魁!オエセル学園 感想文02

X Home X

第2回OA「生きることが不慣れですby浦田」(2016/4/15UPDATE)

2週目です。皆さん本当に制服です。(夢じゃなかった)

リーダー「魁!オエセル学園、本日の生徒会出席メンバーは?!」王子「2年A組 生徒会副会長 松本さち 好きな給食のメニューは、ひな祭りの菱形のゼリー(キリッ」鼻さま「3年B組 広報担当 はらさわ晃綺 好きな給食のメニューは、胡麻団子!!!」アサミさん「1年C組 書記兼会計 矢口アサミ 好きな給食のメニューは…揚げパン!!!」リーダー「2年D組 雑用担当 浦田優 好きな給食のメニューは…牛乳…」王子「そして、本日の欠席者はコチラ」『揚げパン』 副会長めっちゃカッコイイのにひな祭りのゼリーって可愛い選択。完全にギャップ萌え。

リーダー「はい、というわけでございましてオエセル学園でございます!」←司会らしい。ホワイトボードに書いてあった。多分副会長の字(笑)
一同「いえー!(拍手)」リーダー「せばまれている…」一同「(笑)」王子「(正しくは)挟まれている」鼻さま「せばまれている(笑)」リーダー「大阪弁が出てしまいました…今回は好きな給食のメニューということで」←忘れかけていたけど関西人。 一同「はい」リーダー「皆さんに一言答えていただきましたけど…(アサミさんは?)」アサミさん「揚げパン!!」リーダー「ほぉ、何故?」アサミさん「なかなか食べられませんよね、普通?売ってませんよね…」鼻さま「今ね〜、揚げパン売ってんだよね」アサミさん「今は売ってますけど、その当時は…」リーダー「普通のコッペパンが主流だった時代ですね。たまに揚げパンが来る」鼻さま「給食で揚げパン出たこと無かったな…」王子「ウチもない」リーダー「えっ?!」アサミさん「えー?!(´□`;) 群馬と京都はない」鼻さま「いや、多分年代の問題かな?(笑)」王子「年代か(笑)」鼻さま「揚げパンって何だ?と思って…」リーダー「戦時中ですからね!」一同「(笑)」一応埼玉にはありました、揚げパン。アサミさんは多分都会の埼玉だけど(笑)田舎の埼玉にもありました。

リーダー「副会長!」王子「私は、ひな祭りの時の菱形の三色ゼリー!」鼻さま「ゼリー?!」リーダー「ゼリーなんですね」王子「緑と白とピンク、3色になってるゼリーが冷凍庫で凍らせられて出て来る。食べるとシャリシャリっていう…」リーダー「味はどうなんですか、桃とか…」王子「そんなね…細やかな味はしない」一同「(爆笑)」給食は大体細やかな味はしない(笑)。鼻さま「色は違うけど味は皆同じってヤツだ」王子「その食感がね、すごく良かった」一同「ああー」王子「めっちゃ美味しかった!」鼻さま「それって何?女子限定?」王子「違う違う!」アサミさん「(男子も)ちゃんとありましたよ」鼻さま「ホント?」リーダー「僕見たことないですね」鼻さま「オレもないなー」アサミさん「(三色ゼリーは)年代問わずですよね」鼻さま「桜餅とか出てきてなかったかなー…?」『もう記憶が定かじゃないおじーちゃん』一同「桜餅…?」鼻さま「ひな祭りの時に出てたのは…」王子「へぇー」リーダー「なんですか、草で巻かれた餅…」鼻さま「柏餅?それは端午の節句の方ですね(笑)」桜餅も柏餅も、あったと言えばあったような…なかったような…(←古すぎて記憶に無い。)

