ラジオ☆真・オエセル魂!! 感想文SP

X Home X

生放送第2回「オエセル隊VS伝承歌劇団・一夜かぎりの…魂?」(2013/7/27)

機材の調整などで予定時刻より30分ほど押してスタート、お陰様で実家にいてカミナリに怯えていた私も最初から見ることができました(笑)オエセル隊の皆さんが自己紹介を始めますが、全員映りきらない上に画像がややピンボケ気味。王子「ウチらなんてそんなもんですよ!」鼻さま「HDでもボケますよ!!」誰が冒頭から上手いこと言えと…(´ `)
この日お休みとなってしまった姫の代わりには『おしほ』が参戦。姫からのメッセージが読み上げられますが、ゆっこさんへのメッセージで「私の分も喋って、女子率低くなっちゃうから!」との事。王子「どういう意味だっ!」←まさかこのオトコマエ具合で『女子率』を換算しろと…。アサミさん「どういう意味よっ!」←100歩譲ってオネエ系な小僧。

王子「伝承歌劇団さんとのコラボライブに先駆けての放送でございます!」ということでCMが入る訳ですが、このCMが凄い。手作り間満載、しかもナマ!ナマでくちぱっち、ベア様、マグ郎、イギー、アギという豪華メンバーが登場。何それすごい!プロって怖い…!!( ゚д゚ )

CM明けはゲスト登場。1組目は伝承歌劇団、脚本家 YUKKAさんと打楽士(ドラムス)Shadowさんでした。『おしほ』からコメントを読むのはアサミさんなのですが…「あ、ヘルガです…」ウィスパーだっち、ウィスパーだっち!!(いつかの名言が忘れられない。/笑)
コメントによるとShadowさんはお父さんのように優しい人らしい。鼻さま「青い目の巨人です」王子「青くはない」YUKKAさん「そんなに巨人でもないし(笑)」ライブ何回か拝見してますが、この方が喋るのを初めて見た気がします…確かに優しそう…。更にYUKKAさんについてのコメントは怖そうだけど優しくてギャップ萌え、だそうです。一同「姐さん、いえぇー!!!(≧▽≦)」王子「一見、YUKKAつんは怖いんだけど」YUKKAさん「さちに言われたくないよー!こういうタイプが一番怖いんだよ!!(笑)」王子「怒ると怖いかもね(笑)」王子のように普段怒らない人は、きっと怒ると怖いのです…私のように普段から怒っている人は実は優しいのです…。

王子「皆も怖かったやろ?」一同「うん」YUKKAさん「最年長が『うん』って言った…!」鼻さま「最初にすげー悪態つかれたような気がする(笑)」いわく、鼻さまはいつ会ってもイジられるらしい。YUKKAさん「愛を持ってイジメてる!」何それ素敵…!*:.。☆..。.(´∀`人)
あんまり喋る機会がないShadowさんに対して、王子「YUKKAつんはね、色々喋る機会あるもんね(笑)」何でも楽屋に待機していた伝承メンバーの皆さん、下着の色について語っていたらしい。王子「サイアクだ!(笑)」皆さん色は黒らしいです(笑)

で、伝承歌劇団さんの説明をたまにはShadowさんがやってみる?という事になったのですが、Shadowさん「無理無理無理!ホント無理!!!(;´Д`)」←溢れ出る必死感。 やはり説明はYUKKAさんから。オリジナルストーリーの流れにそって音楽を演奏するというスタイルについて説明がありました。YUKKAさん「ライブが1本終わると物語りも完結している。」リーダー「ウチらと一緒ですね!」←衝撃発言。鼻さま「オレらの物語結構ヒッチャカメッチャカだぞ(笑)」←まさに(笑)。YUKKAさん「一緒一緒!(笑)」←だが乗る。

6月に王子と鼻さまがゲスト出演したライブで、実は鼻さま笑われていたらしい。アサミさん「フツーに出てきただけで爆笑起こってたんですよ。身内じゃないんですよ!」YUKKAさん「女の子の集団だったんですけど、巨人が出てきた瞬間『ウキャ!』って笑って(笑)」この女の子たち、前に出ていたバンドさんのファンの方がそのまま残って見ていたようだとのこと。アサミさん「(笑われている鼻さまを見ていて)心が折れそうだったもん、私が!」YUKKAさん「色々面白かったみたい(笑)」直前まで王子が出ていたので、違う人出てきて驚いたのではないか…ということです。確かに王子が出てくると思って待ってる時に鼻さま出てくるとのけぞる(笑)

