンツを見せるわけない、という連作になっていました。王子「対になってますね」ハナタレフ「さっきの続きですね」あとは合格のおまじない、というちょっとファンシーな投稿も。

問題の写真5枚目(笑)。ハナタレフ「出ましたね」ウラタレフ「今までちょっとボヤけてたのに無駄にハッキリ映ってますよ!」ハナタレフ「いいのかね、一番映しちゃいけないところなんじゃ…」王子「ちょっと汚いと言われた(笑)」オエセル家ご夫婦の写真です。案の定(?)変なオジサンだった、という投稿が。姫「これ汚かったね〜(笑)」ハナタレフ「酷かったねー」いろんな意味で衝撃映像だったようです。
あとは妻はなつがスパロボライブに行く、というもの。王子「このあとあるらしいですね、スパロボのライブ…」アサミール「行く予定ですか?」ユッコフ「(ライブがあることを)知らなかった…!」調べたところZeppで開催されていたみたいです。
そして再びオエセルJapanのYuccoから投稿。夫だす雄がホクロの毛育ててる、というもの。王子の「ああ…育ててる」っていう言い方がハスモちゃん並に優しくて大好きでした(笑) 姫「Yuccoはちょいちょい出てきますね」

最後の写真は夫妻がワインとバナナを持っているものです。王子「ワケの分からない…(笑)」しかしこれを姫の出産祝いだとした投稿も。姫「どういう意味なんでしょうかねー?これはちょっと(投稿した本人に)聞いてみたいですねー」「あれちょっと打ち首じゃない?」しかしウラタレフは「でもちょっと…いいですよね。」ハナタレフ「アリだそうです。」ウラタレフ的にアリだと打ち首にはならない(笑)。
バナナを折り畳み傘と勘違い?したものも。ウラタレフ「ちょっとこれどういう意味なんですかね?」アサミール「ちょっとドジっ子な…」王子「そうだね」で、大賞は全ての写真に対する全ての投稿から選ばれます。

ラジオ版ではカットされてましたが、完全版では客席に聞いてみるくだりも載っていました。バナナの投稿かな、という話になっていた時、ハナタレフ「どっちのバナナ?」「どっちのバナナ…ってどっちのですか?」ハナタレフ「バナナ二つ出たじゃねーか。」「あ、そういうことか!」ハナタレフ「お前こそどういう意味だよ!」ウラタレフ「姫ぇー!」アサミール「まだ昼間ですよ姫!」「ついつい、いろんな意味で…」これは色々な意味で面白かったです(笑)

客席で決めるのは難しいので、オエセル隊の皆さんが決めることに。アサミール「私結構パンツ好きです。あれ、いいですよね2つ…」ウラタレフ「僕もパンツ好きですよ」ハナタレフ「お前別の意味で好きなんだろ!」ユッコフ「いろんな意味でね。」「いろんな意味で、皆大好きなんだよ」アサミール「じゃあパンツが好きな…(笑)」「パンツが好きなひとー?!」が、聞き方が影響したのか(笑)あまり手は挙がらず。姫「あんまりいないじゃん!」王子「皆もっと参加しようぜ!」アサミール「参加型ですよー?」最終的に大賞はパンツの投稿に決定していました。おめでとうございました。

ここで『虫物語』の第二話、釣竿(元々は熊の持ち物)を巡って鳥&ネズミ連合軍との諍いが勃発。それを止める虫。竿引いてる、という虫の指摘で協力して魚を釣り上げ夕飯は山分けすることになりました。見事に釣れた魚…魚…聞き覚えのある…(笑) 次回へ続く!!

前半最後はオエセルJapanの曲を2曲続けて。SAMMYとChiffonでした、こちらも完全版ではフルコーラス入っております。

ということで。後半へ続く。

X Home X

inserted by FC2 system