鼻さま「私は胡麻団子ですね」リーダー「またそれはオシャレな」鼻さま「まぁ言っちゃうと水団の団子みたいなのあるじゃないですか。」王子「白玉?あれ?」鼻さま「白玉とはちゃうねんな…あー、でも白玉に近いのかな。何かそういう…」リーダー「おばーちゃんがよく作ってくれる」鼻さま「形はいびつなヤツが胡麻の甘い…しっとりした、胡麻のペーストに混ざってる」王子&アサミさん「へー…」←あまり惹かれなかった模様。

リーダー「僕はですね、牛乳です!」アサミさん「三角のパックでしたか?」リーダー「そんな古くねーもん!ビン!ビン!!」王子「ビンの方が…」鼻さま「もっと古い(笑)」『ビンの方が古い気が…』リーダー「ビンのふたで、あの…」鼻さま「ああ、面子!やったやった」リーダー「楽しかったですねー。牛乳が無かった時、多分オレンジジュースとか紙パックで出てきますよね。女子なんかは『わぁー!』って言ってますけど僕はそれいらねーわ、って言って、そしたら女子が『じゃあ私にちょうだい!』って言うから『やるよ☆』って言って」一同「(笑)」リーダー「給食のときはモテてましたね」鼻さま「オレンジジュースの時限定ね(笑)」アサミさん「浦田君優しい!みたいな」リーダー「そんな感じ」牛乳瓶の蓋で面子っていうのが昭和の香り漂いますね…(遠い目)

本編は『ディベートの時間』から。
リーダー「さて、ディベートの時間がやってまいりました!生徒会は、生徒達をまとめるべく説得力のあるトークが求められる!説得力のあるトークで討論会を行っていただきます!A派、B派、どちらが優れたトーク力を持っているかは司会の私の判断で決まります!今回のトークテーマはコチラです!『目玉焼きにかけるのは?A:しょうゆ、B:ソース』で、ございます!ではクジでA派B派に分かれて討論してもらいます!」

ということで、早速クジを引く皆さん。王子「Bです!」アサミさん「やった!一緒!Bです☆」鼻さま「Aでーす!」王子「頑張ろうな」アサミさん「はいっ((*´∀`))」王子の頑張ろうな、が最高にカッコイイ件。アサミさんに割と本気で嫉妬した件…。。。
リーダー「というわけでチームが分かれました!」一同「はい!」リーダー「早速討論してもらいましょう!はらさわさんから!」鼻さま「当然目玉焼きにかけるのは醤油です」王子&アサミさん「何でですか?」鼻さま「醤油の方がやっぱり和風の味に合う、目玉焼きというと僕は和風の朝ごはんに。ゴハンに合うおかずだと思っているので、やっぱりゴハンに合うのは醤油だと思うわけですね」一同「ほぉ…」テロップでも『歯切れの悪い鼻さま』って言われてますけど何か大丈夫か(笑)。

鼻さま「白身の…こう…白身と黄身の甘みというか…甘みを引き立てるのはこの醤油の香ばしさだったり、しょっぱい味の混ざったほうが絶対美味しい」リーダー「ふわあぁぁあぁ」王子「欠伸してる!(笑)」鼻さま「ソースだとソースの甘みで卵の甘みが消えてしまうと思うんです私は」『もはや鼻様の言葉が耳に入ってこないw』アサミさん「卵って甘いですか…?」鼻さま「あぁ?!お前なぁ…卵の甘みが分かってない人間が目玉焼きを語るんじゃない!(笑)」『声のでかさで押しまくる鼻様w』←某ヒースマも割とこういう系(笑)ベフォールズで考えてもクジの時点で絶対に勝てない組み合わせ。