更に、コラボライブではオエセルJAPANの曲をオエセル隊が歌う、ということも発表されまして。王子「Shadowちんがドラムをやってくれているんですが、どうですか?」Shadowさん「もう…もう大変!」アサミさん「誰のが一番大変ですか?」へいなーの曲や、Chiffonの曲もキツいとの事。逆に一番やりやすい曲は?と聞かれてShadowさん「それは…O-Jee」伝承さんの曲に近いから、慣れた感じなんですって。
YUKKAさん「ラシュ兄がああいうギター弾いてると恥ずかしいもんね!なに可愛い曲弾いてるの?(笑)」王子「イケメン担当のね。」YUKKAさん「ウチの御大ですから(笑)」王子「ウチにも御大いますよ(笑)おじーちゃんいますよ…」アサミさん「デカい御大が(笑)」リーダーご神体です。」鼻さまついに神格化(笑)

鼻さま「ストーリーは全部YUKKAつんが書くの?」書くのはYUKKAさんとの事ですが、発案は他のメンバーであることも多いそうです。YUKKAさん「結局ケツを持つのは私なんだけどね(笑)」王子「…そうだね。」YUKKAさん「さっちゃん重たい、今の!(笑)」王子「色々知ってるから(笑)」これ本当に重かった、皆今のうちにちゃんと謝っておいた方がいい。きっと怒ると怖いから(笑)
で、今回のライブについてオエセル隊と最終回やりたいって言ったのは語り部さんなんだとか。YUKKAさんは当該シリーズに王子が参加したことによって「きっと最終回にもさちはいるなって何となく思ってたのね。でもオエセル隊フルでとか全然考えてなくて…」伝承さんのストーリーでこれほど人数が多いのは珍しいのだそうです。YUKKAさん「キャラを増やしてしまうと、視点がブレてしまう。」な…なるほど…勉強になるな…!(こういうの活かせたらいいのに自分)

キャスティングは声のイメージで決定した、という話になりYUKKAさん「人間性は別として!(笑)」「ホントに足の小指に乗る事になる!(笑)」そして伝承歌劇団さん、イケボはいつでも欲しいとの事(笑)。王子「だからアナタ方イケボってことですよ。」まぁ素敵((*´∀`))
YUKKAさん「(王子に)ここ悩んでるんだよねーって言ったら『イケボと言えば浦田くんやで!』っつって(笑)」一同「ああ〜」アサミさん「オエセル隊のイケボです。」リーダー「中身は置いといて…」王子「人間性は置いといて。」間違いない、本当にカッコイイ。毎回二度見する(笑)

王子「髪の毛ちょっとチリチリしてきたね(笑)」リーダー「……(ノД`)」Shadowさん「伝承歌劇団の半数はチリチリだから!」アサミさんは待ち合わせをする時、Shadowさんとリーダーを見間違えそうになったらしい。Shadowさん「身長も同じくらいだし。」服装のテイストも似てる?との事ですが、ゆっこさん「筋肉が違います!」←チカラいっぱい言った。ライブで腹筋を披露するとかしないとか、そんな噂もあるみたい。王子「本番でShadowちんを脱がす事ができたら…」←何故そんな言い方をするのか(笑) アサミさん「エロいー!!!((*´∀`))」←大喜び(笑)

あとは物販のご案内がありました。ライブ当日、ミニアルバムが発売される予定だとか。YUKKAさん「間に合えばね!!(笑)」コーラスに王子も入ってるそうですよ!3曲収録されているみたいですが、それらは8/24のライブで全部演奏されるとの事。尚、物販はロビーでなく終演後に客席部分を物販ブースにするのだそうです。(ロビーだとちょっと細長くて狭いのかもしれないな…。)
更に、この日限定のグッズもあるかも?との事。YUKKAさん「今ここで(王子と)企んでますんで…!」王子「できることはやりますよー?」←頼もしい((*´∀`))
最後にリスナーへのコメントがありまして、ゲストさん1組目終了。

手作りナマCMの2本目はベフォールズによるものでした。ハスモダイはメルが好き(笑)そう信じてる。そうそう、台本があるからヒースマがヒースマだったよ…良かった良かった。(終盤ちょっと鼻スマになりかけてたけど…。/笑)

