魁!オエセル学園 感想文17

X Home X

第17回OA「包帯=エロい!?」(2016/11/11UPDATE)

王子「魁!オエセル学園 本日出席の生徒会メンバーは?」アサミさん「1年C組 書記兼会計 矢口アサミ 学生時代集めていたものは…レターセット!」王子「2年A組 生徒会副会長 松本さち 学生時代集めていたものは…野菜のキャラクターの文房具」アサミさん「本日の欠席者は、コチラ!」『青いモノ』鼻さま『アニメのポスター』リーダー『アニメディア』
もう生まれながらのオタクだったのか、私常に何かを集める人生ですよ…(遠い目)

王子「はい、そんなわけで…学生時代に集めていたものを…」アサミさん「意外と二人ともファンシーでしたね(笑)」王子「まだ小学生だからね(笑)色々と…そうなんですよ、私もまだ女の子を謳歌していた頃なので…」アサミさん「小僧だった頃じゃないんですか(笑)」王子「小僧じゃなかったよー!まぁ、見た目はちょっと男の子ぽかったらしい。何かね、足の魚の目を取る手術をしたんですよ、小学生の時に。で、スカートを履いて手術を受けているのに『痛くないからねー、ボク』って言われたらしい」アサミさん「うはははははは!!!(笑)」←何故かとても嬉しそう。

王子「アサミちゃん何?」アサミさん「レターセットです」王子「手紙の?」アサミさん「そうです、まだ…ね、携帯とかが無かったので(笑)」王子「まだ全然ね、狼煙を上げるくらいの(笑)アサミさん「そんな時代じゃない(笑)お手紙を友達によく書いたりとか…」王子「マメに」アサミさん「やってました。シール貼ったりとか『○○ちゃんへ、この間はありがとう』とか、そういうのを書いて送るみたいな」王子「え、ちゃんと切手貼って郵便局に?」アサミさん「いや、封筒に入れて手渡す」王子「交換日記みたいな」アサミさん「そういうの流行ってて…交換日記も流行ってましたけど」
王子「交換日記やってたなー…なつかしい」アサミさん「さちさんは野菜の…?」王子「そう、野菜のキャラクターの…その頃流行ってたんだよね、見たことない?ちょっと描いてみる…こういう感じ。これはトマトボーイ」アサミさん「よく、お土産のキーホルダーにいません?こういうの…」←分かる。絶対そういうのあった(笑)

王子「それはもう文房具屋さんに行くたびに、新商品が出ると買い集めてた」アサミさん「何か…何かがあったんですか?この子が好き、みたいな」王子「やっぱりトマトが好きなので…」アサミさん「食べるのが好きなのでトマト…ですか?」王子「も、ある。それもある(笑)」アサミさん「見たこと無いこれ…」王子「そうかー、でもちょっと…年齢も…ギャップがありましたね、ちょっとね(笑)」サンリオのサイトを見てみると野菜のキャラクターってあるようなんですが、王子が集めていたものかどうかは分からない…(年代的に私も絶対知っているはずだけど、ちょっと覚えが無いのです…)

コーナーは『目安箱』から。英語が苦手で単語を覚える方法を教えて欲しいという投稿でした。
王子「この二人に聞いて良いのでしょうか…(笑)」アサミさん「さちさん英語どうでした?」王子「いやもう全然ダメだよ?」アサミさん「ええー」王子「今はもう、英語って聞くだけで『ああぁぁぁ〜(;>Д<)』ってなる」←その気持ちとてもよく分かる…。
アサミさん「ウチの社長が出ている『フルハウス』っていう海外ドラマがあって、めちゃくちゃ好きで…」王子「はいはい!面白いね!」アサミさん「そこの歌を…歌が凄く多い作品だったんですけど、社長の賢雄さんがやっているジェシーおいたんが結構歌う人で、その時に原音で流れてたりするんですよ」王子「ああー!」アサミさん「それで覚えたりとか」