リーダー「落ち着きたまえ!」←メガネ君。(プリンセスチュチュの。)一同「(笑)」リーダー「ここでは嘘をついてはいけない!!」←特にそういう決まりは無い。鼻さま「嘘はついてねーよ!(笑)」←確かに。リーダー「静粛な場だここは!はらさわさんの意見はこういう意見でした。ソース派は?」王子「私はですね、卵が和食だとは思いません」アサミさん「その通り!」王子「ニワトリは…色んなトコにいます!」一同「(笑)」卵は世界で食べられています、じゃなくてニワトリの話。まずは親を語る(笑)
リーダー「世界中にいるということですね」王子「しかもソースは、ソースって言ってますけど色んなソースがあります。イタリアンソース、ケチャップ!あれ?(笑)ウスターソース…」リーダー「それを言うたら醤油も…(笑)」鼻さま「ソイソースじゃん!(笑)」リーダー「まぁまぁ、聞きましょう」アサミさん「しっかりしてください!(;>Д<)」王子「しょうゆはソースである、ソースの仲間ですよ」一同「(笑)」リーダー「なるほど(笑)」王子「大きな意味で醤油はソースです!」アサミさん「だからソースと。」王子「ソースの勝ちだ!」リーダー「じゃあ、矢口君」アサミさん「私もさちさんと同じくですね、卵の目玉焼きが和風とは限らない。何故なら…皆さんラピュタを見てください。あったと思うんです、パンに何を乗っけてました?」王子「目玉焼き!!!」テロップにも出てましたが、王子ラピュタ好きなんですよね…キラキラしてます(笑)アサミさん「目玉焼きですよね?」リーダー「おおー!」アサミさん「パンと目玉焼きと言えばソースの方が合うんじゃないかな。醤油じゃちょっと…何かね」王子「パズーは…ソースはかけてなかったけどぉ…」←ラピュタマニアだから。アサミさん「持ってはいた…」鼻さま「そのまま食べたら味ないんだよアレ!(笑)」アサミさん「でもパンだったので、パンに合うのはソースじゃないかなって」

リーダー「なるほど、お互いの意見が出ました」王子「はい」リーダー「では軽くセッションをしていただきましょう」アサミさん「ゴハンにもソースが合うのは関西の方はわかりますよね?」王子「…うん」アサミさん「たこ焼きでゴハン食べたりするんですよね」リーダー「定食がありますから」←地味に衝撃を受けました(笑) アサミさん「だから、ソースは大概なんでも合う」王子「そうだよ、万能なんだ」鼻さま「万能なのは万能なんでしょう。でもそれは醤油にも言えることであって…」一同「ん?」鼻さま「醤油はゴハンにかけても……パンには……?」一同「(爆笑)」王子「合わないぞ!!(笑)」リーダー「セッション終了!!!」
鼻さま「パンには合わなかったな(笑)醤油のかかったパンを想像したんだけど何も浮かんでこなかった」王子「自爆じゃない(笑)」鼻さま「味噌だったらなぁ…!」リーダー「ワタクシが今回の審判ということで」一同「はい」リーダー「両チームの言い分をちゃんと聞きました。それで決めさせていただきます!」一同「はい!」リーダー「ではここに札があります!硬そうな札です!」アサミさん「手作りです(笑)」リーダー「BがソースでAが醤油ですね。判決を…」王子「判決(笑)」で、やっぱりというかBソース派に軍配。

王子&アサミさん「やったー!」王子「勝訴だ!」鼻さま「裁判だったの(笑)」リーダー「最初は良かったんですけど、はらさわさんの敗因は最後負けを認めてしまったこと(笑)一同「(笑)」鼻さま「合わねぇな(笑)」リーダー「それを言わずにゴリ押ししていれば、こっちチームは矢口氏が一瞬マイナスを持ってた」鼻さま「あれソースかかってねーよ(笑)」アサミさん「パズーはね」リーダー「ソースでございます。やはりワールドワイドで言うと、醤油もソースの仲間になってしまう…」王子「そうだそうだ!」リーダー「ちょっと…負け戦ですけどね!」鼻さま「まぁ、ぶっちゃけ言うと俺もソースかけます!王子「私は塩だ!」アサミさん「合ってる、気が合ってる!」リーダー「私も塩です!」リーダー「また見てる人も『そんなワケは無い、はらさわさんの方が有利だ、バカか!』っていう人はメールを下さい(笑)」王子「勝負だ!!」リーダー「というわけで、今回トークが優れていたのはソース派でした!」特に要らない情報ですが私は塩コショウ派です((*´∀`))