ゲスト2組目は低音弦楽士(ベース)のLariosさんと語り部 Algosさんでした。役職(?)の割にこじんまり座っている語り部さん。鼻さま「語り部張って!」アサミさん「声張って!」そんな中、カメラ固定が上手く行かず画面がグラグラしています。王子「もう、持ってるよ!」凛々しく宣言しまして、ここからは王子手持ち撮影でお送りします(笑)
お二人にも『おしほ』からメッセージがありました。読んだのは王子。語り部さんは過去に仕事で会った事があるにも拘らず、姫の事を覚えてなかったらしい。アサミさん「私その現場見ましたね。確かに『はじめまして!』みたいな顔をしてて…」王子「ちなみにその仕事って何だったの?」どうやらそれも覚えてないらしく…。Lariosさん「一期一会って言葉もありますからね!」←フォロー役。鼻さま「(自分も)人の顔と名前覚えてない…(笑)」王子「実は私も(笑)」髪型変わると誰だか分からなくなっちゃうとかありますね!

するとゆっこさん「実は私、 Algosさんとは昔からお知り合いで…」一同「えっ?!( ゚д゚ )」リーダー「元カレとかそういう…」←上手い(笑) でも、そういうのではないらしく、ゆっこさん「10年とか…前ですよね?」Algosさん「えっと…その話は…しちゃって良いんですか?僕は一向に構わないんで…」ゆっこさん「同じ舞台とか、ご一緒させていただいた事がありまして。」Lariosさん「濡れ場があったってこと?」←場に馴染んでいる感ハンパない(笑) ゆっこさん「はい」リーダー「はい、って(笑)」とにかく、同じ舞台に立ったことがあるみたいです。
リーダー「河原木さんは全く覚えてなかったんですか?」どうやら覚えてないわけでもない?ようなのですが…よ…よく聞こえません…!(;´Д`) 王子「声、声張って!!」アサミさん「めっちゃライブで語ってるのに!」語り部、まさかの台本無いと喋れない説…!(笑)

『おしほ』コメント、続いていはLariosさんについて。可愛くて足がキレイらしい。Lariosさん「可愛くないのにね!残念ですね!」王子「何、卑下キャラ?(笑)」アサミさん「私の印象は森にいそうなイメージ…」Lariosさん「マタギ?マタギでしょ?」王子「確かに、昔やってた西川君の『じゃんごー!!』みたいな」←『WILD LUSH』のこと。リーダー「僕はヘルシアのお兄さんみたいな…」伝承さんはヘルシアを飲んでいる人が多いらしい。Lariosさん「一生懸命だから、皆!」←このコメント好き(笑) 王子「燃焼、燃焼で(笑)」Lariosさん「そう。ヘルシア3兄弟がいるから(笑)」だんだん分かってきた…6月のライブで予期せぬアクシデントが発生した時、間を繋いだのが語り部でなくLariosさんだった理由が…。
全く関係ないですが、私の中でLariosさんのイメージが「秀 麗黄」で固まりつつあります(笑)

王子「そうそう、さっきYUKKAつんがオエセル隊と伝承歌劇団コラボをしようって言い出したのはゴッさんだって言ってたんですけど…どういう?」Algosさん「間違いありません、以上です。」←自供。王子「以上じゃねーよ!(笑)」←無駄にカッコイイ突っ込み(笑) 語り部さんは登場するのがアツいキャラなので気張らないといけない…という話をし始めますが…。Lariosさん「簡潔にね。」←多分この人おかーさんなんだと思う。
リーダー「リスナーさんが『声張れや』って書いてます!」Lariosさん「その通り!声張れや!…ちょっとマイク近づける?」漫才状態になるお二人に、王子「ラリさんとゴッさんて親友やって聞いてんけど…」Lariosさん「作られたキャラを今…」結局語り部さんに、何故オエセル隊になったのか声を張って簡潔に!という指示が出ました(笑) Algosさん「一人でやると大変なので、仲間が欲しいなって」王子「誰でも良かったと!」一同「(笑)」オエセル隊も割と卑下キャラなのです…!(;´Д`)

