魁!オエセル学園 感想文35

X Home X

第35回OA「お久しぶりのはらさわ晃綺」(2017/7/21UPDATE)

出席確認は刑事ドラマ風?です。
鼻さま「魁!オエセル学園 本日出席の生徒会メンバーは…」「3年A組 生徒会会長 河原木志穂 学校で作った工作作品は…手!!」アサミさん「1年C組 書記兼会計 矢口アサミ 学校で作った工作作品はティッシュ箱」←無理に高いところ見ようとしてる風なの卑怯!書記会計がそれは卑怯すぎる…!!!(;>Д<) 鼻さま「3年B組 広報担当 はらさわ晃綺 学校で作った工作作品は…本立て」「本日の欠席者は、こちら☆」←窓の外?!( ゚д゚ ) リーダー『貯金箱』、王子『忘れた(汗)』

そしてここでオープニング。
鼻さま「はい、そんな訳で始まりましたオエセル学園でございます。」「何かお久しぶり☆」鼻さま「皆さんお久しぶりです(笑)」「元気ですかー?(笑)」鼻さま「どれくらいぶりだろう…?」「ところで何か赤い人がいるけど…?」鼻さま「何かおかしい」アサミさん「あれー?」「どうしたの?」アサミさん「追いはぎに会いました(笑)」←平成は知らない言葉(笑) 姫「脱がされたの?!」アサミさん「脱がされちゃった」「だれにーー?」アサミさん「じゃあ、ご希望に沿って…王子先輩☆」あああー!やっぱりぃーーー!!(≧▽≦) どこで?!」アサミさん「トイレ」姫&鼻さま「あはははははは!!!(爆笑)」謎の本が量産されますよ…(笑)

アサミさん「そんなことよりも、トークテーマですよ!」鼻さま「授業で作った思い出の工作作品ということで…何、手って言ってた?(笑)」「いつかなぁ?針金で軸みたいなの作って紙粘土で…」鼻さま「ああー、何かやったも」アサミさん「やりましたね」「あまりにも上手く出来て…それしか覚えてない」鼻さま「拳握ったかも」「私ね、中途半端な感じにしたんだけど…」鼻さま「ジョジョっぽい(笑)」「良い感じになったので…そんな思い出。」
鼻さま「俺は何か本立てっていうか…」「本棚?」鼻さま「本棚ではない」アサミさん「ブックマーク…」「ブックマークって!(笑)」鼻さま「ブックスタンドだな。あれを木で削って…」「塗ったりして…」鼻さま「そうそう。角とか丸くしてね。結構上手く作れたな…机の上に置いて結構使った。」「すごーい」鼻さま「中学生の時に」「へー」
鼻さま「アサミちゃんは?」アサミさん「私ティッシュボックス」鼻さま「ティッシュボックス作るの?」アサミさん「木のティッシュボックスがあって、穴は空いてるんですよ。出来てるやつでそれに彫刻で自分たちで…」鼻さま「あー、はいはい」アサミさん「で、私ネタがなくてどうしようと思って…皆は模様とかやってたんですけど、テディベアをポンポンと描いて、それを掘ってテディベアのティッシュボックスを作り…未だにあって…」「えー!すごいね!」アサミさん「私の部屋にはくちぱっちのティッシュボックスがあるから、お父さんが…鼻さま「テディベアティッシュ箱(笑)」アサミさん「とっても可愛い(笑)」「いいなー(笑)」

このテーマは投稿で寄せられたものだそうで、投稿した人も本棚を作り今も使っているそうです。
アサミさん「結構使えるんですよね、こういうのね」鼻さま「うん、使える使える」「そうだったっけ…?記憶にございません…」
ウチも実家に時計(木の板に彫刻して、時計の部品をつけたもの)は結構長い間あった気がします。あと美術で手も作った(笑)

コーナーは『心理学の時間』から。
アサミさん「お二人初挑戦ですね」「待ってました!」鼻さま「そう、待ってました。これ面白いよね、なかなかね」「楽しみ!」

今回のお題は『あなたの目の前には夕食が並んでいます。ご飯、味噌汁、おかず、漬物、小鉢。色んな料理がバランスよく出されています。さて、あなたはまず最初に何から食べますか?5つの内から選んでください』との事でした。