更に『目安箱』と続きます。
リーダー「はい、このコーナーは生徒の何気ない言葉、悩み、愚痴などを聞くコーナーでございます!」一同「いえー!」リーダー「(投稿が)来ていますので、それを…悲しいはらさわさん」鼻さま「悲しいの?(笑)あ、ディベートでね」リーダー「負けちゃったから」ということで鼻さまが紹介した投稿はオエセル隊の皆さんの、2016年の星座占いについて。一応元ネタ探してみたのですが、ブログ記事?みたいなのしか出てこなかったので内容は必要最小限のみ記載します。

まずはアサミさん、しし座で11位との事。
アサミさん「成績だったらもう…最悪です」王子「ブービー賞!」夏以降が良いとの事です。アサミさん「オレの年だ!!」鼻さま「11位だからね(笑)」アサミさん「大丈夫だもん!頑張りますよ」鼻さま「序列で言うと下から2番目だから(笑)」アサミさん「順位なんか関係ない!頑張れば皆一等賞だよ!」王子「ゆとりだー!(笑)」鼻さま「キレイごとだ!(笑)」←汚れたオトナだ(笑)

リーダーおとめ座は10位。乙女座、ってところで王子「ははっ!(笑)」って笑ってますけどね。あの風貌で乙女座ってね…(笑)
リーダー「乙女座ってどの占いでも下の方なんですよ」王子「いつも?」リーダー「いつも。そうそう、乙女座は。めざましテレビそうですし、ダウンタウンの松本人志さんも言ってたんですよ」そんな乙女座、今年は物事が裏目に出るとの事。リーダー「最悪じゃん!!」でも意外な人と恋に落ちるらしい。王子「そこ(アサミさん)じゃないのー?」アサミさん「やった、浦田さんリア充だ!リーダー「ここ(鼻さま)と…?」アサミさん「BLだ!!」もはや「ボーイズ」ではないけどな。(←厳密な「ボーイズ」が守備範囲。/笑)
リーダー「要するに僕がこれだと決めたことの反対を選べば良い。」王子&鼻さま「そうだね」リーダー「そういうことであれば、ある意味一位ですね」鼻さま「勝ったようなもん」王子「不慣れなことに挑戦(とも書いてある)」

リーダー「不慣れなこと…生きることがもう不慣れです

本日のサブタイトル賞、おめでとうございます(笑)

続いて姫は姫おうし座で7位。下半期で疲れが溜まるとの事。
鼻さま「目に浮かぶね(笑)」王子「年末は体調崩してるよね」鼻さま「今年に限らないからね(笑)」アサミさん「あの、スタートがビューン!って行っちゃうんですね」リーダー「オエセルでも『王子!王子!!』って絶好調じゃないですか」王子「今?(笑)」アサミさん「寝不足が溜まってる気がします」王子「うん」鼻さま「体調に気をつけましょうということで」王子「気をつけて!」鼻さま「気をつけて下さい。…もういい年なんだからリーダー「うはは!!(笑)」←嬉しそう。あとで怒られるがいい(笑)

王子、おひつじ座で5位。後半大きなチャンスを掴む、年末ケッコンも?との事。
鼻さま「ここ(リーダーと)じゃないのー?!」王子「(リーダーの占いは)意外な人と、って」鼻さま「そうだよ」

王子「意外すぎるだろ。」←カッコよすぎだろ。

一同「(爆笑)」リーダー「地球が滅びる…」アサミさん「自分が思ってもみない方向と(笑)」リーダー「分からない、河原木さんかもしれないよ?!」アサミさん「志穂さんに行こうとしてさちさんとケッコンするんじゃないですか?」リーダー「ワケ分からない!」鼻さま「(アサミさんに)キミも混ざって来いよ!(笑)最近リア充系の話から遠ざかり気味のアサミさん。諦めたらそこで試合終了ですよ!!!(ちなみに私の試合は終了致しました。ありがとうございました。)