王子「私は昔、ピンクレディのミィちゃんがソロになってから歌ってた『NEVER』っていう曲…多分、英語バージョンがあって、それをカタカナ英語で歌って覚えてた」アサミさん「そういう取っ掛かりですよね」王子「そう!でも発音とか一切分からないし…中学の英語までは楽しかったよ。そこまではちゃんとやってた(笑)でも…高校になってからは英語ってあったんやろか…?アサミさん「あると思います。…あると思います!ない事はないと思います!!」王子「ああ〜そう?(笑)」
アサミさん「ありますよ!!京都は分からないけど(笑)」←なんということを…埼玉民がそんな事言っちゃダメ!(埼玉と京都には超えられない壁がある。/笑)王子「僻地みたいな(笑)やってたのかな?」アサミさん「やってますよ!」

王子「そうか(笑)最近ね、最近っていうかここ5年ですけど、乙女ゲームで『CLOCK ZERO』っていうのを、レイン・リンドバーグって役をやってまして、その人がたまにネイティブな英語を話すんですよ。」アサミさん「ほお!」王子「その時にもう台本を見て英語が書いてある、ちょっと旋律を覚えるわけですよ。あああぁ…英語や!しかもアメリカ人だからネイティブなんです!なので、ウチの事務所の許綾香ちゃんっていう帰国子女の子にレインさんの台詞を読んでもらって、それを吹き込んでもらって、それを聞いて練習するんですよ」アサミさん「耳コピですか?」王子「そうそう。ゆっくり、ちょっと早めに言ってもらう、それでやったりもするんだけど…やっぱりね、発音をすごく気にする。RだったりLだったり、そのへんがちょっとハッキリしてなくて(笑)なので、英語を喋る時には気を遣いますね。」
ホント良かった…そんな職業じゃなくて…(´ `) ←英語とは関わらずに生きる決意。

アサミさん「単語ってどう覚えたら良いんですかねースペルが苦手で…」王子「ローマ字やったら分かるやん?友達やったら『friend=フリエンド』って覚えてた」アサミさん「はぁー!なるほど!!ローマ字覚えをしておくと書きやすい」王子「そう」アサミさん「アレですね、youtubeを『ようつべ』って書く…」王子「そんな感じそんな感じ(笑)」アサミさん「そっか、それで覚えれば良いのか…」王子「そんな感じで覚えてた」
アサミさん「苦手意識持たないのが一番良いですね」王子「ホントはそうなんだけどねー!何でも。確かにそうかもしれない。」アサミさん「私も英語喋れないんですけど、歌う時って日本語英語だとすごくかっこ悪いじゃないですか」王子「はいはい」アサミさん「だから、ぽく、それっぽく、みたいな。嘘つき英語感で歌ってます」王子「分かる!『ベイビー』っていうのを『ベイベー☆』」アサミさん「それ!(笑)なりきることです!」

典型的な「試験用の英語」をやっていたので中学までは何とかなっていたのですが、高校で勉強をサボったら一気にダメになりました。(もともと試験用の英語なので、会話は出来ない。)もうね、日本語のままで通じますよ、心で!ココロで話せば!!!(;>Д<)

続いて『テストの時間』保健体育で包帯巻きをするようです。
王子「はい、手元に包帯ありますね」アサミさん「やらしい…」王子「やらしくない!(笑)」アサミさん「王子が持つとヤラシイ」王子「そんなことない…縛ってやるぜ!」アサミさん「縛ってー!!」王子「どの立場やねん、だから!(笑)」
アレな立場から一つ言わせて頂くと、王子の台詞を色々集めておくだけでココロが大層潤います。アサミさんの意見に同意を示しておきたい(笑)

王子「ほどいたヤツがある。これをクルクルっと巻いてケースに入れるまで」アサミさん「フタまで行きますか」王子「フタまで閉めたところで…このフタが一番難しそうやな(笑)ここまでを競います!」
勝負は王子先輩の勝ちでした。フタがくしゃっとなってたけど「王子先輩の勝ち」っていうフレーズだけで何となくニヨニヨできます。(きっと同意してくれる人がいるはず)

