魁!オエセル学園 感想文31

X Home X

第31回OA「変身!浦っち」(2017/5/26UPDATE)

今回のオープニングは一風変わって演台からお届けするようです。
リーダー「魁!オエセル学園!!本日出席の生徒会メンバーは…」←夏仕様になっとる(笑) 姫「3年A組 生徒会会長 河原木志穂 学生時代は、電車通学でした!!」アサミさん「1年C組 書記兼会計 矢口アサミ 学生時代は、自転車通学でしたー!!」リーダー「2年D組 雑用担当 浦田優 学生時代はチャリ通でしたっ!」「そして、本日欠席の生徒会メンバーはコチラ!!」王子『自転車通』鼻さま『バス&電車&徒歩のフルコース』

リーダー「はい、というわけでございまして。そんなこんなでございますよ…また、珍しい3人…久しぶり?」「私久しぶり!」アサミさん「そうですよね。浦田さんも久しぶり…」リーダー「久しぶりだし、この3人台風以来じゃないですか?」「ああー!!すごい昔にあったね!!」リーダー「台風以来ですよ」「台風以来かー!」←収録の日に台風が来て、アサミさんは到着したもののリーダーと姫が辿り着けず、その珍道中がお届けされた回があったはず。
アサミさん「何か今日は不思議なところで撮ってますね」「ね、色んなところで撮れますよ。広いから」アサミさん視聴覚室です。生徒会室より広いです」リーダー「体育館かと思った」「ね、体育館だよねこれ。」アサミさん「体育館は隣です。まだ広いのがあります」「すごい!」アサミさん「オエセル学園金持ちなんで!(ドヤッ」

リーダー「というわけで、冒頭で皆さん述べていただきましたが学生時代は何通学ですか、という質問。ちなみに…」「私電車通学」アサミさん「おお!」リーダー「電車通学」「中・高・大」アサミさん「え、通勤ラッシュ的なものは…」「朝早かったから…礼拝があったからちょっと早めで…だからね、そんなに困らなかった」リーダー「へー」アサミさん「ラッシュとか痴漢とかは」「痴漢とかもあったんだろうけど…テロップで(気づいてない)って出たけどまさか(笑)
リーダー「あったんだろうけど、って(笑)」アサミさん「電車通学ってそういう感じが(笑)」「でもね、電車乗ってる時間が短かったの」リーダー「例えば同じ時間に他校の男子生徒が、みたいな」「ある!」リーダー「あるんだ!」「あるある!何かこう…ラブ的な要素があるわけじゃないけど、いつも同じ人が同じ時間の同じ場所に乗るのよ、大体。だからたまにいないと『あれ?どうしたんだろう、今日…』みたいな」アサミさん&リーダー「ああー」「感じになる。多分お互い皆がそう思ってたんじゃないかなと」リーダー「僕は河原木氏・電車…もう汗しか出てこないんですけど」「な…!(笑)昔のね」アサミさん「トラウマがね(笑)」「いいじゃん、あれから仲良くなったよ(笑)」アサミさん「ここは距離かな、私の(笑)」「この距離ね」リーダー「この距離がベストなの」「そうね、ここは埋めない。埋めない距離(笑)」電車通学って大変そうですねー(´`) ←高校まで徒歩(笑)

リーダー「矢口氏は?」アサミさん「私自転車でした」「そんな感じする。似合うね」アサミさん「自転車30分で坂道がすごくて…」「そうなんだー…30分て結構だよね?」アサミさん「そうなんです。ちょうど良い運動になって…夏とか汗だくでした」「焼けそう…」アサミさん「焼けたし、雪の日が大変で…雪の日はバスで」「だよねー」アサミさん「でも直通がないんですよ。一回駅に行って、乗り継いで乗り継ぐ、みたいな」「バス・バス?」アサミさん「じゃないと行けないところだったんですね。だから自転車が一番早い。だからおばーちゃん家に雪の日は泊まっておばーちゃん家からなら一本で行ける」「前乗り?(笑)」アサミさん「それで行ってました」リーダー「すげーなぁ」「大変だね」
アサミさん「浦田さんも(自転車)ですよね?」リーダー「僕はですね、学校の位置が小中は歩きなんですけど、高校が中途半端な位置にあって…自転車か電車か、っていうどっちでも同じくらいの時間なんですよ」「へー」リーダー「僕は大概チャリンコで上ったり下ったりしつつ、雨が降った時だけ電車で、みたいな」「でも、どっちも使えるなら良いよね」リーダー「ただ坂道がね、本当に急でその時の僕はガリガリでしたね「ホントー?!」リーダー「ガリガリ…」「見たーーい!!!」リーダー「見せられない!」「見せられないほどガリガリ?」リーダー「横向いたら線みたいな」アサミさん「そんな?!(笑)」「見たいそれ!!!」見たい、あの顔立ちで髪がモフモフで体はガリガリって想像を絶する何かなんだという期待しかない(笑)