「おかずが何かによらない?」鼻さま「ま、でも自分の好きなもので良いんじゃないかな」「そっか」鼻さま「はい、じゃまず@ご飯のひとから、手を挙げて!」「いない」鼻さま「じゃ、Aの味噌汁」一同「はい!!」鼻さま「お、一緒か!マジで?!(笑)」「皆そうなの?!(笑)」鼻さま「超カブってんじゃん」「なんだぁ」鼻さま「なんだよ、おかずあれだけ振っといて何の意味があったのさっきのトーク(笑)…じゃあBの人…Cの人…Dの人…誰もいねぇじゃねぇか!(笑)」「一番だからね、2番(目に食べる)とかだったらバラけたんじゃない?」鼻さま「そうだね」
「もしお味噌汁じゃなければ…」アサミさん「自由にいいよ、って言われたら」「小鉢かなぁ」鼻さま「ああー、小鉢ねぇ…まぁとりあえず3人とも味噌汁ということで」アサミさん「本命小鉢(笑)」鼻さま「今回の心理テスト、どういう結果なのかと言いますと…今回のテーマ『あなたの金銭感覚』だそうです」姫&アサミさん「おお!!」「ええー!一緒だとは思われない(笑)」

鼻さま「客観的にあなたはケチか浪費家か、または将来どちらに転びやすいのかを診断してしまおうというものらしいですね。果たしてあなたのお金の使い方は他の人からどう映っているのでしょうか、ということですね。じゃあまず@のご飯を選んだ人からですね。@のご飯を選んだあなたは『ちょっと浪費家』タイプです。ご飯って味も分かっているし、いつも食べているもの。それを一番最初に選ぶということは、あなたが『心の拠り所』を求めている証拠。なので、あれもこれもと使う事はありませんが、自分の趣味だったり何かにハマってしまうと冷静な判断をせず、どんどん使ってしまう危険あり」
「なるほどねー」アサミさん「私本命はご飯に行きたいです」「なんで先に言わなかったのよー!(笑)」

鼻さま「でも合ってるよね、趣味とかに絶対お金使うタイプだから…じゃ、Bおかずを選んだ人。Bのおかずを選んだあなた危険信号の『超浪費家』タイプ。姫&アサミさん「おおー!」鼻さま「食欲をコントロールできず、まずおかずを食べてしまうあなた!それはお金の面でもそうで、物欲をコントロールできないケースが多い。そして結局貯金が0になってしまい、ぎりぎりの生活を強いられてしまいます。」「ほぉー」鼻さま「まぁ、そうかもね」アサミさん「私志穂さんおかずに行くのかなと思ってました」「危なかったー、良かった!」鼻さま「本当は行っちゃうんじゃないの(笑)」「行かないよ!本命小鉢ですから!」

鼻さま「C番漬物ですね。Cの漬物を選んだあなたは一癖ある『ドけち』タイプ。一番の脇役から食べることは、欲望にお金を使うことに罪悪感を持っている証拠。お金とは一生懸命働いてもらうもの。だから私利私欲には使えない!とお金を使うことに不安を感じているタイプです。金銭面での苦労はしなさそうですが、これもこれで問題ありそうですよね」「そうね、人としてね」

鼻さま「ではD番の小鉢を選んだあなた」アサミさん「本命(笑)」「本命!」鼻さま「あ、そうか。本命か。Dの小鉢を選んだあなたは『ちょっとケチ』タイプ。「ああー!当たってる!」鼻さま「まず最初におかずでもなく漬物でもない一品を選ぶあなたは、周囲に細かい気配りが出来る人。」「あーいや、それはないな…」鼻さま「衝動買いもせずに下調べをして納得してから買ったり、ネットで調べて安い方法で買ったり…」「ああー!ある!!」鼻さま「無駄遣いをしないように徹底したお金の使い方をしています」「それはない(笑)」鼻さま「ただ、それが周囲の人から見ればちょっとケチに見えてしまうかも。あまり安く買った自慢はせず、周囲に合わせておく方が無難です。」
「私それねぇ、やっちゃう!」アサミさん「あれいくらだったのー!みたいな」「そう!安く買うことが快感なの」鼻さま「でもたまに得意気に言って来ることあるよ」「大好きなの!安いものが(笑)」アサミさん「100均好きですよね」「100均で何千円も買うの!(笑)」鼻さま「じゃあとりあえず名目上3人が選んだA番の味噌汁」アサミさん「はい」

鼻さま「Aの味噌汁を選んだあなたは『しっかり計画』タイプ。」姫&アサミさん「お!」鼻さま「え…?(笑)はじめに味噌汁を飲むということは、あなたは体に『食事を始めるよ』と合図を送っているんです。ちゃんと自分の体に合図を送ってから食事を始める、まさに『計画性』のある行動ですよね。それは金銭的な事もそうで、しっかりと収入と支出を考えるタイプ。家族に一人はいて欲しい、そんな頼りがいのある金銭感覚を持った人です。」
「へぇー!」アサミさん「でも志穂さん二つ合わせるとすごくバランスが良いですね」「でも…ケチ寄りだよ?(笑)」鼻さま「大分ケチ寄りだね(笑)」アサミさん「私逆ですもん」鼻さま「ケチ寄りの、ケチ(笑)」「ドケチじゃん、それ!」鼻さま「ドケチではないけど…ケチ寄りのケチだよ(笑)」「中の下、みたいな(笑)」