更に『リクエストの時間』では春山先生を出して欲しいという要望が。
王子「15話を見てください!」アサミさん「ちょっと、想像してたのと違うキャラになってますんで(笑)」王子「ちょっとね、濃すぎたかな…っていう…」アサミさん「カッコイイけど」王子「ウチらが殺陣を教えてもらっているあの春山先生とはちょっと違うかもしれないけど(笑)」アサミさん「ご本人も張り切ってて『また出番ないですか…?』って」王子「はははは!(笑)そう、殺陣の授業の2回目のときのSSにもう登場しています。初登場です、私編集しました(笑)あんな風に元気に返ってくるとは思ってなかったから、おお!と思って濃い効果音だとかエフェクトとか全部詰め込みました!」アサミさん「面白かったです(笑)」
王子「先生たちがね、濃くなってきてねぇ…」アサミさん「先生たちまた、今後もちょこちょこと…出して行きたいなと思っています」王子「出して行きたい、脚本家のお言葉でございます(笑)」アサミさん「出しますよ☆」王子「分かってるわね?私をいい気持ちにさせて…」アサミさん「そんなキャラじゃないです!(笑)」王子「どんな活躍をしていくのか、先生方も」アサミさん「そうですね」王子「まだまだ出ると思いますので…」

アサミさん「もしかしたら、他の人も特別講師で出てもらったらSSに登場するかも…」王子「そうだよね」アサミさん「どんどん、どんなキャラにしようか…あの二人が濃いから、先生たちが濃い目に来るから…」王子「そうだよねー、次はどんな先生に何を習うんでしょうかね?まずは先生に来ていただいて。」アサミさん「そうですね。先生って来てあげてもいいよ、っていう方…王子「あはははは!(笑)」アサミさん「募集します(笑)」王子「ぜひぜひ!(笑)私達にプロフェッショナルの技を教えてください。」
これからも個性派の先生が登場する予感…。逆にフツーの人もいたらいいのに(笑)

新コーナーもありました。『定期報告の時間』とのことですが…
王子「このコーナーは生徒会メンバーの近況を報告する…ぶっちゃけ、近況報告のコーナーです!!」

王子「…そんなわけで、こうやってフリートークをするというのがあんまり…『オエ学』になってからは無かったような気がするので」アサミさん「一回も…多分無かったと思います」王子「どうよ、最近?何してたよ?」アサミさん「最近ライブやりました☆mWmさんっていう、躯さんっていう…今会いに行く悪役。全国のご当地ヒーローの敵として活躍されている方がいまして、その方の率いる悪役バンドがあるんですね。プロレスと特撮をこよなく愛する悪役バンドで(笑)その人達に対抗するボーカル5として、出て来ました。ボーカルイエローで」王子「そのライブのためのユニットみたいな?」アサミさん「ユニットで。皆さん初めましてで」王子「ええ?!」アサミさん「やりました…」
王子「それはどういう繋がりで…?」アサミさん「その、躯さん経由で…で、私と躯さんは特撮の監督のお花見で(笑)」王子「知り合って(笑)」アサミさん「ツイッターで繋がって『お前特撮好きなん?ライブやってるの?じゃあやろうぜ!』みたいな」王子「おおー!」アサミさん「っていう感じでした(笑)」王子「そうやって広がっていくんだね。」アサミさん「生バンドで」王子「おお!いいね!生バンドかぁ!!」アサミさん「最初のボーカルさん達のソロはカラオケでやって、その後にバンドメンバーと一緒に生バンドで…」王子「それカバー?」アサミさん「カバーです。特撮カバーで、全部」王子「これからも歌の活動はやっていくんだね?」アサミさん「やりたいです!募集してます!(笑)」