本編は『自由時間』というのが始まりました。
リーダー「特別企画 浦田優 改造計画!!!一同「いえー!!!」リーダー「台詞があるぞ…見てて下さい、僕の変身!」アサミさん「それっぽくやってもらいたかったので」「で?で?」リーダー「何をすれば良いですか?」アサミさん「ちょっと借りて良いですか?前回、ヘアアイロンを使って浦田さんの髪をストレートにすることが出来ると実証されました。実は今、縮毛矯正をかけてストレートになっている状態です」「やわらかーい!」アサミさん「この間モナリザみたいでしたよね」リーダー「モナリザでしたね。(投稿した人に)スリーサイズ教えて下さいって言ったんですけど、答えていただけたんですかね?」アサミさん「メール来てません」リーダー「なるほど、男性だったのかな?」スリーサイズはさておき、まっすぐリーターは思いのほかボリュームが減るんですね…サラッサラです…。

アサミさん「今回は(投稿者の)リクエストで三浦大知さんの『cry & fight』というジャケットの感じにしよう、ということで改造計画を…」リーダー「一つ良いですか?僕ですね、その三浦大知さん…あまり存じ上げてなかったんですけど、元Folder5ということで、あ、ボーカルの方かと」アサミさん「はい」リーダー「オエセルとはまったく関係の無いところで飲み会に行っていたんですけど、そこにいた人が『お前、三浦大知さんに似てるな』って言い出しまして…どっかで聞いたことあるなって…色々思い出したらオエセルで言われてたな、って思って。で、その人がケータイを出したんですよ。このPVの3分何秒みたいなのを『これ見て見て!』って見せられたんですよ。僕自身も『あ、似てる』と思うアングルが1個ありまして…」「ホントに?!」アサミさん「アングルによってすごいソックリで…私ライブ行ったことがあるので『浦田さんだ…!』って」「ホントー?!」アサミさん「ホントに似てます」リーダー「歌えない、踊れない(笑)」

「PV作りたいね」←姫のひらめき。

リーダー「嫌だよー!!!」←全力拒否。

「今日そこまでやろう」リーダー「絶対無理だよ!…オエセル辞める!!!(笑)」「辞めないくせにー!(笑)」アサミさん「辞めないくせにー!」リーダー「続けます、続けます…(´`) 」アサミさん「ということで、今回は服も着替えてもらって髪型もそれっぽくします」「そして、踊ります!!!」リーダー「踊らない!!踊らねーから!!」アサミさん「見てろよ!」「見てろよ!」リーダー「踊らない踊らない」アサミさん「ということで、じゃあ早速行きましょう。」リーダー「はい」アサミさん「踊れ!!!」「踊れー!!!」リーダー「…ううぅ…おかーさん…(ノД`)」←ちょっと可哀想(笑)

アサミさん「はい、ということで浦田さんに着替えてもらいました。なんか制服脱いだだけみたいな感じですけど(笑)」「っていうかそうだよね、実際ね」アサミさん「これだけじゃ変わらないので、髪形をやろうと思います。参考画像をここに持ってて下さい」「なるほど」アサミさん「それ見ながらやりましょうか」「なるほどねー!」アサミさん「まず、分け目…?」「こっちから…?」テロップに出た通り、(されるがまま)です…。
アサミさん「7:3分けみたいな…」リーダー「合ってるの?ただの7:3分けじゃないの?アサミさん「ペターってした方が良いかな」リーダー「タダの7:3でしょ、今これ!!」姫は大爆笑してますが…。
リーダー「小洒落た感じにしてー!!」「何かつけた方がいいのこれ?」アサミさん「あ、そうですね。ムースとかヘアスプレーとか…ハードムース…」「…固めちゃう…?(笑)」リーダー「オイッ!帽子持って来てないぞオレ!!(笑)」アサミさん「これがムースです」「じゃ、ムース」リーダー「あの、ちゃんと帰れるようにして下さいね…」アサミさん「なんとかなると思いますよ」「大丈夫大丈夫」リーダー「出来上がりがこれだったら帰れるよ?タダのビッチリした7:3だったら帰れないよ、これ…」一応グーグル先生に聞いて、リーダーたちが目指していたと思われる画像を確認してみたのですが…帰れる形にはならないような気がした(笑)