ゆっこさんはさそり座で4位。上半期好調すぎて後半だらける?との事。
リーダー「うわ、ありそう(笑)」アサミさん「すごい、当たってそうですよね」ま、前半頑張ったならそれでもヨシと…。

最後は鼻さま、いて座で1位だそうです!狙ったとおり物事が進むとの事。
王子「進んでなかったけどな」『カミカミw』鼻さま「ちょっと興奮しちゃいました(笑)」←狙ったとおりに〜のくだり全然読めてなかった。結果、王子の「進んでなかったけどな」が超絶輝くことに。
王子「目的をちゃんと決めるってことだね」鼻さま「オレ占いでこんな良い事書いてあるの生まれて初めて(笑)」アサミさん「泣かないで!」王子「感動してる(笑)」鼻さま「オレ明日死ぬのかな…?」アサミさん「大丈夫、一位だから!」鼻さま「ちょっと不遇な時代が長かったから…」今年は鼻さまのターンらしいです。ソース(と同じことが書いてある?)と思しき記事を見たところ、私(てんびん座)12位でしたので大人しくしておきます(笑)

で、投稿者からの全般アドバイスとしては、前半姫、後半王子とアサミさんが活躍できるようにして最終的な決定権を鼻さまに持たせると良いとのこと。
王子「そうだよ頑張って、鼻さま!」鼻さま「はーい」アサミさん「企画とか全部任せましょう」王子「積極的に『こういうのどう?』って発案してもらって」そうそう、予算と段取りと後片付けのことを考えて。そこが第一。基礎がしっかりしてれば箱は立つ。
リーダー「そしてそれを、オレが『これだ!』って言ったものの逆を選ぶ!」王子「まずは志穂ちゃんが活躍できる…」鼻さま「どうしよう、王子と絡めれば良いんだね(笑)」リーダー「あと高口さんは子育て怠けずに!」一同「(笑)」アサミさん「空海さん大切に!(笑)」今年も皆様の活躍楽しみにしております…!

更に『学園の名物生徒、先生紹介』というコーナーも。

リーダー「このコーナーは、新シリーズから始まったオエセル学園のショートドラマにリスナーの皆さんが学園の一員となるべく設定を送っていただくコーナーです!投稿などで既に自分のクラスやキャラが決まっている人はそれを掘り下げて下さい!採用されたらドラマ内であのキャラに名前を呼ばれるかもー!」アサミさん「とは言っても私達の設定を知らないと設定書きづらいよ、ということでコチラを紹介します。」素晴らしき設定、楽しげ((*´∀`))

アサミさん「まず、生徒会長 河原木志穂 3年A組でございます。噂によるとA組は一番成績が良いような…噂があります。吹奏楽部フルート担当です。よくいる教室は、音楽室です。」素敵です、定番だけど素敵です…!

アサミさん「副会長 松本さちさん! きゃあぁぁああ〜!!きゃあぁぁああ〜!!ヽ(*´∀`)ノ 」リーダー「扱いが違う(笑)」アサミさん「2年A組で剣道部所属。よくいる場所は図書室です。で、補足としまして、実は河原木会長と幼馴染という設定が…頭が良いらしいです」こちらも定番中の定番。これまた剣道部ってところがニクイ(笑)

アサミさん「広報担当 はらさわ晃綺さん 3年B組 噂によると留年してるので年齢不詳。落語研究会 よくいる場所はお風呂場です」必要な人。こういう人がいないと成り立たない、何事も。戦時中生まれで留年(?)ってもはや学園の主。落語研究会の設定を生かしてイベントで落語を披露して欲しい(笑)