王子「私はですね、鼻さまと、浦っちと、おしほと、私。4人オエセル隊が殆ど出てるっていう、やなせなつみさんっていう声優さんの主催するイベントっていうのが毎年ありまして。去年まではおしほと二人で出させてもらってて、今回男の人紹介して、っていうことで男性キャストとして鼻さまと浦っちが加わりまして。それでシェイクスピアの『お気に召すまま』の朗読をしたんですよ」アサミさん「おおぉー!」
王子「最初はね、衣装は皆Tシャツに布を巻きましょう、みたいな簡素な感じでやろうっていう話だったんだけど色々転がって行って何だか最後には社交界みたいな宮廷のドレスみたいな…」アサミさん「ツイッターで写真上がってたんですけど、あれ???っていう…」王子「皆ゴージャスになって行って…布くらいならこれでいいかな、って準備してた衣装がすっごいみすぼらしくなってしまって(笑)」アサミさん「買いなおしですか?」王子「買い足しした(笑)」

王子「浦っちはね、道化役をやってた。ピエロ。めっちゃ派手な衣装が似合うんですよあの人、顔が派手やからアサミさん「確かに」王子「鼻さまは…凄かった(笑)何が凄かったっていうのは…お昼と夜の公演があって、昼は真面目にシェイクスピア。夜は男女逆転で真面目じゃなくて良いと。何やってもいい、っていう状態だったから鼻さまの持ちタイでした(笑)」アサミさん「へぇー!」王子「夜だけ見た人は『あれシェイクスピアってこんな話やったっけ…?』みたいな。でも楽しい雰囲気は伝わったかな。まぁそれもカーニバルみたいな感じ。年に一度の楽しいお祭りでした。」アサミさん「おおー!」王子「またこれから色々やっていくと思うので。12月には志穂ちゃんとピアニストの島末幸子さんとやりますんで、最後の黒板の掲示板で告知させて頂きます。ぜひぜひ遊びに来てください!」

それぞれ素敵な感じが伝わってきますが、何かもう毎日の生活に歌とか衣装とか入ってくるのすごい(笑)素人はハロウィンの仮装すらままならないのに…!(;´Д`) ←材料費の面でもままならない(笑)

ゲーム風ショートストーリーは会長と雑用君の中身が入れ替わるという、いつかリクエストであったヤツ。入れ替わるのは会長と雑用君なんだけど、全体的に副会長がカッコイイで終わるっていう不思議回。(そう思ったのは私だけか…)
雑用君の「ネトゲ友達に聞いてみる」っていうのは何かそういう人脈ありそうだなと無駄に納得しました。きっとブランク兄さんみたいな人に聞くんだ。(違)

で、入れ替わった二人ですが、会長(中身雑用君)を見て副会長「…君は誰だ?会長じゃないな?」 マジかー!カッコイイわー!!(ノД`) ずるい、一目で分かるとか圧倒的にずるい。酷い横暴だ。会長が羨ましい(笑)
一発で見破る副会長に会長(外見が雑用君)は大喜びですが、副会長「…今その目で僕を見るのはやめて下さい」…うむ(´ `) ←メレブ調。

入れ替わりネタ面白かった、個人的には会長が色んな人と入れ替わって欲しい。楽しそう(笑) でも科学部が活動停止になっちゃったんじゃダメかぁ…。

最後は『今日の総括』、クジで当たったのはアサミさんでした。
アサミさん「私当たり率高いですよね…」王子「私実はね、17回でしたっけ?一回もやったことないアサミさん「ええぇ?!」王子「いええぇー!」アサミさん「それはそれで運が良い…」王子「そう、全然やったことない」
…知ってる…王子が一回も当たってないって知ってる…実はずっと王子の総括見たいって夢見てる…。。。

アサミさん「じゃあ、行きます。」王子「まとめてくれ」アサミさん「包帯をもったさちさんは、ヤラシイ」王子「アサミちゃんの主観だ、それは(笑)」アサミさん「多分志穂さんもヤラシイって言ってると思います」王子「ああー、志穂ちゃんは言うやろうな(笑)」アサミさん「あとヤラシイ人コメントに私も、って『ノ』ってあげてください(笑)」
同意はしておきたいし、ついでに言うなら「まとめてくれ」っていうのも相当にエロカッコよかった(笑)

X Home X

inserted by FC2 system