「どうしよう…これさー(ホンモノの写真は)短いから、ここの毛持ってくるしかないでしょ!」アサミさん「前髪?ここの毛を…こういうことですか…?ちょっと待って、合ってる?(笑)」「合ってるでしょ?」アサミさん「あ、合ってる!」「でしょ」アサミさん「すごい。あ、ホントだ!」「我々を信じたまえ!」リーダー「ちゃんと道歩ける?それ…」アサミさん「歩ける歩ける」リーダー「めっちゃギュ!ってやられてる…」「後姿ソックリだよ」アサミさん「あ、ホントだ!」リーダー「それ誰でも似るわ!(笑)」

てんやわんやしつつ、完成した模様です。
アサミさん「はい、ということで…三浦大知…(笑)」「間違えた今?(笑)」アサミさん「浦田大知って…(笑)」「浦田大知?(笑)」アサミさん三浦大知計画、完了しましたよ。ということで、浦田さん…せーの」姫&アサミさん「どうぞー」あの、ここで画面上に顔文字が出るんですけど…ホントその通りでしかありません(笑)

「何?いいじゃない!」アサミさん「カッコイイですよ!」リーダー「入ってきなさいよ、すぐ!すぐ入って来なさいよ!!」(間に耐え切れなかった)←可哀想すぎる(笑) 姫「寂しかった?」リーダー「寂しかった」「いいよー?」リーダー「痒い、鼻が痒い」アサミさん「ホントはハサミで(前髪を)切りたかった」「もう汗だくだからね」リーダー「汗だくだよ」「スプレーがね、解けてきちゃう。でもどうですか、変身してみて」リーダー「実感がまったく無いですね」(普段は髪などいじりません)って出てたけど、モフモフにしろまっすぐにしろ、何らかの手を加えたら何らかの光明を見出す可能性を感じました(笑)
アサミさん「こういうジャケット似合いますね。ウチのお父さんのヤツです」「あげる、じゃあ」リーダー「アナタのお父さんじゃないでしょ(笑)でも撮影してる最中に矢口氏が素で『三浦さん』って言ったのが印象的でした。」「『三浦さんちょっとこっち向いて』みたいな」リーダー「浦田ですよ!」アサミさん「『三浦さん目線こっちください!』(笑)」リーダー「浦田ですよ!!」「素で間違えてたね」アサミさん「素で間違えるくらいソックリです!」「はい」リーダー「ありがとうございました!」アサミさん「ということで、感想的には自分では…三浦大知になれた気がしますか?リーダー「はい、もう本当にありがとうございます」「良かった」アサミさん「でも踊ってないですよ」「じゃあエンディング踊って…(笑)」リーダー「踊れないのでね…」最後にダンシング!どうぞ!!」あれよね、それはかの有名なサボテンダーの舞いってヤツよね知ってるよ…(ノД`) ←同情した(笑)

ゲーム風SSは会長のお話でした。会長に寄せられた愛の貢物とラブレターを片付けるというもの。タブレットとか、ノートパソコンもあるらしい。何それ欲しい。前に投稿されていたラブレターのくだりも採用されたようなので、夢や希望をお持ちの方は賭けてみると良いですよ!((*´∀`))

以前にもあった『勝手にCM』のコーナーが再び。
「やったやったー!2回目です。この間のパン美味しそうだった!」アサミさん「美味しいですよ!」リーダー「確かにね」「あの名前間違っちゃったの…(笑)」アサミさん「すいませんでした!申し訳ございませんでした!!!」「田島さん!」アサミさん「田島さんです」リーダー「あのはらさわさんに怒られてたよね(笑)」「でもよく気がついたね」リーダー「普通気がつかないですよね」「私達だったら気が付かない(笑)」リーダー「気づかないですね、そのままドーン!行ってます」あの鼻さまに怒られたのか…(笑)

「ということで、今回私がオススメするものを持ってきました!じゃじゃん!!『MAPLE HOUSE』!!あんまり知らないでしょ?」リーダーメープルタウンなら知ってます」「あ!」アサミさん「知ってます、懐かしい(笑)」「メープルタウンにおいでよ!」アサミさん&リーダー「おいでよ!!」←謎のチームワーク(笑)
「これはですね、シュークリームです!!」リーダー「おこげがついてる!」「ここに書いてあるんですが、『香るシナモン』」アサミさん「ホントだ、シナモンですね」

「メープル、って言ってるのにシナモンよ!ここ!」←さすが姫(笑)