アサミさん「書記兼会計 矢口アサミ 1年C組、一番下ですね。サッカー部所属です。よくいる場所は体育館倉庫。一応ですね、スポーツ特待生らしいという(笑)設定があります。だから頭悪いです、サッカーしかできません…」リーダー「そのうちリフティングとかやってくれるんですよね」アサミさん「うふふふふふ…」リーダー「ドラえもんか!」
私的に一番ニヨニヨが止まらない設定はこの人。オエセル学園は多分高校の設定だろうけど、飛び級とかで14〜5歳であってほしい。15歳は越えないで欲しい!!!最終的に妖精であっても可!!!(違)

アサミさん「はい、雑用!」リーダー「私です!」アサミさん「浦田優さん 2年D組 あまり頭が良くないクラス(笑)リーダー「帰宅部でございますよ!よくいるのが、やっぱり静かなところでゲームをしたい。保健室でございます!」アサミさん「そして、何と浦田さんの裏設定が主人公と同じクラスです!」リーダー「ありがとうございます!」…ということは主人公はあまり賢くない設定…?( ゚д゚ )

アサミさん「そして最後、監査 高口幸子さん」リーダー「3−D」アサミさん「実は3年D組(笑)3年生だったんだ…」リーダー「結構上なんですね」アサミさん「で、何か謎。」リーダー「謎なんですよね」アサミさん「よくいる場所が体育館倉庫」アサミさんがゆっこさんを育てているか、ゆっこさんがアサミさんを育てているか、どっちかの設定がいい(笑)

アサミさん「この設定があって、例えば皆さん投稿していただく方は、私3年A組ですと。河原木さんとクラスメイトです、とかあとはですね…同じ部活、落語研究会に入っているとか。サッカー部のマネージャーをやってますとか。副会長のファンクラブとか。そういうのも募集しているので…何でも良いので設定を決めて…先生でも良いです。そういう設定を決めて学園の一員になってみてください。もし採用されれば『担任の何とかがさぁ…呼び出しくらっちゃって…』みたいな」リーダー「なるほど!(笑)」アサミさん「そういう台詞があるかもしれません」リーダー「同じ部活ですとか同じよくいる場所がカブっても特に問題はございませんので、どんどんボシボシ…」アサミさん「ぼしぼし!」リーダー「お待ちしておりますので!」素敵なキャラが増えそうですね((*´∀`))
ビックリするくらい「学校で何か教えてそう」と言われる私は先生がいいかな…しかも半分くらいの確率で英語(しかもグラマー)を教えてそうって言われるのね…(あとは現国か数学)英語死ぬほど苦手なのに…教員免許取るとしたら倫理(政経)しか取れないのに…(政経も致命的に苦手。/笑)副会長ファンクラブの顧問(?)にでもなるか…(カネを数えるのは得意。/笑)

そしてお待ちかねのショートドラマ。今回は会長のターン。色々な意味で似合いっぷりがすごい。制服もフルートも。怖いくらいの似合いっぷり(笑)

一つだけ確認しておきたいんですが、『会長の忘れ物』あれグッズになりますよね? ( "ω") クワッ 会長秘蔵のポストカード5枚組、結構なお値段でも頑張って買う覚悟です、お待ちしております…。

最後は『今日の総括』
リーダー「今日の総括をクジを引いて当たった人が述べます!!」一同「述べるの?」リーダー「述べます!!」ということで席が離れているので順番にくじ引き。王子「あ、決まった!」2本目でアサミさんが引き当てました。リーダー「矢口君…これだからスポーツマンは嫌なんだ!」アサミさん「ごめんなさーい(;´Д`)」仕方ない、誰かが引くんだ…(笑) リーダー「述べろ、述べるんだ!」アサミさん「浦田さんは…生きていることに不慣れです…!!」 …リーダー元気出せ!(ノД`) 

X Home X

inserted by FC2 system