「ご飯タイプっぽい、二人とも」アサミさん「ああー」鼻さま「そうかもね。一番近いのはご飯タイプかもしれない」アサミさん「本命はご飯なんですよ、自分の趣味とかに」鼻さま「どんだけ本命があるんだよ(笑)さっき本命何って言ってた?」「ご飯ご飯!」アサミさん「自分の趣味にかけたいけど、お金がやっぱり…自分の収入とか考えるとやっぱり計画的に…とか今月使いすぎたから来月ちょっと押さえめにしよう、とか」「ちゃんと計算してね。しっかりしてる」アサミさん「でも本命は自分の趣味に使いたい(笑)」鼻さま「まぁあれだな、使いたくても金がねぇから…」一同「(笑)」アサミさん「それですか」「悲しい…!」鼻さま「そういうことです」「そうなんだよー」アサミさん「お金を下さい!」鼻さま「皆さんは当たっていましたか?ぜひお友達や家族とやってみてください」
私もAでしたよ、堅実さだけがウリですよ…(´ `)

続いて『ディベートの時間』は『どっちが萌える? A:男装の麗人の流し目 B:とてもかわいい女装っ子の甘えた瞳。』というテーマで、Aアサミさん、B姫という担当分けになりました。

アサミさん「先手必勝!(挙手)」鼻さま「じゃあアサミちゃんから行ってみましょうか」アサミさん「まず、男装の麗人の流し目。皆さん何を思い浮かべますか?」「オスカル!」アサミさん「オスカル、宝塚」「王子!(笑)」アサミさん「オスカル、王子、イコール宝塚!」「うん!」アサミさん「そういう、日本のジャンルとして」「日本のジャンル!」アサミさん「そう」「文化ですよ」アサミさん「文化として100年の歴史があるわけです」「確かに」アサミさん「女装っ子は、割とまだ最近…それこそ定着しても10年くらいだと思うんです」「そうね、ここ最近の」

アサミさん「最近です。そして昔の人はあんまり可愛くない人が多かった。←!!( ゚д゚ )

「あはは!(笑)」

鼻さま「何てこと言いやがる(笑)」←ホントに(笑)

「何てこと言いやがる!」鼻さま「昔の人だって可愛い人は可愛いぞ!(笑)」「知らないだけだ、アサミちゃんが」鼻さま「そうだ!お前の浅薄な知識で語るんじゃない!!(笑)」「そうだそうだ!」アサミさん「でも、割と昔から…ホント100年の歴史があるように昔から男装の麗人はいたんです」「そうね」アサミさん「オスカルのように!フランス人もいるし!」「そうね、世界各国」アサミさん「世界各国、イケメン女子は沢山いる!!私はイケメン女子が大好きだ!!!(笑)「私もだ!!!」鼻さま「お前もか(笑)」

「私も大好きだ!!!確かに確かに、確かにですよ。このAがね、王子の流し目。B浦っちの甘えた瞳だったら(笑)圧倒的にAですよ鼻さま「そりゃそーだよ(笑)100万人に聞いて100万人がそうって答えるわ」アサミさん「一人ぐらい…(笑)」鼻さま「そうだな、珍しい…お母さんぐらいじゃないかな(笑)」「お母さん(笑)浦っちのね…」鼻さま「浦っちのお母さん。浦っちの妹は多分Aって答える」「でもこの子は男の子なわけ。普通にしてたらカッコよくて、私多分この子についていく」アサミさん「ああー」「ってことは、結果皆ホイホイついて行く。」
アサミさん「意義あり、意義あり!!」鼻さま「どちらの要素もあるというね」「そうそう」アサミさん「裁判長意義あり!」鼻さま「はいどうぞ」アサミさん「あの、とても可愛い女装っ子の男の子ですが、朝起きたらヒゲ生えてると思うんですよね」「そうよ、でも!王子もヒゲ生えてるから!!(笑)鼻さま「そうだね、王子ヒゲ生えてるからね」アサミさん「……!!!(笑)」「どっちもヒゲ生えてる!」アサミさん「だって、違うんですよ、この可愛い女装っ子がヒゲ剃ってても嫌じゃないですか!さちさんがヒゲ剃ってたらカッコイイじゃないですか!!」鼻さま「いやよくわかんね(笑)」「どうなの?」