リーダー「詐欺じゃないですか(笑)」「でもね、メープルの感じもするの。何となく」アサミさん「これは一種類…他の…?」「そうなの!あのね!私これはすごい昔から好きなの。20…20年くらい前!ちょっと言いすぎたかもしれないけど(笑)ずっと前から好きで一種類しかなかったの。このプレーン。」アサミさん「あ、これがプレーンなんですね」「これがプレーン。このシナモンシュガーがかかって焼けてる。で、中がカスタードクリーム。これしかなくて、お店に行くと皮だけがわんさか積まれてて注文すると入れてくれる」アサミさん「ああー、プスッて」「いわゆる…何か…シュークリーム屋さんの感じで、ま、食べてもいいよ」アサミさん&リーダー「いただきます!」
「これしかなかったんだけど、最近ね、季節限定のキャラメル味とか抹茶味とか出てきて…どうよ?!」アサミさん「美味しい!」「美味しいでしょ?」リーダー「美味しい!」「作りたてはもっとサクサクで、(時間が経っているので)ちょっとしんなりしちゃうけど。大好きで、錦糸町にあったの。何か錦糸町が最近なくなって、吉祥寺にもあって、わざわざ買いに行っちゃうくらい」アサミさん「そんなに好きなんですか!」「行っちゃうの。で、今上野にもあって…上野だと駅の中にあるから改札出ないで買えちゃうの。だからちょっと寄っちゃうの。」リーダー「へー!」アサミさん「クリームもめっちゃ美味しいですね」リーダー「なかなか良いッスね」

「私クリームはコージーコーナーの…」アサミさん「あ、ジャンボシュークリーム」「そう!アレも好きなんだけど、サクサク系だとこれがイチオシ!」リーダー「確かにサクサクしてる」アサミさん「でもサクサクしてても…歯が痛くならないっていうか(笑)」リーダー「昔の名言出るかと思った…」アサミさん「中がカリカリ、外がフワフワ、声はガサガサ(笑)」「声はガサガサはどうでも良いよね!(笑)ちょっと気になるかもしれないけど、大丈夫だよそれは(笑)」リーダー「でも確かに美味しい!」「美味しいでしょ?!」リーダー「美味しい美味しい、くどくないし」「これ一つね、180円なの」アサミさん「あ、安いですね」「季節限定の味とかだと、230円なのかな。それでも全然…良いのですよ」アサミさん「生地もふわふわで…ふわふわ??」リーダー「カリカリふわふわ(笑)」「カリカリふわふわだよね、軽い、っていう」リーダー「クリームが食べやすかったです」アサミさん「美味しかったです」「ホント?良かったー!」リーダー「もっと胃に来るのかなと思ったら、優しい感じのクリームで」「ね」アサミさん「結構シュークリーム重い系多いですよね」「ずっしり入ってる、それも好きなんだけど…これはこれでやっぱり」リーダー「ちょっとお上品な感じ」「あら良いですね」アサミさん「志穂さんらしい」リーダー「それは意義アリ!(笑)」「そういうコーナーじゃない!それあとにしてくれる?(笑)」リーダー「美味しかったです」アサミさん「そんなCMをご覧下さい!」
CMのシュークリームは…虫の声だった(笑)

最後は『今日の総括』
「いいですねー、髪形」アサミさん「カッコイイです」リーダー「いやー、大変でした…」アサミさん「そして、今日の総括…の、前に!ちょっと良いですか…。今、5月の頭なんですが、収録日は。」「やったー!」アサミさん「ということで志穂さんの誕生日です!」リーダー「おおー!」「嬉しい、ありがとー!!」アサミさん「さっきシュークリーム食べたんですけど…(笑)」「わー!すごい可愛い!!」アサミさん「ちょうど母の日のケーキが(笑)」「カーネーションがついてます。可愛い。私にピッタリ☆」(お…おう。)←テロップが唯一のツッコミ。
「ありがとうございます!」リーダー「ちゃんと年の数ロウソク刺さないと!」「刺さるかなー?横に刺してかないと!」←姫のこういうところ素敵。 アサミさん「28本です!」「その通り!」アサミさん「さちさんと同じ年(笑)」「あれれれ??」(オエセル時空は時が止まっている)←羨ましい(笑)
アサミさん「あとお誕生日プレゼントも」リーダー「おおお!」「わあぁぁ!嬉しい!ありがとうございます!!」お気遣いのくちぱっち。リーダーは心の距離を埋める為にも手本にすべき(笑)

アサミさん「ということで、総括に行きましょう」クジで姫が当たりを引きました。
「行きまーす!誕生日、ありがとー!!!」アサミさん&リーダー「おめでとうございまーす!」おめでとうございましたーヽ(*´∀`)ノ

X Home X

inserted by FC2 system