王子「今回、オエセルJAPANの曲をやるんですけど、ラリさんは打ち込み部分を担当してくれて…」生演奏する以外の音を「打ち込む」という作業があるらしいですよ!Lariosさん「苦労は…したねぇ!浦田さんの曲大変だった!!あとさちさんのも大変だった。」王子「私も?そっか…音数が…?」Lariosさん「沢山、いらっしゃるので。…ピロピロとズキューンとドーンが多い」王子「そうね、イキオイあるからね」Lariosさん「(リーダーの曲は)やったことないジャンルの…オレ『フルート』って音色初めて選んだ。」王子「音源を聞いてそれから作ってくれたんだもんね」え、そういうのって聞いてわかるモンなんですか…?( ゚д゚ ) ←当然素人が聞いても一切分からない。
鼻さま「普段からそうやってラリさんがやったりするの?」Lariosさん「Dahna先生がいっぱいいっぱいの時はね」王子「弾いてて一番キツー!って言うのは?」Lariosさん「弾くのは、どれもそうでもないですね」王子「曲の合間にヘルシア飲めるくらいだから」更に皆さんはリーダー曲で急に喋りだした時の対応まで考えているらしい。Lariosさん「我々はイザ喋られた時のリハーサルもしとかないとと思ってるんですけど(笑)」急に歌がなくなるとどこ演奏してるのか分からなくなっちゃうみたいですよ…これはもう真面目に歌うしかないですね…!

アサミさん「こうしている間に、 Algosさん微動だにしないのが面白い…」語り部…この人のジョブは語り部だったはず…!(;´Д`) ゆっこさん「 Algosさんに質問があります!あの音圧の中で喋るコツがあれば教えて欲しいです!」アサミさん「普段こんなに声小さいのに…」 Algosさん「ライブハウスの時は自分やってるからね…客席に届いているのかっていうのは分からないですよ」王子「確かにステージ上で一緒にいるとゴッさんの音がモニター全部切られてて…」Lariosさん「あの、言い訳していいですか?自分のモニターにゴッさんの声入ってくると何弾いてるか分からなくなっちゃうのね」「嫌ってるんじゃないのよ、でもここから入ってきて欲しくないの!」お願いですから、次回から秀 麗黄って呼ばせてください(土下座)※共感してくれる昭和求む。

Algosさん「でも結構ヘコみますよ、皆が『語り部切ってくださーい!』」王子「この前も、ゴッさんと私の掛け合いがある場合はゴッさんの声が聞こえないと厳しいので…」Lariosさん「渋々ONにした!」ゆっこさん「でも仲良しなんですよね?」Lariosさん「…そうですよ?」間…微妙な間が…!(´□`;)
王子「この間のステージで音が止まった時に、語り部が語りだすと思っていた。」私も語り部が語りだすと思ってた。Lariosさん「オレも語り部が語りだすと思ってた」←だがこの人が喋りだした(笑) 語り部さんはアドリブ無理と判断したDahnaさんが振った?説も出ましたが、王子いわく「ゴッさん(ストーリーに)入り込みすぎてたみたい、あの時。」との事。
Algosさん「あの直後のね、シーンはね!大変だったの!!」物語的にも山場だったし、そうか集中せねばならなかったのか…と納得しかけたところで、Algosさん「普通に僕、喋れません…よって、喋れる人に喋ってもらった方が良いと…」王子「いいのか語り部(笑)」Algosさん「いや、『語り部』であって『フリートーク担当』ではないので。世間の皆さんが誤解していらっしゃると思います」Lariosさん「正当化してるなぁ…」王子「あとでYUKKAつんに怒られるよ」Lariosさん「声優さんとかラジオですげー面白い事言ってるよ」でも台本が無いと様子がおかしくなる(?)役者さん好きです、私(笑)

リーダー「ゴッさん、それ分かる…!」アサミさん「アドリブ得意なくせにー!」リーダー「この人たちね、突然『前説やって!』って言うんですよ」 Algosさん「よーし、仲間がいた!」王子「はいはい!!…浦田君は、ちゃんとやってくれます!」一同「うぇーーーい!!!!」王子「水を得た魚なんだよね」リーダーの前説は天才的過ぎて(曲のボリューム上げるとか。/笑)思わずリスペクトしてしまったあの頃…。
Lariosさん「一時期ね、伝承でもゴッさんに前説お願いしてたんだよね。…その幕の内でのオレらの不安ったらもう…」鼻さま「伝承さんのベシャリ担当は誰なの?」Lariosさん「無いんじゃないの?」王子「物語で構成されているからフリートークは無いよね」アサミさん「伝承さんでフリートークをするとしたら誰が一番…?」Lariosさん「よくやってるのはYUKKAつん」リーダー「前ラジオでDahnaさんが喋ってるの聞いたら武器の話してたもん」王子「坂の話してたけど」確かに以前、オエセルラジオに出演したDahnaさんは坂の話を…!(笑)
鼻さま「前Dahnaさんが他のバンドのライブ映像見て『あぁ〜よくこんな流暢に喋れるなぁ〜』って(笑)」Lariosさんいわく、Dahnaさんは喋れるけどウッカリ長くなっちゃう?らしい。こちらも最後にリスナーへ向けて一言ずつ頂いてコーナー終了。