アサミさん「やっぱりこの男装の麗人っていうのは、宝塚で言ってしまうと作り上げるのに時間がかかるんですよ。」「こちらだってかかりますよ」アサミさん「男役10年って言いますよ」「こっちは生まれた時から頑張ってますよ!!」アサミさん「(Bは)生まれた時からツルツルしてて生まれた時から可愛いですよ」「だけど、ヒゲ生えてんでしょ?ヒゲ生えてるの永久脱毛にいくらかけたと思ってるの?お金かかってるわよ!」アサミさん「こっちだってかかってますよ!入るのにもお金かかるし…」
「なに、宝塚の話になってるの?」アサミさん「さちさんもお金かかってる…!(笑)」鼻さま「お金かかってるの?(笑)」「王子はお金かかってないと思うな。何も考えてない、みたいなことよく言うもん」アサミさん「意外と何も考えてないようで、志穂さんのハートを射抜くために色々やってるんですよ(笑)」「私のためにー?!ヽ(*´∀`)ノ なら…いいかも。」アサミさん「よし勝った!!!」

鼻さま「はい、という訳で討論ご苦労様でした。非常に熱いトークが繰り広げられてましたけどね」鼻さまの判定はBでした。
「やったー!!!ほらやっぱり鼻さまは…」鼻さま「これはね、お金かかってるのは多分こっち(B)。やっぱ女の人は男装しても似合うっていうか…普通にできちゃうじゃん」アサミさん「うんうん」鼻さま「流し目は、お金とか要らないじゃない」「お金要らない(笑)」アサミさん「確かに女性が男装すると大概カッコよくなりますよね」鼻さま「誰であろうとなれる。やっぱり可愛く見える女装っ子というのは相当な努力をしていないと…」アサミさん「だって浦田さんとか…」鼻さま「いや可愛い…と思いますよ…」「ある種ね、ある種の」鼻さま「コンゴの原住民とか多分(笑)」←なんてこと言いやがる(笑)

更に『勝手にCM』のコーナー。
鼻さま「今回私がオススメしたいのはですね…」「よく見るやつだ」鼻さま「明治の『速攻元気』というね」アサミさん「へー」鼻さま「私5月6月と舞台を連続でやらせていただきまして、その時に身体疲れてたんですけど…朝起きて劇場近くのコンビニで、これ1日分のビタミンみたいな。」「おんなじ、これと。緑か何かの」鼻さま「それを買って、劇場でご飯食べながら一緒にチューっと飲んでたら…すっげー急に元気になるのアサミさん「えー?!」「嘘だぁー!」鼻さま「ホントに、急に何かね、スカーっとする感じ」「へぇー」鼻さま「ローヤルゼリーとか、アミノ酸とかがね…」「あ、クエン酸がね」アサミさん「クエン酸疲れ取るらしいですよ」「カロリー…100キロカロリー、そんな高くない」
アサミさん「何味なんですか?」鼻さま「味はね、割と栄養ドリンクに近い感じ」「ビタミンぽい味…栄養ドリンク味だって!」鼻さま「まさにそういう感じなんだけど(笑)」「へぇー」鼻さま「2ステのときもあったから、ステージ前にぐーっと」アサミさん「ドーピングですね」鼻さま「まさにドーピング(笑)そんな感じでね、自分の中では勝手に助けられたと思ってる」「へー」鼻さま「朝ちょっと疲れてるというときに、元気になります」アサミさん「皆さんもぜひ試してください」鼻さま「では今回も勝手に変なCMを(笑)作っちゃったのでぜひごらん下さい!」一同「どうぞ!!」
ホントに謎のCMでした…ポカーンとした(笑) でもドーピング気になります。使いたいけど、反動が来たりしないのかしら…?(笑)

ゲーム風SSは夏コミ合わせで。きっとそうに違いありません(笑) 会長の「放送コードに引っかかる」っていうのがめっちゃ面白かったです(笑)
そして会長の妄想内容は、大体こちらでも共有できているはずなので問題ありません(笑)

『今日の総括』は鼻さまが当たりを引きました。

鼻さま「では今日の総括行きます!河原木志穂さんは、ケチ寄りのケチです!!」
「ケチ寄りのケチ、ドケチです!」鼻さま「心理テスト面白いね。でも名目上と本命分けるのやめようよ(笑)」「しょうがないよ」アサミさん「皆同じ意見だったから、ちょっと違う意見入れた方が面白いかなって」鼻さま「変えても良かったじゃん(笑)」アサミさん「カブると思わなかったんです、皆バッ!って」「2項目目だったからね」
日本人の習慣(?)的にAの人が多いのかもしれません…。堅実に生きること大事(笑)

X Home X

inserted by FC2 system