CM3本目は姫林檎メンバーでお届けします。わっほう!ヨアヒムさん〜ヽ(*´∀`)ノ ←モフモフしたい(笑)。 今ひとつバルさんに慣れない私。鼻さまのカッコエエ声にムズムズしたが(笑)グラグラしてるクレメンスさんに「オイオイ、タイトル違うぞ(笑)」って突っ込んだのは良かったと思う!
王子「これは難しい!」リーダー「システムいじりながら長台詞無理!」動画部長、見えない所で奮闘でございました。

そして、最後のゲストは 声楽士(ボーカル)Dahnaさんと 高音弦楽士(ギター)Rashufelさん。『おしほ』から伝承歌劇団さんへのコメントはリーダーがややネズミーマウス的な声でお届けします。『WE LOVE SACHI』でお世話になったというエピソードも出ていました。
鼻さま「伝承さんとの付き合いってどれくらいになるんだろう…?」王子「オエセル隊で言うと、そんなに…」王子単体としてはかなり前から、ですがオエセル隊としては比較的最近らしい。と、ここで『WE LOVE SACHI』の説明が(笑)アサミさん「知らない方の方が多いかも」王子「私の誕生日を、ものごっつい大人数で祝おう、みたいな企画がありまして…」オリジナルソングにオリジナルPVをつけるという…それはもう凄い代物だったんです。王子のお誕生日お茶会で披露されました。リーダー「あれギャラにしたら凄いことになりますよね?」←急に現実的なこと言う(笑)

実は Rashufelさんも参加してた、という話が出ていました。鼻さま「ちなみにどなたの扮装を…?(笑)」Rashufelさん「忘れましたね〜」Dahnaさん「白いヒゲはつけてたね」Rashufelさん「顔の色の白さで採用された感じかな…」鼻さま「アサミちゃん顔真っ黒に塗ってね」リーダー「僕女性でした」アサミさん「私男性でした(笑)」イベント時に見てたけど、誰がどれとか一切分かりませんでした。今からでもいいからコッソリ教えて欲しい…!(笑)

続いて『おしほ』から Rashufelさんについてコメント。イケメンなのにおじーちゃんらしい。王子「イケメン担当だもんね」鼻さま「カッコイイもんね!」王子「私の友達にもですね…ラシュ兄の大ファンがいて(笑)」一同「あぁー!」恐らく、乙女なあの方だと思われます(笑)。 鼻さま「この前ライブで会って『ラシュ兄に好きだって言って来いよ!』って言ったら『言えるわけないじゃない!』って(笑)」Dahnaさん「いいね、ベタベタの反応で(笑)」
『おしほ』からDahnaさんについてのコメントは、優しいお兄ちゃんのような人で怒ることあるんですか?とのこと。王子じゃないけど怒ったら一番怖いのでは?と言われていました。Rashufelさん「…間違いないね」王子「間違いないって言った(笑)」怒りで雨降らす?とか…。アサミさん「さっき外に出て Dahnaさんの報復にあってズブ濡れになりました」Dahnaさん「報復?!( ゚д゚ )」鼻さま「何をしたんだ(笑)」

リーダーとして厳しい言葉をかけることも?という問いにはDahnaさん「そんなにはないですよ」とサラリ。練習の時に乗ってこないとオーラ(?)を放つらしいです。怖い、そのオーラ怖い…(笑) アサミさん「さちさんなんかずっと思ってると思いますよ、『早くエンジンかけろよ』」鼻さま「オレら?(笑)」王子「オエセル隊についてですね!(笑)」リーダー「急に現実に引き戻された…orz」皆さんエンジンは出だしから全開で、フルスロットルでお願いします!(笑)

ここでDahnaさんが1曲。『ウルトラマンネクサス』『英雄』との事です。(曲目ついったから拾わせて頂きました)初めて歌う、と言いつついつも通りの安定感。それはもうさ、このくらい歌えたらさ、私だって一人でカラオケ行くよ…!

鼻さまからゲストのお二人に、 オエセル隊のイメージは?という質問。 Dahnaさん「全体的なイメージとしては個性がそれぞれ、良い意味で交わってない」良い意味でマイペース、との事。王子「野放しですよ!」アサミさん「ケンカしたことない」王子「たまにムカッとしますけど(笑)」鼻さま「まぁまぁ、色々ありますよ!」見てて飽きない、と言われています。確かにサラリーマン社会では見かけない面白集団…サラリーマンはサラリーマンで、別方向に面白い人いますけどね(笑) 一方のRashufelさんはというと、「『オエセル隊』っていうのがどっかのバンドの…皆さんが声優さんだっていうのを全く知らなくて…」との事で最初のうちは会話がかみ合ってなかった?とか。

更に鼻さまから伝承歌劇団結成のきっかけを聞かれて、 Dahnaさん「僕の一念発起というか、最初にやろうと思ったので…」もともとその曲を聞いただけでシーンを思い出せるようなテーマ曲が好きだったDahnaさんが物語と組み合わせる形を考えたみたい。Dahnaさん「頭の中で自由に想像して欲しいんですよ。主人公がいて話があって、景色があると思うんですけど…」それは見てる人がそれぞれ想像して欲しい、との事。なので、プロジェクター等は使わないのだそうです。

若干寝てる疑惑のあったRashufelさん、オエセルJAPANの曲について聞かれて「ドラムが一番大変なだけで、僕とLariosはそんなに大変じゃないです」王子「ギター的に大変なのは?」 Rashufelさん「大変なのはないんですけど…覚えるのがね(笑)」Dahnaさん「おじーちゃんだから(笑)」王子「新曲6曲って事だもんね」YUKKAさんも普段弾かないような曲と弾いている、とおっしゃっていましたが、ゆっこさん「楽しいですか?」 Rashufelさん「楽しいですよ」可愛い曲を弾くイケメン担当、乞うご期待!

8/24開催のイベントに向けて、ストーリーの見所について。Dahnaさん「最終回って言ってるけど、じゃあ結局何話やったのよっていうのが…」本当に実際30話以上やっているわけではなく、部分的に抜粋してライブとなっている形態。キャラクターの成長や場面の変化が繋がって、最終回では色んな謎が解けるとの事。
尚、登場人物のキャストも改めて発表されまして。鼻さま「どこに乗ってるんですか?」アサミさん「噂では私小指って聞いてるんですけど(笑)」 Dahnaさん「それは…マグネッター5本指かって話ですよね(笑)」旧機体は5機が合体する形で、長男から順番に、上から順番に乗ってたらしい。アサミさん「小指が『おしほ』ですね!」アサミさんはちょうど、膝小僧担当みたい(笑)
で、現れました強敵アドラル。リーダー「ネギ投げれば大丈夫!」…勝てる…間違いなく勝てる…!(´□`;) ネギから逃げ回るアドラル様見てぇー!!!(笑) 現在は新しい機体になっているそうですよ。

王子「今ね(コメントで)『初見で付いていけるか不安』って」イベントではこれまでの概要も分かるようにしてあるとのこと。あとは語り部さんが語ってくれるし、変な妄想して自分で勝手に話作らなければ大丈夫!(←妄想で物語改変した。)

Dahnaさんから改めてライブ情報の告知が行われた後は、 Dahnaさん&王子が歌います。『破邪大星ダンガイオー』の『CROSS FIGHT!』いつも通りエロカッコイイ〜*:.。☆..。.(´∀`人) ←エロは外せない(笑)

Dahnaさん Rashufelさん双方からリスナーへメッセージを頂いてゲストコーナーは終了。エンディングへ突入しますが、既に90分を超えております(延長延長って入ってたもんなぁ…。/笑)ラジオと同様、オエセル隊の出演情報が告知されました。大体ラジオと同じだったと思います…。

王子「浦田君が歌いたがってるんで!」…え、どういう心境の変化?!( ゚д゚ ) 歌うのは『マジLOVE1000%』だそうです。こちらもついったで教えていただきました、乙女ゲーの曲なんですね。アサミさんが「私合いの手やるー!」と元気一杯参加してた理由が分かりました(笑)。
この曲、6/2の『B-ready!』さんのイベントで男性陣が歌ってたのですが、客席の女の子たちがこぞって合いの手に参加してたので、てっきりジャ●ーズあたりの曲かと思ってました。…そうか、乙女ゲーって今世の中にそんな広まってるのか…。私乙女じゃないから乙女ゲーは分からんよ…(笑)

時間にして2時間弱、久々の生放送お疲れ様でした。そして8/24のイベント、素敵なものとなりますよう!

X Home X

inserted by FC2 system